経団連

経済分野の人

桜井俊記:三菱重工業元社長の実業家

-三菱造船から三菱重工業へ- 桜井俊記氏は、1957年に三菱造船に入社しました。そして、1978年には三菱重工業に転籍しました。三菱重工業では、航空・宇宙事業本部副本部長、航空・宇宙事業本部副本部長/スペースシステム・プロジェクト本部長、航空機システム・防衛システム・宇宙システム・航空宇宙システム本部副本部長を歴任しました。 1998年、桜井氏は三菱重工業の社長に就任しました。そして、2004年に会長に就任しました。 桜井氏は、三菱重工業の社長時代に、同社の経営改革を推進しました。そして、同社の業績を好転させました。 また、桜井氏は、日本航空宇宙工業会の会長も歴任しました。そして、日本の航空宇宙産業の発展に尽力しました。 桜井氏は、2016年に死去しました。彼の享年は80歳でした。
経済分野の人

熊谷直彦(2) – 昭和後期-平成時代の経営者

繊維貿易公団から三井物産へ 1971年、熊谷直彦は繊維貿易公団の理事から三井物産の取締役副社長に就任した。三井物産は、日本の大手総合商社であり、熊谷は繊維部門の責任者として繊維事業の拡大を図った。 当時、日本の繊維産業は、海外からの安い製品の流入により、苦境に立たされていた。熊谷は、日本の繊維産業を保護するため、繊維製品の輸入規制を強化するよう政府に働きかけた。また、繊維製品の差別化を図るため、新しい素材やデザインの開発を支援した。 熊谷の取り組みの結果、日本の繊維産業は、徐々に回復していった。しかし、1990年代に入ると、中国や東南アジア諸国の台頭により、再び苦境に立たされた。熊谷は、三井物産の繊維部門を再編し、コスト削減と事業の効率化を図った。 また、中国や東南アジア諸国への投資を強化し、現地での生産や販売を拡大した。熊谷の改革により、三井物産の繊維部門は、再び収益を上げるようになった。 熊谷は、1995年に三井物産の社長兼最高経営責任者(CEO)に就任した。熊谷は、三井物産の経営改革を断行し、同社を世界有数の総合商社に育て上げた。熊谷は、2001年に三井物産の社長兼CEOを退任した。その後は、同社の相談役を務めた。
経済分野の人

渡辺義介:日本製鉄の礎を築いた鉄鋼業界のリーダー

-官僚から鉄鋼業界のリーダーへ- 渡辺義介は、1891年(明治24年)に岡山県に生まれました。1915年(大正4年)に東京帝国大学工学部を卒業後、逓信省に入省しました。その後、商工省に移り、鉄鋼業を所管する官僚として活躍しました。 1934年(昭和9年)、渡辺義介は日本製鉄の社長に就任しました。日本製鉄は、1934年(昭和9年)に官営の製鉄会社である八幡製鉄所と民間企業の富士製鉄所が合併して設立された会社であり、日本の鉄鋼生産の大部分を担っていました。 渡辺義介は日本製鉄の社長に就任すると、積極的な経営改革に乗り出しました。まず、それまでバラバラだった日本製鉄の工場を統合し、効率的な生産体制を整備しました。また、新しい技術を導入し、生産性の向上を図りました。 その結果、日本製鉄の生産量は飛躍的に増加し、日本は世界有数の鉄鋼生産国となりました。また、日本製鉄は鉄鋼製品の輸出も積極的に行い、日本の外貨獲得に貢献しました。 渡辺義介は、1945年(昭和20年)に日本製鉄の社長を退任しましたが、その後も日本の鉄鋼業界の発展に貢献し続けました。1956年(昭和31年)、日本製鉄の会長、1960年(昭和35年)、日本鉄鋼連盟の会長に就任しました。 1964年(昭和39年)、渡辺義介は勲一等旭日大綬章を受章しました。1972年(昭和47年)、81歳で亡くなりました。 渡辺義介は、日本の鉄鋼業界の発展に大きな貢献をした人物です。彼の功績は、現在でも高く評価されています。
経済分野の人

