至徳2年

歴史上の偉人

「成阿(1)」(?-? 南北朝時代の連歌師。救済(ぐさい)の門人。二条良基にみとめられ,永徳3=弘和(こうわ)3年(1383)の等持院(足利尊氏)忌和漢聯句会や至徳2=元中2年(1385)の石山百韻などに参加。北野千句奉行をつとめた。「菟玖波(つくば)集」に3句がのっている。)

南北朝時代の連歌師, 成阿(1) 成阿(1)は、南北朝時代の連歌師です。救済(ぐさい)の門人で、二条良基に認められ、永徳3=弘和(こうわ)3年(1383)の等持院(足利尊氏)忌和漢聯句会や至徳2=元中2年(1385)の石山百韻などに参加しました。また、北野千句奉行をつとめました。 成阿(1)の連歌は、繊細で優美な作風で知られています。彼の作品は、菟玖波(つくば)集に3句が収録されています。 成阿(1)の生没年は不詳ですが、南北朝時代を中心に活躍した連歌師として知られています。
歴史上の偉人

儀俄氏秀-南北朝-室町時代の武将

儀俄氏秀の生涯 儀俄氏秀は、南北朝時代から室町時代にかけての武将。安芸国の国人衆であり、毛利氏の家臣として活躍した。 氏秀の出自は不明だが、安芸国の国人衆である儀俄氏の出身とされる。儀俄氏は、安芸国の北部を本拠とする豪族であり、鎌倉時代から室町時代にかけて安芸国の有力な国人衆として活躍した。 氏秀は、毛利氏の当主である毛利元就に仕え、元就の中国地方統一に貢献した。氏秀は、元就の軍師として活躍し、元就の軍略を支えた。また、氏秀は、元就の側近として、元就の政治を支えた。 元就が中国地方を統一した後、氏秀は、元就の命により、安芸国の国人衆を統制する役割を担った。氏秀は、安芸国の国人衆を懐柔し、毛利氏の支配を確立した。 1543年、氏秀は、毛利氏の家督を継いだ毛利隆元に仕えた。隆元は、氏秀を重臣として重用し、氏秀は、隆元の政治を支えた。 1551年、氏秀は、隆元の命により、安芸国の国人衆を率いて、陶晴賢の反乱を鎮圧した。氏秀は、陶晴賢の軍勢を破り、陶晴賢を自害に追い込んだ。 陶晴賢の反乱を鎮圧した功績により、氏秀は、隆元から安芸国の守護代に任命された。氏秀は、安芸国の守護代として、安芸国の政治を統括した。 1557年、氏秀は、隆元の命により、安芸国の国人衆を率いて、大内義隆の反乱を鎮圧した。氏秀は、大内義隆の軍勢を破り、大内義隆を自害に追い込んだ。 大内義隆の反乱を鎮圧した功績により、氏秀は、隆元から安芸国の守護に任命された。氏秀は、安芸国の守護として、安芸国の政治を統括した。 1561年、氏秀は、病のため死去した。享年70。氏秀の死後、安芸国の守護は、氏秀の嫡男である儀俄貞秀が継いだ。 儀俄氏秀は、毛利氏に仕え、毛利氏の中国地方統一に貢献した名将である。氏秀は、元就の軍師として活躍し、元就の軍略を支えた。また、氏秀は、元就の側近として、元就の政治を支えた。
歴史上の偉人

「卓然宗立」

-「卓然宗立」- -臨済宗の僧侶- 臨済宗は、中国の禅宗の一派である。1168年(嘉応元年)に、宋から来日した栄西によって日本に伝えられた。臨済宗は、坐禅を重んじ、悟りを開くことを目指す禅宗の一派である。 臨済宗の僧侶は、黒い衣をまとい、頭には剃髪して烏帽子をかぶっている。また、手には数珠を持っている。臨済宗の僧侶は、坐禅堂で坐禅をしたり、経典を読誦したりして修行している。また、信者に対して仏教の教えを説いたり、悩み相談に乗ったりする役割も担っている。 臨済宗の僧侶の中には、高僧として知られる人物も多い。例えば、栄西、道元、白隠慧鶴などは、臨済宗の高僧として知られている。これらの僧侶は、坐禅や仏教の教えについて多くの著作を残しており、現在でも多くの人々に読まれている。 臨済宗は、日本において大きな影響力を持った禅宗の一派である。臨済宗の僧侶は、仏教の教えを説いたり、悩み相談に乗ったりして、多くの人々に影響を与えてきた。また、臨済宗の僧侶は、坐禅や仏教の教えについて多くの著作を残しており、現在でも多くの人々に読まれている。
歴史上の偉人

香林讖桂 (1313~1385) 南北朝時代の僧

-香林讖桂の生涯- 香林讖桂は、1313年に備中国足守郡(現在の岡山県岡山市北区足守)に生まれた。俗姓は高橋氏。父は高橋広之。母は足利治時(足利尊氏の父)の姉。 讖桂は幼少より聡明で、11歳の時に出家して建長寺に入り、夢窓疎石に師事した。16歳の時に鎌倉の建長寺に入り、その後、京都の東福寺、建仁寺などで修行を積んだ。 1335年、23歳の時に建長寺住職となり、その後、東福寺住職、建仁寺住職を歴任し、南禅寺を開山した。また、臨済宗の五山派の開祖となった。 讖桂は、臨済宗の禅僧としてだけでなく、詩人としても活躍し、多くの詩を残している。また、書道にも優れ、多くの書を残している。 1385年に、京都の南禅寺で死去した。73歳。 讖桂は、臨済宗の五山派の開祖として、日本の禅宗の発展に大きく貢献した。また、詩人、書道家としても活躍し、日本の文化に大きな影響を与えた。