美術評論家

美術分野の人

三宅正太郎(2)

新聞記者としての活躍 三宅正太郎は、明治維新後、ジャーナリストとして活躍し、自由民権運動を支援した。 1874年(明治7年)、三宅は東京で「東京曙新聞」を創刊した。「東京曙新聞」は、自由民権運動の代表的な新聞であり、三宅は論説で政府の弾圧を批判し、自由民権思想を普及させた。 1884年(明治17年)、三宅は「大阪毎日新聞」の編集長に就任した。「大阪毎日新聞」は、自由民権運動の拠点となった新聞であり、三宅は論説で政府の弾圧を批判し、自由民権思想を普及させた。 1887年(明治20年)、三宅は「神戸新聞」の編集長に就任した。「神戸新聞」は、自由民権運動の拠点となった新聞であり、三宅は論説で政府の弾圧を批判し、自由民権思想を普及させた。 三宅は、新聞記者として自由民権運動を支援し、日本の近代化に貢献した。
美術分野の人

黒田鵬心:近代美術のパイオニア

-黒田鵬心近代美術のパイオニア- -日仏芸術社の設立と「日仏芸術」の発行- 黒田鵬心は1866年に東京に生まれた。1886年に東京美術学校を卒業した後、フランスに留学し、アカデミー・ジュリアンで学び、日本美術の新風を推進することになる新しいスタイルを担うこととなる。 1909年に帰国した黒田は、1910年に日仏芸術社を設立した。この会社は、フランスや日本の芸術を紹介する雑誌「日仏芸術」を発行し、日本近代美術の普及に貢献した。 「日仏芸術」は、1910年から1913年までの3年間発行された。この雑誌には、黒田自身の記事のほか、他の芸術家や批評家の記事、フランスの芸術を紹介する記事などが掲載された。 「日仏芸術」は、当時まだ少なかった日本の近代美術を紹介する数少ない雑誌の一つであった。この雑誌は、日本の近代美術の普及に貢献し、多くの芸術家に影響を与えた。 黒田鵬心は、日本の近代美術のパイオニアである。彼は、日仏芸術社を設立し「日仏芸術」を発行することで、日本の近代美術の普及に貢献した。また、彼は、多くの芸術家に影響を与え、日本の近代美術の発展に貢献した。 黒田鵬心は、1924年に58歳で亡くなった。しかし、彼の作品は今もなお、日本の近代美術の代表作として多くの人々に愛されている。
文学分野の人

「宗左近」(1919-2006)

宗左近の生涯 宗左近は、1919年(大正8年)に大阪市に生まれました。本名は宗左近重信(そうさのこんしげのぶ)です。父は宗左近重信(そうさのこんしげのぶ)で、母は宗左近重信(そうさのこんしげのぶ)です。 宗左近は、幼い頃から歌や踊りが大好きで、10歳の時に大阪松竹歌劇団に入団しました。1931年(昭和6年)に「宗左近」の芸名でデビューし、すぐに人気者になりました。 宗左近は、1936年(昭和11年)に松竹歌劇団を退団し、1937年(昭和12年)に松竹映画に入社しました。映画では、主に時代劇に出演し、美男子で演技力のある役者として人気を博しました。 戦後、宗左近は映画界を引退し、1950年(昭和25年)にテレビに出演するようになりました。テレビでは、時代劇だけでなく、現代劇にも出演し、幅広く活躍しました。 宗左近は、1960年代に入ると、歌手に転向しました。歌手として、数々のヒット曲を発売し、その歌声は多くの人々に愛されました。 宗左近は、1990年代に入ると、再びテレビに出演するようになり、バラエティ番組やドラマに出演しました。 宗左近は、2006年(平成18年)に87歳で亡くなりました。
美術分野の人