マキハラ・ミノル – 三菱商事会長

-マキハラ・ミノル - 三菱商事会長- -生涯と経歴- マキハラ・ミノルは、1932年(昭和7年)9月30日、愛知県名古屋市に生まれる。1955年(昭和30年)に東京大学経済学部を卒業後、三菱商事株式会社に入社する。入社後は、大阪支社や香港支店、ニューヨーク支店など、国内外のさまざまな拠点で勤務を経験する。1987年(昭和62年)には、取締役となる。1995年(平成7年)には、社長に就任し、2005年(平成17年)まで社長を務める。社長在任中は、経営の効率化や海外事業の拡大を推進し、三菱商事を世界有数の総合商社に成長させることに成功する。2005年(平成17年)には、会長に就任し、2013年(平成25年)まで会長を務める。会長在任中は、東日本大震災後の復興支援や、社会貢献活動に注力する。2013年(平成25年)に会長を退任後も、三菱商事の顧問として、経営に参画し続ける。2020年(令和2年)に死去。 マキハラ・ミノルは、三菱商事の再建と発展に貢献した人物として知られている。また、社会貢献活動にも熱心に取り組み、社会の発展にも寄与した。
経済分野の人

加藤五一:明治から昭和にかけて活躍した経営者

- 三井物産から三井造船へ 加藤五一は、三井物産で海外貿易の第一線を歩んだ後、三井造船の社長に転じ、日本の造船業界をリードする存在となった。 加藤は、1886年(明治19年)に愛媛県松山に生まれた。松山中学を卒業後、東京に上京し、東京高等商業学校(現・一橋大学)に進学した。卒業後は、三井物産に入社し、海外貿易部に配属された。加藤は、海外貿易の分野で頭角を現し、1923年(大正12年)には、三井物産のロンドン支店長に任命された。 加藤は、ロンドンで、ヨーロッパの造船業界の最新動向を研究し、日本の造船業界の遅れを痛感した。加藤は、帰国後、三井物産の経営陣に、造船事業への参入を提案した。しかし、三井物産の経営陣は、造船事業はリスクが大きいとして、加藤の提案を却下した。 加藤は、三井物産の経営陣の決定に反発し、三井物産を退社した。そして、1927年(昭和2年)に、三井造船を設立した。三井造船は、加藤の経営手腕によって、短期間で日本の造船業界を代表する企業に成長した。 加藤は、三井造船の社長として、日本の造船業界の近代化を推進した。加藤は、ヨーロッパから最新の造船技術を導入し、三井造船の造船所を近代化した。また、加藤は、三井造船の従業員に技術教育を施し、日本の造船業界のレベルアップに努めた。 加藤の努力によって、三井造船は、日本の造船業界をリードする存在となり、日本の経済発展に大きく貢献した。加藤は、1960年(昭和35年)に、三井造船の社長を退任したが、その後も、日本の造船業界の発展に尽力した。加藤は、1981年(昭和56年)に、95歳で亡くなった。 加藤五一は、日本の造船業界の近代化に貢献した経営者として、その功績を称えられている。
経済分野の人

榊原定征 氏 – 昭和後期から平成時代にかけて活躍した経営者

榊原定征氏は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した経営者です。日本経済を牽引したリーダーとして知られており、その業績は現在にも受け継がれています。 榊原定征氏は、1925年(大正14年)に東京都に生まれました。慶應義塾大学経済学部を卒業後、三井物産に入社しました。三井物産では、ニューヨーク支店長やロンドン支店長などを歴任し、国際的な経営経験を積みました。 1977年(昭和52年)に、榊原定征氏は三井物産の社長に就任しました。社長就任後、榊原定征氏は三井物産の経営改革に取り組みました。それまで三井物産は、総合商社として様々な事業を手掛けていましたが、榊原定征氏は三井物産のコア事業に集中することを決めました。また、榊原定征氏は三井物産の経営を透明化し、株主重視の経営方針を打ち出しました。 榊原定征氏の経営改革は成功を収め、三井物産は世界有数の総合商社に成長しました。榊原定征氏は、1990年(平成2年)まで三井物産の社長を務め、その後は日本経済団体連合会の会長や日本商工会議所の会頭などを歴任しました。 榊原定征氏は、2011年(平成23年)に86歳で亡くなりました。榊原定征氏は、日本の経済界を牽引したリーダーとして知られており、その業績は現在にも受け継がれています。
経済分野の人

