芸術祭優秀賞

エンターテインメント

梅若玄祥2代:昭和後期から平成時代の能楽師の軌跡

-梅若玄祥2代の生涯と経歴- 梅若玄祥2代は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した能楽師です。1932年、京都市で梅若玄祥の次男として生まれました。5歳の頃から父から能を学び、1945年に初舞台を踏みました。1951年に梅若玄祥を襲名し、2代目を襲名しました。 1953年に重要無形文化財「能楽」保持者に認定され、以降、国内外の公演で活躍しました。また、1973年から1992年まで、人間国宝にも認定されました。 梅若玄祥2代は、能楽の伝統を重んじながらも、新たな演出や作品に挑戦し続けました。また、能楽の普及にも尽力し、各地で講演会やワークショップを開催しました。 1992年、60歳の若さで亡くなりましたが、その才能と功績は、現在もなお語り継がれています。 梅若玄祥2代の生涯と経歴を、より詳しく見てみましょう。 * 1932年京都市で梅若玄祥の次男として生まれる。 * 1945年初舞台を踏む。 * 1951年梅若玄祥を襲名し、2代目を襲名する。 * 1953年重要無形文化財「能楽」保持者に認定される。 * 1973年人間国宝に認定される。 * 1992年60歳の若さで亡くなる。 梅若玄祥2代は、能楽の伝統を重んじながらも、新たな演出や作品に挑戦し続けました。また、能楽の普及にも尽力し、各地で講演会やワークショップを開催しました。その才能と功績は、現在もなお語り継がれています。
ミュージシャン

「杵屋巳太郎(7代)」-昭和・平成期の名三味線方

-杵屋巳太郎(7代)- -杵屋巳太郎(7代)の生涯と経歴- 杵屋巳太郎(7代)は、昭和・平成期の名三味線方として知られる人物である。本名は佐藤清一。 1923年に東京都に生まれる。4歳から三味線を始め、13歳で初舞台を踏む。16歳で三味線方の名手である杵屋巳太郎(6代)に入門し、杵屋巳太郎(7代)を襲名する。 1945年に松竹芸能と専属契約を結び、漫才やコントの伴奏を務める。1950年に独立し、三味線一座を結成して全国各地を巡業する。 1955年にNHKに出演し、三味線の魅力を全国に広める。1960年には東京オリンピックの開会式で三味線を披露し、海外からも注目を集める。 1970年代からは、歌舞伎や邦楽の公演に携わる。1980年には人間国宝に認定され、三味線界の第一人者としての地位を確立する。 1990年代には、海外公演を積極的に行い、日本の伝統音楽を世界に発信する。2000年には、長年三味線の普及に努めた功績が認められ、文化功労者に選ばれる。 2008年に85歳で逝去。三味線界に多大な功績を残した偉大な三味線方として、その名は後世に語り継がれることだろう。
エンターテインメント

浪曲師 春野百合子(2代)

浪曲界のサラブレッド 春野百合子(2代)は、浪曲界のサラブレッドとして知られています。幼い頃から浪曲を聴き、浪曲師になることを夢見ていました。15歳で浪曲師としてデビューし、その後、数々の賞を受賞するなど、活躍を続けています。 春野百合子(2代)は、浪曲界の第一人者である初代春野百合子の娘として生まれました。幼い頃から浪曲を聴いて育ち、浪曲師になることを夢見ていました。15歳で浪曲師としてデビューし、その後、数々の賞を受賞するなど、活躍を続けています。 春野百合子(2代)は、浪曲師としての才能を高く評価されています。その語り口は、抑揚があり、メリハリがあって、聴き手を引き付ける力があります。また、浪曲の伝統を重んじながらも、新しいことに挑戦する姿勢もあり、浪曲界の発展に貢献しています。 春野百合子(2代)は、浪曲界のサラブレッドとして、今後も活躍を続けていくと思われます。彼女の浪曲に魅了された人は多く、これからも彼女の活躍に期待しています。
エンターテインメント