「武内潔真」〜柳宗悦ら民芸運動に協力した美術評論家

小見出し 武内潔真の生涯と功績 武内潔真(たけうち・きよま)は、1906年(明治39年)に愛媛県松山市に生まれた美術評論家です。旧制松山中学(現・愛媛県立松山東高等学校)卒業後、東京美術学校(現・東京藝術大学)に進学し、1932年(昭和7年)に卒業しました。 武内潔真は、卒業後すぐに柳宗悦が主宰する雑誌「工藝」の編集に参加し、民芸運動に協力するようになります。民芸運動とは、柳宗悦が提唱した、民衆の生活の中から生まれた工芸品を芸術として評価しようという運動です。武内潔真は、民芸運動の普及に尽力し、多くの著作や講演を通じて、民芸品の価値を訴え続けました。 武内潔真の功績は、民芸運動の普及にとどまりません。彼は、日本の工芸史の研究にも大きな貢献をしました。武内潔真は、民芸品を収集しながら、その制作過程や歴史を調査し、多くの著作を発表しました。これらの著作は、日本の工芸史の研究に大きな影響を与え、今日でも高く評価されています。 武内潔真は、1976年(昭和51年)に70歳で亡くなりました。しかし、彼の残した遺産は、今日でも多くの人々に受け継がれています。武内潔真の著作や講演は、民芸品の価値を再認識させるものであり、日本の工芸史の研究に大きな貢献をしています。武内潔真は、日本の民芸運動と工芸史研究に大きな功績を残した人物として、今後も長く語り継がれるでしょう。
美術分野の人

田中穣:日本の美術評論家

-田中穣日本の美術評論家- -田中穣の生涯と経歴- 田中穣は、1908年(明治41年)11月2日に、日本の東京都で生まれた。彼は、美術評論家、詩人、劇作家、翻訳家などとして活躍した。 田中穣は、1920年(大正9年)に東京美術学校を卒業した後、ヨーロッパに留学した。彼は、フランス、イタリア、ドイツなどで美術を学び、1925年(大正14年)に帰国した。 田中穣は、帰国後は美術評論家として活動を開始し、1927年(昭和2年)には「美術評論」を創刊した。彼は、この雑誌で、西洋美術と日本美術の比較研究を行い、日本の美術界に大きな影響を与えた。 田中穣は、また、詩人としても活躍し、1935年(昭和10年)には詩集「風車」を出版した。彼は、この詩集で、抒情的な詩風と社会批判的な内容を融合させた独自のスタイルを確立し、日本の詩壇に大きな影響を与えた。 田中穣は、さらに、劇作家としても活躍し、1937年(昭和12年)には戯曲「海辺の音楽」を上演した。彼は、この戯曲で、戦争への抵抗と平和への願いを表現し、日本の演劇界に大きな影響を与えた。 田中穣は、1941年(昭和16年)には、翻訳家としても活躍し、ドイツの劇作家ベルトルト・ブレヒトの戯曲「ガリレオ伝」を翻訳した。彼は、この戯曲で、科学者ガリレオ・ガリレイの苦悩と抵抗を描き、日本の演劇界に大きな影響を与えた。 田中穣は、1977年(昭和52年)11月9日に、日本の東京都で死去した。享年69歳であった。
美術分野の人

坂井犀水(1871-1940):美術評論家、編集者

明治・昭和時代前期の美術評論家 坂井犀水は、明治・昭和時代前期に活躍した美術評論家、編集者です。1871年(明治4年)に東京で生まれ、1940年(昭和15年)に死去しました。 坂井犀水は、1896年(明治29年)に東京美術学校を卒業した後、文筆活動を開始しました。1901年(明治34年)に美術雑誌「美術新報」を創刊し、編集長を務めました。「美術新報」は、日本の近代美術の発展に大きな影響を与え、坂井犀水は美術評論家として高い評価を得るようになりました。 坂井犀水は、西洋美術と日本美術の融合を提唱し、日本近代美術の形成に貢献しました。また、彼は美術教育にも力を入れ、1923年(大正12年)に東京美術学校で教鞭をとりました。 坂井犀水は、日本近代美術の発展に多大な貢献をした美術評論家として、現在でも高い評価を得ています。彼の代表作には、「日本近代美術史」(1927年)、「西洋美術史」(1932年)などがあります。
美術分野の人

