芸術院会員

作家

芹沢光治良:昭和時代の小説家

-芹沢光治良の生涯と遍歴- 芹沢光治良は昭和時代の小説家です。1894年(明治27年)、新潟県中頸城郡大島村(現在の糸魚川市)に生まれました。旧制新潟中学校(現在の新潟県立新潟高等学校)卒業後、早稲田大学英文科に入学しましたが、中退して新聞記者となりました。 その後、上京して文壇にデビューしました。1920年(大正9年)、処女作「家」を発表。1922年(大正11年)、『早稲田文学』に掲載された「赤とんぼ」で文壇に認められました。その後も、多くの小説を発表し、1935年(昭和10年)に第6回芥川賞を受賞しました。 芹沢光治良の小説は、人生の機微や社会の矛盾を鋭く描き、多くの読者に支持されました。特に、農村を舞台とした小説が多く、リアリズムに満ちた農村生活を描いた「家」や「土」などが代表作として知られています。 芹沢光治良は、1945年(昭和20年)、51歳で死去しました。しかし、その作品は今もなお多くの読者から愛され続けています。 芹沢光治良の生涯は、波乱に満ちたものでした。貧しい農家の長男として生まれ、幼い頃から苦労を重ねました。しかし、その苦労を糧に作家として大成し、昭和の文壇に大きな足跡を残しました。 芹沢光治良の遍歴は、日本近代文学史の縮図とも言えるでしょう。彼は、明治・大正・昭和の激動の時代を生き抜き、その時代の空気を小説の中に描き込みました。彼の作品は、当時の社会や人々の暮らしをを知る貴重な資料となっています。
芸術家

その人生とその作品:進藤武松

駆け出しの新人の時代 進藤武松は1904年、岐阜県で生まれました。父親は医師であり、母親は看護師でした。武松は幼い頃から絵を描くことが好きで、よくスケッチブックに絵を描いていました。 1922年、武松は東京美術学校に入学します。東京美術学校は、日本を代表する美術大学であり、多くの著名な芸術家を輩出しています。武松は東京美術学校でデッサンや油絵を学び、次第に絵の才能を開花させていきます。 1926年、武松は東京美術学校を卒業します。卒業後は、画家として活動を開始します。当初は、なかなか作品が売れず苦労しましたが、次第に頭角を現し始めます。 1930年、武松は第1回新文展に出品した作品「都会の風景」が特選を受賞します。新文展は、政府主導の美術展覧会であり、当時の日本画壇を代表する展覧会でした。武松はこの受賞をきっかけに、一躍注目を集めるようになります。 1932年、武松は第2回新文展に出品した作品「山と川」が文部大臣賞を受賞します。文部大臣賞は、新文展の最高賞であり、武松はこの受賞によって、日本画壇のトップアーティストの仲間入りを果たします。 1934年、武松は第3回新文展に出品した作品「春の海」が帝国美術院賞を受賞します。帝国美術院賞は、新文展よりもさらに格上の賞であり、武松は日本画壇の最高峰に上り詰めます。 武松は、その後も数多くの作品を発表し、日本画壇を牽引する存在として活躍します。1976年、武松は72歳で亡くなりました。
ミュージシャン

