経営者

経済分野で活躍した人

湯川寛吉の生涯と功績(1868-1931)

-逓信省から住友へ- 湯川寛吉は、1891年に東京帝国大学理学部物理学科を卒業後、逓信省に入省しました。逓信省では、電話技術の研究開発に携わり、1901年に国産初の電話機の開発に成功しました。また、1903年には、日本初の無線通信実験に成功しました。 1905年に住友財閥の総帥である住友友純に招かれ、住友総本店に入社しました。住友では、電気事業や鉱山事業の経営に携わり、住友財閥の発展に貢献しました。 1923年に住友総本店を退職し、関西電力株式会社の社長に就任しました。関西電力では、関西地方の電力供給の安定化に尽力し、1931年に亡くなるまで、関西電力株式会社の社長を務めました。 湯川寛吉は、逓信省と住友財閥で活躍した技術者であり、日本の電気通信事業と電力事業の発展に貢献しました。
経済分野で活躍した人

青山五郎 – 昭和後期~平成時代の経営者

- 青山五郎の生い立ちと経歴 青山五郎は、1924年(大正13年)に東京で生まれた。青山家は、代々続く商家の家系で、五郎は長男として生まれた。五郎は幼い頃から、家業を手伝いながら育ち、商売の才能を発揮した。 五郎は、1942年(昭和17年)に、慶應義塾大学経済学部を卒業した。卒業後は、家業の株式会社青山商店に入社し、経営に携わるようになった。五郎は、経営者として、積極果敢な経営姿勢で知られ、事業を拡大させた。 1955年(昭和30年)には、株式会社青山商店を株式会社青山商事と改称し、事業内容を多角化させた。五郎は、経営者として、常に新しいことに挑戦し、事業を成長させた。 1970年(昭和45年)には、株式会社青山商事を株式会社青山グループと改称し、持株会社とした。五郎は、経営者として、企業グループを拡大させ、総合商社として成長させた。 1980年(昭和55年)には、青山五郎が会長に就任し、長男の青山太郎が社長に就任した。五郎は、会長として、企業グループの経営を監督し、太郎は、社長として、企業グループの経営を執行した。 1990年(平成2年)には、青山五郎が相談役に就任し、太郎が会長に就任した。五郎は、相談役として、企業グループの経営に助言し、太郎は、会長として、企業グループの経営を統括した。 2000年(平成12年)には、青山太郎が社長に就任し、青山五郎が相談役に就任した。太郎は、社長として、企業グループの経営を執行し、五郎は、相談役として、企業グループの経営に助言した。 2010年(平成22年)には、青山五郎が死去した。享年86歳であった。五郎は、昭和後期~平成時代の経営者として、企業グループを拡大させ、総合商社として成長させた。
経済分野で活躍した人

竹見淳一 – 経営者として活躍した人物

-竹見淳一の生涯と業績- 竹見淳一は、1932年に兵庫県に生まれました。1955年に慶應義塾大学経済学部を卒業後、松下電器産業株式会社に入社しました。松下電器産業株式会社では、主に半導体事業を担当し、1983年に常務取締役、1986年に専務取締役を歴任しました。 1987年、竹見淳一は松下電器産業株式会社を退社し、半導体メーカーのアルプス電機株式会社の社長に就任しました。アルプス電機株式会社では、半導体事業の拡大に注力し、1990年に東証一部に上場させました。 1995年、竹見淳一はアルプス電機株式会社を退社し、ベンチャーキャピタルのアドベンチャーキャピタル株式会社を設立しました。アドベンチャーキャピタル株式会社では、主にインターネット関連企業への投資を行い、数多くの企業を成功に導きました。 2000年、竹見淳一はアドベンチャーキャピタル株式会社を退社し、経営コンサルティング会社を設立しました。経営コンサルティング会社では、中小企業の経営改善を支援し、多くの企業を再生させました。 2010年、竹見淳一は経営コンサルティング会社を退社し、現在は講演や執筆活動を行っています。講演や執筆活動では、主に経営哲学や企業経営のあり方について語っています。 竹見淳一は、半導体業界やベンチャーキャピタル業界、経営コンサルティング業界で活躍した人物です。竹見淳一の経営哲学や企業経営のあり方は、多くの経営者に影響を与えています。
経済分野で活躍した人

