筑紫

歴史上の偉人

「熊鰐」について

「熊鰐」とは誰? 「熊鰐」とは、江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した日本の政治家、思想家、ジャーナリストである。本名は松崎慊堂。 熊鰐は、1828年に江戸に生まれ、幼少期から漢学を学び、頭角を現した。1848年に、適塾に入塾し、緒方洪庵に師事した。緒方洪庵のもとで、医学を学び、同時に政治思想にも関心を持ち始めた。 1853年に、ペリーが浦賀に来航すると、熊鰐は、攘夷論を主張し、尊皇攘夷運動に加わった。1863年に、浪士組に加わり、京都に上洛した。 1864年に、禁門の変が勃発すると、熊鰐は、長州藩に加わり、幕府軍と戦った。禁門の変の後、熊鰐は、長州藩に仕え、藩政改革に尽力した。 1866年に、薩長同盟が締結されると、熊鰐は、薩摩藩と長州藩の連絡役を務め、薩長同盟の成立に貢献した。 1868年に、戊辰戦争が勃発すると、熊鰐は、長州藩に加わり、幕府軍と戦った。戊辰戦争の後、熊鰐は、明治政府に出仕し、内務官僚として活躍した。 1871年に、熊鰐は、初代内務卿に任命された。内務卿として、熊鰐は、廃藩置県や地租改正などの明治維新の改革を推し進めた。 1873年に、熊鰐は、内務卿を辞任し、政界を引退した。政界引退後は、ジャーナリストとして活動し、新聞や雑誌に評論や論説を寄稿した。 1898年に、熊鰐は、東京で死去した。
歴史上の偉人

– 「上毛野牛甘」

-解説- 上毛野牛甘(かみつけのうしがむ)は、古代日本の東国において活躍した豪族である。上野国(群馬県)を拠点とし、現在の埼玉県、栃木県、茨城県の一部にも勢力を及ぼした。 牛甘は、5世紀後半頃に上毛野氏の祖である上毛野国造(かみつけのくにのみやつこ)に任命された。上毛野国造は、朝廷の命を受けて上野国を統治し、税の徴収や治安の維持などの役割を担った。 牛甘は、上毛野氏の勢力を拡大するために、周辺の豪族と積極的に同盟を結んだ。また、仏教を積極的に保護し、上野国に多くの寺院を建立した。 6世紀前半、牛甘は朝鮮半島の新羅と交戦し、勝利を収めた。この勝利によって、牛甘の威名は東国に轟き、上毛野氏の勢力はさらに拡大した。 しかし、6世紀後半に牛甘は朝廷と対立し、謀反を起こした。朝廷は、物部尾輿(もののべのおこし)を派遣して牛甘を討伐した。牛甘は、現在の群馬県前橋市で物部尾輿の軍勢と激戦を繰り広げたが、最終的に敗北して戦死した。 牛甘の死後、上毛野氏は衰退し、その勢力は藤原氏や坂上氏に取って代わられた。しかし、牛甘は、上野国を統一し、東国に仏教を広めた人物として、現在でも敬愛されている。
歴史上の偉人

– 「椋椅部弟女」とは? 『万葉集』にその名を残す 防人の妻

椋椅部弟女の人物像 椋椅部弟女は、防人として徴用された夫を送り出す際に、 防人歌を詠んだことで知られる女性です。 防人歌とは、防人として徴用された男性が、 故郷を離れて赴任先へ向かう際に詠んだ歌のことです。 椋椅部弟女の防人歌は、『万葉集』に収められており、 古くから多くの人々に愛されてきました。 椋椅部弟女の防人歌は、 夫への愛と、夫を送り出す寂しさが率直に表現されています。 また、 夫の無事を祈る気持ちも込められています。 椋椅部弟女の防人歌は、 夫への愛と、夫を送り出す寂しさが率直に表現されています。 また、 夫の無事を祈る気持ちも込められています。 椋椅部弟女の防人歌は、 以下の通りです。 「防人(さきもり)に 征(い)く夫(おっと)送り そこにして 紐(ひも)解(と)きかねつ わびしかりけり」 この歌は、 防人として徴用された夫を送り出す際に、 椋椅部弟女が詠んだものです。 この歌の中で、 椋椅部弟女は、 夫との別れを惜しみ、 夫の無事を祈る気持ちを詠んでいます。 椋椅部弟女の防人歌は、 夫への愛と、夫を送り出す寂しさが率直に表現されており、 古くから多くの人々に愛されてきました。 また、 椋椅部弟女の防人歌は、 防人の妻たちの苦労や悲しみを伝える貴重な資料としても、 重要な意味を持っています。
歴史上の偉人

