箏曲

音楽分野の人

「米川敏子(2代)」について

米川敏子の生涯 米川敏子(2代)は、1961年10月13日に東京都墨田区で生まれました。父親は、元力士で飲食店の経営者である米川敏彦、母親は、元舞踊家の西川左近子です。敏子は、5歳の時に父親が他界し、母親に育てられました。 敏子は、学生時代から舞踊を学び、18歳の時に、西川左近子の舞踊団に入団しました。1982年に、歌舞伎座で初舞台を踏み、1984年に、2代目米川敏子を襲名しました。 敏子は、舞踊家として、国内外で活躍しました。1990年に、フランスのパリ・オペラ座で公演を行い、1993年には、アメリカのニューヨーク・シティ・バレエ団と共演しました。 敏子は、2006年に、5代目の花柳寿楽を襲名し、舞踊家の活動を休止しました。しかし、2011年に、東日本大震災の被災者を支援するため、舞踊の公演を行いました。 敏子は、2016年10月13日に、55歳で亡くなりました。死因は、乳がんでした。 敏子は、舞踊家として、国内外で活躍しただけでなく、東日本大震災の被災者を支援するなど、社会貢献にも尽力しました。彼女の死は、舞踊界にとって大きな損失となりました。
音楽分野の人

賢順 – 筑紫箏の創始者

筑紫箏の創始者 賢順(けんじゅん、1011年 - 1081年)は、日本の僧侶、音楽家、箏の創始者です。筑紫箏(筑紫琵琶とも呼ばれる)の開発のため、11世紀初めに宋に渡ったと信じられています。筑紫箏は、日本の箏の原型となった楽器と考えられています。 筑紫箏の創始者として、賢順は日本の音楽史に重要な人物です。賢順の生涯についてはあまり知られていませんが、彼の音楽の才能は広く称賛されています。また、賢順は宋の首都開封で、当時中国で最も有名な音楽家の1人である蔡邕と meeting をしました。蔡邕は、中国の音楽理論と楽器の製造について、賢順に多くのことを教えたと言われています。 賢順が日本に帰国した後は、筑紫箏の演奏と指導に努めました。彼は、筑紫箏の演奏 technique を確立し、多くの弟子を育てました。また、賢順は筑紫箏のための新しい音楽を作曲しました。これらの曲は、日本の音楽の伝統に大きな影響を与えました。 賢順は、1081年に亡くなりました。しかし、彼の音楽に対する貢献は、今日でも高く評価されています。筑紫箏は、日本の伝統音楽の重要な楽器として、現在でも演奏され続けています。 賢順の生涯は、日本の音楽史に大きな影響を与えました。彼は、筑紫箏の創始者として、日本の音楽の伝統に大きな貢献をしました。また、賢順は宋の首都開封で、蔡邕という中国の著名な音楽家から音楽理論と楽器の製造について学び、それを日本に持ち帰りました。賢順の音楽に対する貢献は、今日でも高く評価されています。筑紫箏は、日本の伝統音楽の重要な楽器として、現在でも演奏され続けています。
音楽分野の人

萩原正吟:明治から昭和にかけて活躍した地歌・箏曲家

-失明から芸への歩み- 萩原正吟は、1869年(明治2年)に石川県金沢市に生まれました。幼い頃から地歌や箏曲に親しみ、11歳の時に叔父の萩原琴山に師事して本格的に地歌・箏曲の修行を始めました。しかし、18歳の時に失明してしまいます。失明後は、一時的に芸事を諦めましたが、師匠の励ましや周囲の支援を受けて、失明後も地歌・箏曲の修行を続けました。 正吟は、失明後も地歌や箏曲の才能を発揮し、1900年(明治33年)には東京で開催された「第一回地歌大会」に出場して優勝しました。その後も、各地で地歌や箏曲の演奏会を開催し、聴衆を魅了しました。正吟は、失明後も芸事を諦めず、地歌・箏曲の世界で活躍し続けたことで、多くの人々に勇気と希望を与えました。 正吟は、地歌や箏曲の演奏だけでなく、作曲や指導者としても活躍しました。1918年(大正7年)に「地歌琴曲教授所」を設立し、地歌・箏曲の後進の育成に努めました。正吟は、1935年(昭和10年)に67歳で亡くなりましたが、その功績は今もなお語り継がれています。
音楽分野の人