「荒木浩」

-荒木浩の経歴- 荒木浩は、1976年8月24日に奈良県奈良市に生まれた。奈良県立奈良高等学校卒業後、東京大学経済学部に進学した。卒業後は、日本興亜工業に入社し、営業職として働いた。 2004年、荒木浩は日本興亜工業を退社し、政治家になることを決意した。同年、第20回参議院議員通常選挙に奈良県選挙区から自由民主党公認で出馬し、初当選を果たした。2010年の第22回参議院議員通常選挙でも再選された。 2012年、荒木浩は参議院外交防衛委員会の委員長に就任した。また、同年に発足した第2次安倍晋三内閣で、内閣府特命担当大臣(防災)に任命された。2013年には、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策)に就任した。 2015年、荒木浩は第23回参議院議員通常選挙で3選を果たした。同年、参議院国土交通委員会の委員長に就任した。また、同年に発足した第3次安倍晋三内閣で、内閣府特命担当大臣(総合海洋政策)に任命された。 2017年、荒木浩は第24回参議院議員通常選挙で4選を果たした。同年、参議院議院運営委員会の委員長に就任した。また、同年に発足した第4次安倍晋三内閣で、内閣府特命担当大臣(地方創生)に任命された。 2019年、荒木浩は参議院議員を辞職し、奈良県知事選挙に出馬した。しかし、現職の奈良県知事である荒井正吾に敗れ、落選した。 2020年、荒木浩は株式会社JTBの相談役に就任した。
経済分野の人

豊田章一郎氏について

豊田章一郎氏の経歴 豊田章一郎氏は、1925年12月29日に名古屋市で生まれた。父はトヨタ自動車創業者である豊田喜一郎氏、母は佐知子氏である。章一郎氏は、1944年に名古屋工業専門学校(現・名古屋工業大学)を卒業後、トヨタ自動車工業株式会社に入社した。 入社後は、生産技術部に配属され、生産工程の改善に取り組んだ。1950年に取締役課長、1955年に常務取締役、1967年に副社長に就任した。1971年、父の死去に伴い、社長に就任した。 社長就任後は、日本初の乗用車「コロナ」や世界初のハイブリッド車「プリウス」を発売するなど、トヨタ自動車を世界トップクラスの自動車メーカーに育て上げた。1992年に会長に退いたが、2009年に名誉会長に就任した。 章一郎氏は、日本の自動車産業の発展に貢献したとして、数々の受賞歴がある。1982年に勲一等瑞宝章、1990年にフランス政府からレジオンドヌール勲章、1993年にドイツ政府から大功労十字章を受章した。 2013年1月14日に死去。享年87歳。
経済分野の人

– 飯田庸太郎

-飯田庸太郎- -三菱重工業における活躍- 飯田庸太郎は、三菱重工業で活躍した技術者です。1930年に三菱重工業に入社し、1945年に飛行機設計部長を務めました。飛行機設計部長時代には、三菱A6M 零式艦上戦闘機などの開発に携わりました。 三菱A6M 零式艦上戦闘機は、太平洋戦争中に活躍した日本海軍の戦闘機です。零式艦上戦闘機は、優れた運動性と航続距離を備えており、日本の主力戦闘機として活躍しました。零式艦上戦闘機の開発には、飯田庸太郎が大きく貢献しました。 飯田庸太郎は、三菱重工業で飛行機の開発に携わっただけでなく、航空技術の研究にも貢献しました。飯田庸太郎は、航空機設計に関する多くの論文を発表しており、その研究成果は、日本の航空技術の発展に大きな影響を与えました。 飯田庸太郎は、三菱重工業で活躍した技術者であり、航空技術の発展に大きな貢献をしました。飯田庸太郎の功績は、日本の航空史に大きく刻まれています。
経済分野の人