三田政吉 – その生涯と功績

-明治43年12月12日、東京に生まれる- 三田政吉は、1897年(明治43年)12月12日に東京に生まれました。父は、明治政府の官僚であり、母は、旧幕臣の娘でした。政吉は、幼少期から成績優秀で、東京帝国大学法学部に進学しました。 大学卒業後は、東京市役所に入庁し、後に副市長にまで昇進しました。しかし、政吉は、市政運営に不満を持ち、1932年(昭和7年)に市役所を辞職しました。 その後、政吉は、政治家として立候補し、衆議院議員に当選しました。政吉は、衆議院議員として、社会問題や経済問題に取り組み、国民の生活向上に尽力しました。 1940年(昭和15年)、政吉は、商工大臣に任命されました。商工大臣として、政吉は、日本の産業発展に努め、日中戦争の遂行にも貢献しました。 しかし、1945年(昭和20年)、太平洋戦争が終結すると、政吉は、公職追放処分を受けました。政吉は、公職追放処分を不服として、裁判を起こしましたが、敗訴しました。 政吉は、1953年(昭和28年)に公職追放処分が解除され、政治家として復帰しました。政吉は、衆議院議員に再選され、1957年(昭和32年)には、衆議院議長に就任しました。 政吉は、衆議院議長として、国会運営に尽力し、国民の信頼を得ました。政吉は、1960年(昭和35年)に衆議院議長を退任し、政界を引退しました。 政吉は、1975年(昭和50年)に亡くなりました。
経済分野で活躍した人

「鈴木常司」の生涯と功績

-鈴木常司の生い立ちと経歴- 鈴木常司は、1920年(大正9年)に北海道札幌市で生まれました。小学校を卒業後、北海道庁立札幌商業学校に進学し、商業を学びました。卒業後は、地元の銀行に就職し、働き始めました。しかし、その後、銀行を退職し、実業家として独立しました。 鈴木常司は、実業家として成功を収め、企業を次々と設立しました。中でも、特に有名なのが、株式会社マルハニチロホールディングスです。マルハニチロホールディングスは、大手食品会社であり、水産物や食肉、加工食品などを製造・販売しています。鈴木常司は、マルハニチロホールディングスの創業者であり、同社の初代社長を務めました。 鈴木常司は、ビジネス界で成功を収めただけでなく、社会貢献にも熱心に取り組みました。特に、スポーツ振興には力を入れ、日本オリンピック委員会の会長や、国際陸上競技連盟の会長などを歴任しました。また、札幌オリンピックの招致にも尽力し、1972年(昭和47年)に札幌オリンピックが開催されました。 鈴木常司は、2002年(平成14年)に82歳で亡くなりました。しかし、彼の業績は、今もなお人々の記憶に残っています。
経済分野で活躍した人

安藤楢六→ 小田急電鉄の発展に貢献した経営者

小田急電鉄社長として活躍 安藤楢六は、1936年(昭和11年)に小田急電鉄の社長に就任しました。小田急電鉄は、当時経営難に陥っており、安藤の就任は大きな期待を集めました。 安藤は、早速経営改革に着手しました。まず、小田急線の電化を推進し、輸送力の大幅な向上を図りました。また、沿線開発にも力を入れて、住宅地や商業施設を建設しました。これらの施策により、小田急電鉄は業績を回復し、安藤は経営者として高い評価を受けました。 1942年(昭和17年)には、小田急電鉄と東京急行電鉄(現・東急電鉄)が合併し、大東急が誕生しました。安藤は、大東急の取締役として経営に携わり、戦後の日本における鉄道事業の発展に貢献しました。 戦後、小田急電鉄は再び独立し、安藤は社長に復帰しました。安藤は、引き続き経営改革を進め、小田急電鉄を日本を代表する大手私鉄に育て上げました。1957年(昭和32年)に社長を退任しましたが、その後も小田急電鉄の相談役として経営に参画していました。 安藤は、1966年(昭和41年)に他界しました。安藤の死は、小田急電鉄にとって大きな損失となりましたが、安藤が築き上げた経営基盤は、小田急電鉄のさらなる発展の礎となりました。
政治家・活動家

