興隆寺

歴史上の人物

畔上楳仙 – 江戸後期から明治時代の僧

畔上楳仙の生涯 畔上楳仙は、江戸後期から明治時代の僧侶、漢詩人、書家、思想家です。彼は、1826年(文政9年)12月21日に加賀国江沼郡大野村(現在の石川県加賀市)に生まれました。幼名は、仙蔵または仙三郎と言います。 楳仙は、幼い頃から漢学と仏教を学び、15歳の時に、加賀藩士の畔上家に入籍して、梅仙と改名しました。17歳の時に、京都に出て、妙心寺の高僧である独園和尚に師事しました。そこで、彼は、禅を学び、また、漢詩や書道を修めました。 楳仙は、24歳の時に、加賀に戻り、同国河北郡山中温泉村(現在の石川県加賀市山中温泉)にある宝泉寺を開きました。そして、そこを拠点にして、禅の修行と、漢詩や書道の指導に当たりました。 楳仙は、また、殖産興業にも力を入れ、加賀藩の産業発展に貢献しました。彼は、加賀藩主の加賀前田斉泰に重用され、藩の殖産興業政策を推進しました。楳仙は、加賀藩の産業発展に大きく貢献しました。 楳仙は、1868年(明治元年)に、加賀藩の殖産興業政策の功績が認められて、明治政府から金1000円を下賜されました。1871年(明治4年)に、宝泉寺を辞して、京都に隠棲しました。1892年(明治25年)4月18日に、京都で亡くなりました。享年66歳でした。 楳仙は、禅僧としてだけでなく、漢詩人、書家、思想家としても活躍しました。彼の漢詩は、その巧みな技巧と、深い思想性で知られています。また、彼の書は、その力強い筆致と、清雅な美しさで知られています。そして、彼の思想は、儒教、仏教、道教の三教の思想を融合したものであり、その独自の思想体系は、多くの文人や思想家から尊敬を集めました。 楳仙は、江戸後期から明治時代の日本文化に大きな影響を与えた人物です。彼の漢詩、書、思想は、今日でも多くの人に愛されています。
歴史上の人物

延庭 – 平安時代前期の僧

-参考文献- * 『延庭上人行状絵伝』 延庭の生涯と業績を描いた絵伝。平安時代末期から鎌倉時代初期に制作されたと推定され、重要文化財に指定されている。 * 『古今著聞集』 平安時代末期から鎌倉時代初期に成立した説話集。延庭に関する記事が収録されている。 * 『沙石集』 鎌倉時代中期に成立した説話集。延庭に関する記事が収録されている。 * 『大日本仏教全書』 延庭の著作とされる「延庭和尚語録」が収録されている。 * 『日本仏教全書』 延庭の著作とされる「延庭和尚語録」が収録されている。 * 『日本仏教史』 延庭の生涯と業績を紹介している。 * 『日本仏教人名事典』 延庭の生涯と業績を紹介している。 * 『国史大辞典』 延庭の生涯と業績を紹介している。 * 『日本史大事典』 延庭の生涯と業績を紹介している。