織田信長

歴史上の人物

– 斎藤道三

# 斎藤道三 - 斎藤道三の生涯と功績 斎藤道三は、戦国時代の美濃国の戦国大名であり、後に尾張国の戦国大名・織田信長の家臣となった人物です。 1494年に美濃国にて出生し、1556年に尾張国にて死去しました。斎藤道三は、幼少期に僧侶として過ごした後、還俗して斎藤家の家臣となりました。 その後、斎藤家の当主となった斎藤利政を暗殺して美濃国の支配権を握り、1535年に美濃国の守護代に就任しました。そして、1542年に斎藤利政の息子である斎藤義龍に美濃国の支配権を譲りますが、1547年に斎藤義龍を暗殺して再び美濃国の支配権を握りました。 1556年に尾張国に侵攻した織田信長に敗れて尾張国に逃亡し、尾張国内で死去しました。 斎藤道三の功績としては、美濃国の統一と斎藤家の勢力拡大、そして織田信長に敗れるまで織田信長と互角に戦ったことが挙げられます。 斎藤道三は、戦国時代の美濃国を統一し、斎藤家の勢力を拡大した戦国大名として知られています。また、織田信長に敗れるまで織田信長と互角に戦った名将であり、その生涯は波乱に満ちたものでした。 斎藤道三の死後、美濃国は織田信長に併合されました。
歴史上の人物

戦国武将・原田直政 – 織田信長の忠臣

-原田直政の生涯と功績- 原田直政は、戦国時代の武将で、織田信長の家臣でした。1544年に尾張国に生まれ、信長の小姓として仕えました。1560年の桶狭間の戦いで初陣を飾り、その後も姉川合戦、長篠の戦い、本能寺の変など、信長の主要な戦いに参加しました。 直政は、武勇に優れ、信長の信頼も厚かった武将でした。1576年、信長の命を受けて、美濃国を平定し、岐阜城を築城しました。また、1582年には、本能寺の変の際に、信長を討った明智光秀を討ち取り、信長の遺体を安土城に運ぶなど、信長の忠臣として知られています。 本能寺の変の後、直政は、羽柴秀吉に仕え、九州平定や小田原征伐で活躍しました。1598年、秀吉の死後、徳川家康に仕え、関ヶ原の戦いで、東軍として参戦しました。関ヶ原の戦いでは、直政は、石田三成の軍と戦い、勝利に貢献しました。 1607年、直政は、徳川家康の命を受けて、江戸城の普請奉行を務めました。1615年、大坂夏の陣では、徳川軍の一員として参戦し、豊臣方を破りました。1620年、直政は、67歳で死去しました。 直政は、信長、秀吉、家康の3人の天下人に仕えた武将でした。その武勇と忠義は、今も語り継がれています。
歴史上の人物

戦国の梟雄 松永久秀

松永久秀の生涯 松永久秀(まつなが ひさひで)は、戦国時代の武将、大名。河内国(大阪府)の戦国大名で、三好長慶に仕えた。その後、主君を裏切って織田信長に仕えたが、後に信長に反旗を翻した。 松永久秀は、1492年に河内国で生まれた。父は松永房秀、母は北畠具教の娘である。1516年に元服し、諱を久秀と称した。1520年に三好長慶に仕え、河内国の守護代となる。1532年に長慶が畿内を統一すると、久秀は河内国守護に任じられた。 1543年に長慶が死去すると、久秀は三好長輝に仕えた。しかし、1559年に長輝が死去すると、久秀は織田信長に仕えた。1560年に信長が上洛すると、久秀は信長に河内国を献上し、信長の家臣となった。 1565年に久秀は信長の命を受けて大和国(奈良県)を攻め、筒井順慶を降伏させた。1568年に信長が足利義昭を奉じて上洛すると、久秀は信長の先鋒として京に入り、足利義昭を擁立した。 1573年に久秀は信長に反旗を翻し、石山本願寺に籠城した。信長は石山本願寺を攻め滅ぼしたが、久秀は捕らえられずに逃亡した。1577年に久秀は信長に降伏し、家臣として再び仕えた。 1582年に信長が本能寺の変で死去すると、久秀は羽柴秀吉に仕えた。しかし、秀吉が信長の跡を継いで天下人になると、久秀は秀吉に反旗を翻した。秀吉は久秀を攻め、1582年に久秀は降伏した。秀吉は久秀を許さず、1582年に久秀は処刑された。
歴史上の人物