堀越寛介→ 明治-大正期の政治家、経営者

-出生と自由民権運動への参加- 堀越寛介は、1847年4月17日、江戸麻布(現・東京都港区)に生まれた。父は幕府の御家人、母は武士の娘で、幼いころから朱子学を学び、儒教の精神を涵養した。 1868年(慶応4年)に明治維新が勃発すると、堀越寛介は戊辰戦争に東軍(幕府軍)として参加し、箱根の戦い、上野戦争などに参加した。しかし、幕府軍が敗北すると、新政府軍に降伏し、謹慎処分を受けた。 謹慎が解けた後、堀越寛介は、慶應義塾や東京専門学校(現・早稲田大学)で学び、法律を修めた。1873年(明治6年)に自由民権運動に参加し、1874年(明治7年)には、愛国社を結成して、民権の拡張と立憲政治の実現を訴えた。 自由民権運動は、1881年(明治14年)に国会開設の詔勅が出されて、成功を収めたが、政府は、民権派を弾圧するようになった。堀越寛介も、1882年(明治15年)に、政府によって逮捕され、禁固3年の判決を受けた。 堀越寛介は、出獄後も自由民権運動を続け、1889年(明治22年)には、自由党を結成して、総理大臣に就任した。しかし、自由党は、1892年(明治25年)に、立憲改進党と合併して、立憲自由党を結成することになり、堀越寛介は総理大臣を辞任した。 その後、堀越寛介は、実業界に転身し、企業の経営や金融業に携わった。1929年(昭和4年)、82歳で亡くなった。
経済分野で活躍した人

「小林茂(2)」

-家業から秀和の設立へ- 小林茂は、1913年に広島県呉市で生まれました。 17歳の時に、父親が経営する建設会社「小林組」に入社し、家業を学びました。 小林組は、造船所の建設や土木工事などを行い、順調に業績を伸ばしていました。 しかし、小林茂は家業を継ぐことに疑問を抱いており、新しい事業を立ち上げたいと考えていました。 1946年、小林茂は小林組を退職し、秀和を設立しました。 秀和は、住宅の建設・販売を行う会社で、当初は小さな会社でしたが、小林茂の経営手腕により、急速に業績を伸ばしました。 1960年代になると、秀和は日本有数の大手住宅メーカーに成長し、小林茂は「住宅王」と呼ばれるようになりました。 小林茂は、住宅の建設・販売だけでなく、不動産開発やリゾート事業などにも進出しました。 また、1970年には、日本初の民間衛星放送会社「ワールドサテライトテレビジョン」を設立し、日本の衛星放送業界の開拓に貢献しました。 小林茂は、1990年に86歳で亡くなりましたが、秀和はその後も順調に業績を伸ばし、現在では業界トップクラスの企業となっています。
経済分野で活躍した人

「宮内義彦」

宮内義彦の生い立ちと経歴 1928年1月1日、兵庫県神戸市に生まれる。 1945年3月、神戸市立葺合中学校を卒業。 1945年4月、旧制第三高等学校文科乙類に入学。 1947年3月、旧制第三高等学校を卒業。 1947年4月、東京大学文学部教育学科に入学。 1951年3月、東京大学文学部教育学科を卒業。 1951年4月、兵庫県立神戸高等学校の教諭に就任。 1957年4月、兵庫県立長田高等学校の教諭に転任。 1958年4月、兵庫県立神戸高等学校の教頭に就任。 1960年4月、兵庫県立長田高等学校の教頭に就任。 1961年4月、兵庫県立神戸高等学校の校長に就任。 1964年4月、兵庫県立長田高等学校の校長に就任。 1967年4月、兵庫県立神戸高等学校の校長に就任。 1970年4月、兵庫県立長田高等学校の校長に就任。 1972年4月、兵庫県立神戸高等学校の校長に就任。 1974年4月、兵庫県立長田高等学校の校長に就任。 1976年4月、兵庫県立神戸高等学校の校長に就任。 1978年4月、兵庫県立長田高等学校の校長に就任。 1980年4月、兵庫県立神戸高等学校の校長に就任。 1982年4月、兵庫県立長田高等学校の校長に就任。 1984年4月、兵庫県立神戸高等学校の校長に就任。 1986年4月、兵庫県立長田高等学校の校長に就任。 1988年4月、兵庫県立神戸高等学校の校長に就任。 1990年4月、兵庫県立長田高等学校の校長に就任。 1992年4月、兵庫県立神戸高等学校の校長に就任。 1994年4月、兵庫県立長田高等学校の校長に就任。 1996年4月、兵庫県立神戸高等学校の校長に就任。
経済分野で活躍した人

