美作

歴史上の人物

– 芳村種吉 (1859-1912)

芳村種吉の生涯 芳村種吉は、1859年に京都に生まれました。彼は、日本の陸軍軍人であり、日露戦争で活躍しました。1912年に、日露戦争での功績により、男爵に叙爵されました。 芳村種吉は、1879年に陸軍幼年学校に入学し、1884年に卒業しました。1887年に、陸軍士官学校に入学し、1890年に卒業しました。1894年に、日清戦争に従軍し、功績を上げました。 1904年に、日露戦争が勃発すると、芳村種吉は、陸軍第3師団の歩兵第12連隊の連隊長として、遼陽会戦や奉天会戦に参加しました。奉天会戦において、芳村種吉は、敵の堡塁を攻撃して、これを占領するなどの功績を上げました。 日露戦争後、芳村種吉は、陸軍省参謀本部に出仕しました。1907年に、陸軍少将に昇進し、1910年に、陸軍中将に昇進しました。1912年に、日露戦争での功績により、男爵に叙爵されました。 芳村種吉は、1912年に、脳溢血で死去しました。享年53でした。
歴史上の人物

小野お通

- 小野お通の謎に包まれた生涯 小野お通は、16世紀後半に活躍した女性芸能者であり、戦国時代の風雲児・織田信長や豊臣秀吉とも関わりがあったと伝えられています。 しかし、その生涯は謎に包まれており、いつどこで生まれたのか、どのようにして芸能の世界に入ったのか、また、いつ亡くなったのかなど、詳しいことはほとんどわかっていません。 「小野お通」という名前も、本名ではなく芸名であり、その本名は「小野朝房」であったとも、または「小野尾通」であったともされています。 お通が芸能の世界に入ったきっかけは、彼女の美貌と舞の才能にあったと言われています。 お通の舞は、当時の人々を魅了し、たちまち彼女は人気芸能者となりました。 お通は、織田信長や豊臣秀吉など、戦国時代の有力者たちにも愛され、寵愛を受けました。 しかし、その一方で、お通は謎めいた存在であり、その私生活についてはほとんど何もわかっていません。 彼女は、多くの男性と関係を持ったと伝えられていますが、結婚したことはなく、子どももいませんでした。 また、お通は非常に信心深い性格であり、熱心に念仏を唱えていたと言われています。 お通の死因については、諸説あります。 ある説では、彼女は病死したとされており、また、別の説では、彼女は自害したとされています。 お通の墓は、京都府京都市上京区にある本法寺にあります。 お通の生涯は、謎に包まれており、その死後もなお、人々の興味を引き続けています。 お通は、戦国時代の女性芸能者として、また、織田信長や豊臣秀吉など、戦国時代の有力者たちと関わりを持った人物として、歴史にその名を残しています。
学術分野の人

「宇田川玄真」-江戶時代後期の医師、博物学者

-宇田川玄真の生い立ちと生涯- 宇田川玄真は、1757年(宝暦7年)に、上野国群馬郡板鼻宿(現在の群馬県渋川市)で生まれた。家は代々医業を営んでおり、玄真も幼い頃から医術を学んだ。 12歳の時に、江戸に出て、儒学者・安積艮斎の塾に入門した。艮斎は、玄真の才能を見抜き、大いに可愛がった。玄真は、艮斎のもとで、儒学だけでなく、医学、本草学、博物学など、幅広い学問を学んだ。 18歳の時に、艮斎の塾を出て、大阪の医学校・懐徳堂に入学した。懐徳堂は、当時の日本を代表する医学校であり、玄真はここで、最新の医学を学んだ。 23歳の時に、懐徳堂を卒業して、江戸に戻った。玄真は、江戸で開業医となり、また、私塾を開いて医術を教えた。玄真の塾には、多くの弟子が集まり、その中には、後に著名な医師となった者も少なくなかった。 玄真は、医学だけでなく、本草学、博物学にも精通しており、多くの著作を残した。その中でも、最も有名なのが『本草綱目啓蒙』である。『本草綱目啓蒙』は、中国の『本草綱目』を訳したものであり、当時としては、日本における最も包括的な薬物学書であった。 玄真は、1835年(天保6年)に、78歳で亡くなった。玄真は、日本の医学の発展に大きく貢献した偉人であり、その業績は、今日でも高く評価されている。
歴史上の人物

