花山院家理

歴史上の偉人

高橋清臣:幕末の尊攘運動家

豊前下毛郡の出身 高橋清臣は、豊前国下毛郡大里村(現在の福岡県北九州市八幡西区大里町)に生まれました。父は高橋清信、母は高梨氏です。高橋家は代々下毛郡の豪族で、清臣の生家は「高橋屋敷」と呼ばれ、現在でもその跡地が残されています。 清臣は幼い頃から聡明で、8歳の時に藩校である「豊国学舎」に入学しました。学舎では儒学や兵学を学び、特に兵学には優れていました。18歳で学舎を卒業し、藩主の小笠原長行に仕官しました。 長行は清臣の才能を高く評価し、清臣を江戸に派遣しました。江戸では、清臣は様々な人物と交流し、尊攘運動に参加しました。清臣は、尊攘運動のリーダーである吉田松陰や久坂玄瑞と親交を深め、倒幕運動に尽力しました。 1864年(元治元年)、清臣は禁門の変で戦死しました。享年25歳。清臣の死は、尊攘運動に大きな影響を与え、倒幕運動をさらに激化させることになりました。 清臣は、豊前下毛郡の出身であり、尊攘運動の功労者の一人です。清臣の生家は「高橋屋敷」と呼ばれ、現在でもその跡地が残されています。清臣の墓は、福岡県北九州市八幡西区大里町にある「高橋清臣墓所」にあり、国の史跡に指定されています。
歴史上の偉人

児玉幸助→ 悲劇の幕末志士

-児玉幸助の生涯- 児玉幸助は、幕末の志士で、尊王攘夷思想を掲げ、倒幕運動に参加した。しかし、その志は叶わず、悲劇的な最期を遂げた。 児玉幸助は、1841年に肥前国小城郡多久村(現在の佐賀県多久市)に生まれた。幼い頃から英才教育を受け、1862年(文久2年)に江戸に出て、緒方洪庵の適塾に入塾した。そこで、西洋の医学を学び、蘭学の知識を深めた。 1864年(元治元年)、児玉幸助は、尊王攘夷運動に参加するために京都に上り、長州藩の軍に加わった。しかし、幕府軍との戦いで敗北し、潜伏を余儀なくされた。 1868年(慶応4年)、幕府が倒れ、新政府が樹立されると、児玉幸助は新政府に出仕した。しかし、新政府の政策に疑問を抱き、やがて政府を批判するようになった。 1873年(明治6年)、児玉幸助は、西南戦争に参加するために鹿児島に帰郷した。しかし、政府軍との戦いで敗北し、捕らえられて処刑された。享年33歳だった。 児玉幸助は、尊王攘夷思想に殉じて、悲劇的な最期を遂げた志士として、現在でもその名を語り継がれている。
歴史上の偉人

児島三郎 – 幕末の尊攘運動家

- 幕末の尊攘運動家 -# 波乱に満ちた生涯 児島三郎は、幕末の尊攘運動家です。1836年、備前国児島郡(現在の岡山県倉敷市)に生まれました。父は児島量平、母は児島貞子です。幼少期から漢学や兵学を学び、尊王攘夷の思想に傾倒しました。 1853年にペリーが浦賀に来航すると、児島三郎は攘夷運動に参加します。1858年には、孝明天皇の攘夷詔勅に呼応して、一橋慶喜や水戸藩主徳川斉昭らと共に、江戸城に乗り込み、老中安藤信正を襲撃しました。しかし、この襲撃は失敗に終わり、児島三郎は捕らえられて投獄されました。 1860年に釈放された後は、尊攘運動を継続します。1861年には、島津久光の率いる薩摩藩軍に加わり、京都に進撃しました。しかし、薩摩藩軍は長州藩軍と対立し、京都で武力衝突が起こりました。児島三郎は、この戦闘で負傷し、薩摩藩軍とともに京都を撤退しました。 その後、児島三郎は長州藩に身を寄せ、桂小五郎や高杉晋作らと共に、攘夷運動を続けました。1863年には、下関戦争で長州藩軍を指揮し、イギリス、フランス、アメリカ、オランダの連合艦隊と戦いました。しかし、長州藩軍は敗北し、児島三郎は負傷して捕らえられました。 1864年に釈放された後は、長州藩軍に加わり、禁門の変に参加しました。しかし、禁門の変も失敗に終わり、長州藩軍は京都から撤退しました。児島三郎は、この戦闘で再び負傷し、長州藩に帰国しました。 1868年、明治維新が起こると、児島三郎は新政府軍に加わり、戊辰戦争で戦いました。戊辰戦争後、児島三郎は隠居し、1883年に東京で死去しました。 児島三郎は、幕末の尊攘運動家として、波乱に満ちた生涯を送りました。攘夷運動に参加し、投獄され、負傷し、捕らえられましたが、それでも尊攘運動を諦めませんでした。児島三郎の尊攘運動への献身は、明治維新の実現に大きく貢献しました。
歴史上の偉人

原田七郎について

-生涯- 原田七郎は、1903年(明治36年)に岡山県に生まれました。早稲田大学を卒業後、1926年(昭和元年)に朝日新聞に入社しました。その後、1932年(昭和7年)に退社して渡欧し、ベルリン大学で哲学を学びました。 1934年(昭和9年)に帰国後、朝日新聞に復職し、1941年(昭和16年)に論説委員となりました。1945年(昭和20年)8月に終戦を迎え、同年10月に朝日新聞を退社しました。 その後、1946年(昭和21年)に日本共産党に入党し、1947年(昭和22年)に衆議院議員に当選しました。1949年(昭和24年)には、共産党党綱草案起草委員会の委員長を務めました。 しかし、1950年(昭和25年)に朝鮮戦争が勃発すると、共産党の武装闘争方針に反対して除名されました。その後は、社会党に入党し、1952年(昭和27年)に参議院議員に当選しました。 1955年(昭和30年)に、社会党を離党して無所属となり、1958年(昭和33年)に参議院議員を辞職しました。その後は、評論活動などに専念しました。 原田七郎は、1971年(昭和46年)に68歳で亡くなりました。