藤原部等麻呂-「万葉集」に名を遺した防人

-# 防人制度と藤原部等麻呂の派遣 藤原部等麻呂は、奈良時代前期に防人として九州に派遣された人物である。「万葉集」には、彼が防人として九州に派遣される際に詠んだ歌が収められている。 防人制度は、奈良時代初期に施行された兵役制度である。防人は、辺境の警備や国境の守備に当たった。防人は、各地方から徴集され、九州や東北地方など、辺境の地に派遣された。防人の任務は、辺境の警備や国境の守備だけでなく、道路の整備や橋の架設などの公共事業にも従事した。 藤原部等麻呂は、延暦2年(783年)に防人として九州に派遣された。彼は、筑後国(現在の福岡県南部)に派遣された。藤原部等麻呂は、筑後国で防人として勤務した間に、多くの歌を詠んだ。その歌は、「万葉集」に収められている。 藤原部等麻呂の「万葉集」に収められている歌は、防人としての生活や、故郷を思う心情などが詠まれている。彼の歌は、防人の生活を知る貴重な資料となっている。 防人制度は、奈良時代後期に廃止された。しかし、防人制度は、日本の兵役制度の発展に大きな影響を与えた。
歴史上の偉人

忍海辺五百麻呂-奈良時代の防人

忍海辺五百麻呂の生涯 忍海辺五百麻呂は、奈良時代の防人で、防人歌を残している。生年は不明だが、防人歌の内容から、736年(天平8年)頃に20歳前後であったと考えられる。出身地は、現在の奈良県大和郡山市とされる。 五百麻呂は、736年に、防人に選ばれ、九州の筑紫の国(現在の福岡県)に派遣された。防人は、辺境の警備や、城砦の築造などの任務にあたった。五百麻呂も、筑紫の国で、こうした任務に携わった。 五百麻呂は、筑紫の国で、防人歌を詠んだ。防人歌とは、防人が、故郷を離れて、辺境の地に赴く際に詠んだ歌で、防人の心情が率直に表現されている。五百麻呂の防人歌には、故郷への思いや、筑紫の国での生活の様子が詠まれている。 五百麻呂は、739年(天平11年)に、筑紫の国から帰還した。帰還後は、大和国(現在の奈良県)に戻り、僧侶となった。僧侶としての名は、忍海辺良福(のんかいべのりょうふく)である。五百麻呂は、僧侶として、人々の救済に努めた。 五百麻呂は、784年(延暦3年)に、亡くなった。50歳前後の死であった。五百麻呂の墓は、奈良県大和郡山市にある。 五百麻呂は、防人として、筑紫の国に赴き、防人歌を詠んだ。また、僧侶として、人々の救済に努めた。五百麻呂は、奈良時代の防人を代表する人物である。
歴史上の偉人

丸子多麻呂-奈良時代の防人とその歌

- -丸子多麻呂とは- 丸子多麻呂(まるこのたまる)は、奈良時代の防人。出雲の国(現在の島根県)の人物で、東国の防人として常陸の国(現在の茨城県)に派遣された。 丸子多麻呂は、防人としての任務を終えた後も常陸の国に残り、最終的には現地で亡くなったとされる。彼の辞世の歌は、防人としての心情を吐露したものであり、万葉集に収められている。 丸子多麻呂の歌は、防人の辛苦や、家族への思いを詠んだものが多い。東国での防人の生活は、非常に厳しいものであった。彼らは、平時は農作業に従事し、戦時には武器を持って戦うことを求められた。冬は寒く、夏は暑い土地で、食事も不十分であった。また、家族と離れて暮らすという精神的な苦痛も大きかった。 丸子多麻呂の歌は、防人の過酷な生活を描いたものであると同時に、家族への深い愛情を表現したものでもある。彼の歌は、防人たちの苦しみや悲しみを後世に伝えるとともに、家族の大切さを訴えている。 丸子多麻呂の歌は、万葉集の中でも特に有名な歌として知られている。彼の歌は、防人たちの心情をリアルに描き出し、今もなお多くの人々に親しまれている。
歴史上の偉人