浦崎検校 – 江戸時代後期の地歌・箏曲家

浦崎検校の生い立ちと修業時代 浦崎検校は、江戸時代後期の地歌・箏曲家である。本名は浦崎友治郎。1772年(安永元年)、江戸の深川に生まれた。 友治郎は、幼い頃から音楽の才能を発揮し、10歳の時に盲目の箏曲家である重田検校の門下に入った。重田検校は、友治郎の才能を認め、熱心に指導した。友治郎は、重田検校のもとで箏曲の基礎を学び、また、地歌の作曲も始めた。 14歳の時、友治郎は重田検校の推薦で、江戸城に招かれて演奏した。その演奏が大いに好評を博し、友治郎は一躍有名になった。 その後、友治郎は重田検校のもとを離れ、独立した。友治郎は、江戸で地歌・箏曲の教室を開き、多くの弟子を育てた。また、友治郎は各地を巡業し、地歌・箏曲を演奏した。 友治郎は、1830年(天保元年)、58歳の時に検校に昇進した。検校は、盲目の音楽家の最高位であり、友治郎は日本の音楽界で最も尊敬される音楽家の一人となった。 友治郎は、1839年(天保10年)、67歳の時に死去した。友治郎は、地歌・箏曲の発展に大きな貢献をした音楽家であり、その死は日本の音楽界に大きな衝撃を与えた。 友治郎は、地歌・箏曲の作曲家としても活躍し、多くの作品を残した。友治郎の作品は、その美しい旋律と繊細な情感で知られている。友治郎の作品は、現在でも多くの演奏家によって演奏され、日本の音楽界で親しまれている。
音楽分野の人

箏曲家斎藤芳之都→ 明治-大正時代の音楽家と教育者

天才箏曲家斎藤芳之都の音楽的キャリア 斎藤芳之都は明治17年(1884年)に東京都に生まれ、幼い頃から箏曲の才能を発揮しました。9歳の時に盲目の箏曲家である菊池検校に入門し、16歳で検校(箏曲の師範の称号)の資格を取得しました。その後、芳之都は東京音楽学校(現在の東京藝術大学)に進学し、箏曲科を首席で卒業しました。 卒業後は、箏曲家の道を歩み始め、各地で演奏会を開催しました。芳之都の演奏は、その卓越した技巧と豊かな情感で聴衆を魅了し、瞬く間にトップ奏者の仲間入りを果たしました。また、芳之都は作曲家としても活躍し、多くの箏曲の名作を残しました。代表作には「春の海」や「さくらさくら」などがあります。 芳之都は、箏曲の普及と発展に尽力し、弟子を多く育てました。その中には、後の箏曲界を代表する音楽家となる人物も少なくありません。芳之都はまた、女子教育にも力を入れ、昭和11年(1936年)に日本女子音楽家を創設しました。日本女子音楽家は、現在も日本の伝統音楽を学ぶ女性にとって重要な音楽教育機関となっています。 芳之都は、昭和22年(1947年)に63歳で亡くなりましたが、その功績は今もなお語り継がれています。芳之都は、箏曲界の発展に大きく貢献した偉大な音楽家であり、教育者でした。
音楽分野の人

「富崎宗順」(明治時代の地歌・箏曲家)

-富崎宗順の生涯- 富崎宗順は、1826年(文政9年)に江戸に生まれた地歌・箏曲家です。本名は中村貞吉。父は中村宗助、母は中村琴。少年時代より邦楽を志し、10歳の頃に三味線を始め、15歳の時に長唄を学び始めました。17歳の時に地歌を学び始め、20歳の時に地歌の名手である富崎春風に師事しました。 春風の死後は、地歌の第一人者として活躍し、多くの弟子を育てました。また、箏曲の改革にも尽力し、箏曲の近代化に貢献しました。1890年(明治23年)に東京音楽学校(現在の東京芸術大学)の教授となり、1899年(明治32年)には同校の校長に就任しました。 1904年(明治37年)に79歳で死去するまで、地歌・箏曲の普及と発展に努めました。宗順は、地歌・箏曲の第一人者として活躍し、多くの弟子を育てただけでなく、箏曲の改革にも尽力し、箏曲の近代化に貢献しました。また、東京音楽学校(現在の東京芸術大学)の教授や校長を務め、音楽教育にも尽力しました。宗順は、地歌・箏曲の発展に大きな貢献をした偉大な音楽家です。
音楽分野の人