松尾静磨 – 昭和時代の官僚、経営者

-航空界のパイオニア- 松尾静磨氏は昭和時代の官僚、経営者として、航空界の発展に大きく貢献した人物である。氏は1916年、北海道小樽市に生まれ、1939年に東京帝国大学経済学部を卒業後、逓信省に入省した。逓信省では、航空局の秘書官や航空局長官などを歴任し、航空業界の発展に尽力した。 戦後、松尾氏は日本航空の社長や会長を務め、日本航空の国際化や経営の近代化を進めた。また、氏は全日本空輸の社長や会長も歴任し、全日本空輸の経営再建や国際化に貢献した。 松尾氏は、航空業界の発展に大きく貢献した功績が認められ、1979年に勲一等旭日大綬章を受章した。また、氏は1987年に航空界の功労者として、航空界の名誉殿堂に殿堂入りした。 松尾氏は、航空業界の発展に貢献しただけでなく、社会貢献活動にも熱心に取り組んだ。氏は、日本青少年育成国民協会の会長や日本青年会議所の副会長などを歴任し、青少年の育成や社会貢献活動に尽力した。 松尾氏は、航空業界の発展と社会貢献活動に尽力した功績が認められ、1991年に文化勲章を受章した。また、氏は1993年に日本航空の創立50周年を機に、日本航空の創立者として、日本航空の名誉会長に就任した。 松尾氏は、2005年に東京で亡くなった。享年89歳。氏は、航空業界の発展と社会貢献活動に尽力した、昭和時代の偉大な官僚、経営者として、今もなお人々に敬愛されている。
政治家・活動家

稲垣平太郎 – 経営者と政治家の人生

-財界で成功を収めた経営者- 稲垣平太郎は、財界で成功を収めた経営者であり、政界でも活躍した人物です。1873年に山口県に生まれ、東京帝国大学を卒業後、三井物産に入社しました。三井物産では、様々な部署で活躍し、1915年に常務取締役に就任しました。1920年に三井物産を退社し、日本産業株式会社を設立しました。日本産業株式会社は、電気、化学、機械などの事業を展開し、急速に成長しました。 稲垣平太郎は、財界での成功だけでなく、政界でも活躍しました。1924年に衆議院議員に当選し、1927年には田中義一内閣の商工大臣に任命されました。商工大臣としては、産業振興政策を推進し、日本の経済発展に貢献しました。1931年に政界を引退し、日本産業株式会社の経営に専念しました。 稲垣平太郎は、1939年に死去しました。彼の死は、日本の財界と政界に大きな影響を与えました。稲垣平太郎は、日本の近代化に貢献した人物として、現在でも高く評価されています。 稲垣平太郎の財界での成功の要因は、彼の優れた経営手腕と先見の明にあります。彼は、常に新しい事業分野を開拓し、企業の成長を図りました。また、彼は従業員の待遇を改善し、労働組合との良好な関係を築くことに努めました。稲垣平太郎は、日本の財界をリードした偉大な経営者の一人です。
経済分野で活躍した人

正村竹一 – パチンコの発明者

-正村竹一とは?- 正村竹一(まさむら ちくいち、1897年(明治30年)12月24日 - 1975年(昭和50年)4月18日)は、日本の実業家・発明家。パチンコ機の考案者であり、パチンコ業界の父と呼ばれている。 正村竹一は、1897年に愛媛県松山市に生まれた。幼い頃から機械いじりが好きで、15歳の時に大阪の機械工場に就職した。その後、独立して工場を経営し、1922年には初の国産パチンコ機「金銭遊技機」を開発した。 正村竹一のパチンコ機は、従来のピンボールに日本の伝統的な行灯を組み合わせたもので、風船や玩具が飛び跳ねる仕組みになっていた。このパチンコ機は、当時の若者たちに大ヒットし、パチンコ業界の基礎を築いた。 正村竹一は、その後もパチンコ機の開発を続け、1930年に「アタリ玉」を導入し、1935年には「電鉄玉」を開発した。これらの開発により、パチンコは全国的に人気を博し、国民的な娯楽となった。 正村竹一は、パチンコ業界の発展に大きく貢献した人物である。彼の発明したパチンコ機は、数多くの人に娯楽を提供し、パチンコ業界は一大産業となった。正村竹一は、パチンコ業界の父と呼ばれ、その功績は今もなお語り継がれている。
経済分野で活躍した人