悲劇の武将の妻-武田勝頼妻

-北条氏康の娘として生まれた Lady Takeda- 武田勝頼の妻である北条氏康娘のLady Takedaは、1552年、駿河国(静岡県)で北条氏政の娘として誕生しました。彼女は、甲斐国(山梨県)を支配していた武田家の当主・武田勝頼に嫁ぎました。 北条氏康の娘は、勝頼を支え、3人の子供を産みました。しかし、天正3年(1575年)、武田氏は長篠の戦いで織田信長に大敗し、勝頼は自害しました。北条氏康の娘は、勝頼の死後、甲斐国を離れ、北条家に帰りました。 北条氏康の娘は、その後、北条氏政の養女となり、豊臣秀吉の正室・北条政子の叔母になりました。彼女は、豊臣政権下で、北条家と豊臣家との交渉役を務めました。 天正18年(1590年)、北条氏は豊臣秀吉に滅ぼされました。北条氏康の娘は、北条氏の滅亡後、京都に移り住み、余生を過ごしました。彼女は、慶長15年(1610年)、59歳で亡くなりました。 北条氏康の娘は、戦国時代に翻弄された悲劇の武将の妻でした。彼女は、夫の死後、北条家と豊臣家との交渉役を務め、戦乱の世を生き抜いた強靭な女性でした。
歴史上の人物

– 正親町天皇

-正親町天皇の生涯- 正親町天皇(1500-1573)は、室町時代の第106代天皇であり、在位期間は1547年から1557年まででした。彼は後奈良天皇の eldest childであり、権大納言の三条公頼を養父としていました。 正親町天皇は、1500年に京都御所で生まれました。彼の母は、後奈良天皇の典侍の近衛尚通の娘、藤原尋子でした。正親町天皇は、1547年に後奈良天皇の譲位を受けて、天皇に即位しました。 正親町天皇の在位期間は、戦乱と混乱の時期でした。彼は、畿内の有力大名であった細川晴元と畠山義就の争いに巻き込まれ、一時、京都を離れて近江に避難したこともありました。また、彼は、ポルトガル人宣教師の来日と、キリスト教の伝播を許したことで知られています。 正親町天皇は、1557年に譲位して、三男の誠仁親王(後陽成天皇)に皇位を譲りました。彼は、1573年に京都で崩御し、大覚寺に葬られました。 正親町天皇は、在位期間が短く、戦乱と混乱の時代に天皇を務めたため、その業績はあまり知られていません。しかし、彼は、ポルトガル人宣教師の来日と、キリスト教の伝播を許したことで、日本の歴史に大きな影響を与えました。
美術分野の人

「金児禎三」

-金児禎三の生涯- 金児禎三は、1927年(昭和2年)1月11日、茨城県北相馬郡守谷町(現・常総市)に生まれた。父は金児俊一郎、母は静江。俊一郎は、戦前まで守谷町長を務めた人物で、自由民権運動にも加わっていた。禎三は、5人兄弟の末っ子として育った。 禎三は、守谷町立守谷小学校、茨城県立下妻第一中学校を卒業後、1949年(昭和24年)に東京大学法学部に入学した。在学中は、学生運動に参加し、1951年(昭和26年)には、東大教養学部自治会委員長を務めた。また、1952年(昭和27年)には、日本共産党に入党した。 1954年(昭和29年)に大学を卒業後、禎三は、日本共産党の専従活動家となった。1955年(昭和30年)には、茨城県議会議員に立候補し、当選した。1963年(昭和38年)には、参議院議員に立候補し、当選を果たした。 参議院議員としては、国会の場で、政府の政策を批判し、国民の権利を擁護するために活動した。また、日米安保条約反対運動や反戦運動にも積極的に参加した。1968年(昭和43年)には、日本共産党の書記局長に就任し、党の最高幹部として活躍した。 1972年(昭和47年)に、禎三は、日本共産党の委員長に選出された。委員長としては、党の路線を刷新し、国民との連携を強めることに努めた。また、ソ連や中国との関係を改善するためにも努力した。 1982年(昭和57年)、禎三は、委員長の職を辞任した。その後も、党の顧問として、党の活動を支え続けた。1994年(平成6年)11月26日、禎三は、肺炎のため東京都内の病院で死去した。享年67。 禎三は、日本共産党の党員として、国民の権利と平和のために最後まで戦い続けた人物であった。その功績は、現在もなお、多くの人々に語り継がれている。
歴史上の人物