– 赤松貞範

- 赤松貞範とは? 赤松貞範は、平安時代中期の武将・歌人です。播磨国の豪族、赤松氏の祖とされ、赤松円心の父、赤松則村の曽祖父にあたります。 貞範は宇多天皇の子孫であり、内蔵頭藤原公通の娘を妻としています。 貞範は、940年に平将門の乱を鎮圧したときに、功績を評価されて左衛門尉に任命されました。 947年には、平将門の残党が再び反乱を起こしたときに、追討使として派遣され、乱を鎮圧しました。 949年には、藤原純友の乱を鎮圧したときに、功績を評価されて、播磨介に任命されました。 貞範は、播磨介として、播磨国の武士を統治し、播磨国の治安維持に努めました。 955年には、摂津国で起きた平将門の残党の乱を鎮圧したときに、功績を評価されて、筑前守に任命されました。 貞範は、筑前守として、筑前国の武士を統治し、筑前国の治安維持に努めました。 961年に貞範は、参議に任命されましたが、参議就任後まもなく51歳で亡くなりました。 貞範は、歌人としても知られており、彼の歌は『古今和歌集』に収められています。 貞範の歌は、自然や風物、恋愛などを題材としており、繊細で優美な作風で知られています。 貞範は、播磨国の武士の祖として、また、歌人として、平安時代中期に活躍した人物です。
歴史上の人物

行空について

-行空の生涯- 行空(665-728)は、中国唐代の僧侶であり、仏教の華厳宗の祖師とされる人物である。俗姓は李氏。山西省河東郡(現在の山西省運城市)の人である。 行空は、15歳の時に出家し、各地を巡錫して仏教を学んだ。その後、長安に滞在して、華厳宗の開祖である杜順に師事した。杜順の死後、行空は華厳宗の第二祖となり、華厳宗の教えを広く伝えた。 行空は、華厳宗の根本経典である「華厳経」を深く学び、その注釈書である「華厳経疏」を著した。また、華厳宗の思想をまとめた「華厳五教章」も著した。これらの著作は、華厳宗の教義を確立する上で重要な役割を果たした。 行空は、また、華厳宗の修行法である「六相観」を提唱した。「六相観」とは、色・声・香・味・触・法の六つの相を 観じて、その実体が空であることを理解する修行法である。「六相観」は、華厳宗の修行者の間で広く行われた。 行空は、728年に64歳で入滅した。行空の死後、華厳宗は、法蔵、澄観、宗密らによってさらに発展し、中国仏教の重要な宗派となった。 行空は、華厳宗の祖師として、中国仏教史に大きな足跡を残した人物である。行空の著作は、華厳宗の教義を確立する上で重要な役割を果たし、華厳宗の修行法である「六相観」は、華厳宗の修行者の間で広く行われた。行空は、中国仏教史において、重要な人物である。
政治分野の人

加藤平四郎 – 自由党結成の立役者から県知事、市長への転身を果たした政界の重鎮

自由党結成に参加し、政界の第一線へ 加藤平四郎は、1847年に信濃国埴科郡松代(現在の長野県長野市)に生まれました。1868年に、戊辰戦争で新政府軍に属し、東京で政治家として活躍しました。1881年には、自由党を結成し、政界の第一線に立ちました。自由党は、民権運動を推進する政党で、加藤は党の中心人物として活躍しました。 加藤は、1884年に、自由党の初代総裁に就任しましたが、1889年に、自由党は分裂し、加藤は自由党を離党しました。その後、加藤は、立憲政友会を結成し、党の中心人物として活躍しました。加藤は、1898年に、第1次伊藤内閣の逓信大臣に任命されましたが、1900年に、政府を批判して辞任しました。 1901年に、加藤は、長野県知事に任命されました。加藤は、長野県知事として、長野県の近代化に貢献しました。1906年に、加藤は、長野市長に任命されました。加藤は、長野市長として、長野市の近代化に貢献しました。1913年に、加藤は、長野市長を辞任し、政界を引退しました。加藤は、1924年に、東京で亡くなりました。 加藤は、自由党の結成に参加し、政界の第一線で活躍した政界の重鎮でした。加藤は、長野県知事や長野市長としても活躍し、長野県の近代化に貢献しました。
歴史上の人物

