花和田村

歴史上の偉人

「高梨忠学」

-高梨忠学とは- 高梨忠学(たかなし ただ学、1571年1月28日(元亀2年1月1日) - 1652年1月7日(慶安4年12月6日))は、江戸時代初期の武士、旗本。通称は清左衛門。諱は忠学。号は道円。 -経歴- 高梨忠学は、1571年に信濃国佐久郡田口村(現在の長野県佐久市)に生まれた。父は高梨忠清、母は三好氏の娘。幼名は万太郎。1582年(天正10年)、本能寺の変の際に織田信長が横死すると、武田勝頼の軍勢が信州に侵攻。忠学は父とともに武田軍と戦い、数々の武功を挙げた。しかし、武田氏は織田・徳川連合軍に敗北し、滅亡した。 その後、忠学は徳川家康に仕えた。1590年(天正18年)、小田原征伐に参加。1593年(文禄2年)、朝鮮出兵に従軍。1598年(慶長3年)、関ヶ原の戦いでは東軍に属し、功績を挙げた。戦後、忠学は旗本として取り立てられ、500石を与えられた。 1603年(慶長8年)、江戸幕府が開設されると、忠学は幕臣となった。その後、大坂の陣にも従軍し、天王寺の戦いで負傷した。1615年(元和元年)、忠学は江戸城西の丸の警備を命じられ、晩年は老中を務めた。 1652年(慶安4年)、忠学は82歳で江戸で死去した。 -人物- 高梨忠学は、勇猛果敢で知られた武将であった。また、和歌や書画にも優れており、文人としても活躍した。忠学は、江戸幕府の初期を支えた功臣であり、徳川家康からも厚い信頼を受けていた。 -逸話- 高梨忠学には、次のような逸話がある。 ・忠学は、朝鮮出兵の際に捕虜になった朝鮮人の女性を妻とした。この女性は、後に忠学の嫡男を産んだ。 ・忠学は、江戸城西の丸の警備を命じられていた際に、夜中に城内で怪異な音が聞こえた。忠学は、一人で怪異の正体を突き止め、退治した。 ・忠学は、老中を務めていた際に、賄賂を贈られても受け取らず、廉潔な政治を行った。 -評価- 高梨忠学は、江戸幕府の初期を支えた功臣であり、徳川家康からも厚い信頼を受けていた。忠学は、勇猛果敢で知られた武将であり、和歌や書画にも優れていた。忠学は、江戸幕府の初期を支えた功臣であり、徳川家康からも厚い信頼を受けていた。