三善晃~戦後の日本音楽の国際化を担った作曲家~

-三善晃の生涯と経歴- 三善晃(みよし あきら、1933年1月30日 - 2013年12月28日)は、日本の作曲家、サクソフォーン奏者。戦後の日本音楽の国際化に貢献し、日本のクラシック音楽界を代表する作曲家の一人である。 三善晃は、1933年に東京で生まれた。幼少期から音楽に興味を持ち、10歳の時にサクソフォーンを始める。その後、東京芸術大学に進学し、作曲とサクソフォーンを専攻した。 大学卒業後、三善晃はサクソフォーン奏者として活動を開始した。1957年には、東京サクソフォーン四重奏団を結成し、日本のクラシック音楽界で活躍した。 1960年代になると、三善晃は作曲家としても頭角を現した。1961年に「交響曲第1番」を作曲し、1964年には「管弦楽のための『宮沢賢治』」を作曲した。これらの作品は、日本のクラシック音楽界で高い評価を受け、三善晃は作曲家として確固たる地位を築いた。 1970年代になると、三善晃は国際的な活躍を開始した。1971年には、ニューヨーク・フィルハーモニック交響楽団に客演し、1973年には、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団に客演した。これらの演奏会は大きな成功を収め、三善晃は世界的な作曲家として認められた。 1980年代には、三善晃は東京芸術大学教授に就任した。1989年には、文化勲章を受章し、日本のクラシック音楽界の最高峰の栄誉に輝いた。 三善晃は、2013年12月28日に東京都内で死去した。享年80歳。 三善晃は、日本のクラシック音楽界に大きな足跡を残した作曲家である。彼の作品は、日本の伝統と西洋の音楽を融合した独自のスタイルで、日本のクラシック音楽界の発展に大きく貢献した。
作家

「宮柊二」:昭和を代表する歌人

生涯と業績日本の原風景を歌った歌人 宮柊二は、1901年1月7日に福岡県筑後市に生まれました。幼少期から文学に興味を持ち、17歳の頃には歌人としての活動をスタートさせました。1929年には第一歌集「朱門」を出版し、歌壇にデビューしました。 宮柊二は、日本の原風景を歌った歌人として知られています。彼の歌は、日本の風土や自然の美しさ、人々の生活や営みなどをありのままに詠んでいます。また、宮柊二は戦争や社会問題にも積極的に取り組み、その歌で人々に平和や自由の大切さを訴えました。 宮柊二は、1953年に文化勲章を受章しました。1964年には、朝日新聞創刊70周年記念事業の一環として、全国の短歌愛好者から作品を募集し、その中から優れた歌を選んだ「朝日歌壇賞」を創設しました。宮柊二は、この賞の初代選考委員を務めました。 宮柊二は、1976年4月17日に東京都練馬区の自宅で死去しました。享年75歳でした。彼の死は、歌壇に大きな衝撃を与え、多くの人々がその死を悼みました。 宮柊二は、昭和を代表する歌人として、日本の歌壇に大きな足跡を残しました。彼の歌は、今も多くの人々に愛され、歌い継がれています。
芸術家

野田九浦:明治~昭和を駆け抜けた

-野田九浦の生涯- 野田九浦(1871-1947)は、日本の政治家、ジャーナリストである。衆議院議員を16期務め、内務大臣、外務大臣、文部大臣、法務大臣を歴任した。 野田九浦は、1871年に山口県に生まれた。1896年に東京帝国大学を卒業し、内務省に入省した。その後、地方官として熊本県、愛知県、茨城県、東京府などで勤務した。 1908年に衆議院議員に当選し、政治家としてのキャリアをスタートさせた。1914年に第1次世界大戦が勃発すると、野田九浦は原敬内閣の外務大臣として、連合国側に立って参戦を決定した。 1918年に原敬が暗殺されると、野田九浦は内閣総理大臣に就任した。しかし、同年の米騒動や朝鮮独立運動の激化など、国内外に多くの問題を抱えており、1922年に総辞職した。 その後、野田九浦は政界を引退し、ジャーナリストとして活動した。1947年に死去した。 -野田九浦の功績- 野田九浦は、日本の近代史において重要な役割を果たした人物である。第一次世界大戦では、連合国側に立って参戦を決定し、日本の勝利に貢献した。また、内閣総理大臣としても、米騒動や朝鮮独立運動などの多くの問題を乗り切った。 野田九浦は、日本の近代化に尽力した人物でもあった。内務大臣として、地方自治制度の整備や公共事業の推進に努めた。また、文部大臣として、教育制度の改革や大学の拡充に貢献した。 野田九浦は、日本の近代史において重要な役割を果たした人物であり、その功績は今日でも高く評価されている。
作家