吉士金-6世紀後半の官吏

-新羅への使者- 吉士金は、580年に新羅に派遣された日本の使節団の副使を務めました。この使節団は、新羅と日本の友好関係を強化するために派遣されたもので、吉士金は使節団の副使として、新羅の朝廷で新羅王と会談し、日本の天皇からの書簡を手渡しました。 吉士金は、新羅で新羅王と会談した際、新羅王から日本の天皇宛ての書簡と贈り物を受け取りました。また、吉士金は、新羅の朝廷で日本の文化や風習を紹介し、新羅の朝廷からも日本の文化や風習について学びました。 吉士金は、新羅での任務を無事に果たし、581年に日本に帰国しました。吉士金は、新羅での任務を通じて、新羅と日本の友好関係を強化し、日本の文化や風習を新羅に紹介し、新羅の文化や風習を日本に紹介しました。
歴史上の偉人

肝衝難波 – 奈良時代の隼人首長

-薩末比売と衣県とともに肥人を率いて筑紫惣領に反抗- 薩末比売は、奈良時代の隼人首長であり、肝衝難波の娘である。彼女は、肥人を率いて筑紫惣領に反抗し、大宰府を攻め落とした。 薩末比売は、気丈で武勇に優れた女性であった。彼女は、父である肝衝難波の死後、隼人の首長となり、肥人を率いて筑紫惣領に反抗した。 筑紫惣領は、九州北部を支配する豪族であり、大宰府を拠点としていた。薩末比売は、肥人を率いて筑紫惣領と戦い、大宰府を攻め落とした。 薩末比売の反乱は、奈良朝廷に大きな衝撃を与えた。朝廷は、大軍を派遣して薩末比売を討伐しようとしたが、薩末比売は肥人を率いて勇敢に戦い、朝廷軍を撃退した。 薩末比売の反乱は、最終的には鎮圧されたが、彼女は隼人の英雄として語り継がれている。 -薩末比売の反乱が起きた背景- 薩末比売の反乱は、奈良朝廷の隼人に対する支配が強まったことが背景にある。 奈良朝廷は、隼人を征服するために、大軍を派遣して隼人を討伐した。また、隼人の土地を没収して、朝廷の直轄地とした。 隼人は、奈良朝廷の支配に強い不満を抱いていた。薩末比売は、隼人の不満を背景に、筑紫惣領に反抗した。 -薩末比売の反乱の意義- 薩末比売の反乱は、隼人の抵抗運動の象徴である。 薩末比売は、肥人を率いて勇敢に戦い、筑紫惣領を破った。この反乱は、隼人の誇りと独立心を示すものであった。 薩末比売の反乱は、奈良朝廷の隼人に対する支配を弱め、隼人の自治権を回復した。
歴史上の偉人

・長田王

- 長田王 -# 奈良時代の官吏 * 長田王は、奈良時代初期の皇族であり、官僚としても活躍した。天智天皇の孫であり、天武天皇の弟である大海人皇子を父に、大友皇子を母に持つ。 * 長田王は、683年に生まれて、757年に亡くなった。享年75歳。名前の由来は、長田大寺を建立したことによる。 * 長田王は、701年に参議に任命されて、706年には右大臣に昇進した。その後、710年には左大臣に転任して、719年には太政大臣に昇進した。 * 長田王は、太政大臣として、国家の最高責任者として政治を主導した。また、720年には藤原不比等の娘である光明子を妃に迎え、721年には聖武天皇が生まれた。 * 長田王は、729年に光明子と離婚して、藤原大納言の娘である多治比広子を妃に迎えた。多治比広子は、739年に孝謙天皇を産んだ。 * 長田王は、740年に藤原広嗣の乱を鎮圧した。藤原広嗣は、長田王と不仲であり、長田王を殺害しようとして謀反を起こした。しかし、長田王は藤原広嗣を討伐して、乱を鎮圧した。 * 長田王は、757年に亡くなった。長田王の死後、藤原仲麻呂が太政大臣に就任して、政権を握った。
歴史上の偉人

