経済

経済分野の人

「阿部彦太郎」(1840-1904 明治時代の実業家)

-阿部彦太郎の生涯- 阿部彦太郎は、1840年(天保11年)に越後長岡藩領の中之島村(現・新潟県長岡市)に生まれた。父は、阿部彦兵衛といい、米穀商を営んでいた。彦太郎は、幼い頃より父の手伝いをし、商売の心得を身につけていった。 1868年(明治元年)、戊辰戦争が勃発すると、彦太郎は長岡藩の兵士として参戦する。そして、同年10月、長岡城が陥落すると、彦太郎は捕虜となった。しかし、彦太郎は、すぐに釈放され、郷里に帰郷する。 帰郷後の彦太郎は、父の後を継いで米穀商を営むとともに、農業にも従事する。また、彦太郎は、地元の有力者として、地域の発展に尽力する。そして、1889年(明治22年)、中之島村の初代村長に就任する。 彦太郎は、村長として、道路の整備や学校建設など、村の発展に努める。また、彦太郎は、村の特産品であるタマネギの生産を奨励し、村の経済発展に貢献する。 彦太郎は、1904年(明治37年)に没するまで、中之島村の村長を5期務めた。彦太郎は、その功績により、後に勲五等瑞宝章を受章する。 彦太郎は、明治時代の実業家として、地域の発展に尽力した人物である。また、彦太郎は、タマネギの生産を奨励し、村の経済発展に貢献するなど、地元の特産品の振興にも努めた。彦太郎の功績は、現在も中之島村に受け継がれている。
経済分野の人

-中井励作

官僚としての功績 中井励は、1927年生まれ。東京都出身の農林官僚、政治家。 1950年、東京大学法学部を卒業し、農林省に入省。農林省時代は、農業政策の立案や農協の改革などに尽力。1984年に農林水産事務次官に就任。 1985年、第2次中曽根内閣で農水大臣に任命される。農水大臣在任中は、コメの市場開放問題や牛肉の輸入自由化問題など、農業政策の大きな転換期に当たり、その手腕が問われた。 1987年、第1回参議院議員通常選挙に比例区から立候補して当選。以後、連続4期当選。参議院では、農林水産委員会委員長や農林水産部会長を歴任。 2012年、参議院議員を辞職。同年、旭日大綬章を受章。 中井励は、官僚として、農林水産省で農業政策の立案や農協の改革などに尽力し、農林水産事務次官まで昇進した。政治家としては、農水大臣や参議院議員を務め、農業政策の大きな転換期にその手腕を振るった。
経済分野の人

益田克徳(1852-1903)→ 日本の実業家

- 幕末から明治時代を代表する実業家 益田克徳(1852-1903)は、幕末から明治時代にかけて活躍した日本の実業家です。幕末の動乱期に生まれ、明治維新後に実業界で頭角を現しました。三菱財閥の創始者の一人であり、日本の近代化に大きく貢献しました。 益田克徳は1852年、長崎県の豪商の家に生まれました。幼い頃より勉強に励み、16歳で長崎商業学校を卒業しました。卒業後は、三菱財閥の創始者である岩崎弥太郎の目に留まり、三菱商会に入社しました。 三菱商会では、益田克徳は岩崎弥太郎の下で経営を学び、頭角を現しました。1873年には、三菱商会の副社長に就任し、1885年には社長に就任しました。 社長就任後、益田克徳は三菱財閥の事業を多角化し、三菱銀行、三菱倉庫、三菱鉱山、三菱造船所など、多くの企業を設立しました。また、三菱財閥を日本最大の財閥に育て上げました。 益田克徳は、実業家としてだけでなく、政治家としても活躍しました。1890年には、衆議院議員に当選し、1894年には、商工大臣に就任しました。 商工大臣在任中は、日本の産業振興に尽力し、日本の近代化に大きな貢献をしました。1903年、益田克徳は51歳で死去しました。 益田克徳は、幕末から明治時代にかけて活躍した日本の実業家であり、日本の近代化に大きく貢献しました。三菱財閥の創始者の一人であり、三菱商会の社長として、三菱財閥を日本最大の財閥に育て上げました。また、政治家としても活躍し、商工大臣として、日本の産業振興に尽力しました。
経済分野の人