初井言栄:戦後演劇を代表する名女優

-劇団青年座の中心女優として活躍- 初井言栄は、劇団青年座の中心女優として活躍しました。青年座は、1953年に宇野重吉、杉村春子、千田是也らを中心として結成された劇団で、以降、日本の演劇界をリードする存在となります。 初井は、1954年に青年座に入団。1956年に『女の一生』で初舞台を踏み、その後は『セールスマンの死』『リア王』『マクベス』など数多くの舞台に出演しました。 1960年代になると、初井は劇団の中心的女優として活躍するようになります。1963年には『ハムレット』でオフィーリア役を演じ、その演技が高く評価されました。1965年には『リア王』でリーガン役を演じ、その冷酷で野心的な演技で観客を圧倒しました。 1970年代以降も、初井は舞台女優として活躍を続けました。1971年には『桜の園』でラーネフスカヤ夫人役を演じ、その気品ある演技で観客を魅了しました。1975年には『セールスマンの死』でリンダ役を演じ、その温かく包容力のある演技で観客を感動させました。 初井は、1990年に劇団青年座を退団しましたが、その後も舞台女優として活躍を続けました。2003年には『ハムレット』でガートルード役を演じ、その老練な演技で観客を唸らせました。2007年には『桜の園』でラーネフスカヤ夫人役を再び演じ、その深い演技で観客を魅了しました。 初井は、2011年に88歳で亡くなりましたが、その演技は今もなお多くの人々の記憶に残っています。彼女は、日本演劇界に大きな足跡を残した偉大な女優でした。
エンターテインメント

波乃久里子

-波乃久里子- -歌舞伎の子役から新派のトップ女優へ- 波乃久里子(なみのくりこ、1933年1月1日 - )は、日本の女優。本名、西倉喜久枝。元夫は俳優の細川俊之。 1933年(昭和8年)1月1日、東京府東京市浅草区浅草公園六区(現東京都台東区浅草)に生まれる。父親は歌舞伎役者の初代中村是好(本名西倉梅蔵)、母親は元新派女優の五代目中村川若。 1938年(昭和13年)、5歳で歌舞伎の舞台に初出演。当時、女形として人気を博していた父・中村是好の勧めで女形としてデビューした。1946年(昭和21年)、歌舞伎座の『仮名手本忠臣蔵』の「勘平切腹」で小姓役を演じ、注目を集める。 1949年(昭和24年)、16歳で新派に入団。新派の公演では、主に娘役として活躍した。1953年(昭和28年)、『新版 歌祭文』の娘おしの役で新派のトップ女優の座に昇り詰めた。 1955年(昭和30年)、『新版 歌祭文』の公演で共演した俳優の細川俊之と結婚。1958年(昭和33年)には、長男の細川直樹が誕生した。 その後も、新派の舞台で活躍を続けたが、1972年(昭和47年)に細川俊之と離婚。1975年(昭和50年)には、新派を退団した。 新派退団後は、テレビドラマや映画に出演。1977年(昭和52年)、NHK朝の連続テレビ小説『いちばん星』に主演し、一躍人気女優となった。 1980年代以降も、テレビドラマや映画に出演し、活躍を続けている。現在でも、日本のトップ女優の一人として活躍している。
ミュージシャン

~打楽器奏者~吉原すみれ(1949-)

-吉原すみれの生い立ちと経歴- 吉原すみれは、1949年、愛知県名古屋市に生まれた。幼少期から音楽に親しみ、5歳の頃にはピアノを習い始める。10歳の頃には、打楽器に興味を持ち、本格的に打楽器を学び始める。 吉原すみれは、地元の音楽学校を卒業後、上京。音楽大学に進学し、打楽器を専攻する。大学卒業後は、フリーの打楽器奏者として活動を開始。様々なオーケストラやアンサンブルに参加し、演奏活動を行う。 1980年代に入ると、吉原すみれは、ソロ活動にも力を入れるようになる。1983年には、初のソロアルバム「すみれ」をリリース。このアルバムは、大ヒットとなり、吉原すみれの名を一躍有名にする。その後も、コンスタントにソロアルバムをリリースし、国内外で演奏活動を展開する。 吉原すみれの演奏は、その卓越したテクニックと、豊かな音楽性が高く評価されている。世界各地の音楽祭やコンクールで賞を受賞しており、国際的に活躍する打楽器奏者として知られている。 吉原すみれは、打楽器の可能性を追求し、新しい打楽器奏法を開発してきた。また、打楽器のための新しい作品を委嘱し、世界初演を行うなど、打楽器界の発展に貢献している。 吉原すみれは、現在も、国内外で演奏活動を続けている。また、後進の指導にも力を入れており、音楽大学で打楽器を教えている。
エンターテインメント