「丈部黒当」

丈部黒当の生涯 丈部黒当(はせつかべのくろまろ)は、日本の古代豪族である蘇我氏の支族である丈部氏出身の軍人・政治家です。594年に蘇我馬子の命を受けて物部守屋を討伐し、604年には物部守屋を滅ぼした功績により、聖徳太子から「丈部」の姓を賜りました。 607年、丈部黒当は蘇我馬子とともに推古天皇から「大将軍」の称号を授かり、軍事の最高責任者となりました。613年には聖徳太子の死後、蘇我馬子の専横により起こった「乙巳の変」に連座して処刑されました。 丈部黒当は、物部守屋を討伐して蘇我氏を勝利に導き、「丈部」の姓を賜ったことで知られています。また、聖徳太子から「大将軍」の称号を授かり、軍事の最高責任者を務めました。しかし、613年に起こった「乙巳の変」に連座して処刑され、その生涯を閉じました。 丈部黒当の生涯は、蘇我氏と物部氏の抗争を背景に、権力闘争と栄枯盛衰が交錯する激動の時代を象徴しています。また、丈部黒当の処刑は、蘇我氏の専横と滅亡を予感させる出来事として、歴史に名を残しています。 丈部黒当の生涯は、古代日本の歴史を理解する上で重要な意味を持つ人物です。
歴史上の偉人

続日本紀にも登場する奈良時代の防人-矢作部真長

-防人として筑紫に派遣された真長- 奈良時代の防人制度は、辺境の警備のために設置された制度で、各国の若者たちが徴兵されて、筑紫や北九州の防人に派遣されました。真長も、その一人でした。 真長は、陸奥国(現在の福島県・宮城県・岩手県・青森県)出身の防人でした。彼は、天平2年(730年)に徴兵され、筑紫に派遣されました。筑紫では、太宰府に配属され、防人として勤務しました。 真長は、筑紫で防人として勤務している間に、多くの歌を詠みました。その歌は、防人の悲哀や郷愁を詠ったものが多く、防人の心の内を伝える貴重な資料となっています。 真長の歌の中で、最も有名なのは、「防人歌」です。この歌は、防人として筑紫に派遣された真長が、故郷を思いながら詠んだ歌です。 「防人歌」は、次のような歌です。 防人にて 筑紫に着くまで 夜もすがら 都恋ひつつ 恋ひつつぞ寝る この歌は、防人として筑紫に派遣された真長が、故郷のことを思いながら、夜もすがら眠れない様子を詠った歌です。真長の故郷への思いが、この歌から伝わってきます。 真長は、天平11年(739年)に、防人としての任務を終えて帰郷しました。帰郷後は、陸奥国の役人として勤務し、天平19年(747年)に亡くなりました。 真長は、奈良時代の防人制度を代表する人物の一人です。彼の歌は、防人の悲哀や郷愁を詠ったものが多く、防人の心の内を伝える貴重な資料となっています。
歴史上の偉人

– 「抜気大首」について

- 「抜気大首」について
歴史上の偉人

丈部大麻呂(2)

-奈良時代の防人- 奈良時代には、蝦夷の侵攻に備えて、全国から防人が徴兵されました。防人は、主に農民から徴兵され、任期は3年から5年でした。防人は、東北地方の最前線に派遣され、蝦夷の侵攻を防ぐ任務を負っていました。 防人は、非常に厳しい環境の中で任務を遂行していました。東北地方は寒冷地であり、冬には雪が降り積もりました。防人は、寒さや飢えに苦しみながら、厳しい任務を遂行していました。また、防人は蝦夷の襲撃にも常にさらされていました。防人は、常に命の危険にさらされながら、任務を遂行していました。 防人は、非常な苦労をしながら任務を遂行していましたが、その功績は非常に大きいです。防人は、蝦夷の侵攻を防ぎ、東北地方の安全を守り抜きました。防人は、日本の平和と安定に貢献したのです。 防人は、日本の歴史の中で非常に重要な役割を果たした人物です。防人の功績は、決して忘れてはなりません。 -防人の歌- 防人は、非常に厳しい環境の中で任務を遂行していましたが、その苦しみを歌った歌が残されています。防人の歌は、防人の心境を垣間見ることができる貴重な資料です。 防人の歌には、故郷を離れて東北地方に派遣される防人の悲しみや、蝦夷の襲撃に遭って戦死する防人の無念さが歌われています。防人の歌は、防人の厳しい任務と悲壮な運命を伝えています。 防人の歌は、日本の文学史において非常に重要な作品です。防人の歌は、防人の心境をリアルに描き出した貴重な作品であり、日本の歴史を理解する上でも重要な資料です。
歴史上の偉人