池田亀三郎 – 三菱財閥を支えた実業家

# 三菱財閥での活躍 池田亀三郎氏は、三菱財閥の創始者である岩崎弥太郎氏の右腕として活躍し、三菱財閥の発展に大きく貢献した実業家です。池田氏は、1837年に愛知県で生まれ、若くして三菱財閥に入社しました。 池田氏は、三菱財閥に入社後、すぐに頭角を現し、岩崎弥太郎氏の信頼を勝ち得ました。池田氏は、三菱財閥の金融部門を担当し、三菱財閥の資金調達を円滑にを行いました。また、池田氏は、三菱財閥の海外進出にも尽力し、三菱財閥の海外事業を成功に導きました。 池田氏は、三菱財閥の発展に大きく貢献した功績が認められ、1916年に三菱合資会社の専務取締役に就任しました。池田氏は、三菱合資会社の専務取締役として、三菱財閥の経営をさらに発展させました。池田氏は、1921年に三菱合資会社の社長に就任し、三菱財閥の発展にさらに尽力しました。 池田氏は、1929年に三菱合資会社の社長を退任し、代表取締役に就任しました。池田氏は、三菱合資会社の代表取締役として、三菱財閥の経営をさらに発展させました。池田氏は、1937年に三菱合資会社の代表取締役を退任し、相談役に就任しました。 池田氏は、1942年に死去しました。池田氏は、三菱財閥の発展に大きく貢献した功績が認められ、1966年に勲一等瑞宝章を受章しました。
経済分野の人

「仁杉巌」

「仁杉巌」による分割民営化への対応 「仁杉巌」による分割民営化は、長い抗争と交渉の後、1998年にようやく決着しました。分割民営化により、それまで国有だった鉄道や通信などのインフラが民間企業に移管されました。 「仁杉巌」は、分割民営化に賛成する立場をとりました。「仁杉巌」は、分割民営化によって経済の効率化と競争の促進が図られ、国民の利益になると主張しました。また、分割民営化によって政府の財政負担が軽減され、他の分野への投資が可能になるとも主張しました。 しかし、分割民営化には反対する声も多くありました。反対派は、分割民営化によって公共サービスの質が低下し、料金が上昇すると主張しました。また、分割民営化によって雇用の不安定化が生じ、格差が広がるとも主張しました。 「仁杉巌」は、分割民営化への反対派の声にも耳を傾けました。しかし、最終的には分割民営化のメリットの方がデメリットよりも大きいと判断し、分割民営化を支持しました。 分割民営化は、日本の経済に大きな影響を与えました。分割民営化によって、経済の効率化と競争の促進が図られ、国民の利益になりました。また、分割民営化によって政府の財政負担が軽減され、他の分野への投資が可能になりました。 しかし、分割民営化によって公共サービスの質が低下し、料金が上昇しました。また、分割民営化によって雇用の不安定化が生じ、格差が広がりました。 分割民営化は、メリットとデメリットの両面を持つ政策でした。分割民営化は、日本の経済に大きな影響を与えましたが、その影響は一概には良いとも言えません。
経済分野の人

竹内直一 – 日本における消費者運動の先駆者

-農林省から経済企画庁へ - 多方面で活躍した公務員- 1955(昭和30)年に竹内は農林省から経済企画庁に異動した。経済企画庁は、翌年に経済白書を発表するなど、高度経済成長期における日本の経済政策の中枢であった。竹内は、経済企画庁で物価政策や国民生活政策を担当し、国民生活の安定と向上のために尽力した。 竹内は、経済企画庁での勤務中に、消費者運動の重要性を痛感するようになった。高度経済成長期には、経済の急速な発展に伴い、消費者を取り巻く環境も大きく変化した。大量生産・大量消費の時代となり、商品の種類や量が増加する一方で、品質や安全性への関心が高まった。また、消費者と企業との間に情報格差が生じ、消費者が不利益を被るケースも少なくなかった。 竹内は、こうした状況を改善するために、消費者運動の必要性を訴え、消費者保護のための政策を推進した。竹内は、1962(昭和37)年に消費者保護基本法の制定を主導し、消費者の権利を法的に保護する制度を整えた。また、物価安定政策や国民生活向上計画の策定にも携わり、国民生活の安定と向上に努めた。 竹内は、経済企画庁を退職後も、消費者運動の推進に尽力した。1970(昭和45)年には、消費者団体「消費者協会」を設立し、消費者保護のための活動を行った。また、消費者問題に関する著作を多数執筆し、消費者の啓発に努めた。 竹内は、日本の消費者運動の先駆者として、消費者保護のための政策を推進し、国民生活の安定と向上に貢献した。竹内の功績は、今日の消費者運動の礎となっている。
経済分野の人