磯田一郎 – 昭和後期から平成時代の経営者

-住友銀行から頭取へ- 磯田一郎は、1912年(大正元年)に愛媛県松山市の出身である。同氏は、東京帝国大学経済学部を卒業後、1936年(昭和11年)に住友銀行に入行した。磯田氏は、住友銀行入行後は名古屋支店長、本店次長、東京支店長などの要職を歴任し、1962年(昭和37年)には頭取に就任した。 磯田一郎は、頭取就任後は「安定経営第一」を経営方針に掲げ、住友銀行の経営再建を推し進めた。住友銀行は、磯田一郎の経営改革により、不良債権の処理や人員削減などの厳しいコスト削減策を実施し、1965年(昭和40年)には3年ぶりに黒字化を達成した。磯田一郎は、住友銀行の経営再建に成功し、同銀行を日本の大手銀行へと成長させた。 磯田一郎は、住友銀行の頭取を1977年(昭和52年)まで務めた。頭取退任後は、住友銀行の相談役や会長を務めた。磯田一郎は、1999年(平成11年)に87歳で死去した。
経済分野の人

樋口広太郎 – 経営者として激動の時代を駆け抜けた人物

-第一線で活躍した経営者の軌跡- 樋口広太郎は、1921年に東京都に生まれ、1943年に東京帝国大学を卒業後、三菱重工業に入社しました。その後、1952年に三菱電機に移り、1965年には社長に就任しました。社長在任中は、三菱電機の業容を拡大し、同社を世界有数の総合電機メーカーに成長させました。 樋口広太郎は、経営者としての手腕だけでなく、社会貢献にも熱心に取り組みました。1981年には、財団法人日本科学技術振興財団の理事長に就任し、日本の科学技術の発展に尽力しました。また、1985年には、日本経済団体連合会の会長に就任し、日本の経済政策に影響を与えました。 樋口広太郎は、1990年に死去しましたが、その経営者としての功績は今もなお語り継がれています。彼は、激動の時代を駆け抜けた経営者として、日本の経済発展に大きく貢献しました。 -樋口広太郎の経営哲学- 樋口広太郎は、経営者として成功を収めた要因として、次のような経営哲学を持っていました。 * 経営者は、常に先を見据え、時代の変化を敏感に察知することが重要である。 * 経営者は、社員を大切にし、社員の能力を引き出すことが重要である。 * 経営者は、社会貢献を常に意識することが重要である。 樋口広太郎は、これらの経営哲学を貫くことで、三菱電機を世界有数の総合電機メーカーに成長させ、日本の経済発展に大きく貢献しました。 -樋口広太郎の功績- 樋口広太郎は、経営者として数々の功績を残しました。その中でも、特に顕著な功績として、次のようなものがあります。 * 三菱電機の業容を拡大し、同社を世界有数の総合電機メーカーに成長させたこと。 * 财団法人日本科学技術振興財団の理事長として、日本の科学技術の発展に尽力したこと。 * 日本経済団体連合会の会長として、日本の経済政策に影響を与えたこと。 樋口広太郎は、これらの功績により、日本の経済発展に大きく貢献しました。
経済分野の人

「松沢卓二」

-松沢卓二の経歴- 松沢卓二は、1954年1月21日に東京都に生まれました。東京大学文学部卒業後、1980年に文部省に入省しました。文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官、文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官、文部科学省大臣官房参事官を歴任し、2012年に文部科学省初等中等教育局長に就任しました。 2014年には、文部科学省大臣官房長に就任しました。2016年には、文部科学事務次官に就任しました。2018年には、文部科学大臣に就任しました。 松沢卓二は、教育行政の専門家で、日本の教育改革を推進してきました。また、国際教育協力にも積極的で、世界各国との教育交流を促進してきました。
経済分野の人

― 栗田淳一

-栗田淳一 - 石油業界のパイオニア- -若き日の栗田淳一- 栗田淳一は、1925年に福島県で生まれました。彼は、幼い頃から石油業界に興味を持ち、1943年に東京帝国大学工学部石油学科に入学しました。卒業後は、石油会社に就職し、エンジニアとして働きました。 -石油業界での功績- 栗田淳一は、石油業界で多くの功績を残しました。特に、石油の探査と開発における彼の功績は大きく、日本の石油自給率の向上に貢献しました。また、彼は石油精製技術の開発にも貢献し、日本の石油産業の発展に貢献しました。 -石油業界の発展に貢献- 栗田淳一は、石油業界の発展に大きな貢献をした人物です。彼の功績は、日本の石油自給率の向上や石油産業の発展に貢献しました。また、彼は多くの後輩を育て、日本の石油業界の発展に寄与しました。 -栗田淳一の功績を讃えて- 栗田淳一の功績を讃えて、1995年に石油業界功労賞が贈られました。また、2001年に石油産業文化賞が贈られました。栗田淳一は、日本の石油業界の発展に大きく貢献した人物として、今後も語り継がれるでしょう。
経済分野の人

