脇屋義治

歴史上の人物

瓜生保-鎌倉-南北朝時代の武将

-生涯- 瓜生保は、鎌倉時代から南北朝時代にかけて活躍した武将です。近江国坂田郡瓜生郷(現在の滋賀県長浜市)を本貫とする瓜生氏の出身です。 瓜生保は、幼少期から武術に秀でており、13歳で元服すると、鎌倉幕府に仕えました。当初は、執権北条時宗に仕えていましたが、時宗の死後、北条貞時に仕えるようになりました。 瓜生保は、貞時の信任が厚く、1293年(正応6年)に評定衆に任命されました。評定衆は、幕府の諮問機関であり、瓜生保は、幕府の重要事項について審議するようになりました。 1305年(嘉元3年)、瓜生保は、北条貞時の命を受けて、鎌倉幕府の軍勢を率いて、元寇の再来に備えて九州に派遣されました。瓜生保は、九州で元軍と交戦し、勝利を収めました。 1331年(元弘元年)、鎌倉幕府が滅亡すると、瓜生保は、後醍醐天皇に仕えました。後醍醐天皇は、瓜生保を重用し、1333年(元弘3年)に建武の新政を行うと、瓜生保を陸奥国守護に任命しました。 しかし、建武の新政は失敗し、1336年(建武3年)に足利尊氏が鎌倉幕府を再興すると、瓜生保は、足利尊氏に降伏しました。足利尊氏は、瓜生保を許し、1338年(暦応元年)に、瓜生保を遠江国守護に任命しました。 瓜生保は、1349年(貞和5年)に、遠江国守護を辞任し、京都で隠居しました。1350年(観応元年)、瓜生保は、京都で死去しました。 瓜生保は、鎌倉幕府と南北朝時代の両方で活躍した武将であり、その武勇と忠誠心は、後世にまで語り継がれています。
歴史上の人物

鎌倉-南北朝時代の僧・義鑑について

-鎌倉-南北朝時代の僧・義鑑について- -建武3年新田義貞の甥(おい)脇屋義治(よしはる)を奉じ、挙兵- 建武3年(1336年)、鎌倉-南北朝時代の僧・義鑑は新田義貞の甥である脇屋義治を奉じて挙兵した。義鑑は、越前国(福井県)の豪族・朝倉氏の出身で、幼い頃から仏門に入り、修行を積んでいた。鎌倉幕府の支配に不満を抱いていた義鑑は、建武の乱で倒幕に成功した新田義貞に接近し、その腹心として仕えるようになった。 建武3年、足利尊氏と新田義貞が分裂し、南北朝時代が始まると、義鑑は新田義貞に従って南朝に属した。しかし、新田義貞は建武4年(1337年)に戦死し、南朝は劣勢に立たされた。 そこで、義鑑は脇屋義治を奉じて挙兵し、北朝軍と戦った。しかし、義鑑と脇屋義治は北朝軍に敗れ、戦死した。義鑑の死は、南朝にとって大きな痛手となり、南朝の衰退に拍車をかけた。 義鑑は、南北朝時代の動乱期に活躍した僧侶である。義鑑は、新田義貞に仕え、南朝のために戦ったが、戦死してその生涯を終えた。義鑑の死は、南朝にとって大きな痛手となり、南朝の衰退に拍車をかけた。
歴史上の人物

林源琳

林源琳の生涯 林源琳は、1922年(大正11年)1月1日に兵庫県加古郡稲美町に生まれました。父は林源治、母は林マスです。林源琳は、5人兄弟の末っ子として育ちました。 林源琳は、幼い頃から病弱で、よく入院していました。そのため、学校にはあまり通えませんでした。しかし、林源琳は読書が好きで、独学で勉強していました。 林源琳は、1941年(昭和16年)に、大阪市立工業専門学校(現在の大阪公立大学)に入学しました。しかし、すぐに徴兵され、中国戦線に派遣されました。 林源琳は、中国戦線で1年間従軍し、1942年(昭和17年)に除隊しました。除隊後、林源琳は大阪市立工業専門学校に戻り、1945年(昭和20年)に卒業しました。 林源琳は、卒業後、日立製作所に就職しました。林源琳は、日立製作所で主に半導体の研究開発に従事し、多くの成果を上げました。 林源琳は、1972年(昭和47年)に、日立製作所の半導体研究所長に就任しました。林源琳は、研究所長として、半導体の研究開発を推進し、日立製作所を世界有数の大手半導体メーカーに育て上げました。 林源琳は、1980年(昭和55年)に、日立製作所の取締役社長に就任しました。林源琳は、社長として、日立製作所の経営改革を断行し、日立製作所を世界有数の総合電機メーカーに育て上げました。 林源琳は、1992年(平成4年)に、日立製作所の会長に就任しました。林源琳は、会長として、日立製作所の国際化を推進し、日立製作所を世界有数のグローバル企業に育て上げました。 林源琳は、2004年(平成16年)11月29日に、82歳で亡くなりました。林源琳は、日本の半導体産業の発展に大きく貢献した日本の半導体産業の先駆者でした。
歴史上の人物