– 村上武雄

-村上武雄- -経歴- 村上武雄は、1920年9月16日に兵庫県姫路市で生まれた。父は小学校教諭、母は専業主婦であった。 1938年、姫路市立姫路中学校を卒業。1941年、東京帝国大学工学部を卒業。 1942年、三井化学工業株式会社に入社。1953年、同社取締役。1963年、同社常務取締役。1967年、同社専務取締役。 1970年、三井化学工業株式会社社長に就任。1976年、同社会長。1981年、同社相談役。 1984年、勲一等瑞宝章を受章。1990年、日本化学会名誉会員に選出される。 2008年10月29日、肺がんのため東京都内の病院で死去。享年88歳。 村上武雄は、三井化学工業株式会社の社長として、石油化学産業の育成に尽力した。また、日本化学会会長、化学工業協会会長、日本化学工業協会会長など、多くの要職を歴任し、日本の化学産業の発展に貢献した。
歴史上の人物

馬場正通-江戸時代後期の武士

-馬場正通の生涯- 馬場正通は、江戸時代後期の武士です。1806年、江戸に生まれました。幼名は千太郎。 1818年、13歳のときに父を亡くし、16歳で家督を相続します。1832年、27歳のときに旗本となり、小姓組に任命されました。 1840年、35歳のときに目付となり、1843年、38歳のときに勘定奉行となりました。1845年、40歳のときに大目付となり、1848年、43歳のときに老中となりました。 老中として、馬場正通は幕政改革に尽力しました。1853年、アメリカ合衆国のペリーが浦賀に来航すると、馬場正通は交渉にあたりました。 1854年、馬場正通は日米和親条約を締結しました。これは、日本の開国を決定づける条約でした。 1858年、馬場正通は日米修好通商条約を締結しました。この条約により、日本はアメリカ合衆国に開国することになりました。 1860年、馬場正通は老中を辞任しました。その後、1862年に死去しました。57歳でした。
経済分野の人

「八原昌元」(1918-2004)

-農村文化運動に携わる- 八原昌元は、1950年代から農村文化運動に携わりました。1951年に農山漁村文化協会に入会し、1959年に同協会の常任理事、1964年には会長に就任しました。また、1962年には全国農村舞台芸術連盟を結成し、初代会長に就任しました。 八原は、農村文化運動を通じて、農村の文化水準の向上と、農村と都市の文化の交流を目指しました。農山漁村文化協会では、農村文化の振興を目的とした各種事業を実施し、全国農村舞台芸術連盟では、農村の舞台芸術の振興を目的とした各種事業を実施しました。 八原の農村文化運動は、農村の文化水準の向上と、農村と都市の文化の交流に大きく貢献しました。農山漁村文化協会と全国農村舞台芸術連盟は、八原の死後も活動を続けており、農村文化の振興に貢献しています。 農山漁村文化協会は、農山漁村の文化振興を目的とした事業を実施しており、全国農村舞台芸術連盟は、全国の農村の舞台芸術団体を結集し、舞台芸術の発表の場を提供しています。 八原昌元は、農村文化運動に携わり、農村の文化水準の向上と、農村と都市の文化の交流に大きく貢献しました。八原の死後も、彼の志を継いだ人々が農村文化の振興に努めています。
経済分野の人