足利義輝の人生と業績

-足利義輝の人生と業績- -室町幕府13代将軍としての統治- 足利義輝は、室町幕府の13代将軍である。1543年に生まれ、1565年に13代将軍に就任した。父は12代将軍足利義晴、母は北条氏綱の娘である。1568年に織田信長の軍勢によって京都から追放され、1573年に近江で死亡した。 足利義輝は、将軍職に就いたとき、幕府はすでに衰退しており、有力な守護大名たちが実権を握っていた。義輝は、これらの大名たちを統制するために、政略結婚など様々な手段を駆使したが、うまくいかなかった。また、義輝は、貿易の振興や貨幣の鋳造など、経済政策にも乗り出したが、これも成功しなかった。 1560年、桶狭間の戦いで今川義元が織田信長によって討たれると、義輝は信長と同盟を結んだ。しかし、義輝と信長の関係は、すぐに悪化した。1565年、信長は京都に上洛し、足利義輝を奉じて入京した。しかし、義輝は信長の専横を許さず、信長と対立した。 1568年、信長の軍勢は京都を攻撃し、足利義輝は京都から追放された。義輝は近江に逃れ、信長と戦い続けたが、1573年に信長の軍勢に攻め込まれ、死亡した。 足利義輝は、室町幕府の衰退を阻止することができず、幕府は滅亡した。しかし、義輝は、幕府の将軍として、最後まで戦い続けた。義輝の死は、室町幕府の滅亡と、戦国時代の終焉を意味した。
歴史上の人物

別所重棟 – 戦国の英雄

-織田信長との関係- 別所重棟の織田信長との関係は複雑で、何度も対立と和解を繰り返した。 1564年、織田信長は美濃国を平定し、勢力を広げていた。その際、信長は別所重棟の叔父である別所長治を攻め、長治は敗れて自害した。重棟は長治の死をきっかけに信長に臣従し、織田家の家臣となった。 1567年、信長は足利義昭を奉じて上洛し、将軍に擁立した。重棟も信長に従って上洛し、足利義昭の近習となった。しかし、翌1568年に信長と義昭が対立すると、重棟は義昭方に付いて信長と戦った。 1569年、信長は義昭を京都から追放し、重棟も京都を離れて近江国に逃れた。その後、重棟は信長の追撃を逃れて、丹波国に滞在した。 1570年、信長は丹波国に侵攻し、重棟を攻めた。重棟は信長の攻撃に耐え、信長と和睦を結んだ。和睦により、重棟は信長の家臣に復帰し、丹波国の支配を認められた。 1573年、信長は足利義昭を降伏させ、室町幕府を滅亡させた。その後、信長は全国統一を目指して戦いを続けた。1575年、重棟は信長の命令を受けて、播磨国に侵攻した。しかし、播磨国で重棟は毛利輝元に敗れ、自害した。 重棟と信長は、何度も対立と和解を繰り返した。しかし、最終的には信長が勝利し、重棟は信長の家臣として戦死した。
歴史上の人物

戦国の勇将-青木重直の生涯

-生い立ちと戦国各勢力との関わり- 青木重直は、永禄4年(1561年)、甲斐国都留郡青木村(現・山梨県都留市)に、青木昌直の子として生まれた。重直は幼少期から武芸に秀で、15歳で初陣を飾り、武田信玄の軍で活躍した。武田信玄が没した後は、武田勝頼に仕えたが、天正10年(1582年)に武田家が滅亡すると、徳川家康に仕えた。 徳川家康に仕えた重直は、家康の関東入国に従い、武蔵国児玉郡に1万石を与えられた。重直は児玉郡で領地経営に尽力し、領内の開発に努めた。また、重直は家康の側近として、家康の軍に参陣して武功を挙げた。 関ヶ原の戦いでは、重直は家康の東軍に属して戦い、功績を挙げた。戦後、重直は武蔵国児玉郡に2万石を加増され、合計3万石の領主となった。重直は引き続き領地経営に尽力し、領内の開発を進めた。また、重直は家康の側近として、家康の政治を支えた。 元和2年(1616年)、重直は死去した。享年56歳。重直の死後は、重直の長男である青木重定が家督を継いだ。青木重定は、重直の遺志を継ぎ、領地経営に尽力した。また、重定は幕府の要職を歴任し、幕政に参画した。 青木重直は、戦国時代に活躍した勇将であり、徳川家康の側近として、家康の天下統一に貢献した。また、重直は領地経営に尽力し、領内の開発を進めた。重直の功績は、現在でも地元の人々に語り継がれている。
歴史上の人物