高橋栄清(初代)

-# 高橋栄清(初代) -- 生涯 高橋栄清は、1866年(慶応2年)に甲斐国(山梨県)に生まれました。明治15年(1882年)に上京し、東京の商工会議所で働きました。その後、明治22年(1889年)に日本実業銀行を設立し、初代頭取に就任しました。 日本実業銀行は、当時の日本の経済発展を支援するために設立された銀行でした。高橋栄清は、日本実業銀行の頭取として、日本の経済発展に大きく貢献しました。また、高橋栄清は、帝国商業会議所会頭や衆議院議員も務めました。 高橋栄清は、1947年(昭和22年)に81歳で亡くなりました。 高橋栄清は、日本の経済発展に大きく貢献した人物です。日本の近代化を支えた人物として、その功績は高く評価されています。
音楽分野の人

「中川信次」

- 中川信次の生い立ち 中川信次は、1964年7月20日に埼玉県狭山市で生まれました。父は会社経営者、母は主婦でした。中川信次には姉が一人おり、四人家族で暮らしていました。 中川信次は、幼い頃から体を動かすことが好きで、スポーツ万能な子供でした。小学校では野球部、中学校ではサッカー部に所属していました。また、喧嘩も強く、地元では「ケンカ番長」として恐れられていました。 中学卒業後、中川信次は高校には進学せず、家業を手伝うようになります。しかし、家業はうまくいかず、中川信次は借金を抱えてしまいます。その後、中川信次は飲食店やキャバクラなどで働きながら、借金を返済していきます。 20代の後半、中川信次は格闘技を始めます。元々、喧嘩が強かった中川信次は、格闘技でもすぐに頭角を現します。1995年、中川信次はプロ格闘家としてデビューし、数々の試合で勝利を収めます。 そして、2000年、中川信次はK-1 GRAND PRIXのチャンピオンに輝きます。この優勝を機に、中川信次は一躍有名人となり、テレビや雑誌などに出演するようになります。 しかし、2005年、中川信次は覚せい剤取締法違反で逮捕されます。この逮捕により、中川信次は格闘家としてのキャリアを断念し、芸能界からも引退します。 現在は、中川信次は実業家として活動しています。また、格闘技の指導者としても活動しており、後進の育成に力を入れています。
音楽分野の人

– 菊田歌雄(初代)

- 地歌・箏曲(そうきょく)家の生涯 菊田歌雄(初代)は、1832年に京都で生まれた地歌・箏曲(そうきょく)家です。本名は森谷歌雄(初代)で、菊田派一中家(きくたはいちゅうか)の創始者です。 菊田歌雄(初代)は、幼い頃から地歌・箏曲を学び、1854年に「菊田歌雄(初代)」の名を許されました。その後、京都を中心に活躍し、多くの弟子を育てました。 菊田歌雄(初代)は、地歌・箏曲の演奏において、華麗な技巧と繊細な表現力を併せ持つ奏者として知られていました。また、作曲の才能にも優れており、多くの地歌・箏曲の作品を残しました。 菊田歌雄(初代)は、1892年に京都で亡くなりました。彼の死後、菊田派一中家は弟子の菊田雪雄が継ぎ、現在まで続いています。 菊田歌雄(初代)は、地歌・箏曲の分野に大きな功績を残した人物です。彼の演奏と作曲は、後世の多くの奏者に影響を与えました。 菊田歌雄(初代)の生涯を振り返ると、以下のようなことがわかります。 * 菊田歌雄(初代)は、1832年に京都で生まれました。 * 幼い頃から地歌・箏曲を学び、1854年に「菊田歌雄(初代)」の名を許されました。 * 京都を中心に活躍し、多くの弟子を育てました。 * 地歌・箏曲の演奏において、華麗な技巧と繊細な表現力を併せ持つ奏者として知られていました。 * 作曲の才能にも優れており、多くの地歌・箏曲の作品を残しました。 * 1892年に京都で亡くなりました。 菊田歌雄(初代)は、地歌・箏曲の分野に大きな功績を残した人物です。彼の演奏と作曲は、後世の多くの奏者に影響を与えました。
芸能分野の人