加藤正義

-# 1. 栄光と挫折 熊本県出身の加藤正義は、1926年に東京帝国大学理学部物理学科を卒業後、理化学研究所に入所しました。加藤は、1938年に宇宙線の研究で理学博士号を取得し、1941年に東京帝国大学助教授に就任しました。 1944年、加藤は、戦時中に開発されたレーダーの研究に参加し、レーダーの性能を向上させることに成功しました。この功績により、加藤は1946年に東京大学教授に昇進しました。 加藤は、1949年に東京大学理学部長に就任し、1953年には東京大学総長に就任しました。加藤は、東京大学総長として、東京大学の改革に取り組み、東京大学を日本屈指の大学に育て上げました。 しかし、加藤は1957年に東京大学総長を辞任しました。加藤の辞任は、東京大学で行われた入学試験の不正発覚が原因でした。加藤は、入学試験の不正発覚について責任を感じ、東京大学総長を辞任したのです。 加藤の辞任は、日本の学界に大きな衝撃を与えました。加藤は、日本の学界を代表する学者であり、東京大学総長として日本の学界の発展に貢献していました。加藤の辞任は、日本の学界にとって大きな損失でした。 加藤は、東京大学総長を辞任した後も、東京大学教授として研究を続けました。加藤は、1962年に東京大学を定年退職し、1975年に亡くなりました。 加藤正義は、日本の学界に大きな貢献をした偉大な学者でした。加藤の栄光と挫折は、日本の学界の歴史を語る上で欠かせないエピソードです。
経済分野の人

「小池国三」:明治-大正時代の鉄道王

-若尾逸平のもとで株式取引に携わる- 小池国三は、1858年に新潟県に生まれました。1872年に上京し、神田の若尾商店で丁稚奉公を始めました。若尾商店は、若尾逸平が経営する株式仲買店で、明治維新後に設立されたばかりでした。小池は若尾逸平から株式取引のいろはを学び、頭角を現していきました。 1878年、小池は若尾商店を退職し、独立して株式仲買店を開業しました。小池の株式仲買店は、すぐに頭角を現し、明治政府の御用商人となりました。小池はまた、日本初の株式取引所である東京株式取引所の設立にも尽力しました。 1890年代に入ると、小池は鉄道事業に参入しました。小池は、甲武鉄道や東海道本線の建設に参加し、鉄道王と呼ばれました。小池はまた、日本初の私鉄である京浜電気鉄道の創設にも関わりました。 小池は、1936年に死去しました。小池の死後、小池の財産は、小池財閥として引き継がれました。小池財閥は、戦後解体されましたが、小池の功績は、今でも語り継がれています。
学術分野の人

板垣与一:日本経済学の巨匠

-# 生涯と功績 板垣与一は、1885年1月に長野県で生まれました。東京帝国大学経済学部を卒業後、同大学教授となり、1938年に日本経済学会会長に就任しました。板垣は、日本の経済学の発展に多大な貢献をしたことで知られており、特に、ケインズ経済学を日本に紹介し、日本経済学の近代化に貢献したことが高く評価されています。 板垣の最も有名な業績の一つは、ケインズ経済学の日本への紹介です。1936年、板垣はケインズの著書「雇用・利子および貨幣の一般理論」を日本語に翻訳し、日本で出版しました。これは、日本におけるケインズ経済学の普及に大きな役割を果たしました。 板垣はまた、日本経済学の近代化にも貢献しました。1930年代、板垣は、経済学の研究方法を近代化し、経済学をより科学的な学問にすることを目指して、「経済研究」という雑誌を創刊しました。この雑誌は、日本の経済学の発展に大きな影響を与え、日本の経済学を国際的なレベルに引き上げるのに貢献しました。 板垣の業績は、日本の経済学の発展に多大な貢献をしたものであり、彼は日本の経済学の巨匠として称えられています。
政治分野の人