青山二郎 – 装丁家・美術評論家の生涯とその功績

-陶器の鑑識家としての評価と功績- 青山二郎は陶器の鑑識家としても高い評価を受けています。彼は、陶磁器に関する多くの著作を残しており、その中には『陶磁器鑑定の基礎知識』『日本の陶磁器』『中国陶磁器史』などがあります。これらの著作は、陶器の鑑識に役立つ有益な情報が満載されており、陶器愛好家や研究者から高く評価されています。 青山二郎は、陶器の鑑識家として、多くの功績を残しました。その功績の一つは、陶器の鑑定方法の確立です。彼は、陶器の鑑定において、器形、釉薬、文様などの要素に着目して鑑定を行う方法を確立しました。この方法は、現代の陶器鑑識においても広く採用されており、青山二郎の功績は非常に大きいです。 青山二郎のもう一つの功績は、陶器の研究と普及に努めたことです。彼は、陶器に関する多くの論文を発表し、陶器の研究と普及に貢献しました。また、彼は陶磁器に関する講演会や展示会を積極的に開催し、陶器の美しさと魅力を多くの人々に伝えました。青山二郎の功績により、陶器は多くの日本人に愛されるようになりました。 青山二郎は、陶器の鑑識家として、多くの評価と功績を残しました。彼は、陶器の鑑定方法の確立と、陶器の研究と普及に努め、陶器の美しさと魅力を多くの人々に伝えました。青山二郎の功績は、現代の陶器鑑識においても大きく影響を与えており、彼は陶磁器界の偉大な功労者として知られています。
美術分野の人

佐藤善夫:国際的な活躍を続け、人々の心に深く残る作品を残した写真家・美術評論家

-アメリカ生まれのフォトジャーナリスト- 佐藤善夫は1928年に米国ロサンゼルスに生まれ、1950年に来日しました。彼は1951年に写真家としてデビューし、1954年に写真評論家としてデビューしました。 佐藤善夫は、1950年代後半から1960年代前半にかけて、世界各地を旅して撮影した写真を発表しました。彼の作品は、日本だけでなく、アメリカやヨーロッパでも高く評価され、数多くの賞を受賞しました。 1964年、佐藤善夫はニューヨーク近代美術館で開催された「世界報道写真展」で、日本人として初めて金メダルを受賞しました。この受賞により、佐藤善夫は国際的に注目される写真家となりました。 佐藤善夫は、1970年代から1980年代にかけて、日本の写真界の発展に尽力しました。彼は、写真展や写真集の企画・編集を行い、また、写真批評や写真教育にも積極的に取り組みました。 佐藤善夫は、1990年に亡くなりましたが、彼の作品は現在もなお、人々の心に深く残っています。彼の作品は、世界の様々な美術館やギャラリーに所蔵されており、数多くの写真集が出版されています。 佐藤善夫は、国際的な活躍を続け、人々の心に深く残る作品を残した写真家・美術評論家として、今もなお多くの人々に敬愛されています。
美術分野の人

仲田定之助 – 近代美術と実業界の架け橋となった先駆者

明治から昭和への架け橋 仲田定之助は、1863年(文久3年)に東京で生まれました。東京帝国大学(現・東京大学)を卒業後、三菱財閥に入り、実業界で活躍しました。また、美術にも関心を持ち、日本美術院の設立や帝展の創設に尽力しました。 仲田が実業界で成功したのは、彼の優れた経済センスと経営手腕によるところが大きいです。三菱財閥で働き始めた若い頃は、三菱の経営改革に貢献し、三菱財閥の発展に大きく寄与しました。また、彼は日本最初の電力会社である東京電燈株式会社の社長も務め、東京の近代化に貢献しました。 一方で、仲田は美術にも関心を持ち、日本美術界の発展に貢献しました。彼は1898年(明治31年)に日本美術院を設立し、日本画の近代化を推進しました。また、1907年(明治40年)には帝展(帝国美術展覧会)を創設し、日本画や西洋画の公募展を開催しました。帝展は日本美術界の権威ある展覧会として知られ、多くの優れた美術家を生み出しました。 仲田は、明治から昭和にかけての日本の近代化に貢献した功績を称えられ、1937年(昭和12年)に貴族院議員に任命されました。また、1940年(昭和15年)には文化勲章を受章しています。 仲田定之助は、明治から昭和への架け橋となった先駆者であり、実業界と美術界の発展に大きな功績を残しました。
学術分野の人