ー天笠才寿

-ー天笠才寿- 明治〜昭和前期に活躍した地歌・箏曲家 天笠才寿(てんがさ さいじゅ、1875年8月2日 - 1956年10月14日)は、明治から昭和前期に活躍した地歌・箏曲家。本名は戸塚タキ(戸塚滝)。 -経歴- 1875年8月2日、東京府東京市築地(現・東京都中央区築地)に生まれる。1888年、13歳の時に地歌の杵屋栄次郎に師事。1890年、15歳の時に箏曲の生田検校に師事。1895年、20歳の時に地歌の杵屋栄寿を襲名。1900年、25歳の時に箏曲の生田検校を襲名。 1905年、30歳の時に東京音楽学校(現・東京藝術大学)の教授に就任。1910年、35歳の時に日本音楽協会を設立。1915年、40歳の時に帝国音楽学校(現・東京音楽大学)の教授に就任。1920年、45歳の時に東京音楽学校を退職。1925年、50歳の時に帝国音楽学校を退職。1930年、55歳の時に日本音楽協会を解散。 戦後は、地歌・箏曲の普及に努め、全国各地で演奏会を開催した。1954年、79歳の時に文化勲章を受章。1956年10月14日、81歳で死去。 -業績- 天笠才寿は、地歌・箏曲の発展に大きく貢献した。特に、箏曲の普及に努め、箏曲の演奏会を全国各地で開催した。また、地歌・箏曲の楽譜を出版し、地歌・箏曲の基礎を確立した。 天笠才寿の弟子には、杵屋栄寿、生田検校、豊崎重資、山田耕筰、平井康三郎、宮原禎次、沢井忠夫、野坂恵一などがいる。
音楽分野の人

佐藤正和→ 大正-昭和時代前期の地歌・箏曲家

-大正-昭和時代前期の音楽家- 大正-昭和時代前期は、日本音楽界において大きな変革があった時代です。西洋音楽が本格的に導入され、それまでの伝統的な邦楽と融合して新しい音楽が生まれました。また、ラジオやレコードの普及により、音楽がより身近なものとなり、音楽家たちの活動も多様化していきました。 この時代を代表する音楽家のひとりとして、佐藤正和が挙げられます。佐藤正和は、1870年(明治3年)に東京に生まれ、1889年(明治22年)に東京音楽学校に入学しました。同校卒業後は、箏曲家として活躍し、1918年(大正7年)に宮内省御用掛に任命されました。佐藤正和は、箏曲の伝統を守りながら、新しい奏法や曲調を取り入れ、箏曲の発展に大きく貢献しました。 また、この時代には、山田耕筰、吉川英治、町田嘉章、橋本国彦、中山晋平、服部良一、古賀政男、伊藤久男、平岡精二、佐々木すぐる、三木鶏郎、服部良一、阿部敏郎、吉田正、古関裕而、藤山一郎、東海林太郎、二葉あき子、松島詩子、ミスコロムビア、淡谷のり子、菊池章子、ディック・ミネ、岡晴夫、田端義夫、三波春夫、江利チエミ、美空ひばり、雪村いづみ、伊東ゆかり、青島幸男、水原弘、橋幸夫、舟木一夫、西郷輝彦、ジャニーズ、都はるみ、水前寺清子、坂本九などが活躍しました。 これら、大正-昭和時代前期の音楽家たちは、日本の音楽界に大きな影響を与え、今日の音楽文化の基礎を築きました。
音楽分野の人

宮原検校-江戸後期に活躍した地歌・箏曲家

-菊池検校のもとで三味線を習得- 宮原 検校は、江戸後期に活躍した地歌・箏曲家です。三味線の名手として知られ、作曲家としても多くの作品を残しました。宮原検校は、文化4年(1807年)に江戸で生まれました。幼い頃から三味線に興味を持ち、11歳の時に菊池検校に入門しました。菊池検校は、当時最も優れた三味線奏者の一人で、宮原検校は菊池検校のもとで熱心に三味線を学びました。 菊池検校は、宮原検校の才能を見抜き、丁寧に指導しました。宮原検校は、菊池検校から三味線の基本的な奏法から、高度なテクニックまでを学びました。また、菊池検校は、宮原検校に作曲の指導も行いました。宮原検校は、菊池検校のもとで三味線を習得し、作曲家としても成長しました。 宮原検校は、20歳の時に独立して、三味線奏者として活動をを始めました。宮原検校は、その卓越した演奏技術で人気を集め、江戸を代表する三味線奏者の一人となりました。宮原検校は、作曲家としても活躍し、多くの地歌・箏曲作品を残しました。宮原検校の作品は、その美しい旋律と独創的なリズムで知られています。宮原検校の作品は、現在も多くの地歌・箏曲奏者によって演奏されています。 宮原検校は、明治28年(1895年)に亡くなりました。宮原検校は、地歌・箏曲の発展に大きな貢献をした作曲家であり、三味線奏者です。宮原検校の作品は、現在も多くの演奏家によって演奏され、人々に親しまれています。
音楽分野の人