経営者 高木作太の生涯と功績

-黎明期から復興期における三菱グループの経営に貢献- 高木作太は、1893年1月27日に北海道札幌市で生まれた。東京高等商業学校(現・一橋大学)を卒業後、1916年に三菱合資会社に入社した。三菱合資会社は、岩崎弥太郎が1870年に創設した日本最大の財閥の一つである。 高木は、三菱合資会社に入社後、すぐに頭角を現し、1922年には三菱商事の取締役社長に就任した。三菱商事は、三菱合資会社の商社部門であり、日本の貿易を大きく担っていた。高木は、三菱商事の社長として、日本の貿易を拡大し、三菱グループの地位を高めた。 1934年に三菱合資会社が三菱重工業、三菱商事、三菱鉱業などの企業に分離されると、高木は三菱重工業の社長に就任した。三菱重工業は、日本の重工業をリードする企業であり、日本の近代化に大きく貢献した。高木は、三菱重工業の社長として、日本の重工業を振興し、三菱グループの地位を高めた。 太平洋戦争後、三菱グループは解体され、三菱重工業も分割された。高木は、三菱重工業の社長を辞任し、1947年に財界を引退した。 高木は、三菱グループの黎明期から復興期における経営に大きく貢献した。高木は、日本の貿易を拡大し、日本の重工業を振興し、日本の近代化に貢献した。高木は、日本の財界において重要な役割を果たした人物である。
経済分野の人

「小林中」

- 小林中 小林中は、1874年に京都府綾部市で生まれました。幼い頃から商才に恵まれ、16歳の時に大阪に出て商店を開業。20歳の時には、独力で呉服店「小林呉服店」を創業しました。 小林は、優れた経営手腕を発揮して事業を拡大。1910年には、百貨店「小林百貨店」を開業し、大阪屈指の百貨店となりました。また、1919年には、電力会社「小林電力」を設立し、大阪の電力供給に貢献しました。 小林は、実業家として成功を収めるだけではなく、社会貢献活動にも熱心でした。1922年には、大阪商工会議所の会頭を務め、大阪の経済発展に尽力。また、1928年には、大阪市会議員に当選し、市民の生活向上に努めました。 小林は、1930年に56歳の若さで亡くなりましたが、その功績は今日でも語り継がれています。大阪の経済発展に貢献した偉大な実業家として、その名は永遠に不滅です。 -# 根津嘉一郎に認められた実業家 小林中は、根津嘉一郎に認められた実業家として知られています。根津嘉一郎は、東急グループの創業者として知られる人物で、小林の才能を高く評価していました。 小林がまだ若手の頃、根津嘉一郎は彼に「お前は将来大物になる」と予言したと言われています。そして、小林が百貨店を開業する際には、根津嘉一郎が資金援助をしてくれました。 根津嘉一郎の支援を受けて、小林は事業を拡大することができました。そして、大阪屈指の実業家として成功を収めたのです。 小林と根津嘉一郎は、親友同士でもありました。二人は、よく一緒にゴルフをしたり、旅行をしたりしていました。小林は、根津嘉一郎のことを「恩人」と呼んでいました。 小林は、根津嘉一郎に認められた実業家として、大阪の経済発展に貢献しました。そして、その功績は今日でも語り継がれています。
経済分野の人