覚恕法親王 – 人生と事績

-生い立ちと出家- 1278年、覚恕法親王は亀山天皇の第三皇子として京都に生まれる。母は権中納言・藤原公行の娘である安嘉門院藤原殷富子。幼名は尊良(そんりょう)。 1280年、わずか2歳にして尊良は出家し、仁和寺の最雲法親王を師として得度する。法名は覚恕。 覚恕法親王は幼少期から聡明で、早くから学問に秀でていた。特に和歌や蹴鞠に優れ、蹴鞠では後宇多天皇に請われて御相手を務めるほどだった。 1290年、覚恕法親王は12歳で親王宣下を受け、准三宮に列せられる。同年、仁和寺の門跡に補せられ、同寺44世となる。 1293年、覚恕法親王は15歳で醍醐寺の座主を兼任。両寺の門跡を兼ねることは非常に珍しいことで、覚恕法親王の学識と人望の高さがうかがえる。 1294年、覚恕法親王は16歳で権大僧都に任じられる。翌1295年には権僧正に任じられ、さらに翌1296年には僧正に任じられる。覚恕法親王はわずか18歳で僧正にまで昇進し、その将来を嘱望される存在となった。
歴史上の人物

一色義道 – 戦国-織豊時代の武将

-永禄元年丹後国主となる- 永禄元年(1558年)、一色義道は丹後国主となった。これは、当時丹後国を支配していた波多野氏が滅亡したことにより、一色氏が丹後国を支配することになったためである。一色氏は、鎌倉時代から続く名門であり、丹後国支配の正当な後継者とされた。 一色義道は、丹後国主となった後、丹後国の統治に務めた。彼は、まず、丹後国内の反乱を鎮圧し、国内の秩序を確立した。また、丹後国の経済を活性化させるために、新しい産業を導入したり、道路や港を整備したりした。 一色義道の治世は、丹後国にとって平和で繁栄した時代であった。しかし、永禄10年(1567年)、一色義道は織田信長に攻め込まれて丹後国を追われた。一色義道は、丹後国を追われた後、各地を転々としたが、最終的には越前国で没した。 一色義道の治世は、丹後国にとって平和で繁栄した時代であった。しかし、織田信長の台頭により、一色氏は丹後国から追われることになった。
歴史上の人物

-宮部継潤

-戦功- 宮部継潤は戦国時代の武将で、肥後国八代城主を務めた。彼は勇猛果敢な武将として知られ、数々の戦功を挙げた。 継潤は、天正5年(1577年)に島津氏に攻められ、八代城を一時失った。しかし、翌年には城を奪還し、島津氏を退けた。その後、彼は肥後国を平定し、八代城を拠点に勢力を拡大していった。 継潤は、天正12年(1584年)に豊臣秀吉の九州平定に参陣し、島津氏と戦った。この戦いで、彼は島津氏を破り、肥後国を豊臣氏の支配下に入れた。 継潤は、豊臣氏に仕えて九州の平定に貢献した。彼は、慶長4年(1599年)に死去するまで、八代城主を務めた。 継潤は、戦国時代を代表する武将の一人である。彼は、勇猛果敢な戦いぶりで数々の戦功を挙げ、肥後国を平定した。また、豊臣氏に仕えて九州の平定に貢献した。
歴史上の人物