小沼丹

-小沼丹の生涯- 小沼丹は、昭和初期に活躍した登山家で、日本山岳会の会員、北アルプスの主峰である槍ヶ岳の初登頂者です。 1895年(明治28年)に東京府(現在の東京都)に生まれ、東京府立第一中学校(現在の東京都立日比谷高等学校)を卒業後は、東京帝国大学(現在の東京大学)に進学し、経済学部で学びました。 大学卒業後は、日本山岳会に入会し、山登りを始めます。1917年(大正6年)には、北アルプスの主峰である槍ヶ岳の初登頂に成功し、一躍有名になりました。 槍ヶ岳の初登頂は、それまで不可能と言われていましたが、小沼丹は、細心の注意を払って計画を立て、慎重に登頂を敢行しました。彼の登頂は、登山界に大きな衝撃を与え、登山ブームを巻き起こしました。 小沼丹は、槍ヶ岳の初登頂以外にも、数々の功績を残しています。1925年(大正14年)には、日本山岳会の会長に就任し、山岳会の発展に尽力しました。また、1936年(昭和11年)には、日本山岳会が主催する「日本登山隊」の隊長として、ヒマラヤ遠征隊を率い、エベレストの登頂を目指しましたが、惜しくも失敗に終わりました。 小沼丹は、1940年(昭和15年)に、44歳の若さで亡くなりました。彼の死は、登山界に大きな衝撃を与え、多くの人々が彼の死を悼みました。 小沼丹は、日本の登山界の黎明期に活躍した偉大な登山家で、彼の功績は現在も高く評価されています。
芸術家

澄川喜一→ 日本刀や神社・仏閣の屋根にみられる「そりのあるかたち」で日本の伝統美を追求した彫刻家

-澄川喜一の経歴と功績- 澄川喜一は、1932年に北海道に生まれました。幼い頃から彫刻に興味を持ち、東京芸術大学彫刻科に入学し、彫刻を学びました。大学卒業後はフランスに留学し、ロダン美術館で彫刻を学びました。帰国後、東京都日野市にアトリエを構え、彫刻の制作を続けました。 澄川喜一の彫刻は、日本刀や神社・仏閣の屋根にみられる「そりのあるかたち」を基調としています。澄川喜一は、この「そりのあるかたち」を日本の伝統美と考えており、この形を追求した彫刻を制作しました。 澄川喜一の彫刻は、国内外で高く評価され、多くの賞を受賞しました。代表作である「馬」は、東京国立近代美術館に所蔵されています。また、澄川喜一の彫刻は、海外の美術館にも収蔵されており、世界中の人々から愛されています。 澄川喜一は、2018年に86歳で亡くなりましたが、彼の彫刻は今もなお多くの人々を魅了しています。澄川喜一の彫刻は、日本の伝統美を追求したものであり、日本の文化を世界に発信した功績は非常に大きいです。 澄川喜一が受賞した賞の一部を紹介します。 * 1963年第1回日展新人賞 * 1965年第3回日展特選 * 1968年第6回日展特選 * 1970年第7回日展特選 * 1972年第8回日展特選 * 1974年第9回日展特選 * 1976年第10回日展特選 * 1978年第11回日展特選 * 1980年第12回日展特選 * 1982年第13回日展特選 * 1984年第14回日展特選 * 1986年第15回日展特選 * 1988年第16回日展特選 * 1990年第17回日展特選 * 1992年第18回日展特選 * 1994年第19回日展特選 * 1996年第20回日展特選 * 1998年第21回日展特選 * 2000年第22回日展特選 * 2002年第23回日展特選 * 2004年第24回日展特選 * 2006年第25回日展特選 * 2008年第26回日展特選 * 2010年第27回日展特選 * 2012年第28回日展特選 * 2014年第29回日展特選 * 2016年第30回日展特選 * 2018年第31回日展特選
作家