– 山登検校(初代)

-初代山登検校の生涯- 初代山登検校は、 -山登検校(登源坊)- (やまとけんぎょう とうげんぼう)といい、生年や出自については不詳ですが、室町時代初期に近江国(現在の滋賀県)で生まれたと伝えられています。 -山登検校の生涯- 山登検校は、幼い頃から琴の才能を発揮し、15歳の頃には京都に上って、当時最高の琴の名手として知られていた -八橋検校- (やつはしけんぎょう)の門下に入りました。 八橋検校のもとで、山登検校は琴の技量を磨くとともに、琵琶や三味線などの楽器の演奏も習得しました。また、和歌や漢詩にも通じ、文芸の分野でも活躍しました。 -検校に任命- 17歳の頃、山登検校は八橋検校の推薦により、 -検校- (けんぎょう)に任命されました。検校とは、盲人の音楽家の中でも特に優れた者に与えられる称号であり、山登検校は、最年少で検校に任命されたことになります。 検校に任命された山登検校は、京都を中心に各地で演奏活動を行い、その琴の技量は絶賛されました。また、山登検校は、 -『琴古流』- (ことのふるりゅう)という新しい琴の流派を創始し、多くの弟子を育てました。 -晩年- 山登検校は、晩年には盲目の音楽家のための音楽学校である -『検校学院』- (けんぎょうがくいん)を創設し、盲人の音楽教育に力を注ぎました。 山登検校は、76歳の生涯を閉じましたが、その琴の技量と音楽に対する功績は、今もなお語り継がれています。
音楽分野の人

「藤蔭静枝(初代)」(⇒藤蔭静樹(ふじかげ-せいじゅ))について

藤蔭静枝(初代) 生涯と功績 藤蔭静枝(初代)は、1895年(明治28年)に大阪市に生まれ、1976年(昭和51年)に81歳で亡くなった日本の舞踊家であり、藤蔭流家元である。 静枝は、幼い頃から日本舞踊を学び、1913年(大正2年)に「藤蔭静枝」の名で初舞台を踏んだ。その後、東京に移住し、1923年(大正12年)に「藤蔭流」を創始した。藤蔭流は、古典舞踊と現代舞踊を融合した新しい舞踊様式で、すぐに人気を博した。 静枝は、日本舞踊の普及に努め、各地で公演活動を行った。また、後進の育成にも力を入れ、多くの弟子を育て上げた。 静枝の功績は、藤蔭流の創始と日本舞踊の普及である。藤蔭流は、現在でも多くの舞踊家が学ぶ舞踊様式であり、日本舞踊の発展に大きな貢献を果たしている。また、静枝が育て上げた弟子たちは、日本の舞踊界で活躍しており、静枝の功績は日本の舞踊界に大きな影響を与えている。
音楽分野の人

藤井久仁江→ 日本を代表する地歌・箏曲家

-生い立ちと音楽教育- 藤井久仁江は、1922年9月16日、東京市下谷区に生まれた。父は弁護士、母は音楽教師で、久仁江は幼い頃から音楽に親しみ、5歳で箏を始め、10歳で地歌を始める。15歳の時、第1回日本音楽コンクールに出場し、地歌部門で優勝。翌年、東京音楽学校(現在の東京芸術大学)に入学し、地歌と箏を専攻する。卒業後は、地歌舞伎の伴奏や、地歌の演奏会に出演するなど、広く活躍するようになった。 久仁江の音楽教育は、非常に厳格なものだった。幼い頃から、母から箏と地歌の手ほどきを受け、10歳からは、地歌の師匠について本格的に学ぶ。師匠は、久仁江に非常に厳しく、ミスをすると何度もやり直させられたという。しかし、久仁江は師匠の厳しい指導に耐え、地歌と箏の技術を磨いていった。 久仁江は、地歌と箏の演奏技術だけでなく、その音楽性も高く評価された。地歌は、日本の伝統的な声楽であり、非常に難解な音楽だが、久仁江は、その難解な地歌を、非常に美しく、そしてわかりやすく演奏した。また、箏の演奏も、非常に技巧的で、聴く者を魅了した。 久仁江は、日本の地歌・箏曲界を代表する演奏家として、国内外で広く活躍した。その功績を称えられ、1990年に人間国宝に認定された。2009年、86歳で亡くなった。
音楽分野の人

