統合医療

学術分野の人

渥美和彦 – 人工心臓研究の第一人者

-渥美和彦の生涯と功績- 渥美和彦は、1926年(昭和元年)に東京で生まれた。幼少期より機械に興味を持ち、東京大学工学部機械工学科に進学した。卒業後は、東京大学大学院に進学し、人工心臓の研究に取り組んだ。 1957年(昭和32年)、渥美は世界で初めて、動物に人工心臓を装着して生存させることに成功した。この功績により、渥美は人工心臓研究の第一人者として知られるようになった。 1960年(昭和35年)、渥美は東京大学医学部に移籍し、人工心臓の臨床研究を開始した。1963年(昭和38年)、渥美は世界で初めて、人間に人工心臓を装着して生存させることに成功した。この成功により、渥美は人工心臓移植のパイオニアとして世界的に有名になった。 渥美は、人工心臓の研究と開発に生涯を捧げた。2005年(平成17年)に亡くなったが、渥美の功績は今もなお医療界で高く評価されている。 渥美の生涯と功績を以下に時系列でまとめた。 * 1926年(昭和元年)東京で生まれる * 1948年(昭和23年)東京大学工学部機械工学科に進学 * 1952年(昭和27年)東京大学大学院に進学し、人工心臓の研究に取り組む * 1957年(昭和32年)世界で初めて、動物に人工心臓を装着して生存させることに成功 * 1960年(昭和35年)東京大学医学部に移籍し、人工心臓の臨床研究を開始 * 1963年(昭和38年)世界で初めて、人間に人工心臓を装着して生存させることに成功 * 2005年(平成17年)死去