長与善郎 – 大正-昭和時代の小説家、劇作家

長与善郎の生涯と作品 長与善郎(1887-1957)は、大正から昭和にかけて活躍した日本の小説家、劇作家です。石川県金沢市に生まれ、旧制第四高等学校を経て、東京帝国大学文学部国文学科を卒業しました。卒業後は、東京朝日新聞社に入社し、記者として活躍しました。その後、文藝春秋社を創設し、文芸雑誌『文藝春秋』の編集長を務めました。 長与善郎は、小説家としては、社会風刺的な作品を多く執筆しました。代表作には、『官僚の横顔』(1927年)、『政党屋横丁』(1929年)、『選挙法改正』(1930年)などがあります。これらの作品は、当時の政治や社会の腐敗を鋭く批判しており、大きな反響を呼びました。 長与善郎は、劇作家としても活躍しました。代表作には、『親子鷹(1924年)、『鬼畜(1926年)、『自由の彼方(1927年)などがあります。これらの作品は、いずれも人間の弱さや醜さを描いたもので、多くの観客の共感を呼びました。 長与善郎は、文壇で活躍する一方で、社会活動にも積極的でした。1927年には、日本プロレタリア文芸同盟(ナップ)に参加し、社会主義運動に協力しました。その後、ナップが解散すると、日本無産者党に参加し、政治活動を続けました。 長与善郎は、1957年に死去しました。享年70歳でした。長与善郎の作品は、その社会風刺的な内容から、現在でも高く評価されています。
ミュージシャン

「多忠竜」

# 「多忠竜」 多忠竜は、平安時代中期から後期にかけて活躍した楽家。備後国(現在の広島県福山市)出身。雅楽界の巨匠として知られ、多くの弟子を育てた。 多忠竜は、10世紀後半に備後国に生まれた。幼い頃から音楽の才能を発揮し、10代の頃には京都に上京して雅楽を学び始めた。多忠竜は、すぐにその才能を認められ、雅楽界で頭角を現していった。 平安時代中期は、雅楽が盛んに行われていた時代であり、多忠竜は多くの雅楽の楽曲を作曲した。また、多忠竜は雅楽の演奏技術にも優れており、その演奏は多くの人々を魅了した。 多忠竜は、雅楽界で活躍する一方、多くの弟子を育てた。多忠竜の弟子の中には、後に雅楽界で活躍する多くの音楽家がおり、多忠竜は雅楽界の発展に大きく貢献した。 多忠竜は、11世紀前半に亡くなった。多忠竜の死後も、その音楽は多くの人々に愛され続け、現在でも雅楽の演奏会で多忠竜の楽曲が演奏されることがある。 - 雅楽界の巨匠 多忠竜は、雅楽界の巨匠として知られている。多忠竜は、雅楽の楽曲を多く作曲し、その演奏技術も優れていた。また、多忠竜は多くの弟子を育て、雅楽界の発展に大きく貢献した。 多忠竜の音楽は、現在でも多くの人々に愛され続けている。多忠竜の楽曲は、雅楽の演奏会で演奏されることが多く、また、多忠竜の音楽を題材にしたテレビドラマや映画も制作されている。 多忠竜は、雅楽界に大きな足跡を残した偉大な音楽家である。多忠竜の音楽は、現在でも多くの人々に愛され続けており、これからも長く語り継がれていくことであろう。
芸術家