ー「野依秀市」

-野依秀市の生い立ちと経歴- 野依秀市は、1938年(昭和13年)3月23日、兵庫県姫路市に生まれた。父は大学病院の医師、母は薬剤師であった。幼い頃から理科に興味を持ち、中学3年生の時には、理科の研究会に参加して、化学の面白さに目覚めた。 1956年(昭和31年)、野依秀市は、兵庫県立姫路西高等学校を卒業し、大阪大学理学部化学科に入学した。大学では、有機化学の研究室に所属し、有機化合物合成の研究に没頭した。1960年(昭和35年)に大阪大学を卒業後、同大学の大学院理学研究科に進学した。 1963年(昭和38年)、野依秀市は、大阪大学大学院理学研究科を修了し、東レに入社した。東レでは、高分子材料の研究開発に従事し、1969年(昭和44年)には、新しい合成樹脂の開発に成功した。この功績で、1970年(昭和45年)に日本化学会賞を受賞した。 1971年(昭和46年)、野依秀市は、名古屋大学理学部化学科の教授に就任した。名古屋大学では、有機化学の研究を続け、1972年(昭和47年)には、新しい有機金属化合物の合成に成功した。この功績で、1973年(昭和48年)に日本学士院賞を受賞した。 1981年(昭和56年)、野依秀市は、東京大学理学部化学科の教授に就任した。東京大学では、有機化学の研究を続け、1983年(昭和58年)には、新しい不斉反応の開発に成功した。この功績で、1984年(昭和59年)にノーベル化学賞を受賞した。
経済分野の人

「住友吉左衛門」とは?

-住友吉左衛門の生涯- 住友吉左衛門は、戦国時代から江戸時代にかけて活躍した日本の商人、鉱山師です。豊臣秀吉や徳川家康に仕え、住友財閥の基礎を築きました。 1520年、近江国蒲生郡八日市村(現在の滋賀県東近江市八日市町)に生まれる。幼名は与三右衛門。14歳の時に京都に出て、呉服商の丁稚奉公をする。その後、鉄砲の製造販売業を営む。 1555年、豊臣秀吉の軍に鉄砲を納める。秀吉の信頼を得て、1589年に備中国の金山を拝領する。この金山で金や銀を産出し、財を成した。 1600年の関ヶ原の戦いで、住友吉左衛門は徳川家康に味方する。戦後、家康から摂津国三田藩(現在の兵庫県三田市)を拝領する。また、住友吉左衛門は、銅の独占販売権を与えられ、住友財閥の基礎を築いた。 1615年、三田藩主として入部し、城を築く。また、三田藩の産業を振興し、三田藩を繁栄させた。 1630年、三田藩で死去する。享年111歳。 住友吉左衛門は、戦国時代から江戸時代にかけて活躍した日本の商人、鉱山師です。豊臣秀吉や徳川家康に仕え、住友財閥の基礎を築きました。その功績は、今日でも語り継がれています。
経済分野の人

服部敬雄 – 山形新聞社社長、山形放送社長を務めた新聞経営者

東京朝日新聞社への入社 服部敬雄は、1952年に東京朝日新聞社に入社しました。当時、東京朝日新聞社は日本の三大新聞社の1つであり、服部も新聞記者として活躍しました。彼は主に政治部を担当し、数々のスクープ記事を執筆しました。また、1960年代に起こった学生運動にも積極的に取材し、学生たちの声を世に伝えました。 服部の新聞記者としての活躍は、世の中から高く評価されました。彼は、1967年に新聞記者クラブ賞を受賞し、1972年には日本新聞協会賞を受賞しました。また、1975年には、東京朝日新聞社の編集局長に就任しました。これは、新聞社において最も重要なポストの1つであり、服部の新聞経営者としてのキャリアが始まりました。 服部は、編集局長として東京朝日新聞社の改革に取り組みました。彼は、新聞の紙面をより読みやすくするために、記事のレイアウトやフォントを変更しました。また、新聞の内容をより充実させるために、記者たちに対してより積極的な取材を指示しました。これらの改革により、東京朝日新聞社の発行部数は大きく伸びました。 服部は、1981年に東京朝日新聞社の社長に就任しました。社長として、彼は新聞社の経営をさらに強化するために、数々の施策を実施しました。彼は、新聞社の設備を近代化し、新製品の開発にも力を入れました。また、海外の新聞社との提携も進め、東京朝日新聞社の国際的な地位を高めました。 服部敬雄は、東京朝日新聞社で活躍した新聞経営者でした。彼は、新聞記者の時代から数々のスクープ記事を執筆し、世の中から高く評価されました。また、編集局長や社長として、東京朝日新聞社の経営を強化し、新聞社の発展に貢献しました。
経済分野の人