匠秀夫 – 昭和後期-平成時代の美術評論家

-匠秀夫の生涯と経歴- 匠秀夫は、1931年(昭和6年)に東京で生まれました。1954年(昭和29年)に東京大学文学部哲学科を卒業し、毎日新聞社に入社しました。 毎日新聞社では、社会部記者として働き、その後、文化部に異動しました。文化部では、美術担当記者として、数多くの美術展を鑑賞し、美術評論を執筆しました。 1967年(昭和42年)に、毎日新聞社を退社し、フリーランスの美術評論家として活動を始めました。 匠秀夫は、美術評論家として、数多くの書籍や論文を執筆しました。また、テレビやラジオに出演して、美術について解説することも多くありました。 匠秀夫は、2007年(平成19年)に亡くなりました。享年75歳でした。 匠秀夫は、昭和後期-平成時代の代表的な美術評論家の一人でした。その評論は、明快で分かりやすく、美術の専門家だけでなく、一般の人々にも親しまれました。 匠秀夫は、日本の美術界に大きな功績を残しました。その功績をたたえて、2008年(平成20年)に、毎日新聞社から「毎日美術賞」が贈られました。
美術分野の人

人名辞典-『江川和彦』

-江川和彦の略歴- 江川和彦は、1941年9月29日に島根県益田市に生まれました。1964年に早稲田大学に入学し、野球部に入部しました。1966年にドラフト1位で読売ジャイアンツに入団し、背番号20が付きました。 1967年に一軍初登板を果たし、1968年に15勝を挙げて最優秀投手賞を受賞しました。1969年には18勝を挙げて再び最優秀投手賞を受賞し、沢村賞にも輝きました。1971年にはノーヒットノーランを達成しました。 1974年に阪急ブレーブスに移籍し、1975年に15勝を挙げて最優秀投手賞を受賞しました。1978年に引退し、通算成績は190勝132敗、防御率2.98でした。 1979年に阪神タイガースの投手コーチに就任し、1982年に一軍監督に昇格しました。1985年に退任し、1986年に広島東洋カープの監督に就任しました。1988年にリーグ優勝を果たしましたが、日本シリーズでは西武ライオンズに敗れました。1989年に退任し、1990年にオリックス・ブレーブスの監督に就任しました。1991年にリーグ優勝を果たしましたが、日本シリーズでは西武ライオンズに敗れました。1992年に退任し、1993年に中日ドラゴンズの監督に就任しました。1994年にリーグ優勝を果たしましたが、日本シリーズでは西武ライオンズに敗れました。1995年に退任し、監督業を引退しました。 2002年に野球殿堂入りを果たしました。
美術分野の人

勝見勝-日本の美術評論家

-小見出し 美術,工芸,デザインの分野で活躍した勝見勝- 勝見勝は、日本の美術評論家であり、美術、工芸、デザインの分野で活躍しました。1922年に東京に生まれ、東京大学文学部美術史学科を卒業しました。卒業後は、東京国立近代美術館で勤務し、その後、1956年に美術評論家として独立しました。 勝見勝は、美術評論家として、数多くの評論や著書を発表し、日本の美術界に大きな影響を与えました。特に、1960年代に発表した「日本の美術」は、日本の美術史を体系的にまとめたものであり、日本の美術を世界に紹介する上で重要な役割を果たしました。 また、勝見勝は、工芸やデザインの分野でも活躍しました。1957年に開催された「日本工芸展」の審査員を務め、1964年に開催された「東京オリンピック」のデザインにも携わりました。勝見勝は、美術、工芸、デザインの分野を横断して活躍し、日本の文化の発展に貢献しました。 勝見勝は、1992年に亡くなりましたが、その功績は今もなお高く評価されています。勝見勝の評論や著書は、日本の美術界の貴重な財産であり、これからも多くの人々に読み継がれていくでしょう。
美術分野の人

嘉門安雄-日本の美術評論家

- 嘉門安雄の生涯と功績 嘉門安雄は、1928年8月22日に長崎県に生まれ、2016年7月19日に神奈川県で亡くなった日本の美術評論家です。彼は、日本における現代美術の評価と普及に貢献した人物として知られています。 嘉門は、東京大学卒業後、日本経済新聞社に入社し、経済記者として活躍しました。その後、1960年に同社を退社し、美術評論家として独立しました。彼は、1962年に美術誌「美術手帖」の編集長に就任し、1975年まで務めました。また、1965年には、美術評論家集団「美術批評家連盟」を結成し、その会長を務めました。 嘉門は、美術評論家として、数多くの評論やエッセイを執筆しました。また、キュレーターとして、国内外の展覧会を企画・開催しました。彼は、特に、日本における現代美術の評価と普及に貢献したことで知られています。 嘉門は、1982年に紫綬褒章、1992年には勲三等旭日中綬章を受章しました。また、2003年には、東京藝術大学より名誉博士号を授与されました。 嘉門は、日本の美術界に大きな功績を残した人物として、現在でも高く評価されています。
美術分野の人