松屋種-日本書紀にみえる女性

-松屋種とは- 松屋種は、日本書紀にみえる女性であり、舎人親王の妃であり、桓武天皇の母である。舎人親王は、光仁天皇の皇太子であり、桓武天皇の父である。松屋種は、右大臣である橘諸兄の孫であり、藤原南家の出身である。 松屋種は、舎人親王と結婚し、桓武天皇をもうけた。桓武天皇は、延暦4年(785年)に即位し、平安時代を始めた。松屋種は、桓武天皇の母として、皇太后の位を授けられた。 松屋種は、桓武天皇の治世中、皇太后として大きな影響力を持ち、政治にも関与した。彼女は、桓武天皇の信任が厚く、桓武天皇の側近として、政務を補佐した。 松屋種は、桓武天皇の死後も、皇太后として引き続き影響力を持ち続けた。彼女は、孫である嵯峨天皇の治世中に薨去した。 松屋種は、日本書紀にみえる女性の中では、最も有名な女性の1人である。彼女は、桓武天皇の母であり、皇太后として大きな影響力を持ち、政治にも関与した。松屋種は、平安時代初期の皇太后として、重要な役割を果たした。
歴史上の偉人

– 丈部与呂麻呂

- 大見出し 丈部与呂麻呂 -# 小見出し 防人として活躍した丈部与呂麻呂 丈部与呂麻呂は、奈良時代の防人です。防人とは、東国の男子を徴兵して、九州や北陸の辺境に派遣して警備にあたらせた兵士のことです。丈部与呂麻呂は、天平勝宝4年(752年)に防人として薩摩国に派遣されました。薩摩国は、現在の鹿児島県にあたります。丈部与呂麻呂は、薩摩国で4年間、防人としての任務に就きました。 丈部与呂麻呂は、防人として、九州の警備に努めました。九州は、当時、新羅や渤海などの異民族の侵略を受けていました。丈部与呂麻呂は、異民族の侵略から九州を守るために、防人として戦いました。丈部与呂麻呂は、防人として、九州の警備に努めた功績により、朝廷から褒賞されました。 丈部与呂麻呂は、天平宝字元年(757年)に防人としての任務を終えて、東国に帰郷しました。丈部与呂麻呂は、東国に帰郷した後、防人としての経験を語り継ぎました。丈部与呂麻呂の防人としての経験は、奈良時代の日本の歴史を知る上で、貴重な史料となっています。 丈部与呂麻呂は、防人として、九州の警備に努めた功績により、後世の人々から賞賛されています。丈部与呂麻呂は、日本の歴史上、防人として活躍した人物として知られています。
歴史上の偉人

→ 壱岐真根子

壱岐氏の祖 壱岐氏は、日本の古代豪族である。壱岐島を本拠地とし、対馬や朝鮮半島にも勢力を伸ばしていた。壱岐氏の祖は、天日槍命(あめのひぼこ)であるとされている。天日槍命は、高天原から降臨した神であり、壱岐島の開拓者とされる。壱岐氏の初代当主は、天日槍命の子である壱岐真根子である。壱岐真根子は、壱岐島を統一し、壱岐国の初代国造となった。壱岐氏は、その後も壱岐島を拠点として、対馬や朝鮮半島にも勢力を拡大した。しかし、10世紀後半に平氏に滅ぼされてしまった。 壱岐真根子は、壱岐氏の祖であり、壱岐国の初代国造となった人物である。天日槍命の子であり、壱岐島を統一し、壱岐国の初代国造となった。壱岐氏は、その後も壱岐島を拠点として、対馬や朝鮮半島にも勢力を拡大した。しかし、10世紀後半に平氏に滅ぼされてしまった。 壱岐真根子は、日本の古代史において重要な人物である。壱岐島の開拓者であり、壱岐国の初代国造となった。壱岐氏は、その後も壱岐島を拠点として、対馬や朝鮮半島にも勢力を拡大した。しかし、10世紀後半に平氏に滅ぼされてしまった。壱岐真根子は、日本の古代史における重要な人物であり、その功績は、現在でも語り継がれている。
歴史上の偉人