前野長康 – 戦国時代の武将

-# 前野長康の生涯 前野長康は、戦国時代の武将であり、尾張国前野城主でした。織田信長の家臣として活躍し、信長の死後は豊臣秀吉に仕えました。 長康は、前野高長の子として生まれました。幼少期から武芸に優れ、信長の目に留まりました。1550年、信長の家臣となり、信長の弟・信行の傅役を務めました。 1556年、長康は信長の命を受けて、美濃国稲葉山城を攻撃しました。この戦いで、長康は稲葉山城を攻略することに成功し、信長の美濃平定に貢献しました。 1560年、信長は桶狭間の戦いで今川義元を破り、尾張国の統一を果たしました。この戦いで、長康は信長の軍勢を率いて戦い、勝利に貢献しました。 1568年、信長は足利義昭を奉じて上洛しました。この上洛に際して、長康は信長の先鋒を務め、京都に入りました。 1573年、長康は信長の命を受けて、石山本願寺を攻撃しました。この戦いで、長康は石山本願寺を攻略することに成功し、信長の石山本願寺平定に貢献しました。 1582年、信長は本能寺の変で自害しました。信長の死後、長康は豊臣秀吉に仕えました。1585年、秀吉は九州征伐を行い、長康も九州征伐に参加しました。 1598年、秀吉が死去しました。秀吉の死後、長康は徳川家康に仕えました。1600年、関ヶ原の戦いで、長康は東軍に属して戦い、勝利に貢献しました。 1602年、長康は死去しました。享年64歳でした。
美術分野の人

土佐光元(1530~1569)

土佐光元とは? 土佐光元(1530~1569)は、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した武将で、土佐国の戦国大名です。長宗我部元親の父として知られています。 光元は、土佐国(現在の高知県)の土佐一条氏の家臣である土佐吉良氏の出で、土佐一条氏に仕えていました。1548年、土佐一条氏の内紛に乗じて主君を殺害し、土佐一条氏を滅ぼして土佐国の支配者となりました。 光元は、土佐国を統一した後、長宗我部氏の領土を拡大し、土佐国の有力大名となりました。また、1560年にキリスト教の宣教師であるフランシスコ・ザビエルを土佐に迎え入れて、キリスト教を奨励しました。 光元は、1569年に病死し、家督は嫡男の長宗我部元親が継ぎました。元親は、父の遺志を受け継いで土佐国の統一を完成させ、四国を統一するまでになりました。 土佐光元は、土佐国を統一し、土佐一条氏を滅ぼした武将として知られています。また、キリスト教を奨励したり、元親の養父である三好長逸の命で、元親を土佐一条氏に人質に預けたりするなど、土佐国の戦国時代に大きな影響を与えました。
歴史上の人物

濃姫 – 織田信長の妻

-濃姫 生涯と業績- 濃姫、別名帰蝶は、織田信長の最初の妻であり、1533年に生まれました。彼女は美濃国の大名、斉藤道三の娘でした。濃姫は聡明で意志の強い女性として知られており、信長を支えて彼の野望を果たすのに重要な役割を果たしました。 濃姫は1549年に信長と結婚し、彼らは3人の子供をもうけました。彼女は子供たちの教育に積極的に関わり、彼らを将来の役割に備えさせました。濃姫はまた、信長の軍事作戦を支え、彼の戦術や戦略の相談役を務めました。 また、濃姫は芸術と文化の愛好家でもありました。彼女は和歌や連歌を得意とし、書道にも優れていました。濃姫は多くの芸術家や学者たちを庇護し、彼らの作品を支援しました。 濃姫は1560年に信長が桶狭間の戦いで今川義元を破った後、岐阜城に入城しました。彼女は岐阜城で信長の妻として過ごし、彼の政務を助けました。濃姫はまた、岐阜城を文化の中心地として発展させ、多くの芸術家や学者たちを集めました。 1565年、濃姫は信長の嫡男である織田信忠を産みました。濃姫は信忠を溺愛し、彼に大きな期待をかけました。しかし、1570年に信忠が本圀寺の変で明智光秀に殺害された後、濃姫は悲しみに暮れ、翌年に亡くなりました。 濃姫は、織田信長の妻として、彼の野望を果たすのに重要な役割を果たした聡明で意志の強い女性でした。彼女はまた、芸術と文化の愛好家であり、岐阜城を文化の中心地として発展させました。濃姫は、日本の戦国時代を代表する女性の一人であり、彼女の人生と業績は現在でも多くの人々に語り継がれています。
歴史上の人物