窪田弘

-昭和後期-平成時代の官僚,経営者の軌跡- 窪田弘は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した官僚、経営者である。1930年に東京都に生まれ、東京大学法学部を卒業後、1953年に通商産業省に入省した。通商産業省では、産業政策局や貿易局などで勤務し、1977年に通商産業事務次官に就任した。1983年に退官後は、日本電信電話株式会社(NTT)の社長に就任し、1990年まで務めた。 窪田弘は、通商産業省時代には、日本の産業政策の立案と実施に携わり、日本の経済成長に貢献した。また、NTTの社長時代には、NTTの株式公開や、NTTドコモの設立など、NTTの経営改革を推進した。 窪田弘は、日本の経済発展に大きな貢献をした人物として知られている。2019年に死去した。 -窪田弘の功績- 窪田弘は、日本の経済発展に大きな貢献をした。その功績は以下の通りである。 * 通商産業省時代には、日本の産業政策の立案と実施に携わり、日本の経済成長に貢献した。 * NTTの社長時代には、NTTの株式公開や、NTTドコモの設立など、NTTの経営改革を推進した。 * 日本経済団体連合会(経団連)の会長時代には、日本の経済界を代表して、政府や政党に政策提言を行い、日本の経済政策の形成に影響を与えた。 -窪田弘の人物像- 窪田弘は、誠実で勤勉な人物として知られていた。また、物事を深く考え、的確な判断を下すことができる人物でもあった。窪田弘は、日本の経済界を代表する人物として、国内外から大きな尊敬を集めていた。 -窪田弘の死- 窪田弘は、2019年10月16日に死去した。享年89歳であった。窪田弘の死は、日本の経済界に大きな衝撃を与えた。窪田弘は、日本の経済発展に大きな貢献をした人物であり、その死は日本の経済界にとって大きな損失となった。
歴史上の人物

松居久次郎-江戸時代前期の偉大な商人

松居家の祖~松居久次郎のルーツを探る~ 松居久次郎は、江戸時代前期の偉大な商人であり、その功績は現在でも語り継がれています。松居家は、久次郎の祖父である松居文蔵が、備中松山(現在の岡山県高梁市)から京に上って商売を始めたことに始まります。文蔵は、呉服の行商から身を興し、やがて京都の中心部である室町に店を構えるまでになりました。 松居久次郎は、文蔵の長男として誕生し、幼い頃から商才を発揮していました。久次郎は、16歳で京都の呉服商である荒木与兵衛の養子となり、そこで商取引のノウハウを学びました。その後、久次郎は独立して呉服商を始め、その才能を存分に発揮して成功を収めました。 久次郎は、単なる商人ではなく、優れた経済人でもありました。久次郎は、新しい商法を次々と考案し、それによって財を成しました。また、久次郎は、社会貢献にも熱心に取り組み、私財を投じて学校や病院を建設しました。 久次郎の功績は、現在でも高く評価されており、その名声は日本中に広まっています。松居家は、久次郎の偉大な功績によって、代々繁栄を続けました。そして、松居家の末裔である松居直氏は、現在、松居美術館の館長を務め、久次郎の功績を後世に伝え続けています。 松居家が残した最も重要な遺産の1つは、京都の街です。松居家は、京都の経済発展に大きく貢献し、京都の街を日本の文化の中心地にしました。松居家の功績は、京都の街並みにも反映されており、京都の街は、松居家が残した遺産によって、今もなお輝き続けています。
経済分野の人

藤川一秋の生涯と功績

-大見出し藤川一秋氏の生涯と功績- -小見出し中京商業卒業後,県庁に就職- 藤川一秋さんは,1891年(明治24年)に名古屋市に生まれ,幼い頃から相撲を好み,1912年(明治45年)に中京商業学校(現名古屋市立中京商業高等学校)を卒業し,愛知県庁に就職しました。 藤川さんは,愛知県庁で勤務しながらも相撲の稽古を続け,1915年(大正4年)に大相撲の尾車部屋に入門しました。1917年(大正6年)に初土俵を踏み,1921年(大正10年)には十両に昇進しました。 1923年(大正12年)には新入幕を果たし,以後,大関まで昇進しました。1928年(昭和3年)には史上初めて,全勝優勝を果たし,翌1929年(昭和4年)には横綱に昇進しました。 藤川さんは,横綱として活躍し,1930年(昭和5年)には2度目の全勝優勝を果たしました。しかし,1931年(昭和6年)に引退しました。 引退後は,日本相撲協会の理事長を務め,相撲界の発展に尽力しました。1969年(昭和44年)には,日本相撲協会から初代名誉会長に推挙されました。 藤川さんは,1971年(昭和46年)に死去しました。
経済分野の人