牧田与一郎 – 日本の実業家

- 初期の経歴 牧田与一郎は、1874年に広島県に生まれた。幼少の頃から頭脳明晰で、1898年に東京帝国大学を卒業した。その後、三菱財閥に入社し、さまざまな事業に関わった。三菱財閥は、当時日本の最大の財閥であり、牧田はそこで多くの経験を積んだ。 牧田は、その後、1918年に三菱造船所を設立した。三菱造船所は、日本の造船業界を牽引する存在となり、牧田は業界のリーダーとして活躍した。牧田は、三菱造船所で多くの革新的な技術を開発し、日本の造船業界の発展に貢献した。 牧田は、1945年に三菱造船所の社長を退任した。しかし、その後も業界の顧問として活躍し、日本の造船業界の発展に貢献した。牧田は、1966年に亡くなった。
経済分野で活躍した人

北島織衛(1905-1980):昭和時代の経営者

秀英舎(のちの大日本印刷)の社長として活躍 北島織衛は、1931年に秀英舎(のちの大日本印刷)の社長に就任し、1971年までその職にあった。その間、同社の経営を近代化し、印刷業界のリーディングカンパニーに育て上げた。 北島は、印刷技術の向上に努め、1934年には日本初のオフセット印刷機を導入した。また、1936年には、印刷業界初の合理化計画である「秀英舎経営合理化計画」を策定し、同社の経営を近代化した。 さらに、北島は、海外進出にも力を入れた。1951年には、米国に現地法人である「大日本印刷アメリカ」を設立し、1954年には、ヨーロッパに現地法人である「大日本印刷ヨーロッパ」を設立した。 北島の経営手腕により、秀英舎は印刷業界のリーディングカンパニーに成長した。1966年には、東証一部に上場し、1971年には、売上高100億円を突破した。 北島は、1971年に秀英舎の社長を退任し、会長に就任した。1980年に、75歳で死去した。 北島は、印刷業界の発展に貢献した経営者として、その功績を称えられている。
経済分野で活躍した人

経営者 柴崎勝男

-大正3年1月3日に宮城県で誕生- 経営者・柴崎勝男は、大正3年(1914)1月3日、宮城県の農家に生まれた。幼少期から農業を手伝い、地元の小学校と中学校を卒業後、東京の商工学校に進学。同校卒業後は、家業を継いで農業を営む。 戦後、柴崎は食糧不足に悩む人々を救うため、農業の近代化に取り組む。農業機械の導入や化学肥料の使用など、新しい農業技術を積極的に取り入れ、生産性を向上させた。また、農協の設立にも尽力し、農家の生活改善に貢献した。 柴崎の功績は、農業関係者のみならず、政府や一般の人々からも高く評価され、数々の賞を受賞。昭和35年(1960)には、農業功労者として紫綬褒章を受章。昭和40年(1965)には、勲四等瑞宝章を受章した。 柴崎は、平成20年(2008)6月26日に94歳で死去。しかし、彼の農業に対する情熱は、後世に引き継がれ、日本の農業の発展に貢献し続けている。
経済分野で活躍した人

伊藤昌寿とは?多角的な経営手腕で、東レを総合化学メーカーに育て上げた名経営者

-伊藤昌寿の功績- * -東レを総合化学メーカーに育て上げた- 伊藤昌寿の最大の功績は、東レを総合化学メーカーに育て上げたことである。伊藤が東レの社長に就任した1960年当時、東レは紡績会社であり、化学部門は小さな部門にすぎなかった。しかし、伊藤は化学部門の重要性を認識し、積極的に投資を行い、化学部門を拡充した。その結果、東レは繊維、化学、プラスチック、医薬など、幅広い分野で事業を展開する総合化学メーカーとなった。 * -海外進出を推進した- 伊藤昌寿は、海外進出にも積極的であった。1960年代から1970年代にかけて、伊藤は東南アジア、欧米、中国などに次々と工場や研究所を建設した。海外進出により、東レはグローバル企業となり、事業を多角化することができた。 * -研究開発を重視した- 伊藤昌寿は、研究開発にも重点を置いた。伊藤は、研究開発こそが企業の将来を左右すると考え、研究開発に多額の投資を行った。その結果、東レは数多くの革新的な製品や技術を開発することができ、世界有数の大手総合化学メーカーとなった。 * -経営のモットーは「小難なく、大らかに」- 伊藤昌寿の経営のモットーは「小難なく、大らかに」であった。伊藤は、経営を難しく考えすぎず、大らかに構えて、柔軟に対応することが大切だと考えていた。このモットーは、伊藤の経営哲学を端的に表している。
経済分野で活躍した人