山本文彦 – 自然と芸術

- 山本文彦の人物像と経歴 山本文彦は、1932年に京都府で生まれた芸術家です。彼は、幼い頃から自然に親しみ、その美しさに魅了されていました。大学卒業後、彼は日本画を勉強し、その卓越した技術を駆使して、自然の美しさを表現する作品を数多く制作しました。 山本文彦の作品は、その繊細さと優美さで知られています。彼は、自然の移ろいを巧みにとらえ、その美しさを余すところなく表現しています。彼の作品は、国内外で高い評価を受け、数多くの美術館やギャラリーで展示されています。 山本文彦は、芸術活動だけでなく、自然保護活動にも熱心に取り組んでいます。彼は、自然の美しさを未来の世代に残すために、環境保護の重要性を訴え続けています。また、彼は、自然保護を目的とした多くの団体に参加し、その活動に貢献しています。 山本文彦は、自然を愛し、その美しさを表現することに生涯を捧げた芸術家です。彼の作品は、多くの人々に自然の美しさを再認識させてくれました。また、彼の自然保護活動は、環境保護の重要性を世に知らしめるのに貢献しました。山本文彦は、日本を代表する芸術家として、これからも多くの人々に感動を届け続けていくでしょう。
芸術家

「高光一也」

-「中村研一に師事して活躍」- 「高光一也」は大正12年に東京に生まれました。10歳の頃に「中村研一」に師事して、書道を始めました。中村研一は、近代書道の巨匠として知られており、高光一也は中村研一の指導の下で、独創的で力強い書風を身につけました。 高光一也は、昭和23年に日本書芸院展に初入選を果たしました。その後、昭和28年に毎日書道展に初入選し、昭和34年に日本書芸院展で特選を受賞しました。昭和43年には、日本書芸院展で最高賞である内閣総理大臣賞を受賞しました。 高光一也は、昭和52年に日本書芸院の常務理事となり、昭和59年には日本書芸院の理事長になりました。また、昭和56年には、日本芸術院会員に推挙されました。 高光一也は、中村研一に師事して、近代書道の発展に貢献しました。高光一也の書風は、独創的で力強く、多くの書道家に影響を与えました。高光一也は、昭和63年に71歳で亡くなりましたが、その功績は今日でも高く評価されています。
芸術家

岩田藤七:ガラス工芸に新分野を拓いた昭和の匠

-ガラス工芸のパイオニア- 岩田藤七は、1893年(明治26年)に東京で生まれた。父はガラス工芸家であり、藤七は幼い頃から父の手ほどきを受け、ガラス工芸を学んだ。1913年(大正2年)に東京美術学校に入学し、本格的にガラス工芸を学び始めた。 藤七は、ガラス工芸の分野で数多くの功績を残した。1926年(昭和元年)には、日本の伝統的なガラス工芸である「江戸切子」の技法を応用し、新しいガラス工芸のスタイルを確立した。この新しいスタイルは、「藤七切子」と呼ばれ、国内外で高く評価された。 藤七はまた、ガラス工芸の教育にも力を注いだ。1932年(昭和7年)には、東京美術学校にガラス工芸科を設立し、後進の育成に尽力した。藤七のもとで学んだガラス工芸家は多く、日本のガラス工芸の発展に大きく貢献した。 藤七は、1965年(昭和40年)に文化功労者に選ばれた。1968年(昭和43年)、75歳で亡くなった。 藤七は、日本のガラス工芸の発展に大きく貢献したパイオニアである。藤七の功績は、現在も日本のガラス工芸に受け継がれている。
作家

「陳舜臣」-昭和後期-平成時代の小説家

- 江戸川乱歩賞、直木賞、日本推理作家協会賞を受賞 陳舜臣は、江戸川乱歩賞、直木賞、日本推理作家協会賞など、数々の文学賞を受賞している。 江戸川乱歩賞は、1954年に創設された推理小説の文学賞であり、日本の推理小説界で最も権威のある賞の一つである。陳舜臣は、1957年に「黒い画集」で江戸川乱歩賞を受賞した。 直木賞は、1935年に創設された純文学以外の小説の文学賞であり、日本の小説界で最も権威のある賞の一つである。陳舜臣は、1959年に「花と龍」で直木賞を受賞した。 日本推理作家協会賞は、1948年に創設された推理小説の文学賞であり、日本の推理小説界で最も権威のある賞の一つである。陳舜臣は、1962年に「九月の空」で日本推理作家協会賞を受賞した。 陳舜臣は、これらの文学賞を受賞したことで、日本を代表する小説家の一人としての地位を確立した。
芸術家

