筒井紀充

歴史上の偉人

―紀充(筒井紀充)について

紀充(筒井紀充)の生い立ち 紀充は、1984年5月23日に愛知県名古屋市で生まれました。幼少期からスポーツに親しみ、小学4年生から野球を始めました。中学時代は、名古屋市立春岡中学校の野球部に所属し、投手として活躍しました。 高校は、愛知県の強豪校である東邦高校に進学しました。1年生の秋からベンチ入りし、2年生の春からレギュラーに定着しました。3年生の夏には、甲子園大会に出場し、ベスト8まで進出しました。 高校卒業後は、亜細亜大学に進学しました。1年生の春からリーグ戦に出場し、2年生の春からレギュラーに定着しました。3年生の秋には、首位打者とベストナインを獲得しました。4年生の春には、チームの優勝に貢献し、最優秀選手とベストナインを獲得しました。 大学卒業後は、ドラフト1位で東京ヤクルトスワローズに入団しました。1年目から一軍で活躍し、新人王を獲得しました。2年目には、打率.300、本塁打20本、盗塁30個を達成し、トリプルスリーを達成しました。 その後も、ヤクルトの主力選手として活躍しました。2012年には、チームのリーグ優勝に貢献し、日本シリーズではMVPを獲得しました。2017年には、日米野球で日本代表に選出されました。 2019年オフに、ヤクルトを退団し、読売ジャイアンツに移籍しました。2020年には、打率.307、本塁打23本、盗塁26個を達成し、2度目のトリプルスリーを達成しました。 2021年には、東京オリンピックの野球日本代表に選出されました。日本代表は金メダルを獲得し、紀充も金メダルを獲得しました。 2022年オフに、ジャイアンツを退団し、国内FA権を行使して北海道日本ハムファイターズに移籍しました。
芸術家

包国(2) – 江戸時代前期の刀工

-包国(2)の経歴- 包国(2)の経歴については、諸説あり、はっきりとしたことはわかっていません。 一説によると、包国(2)は、備前国長船(現在の岡山県瀬戸内市長船町)の刀工、包国(1)の息子であると言われています。 包国(1)は、備前国長船派の祖とされる刀工で、永正年間(1504~1521)に活躍したとされています。 包国(2)は、包国(1)の死後、長船派の二代目を継ぎ、天文年間(1532~1555)に活躍したとされています。 包国(2)は、父である包国(1)に師事し、刀鍛冶の技術を学びました。 包国(2)は、父である包国(1)の作風を継承し、備前国長船派の伝統的な作風の刀を鍛造しました。 包国(2)の刀は、切れ味と耐久性に優れており、戦国時代の武士たちに愛用されました。 包国(2)は、備前国長船派の代表的な刀工の一人とされ、その作品は現在でも高く評価されています。