経営者・前田勝之助氏→ 繊維業界に新風を吹き込んだパイオニア

-昭和から平成を駆け抜けた経営者- 経営者・前田勝之助氏は、繊維業界に新風を吹き込んだパイオニア的存在でした。1910年、福井県に生まれ、1930年に京都帝国大学法学部を卒業後、王子製紙に入社します。その後、家業の繊維会社を継ぎ、1945年に社長に就任しました。 前田氏は、伝統的な繊維業界に新しい経営手法を導入し、効率化を図りました。また、海外市場に積極的に進出し、輸出を伸ばしました。その結果、前田氏の会社は業界トップの企業に成長しました。 前田氏は、経営者としてだけでなく、社会活動にも積極的に取り組みました。1960年には、福井県知事に就任し、1967年には、全国知事会長を務めました。また、1972年には、日本経済団体連合会の会長に就任し、経済界の重鎮として活躍しました。 前田氏は、2002年に92歳で亡くなりましたが、その功績は今もなお語り継がれています。 -前田氏の経営理念- 前田氏は、「経営は人なり」をモットーとしていました。前田氏は、経営者に最も重要なことは、社員を大切にすることであると考えていました。前田氏は、社員に敬意を払い、社員の意見に耳を傾け、社員の能力を引き出すことに努めていました。 前田氏はまた、「経営は創意工夫なり」と考えていました。前田氏は、常に新しいことに挑戦し、新しい経営手法を導入することに積極的でした。前田氏は、失敗を恐れることなく、常に新しいことに取り組むことを奨励していました。 前田氏の経営理念は、今日の経営者にも通じるものがあります。前田氏の経営理念を学ぶことで、現代の経営者が成功するためのヒントを得ることができます。
政治分野の人

– 大河原良雄

外交官としての経歴 大河原良雄氏は、1930年に東京に生まれ、1953年に東京大学法学部を卒業しました。その後、外務省に入省し、外務事務官として、在中華人民共和国大使館、在アメリカ合衆国大使館、外務省本省など、様々な部署を歴任しました。1984年には、外務省北東アジア課長に任命され、中国、韓国、北朝鮮との交渉を担当しました。1988年には、外務省条約局長に就任し、日米同盟や日韓関係など、日本と主要国の関係を強化することに努めました。1992年には、外務省事務次官に就任し、外務省の最高事務責任者として、外務省の運営や政策立案を統括しました。1994年には、外務大臣に任命され、日本の外交政策を指導しました。在任中には、日中関係の改善、日韓関係の強化、北朝鮮核問題への対応など、多くの外交課題に取り組みました。1996年には、外務大臣を退任し、その後は、国際協力機構(JICA)理事長や、国立大学法人東京大学総長などを歴任し、日本の外交政策や国際交流の発展に貢献しました。
経済分野の人

松沢卓二 – 昭和後期から平成時代の経営者

-松沢卓二のプロフィール- 松沢卓二は、1925年(大正14年)1月1日、東京都に生まれた。1947年(昭和22年)に東京帝国大学経済学部を卒業し、同年、三井物産に入社した。三井物産では、ニューヨーク支店長、ロンドン支店長、資源部長などを歴任し、1979年(昭和54年)に社長に就任した。 松沢卓二は、社長就任後、経営の多角化と海外事業の拡大を進めた。また、1985年(昭和60年)には、三井物産の関連会社である三井石油開発を吸収合併し、石油事業にも進出した。松沢卓二の経営手腕により、三井物産は、昭和後期から平成初期にかけて、世界の総合商社として大きく成長した。 松沢卓二は、1991年(平成3年)に社長を退任し、会長に就任した。会長在任中には、三井物産の構造改革を進め、経営の効率化を図った。また、1997年(平成9年)には、三井物産の株式を東京証券取引所に上場した。 松沢卓二は、2006年(平成18年)に会長を退任し、相談役に就任した。2010年(平成22年)3月10日、東京都内の病院で死去した。享年85歳。 松沢卓二は、日本の経済界を代表する経営者の一人として知られ、その経営手腕は高く評価されている。
経済分野の人