川崎普照-昭和・平成時代の彫刻家

川崎普照の経歴と作品 川崎普照は、1908年に東京に生まれ、1986年に東京都で亡くなった彫刻家です。本名は川崎弘ですが、普照という号を用いて活動しました。普照は、昭和・平成時代の彫刻界を代表する作家のひとりであり、数々の優れた作品を残しました。 普照は幼い頃から絵画や彫刻に興味を持ち、独学でその制作を始めました。1928年に東京美術学校を卒業後、彫刻家として本格的な活動をスタートさせました。普照の作品は、写実的なものから抽象的なものまで幅広く、その作風は時代の変遷とともに変化を遂げていきました。 普照の代表作のひとつに、1964年に東京都庁舎前に設置された「太陽の塔」があります。高さは70メートルあり、塔の内部には、太陽や月、星などのモチーフを象った彫刻が飾られています。「太陽の塔」は、普照の芸術を代表する作品であり、東京のランドマークのひとつとなっています。 普照はまた、1965年に東京オリンピックの聖火台を制作しました。聖火台は、高さ11メートルあり、日本の伝統的な技法である鍛金で作られています。聖火台は、オリンピックの開催中に聖火を灯し続け、大会を盛り上げました。 普照は、1970年に文化功労者に選ばれました。また、1976年には、東京芸術大学の教授に就任しました。普照は、1986年に東京都で亡くなりましたが、その作品は今もなお人々に愛され続けています。
作家

「舟橋聖一」

-舟橋聖一の生涯- 舟橋聖一(ふなばし・せいいち、1904年(明治37年)1月16日 - 1976年(昭和51年)1月15日)は、昭和期の日本の小説家、編集者である。 東京都に生まれる。旧制法政大学中退。銀行など数々の会社を経て、1927年(昭和2年)に小説『妻たちの特権』で文壇デビュー。1931年(昭和6年)から大衆雑誌の編集長を務めながら、1944年(昭和19年)『夜明け前』で直木三十五賞を受賞した。 戦後も『花と龍』『処女峰』などの小説を執筆し、1961年(昭和36年)に日本芸術院会員に選出された。1976年(昭和51年)に71歳で死去した。 舟橋聖一は、大衆小説から純文学まで幅広いジャンルで活躍した作家である。特に、戦前に執筆された『夜明け前』は、幕末から明治維新にかけての日本の社会を背景に、主人公の栄一が活躍する長編小説である。この作品は、明治維新の歴史を題材にした小説として高く評価され、多くの読者に親しまれている。 戦後は、純文学に転向し、『女どうし』『悪魔』などの小説を執筆した。これらの作品は、人間の内面を深く掘り下げた心理小説として評価されている。 舟橋聖一は、日本の近代文学史に大きな足跡を残した作家である。その作品は、今もなお多くの人々に読み継がれている。
芸術家

「藤本東一良」

藤本東一良の生い立ちと経歴 藤本東一良は、1943年、山口県に生まれました。 広島県の洋画界をリードする、洋画界の重鎮の故藤本兼一さんを父に、同じく洋画家で高い評価を得た洋画家の故藤本惠さんを母に、二人の画家を親に持ち、小学生時代から絵の才能を発揮しました。 東一良は9歳の時、洋画学校の聖地でもあった広島市立中央小学校に入学します。 広島市が原子爆弾の復興のシンボルとして、世界中から絵画を公募した「広島平和記念国際美術展」に作品を出品します。 東一良は、その平和記念展で、小学6年生ながら入選を果たし、最高位の文部大臣賞を受賞します。 中学生になった東一良が通ったのは、国立広島工業高等専門学校の前身の広島工業専攻科でした。 工業専攻科を卒業後は、日立製作所で8年間、設計エンジニアとして働きました。 そのおとなりの宝塚歌劇団の公演を観に行ったことがきっかけで、1967年に、宝塚歌劇団の舞台美術のデザイナーとして入団します。 東一良の初舞台は、1967年10月、「美しきメロディー」です。 東一良は、宝塚歌劇団で18年間にわたって、110作以上の公演の舞台装飾を手がけました。 1985年、東一良は、宝塚歌劇団を退団し、フリーの舞台美術作家として活動します。 舞台美術作家としては、宝塚歌劇団をはじめ、ミュージカル、新劇、歌舞伎、オペラなど、幅広いジャンルの舞台美術を手がけました。 海外でも、イギリスのロイヤル・オペラハウスや、アメリカのメトロポリタン歌劇場などで、舞台美術を手がけました。 2015年、東一良は、文化庁長官賞を受賞しました。 2016年には、旭日小綬章を受章しました。 など、数多くの賞を受賞しています。 東一良は、2023年現在も、精力的に舞台美術作家として活動しています。
芸術家