人名辞典 瓜生保母

-鎌倉-南北朝時代の女性- 鎌倉時代から南北朝時代の女性は、家庭内において夫や子に従順であり、社会的には男性よりも劣った立場に置かれていました。女性が社会的に活躍することはまれであり、男性と対等な立場に立つことはほとんどありませんでした。 しかし、そうした中にも、社会的に活躍し、男性と対等な立場に立った女性も存在しました。その一人が、瓜生保母です。瓜生保母は、13世紀後半から14世紀前半にかけて活躍した女性であり、鎌倉幕府の執権北条義時の愛妾として知られています。瓜生保母は、義時の寵愛を受け、義時の政治にも深く関わっていました。また、義時との間に娘を一人もうけており、その娘は後に鎌倉幕府の最後の将軍となった北条守時の妻となりました。 瓜生保母は、単に義時の愛妾としてだけではなく、政治家としても活躍しました。義時の死後は、鎌倉幕府の政権を握り、幕府の運営を担いました。また、元寇にも対応し、鎌倉幕府の存続に貢献しました。瓜生保母の政治手腕は、男性に劣らないほど高く評価されており、鎌倉幕府の有力な政治家として活躍しました。 瓜生保母は、鎌倉時代から南北朝時代にかけて活躍した女性であり、社会的に活躍し、男性と対等な立場に立った女性の一人です。瓜生保母は、単に義時の愛妾としてだけではなく、政治家としても活躍し、鎌倉幕府の政権を握り、幕府の運営を担いました。また、元寇にも対応し、鎌倉幕府の存続に貢献しました。瓜生保母の政治手腕は、男性に劣らないほど高く評価されており、鎌倉幕府の有力な政治家として活躍しました。
歴史上の人物

脇屋義治-南北朝時代の武将

-脇屋義治の生涯- 脇屋義治は、南北朝時代の武将である。備中松山城主。備中守護。 1336年、備中松山城主・脇屋高治の子として生まれる。 1352年、足利尊氏が後村上天皇と和睦し、室町幕府を開いた。義治は尊氏に従い、各地を転戦した。 1354年、尊氏が九州に下向すると、義治は備中に残って留守居を務めた。 1356年、尊氏が九州から帰還し、京都で南朝方の楠木正成と戦い、これを破った。義治は尊氏に従い、正成を追撃した。 1357年、尊氏が九州に再下向すると、義治は再び備中に残って留守居を務めた。 1361年、尊氏が九州から帰還し、南朝方を破って正成を討ち取った。義治は尊氏に従い、南朝方を追撃した。 1362年、尊氏が薨去し、子の足利義詮が将軍を継いだ。義治は義詮に従い、各地を転戦した。 1368年、義詮が薨去し、子の足利義満が将軍を継いだ。義治は義満に従い、各地を転戦した。 1392年、義治は備中松山城で病死した。享年57。
歴史上の人物

瓜生照の生涯 – 鎌倉と南北朝時代の武将

瓜生照の出自と家族 瓜生照は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将です。瓜生氏は、現在の奈良県生駒郡瓜生町を本拠とする豪族でした。照の父は瓜生高直といい、鎌倉幕府の御家人でした。母は不明ですが、照には兄の高時と弟の高重がいました。 照は、建武2年(1335年)に鎌倉幕府が滅亡すると、足利尊氏に従って建武政権に仕えました。その後、尊氏が九州に落ち延びると、照もそれに従いました。尊氏が九州で勢力を盛り返して上洛すると、照もそれに従って上洛し、建武3年(1336年)に尊氏が室町幕府を開くと、その幕臣となりました。 照は、尊氏に従って各地を転戦し、功績を挙げました。正平11年(1356年)には、越後国守護に任命されました。翌正平12年(1357年)には、南朝方の新田義貞を破り、その功績により越後国守護に再任されました。 正平18年(1363年)、照は越後国で没しました。享年51歳でした。照には3人の息子がいましたが、長男の高基は照の生前に戦死し、次男の高忠は出家したため、三男の高治が瓜生氏を継ぎました。 瓜生氏は、室町時代を通じて越後国守護として活躍し、戦国時代には上杉氏に従いました。上杉氏が滅亡すると、瓜生氏も没落しました。
歴史上の人物

瓜生重 – 鎌倉・南北朝時代の武将

-瓜生重 - 鎌倉・南北朝時代の武将- -概要- 瓜生重(うりゅう しげ、1302年? - 1353年6月26日)は、鎌倉時代末期から南北朝時代の武将。南北朝初期に活躍した鎌倉幕府の有力御家人。尊氏・直義兄弟の宿老。諱は重(しげ)、通称は次郎(じろう)。号は九郎兵衛(くろうべえ)。 瓜生氏は、近江国野洲郡瓜生(滋賀県野洲市)を本貫とする。代々鎌倉幕府に仕え、鎌倉時代には引付衆や常陸常陸守などを歴任。瓜生重も承久の乱後に幕府に仕え、嘉暦2年(1327年)に豊前守になる。 元弘元年(1331年)、鎌倉幕府が倒れると、瓜生重は足利尊氏に従って上洛。建武の新政に参加する。建武3年(1336年)、尊氏が鎌倉で反乱を起こすと(中先代の乱)、瓜生重もこれに従う。尊氏・直義兄弟の宿老として、各地を転戦して武功を挙げる。 建武4年(1337年)、尊氏が京都に室町幕府を開くと、瓜生重は幕府の評定衆に任命される。その後も、尊氏・直義兄弟の信頼を得て、幕府の重臣として活躍。正平8年(1353年)、「観応の擾乱」で尊氏と直義が分裂すると、瓜生重は尊氏方に付き、九州で直義方の軍勢と戦う。 正平8年(1353年)6月26日、九州征伐中の豊前国に於いて、元寇で新羅勢の捕虜となった高麗人達が、瓜生重を襲撃し殺す。享年52。高麗人による襲撃理由は定かではないが、元寇の高麗の人的被害を巻き込んだ形になり、複雑な感情が絡み合ったとされる。 瓜生重の死後、嫡男・瓜生重継は室町幕府に仕え、赤松円心に従って九州で戦う。その後、瓜生氏は備前国に土着し、戦国大名となり、備前瓜生庄を領して、備前国の戦国大名として活躍したが、浦上氏に滅ぼされた。