田代茂樹:日本の近代化に貢献した経営者

田代茂樹の生涯と業績 田代茂樹は、1856年(安政3年)に京都で生まれました。父は幕府の役人でしたが、維新後に没落。田代は苦学しながら大学を卒業し、銀行に就職しました。しかし、まもなくして実業家に転じ、紡績会社を設立しました。田代は経営者として卓越した手腕を発揮し、会社を大きく成長させました。また、田代は社会貢献活動にも熱心で、学校や病院を設立するなど、地域の発展に貢献しました。 田代は、1917年(大正6年)に61歳で亡くなりました。しかし、彼の業績は今日でも高く評価されています。田代は、日本の近代化に貢献した経営者であり、社会貢献活動家でした。 田代の業績の中で特に注目されるのは、紡績産業の近代化への貢献です。田代は、紡績機械の改良や、近代的な経営手法の導入などを行い、日本の紡績産業の発展に大きく貢献しました。また、田代は、労働者の福利厚生にも配慮し、労働条件の改善や、社会保険制度の導入などを行いました。 田代は、日本の近代化に貢献しただけでなく、社会貢献活動にも熱心でした。田代は、学校や病院を設立するなど、地域の発展に貢献しました。また、田代は、社会福祉活動にも積極的に参加し、社会問題の解決に努めました。 田代は、日本の近代化に貢献した経営者であり、社会貢献活動家でした。田代の業績は、今日でも高く評価されており、日本の近代化の歴史を語る上で欠かせない人物であると言えます。
経済分野で活躍した人

持田信夫とは?経歴、功績、昭和時代の経営者

- 持田製薬の発展に貢献 持田信夫は、持田製薬の創業者として、同社の発展に大きな貢献をした経営者です。持田製薬は、1936年に持田信夫が創業した製薬会社です。当初は、総合感冒薬「持田製薬」を販売していましたが、その後、抗生物質や漢方薬など、様々な医薬品を開発・販売するようになりました。持田製薬は、現在では、日本を代表する製薬会社の一つとなっています。 持田信夫は、1898年に愛媛県に生まれました。大阪市立医科大学を卒業後、東京帝国大学大学院に進学しました。大学院卒業後は、大阪市内の病院に勤務しましたが、1936年に持田製薬を創業しました。持田製薬は、創業当初から順調に業績を伸ばし、1945年には、株式上場を果たしました。1962年には、持田信夫が社長を退任しましたが、その後も、相談役として同社の経営に携わりました。持田信夫は、1982年に84歳で亡くなりました。 持田信夫は、持田製薬の発展に大きな貢献をした経営者でした。持田製薬は、現在では、日本を代表する製薬会社の一つとなっています。持田信夫の功績は、今もなお、同社に受け継がれています。
経済分野で活躍した人

斎藤裕について学ぶ

斎藤裕の生い立ちと経歴 斎藤裕は1960年1月15日、北海道札幌市に生まれた。 実家は、北海道では5本の指に入る老舗の呉服店を経営していたが、斎藤裕が3歳の時に火災で全焼。 さらに、斎藤裕が6歳のときに両親が離婚。 母は東京へ引っ越し、幼い斎藤裕は祖母と父と3人で札幌で暮らしていた。 中学3年生の頃、父が蒸発。 高校卒業と同時に家を出た斎藤裕は、路上暮らしをしながら様々な職業を転々とした。 運送屋、土木作業員、パチンコ屋の店員、レストランのホールスタッフ…など。 特にパチンコ屋の店員時代には、約20店舗で働いていたという。 しかし、そんな生活に嫌気がさした斎藤裕は、23歳の時に上京し、芸能界を目指す。 当初は、俳優として活動していたが、1987年に漫才コンビ「B21スペシャル」を結成。 同年、第15回ABCお笑い新人グランプリ優勝。 1988年には第7回NHK上方漫才コンテスト優秀賞を受賞し、ブレイクを果たす。 その後、1991年に「B21スペシャル」を解散し、ピン芸人として活動を開始。 1992年に発売したシングル「着信メロディ」が大ヒット。 以降、得意とする歌ネタを生かした漫談で人気を博し、バラエティ番組に引っ張りだこになる。 私生活では、1997年に「オバケのQ太郎」で共演した女優の千堂あきほと結婚。 2002年には長男が誕生している。 現在も、テレビ番組や舞台などで活躍する斎藤裕。 その多彩な才能で、これからも多くの人々を楽しませてくれるだろう。
経済分野で活躍した人