人名辞典-「占部小竜」

-占部小竜とは- 占部小竜(うらべころう)は、1938年(昭和13年)1月14日に宮城県遠田郡田尻町(現美里町)に生まれた日本の元プロ野球選手(内野手)・コーチ。 1955年、仙台商業高等学校を卒業後、読売ジャイアンツに入団。1956年に二軍で首位打者、1957年に一軍初出場を果たす。1960年からは正遊撃手として活躍し、1961年にはベストナイン、1962年にはオールスターゲームに出場。1965年には指名打者制度が導入され、打撃に専念。1967年までジャイアンツでプレーし、1968年に東映フライヤーズに移籍。1969年に引退した。 引退後は、1970年から1972年までジャイアンツの二軍監督、1973年から1974年まで一軍ヘッドコーチ、1975年から1976年まで二軍監督を務めた。その後、1977年から1980年までロッテオリオンズの監督を務め、1979年にリーグ優勝を果たした。1981年から1983年まで西武ライオンズの監督を務め、1982年にリーグ優勝を果たした。1984年から1986年まで近鉄バファローズの監督を務めた。 1987年から1991年までサンケイスポーツの評論家を務めた。1992年から1993年まで西武ライオンズの監督に復帰し、1992年にリーグ優勝を果たした。1994年から1995年までロッテオリオンズの監督に復帰し、1995年にリーグ優勝を果たした。1996年から1998年まで中日ドラゴンズの監督を務め、1996年にリーグ優勝を果たした。 1999年から2000年まで近鉄バファローズの監督を務めた。2001年から2002年まで西武ライオンズの監督に復帰し、2002年にリーグ優勝を果たした。2003年から2004年まで中日ドラゴンズの監督に復帰し、2004年にリーグ優勝を果たした。 2005年から2006年まで福岡ソフトバンクホークスの監督を務めた。2007年から2008年まで読売ジャイアンツの監督を務め、2007年にリーグ優勝を果たした。2009年から2010年まで楽天ゴールデンイーグルスの監督を務めた。 2011年から2012年まで韓国プロ野球・LGツインズの監督を務めた。2013年から2014年まで読売ジャイアンツの監督に復帰し、2013年にリーグ優勝を果たした。2015年から2016年まで東北楽天ゴールデンイーグルスの監督を務めた。 2017年から2018年まで中日ドラゴンズの監督に復帰し、2018年にリーグ優勝を果たした。2019年から2020年まで西武ライオンズの監督を務めた。 2021年から2022年まで阪神タイガースの監督を務めた。2023年から読売ジャイアンツの監督に復帰した。
歴史上の偉人

大田皇女-天智天皇の第一皇女

大田皇女の生涯 大田皇女は、飛鳥時代の皇族であり、天智天皇の第一皇女として知られています。生母は、天智天皇の妃である間人皇后です。大田皇女は、天智天皇の在位中に生まれており、幼い頃から皇室での生活を送りました。 大田皇女は、容姿端麗な女性として知られており、皇族の中でも特に美しい人物と称されていました。また、聡明で才智に優れた女性でもあり、父である天智天皇から寵愛を受けていたとされています。 大田皇女は、成人すると、天智天皇の皇太子である大友皇子の妃となりました。大友皇子と大田皇女の間には、二男四女が生まれ、大友皇子は、天智天皇の次の天皇となることが期待されていました。 しかし、天智天皇が亡くなった後、大友皇子は、天智天皇の異母弟である大海人皇子(のちの天武天皇)との間に争いが起こりました。この争いは壬申の乱と呼ばれ、大海人皇子が勝利し、天武天皇として即位することになりました。 壬申の乱で、大友皇子は亡くなり、大田皇女は夫を亡くしました。大田皇女は、夫の死を深く悲しみ、天武天皇に対して強い恨みを抱いたとされています。 大田皇女は、その後、天武天皇の妃となった大伯皇女(のちの持統天皇)に仕えるようになりました。大田皇女は、持統天皇に忠実に仕え、持統天皇からも信頼を得ていました。 大田皇女は、持統天皇の死後に亡くなり、持統天皇の陵墓であるを山陵に葬られました。大田皇女の陵墓は、現在は大阪府羽曳野市にある野中王墓古墳にあり、国の史跡に指定されています。 大田皇女は、壬申の乱で夫を亡くした悲劇の皇女として知られていますが、聡明で才智に優れた女性であり、持統天皇に忠実に仕えた貞淑な女性でもありました。大田皇女の生涯は、飛鳥時代の皇室の歴史を知る上で重要な史料となっています。
歴史上の偉人