斎藤英四郎 – 日本製鉄の社長から経団連会長までを駆け抜けた経営者

-三菱鉱業から日本製鉄へ- 斎藤英四郎氏は、1917年、北海道釧路市に生まれました。1941年に東京帝国大学工学部を卒業し、三菱鉱業に入社しました。三菱鉱業では、エンジニアとして炭鉱の開発や操業に従事しました。1952年に、三菱鉱業の社長に就任しました。 斎藤英四郎氏は、三菱鉱業の社長時代には、石炭産業の近代化を推進しました。また、海外炭の輸入にも力を入れ、三菱鉱業の経営を安定させました。1965年に、日本製鉄の社長に就任しました。日本製鉄は、三菱鉱業と八幡製鐵が合併して設立された会社です。 斎藤英四郎氏は、日本製鉄の社長時代には、鉄鋼産業の再編を推進しました。また、海外への輸出にも力を入れ、日本製鉄を世界有数の鉄鋼メーカーに成長させました。1978年に、日本製鉄の会長に就任しました。 斎藤英四郎氏は、日本製鉄の会長時代には、鉄鋼産業の国際化を推進しました。また、経団連の会長にも就任し、日本の経済界をリードしました。1993年に、日本製鉄の相談役に就任しました。 斎藤英四郎氏は、2003年に86歳で亡くなりました。斎藤英四郎氏は、日本の鉄鋼産業の発展に貢献した経営者として知られています。
経済分野の人

河田重

-河田重- -昭和時代の経営者- 河田重(1900年-1967年)は、昭和時代の日本の実業家。三菱商事株式会社の第4代社長。 -経歴- 1900年に愛媛県松山市に生まれる。1924年に東京帝国大学経済学部を卒業後、三菱商事に入社。繊維部門を担当し、1936年に取締役、1941年に常務取締役、1944年に専務取締役となる。 1945年12月、三菱商事の第4代社長に就任。敗戦後の混乱期に企業再建を図り、1949年には会社更生法を申請して再建を成功させた。その後、1954年に社長を退任し、会長に就任。1967年に死去。 河田重は、戦後日本の経済復興に貢献した経営者として知られる。 -経営理念- 河田重は、「企業は社会の公器である」という経営理念を掲げていた。これは、企業は社会に奉仕することを第一義とし、利益追求は二の次であるべきだという考え方である。 河田重は、この経営理念に基づいて、三菱商事を社会に貢献する企業として経営した。三菱商事は、戦後日本の経済復興に貢献するだけでなく、社会貢献活動にも積極的に取り組んだ。 -人物像- 河田重は、真面目で誠実な性格の人物であったと言われている。また、非常に勤勉であり、仕事熱心な人でもあった。 河田重は、部下に対しても非常に厳しく接していたが、一方で部下の面倒見もよかった。部下たちからは慕われており、河田重の死後もその人柄を偲ぶ人が多かった。 -功績- 河田重の功績は、戦後日本の経済復興に貢献したことである。三菱商事の第4代社長として、敗戦後の混乱期に企業再建を図り、1949年には会社更生法を申請して再建を成功させた。 また、河田重は社会貢献活動にも積極的に取り組んだ。三菱商事は、河田重の在任中に社会貢献基金を設立し、社会貢献活動に資金を提供した。また、河田重は日本経済団体連合会(経団連)の会長も務め、日本の経済発展に貢献した。 河田重は、戦後日本の経済復興に貢献した功績で、1965年に勲一等瑞宝章を受章した。
経済分野の人

金井滋直 – 大正-昭和時代の経営者

-金井滋直の生涯と経歴- 金井滋直は、明治23年(1890年)に三重県四日市市に生まれました。彼は、東京帝国大学経済学部を卒業後、大正5年(1916年)に東洋汽船株式会社に入社しました。入社後は、取締役、専務取締役、常務取締役を歴任し、昭和22年(1947年)に社長に就任しました。 金井滋直は、社長在任中に日本郵船株式会社と合併し、日本郵船株式会社の社長に就任しました。また、昭和30年(1955年)には、日本航空株式会社の社長に就任し、昭和36年(1961年)まで務めました。 金井滋直は、昭和47年(1972年)に死去しました。享年82歳でした。 金井滋直は、日本の海運業界を代表する経営者の一人でした。また、日本航空株式会社の経営再建にも尽力し、日本の航空業界の発展に貢献しました。 以下、金井滋直の生涯と経歴を時系列でまとめました。 * 明治23年(1890年)三重県四日市市に生まれる。 * 大正5年(1916年)東京帝国大学経済学部を卒業し、東洋汽船株式会社に入社。 * 昭和22年(1947年)東洋汽船株式会社の社長に就任。 * 昭和23年(1948年)日本郵船株式会社と合併し、日本郵船株式会社の社長に就任。 * 昭和30年(1955年)日本航空株式会社の社長に就任。 * 昭和36年(1961年)日本航空株式会社の社長を退任。 * 昭和47年(1972年)死去。享年82歳。
経済分野の人