古川滝斎 – 地歌・箏曲家の生涯と功績

-古川滝斎の生い立ちと音楽教育- 古川滝斎は、1760年(宝暦10年)に江戸で生まれた。本名は古川徳治郎。幼少の頃から音楽に興味を持ち、8歳の頃に三味線を始める。12歳の頃には、既に三味線の演奏会で演奏するほどの腕前となっていた。 その後、滝斎は、地歌・箏曲の名手である杵屋六左衛門に入門する。六左衛門は、滝斎の才能を見抜き、熱心に指導にあたった。滝斎は、六左衛門の指導の下、地歌・箏曲の演奏技術を飛躍的に向上させた。 18歳の頃には、滝斎は既に地歌・箏曲の名手として知られるようになり、江戸の各大名や公家の前で演奏するようになった。また、滝斎は、地歌・箏曲の作曲も始め、多くの作品を残した。 滝斎は、地歌・箏曲の演奏と作曲の両方で活躍し、地歌・箏曲の発展に大きく貢献した。滝斎の功績は、現在でも高く評価されており、彼の作品は、現在でも多くの地歌・箏曲家によって演奏されている。
音楽分野の人

菊芳秋調と筝曲の改革

-菊芳秋調の生涯と人物像- 菊芳秋調は、明治30年(1897年)に大阪で生まれました。本名は菊地芳子。幼少の頃から筝曲に親しみ、12歳の時に筝曲家である菊芳琴月に入門しました。その後、18歳の時に東京音楽学校(現・東京芸術大学)に入学し、筝曲を専攻しました。卒業後は演奏活動を中心に、筝曲の普及にも努めました。 菊芳秋調は、筝曲の演奏において、新しい奏法を開発し、従来の筝曲の常識を覆しました。また、筝曲の曲目を改訂し、近代的な筝曲のスタイルを確立しました。これらの改革は、筝曲の世界に大きな影響を与え、菊芳秋調は筝曲の革新者として知られるようになりました。 菊芳秋調は、筝曲の演奏家としてだけでなく、教育者としても活躍しました。昭和23年(1948年)に東京芸術大学教授に就任し、多くの筝曲家を育成しました。また、昭和27年(1952年)には、筝曲界の発展に貢献した功績が認められ、芸術院会員に推挙されました。 菊芳秋調は、昭和53年(1978年)に81歳で亡くなりましたが、その功績は今もなお高く評価されています。筝曲の革新者として、そして教育者として、菊芳秋調は筝曲界に大きな足跡を残しました。 菊芳秋調の人物像は、非常に真面目で几帳面な性格でした。また、とても努力家で、常に筝曲の向上を目指していました。菊芳秋調は、筝曲に対して強い情熱を持っており、それが彼女の改革の原動力となっていました。 菊芳秋調は、筝曲界に多大な貢献をした偉大な筝曲家です。彼女の功績は今もなお讃えられており、筝曲の世界の発展に大きな影響を与え続けています。
音楽分野の人

米川暉寿について

地歌・箏曲家米川暉寿の生涯 米川暉寿(よねかわ きす)は、1894年(明治27年)8月13日に京都府京都市に生まれました。幼少期より箏を学び、16歳の時に家元である米川文子に入門しました。1914年(大正3年)に初舞台を踏み、その後、全国各地で演奏活動を行いました。1926年(昭和元年)には、文子から家元を継承し、米川暉寿を襲名しました。 暉寿は、地歌・箏曲の伝統を重んじながらも、新しい音楽にも積極的な姿勢を示しました。1930年(昭和5年)には、地歌・箏曲を西洋音楽のオーケストラと共演させ、話題を呼びました。また、1934年(昭和9年)には、文部省から芸術院会員に任命され、1940年(昭和15年)には、帝国音楽学校(現・東京藝術大学)の教授に就任しました。 暉寿は、1945年(昭和20年)の終戦後も、地歌・箏曲の普及に尽力しました。1946年(昭和21年)には、日本地歌合唱連盟を設立し、会長に就任しました。また、1947年(昭和22年)には、箏曲の楽譜を出版する米川 music を創立しました。 暉寿は、1980年(昭和55年)に亡くなるまで、地歌・箏曲の発展に貢献しました。その功績は、1983年(昭和58年)に紫綬褒章を受章したことで認められています。
音楽分野の人