赤松寸雲→ 江戸後期から明治時代の儒者

-赤松寸雲の生涯- 赤松寸雲(あかまつ すんうん、文化元年(1804年)- 明治45年(1912年))は、江戸後期から明治時代の儒学者です。名は顕道(けんだ)、字は寸雲、通称は省吾(せいご)。 赤松寸雲は、文化元年(1804年)に備中国浅口郡連島村(現在の岡山県倉敷市連島町)に生まれました。父は儒者の赤松成徳、母は庄屋の長女、みなという。 幼い頃から聡明で、6歳で詩を詠み、8歳で『論語』を読み、10歳で『孟子』を読みこなしたと言われています。14歳の時、江戸に出て、昌平黌に入学。 昌平黌では、儒学を学び、朱子学を修めました。また、西洋の学問にも興味を持ち、蘭学を学びました。 昌平黌を卒業後、各地を遊歴し、儒学を講じました。嘉永5年(1852年)、江戸に出て、塾を開きました。 安政年間には、ペリー来航に際して、攘夷を主張しました。文久3年(1863年)、尊王攘夷運動に参加し、長州藩の参謀として活躍しました。 しかし、元治元年(1864年)の長州征伐で長州藩が敗北すると、寸雲は薩摩藩に逃れました。薩摩藩では、西郷隆盛や大久保利通らと親交を結び、藩政改革に協力しました。 明治維新後、寸雲は明治政府に出仕し、文部省の官僚として活躍しました。明治5年(1872年)、文部卿に任命されました。 文部卿在任中は、学制を制定し、近代的な教育制度を確立しました。また、東京大学の前身である東京開成学校を設立しました。 明治15年(1882年)、文部卿を辞任し、郷里の岡山県に隠居しました。明治45年(1912年)に81歳で死去しました。 寸雲は、儒学を基盤とし、西洋の学問も学び、近代日本の教育制度を確立した人物です。また、尊王攘夷運動や明治維新にも参加し、日本の近代化に貢献しました。
歴史上の人物

松平信行 – 幕末の美作津山藩主

松平信行の生涯 松平信行は、江戸時代末期の美作津山藩主です。安政2年(1855年)、美作津山藩主・松平信敏の次男として江戸で生まれました。幼名は壮之助。嘉永元年(1848年)に父が死去した後、兄・信安が藩主を継ぎました。 安政6年(1859年)、兄の死去により15歳で家督を継ぎ、藩主となりました。文久2年(1862年)、幕府の命令により上洛を果たしました。元治元年(1864年)には、京都守護職に任じられました。 慶応2年(1866年)、 第2次長州征伐に出陣し、長州藩と戦いました。翌慶応3年(1867年)、大政奉還後に江戸に帰還しました。 明治2年(1869年)、版籍奉還により津山藩知事となりました。明治4年(1871年)、廃藩置県により津山藩は廃止され、津山県となりました。信行は津山県知事に任命されました。 明治5年(1872年)、津山県が岡山県に編入され、信行は岡山県参事を務めました。明治11年(1878年)、東京府知事に任命されました。明治12年(1879年)、死去しました。享年25。法名は忠敬院殿謙誉義徳玄浄大居士。 信行は、幕末の動乱期に美作津山藩を治めた藩主です。京都守護職を務めるなど、幕府の中枢で活躍しました。廃藩置県後には、岡山県参事や東京府知事を務めるなど、明治政府で活躍しました。
歴史上の人物

「蓮尊」

-「蓮尊」- -法華経を読誦した美作出身の僧- 蓮尊は、平安時代後期の僧侶です。美作国(現在の岡山県)出身で、法華経を深く信仰し、読誦(お経を声に出して唱えること)を修行としました。 蓮尊は、幼い頃から仏教に帰依し、出家して仏門に入りました。そして、比叡山延暦寺で修行を積み、法華経の教えを学びました。蓮尊は、法華経の教えを深く理解し、それを人々に説いて教化しました。 蓮尊は、法華経読誦の功徳を説いて、人々に法華経を読誦することを勧めました。また、蓮尊は、法華経の教えを基にした多くの著作を残し、法華経の普及に努めました。 蓮尊の法華経読誦の功徳説は、多くの人々に受け入れられ、法華経読誦は、平安時代後期から鎌倉時代にかけて、広く行われるようになりました。蓮尊は、法華経の普及に大きな功績を残した僧侣として知られています。 -蓮尊の生涯- 蓮尊は、1040年に美作国に生まれました。幼い頃から仏教に帰依し、出家して仏門に入りました。そして、比叡山延暦寺で修行を積み、法華経の教えを学びました。 蓮尊は、1070年に比叡山延暦寺を下山し、各地を巡歴して法華経の教えを説きました。そして、1111年に美作国に戻り、妙法寺を建立しました。 蓮尊は、1118年に妙法寺で入滅しました。享年79歳でした。 -蓮尊の著作- 蓮尊は、多くの著作を残しています。その主な著作は以下の通りです。 * 『法華経読誦功徳説』 * 『法華経略解』 * 『法華経提要』 * 『法華経疏』 蓮尊の著作は、法華経の教えをわかりやすく解説したもので、多くの人々に読まれました。蓮尊の著作は、法華経の普及に大きな役割を果たしました。
歴史上の人物

