羽前

文学分野の人

大橋乙羽 – 明治の小説家と出版人

小説家としての活動 大橋乙羽は、1889年(明治22年)に、東京都の日本橋に生まれました。父は、明治学院の創設者である大橋新太郎であり、兄に大橋翠石、妹に大橋翠峰がいます。 中学卒業後、1905年(明治38年)に、文芸雑誌『新小説』の記者となります。1906年(明治39年)に、雑誌『早稲田文学』に掲載された『楽書』で作家としてデビューします。 1907年(明治40年)に、『早稲田文学』に掲載された『柴井夫妻』で、女流作家として注目を集めます。1908年(明治41年)に、初の小説集『柴井夫妻』を刊行。1910年(明治43年)に、田山花袋の『蒲団』に引いて、「情痴小説の大家」と呼ばれるようになります。 1912年(明治45年)に、田山花袋、徳田秋声、島崎藤村らと、雑誌『新小説』を創刊。同年に、初の長編小説『生ける人形』を刊行。1914年(大正3年)に、雑誌『文章世界』を創刊します。 その後も、精力的に小説を発表し続けます。1916年(大正5年)に、小説集『情熱』を刊行。1918年(大正7年)に、長編小説『情炎』を刊行。1920年(大正9年)に、雑誌『新潮』に連載された『嫉妬』が好評を博します。 1922年(大正11年)に、長編小説『生ける人形』が、片岡千恵蔵主演で映画化されます。1923年(大正12年)に、関東大震災が発生。乙羽は、被災者救済活動に奔走します。 1924年(大正13年)に、長編小説『女の一生』を刊行。1925年(大正14年)に、長編小説『貞操』を刊行。1926年(昭和元年)に、長編小説『愛慾』を刊行。 1927年(昭和2年)に、雑誌『文藝春秋』を創刊。同年に、長編小説『情炎』が、岡田嘉子主演で映画化されます。1929年(昭和4年)に、長編小説『生ける人形』が、田中絹代主演で映画化されます。 1930年(昭和5年)に、長編小説『不倫』を刊行。1931年(昭和6年)に、長編小説『愛欲』が、田中絹代主演で映画化されます。1932年(昭和7年)に、長編小説『生ける人形』が、大谷竹次郎主演で映画化されます。 1933年(昭和8年)に、長編小説『情炎』が、岡譲二主演で映画化されます。1934年(昭和9年)に、長編小説『生ける人形』が、吉川満子主演で映画化されます。1935年(昭和10年)に、長編小説『愛欲』が、吉川満子主演で映画化されます。 1936年(昭和11年)に、長編小説『生ける人形』が、岡田嘉子主演で映画化されます。1937年(昭和12年)に、雑誌『婦人公論』を創刊。同年に、長編小説『生ける人形』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。1938年(昭和13年)に、長編小説『貞操』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。 1939年(昭和14年)に、長編小説『女の一生』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。1940年(昭和15年)に、長編小説『愛慾』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。1941年(昭和16年)に、長編小説『生ける人形』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。 1942年(昭和17年)に、長編小説『情炎』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。1943年(昭和18年)に、長編小説『生ける人形』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。1944年(昭和19年)に、長編小説『貞操』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。 1945年(昭和20年)に、雑誌『婦人公論』を廃刊。同年、日本敗戦。1946年(昭和21年)に、長編小説『情炎』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。1947年(昭和22年)に、長編小説『生ける人形』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。 1948年(昭和23年)に、雑誌『新潮』の編集長に就任。1950年(昭和25年)に、長編小説『女の一生』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。1951年(昭和26年)に、雑誌『文藝春秋』の編集長に就任。 1952年(昭和27年)に、長編小説『情炎』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。1953年(昭和28年)に、長編小説『愛慾』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。1954年(昭和29年)に、長編小説『生ける人形』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。 1955年(昭和30年)に、雑誌『婦人公論』を復刊。1956年(昭和31年)に、長編小説『情炎』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。1957年(昭和32年)に
学術分野の人

「安達峰一郎」-明治・昭和時代外交官、国際法学者

明治-昭和時代前期の外交官, 国際法学者-波乱万丈の生涯 安達峰一郎は、明治・昭和時代に活躍した外交官、国際法学者です。波乱万丈の生涯を送り、日本の外交に大きな功績を残しました。 安達は、1861年、薩摩藩士の家に生まれました。幼い頃から秀才の誉れ高く、1885年に東京帝国大学法科大学を卒業しました。卒業後は、外務省に入り、外交官としての道を歩み始めます。 安達は、イギリス、フランス、ロシアなど、世界各国の公使館に勤務しました。その間、国際法を学び、国際法学者として高い評価を受けるようになります。1907年には、ハーグで開催された第2回万国平和会議に日本政府代表として出席しました。 1914年に勃発した第一次世界大戦では、安達は外務次官として、日本の外交を担いました。安達は、日本の参戦に反対し、平和の維持に尽力しました。しかし、日本の参戦が決まると、安達は外務次官を辞任し、政界を引退しました。 政界を引退した後も、安達は国際法の研究を続けました。1920年には、国際連盟の常設国際司法裁判所の判事に選出されました。安達は、常設国際司法裁判所の判事を務めながら、国際法の普及と発展に努めました。 安達は、1940年に死去しました。享年79歳でした。安達は、日本の外交に大きな功績を残した偉大な外交官、国際法学者です。