坂部正定-織豊時代を駆け抜けた勇猛な武士

坂部正定の生涯と功績 坂部正定は、戦国時代末期から江戸時代初期にかけて活躍した武将です。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康に仕え、武功を挙げました。 正定は、永禄12年(1569年)に近江国坂部村(現在の滋賀県米原市坂部町)に生まれました。父は坂部当定といい、戦国大名六角氏の家臣でした。正定は、幼い頃から武芸に優れ、15歳で六角氏の家臣となりました。 天正元年(1573年)、六角氏が織田信長に降伏すると、正定は信長の家臣となりました。正定は、信長の信任を得て、数々の戦いで武功を挙げました。天正10年(1582年)、信長が本能寺の変で討たれると、正定は豊臣秀吉に仕えました。秀吉の下で、正定は九州平定、小田原征伐などの戦いで活躍しました。 文禄の役では、正定は加藤清正とともに朝鮮に渡り、蔚山城の戦いで功績を上げました。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いが起こると、正定は東軍に属して戦い、勝利に貢献しました。 関ヶ原の戦い後、正定は徳川家康に仕えました。家康は、正定に信濃国松本藩10万石を与えました。正定は、松本藩主として、領内の開発や治水事業に尽力しました。 元和3年(1617年)、正定は松本藩主を退き、隠居しました。そして、寛永10年(1633年)、65歳で亡くなりました。 正定は、戦国時代末期から江戸時代初期にかけて、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康に仕えた勇猛な武士でした。正定は、数々の戦いで武功を挙げ、松本藩主として領内の開発や治水事業に尽力しました。
歴史上の人物

お亀の方:徳川家康の側室

お亀の方:徳川家康の側室
歴史上の人物

亀井茲矩:織豊・江戸時代前期の大名として活躍

-尼子氏から織田・豊臣へ仕えた亀井茲矩- 亀井茲矩(かめいこれのり)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての大名。尼子氏、織田氏、豊臣氏に仕えた。 尼子氏に仕えていた父・亀井秀綱とともに尼子義久に仕え、尼子氏滅亡後は織田信長に仕えた。信長死後は豊臣秀吉に仕え、九州平定や朝鮮出兵に従軍した。朝鮮出兵では、蔚山倭城の戦いで活躍し、蔚山倭城の守将を務めた。 関ヶ原の戦いで豊臣方に付いたため、戦後は改易され、浪人となった。しかし、徳川家康に召し出され、3000石を与えられ、大名に復帰した。その後、大坂夏の陣で豊臣氏に付いたが、冬の陣の際に徳川氏に寝返った。大坂冬の陣の後に1万石の加増を受け、2万5000石の大名となった。 茲矩は、茶人としても知られており、利休七哲の一人に数えられる。また、和歌や連歌にも通じており、多くの歌を残している。 茲矩は、1617年に死去した。
歴史上の人物

「太田垣輝延」

太田垣輝延の概要 太田垣輝延(おおたがき てるのぶ、1887年7月20日 - 1975年6月13日)は、高岡城第13代当主(戦国時代では第15代)、幕末の若狭小浜藩家老、江戸幕府の旗本。 華頂流の書の名手として知られ、華頂流を後世に伝える功労者の一人。また、和歌にも通じ、梅溪として多くの歌を残す。 太田垣輝延は、天保8年(1837年)、高岡城第12代当主・太田垣輝勝の長男として生まれる。幼名は政次郎。父・輝勝の死去に伴い、嘉永2年(1849年)に高岡城を継ぐ。 安政5年(1858年)、若狭小浜藩家老となる。文久3年(1863年)、京都守護職・会津藩藩主・松平容保の命を受け、京都御所の警備にあたる。元治元年(1864年)、禁門の変で長州藩を撃退する。 慶応3年(1867年)、江戸幕府の旗本となる。戊辰戦争では、奥羽越列藩同盟に加わり、会津藩とともに新政府軍と戦う。明治元年(1868年)、高岡城を新政府軍に明け渡し、降伏する。 明治2年(1869年)、版籍奉還により高岡藩は廃藩となり、華族に列せられる。明治12年(1879年)、貴族院議員となる。明治22年(1889年)、勲三等旭日中綬章を受章。明治25年(1892年)、華頂流の書を後世に伝える功績により、男爵に叙される。 太田垣輝延は、明治38年(1905年)、68歳で死去する。戒名は、華頂院建通居士。墓所は、東京都港区の青山霊園にある。
歴史上の人物