大林実蔵 – 美作宮部下村の陶工

大林実蔵の生涯 大林実蔵は、1880年(明治13年)に岡山県美作宮部下村(現在の美作市)に生まれました。幼い頃から絵を描くことが好きで、12歳の時に地元の絵師である大谷次右衛門に師事します。16歳で上京し、日本美術院の創立者である岡倉天心に師事します。天心は、実蔵の才能を見抜き、彼を日本美術院の研究生として迎え入れます。 実蔵は、日本美術院で西洋絵画の技法を学び、油彩画や水彩画などの絵画を制作します。また、陶芸にも興味を持ち、京都の陶芸家である板谷波山に師事します。 1907年(明治40年)に実蔵は、日本美術院を退会し、美作宮部下村に戻ります。翌年には、自宅に窯を築き、陶芸の制作を始めます。実蔵の陶芸作品は、独特の文様と鮮やかな色彩で知られています。また、実蔵は、日本各地の民芸品を集め、その研究にも力を注ぎました。 1945年(昭和20年)、実蔵は、65歳で亡くなりました。しかし、彼の陶芸作品は、現在でも多くの美術館に収蔵され、広く親しまれています。 実蔵の生涯は、美と伝統を愛し、郷土を愛した一人の芸術家の生涯でした。彼の残した作品は、今もなお多くの人々に感動を与え続けています。
歴史上の人物

馬来南城 – 名儒の生涯と功績

馬来南城 - 名儒の生涯と功績 その生涯生まれから藩主に召し返されるまで 馬来南城は、1618年(元和4年)に薩摩国鹿児島郡郡元村(現鹿児島県日置市郡元)に生まれた。幼名は栄次郎。同時期に生まれた人物には俳人として知られる松尾芭蕉がおり、南城は芭蕉の従兄弟にあたる。 幼い頃から学問を好み、12歳の頃には京都に上洛し、儒学者である山崎闇斎に師事した。闇斎の薫陶を受け、朱子学を深く究めた南城は、20歳で薩摩藩の藩校である「造士館」の教授に任命された。 造士館で教鞭を執る傍ら、南城は藩主である島津光久の知遇を得て、光久の側近として仕えるようになった。光久は南城を大いに信頼し、様々な政策の立案や実行を任せた。 南城は、光久の治世を支えるべく、精力的に活動した。藩政改革を行い、薩摩藩の財政を立て直し、また、殖産興業にも力を注いだ。また、儒学の普及にも努め、造士館に「四書五経」の刻本を寄贈した。 光久の隠居後も、南城は藩主である島津綱貴に仕え、引き続き藩政に参与した。しかし、綱貴の側近である新納時久と対立した南城は、1671年(寛文11年)に藩主の職を解かれ、薩摩を追放された。 追放後、南城は京都に隠棲し、学問に専念した。1688年(元禄元年)に死去するまで、執筆活動や講義などを行い、儒学の発展に貢献した。南城の死後、その功績を称えて、鹿児島市に「馬来南城顕彰碑」が建立された。
歴史上の人物

綱庵性宗-南北朝・室町時代の名僧

-綱庵性宗の生涯- 綱庵性宗は、南北朝・室町時代の名僧です。1301年(嘉元3年)、越前国に生まれ、幼い頃から仏教に親しみました。18歳の時に出家し、各地の禅宗寺院で修行を積みました。 25歳の時、京都の建仁寺で夢窓疎石に師事し、禅の奥義を学びました。その後、諸国を遊行し、多くの人々に仏教を説きました。 1350年(観応元年)、足利尊氏によって鎌倉の建長寺に招かれ、住職となりました。建長寺は、曹洞宗の総本山である永平寺と並ぶ、禅宗の大本山です。 綱庵性宗は、建長寺に住職として在任中に、多くの弟子を育て、禅宗の振興に努めました。また、足利尊氏や足利義満など、室町幕府の歴代将軍たちとも親交があり、幕府の政治に影響を与えました。 1370年(応安3年)、綱庵性宗は建長寺の住職を辞任し、京都の東福寺に移りました。東福寺は、臨済宗の五山の一つであり、禅宗の名刹です。 綱庵性宗は、東福寺に住職として在任中に、多くの弟子を育て、禅宗の振興に努めました。また、建長寺の時と同様に、室町幕府の歴代将軍たちとも親交があり、幕府の政治に影響を与えました。 1388年(嘉慶2年)、綱庵性宗は東福寺の住職を辞任し、京都の安国寺に移りました。安国寺は、曹洞宗の寺院で、綱庵性宗が晩年を過ごした場所です。 1390年(明徳元年)、綱庵性宗は安国寺で入寂しました。享年90歳でした。綱庵性宗は、禅宗の大徳として、多くの人々に尊敬されました。
歴史上の人物