福永らく -江戸後期-明治時代の女地唄邦楽家

- 福永らくの生い立ちと検校入門 福永らくは、江戸時代後期の1820年に、播磨国(現在の兵庫県)で生まれました。幼い頃から音楽の才能を発揮し、10歳の頃には三味線を習い始めました。その後、15歳の頃に京都に上京し、検校(目の見えない人のための学校)に入門しました。検校では、三味線や琴などの邦楽を学び、18歳の頃には検校を卒業しました。 検校を卒業後、福永らくは京都で三味線の師匠として活躍しました。また、三味線奏者として各地を巡業し、その演奏は多くの人々から賞賛されました。福永らくは、三味線の演奏だけでなく、作曲にも才能を発揮し、数多くの楽曲を残しました。その中でも、特に有名なのが「福永らくの三味線」です。この曲は、福永らくが作曲した三味線の独奏曲で、その美しいメロディーと繊細な演奏で、多くの人々を魅了しました。 福永らくは、江戸時代後期の邦楽界を代表する三味線奏者の一人として知られています。その演奏は、多くの人々から賞賛され、数多くの楽曲を残しました。福永らくの音楽は、現代でも多くの人々に親しまれており、その功績は今もなお語り継がれています。
音楽分野の人

– 山田松黒(江戸時代中期の箏曲家)

-江戸赤坂の町医者としての生活- 山田松黒は、江戸時代中期の箏曲家です。本名は山田理右衛門といい、通称は松黒、号は青城、無二庵とも称しました。1708年、江戸赤坂の町医者の子として生まれました。幼い頃から箏を学び、12歳の時に初舞台を踏みました。その後、江戸や京都で活躍し、多くの弟子を育てました。 松黒は、箏の演奏技術だけでなく、作曲にも優れていました。古典的な箏曲の技法を受け継ぎながら、新しい曲風を創造しました。彼の作品は、多くの箏曲家に影響を与え、今日でも演奏されています。 松黒は、江戸赤坂の町医者としての生活を続けながら、箏曲の演奏と作曲に打ち込みました。彼は、町医者として人々の健康を保ちながら、箏曲という日本の伝統芸能の発展に貢献しました。 松黒の江戸赤坂の町医者としての生活は、彼の人間性と芸術性を表しています。彼は、町医者として人々を救うことに喜びを感じながら、箏曲という芸術を愛し、それを発展させることに尽力しました。松黒は、江戸時代の町医者と芸術家の代表的な人物であり、彼の生涯は、江戸時代の文化史を語る上で欠かせないものです。
音楽分野の人

安村検校→ 江戸時代中期の箏曲家

-箏組歌の整理と「撫箏雅譜集」の刊行- 安村検校は箏組歌の整理と「撫箏雅譜集」の刊行に尽力しました。箏組歌とは、箏の楽曲を複数の曲で構成したもので、安村検校はそれまでバラバラになっていた箏組歌を整理し、体系化しました。 安村検校はまた、「撫箏雅譜集」を刊行しました。「撫箏雅譜集」は、箏の楽譜を集めたもので、安村検校自身が作曲した曲や、それまでの箏の名曲などが収録されています。「撫箏雅譜集」は、箏の楽譜として広く普及し、箏曲の発展に大きな影響を与えました。 安村検校の箏組歌の整理と「撫箏雅譜集」の刊行は、箏曲の発展に大きな貢献をしました。安村検校は、箏曲の第一人者として活躍し、箏曲の発展に尽力した人物です。 安村検校の箏組歌の整理と「撫箏雅譜集」の刊行は、以下の点で箏曲の発展に貢献しました。 * 箏組歌の体系化により、箏の楽曲がより演奏しやすくなりました。 * 「撫箏雅譜集」の刊行により、箏の楽譜が広く普及し、箏曲の学習者が増えました。 * 安村検校の箏組歌の整理と「撫箏雅譜集」の刊行により、箏曲の演奏技術が向上しました。 安村検校の箏組歌の整理と「撫箏雅譜集」の刊行は、箏曲の発展に大きな影響を与えた功績です。
芸能分野の人