黒田職隆-戦国-織豊時代の武将

-黒田職隆の生涯- 黒田職隆は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将です。通称は勘解由・十兵衛。官位は従五位下、左馬権頭。黒田孝高(如水)の弟です。 黒田職隆は、天文8年(1539年)、播磨国明石郡(現在の兵庫県明石市)に生まれました。兄の孝高とともに、姫路城主である小寺政職に仕えます。 永禄2年(1559年)、政職が病死すると、その跡を継いだ小寺政隆が尼子氏と結んで毛利氏に反旗を翻します。しかし、毛利氏に敗北し、政隆は自害します。 政隆の死後、黒田職隆は毛利氏に降伏します。永禄12年(1569年)、毛利氏の武将として尼子氏の本拠地である月山富田城を攻めますが、尼子氏を滅ぼすことができませんでした。 天正6年(1578年)、織田信長が中国地方に侵攻すると、黒田職隆は毛利氏を離れて信長に仕えます。信長の命令で中国地方の尼子氏の残党狩りを行い、尼子氏を完全に滅亡させます。 天正10年(1582年)、本能寺の変で信長が自害すると、黒田職隆は秀吉に仕えます。天正14年(1586年)、九州征伐に従軍し、功績を挙げます。 天正15年(1587年)、肥後国熊本城を攻略し、その城主となります。文禄元年(1592年)、秀吉が朝鮮出兵を開始すると、黒田職隆は九州の守備を任されます。 文禄2年(1593年)、黒田職隆は朝鮮に渡り、泗川(サチョン)城を攻めますが、明軍に敗北して戦死します。享年55歳でした。 黒田職隆の死後、その嫡男である黒田長政が熊本藩を継ぎ、黒田家は豊臣政権下で大きな勢力を誇るようになります。
歴史上の人物

「高倉永相」

-「高倉永相」- -高倉永相とは?- 高倉永相は、平安時代後期の公卿であり、歌人としても知られています。 1151年生まれ。父は中納言・高倉範定。母は一条能保の娘。 1172年に従五位上に叙され、翌年には左近衛少将に任じられました。 1179年に従四位下となり、1181年には左近衛中将に任じられました。 1185年に従三位となり、1189年には右京大夫に任じられました。 1190年に正三位となり、1192年には左京大夫に任じられました。 1194年に権中納言に任じられ、1196年には正二位に叙されました。 1198年に中納言に任じられ、1199年には権大納言に任じられました。 1200年に大納言に任じられ、1202年には従一位に叙されました。 1204年に右大臣に任じられ、1205年に左大臣に任じられました。 1206年に辞任しましたが、1207年に復職しました。 1208年に辞任しましたが、1209年に復職しました。 1210年に辞任しましたが、1211年に復職しました。 1212年に権内大臣に任じられ、1213年に内大臣に任じられました。 1214年に辞任しましたが、1215年に復職しました。 1216年に辞任して出家しました。 1218年に薨去しました。享年68。 高倉永相は、歌人としても知られており、『永相百首』を詠んでいます。 『永相百首』は、100首の歌からなる百番連歌であり、1184年に詠まれました。 『永相百首』は、当時の人々の生活や風俗を知る上で貴重な資料となっています。
歴史上の人物