舞踊家「藤間蘭景」について

藤間蘭景の生涯 藤間蘭景は、1910年(明治43年)10月10日に東京市下谷区金杉下町(現在の東京都台東区下谷)に生まれました。本名は藤間重徳。父は能楽師の藤間勘右衛門、母は日本舞踊家の藤間としでした。蘭景は幼い頃から舞踊を学び、1924年(大正13年)に藤間流家元・藤間勘右衛門に入門。1930年(昭和5年)に初舞台を踏み、1935年(昭和10年)には藤間蘭景を名乗りました。 1940年(昭和15年)に藤間流を継承し、家元となりました。蘭景は、日本舞踊の伝統を守りながら、新しい舞踊の創造にも意欲的に取り組みました。1955年(昭和30年)には、藤間流の新しい舞台芸術「藤間流舞踊会」を創設。また、1960年(昭和35年)には、日本舞踊界の若手舞踊家を発掘し、育成するための「藤間流舞踊コンクール」を創設しました。 蘭景は、日本舞踊の普及にも努め、1965年(昭和40年)に藤間流舞踊研究所を設立。後進の指導にあたり、多くの舞踊家を育てました。また、1970年(昭和45年)には、日本舞踊の振興を目的とした「日本舞踊協会」を設立。初代会長に就任しました。 蘭景は、1980年(昭和55年)に紫綬褒章を受章。1985年(昭和60年)には文化功労者に選ばれました。1990年(平成2年)12月24日に死去。享年80歳でした。 蘭景は、日本舞踊界に多大な功績を残した舞踊家でした。その功績は、日本舞踊の伝統を守りながら、新しい舞踊の創造にも意欲的に取り組んだこと、日本舞踊の普及と振興に努めたことなどがあげられます。蘭景の死は、日本舞踊界に大きな損失となりました。
ミュージシャン

– 7代目 宇治 紫文 (うじ しぶん)

浄瑠璃演奏家としての歩み 宇治紫文は、浄瑠璃演奏家として、多くの名作を残しました。 その中でも特に有名なのが「曽根崎心中」です。この作品は、曽根崎の新地で暮らす遊女のお初と、その愛人である商人徳兵衛の悲恋を描いたものです。 宇治紫文はこの作品で、お初と徳兵衛の心情を、見事に三味線で表現しました。 その演奏は、聴衆の心に深く響き、大絶賛を受けました。 この作品をきっかけに、宇治紫文は一躍、人気浄瑠璃演奏家となりました。 その後、宇治紫文は、多くの作品で三味線を演奏しました。 その中には、「仮名手本忠臣蔵」や「義経千本桜」など、日本の浄瑠璃史に残る名作も含まれています。 宇治紫文は、その卓越した三味線演奏で、浄瑠璃界に大きな足跡を残しました。 その功績は、今日でも語り継がれています。
作家

小説家・脚本家 大林清の生涯と作品

- 大林清の生い立ちと初期の活動 大林清は、1930年8月9日に広島県尾道市で生まれました。 幼少期は、父の仕事の関係で各地を転々とし、戦争中には疎開先の愛媛県で過ごしました。 1945年、15歳の時に広島に原爆が投下され、爆心地から約1キロの距離にいた大林清は、被爆しました。 戦後は、広島県立尾道商業学校に入学し、在学中は英語部と文芸部に所属していました。 1950年、卒業後に上京し、演劇を学ぶために俳優座養成所に入所しました。 しかし、1年後に退所して、松竹大船撮影所に入社しました。 松竹では、助監督として数々の作品に参加し、1955年に『芸者小夏』で監督デビューを果たしました。 1959年、フリーになり、テレビドラマの演出を手がけ始めました。 1961年、TBSテレビの『純愛物語』で大ヒットを記録し、一躍脚光を浴びるようになりました。 1969年、映画『青春の門』を監督し、大ヒットを記録しました。 この作品は、大林清の代表作の一つであり、後にシリーズ化されることになります。
芸術家

安部真知-舞台美術の世界を切り拓いた女性

生い立ちと女子美術専門学校時代 安部真知は、1934年1月15日に東京で生まれた。父親は外交官で、母親は画家である。幼い頃から絵画に親しみ、9歳の時に美術教室に通い始める。1952年に女子美術専門学校(現女子美術大学)に入学し、日本画を専攻する。 女子美術専門学校では、日本画の伝統的な技法を学びながら、洋画や彫刻などの他のジャンルの美術にも関心を持ち、様々な作品を制作した。特に、舞台美術に興味を持ち、在学中に舞台美術の授業を受講し、舞台装置の制作を始める。 1956年、女子美術専門学校を卒業し、舞台美術家として活動を開始する。当初は、小劇場や学生演劇の舞台装置を手がけていたが、その後、メジャーな劇団やオペラの舞台装置も手がけるようになる。 1960年代には、安部真知の舞台美術は、その革新性と美しさで注目を集め、多くの賞を受賞する。1964年には、東京オリンピックの開会式と閉会式の舞台装置を手がけ、その功績が讃えられた。 1970年代以降も、安部真知は舞台美術家として活躍を続け、多くの作品を発表した。1980年には、紫綬褒章を受章し、1994年には、文化功労者に選ばれた。 2000年、安部真知は亡くなったが、その功績は今もなお語り継がれている。彼女の作品は、国内外の美術館に収蔵されており、多くの人々に愛されている。
エンターテインメント