美術評論家・中村伝三郎

-彫塑史の専門家- 中村伝三郎は、彫塑史の専門家としても知られる。彼は、東京芸術大学で彫塑を学び、卒業後は同大学の彫刻科助教授に就任。その後、東京国立近代美術館の学芸員を務め、1986年に同館の館長に就任した。館長在任中は、同館の収蔵品を充実させ、多くの展覧会を開催するなど、同館の発展に貢献した。 中村伝三郎は、彫刻の分野で多くの研究を行い、多くの著書を発表している。特に、日本の彫塑史に関する研究は、高く評価されている。彼の著書『日本の彫刻』は、日本彫刻史の古典的名著として知られ、多くの美術史家に影響を与えている。 中村伝三郎は、日本の彫塑界の発展に貢献した功績が認められ、1996年に文化勲章を受章した。また、同年に日本芸術院会員に選出された。 中村伝三郎は、2009年に亡くなったが、彼の功績は現在も語り継がれている。彼の著書は、多くの美術史家に影響を与え、彼の研究は、日本の彫塑史研究の発展に貢献している。
美術分野の人

石子順造 – アングラ芸術、大衆文化、キッチュを評論した美術・漫画評論家

-石子順造の経歴と活動- 石子順造は、1924年(大正13年)に東京に生まれた美術評論家・漫画評論家である。早稲田大学国文科卒業後、出版社に勤務。1956年(昭和31年)、雑誌『新文化』に「アングラ芸術と大衆文化」を発表し、アングラ芸術を大衆文化と関連づけた論考を発表した。これが契機となり、石子はアングラ芸術と大衆文化の論客として知られるようになった。 石子は、アングラ芸術を「社会の規範や価値観から逸脱した芸術」と定義し、大衆文化を「大衆によって消費される芸術」と定義した。そして、アングラ芸術と大衆文化は、ともに社会の主流から外れた芸術であると主張した。また、石子は、アングラ芸術と大衆文化は、互いに影響を与え合いながら発展してきたと主張した。 石子の評論活動は、アングラ芸術と大衆文化の理解に大きな影響を与えた。石子の評論によって、アングラ芸術と大衆文化は、単なる「芸術」ではなく、社会や文化を理解する上での重要な手がかりであると認識されるようになった。また、石子の評論によって、アングラ芸術と大衆文化は、決して対立するものではなく、互いに補完し合うものであると認識されるようになった。 石子は、1998年(平成10年)に没した。石子の死後も、その評論活動は高く評価され続けている。石子の評論は、アングラ芸術と大衆文化の理解に欠かせないものとして、今日でも読み継がれている。
美術分野の人

漆原美代子 – 昭和後期から平成時代にかけて環境デザインを牽引したパイオニア

ニューヨークでインテリアデザインを学び、帰国後日本の環境デザインを切り拓く 漆原美代子は、昭和27年(1952年)に東京都に生まれました。幼い頃から絵や工芸に興味を持ち、武蔵野美術大学造形学部インテリアデザイン学科に入学しました。大学卒業後、渡米してニューヨーク市立大学ハンター校の大学院でインテリアデザインを学び、1980年に帰国しました。 帰国後は、インテリアデザイナーとして活動を始め、国内外の数多くのプロジェクトに携わりました。1984年には、日本初の女性インテリアデザイナーとしてニューヨーク近代美術館(MoMA)の展覧会「The International Style Architecture from 1925 to 1965」に出展し、注目を集めました。 漆原美代子は、空間の美しさだけではなく、機能性や環境への配慮も重視したデザインを追求しました。彼女は、日本の伝統的な文化や技法を現代のインテリアデザインに取り入れることで、新しいスタイルを確立しました。また、環境に配慮した素材や工法を採用し、持続可能なデザインを推進しました。 漆原美代子は、日本の環境デザインのパイオニアとして、多くのデザイナーに影響を与えました。彼女は、1995年に環境デザイン学会の会長に就任し、2001年には国際インテリアデザイナー連盟(IFI)のデザイン賞を受賞しました。また、2005年には、東京藝術大学美術学部デザイン科の教授に就任し、後進の指導にあたりました。 漆原美代子は、2018年に66歳で亡くなりましたが、彼女の作品は今もなお人々に愛されています。彼女の功績は、日本の環境デザインの発展に大きく貢献したとして、高く評価されています。
文学分野の人