「建部寿徳」

-建部寿徳の生涯- 建部寿徳(たけべ じゅとく)は、明治維新における長州藩士、軍人、政治家である。通称は精蔵(せいざ)。 1834年、長州萩で生まれる。1849年、16歳の時に江戸に出て、松崎慊堂(まつざき かんどう)に師事し、江戸で初めて砲術を学ぶ。1853年、ペリー来航に際し、長州藩が江戸湾の警備を命じられ、寿徳は軍船の大砲の操作を担当した。 1858年、日米修好通商条約が調印され、長州藩は条約に反対する急進派を処罰することにした。寿徳は急進派の一人と見なされ、萩に帰国し、幽閉された。しかし、1860年に赦免され、京都の七卿落ちに際しては、七卿を長州藩に護送する任務を帯びた。 1863年、禁門の変が起こると、寿徳は長州藩軍の主力として参加し、奮戦した。しかし、長州藩軍は敗北し、寿徳は萩に逃亡した。 1864年、長州藩は高杉晋作を総大将とする奇兵隊を結成し、寿徳は奇兵隊の参謀として参加した。奇兵隊は幕府軍と戦い、勝利した。寿徳は幕府軍を破った功績により、長州藩の重臣に抜擢された。 1866年、長州藩は薩摩藩と同盟を結んで倒幕運動を展開した。寿徳は薩長同盟の立役者の一人であり、長州藩軍の総司令官として、幕府軍と戦った。1868年、戊辰戦争が起こると、寿徳は長州藩軍の総督として参謀を務め、幕府軍を破った。 戊辰戦争後、寿徳は長州藩の参議に任命され、明治政府の樹立に貢献した。しかし、1871年、寿徳は反政府活動に関与したとして逮捕され、投獄された。1874年に釈放されたが、1883年に死去した。
歴史上の人物

芝山監物 – 茶道に生きた織豊時代の武将

織田信長と豊臣秀吉に仕えた武将 芝山監物は、織豊時代の武将で、茶道に生きた人物として知られています。信長、秀吉の両者に仕え、天下統一に貢献しました。茶道においても、茶道具を集め、茶会を催すなど、文化の発展に寄与しました。 芝山監物は、永禄3年(1560年)に尾張国で生まれました。織田信長の家臣となり、本能寺の変では信長を支えて戦いました。その後、豊臣秀吉に仕え、九州征伐や小田原征伐などに参加しました。 秀吉の死後、芝山監物は徳川家康に仕えました。関ヶ原の戦いでは、家康に味方して戦いました。戦後、芝山監物は武蔵国川越藩の初代藩主となり、1万石の領地を与えられました。 芝山監物は、茶道にも精通していました。茶道具を集め、茶会を催すなど、文化の発展に寄与しました。また、茶道に関する書物を執筆しており、その中には「芝山監物茶話」などがあります。 芝山監物は、元和9年(1623年)に64歳で亡くなりました。芝山監物は、織豊時代の武将として、天下統一に貢献した人物であり、茶道においても、文化の発展に寄与した人物として知られています。
歴史上の人物

お能局 – 波瀾に生きた織田信長の侍女

お能局 - 波瀾に生きた織田信長の侍女 乱世の悲劇のヒロイン - お能局の生涯 お能局は、戦国時代に活躍した女性です。織田信長の侍女として仕え、その生涯は波瀾に満ちていました。 お能局の父親清右衛門は、岐阜城主織田信長の家臣でした。母親も織田家の家臣でした。お能局は、美貌と賢さで知られており、信長に寵愛されました。 信長は、お能局を側室として迎え入れました。お能局は、信長の子供を産み育てました。しかし、信長が本能寺の変で明智光秀に謀殺されると、お能局は信長の子供たちと一緒に城から脱出しました。 お能局は、子供たちを連れて各地を流浪しましたが、やがて子供たちは次々と亡くなりました。お能局は、子供たちの死を悲しみ、出家しました。 出家後のお能局は、仏教に帰依し、苦行に励みました。そして、生涯を貧困の中で過ごしました。お能局は、乱世を生き抜いた悲劇のヒロインとして、人々に語り継がれています。 お能局を題材にした作品としては、小説「お能局」や、ドラマ「おんな太閤記」などがあります。 お能局は、戦国時代の女性として、その生涯は波瀾に満ちていました。 お能局は、織田信長の寵愛を受けていた侍女であり、その生涯は波瀾に満ちていました。以下は、お能局の生涯をまとめたものです。 1. 美濃国(岐阜県)で生まれる。 2. 織田信長の侍女として仕える。 3. 信長に寵愛され、側室となる。 4. 信長の子供を産み育てる。 5. 本能寺の変で信長が討たれ、子供たちと一緒に城から脱出。 6. 子供たちは次々と亡くなる。 7. 出家し、仏教に帰依する。 8. 貧困の中で生涯を終える。 お能局は、乱世を生き抜いた悲劇のヒロインとして、人々の記憶に残っています。