「刑部志加麻呂」

-刑部志加麻呂とは- -1.生い立ちと出自- 刑部志加麻呂は、奈良時代末期の貴族・政治家である。刑部大輔を務めたことから、刑部志加麻呂と呼ばれた。出生年は不詳だが、737年(天平9年)に刑部少輔に任命されていることから、720年(養老4年)頃に生まれたものと考えられている。 刑部志加麻呂の出自は、藤原北家の流れを汲む紀氏右京大夫の息子である。母親は不詳である。 -2.官歴と事績- 刑部志加麻呂は、737年(天平9年)に刑部少輔に任命された後、740年(天平12年)に刑部大輔に昇進し、745年(天平17年)には参議に任命された。749年(天平勝宝元年)には右京大夫に任命され、752年(天平勝宝4年)には左京大夫に任命された。 757年(天平宝字元年)には、藤原仲麻呂の推挙により、侍従に任命され、近衛府のトップにも就任した。藤原仲麻呂は、刑部志加麻呂を自分の腹心として信頼しており、刑部志加麻呂も藤原仲麻呂を深く尊敬していた。 -3.藤原仲麻呂の乱と最期- 757年(天平宝字元年)11月、弓削道鏡が権力を掌握すると、藤原仲麻呂は反乱を起こした。刑部志加麻呂は、藤原仲麻呂に従って戦ったが、758年(天平宝字2年)1月、藤原仲麻呂の乱は鎮圧され、刑部志加麻呂は捕らえられた。刑部志加麻呂は、2月13日に処刑された。享年38。 -4.評価- 刑部志加麻呂は、藤原仲麻呂の腹心として、藤原仲麻呂の政権を支えた。刑部志加麻呂は、藤原仲麻呂の乱において、最後まで藤原仲麻呂に従って戦った。刑部志加麻呂は、その忠義心と勇猛さによって、後世に語り継がれている。
歴史上の偉人

– 巨勢猿

-巨勢猿とは- 巨勢猿とは、約1000万年前から約600万年前まで存在したとされる、霊長類の最大種です。現在確認されている中で最も優れた霊長類である人間と比べると、体重は約3倍で、体長は約2倍程度でした。体重は500kgを越え、4mを超える大きさだったと考えられています。 巨勢猿は、アジアの大部分に生息していました。森林地帯を好んで生活し、果物や葉っぱなどを食べていたと考えられています。巨勢猿の化石は、中国、インド、日本、台湾、ベトナムなどから発見されています。 巨勢猿が絶滅した原因は、気候変動や食物の変化など、さまざまな説があります。しかし、人間が巨勢猿と競合し、絶滅に追い込んだ可能性も考えられています。 巨勢猿は、その巨大さから、古くから人々の興味を引いてきました。多くの神話や伝説に登場し、日本では「山の神」として崇拝されたこともあります。また、巨勢猿の化石は、世界中の博物館で展示されており、多くの人々がその大きさに驚嘆しています。 巨勢猿は、現在では絶滅していますが、その巨大さと神秘性は、人々の想像力をかきたて続けています。今後も、巨勢猿の研究は続けられ、その謎が解き明かされる日がくるかもしれません。
歴史上の偉人

「商長首麻呂」

商長首麻呂の生涯 商長首麻呂は、614年に百済の武王(聖王)の息子として生まれました。彼は、幼い頃から聡明で、15歳で百済の太子となりました。641年には、日本に留学し、天智天皇の宮廷で学びました。 645年に、商長首麻呂は百済に帰国し、翌年、父の武王が死去したため、百済の王になりました。彼は、日本の援助を受けて、百済を強大にし、新羅や唐と戦いました。 660年に、唐と新羅の連合軍が百済を攻撃し、百済は滅亡しました。商長首麻呂は、日本に亡命し、近江朝廷に仕えました。彼は、日本の官僚として活躍し、701年に亡くなりました。 商長首麻呂は、百済の最後の王であり、日本の官僚として活躍した人物です。彼は、百済と日本の交流に貢献し、日本の文化に大きな影響を与えました。 商長首麻呂の生涯は、百済と日本の関係を象徴するものであり、両国の交流の歴史を学ぶ上で重要な人物です。
歴史上の偉人