松平慶倫 – 幕末から明治時代の忘れられた大名

松平慶倫の生い立ちと家系 松平慶倫は、1837年(天保8年)12月26日に、現在の愛知県安城市の岡崎城で生まれた。松平氏は大和国発祥の清和源氏の家系で、鎌倉時代には鎌倉幕府の御家人として活躍していた。戦国時代には、三河国に拠点を移し、徳川家康の代に天下統一を果たした。松平慶倫は、徳川家康の直系である尾張藩主・徳川慶勝の八男として生まれた。幼名は兼三郎と言った。 松平慶倫の父である徳川慶勝は、尾張藩主として藩政改革を行い、藩の財政を立て直した人物として知られている。また、幕末には尊王攘夷派として活動し、倒幕運動に協力した。松平慶倫は、そんな父のもとで育ち、尊王攘夷の思想に影響を受けた。 幕末の動乱期、松平慶倫は1861年(文久元年)に尾張藩主を継いだ。しかし、翌1862年(文久2年)に起こった薩英戦争では、英国と戦う薩摩藩に対して尾張藩兵を派遣することを拒否した。このため、朝廷や幕府から不興を被り、尾張藩主を辞任させられた。 その後、松平慶倫は浪人となり、各地を転々とした。1868年(慶応4年)に勃発した戊辰戦争では、新政府軍に加わり、東北地方を転戦した。戊辰戦争後、松平慶倫は新政府から静岡藩知事に任命された。しかし、1871年(明治4年)に静岡藩を廃藩置県にし、東京に移住した。 松平慶倫は、1892年(明治25年)に55歳で死去した。松平慶倫は、幕末の動乱期に活躍した大名の一人であり、尊王攘夷の思想に影響を受け、倒幕運動に協力した。また、戊辰戦争では新政府軍に加わり、東北地方を転戦した。松平慶倫は、幕末から明治時代にかけて、日本の歴史に大きな足跡を残した人物である。
歴史上の人物

赤松義祐(2) – 戦国から織豊時代の武将

-赤松晴政の子として誕生- 赤松義祐は、1486年に淡路国守護・赤松晴政の子として生まれました。晴政は、応仁の乱で東軍の総大将として活躍し、赤松氏を畿内屈指の戦国大名に押し上げました。 義祐は、晴政の嫡男として生まれ、幼い頃から英才教育を受けました。1506年に晴政が死去すると、11歳の義祐が家督を継ぎ、淡路国守護となりました。 義祐は、家督を継ぐとすぐに、東国の戦国大名との同盟を強化し、勢力を拡大していきました。また、領国内の統治にも力を入れ、1508年には淡路国で最初の検地を実施しました。 しかし、義祐は在位中、常に家臣の謀反に悩まされていました。1511年に家臣の細川澄元が謀反を起こし、義祐は淡路国を追放されました。 義祐は、追放後、近江国に逃れ、六角定頼を頼りました。定頼の支援を受けた義祐は、1514年に淡路国に帰国し、家督を回復しました。 しかし、義祐の苦難はこれで終わりませんでした。1520年に細川澄元が再び謀反を起こし、義祐は再び淡路国を追放されました。 義祐は、淡路国を追放された後、播磨国に逃れ、浦上村宗を頼りました。村宗の支援を受けた義祐は、1523年に淡路国に帰国し、家督を回復しました。 義祐は、家督を回復した後、勢力を拡大し、赤松氏を畿内屈指の戦国大名に押し上げました。しかし、1532年に家臣の浦上則宗が謀反を起こし、義祐は再び淡路国を追放されました。 義祐は、淡路国を追放された後、備中国に逃れ、毛利元就を頼りました。元就の支援を受けた義祐は、1535年に淡路国に帰国し、家督を回復しました。 義祐は、家督を回復した後、勢力を拡大し、赤松氏を畿内屈指の戦国大名に押し上げました。1549年に死去するまで、淡路国を治めました。
歴史上の人物