服部正次:セイコーホールディングスの発展に貢献した昭和の実業家

-華麗なる実業人生服部正次の軌跡- 服部正次は、1916年(大正5年)に東京都に生まれました。実家は商売を営んでおり、幼い頃から商売のいろはを学びました。大学卒業後、服部時計店に入社します。服部時計店は、1917年(大正6年)に服部金太郎が創設した時計メーカーでした。服部正次はこの会社で、経営者としての才能を発揮します。1946年(昭和21年)に服部時計店の社長になると、積極的な経営改革を進めました。 服部正次が行った経営改革の一つは、海外への進出でした。服部時計店は、それまで国内市場にのみ販売していましたが、服部正次が社長になると、積極的に海外市場への参入を図りました。1950年(昭和25年)には、アメリカにセイコータイムUSAを設立しました。セイコーは、日本初の海外時計メーカーとして知られています。 服部正次は、海外への進出に成功し、セイコーの時計を世界中に販売するようになりました。セイコーは、高品質な時計として評判を呼び、世界シェアを伸ばしていきます。1964年(昭和39年)には、東京オリンピックの公式時計に採用されました。これは、セイコーにとって大きな宣伝となり、世界のトップブランドとしての地位を確立しました。 服部正次は、1971年(昭和46年)にセイコーの会長に就任しました。以降も、経営者としての手腕を発揮し、セイコーの成長に貢献し続けました。1981年(昭和56年)に亡くなりましたが、その後のセイコーも、服部正次が残した経営理念を受け継ぎ、世界有数の時計メーカーとして成長を続けています。
経済分野の人

一井保造-日本の海運業界を支えた経営者

-三井物産から大阪商船三井船舶社長へ- 一井保造氏は、1929年に三井物産に入社しました。その後、大阪商船三井船舶の前身である大阪商船に入社し、経営企画部長や常務取締役などを歴任しました。1985年には、大阪商船三井船舶の社長に就任しました。 一井氏は、社長就任後、経営の効率化や経営資源の集中化を進めました。また、新規事業への参入や海外展開を積極的に推進しました。その結果、大阪商船三井船舶は、日本の海運業界を代表する企業に成長しました。 一井氏は、1995年に大阪商船三井船舶の社長を退任しましたが、その後も、同社の相談役や名誉会長を務めました。また、日本船主協会の会長や、国際海運会議所の会長などの要職を歴任し、海運業界の発展に貢献しました。 一井氏は、2019年に92歳で死去しました。同氏は、日本の海運業界を支えた経営者として、その功績を称えられています。
経済分野の人

川合勇-日産ディーゼル工業社長から富士重工業社長に就任

-川合勇の経歴- 川合勇氏は、1936年2月24日に神奈川県横浜市に生まれた。1958年に東京大学工学部を卒業し、日産ディーゼル工業に入社した。同社では、エンジニアとしてトラックやバスの開発に従事し、1985年に取締役、1991年に常務取締役、1993年に専務取締役を歴任した。 1995年に富士重工業の社長に就任し、2003年まで務めた。在任中は、レガシィやインプレッサなどのヒット車を発売し、同社の業績を回復させた。また、スバルの海外展開にも力を入れていた。 2003年に富士重工業を退任後は、日産ディーゼル工業の会長を務め、2006年に同社を退職した。その後は、日本自動車工業会会長や日本経済団体連合会副会長などの要職を歴任した。 川合勇氏は、自動車業界の発展に貢献した功績が認められ、2004年に勲二等瑞宝章を受章した。また、2007年には日本自動車殿堂に殿堂入りした。 川合勇氏は、2018年11月2日に82歳で亡くなった。
経済分野の人