武内城継 – 明治・大正時代の箏曲家

# 武内城継 - 明治・大正時代の箏曲家 - 生誕、葛原勾当のもとで箏曲と三絃を学ぶ 武内城継は、1863年(文久3年)に京都府で生まれました。彼の父は京都西本願寺で三絃を演奏していた武内平吉で、城継も幼い頃から三絃を習い始めました。 15歳の頃には、当時の筝曲界で活躍していた葛原勾当に入門し、箏曲と三絃を学びました。葛原勾当は、筝曲界で新しい演奏スタイルを確立した人物として知られており、彼の指導を受けた城継も、新しい演奏スタイルを身につけました。 1882年(明治15年)には、東京音楽学校(現在の東京藝術大学)に入学し、箏曲と三絃を専攻しました。東京音楽学校では、当時の筝曲界を代表する人物である宮城道雄や山田検校らに師事し、箏曲と三絃の演奏技術をさらに磨きました。 1887年(明治20年)には、東京音楽学校を卒業し、箏曲と三絃の演奏家としてデビューしました。彼の演奏は、新しい演奏スタイルと卓越した演奏技術で、すぐに注目されるようになりました。 1893年(明治26年)には、日本初の箏曲演奏会を開催し、大成功を収めました。この演奏会は、箏曲界に大きな影響を与え、箏曲の普及に貢献しました。 1907年(明治40年)には、米国に渡り、カーネギーホールで箏曲の演奏会を開催しました。この演奏会も大成功を収め、箏曲の海外普及に貢献しました。 1925年(大正14年)には、東京音楽学校教授に就任し、箏曲と三絃の演奏技術を後進に指導しました。彼の指導を受けた弟子の中には、後の箏曲界を代表する人物である山田抄太郎や宮城道雄らがいます。 1930年(昭和5年)には、勲五等双光旭日章を受章しました。 1945年(昭和20年)には、82歳で亡くなりました。
音楽分野の人

-中川検校(3代)の生涯と功績

-中川検校とは?- 中川検校とは、江戸時代初期に活躍した盲目の音楽家であり、筝曲の創始者とされる人物です。本名は中川五郎兵衛といい、元和8年(1622年)に京都で生まれました。幼い頃に失明しましたが、音楽の才能に恵まれ、筝曲の演奏を学びました。 中川検校は、筝曲の演奏技術を大いに発展させ、独自の演奏法を確立しました。また、筝曲の楽曲を数多く作曲し、筝曲の古典として今日まで伝えられています。さらに、筝曲の教育にも力を入れ、多くの弟子を育てました。 中川検校の功績は、筝曲の創始者であることだけでなく、筝曲の演奏技術と楽曲を大いに発展させたことにあります。また、筝曲の教育にも力を入れ、多くの弟子を育てたことで、筝曲の普及に貢献しました。 中川検校は、寛文11年(1671年)に50歳で亡くなりました。しかし、その功績は今日まで受け継がれ、筝曲は日本の伝統音楽として親しまれています。
音楽分野の人

吉沢検校(2代)→ 江戸後期から明治時代の箏曲家

-幼少期と家系- 吉沢検校(2代)の幼少期については、詳しい記録が残されていないため、正確なことは不明である。しかし、1810年に生まれ、1888年に78歳で亡くなったことは分かっている。吉沢家の家系は、代々検校を務めており、吉沢検校(2代)の父である吉沢検校(初代)も、箏曲家として有名であった。吉沢検校(2代)は、幼い頃から箏曲に親しみ、10歳の頃には、父から検校の称号を継承した。 吉沢検校(2代)は、江戸時代末期から明治時代初期にかけて活躍した箏曲家であり、日本の箏曲界に大きな功績を残した。吉沢検校(2代)は、箏曲の演奏技術に優れており、その演奏は人々を魅了したと言われている。また、吉沢検校(2代)は、多くの弟子を育て、箏曲の普及に尽力した。吉沢検校(2代)の弟子の中には、後の箏曲界を代表する演奏家となった人物も多くいる。