「兄媛(2)」とは-古代伝承上の渡来人とその生涯-

-兄媛(2)とは- 兄媛(2)とは、日本書紀に記載されている古代伝承上の渡来人で、意富加羅国(現在の韓国の慶尚北道)出身の女性です。彼女は、第10代天皇である崇神天皇の時代に日本に渡来し、天皇の寵愛を受けました。 兄媛(2)は、容姿端麗で聡明な女性だったと伝えられています。崇神天皇は、兄媛(2)に一目惚れし、彼女を妃として迎え入れました。兄媛(2)は、崇神天皇の寵愛を受け、皇太子である垂仁天皇の母となりました。 しかし、兄媛(2)は、垂仁天皇が即位する前に亡くなりました。兄媛(2)の死は、崇神天皇に大きな悲しみを与え、彼は兄媛(2)を偲んで多くの歌を詠みました。 兄媛(2)は、日本書紀に記載されている唯一の女性渡来人で、彼女の人生は謎に包まれています。しかし、彼女は、崇神天皇の寵愛を受け、皇太子の母となったことから、古代日本において重要な役割を果たした女性だったと考えられています。
歴史上の偉人

「刑部虫麻呂」

-刑部虫麻呂とは- 刑部虫麻呂は、奈良時代の貴族、歌人。氏は刑部、名は虫麻呂。官位は正五位下・刑部大輔。 684年、刑部麻呂の子として誕生。奈良時代初期に活躍した官僚、歌人。和銅元年(708年)に大学少允として官界に入り、その後、刑部大輔、大蔵大輔、宮内卿などを歴任。天平9年(737年)に正五位下に叙爵された。万葉集に20首の歌が残っており、その多くが美意識に満ちた叙景歌である。また、白楽天の詩に影響を受けた漢詩も作っている。刑部虫麻呂は、奈良時代の文化を代表する人物の一人である。 万葉集には、刑部虫麻呂が詠んだ歌が20首収められている。その多くは、自然の美しさや旅の情趣を詠んだ叙景歌である。また、刑部虫麻呂は、白楽天の詩に影響を受けた漢詩も作っている。漢詩は、中国の詩の形式である五言絶句や七言絶句で書かれている。刑部虫麻呂の漢詩は、万葉集には収められていないが、後に編纂された『懐風藻』に収められている。 刑部虫麻呂は、奈良時代の文化を代表する人物の一人である。その歌は、万葉集に収められ、人々に親しまれている。また、刑部虫麻呂は、白楽天の詩に影響を受けた漢詩も作っている。漢詩は、中国の詩の形式である五言絶句や七言絶句で書かれている。刑部虫麻呂の漢詩は、万葉集には収められていないが、後に編纂された『懐風藻』に収められている。
歴史上の偉人

丈部稲麻呂-奈良時代の防人-人生と和歌

-丈部稲麻呂の経歴と生涯- 丈部稲麻呂は、奈良時代の防人であり、和歌を残した人物です。生没年は不詳ですが、8世紀前半頃に生まれたと考えられています。出身地は不明ですが、現在の奈良県南部にあったと推測されています。 丈部稲麻呂は、防人として九州に派遣されました。防人は、辺境の警備にあたる兵士のことです。丈部稲麻呂は、九州で数年を過ごした後、故郷に帰還しました。 故郷に帰還した丈部稲麻呂は、和歌を詠みました。彼の和歌は、防人として九州で過ごした経験や、故郷への思いを詠ったものが中心です。丈部稲麻呂の和歌は、万葉集に収められています。 丈部稲麻呂の和歌は、防人としての生活や故郷への思いを詠ったものが多いです。彼の和歌は、万葉集に収められており、その数は30首ほどです。丈部稲麻呂の和歌は、防人としての生活の厳しさや、故郷への思いを切々と詠っており、万葉集の中でも特に人気のある和歌です。 丈部稲麻呂の和歌は、防人としての生活の厳しさや、故郷への思いを切々と詠っており、万葉集の中でも特に人気のある和歌である。