小林万吾 – 明治から昭和にかけて活躍した洋画家

-小林万吾の生涯 - 少年時代から晩年まで- 小林万吾は、1867年(慶応3年)10月1日に、東京府南葛飾郡砂村(現在の東京都葛飾区四ツ木)に、父・小林万助、母・まき子の長男として生まれました。万吾は、幼い頃から絵を描くことが好きで、10歳の頃には、地元の寺子屋に通いながら、浮世絵師の月岡芳年に入門し、絵画の基礎を学びました。 1882年(明治15年)に、万吾は、東京美術学校(現在の東京藝術大学)に入学し、洋画を学び始めました。東京美術学校では、黒田清輝、岡田三郎助、藤島武二などの著名な洋画家に師事し、写実的な画風を身につけました。 1890年(明治23年)に、万吾は、東京美術学校を卒業し、画家としての活動を本格的に開始しました。万吾は、1893年(明治26年)に、第1回太平洋画会展に出品し、入選を果たしました。その後、万吾は、文展や帝展などの主要な美術展覧会に出品を続け、多くの賞を受賞しました。 1900年(明治33年)には、万吾は、ヨーロッパに留学し、フランスのパリで、当時の最先端の洋画を学びました。万吾は、パリで、印象派やポスト印象派などの新しい芸術運動に触れ、それらの影響を受けて、自分の画風をさらに発展させました。 1905年(明治38年)に、万吾は、日本に帰国し、東京美術学校で教鞭をとりながら、画家としての活動を続けました。万吾は、1914年(大正3年)に、帝国美術院会員に選出され、1926年(大正15年)には、同院の院長に就任しました。 万吾は、1935年(昭和10年)に、心臓発作で死去しました。享年67歳。万吾は、明治から昭和にかけて活躍した日本の洋画家として、重要な役割を果たしました。万吾の作品は、写実的で繊細な筆致と、抒情的な雰囲気を備えており、多くの美術愛好家から愛されています。
芸術家

清水多嘉示 – 日本の彫刻家

-清水多嘉示の生涯- 清水多嘉示は、1897年1月1日に岐阜県土岐郡下石町(現・多治見市)に生まれました。幼い頃から絵画や彫刻に興味を示し、小学校卒業後は東京美術学校(現・東京藝術大学)彫刻科に入学しました。卒業後は彫刻家として活動を始め、1922年には文部省美術展覧会で特選を受賞しました。1925年には渡欧し、パリでロダンやブールデルに師事しました。1927年に帰国後は、東京美術学校教授に就任し、多くの彫刻家を育てました。1941年には文化勲章を受章しました。1974年1月26日、東京都渋谷区の自宅で死去しました。 清水多嘉示は、20世紀を代表する日本の彫刻家の一人です。彼の作品は、力強い表現と洗練されたフォルムで知られています。代表作には、「母と子」「裸婦」「馬」などがあります。清水多嘉示の作品は、国内外の美術館や公共施設に収蔵されています。
作家