「花柳茂香」

-花柳茂香の生涯- 花柳茂香は、1896年(明治29年)4月2日、東京府東京市本郷区(現・東京都文京区)に生まれた。本名は、鈴木とみ。父は、鈴木宗七、母は、鈴木ハマ。 茂香は、幼い頃から舞踊に興味を持ち、10歳の時に花柳流の師匠である花柳壽輔に入門した。15歳で初舞台を踏み、その後、花柳流の若手として活躍する。 1917年(大正6年)、茂香は、花柳壽輔の養女となり、花柳茂香を襲名した。襲名後は、花柳流の看板女優として活躍し、数々の舞台に出演した。 1923年(大正12年)、関東大震災が発生した。茂香は、震災で被災し、一時的に舞踊活動を中断した。しかし、その後、活動を再開し、再び花柳流の看板女優として活躍する。 1945年(昭和20年)、第二次世界大戦が終結した。茂香は、戦後の日本舞踊界を牽引する存在となり、数々の舞台に出演した。また、花柳流の師匠としても活躍し、多くの弟子を育てた。 1976年(昭和51年)、茂香は、花柳流の家元を襲名した。家元襲名後は、花柳流の発展に尽力し、数々の舞台に出演した。また、日本舞踊の普及にも努めた。 1990年(平成2年)、茂香は、肺炎のため死去した。享年94。茂香は、日本の舞踊界に大きな足跡を残した偉大な舞踊家として、今も多くの人々に敬愛されている。
エンターテインメント

浅利香津代:卓越した演技力を持つ女優の生涯と功績

-劇団新人会と前進座での初期のキャリア- 浅利香津代は、劇団新人会で演劇のキャリアをスタートさせた。劇団新人会は、1938年に村山知義によって設立された劇団で、浅利は1942年に同劇団に参加した。劇団新人会では、リアリズム演劇や労働演劇を中心に活動し、浅利は数多くの舞台に出演した。 1945年、劇団新人会は解散し、浅利は前進座に参加した。前進座は、1931年に青山杉作によって設立された劇団で、左翼演劇やプロレタリア演劇を中心に活動していた。浅利は、前進座でも数多くの舞台に出演し、その演技力が評価された。 1948年、浅利は前進座を退団し、フリーランスの女優として活動を開始した。フリーランスになってからも、浅利は数多くの舞台に出演し、その活躍は続いた。 浅利香津代の劇団新人会と前進座での初期のキャリアは、彼女の演劇人生の基礎を築いた。浅利は、これらの劇団でリアリズム演劇や労働演劇、左翼演劇やプロレタリア演劇など、さまざまなジャンルの演劇を経験し、その演技力を磨いた。これらの経験が、浅利を日本を代表する女優の一人にしたのである。
ミュージシャン

池辺晋一郎:日本の作曲家で活躍する音楽の巨匠

-音楽界に革新をもたらした異才の作曲家- 池辺晋一郎は、日本を代表する作曲家で、その革新的な音楽は世界的に高く評価されています。彼は、伝統的な音楽の形式や構造を破り、新しい音の世界を切り開いたことで知られています。 池辺晋一郎は、1931年に東京に生まれました。幼い頃から音楽に興味を持ち、10歳の時に作曲を始めました。彼は、東京芸術大学で作曲を学び、その後、渡仏してパリ音楽院で学びました。パリでは、当時の音楽界の最先端に触れ、大きな影響を受けました。 帰国後、池辺晋一郎は、すぐに日本の音楽界で頭角を現しました。彼は、数多くの作品を発表し、そのどれもが革新的なものでした。彼の音楽は、伝統的な音楽の形式や構造を破り、新しい音の世界を切り開いたものでした。 池辺晋一郎の音楽は、世界中で高く評価されています。彼は、数多くの賞を受賞しており、その作品は世界中のオーケストラやアンサンブルによって演奏されています。また、彼は、世界的にも有名な音楽祭に招待され、彼の音楽は世界中の人々に親しまれています。 池辺晋一郎は、日本の音楽界に大きな影響を与えた作曲家です。彼の革新的な音楽は、世界中で高く評価されており、その作品は世界中の人々に親しまれています。
エンターテインメント