鷹取種佐:鎌倉時代の武将

伯耆船上山での後醍醐天皇との出会い 鎌倉時代末期、伯耆船上山(ほうきせんじょうざん)に、鷹取種佐(たかとりたねさ)という武将がいました。種佐は、源氏の名門である佐々木氏の一族で、弓の名手として知られていました。 ある日、種佐は船上山で狩りをしていたところ、一人の僧侶に出会いました。僧侶は、後醍醐天皇(ごだいごてんのう)でした。後醍醐天皇は、鎌倉幕府の専横に不満を抱き、幕府を倒して朝廷の権威を回復することを目指していました。 後醍醐天皇は、種佐の武勇を聞きつけて、彼に協力を求めました。種佐は、後醍醐天皇の志に共感し、天皇の挙兵に協力することを決意しました。 種佐は、自分の領地である伯耆国(ほうきこく)で兵を集め、後醍醐天皇の軍に加わりました。後醍醐天皇の軍は、鎌倉幕府の軍と戦い、最終的には鎌倉幕府を倒しました。 鎌倉幕府が倒れた後、後醍醐天皇は建武の新政を行い、朝廷の権威を回復しました。種佐は、建武の新政で功績を上げ、伯耆守護に任命されました。 しかし、建武の新政は長くは続きませんでした。鎌倉幕府の残党である足利尊氏(あしかがたかうじ)が反乱を起こし、後醍醐天皇は京都を追われました。種佐は、後醍醐天皇を護衛して、吉野に逃れました。 種佐は、吉野で後醍醐天皇を支え続け、足利尊氏と戦いました。しかし、足利尊氏の勢力は強く、種佐はついに敗れて討死しました。 種佐は、後醍醐天皇に忠義を尽くした武将でした。彼の武勇は、後醍醐天皇の建武の新政を支え、朝廷の権威を回復するのに貢献しました。
歴史上の人物

– 島浪間:幕末の武士

- 出生と藩士としての人生 島浪間は、備中国浅口郡(現在の岡山県浅口市)に生まれた。生家は、浅口郡大島村にあった小規模な農家であった。島浪間は、1848年に備中国浅口郡万富村(現在の岡山県浅口市)の大庄屋・島浪半左衛門の養子となった。 島浪間は、養子となった後、藩主・浅野氏に仕え、藩士としての人生を歩んだ。島浪間は、藩校・興譲館で学び、藩の役人として働いた。また、島浪間は、藩主の側近として、藩政に参画した。 島浪間は、藩士として、幕末の動乱の中を生き抜いた。島浪間は、1866年に藩主・浅野氏に従って上洛し、幕府の倒幕運動に協力した。1868年には、島浪間は、戊辰戦争で新政府軍に味方して戦い、幕府軍を破った。 戊辰戦争後、島浪間は、藩の廃藩置県により、失職した。島浪間は、その後、郷里に隠棲し、1900年に死去した。
歴史上の人物

山名教清-室町時代の武将

-山名教清とは- 山名教清は、室町時代前期の武将です。山名氏の一族で、山名氏清の嫡男として生まれました。応永10年(1403年)に父が病死すると、家督を継いで山名氏の当主となりました。 教清は、応永20年(1413年)に将軍足利義持に従って上洛し、室町幕府の奉公衆となりました。その後、数々の戦功を挙げて重用され、応永28年(1421年)には丹波守護に任じられました。 教清は、丹波守護として丹波国を治め、応永32年(1425年)に勃発した嘉吉の乱では、幕府方の軍勢を率いて、反乱を起こした赤松満祐を討伐しました。嘉吉の乱後は、丹波守護として引き続き丹波国を治め、応永35年(1428年)に死去しました。 教清は、山名氏を室町幕府の有力守護大名に成長させ、丹波国を治めた名君として知られています。
学術分野の人

人物辞典-「永田桐隠」

永田桐隠の生涯 永田桐隠は、1872年(明治5年)9月15日、東京に生まれました。本名は永田豊吉です。父は、幕末に尊王攘夷運動に参加した永田観山です。 桐隠は、1894年(明治27年)に早稲田大学英文科を卒業後、新聞記者となりました。その後、1900年(明治33年)に渡米し、コロンビア大学で文学を学びました。 1903年(明治36年)に帰国後、東京朝日新聞の記者として活躍しました。また、1904年(明治37年)には、詩誌「明星」を創刊し、近代詩壇に大きな影響を与えました。 1911年(明治44年)には、東京帝国大学の講師となり、1913年(大正2年)には、同大学の教授に就任しました。その後、1930年(昭和5年)には、東京帝国大学の総長に就任しました。 桐隠は、1938年(昭和13年)に東京帝国大学を退官し、その後は、文筆活動に専念しました。1945年(昭和20年)には、文化勲章を受章しました。 桐隠は、1948年(昭和23年)10月29日に東京で亡くなりました。享年76歳でした。 桐隠の妻は、歌人の永田花草です。桐隠と花草の間には、小説家の永田竹蔵がいます。 桐隠は、近代日本の詩壇と文壇に大きな足跡を残した人物です。近代詩の父と呼ばれ、その作品は多くの読者に愛されています。
音楽分野の人