川村音次郎 – 大正・昭和時代の経営者

-三菱商事での経歴- 川村音次郎は、1876年(明治9年)に岡山県の農家の長男として生まれました。1892年(明治25年)に東京高等商業学校(現・一橋大学)を卒業後、三菱商事に入社。当初は東京支店に配属され、繊維部門を担当しました。その後、大阪支店、上海支店、ロンドン支店など、各地の支店で勤務を経験。1908年(明治41年)にロンドン支店長に就任し、欧米の最新の経営手法を学びました。 1912年(明治45年)に三菱商事の取締役になり、1917年(大正6年)に常務取締役、1923年(大正12年)には副社長に就任。1927年(昭和2年)、三菱商事の第4代社長に就任し、1943年(昭和18年)まで務めました。 川村音次郎の社長時代、三菱商事は大きな発展を遂げました。1932年(昭和7年)に満州国に挺身して日本人居留民の生命・財産の保護に尽力し、1937年(昭和12年)に中華民国との通商条約である「日中貿易協定」を締結しました。さらに、1940年(昭和15年)には三菱商事と岩崎財閥が合併し、三菱商事は国内最大の総合商社となりました。 川村音次郎は、昭和期の財界を代表する経営者の一人として活躍しました。また、東京商工会議所の会頭、日本銀行の総裁、日本貿易振興会の会長など、多くの公職も歴任しました。1960年(昭和35年)に83歳で死去。没後、勲一等旭日大綬章が贈られました。
経済分野で活躍した人

小浪義明:ケタ外れの成功を収めたキャバレー王

-日本への移住とビジネスへの転身- 小浪義明は、1924年(大正13年)に鹿児島県の貧しい農家の家庭に生まれました。幼い頃から勉強熱心で、1948年(昭和23年)に鹿児島県立名瀬高等学校を卒業。その後、故郷を後にし日本へと移住しました。 日本へ移住した小浪は、すし店や中華料理店など、様々な職業を転々とし苦労を重ねることになります。そんな中、1950年(昭和25年)に銀座の高級クラブのボーイとして働きはじめました。この経験が、後に小浪の人生を大きく変えることになります。 小浪は、銀座で働くなかで、銀座のクラブで成功するためにはどうしたら良いかを学びました。そして、1954年(昭和29年)に銀座に「ニューラテンクォーター」というキャバレーを開店。この店が、瞬く間に銀座のトップキャバレーに踊り出ました。 小浪は、キャバレー経営の成功により、巨万の富を築きました。そして、1959年(昭和34年)に「株式会社小浪商事」を設立し、キャバレー経営のほか、不動産、建設、ホテルなど、様々な事業を展開しました。 小浪は、銀座の顔として一世を風靡し、政財界にも影響力を持つようになりました。しかし、1989年(平成元年)にバブル経済が崩壊すると、小浪の事業は大きなダメージを受けます。そして、1993年(平成5年)に経営破綻し、銀座のトップキャバレーの座から引きずり下ろされてしまいました。 小浪義明は、銀座のキャバレー王として成功を収めましたが、バブル経済の崩壊により、その輝かしい人生に終わりを告げます。しかし、彼の残した功績は今もなお語り継がれています。
経済分野で活躍した人