田口掬汀-明治・昭和の文筆家

-文人田口掬汀の生涯- 1871年(明治4年)に東京に生まれた田口掬汀は、明治・昭和期の文筆家です。幼少期から漢学を学び、東京帝国大学英文科を卒業後は、新聞記者や編集者を務めました。また、詩人としても活躍し、その作品は多くの文学賞を受賞しています。 掬汀は、1906年(明治39年)に歌人・与謝野晶子と結婚し、3人の子どもをもうけました。しかし、1921年(大正10年)に晶子と離婚し、その後は独身で生涯を終えました。 掬汀は、生涯を通して文筆活動に励み、詩歌集や小説、評論など、多くの作品を執筆しました。その作品は、日本の近代文学に大きな影響を与え、現在でも多くの人に読まれています。 掬汀は、1953年(昭和28年)に東京で死去しました。享年82歳でした。 掬汀は、文人としてだけでなく、社会運動家としても活躍しました。1918年(大正7年)に、社会主義運動に参加し、日本社会党の結成に尽力しました。その後も、社会運動に積極的に参加し、1933年(昭和8年)には、治安維持法違反で逮捕・投獄されました。 掬汀は、1945年(昭和20年)に釈放され、その後は再び文筆活動に専念しました。日本ペンクラブの会長を務めるなど、日本の文化の発展に貢献しました。 掬汀は、明治・昭和期の文壇を代表する文筆家であり、その作品は現在でも多くの人に読まれています。また、社会運動家としても活躍し、日本の社会発展に貢献しました。
美術分野の人

「外狩素心庵」(1893-1944)

-外狩素心庵の経歴- 外狩素心庵は、1893年(明治26年)に京都府京都市に生まれました。本名は外狩武二です。父は医師、母は薬剤師であったため、幼少期から薬草や漢方に親しんでいました。 素心庵は、1912年(明治45年)に京都帝国大学医学部に入学しました。卒業後は、京都大学附属病院の内科医として勤務しました。 1920年(大正9年)に、素心庵は「外狩素心庵」の号で、漢方医学の研究を始めました。1929年(昭和4年)に、京都市左京区に「外狩素心庵薬局」を開業しました。 素心庵は、漢方薬の研究と診療に努め、多くの患者を救いました。また、漢方医学の普及にも努め、多くの講演会や執筆活動を行いました。 1944年(昭和19年)に、素心庵は51歳で亡くなりました。しかし、素心庵の漢方医学に対する功績は、現在でも高く評価されています。 素心庵の漢方医学に対する功績は、以下のとおりです。 * 漢方薬の研究と開発に貢献した。 * 漢方医学の普及に努めた。 * 多くの患者を救った。 素心庵は、漢方医学の発展に貢献した偉大な人物です。
美術分野の人

美術評論家・林田春潮について知る

-美術評論をはじめるまで- 林田春潮は、1886年(明治19年)に長野県松本市に生まれました。早稲田大学文学部に入学し、卒業後は中央新聞社に入社しました。中央新聞社で記者として活躍した後、美術雑誌『白樺』の編集長に就任しました。『白樺』は、近代美術の普及に貢献した雑誌で、春潮はそこで美術評論を書き始めました。 春潮は、近代美術を積極的に支持し、多くの美術家と交流しました。また、春潮はヨーロッパに留学し、ヨーロッパの美術を学びました。留学後、春潮は帰国して美術評論の活動に本格的に取り組みました。 春潮の美術評論は、その鋭い洞察力と明快な文体で知られていました。春潮は、西洋美術と日本美術の比較論なども書き、日本美術の独自性を主張しました。春潮の美術評論は、多くの美術家に影響を与え、近代美術の発展に貢献しました。 春潮は、1967年(昭和42年)に81歳で亡くなりましたが、その功績は今もなお高く評価されています。春潮の美術評論は、日本の美術史において重要な位置を占めています。
美術分野の人

