経済

経済分野で活躍した人

山本正房 – 昭和時代の新聞経営者

- 中国新聞社への入社と副社長就任 山本正房は、1927年に中国新聞社に入社しました。入社後は、記者として活躍し、1940年には副社長に就任しました。副社長として、山本は新聞の経営に携わり、中国新聞社の発展に貢献しました。 山本は、新聞経営者として、読者の信頼を得ることを第一に考えていました。そのため、山本は、新聞の正確性と公正さを重視し、読者が新聞を読むことで、正しい情報を手に入れることができるように努めました。 また、山本は、新聞の自由と独立を重視していました。そのため、山本は、政府や企業からの圧力に屈することなく、新聞の報道姿勢を貫きました。 山本の新聞経営者としての功績は大きく、中国新聞社は、山本の指導の下で、中国地方を代表する新聞社に成長しました。 山本は、1972年に中国新聞社の社長に就任し、1984年に会長に就任しました。会長として、山本は、中国新聞社の経営に引き続き携わり、中国新聞社の発展に貢献しました。 山本は、1993年に亡くなりましたが、山本の新聞経営者としての功績は、今もなお語り継がれています。
経済分野で活躍した人

ジャーナリスト高野孟氏の人物像と功績

- 高野孟氏の経歴とプロフィール 高野孟氏は、1935年7月2日に東京都に生まれ、2017年11月6日に東京都で亡くなった日本のジャーナリスト、評論家、作家です。 高野氏は、東京大学法学部を卒業後、毎日新聞社に入社しました。毎日新聞社では、社会部記者として活躍し、1968年の「三島由紀夫事件」を報じた記事で、菊池寛賞を受賞しています。 1971年に毎日新聞社を退社し、フリージャーナリストとして活動を始めました。フリージャーナリストとしては、雑誌や新聞に多くの記事を執筆し、テレビやラジオにも出演しました。また、評論家として、社会問題や政治問題について、多くの発言を行いました。 高野氏は、ジャーナリストとして、権力に屈することなく、真実を報道することに徹しました。また、評論家として、社会問題や政治問題について、独自の視点から鋭い発言を行いました。その活動は、多くの人々に影響を与え、社会に貢献しました。 高野氏は、2017年11月6日に、東京都の病院で死去しました。享年82歳でした。