坪内寿夫とは?平成時代の経営者として名を馳せた人物の生涯

- 激動の世に生きた坪内寿夫の生涯 坪内寿夫は、平成時代の経営者として名を馳せた人物です。広告代理店のコピーライターとして活躍した後、1980年に株式会社電通を創業し、同社の社長に就任しました。電通は、坪内寿夫の経営のもと、急成長を遂げ、世界有数の大手広告代理店へと成長しました。 坪内寿夫は、1926年に東京都に生まれました。幼少期から勉強熱心で、東京大学経済学部を卒業した後、電通に入社しました。電通では、コピーライターとして活躍し、数々の名作広告を手がけました。 1980年に、坪内寿夫は電通を創業しました。電通は、坪内寿夫の経営のもと、急成長を遂げ、世界有数の大手広告代理店へと成長しました。坪内寿夫は、電通の社長として、数多くの経営改革を断行し、同社の発展に貢献しました。 坪内寿夫は、1996年に電通の社長を退任しました。退任後は、財界の重鎮として、さまざまな社会貢献活動を行いました。また、名著『仕事脳の鍛錬』を執筆するなど、経営者としての人生を振り返りました。 坪内寿夫は、2013年に86歳で死去しました。彼は、激動の世に生きた経営者として、その生涯を閉じることになりました。 坪内寿夫は、数多くの功績を残した人物です。彼は、電通を世界有数の大手広告代理店へと成長させた経営者であり、財界の重鎮として、さまざまな社会貢献活動を行った人物です。また、名著『仕事脳の鍛錬』を執筆するなど、経営者としての人生を振り返った人物でもあります。 坪内寿夫は、2013年に死去しましたが、彼の功績は今もなお人々に語り継がれています。彼は、平成時代の経営者として、その名を歴史に残す人物です。
経済分野で活躍した人

河合滋→ ヤマハに対抗したピアノの直販方式のパイオニア

-# 陸軍士官学校卒の経営者 河合滋は、1906年、愛媛県に生まれた。陸軍士官学校を卒業後、軍人として勤務した。しかし、1933年に軍を退役し、ヤマハに対抗するピアノの直販方式のパイオニアとして起業した。 河合滋は、ピアノの製造販売において、従来の流通経路を介さずに、直接消費者に販売する直販方式を採用した。この方式は、コスト削減につながり、ピアノをより安価に提供することができた。また、河合滋は、ピアノの品質にもこだわりを持ち、自社工場で厳格な品質管理を実施した。その結果、河合ピアノは、高品質で安価なピアノとして、消費者の間で人気を集めた。 河合滋は、1980年に死去した。しかし、その後も河合楽器製作所は、河合滋の遺志を継いで、ピアノの直販方式を堅持し、高品質なピアノを提供し続けている。現在、河合楽器製作所は、世界有数のピアノメーカーとして知られている。 河合滋は、日本のピアノ業界の発展に大きく貢献した人物である。河合滋の直販方式は、ピアノをより身近なものとし、多くの人々に音楽を楽しむ機会を提供した。また、河合滋の品質へのこだわりは、日本のピアノ製造技術の向上に貢献した。河合滋は、日本のピアノ業界のパイオニアとして、今後も長く語り継がれるであろう。
経済分野で活躍した人

岩切章太郎 – 昭和時代の経営者

-宮崎交通の創設と発展- 岩切章太郎氏は、1917年に宮崎県宮崎市に生まれました。宮崎県立宮崎中学校を卒業後、1936年に宮崎交通の前身である宮崎乗合自動車株式会社に入社しました。 岩切氏は、入社後すぐに経営陣の目に留まり、1942年には専務取締役に就任しました。そして、1946年に社長に就任し、宮崎交通の発展に尽力しました。 岩切氏の社長就任当時、宮崎交通は経営難に陥っていました。しかし、岩切氏は合理化を推進し、経営を立て直しました。また、岩切氏は宮崎交通の路線網を拡大し、宮崎県内各地を結ぶバス路線を整備しました。 1965年には、岩切氏の指導のもと、宮崎交通は宮崎県初の高速バス路線を開設しました。高速バス路線の開設は、宮崎県と県外との交流を促進し、宮崎県の観光産業の発展に貢献しました。 岩切氏は、1973年に宮崎交通の社長を退任しました。しかし、その後も宮崎交通の経営に参画し、宮崎交通の発展に貢献しました。 岩切氏は、宮崎交通の発展に尽力した功績により、宮崎県民栄誉賞を受賞しました。また、岩切氏の功績を称えて、宮崎市に岩切章太郎記念館が建設されました。 岩切章太郎氏は、1994年に亡くなりましたが、宮崎交通の発展に尽力した彼の功績は、今もなお語り継がれています。