金森又一郎:近畿日本鉄道の父

金森又一郎の生涯 金森又一郎は、1864年(元治元年)11月10日に大阪府大塩村(現在の大阪市阿倍野区)に生まれた。家業は米穀商と質屋を営んでいたが、1876年(明治9年)に家督を相続するやいなや、大阪電灯株式会社を設立して社長に就任した。その後、大阪電気鉄道株式会社、大阪鉄道株式会社、阪堺電気鉄道株式会社、南海岸電気鉄道株式会社などの鉄道会社を創設・合併して、1926年(大正15年)に近畿日本鉄道株式会社を設立して、初代社長に就任した。 金森又一郎は、近畿日本鉄道の創設者として知られているが、その経営手腕は高く評価されており、「近畿日本鉄道の父」と呼ばれている。金森又一郎は、近畿日本鉄道の経営に当たって、以下のような方針を掲げていた。 ・鉄道の近代化と合理化金森又一郎は、近畿日本鉄道の経営に当たって、鉄道の近代化と合理化を推進した。蒸気機関車から電気機関車への切り替え、自動信号機の導入、列車の増発などを行い、近畿日本鉄道の輸送力を大幅に向上させた。 ・沿線の開発金森又一郎は、近畿日本鉄道の経営に当たって、沿線の開発に力を入れた。住宅地の造成、学校や病院の建設、観光地の整備などを行い、近畿日本鉄道沿線の地域の発展に貢献した。 ・地域社会との共生金森又一郎は、近畿日本鉄道の経営に当たって、地域社会との共生を大切にした。寄付やボランティア活動などを行い、地域社会の発展に協力した。 金森又一郎は、1939年(昭和14年)12月11日に死去したが、その功績は現在も語り継がれている。近畿日本鉄道は、現在も日本で有数の私鉄として、多くの人々に利用されている。
経済分野の人

中村精一 – 実業家、教育者

-中村精一の人物像- 中村精一は、1885年(明治18年)に東京で生まれた。父は実業家で、母は教育者であった。中村は、幼少期から聡明さを見せ、東京帝国大学経済学部を卒業後、三井物産に入社した。三井物産では、ニューヨーク支店長などを歴任し、辣腕を振るった。 中村は、実業家として成功を収める一方、教育にも力を注いだ。1934年(昭和9年)には、中村高等商業学校(現・中村学園大学)を創設した。中村は、この学校で校長を務め、辣腕を振るい、教育界に貢献した。 中村は、実業家としても、教育者としても、常に社会貢献を意識した人物であった。中村は、1951年(昭和26年)に死去したが、その功績は現在も語り継がれている。 中村精一は、辣腕な実業家であり、情熱的な教育者であった。中村は、常に社会貢献を意識した人物であり、その功績は現在も語り継がれている。
経済分野の人

野元驍

-野元驍の経歴- 野元驍は、1970年1月1日に長崎県に生まれた日本の経営者である。 現在は株式会社ロジパートナーズの代表取締役社長であり、同社のグループ企業であるロジパートナーズ・ロジスティクス株式会社の代表取締役社長、ロジパートナーズ・エマージング株式会社の代表取締役社長、ロジパートナーズ・トランスポート株式会社の代表取締役社長も務めている。 野元驍は、1992年に早稲田大学を卒業後、野村證券に入社した。野村證券では、営業部、投資銀行部、法人向け投資銀行部などで勤務した。 2000年に野村證券を退社後、株式会社野元総合研究所を設立した。株式会社野元総合研究所は、経営コンサルティングや投資ファンドの運営を行っていた。 2006年に株式会社ロジパートナーズを設立した。株式会社ロジパートナーズは、物流事業や倉庫事業を行う企業である。 2010年に、株式会社ロジパートナーズの子会社として、ロジパートナーズ・ロジスティクス株式会社を設立した。ロジパートナーズ・ロジスティクス株式会社は、物流事業や倉庫事業を行う企業である。 2012年に、株式会社ロジパートナーズの子会社として、ロジパートナーズ・エマージング株式会社を設立した。ロジパートナーズ・エマージング株式会社は、物流事業や倉庫事業を行う企業である。 2014年に、株式会社ロジパートナーズの子会社として、ロジパートナーズ・トランスポート株式会社を設立した。ロジパートナーズ・トランスポート株式会社は、物流事業や倉庫事業を行う企業である。 野元驍は、物流業界の活性化に努めており、物流業界の諸団体の役員を務めている。