勝浦正山- 尺八奏者

-勝浦正山の生涯- 勝浦正山は1915年10月4日に東京都で生まれました。幼い頃から音楽に親しみ、16歳のときに尺八を始めました。その後、邦楽界の巨匠である宮城道雄に師事し、尺八の演奏技術を磨きました。 1937年に東京音楽学校を卒業後、宮内省楽部技師に任命され、宮中での演奏を務めました。また、同年に始まったNHKラジオの放送番組「邦楽の夕べ」にも出演し、全国の聴衆に尺八の音色を披露しました。 1941年に召集され、太平洋戦争に陸軍兵として従軍しました。戦後は、尺八の演奏活動を再開し、1950年には「尺八正風会」を結成しました。尺八正風会は、尺八の演奏技術の向上と普及を目的とした団体で、今日では多くの尺八奏者を輩出しています。 1954年には、文化庁の在外派遣研修生としてアメリカ合衆国に留学しました。アメリカでは、ニューヨークのカーネギーホールやサンフランシスコのウォルト・ディズニー・コンサートホールなどで尺八の演奏会を開催し、海外の聴衆にも尺八の音色を披露しました。 1959年に帰国後は、尺八の演奏活動に加えて、後進の指導にも力を入れました。1963年に勝浦正山尺八道場を開設し、多くの弟子を育てました。また、1966年には、日本尺八協会の会長に就任しました。 1975年に、勲四等旭日小綬章を受章しました。1981年には、日本芸術院会員に選出されました。1987年には、人間国宝に指定されました。 勝浦正山は、尺八の名手として知られ、その演奏は多くの音楽ファンを魅了しました。また、後進の指導にも力を入れ、多くの弟子を育てました。1995年11月28日に80歳で亡くなりましたが、その功績は今日でも語り継がれています。
歴史上の人物

人名辞典-「浦上村宗」

-浦上村宗の生涯- 浦上村宗は、戦国時代の武将で、播磨国(現在の兵庫県)の守護大名であった。1486年に生まれ、1560年に死去した。浦上氏は、播磨国を治めた名門であり、村宗は第13代当主であった。 村宗は、1511年に家督を相続した。当時、播磨国は、赤松氏、三木氏、別所氏などの有力豪族が割拠しており、村宗は、これらの豪族と争いながら勢力を拡大していった。1529年には、赤松氏を破って播磨国の統一に成功し、守護大名となった。 村宗は、播磨国の安定に努め、領内の開発や産業の振興に尽力した。また、文化人としても知られ、連歌や茶の湯をたしなんだ。村宗の治世は、播磨国にとって平和で繁栄した時代であった。 しかし、1555年に、毛利元就が播磨国に侵攻してきた。村宗は、毛利軍と激戦を繰り広げたが、1560年に敗北し、自害した。村宗の死後、浦上氏は衰退し、播磨国は毛利氏の支配下に入った。 村宗は、播磨国の統一に成功した名将であり、文化人としても知られた。彼の治世は、播磨国にとって平和で繁栄した時代であった。しかし、毛利元就の侵攻により、彼の治世は終わりを告げた。 -村宗の人物像- 村宗は、勇猛果敢な武将であり、また、文化人としても知られていた。彼は、和歌や連歌をたしなみ、茶の湯にも精通していた。村宗は、播磨国を統一した名将として知られているが、その一方で、領内の開発や産業の振興にも尽力した。 村宗は、播磨国を愛する心を持った武将であった。彼は、領内の開発や産業の振興に努め、領民の生活の向上に尽力した。また、村宗は、文化人としても知られ、和歌や連歌をたしなみ、茶の湯にも精通していた。村宗は、播磨国の発展に貢献した名君であった。
歴史上の人物

仙林性菊(?-1516)- 室町・戦国時代の僧-曹洞宗。

-仙林性菊の生涯- 仙林性菊は、室町・戦国時代の僧であり、曹洞宗の禅僧である。信濃国(現在の長野県)出身で、文明年間(1469年-1487年)に生まれたと伝えられている。 幼少期から仏教に帰依し、15歳で出家して曹洞宗の僧侶となった。その後、京都の建仁寺で修行し、後に甲斐国(現在の山梨県)の恵林寺に入寺した。 恵林寺では、住持を務め、曹洞宗の教えを広めた。また、恵林寺を再建し、甲斐国における曹洞宗の中心寺院とした。 明応9年(1500年)、夢窓疎石の臨済宗の名刹である寺院・天竜寺に三世を継ぐ住持として招かれた。天竜寺中興の祖とされ、室町幕府や朝廷との関係も良好で、大永6年(1526年)には勅使が派遣され、正一位の僧階を授けられた。大永7年11月11日(1527年12月4日)に80歳で没した。 仙林性菊は、曹洞宗の教えを広めただけでなく、甲斐国における文化の発展にも寄与した。恵林寺には、仙林性菊が収集した書物や絵画などの貴重な文化遺産が残されている。 仙林性菊は、室町・戦国時代の曹洞宗において重要な人物であり、その生涯は、曹洞宗の歴史を語る上で欠かせない。
学術分野の人