佐藤太圭子 – 沖縄の舞踊界に新風を吹き込んだ舞踊家

-琉球舞踊を革新した卓越したダンサー- 佐藤太圭子は、革新的な解釈と卓越したパフォーマンスで琉球舞踊の世界に新しい風を吹き込んだダンサーです。彼女は、伝統的な琉球舞踊の美しさと複雑さを尊重しながらも、独自のアレンジを加え、現代的な観客にもアピールする作品を生み出しました。 佐藤さんは、1974年に沖縄県に生まれました。彼女は幼い頃から琉球舞踊を始め、すぐにその才能を現しました。1995年に沖縄県立芸術大学を卒業後、彼女はプロのダンサーとして活躍を始めました。 佐藤さんは、琉球舞踊の伝統的なスタイルを大切にしながらも、新しい要素を取り入れることを恐れません。彼女は、現代の音楽やダンスを取り入れた作品を発表し、多くの観客を魅了しました。また、彼女は琉球舞踊の普及にも熱心に取り組んでおり、国内外でワークショップや講演会を開催しています。 佐藤さんの功績は、国内外で高く評価されています。彼女は、2005年に沖縄県文化賞を受賞し、2010年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に琉球舞踊が登録されました。 佐藤さんは、琉球舞踊の未来を担うダンサーとして大きな期待を寄せられています。彼女は、伝統と革新を融合させた作品を創造し、琉球舞踊の魅力を世界に発信し続けています。 佐藤さんのダンスは、琉球舞踊の美しさと複雑さを余すところなく表現しています。彼女の卓越した技術と表現力は、観客を魅了し、琉球舞踊の新しい可能性を切り開いています。彼女は、琉球舞踊の未来を担うダンサーとして、大きな期待を寄せられています。
エンターテインメント

五月一朗 – 昭和-平成の浪曲師の生涯

- 五月一朗の生い立ちと入門 五月一朗は、1917年(大正6年)に東京府東京市本所区亀沢町(現在の東京都墨田区亀沢)に生まれた。本名は、戸枝一朗。父は、浪曲師の五代目蝶花楼馬楽、母は浪曲師の都家鈴子だった。 一朗は、幼い頃から浪曲を聴いて育ち、10歳の頃には父から浪曲の手ほどきを受けた。1930年(昭和5年)には、父の一座に加わり、浪曲師としての活動を始めた。芸名は、父から「五月一朗」と名付けられ、1933年(昭和8年)に、正式に五代目蝶花楼馬楽を襲名した。 一朗は、1930年代後半から1940年代前半にかけて、実力派の浪曲師として活躍した。当時の浪曲界は、菊池寛や吉川英治など、文壇の大家が作品を提供しており、一朗はこれらの作品を浪曲にして、多くの聴衆を魅了した。 しかし、1941年(昭和16年)に太平洋戦争が勃発すると、浪曲界も大きな影響を受けた。一朗は、戦時中に軍隊に召集され、戦場に赴いた。一朗は、戦地で多くの戦友を失い、自身も負傷した。 1945年(昭和20年)に戦争が終結すると、一朗は浪曲界に復帰した。一朗は、戦後の混乱期にあって、浪曲の復興に尽力した。また、一朗は、新しい浪曲のスタイルを確立し、浪曲界の発展に貢献した。 一朗は、1996年(平成8年)に脳梗塞で倒れ、芸能活動を引退した。一朗は、2001年(平成13年)に死去した。
エンターテインメント

藤野節子→ 四季を代表する女優の生涯と功績

藤野節子→ 四季を代表する女優の生涯と功績 藤野節子の生い立ちと経歴 藤野節子は、1934年5月22日に東京都に生まれた。父は劇作家・演出家の藤野浩一、母は女優の藤野トヨ。両親の影響で幼い頃から演劇に親しみ、小学6年生の時に劇団四季の児童劇団に入団した。 劇団四季で多くの作品に出演し、1953年に『美女と野獣』のお転婆娘役でデビュー。その後も『西遊記』『どん底』『ハムレット』など数多くの舞台に立ち、その演技力と存在感で頭角を現した。 1962年には劇団四季を退団し、フリーランスとして活動をスタートさせた。映画やテレビドラマにも出演するようになり、1964年には映画『東京オリンピック』でヒロインの役を演じた。 1969年にはテレビドラマ『氷点』で主演を務め、大ヒットを記録。一躍トップ女優の仲間入りを果たした。その後も『華麗なる一族』『阿修羅のごとく』『渡る世間は鬼ばかり』など数々のドラマに出演し、国民的人気女優となった。 藤野節子は、その演技力と存在感で日本演劇界に多大な貢献をした。1996年には紫綬褒章、2003年には文化功労者に選ばれた。2008年に74歳で亡くなったが、その功績は今もなお語り継がれている。