富永惣一

- 富永惣一の生涯 富永惣一は、1885年(明治18年)に福岡県田川郡大任村(現在の田川市)に生まれました。小学校卒業後、15歳で上京し、日本橋の呉服問屋に奉公しました。1910年(明治43年)に独立し、呉服店「富永呉服店」を開業しました。その後、事業を拡大し、1922年(大正11年)に「富永合名会社」を設立しました。 1923年(大正12年)に起きた関東大震災後、東京の復興事業に参画し、多くの建設プロジェクトを手掛けました。1934年(昭和9年)に「富永建設株式会社」を設立し、建設事業を本格化させました。 1940年(昭和15年)には、日本政府の要請を受けて、満州の開発事業に参加しました。満州では、鉄道の建設や住宅の建設など、多くの建設プロジェクトを手掛けました。 1945年(昭和20年)に太平洋戦争が終結し、満州から引き揚げました。その後、東京で建設事業を再開し、1950年(昭和25年)に「富永建設工業株式会社」を設立しました。 富永惣一は、1967年(昭和42年)に82歳で死去しました。彼は、日本の建設業界の発展に大きく貢献した人物として知られています。 富永惣一は、幼い頃から非常に努力家で、いつも勉強を欠かしませんでした。また、非常に正義感が強く、曲がったことが大嫌いでした。また、彼は非常に信心深く、毎日欠かさずお寺に通っていました。 富永惣一は、日本の建設業界に大きな足跡を残した偉大な人物です。彼の業績は、現在でも日本の建設業界で高く評価されています。
文学分野の人

「白崎秀雄」

-「白崎秀雄」- -伝記- 白崎秀雄(1886年1月15日 - 1946年11月25日)は、日本の地質学者、古生物学者。 -生い立ちと学生生活- 1886年1月15日、高知県香美郡土佐山田町(現・香美市)に生まれる。高知県立第一中学校(現・高知県立高知追手前高等学校)卒業後、1903年に東京帝国大学理科大学地質学科に入学する。在学中は、地質学・古生物学を専攻し、特に古生代の地質と化石に興味を抱く。1907年に東京帝国大学理科大学を卒業し、大学院に進学する。 -研究活動- 1909年、東京帝国大学理科大学助手となる。助手として、地質学・古生物学の研究を続け、特に古生代の地質と化石についての研究に力を注ぐ。1911年、東京帝国大学理科大学講師となる。講師として、地質学・古生物学の講義を担当し、学生の指導を行う。 1914年、東京帝国大学理科大学助教授となる。助教授として、地質学・古生物学の研究をさらに進め、古生代の地質と化石についての研究で大きな成果を上げる。1918年、東京帝国大学理科大学教授となる。教授として、地質学・古生物学の講義を担当し、学生の指導を行うとともに、研究を続け、古生代の地質と化石についての研究でさらに大きな成果を上げる。 -業績- 白崎秀雄は、古生代の地質と化石についての研究で大きな成果を上げ、日本の地質学・古生物学の発展に貢献した。特に、古生代の地層の分布と構造、古生代の化石の分類と進化、古生代の気候と環境の変化などについて研究を行い、多くの重要な論文を発表した。 また、白崎秀雄は、地質学・古生物学の普及にも努め、一般向けの地質学・古生物学の解説書を執筆したり、講演会や展示会を開催したりした。また、日本の地質学・古生物学の学会である日本地質学会の創設に尽力し、初代会長を務めた。 -晩年- 1946年11月25日、東京で死去する。享年60歳。 白崎秀雄は、日本の地質学・古生物学の発展に大きな貢献をした偉大な学者であり、その業績は現在でも高く評価されている。
美術分野の人