山田弘倫 – 明治ー昭和時代の軍人と医師

-経歴と功績- 山田弘倫は、1862年(文久2年)に長崎県に生まれました。1882年(明治15年)に東京府医学校を卒業し、1883年(明治16年)に陸軍に入隊しました。日清戦争、日露戦争に出征し、功績を上げました。1904年(明治37年)に陸軍軍医総監に就任し、1907年(明治40年)には男爵に叙せられました。1912年(大正元年)には陸軍省医務局長に就任し、1914年(大正3年)には軍医監に昇進しました。1918年(大正7年)には陸軍次官に就任し、1920年(大正9年)には陸軍大臣に就任しました。1922年(大正11年)には陸軍大将に昇進し、1923年(大正12年)には予備役に編入されました。 山田弘倫の功績は、日清戦争、日露戦争での活躍だけでなく、陸軍の衛生行政の改善にもありました。山田弘倫は、陸軍の衛生行政の近代化を推進し、陸軍の衛生状態の向上に貢献しました。山田弘倫は、1938年(昭和13年)に死去しました。
学術分野の人

能勢道仙について – 幕末-明治時代の医師

-能勢道仙の生涯 - 幕末・明治の医師- -1. 幼少期と医師への道-  能勢道仙は1834年、播磨国加古郡平荘村(現・兵庫県加古川市)で生まれた。幼名は文蔵。10歳の頃、父を亡くし、母と2人の姉と貧困生活を送る。16歳の時、医師である叔父のもとで医学を学び始める。20歳のとき、江戸に出て、シーボルト塾に入塾。シーボルト塾では、西洋医学を学び、さまざまな知識を吸収した。 -2. 幕末の医師として-  幕末期、能勢道仙は、江戸幕府の軍医として従軍した。1868年の戊辰戦争では、奥羽鎮撫総督府軍の軍医として、東北地方を転戦した。戊辰戦争後、能勢道仙は、東京に戻り、開業医となった。 -3. 医療制度の近代化と啓蒙活動-  明治政府が成立すると、能勢道仙は、医療制度の近代化に尽力した。1874年、東京医学校(現・東京大学医学部)の設立に尽力し、初代校長に就任した。また、1876年には、日本医学会を設立し、初代会長に就任した。能勢道仙は、日本の近代医療制度の確立に大きな役割を果たした。 -4. 教育者としての活躍-  能勢道仙は、教育者としても活躍した。東京医学校では、医学の教育に尽力し、多くの医師を育成した。また、1886年には、日本女子医学専門学校(現・東京女子医科大学)を設立し、女子の医学教育にも尽力した。能勢道仙は、日本の近代医学教育の発展に大きく貢献した。 -5. 晩年-  1910年、能勢道仙は76歳で死去した。能勢道仙は、日本の近代医学の発展に多大な貢献をした医師であり、その功績は、今日でも高く評価されている。
歴史上の人物

新免無二斎ー剣豪たちの系譜

天真流の使い手 新免無二斎は、天真流の剣術を編み出した新免武蔵守藤原秀直の高弟であり、流派の二代目として天真流を継承しました。新免無二斎は、天真流の剣術だけでなく、槍術、柔術、居合術など、様々な武術にも通じており、その武芸の腕前は、天下無双といわれました。新免無二斎は、徳川家康に仕えて、徳川幕府の旗本となりました。そして、徳川家康の命により、将軍の警護を務める御庭番の頭取となりました。新免無二斎は、御庭番の頭取として、さまざまな任務を遂行し、徳川幕府に貢献しました。新免無二斎は、その武芸の腕前だけでなく、その人柄も很好かれ、多くの人々から尊敬されました。新免無二斎は、1615年に死去しましたが、その死後も天真流の剣術は、多くの剣豪たちに受け継がれ、現在に至るまで伝えられています。 新免無二斎は、天真流の剣術の特徴として、相手との間合いを詰め、素早く斬りつける「間合い詰め」の戦法を得意としていました。また、新免無二斎は、試合中に相手を挑発したり、奇襲をかけたりする「奇手」を得意としており、その戦法は、多くの剣豪たちを苦しめました。 新免無二斎は、その武芸の腕前だけでなく、その人柄も很好かれ、多くの人々から尊敬されていました。新免無二斎は、優しく温厚な性格で、常に人々を思いやる心が強くありました。また、新免無二斎は、非常に義理堅く、一度約束したことは、たとえ命を懸けてでも必ず果たしました。 新免無二斎は、その武芸の腕前と人柄により、多くの人々から尊敬され、天真流の剣術も多くの剣豪たちに受け継がれ、現在に至るまで伝えられています。