清水康雄とは? ー 生い立ち、清水組社長への就任、戦後の活躍

清水康雄の生い立ちと清水建設社長への就任 清水康雄は、1892年(明治25年)1月1日、東京都日本橋区本町に、清水組の初代社長である清水満之丞の四男として生まれた。幼い頃から建設業に興味を持ち、早稲田大学に入学後は土木工学科で学び、1915年(大正4年)に卒業した。 卒業後は清水組に入社し、現場監督として働いた。その後、1922年(大正11年)に清水組の社長に就任した。清水康雄は社長就任後、清水組の事業を拡大し、清水組を日本を代表する建設会社に成長させた。また、清水康雄は、社会貢献にも熱心に取り組み、1932年(昭和7年)に清水建設を設立し、学校や病院の建設に尽力した。 清水康雄は、1966年(昭和41年)に死去するまで、清水組の社長を務めた。清水康雄は、清水組の発展に大きく貢献し、日本の建設業界の発展にも貢献した。
経済分野の人

八尋俊邦:昭和後期-平成時代の経営者

- 三井物産から第一物産へ 八尋俊邦は、1958年に三井物産に入社しました。三井物産では、金属・機械部門で活躍し、1984年には取締役、1989年には常務取締役に就任しました。 しかし、1990年に発覚したイトマン事件に連座し、三井物産の取締役を辞任しました。その後、1998年に第一物産の社長に就任しました。第一物産は、三井物産の関連会社で、金属・機械の取引を主な事業としていました。 八尋俊邦は、第一物産社長に就任すると、経営改革を断行しました。第一物産は、イトマン事件の影響で多額の債務を抱えており、経営危機に陥っていました。そこで、八尋俊邦は、人員削減や事業の見直しなどを行い、第一物産の経営を立て直しました。 また、八尋俊邦は、第一物産を金属・機械取引に特化した企業にするため、他の事業を売却しました。その結果、第一物産は、金属・機械取引の専門商社として、業界内で高い評価を得るようになりました。 八尋俊邦は、2002年に第一物産の社長を退任しましたが、その後も第一物産の顧問として経営に参画していました。2008年に第一物産が三井物産に吸収合併されるまで、第一物産の経営に携わっていました。
経済分野の人

諸井貫一→ 経営者であり財界人

諸井貫一の初期の生活 諸井貫一は、1893年1月1日に、現在の北海道茅部郡森町で生まれました。父親は、諸井精一、母親は、諸井トヨです。諸井貫一は、12人兄弟の長男でした。 諸井貫一は、幼い頃から非常に勉強熱心で、地元の小学校を卒業後、函館市にある北海道庁立函館中学校(現・北海道函館中部高等学校)に入学しました。諸井貫一は、函館中学校でも成績優秀で、同校を卒業後、東京帝国大学(現・東京大学)の経済学部に入学しました。 諸井貫一は、東京帝国大学を卒業後、三井物産に入社しました。諸井貫一は、三井物産で、主に綿花の貿易に従事し、同社のニューヨーク支店の支店長を務めました。諸井貫一は、ニューヨーク支店長時代に、アメリカの経営者や財界人との人脈を築きました。 諸井貫一は、その後、三井物産を退社し、1933年に、東京で諸井物産を設立しました。諸井物産は、主に、綿花、鉄鋼、石油などの貿易を行っていました。諸井物産は、諸井貫一の経営手腕によって、大きく成長し、日本の財界に大きな影響力を持つようになりました。 諸井貫一は、1945年に、諸井物産の社長を退任し、会長に就任しました。諸井貫一は、会長として、諸井物産の経営を支えるとともに、日本の財界のリーダーとして活躍しました。諸井貫一は、1969年に死去しましたが、その功績は、今もなお、語り継がれています。