美術評論家・国文学者 梅沢和軒の生涯と思想

-はじめに- 梅沢和軒(1747-1829)は、江戸時代後期に活躍した美術評論家・国文学者です。彼は、中国の書画を積極的に紹介し、日本の美術界の発展に大きな影響を与えました。また、国文学の研究にも力を入れ、日本の古典文学に対する理解を深めました。 和軒は、1747年に越後国高田(現在の新潟県上越市)に生まれました。幼い頃から学問に励み、18歳で江戸に出て、儒学を学びました。その後、彼は各地を遊歴し、中国の書画を研究しました。 和軒は、1789年に帰国して、江戸で美術評論活動を始めました。彼は、中国の書画を日本に紹介するだけでなく、日本の美術界の現状を批判し、新しい美術の創造を呼びかけました。また、彼は国文学の研究にも力を入れ、日本の古典文学に対する理解を深めました。 和軒の美術評論は、日本の美術界に大きな影響を与えました。彼の評論は、日本の美術界の近代化を促し、新しい美術の創造を呼びかけました。また、彼の国文学の研究は、日本の古典文学に対する理解を深め、日本の文化の発展に貢献しました。 和軒は、1829年に江戸で亡くなりました。しかし、彼の美術評論と国文学の研究は、今日もなお高く評価されています。彼は、日本の美術界と国文学界の発展に大きな功績を残した偉大な人物です。
文学分野の人

遠地輝武-大正から昭和時代の詩人と美術評論家の足跡

激動の時代を生き抜いた詩人と美術評論家 遠地輝武は大正から昭和時代にかけて活躍した詩人と美術評論家です。1881年(明治14年)に広島県に生まれ、早稲田大学を卒業後、詩誌「朱欒」を主宰しました。また、美術評論家としても活躍し、1923年(大正12年)には二科会の創立に参加しました。 遠地輝武は、激動の時代を生き抜いた詩人と美術評論家でした。明治、大正、昭和という三つの時代をまたぎ、日本の近代化を目の当たりにしました。その中で、彼は詩と美術評論を通して、時代の変遷を記録し、人々にその意義を訴えかけました。 彼の詩は、ロマンチックな抒情詩から、社会派の詩まで幅広い作風があります。また、美術評論では、日本の近代美術を積極的に取り上げ、その発展に貢献しました。 遠地輝武は、1947年(昭和22年)に66歳で亡くなりました。しかし、彼の作品は今もなお人々に愛され続けています。 遠地輝武の足跡をたどると、激動の時代を生き抜いた一人の詩人、美術評論家の姿が見えてきます。彼は、詩と美術を通して、時代の変遷を記録し、人々にその意義を訴えかけました。彼の作品は、今もなお人々に愛され続けています。
美術分野の人

桑原住雄:昭和後期から平成時代にかけて活躍した美術評論家

-桑原住雄の生涯と経歴- 桑原住雄は、1917年(大正6年)に大阪府に生まれました。幼い頃から絵画に興味を持ち、1936年(昭和11年)に京都市立美術専門学校に入学します。在学中に前衛芸術運動に参加し、1939年(昭和14年)に第1回新制作展に出品。1942年(昭和17年)に同校を卒業し、上京します。 上京後は、美術評論家として活動を開始。1946年(昭和21年)に『美術評論』を創刊し、編集長を務めました。また、1947年(昭和22年)には『日本の美術』を創刊し、編集長を務めました。この2誌は、戦後の美術界に大きな影響を与えました。 1949年(昭和24年)には、東京大学文学部美学専攻に入学し、1953年(昭和28年)に卒業しました。卒業後は、東京国立近代美術館の学芸員に就任し、1959年(昭和34年)まで務めました。 1959年(昭和34年)に東京国立近代美術館を退職し、フリーの美術評論家として活動を開始します。1960年(昭和35年)に『現代美術の思想』を出版し、美術評論界に大きな衝撃を与えました。この本は、戦後の美術界の動向を理論的に分析したもので、美術評論の金字塔とされています。 1964年(昭和39年)には、第1回東京ビエンナーレの審査員に任命されました。1968年(昭和43年)には、第4回ヴェネチア・ビエンナーレの日本代表に選出されました。1970年(昭和45年)には、第32回サンパウロ・ビエンナーレの日本代表に選出されました。 1980年(昭和55年)には、東京芸術大学美術学部教授に就任し、1987年(昭和62年)まで務めました。1987年(昭和62年)には、第1回京都国際現代芸術展の総合プロデューサーを務めました。 1990年(平成2年)に、勲三等旭日中綬章を受章しました。1993年(平成5年)に、第2回京都国際現代芸術展の総合プロデューサーを務めました。 1997年(平成9年)に、桑原住雄は東京都内で死去しました。享年80歳でした。