―井上靖

井上靖の生涯 井上靖は、1907年(明治40年)1月18日、北海道上川郡士別町に生まれた。本名は井上靖雄。父は井上正次郎、母はとみ。井上靖は、4人きょうだいの長男であった。 井上靖は、士別尋常小学校に入学後、上川中学校に進学した。上川中学校では、文芸部に所属し、短歌や小説を書き始めた。井上靖は、上川中学校卒業後、北海道帝国大学予科に入学した。北海道帝国大学予科卒業後は、北海道帝国大学文学部英文科に進学した。 井上靖は、北海道帝国大学文学部英文科卒業後、東京朝日新聞社に入社した。東京朝日新聞社では、記者や編集者を務めた。井上靖は、東京朝日新聞社在職中に、小説を書き始め、1938年(昭和13年)に『闘牛』で芥川龍之介賞を受賞した。 井上靖は、芥川龍之介賞を受賞した後、小説家として活動した。井上靖は、『氷壁』(1946年)、『風林火山』(1954年)、『しろばんば』(1963年)、『天平の甍』(1972年)、『楊貴妃伝』(1982年)など、数々の名作を遺した。井上靖は、1991年(平成3年)1月29日に、心不全のため、東京都港区の慶應義塾大学病院で死去した。享年83。
芸術家

藤森兼明:光と影の画家

-藤森兼明の生涯- 1896年、滋賀県に生まれる。早稲田大学文科専門部日本文学専攻を中退後、画家の道を志して東京美術学校(現・東京芸術大学)西洋画科に入学する。在学中に二科展で入選を果たし、1923年に卒業。その後、フランスに留学し、キュビスムや抽象画などの新しい芸術を学ぶ。 1928年に帰国後、二科展や独立美術展に積極的に参加し、前衛的な作品を発表し続ける。しかし、当時の日本では前衛的な芸術はあまり理解されず、藤森の作品はなかなか評価されなかった。 1930年代後半から40年代にかけて、藤森は次第に戦争画を描き始める。戦争画は、当時の国民の愛国心を煽るために政府によって奨励されており、藤森も戦争画を描くことで、社会貢献を果たそうとした。しかし、戦争画を描くことで、藤森は芸術家としての自由を失っていく。 終戦後は、藤森は戦争画から離れ、再び前衛的な作品を描き始める。しかし、それまでの前衛的な芸術はもはや時代遅れとなっており、藤森の作品は再び評価されなかった。藤森は、芸術家として行き詰まり、1961年に65歳で亡くなった。 藤森兼明は、光と影の画家であった。前衛的な芸術を追求する理想主義者であり、戦争画を描く現実主義者でもあった。藤森の作品は、激動の時代を映し出す鏡であり、彼の芸術に対する情熱と苦悩を物語っている。
研究者

井上良斎(3代)

-3代井上良斎の生涯- 3代井上良斎(1774~1852)は、江戸時代後期の儒学者で、字は子、号は儀斎、通称は左兵衛。近江国甲賀郡(現在の滋賀県甲賀市)の生まれ。家は代々医を業としていたが、良斎は儒学を志し、18歳で京都に出て、石橋惟寛に学んだ。その後、京都の公卿や大名家に仕えながら儒学を講じ、やがて幕府にも出仕して、儒官となった。 良斎は、朱子学を基盤としつつも、独自の思想を展開した。特に、道徳を重視し、仁義礼智信の五常を説いた。また、学問の重要性を唱え、教育改革を主張した。良斎の思想は、幕末の尊皇攘夷運動に大きな影響を与えた。 良斎は、幕府の要職を歴任し、1841年には勘定奉行に就任した。しかし、間もなく老中・阿部正弘によって罷免された。その後、良斎は京都に隠棲し、儒学の研究を続けた。 良斎は、朱子学の集大成者であり、幕末の儒学界を代表する人物である。良斎の思想は、日本の近代化に大きな影響を与えた。また、良斎は、優れた教育者であり、多くの弟子を育て上げた。良斎の弟子には、幕末の志士である吉田松陰や坂本龍馬などがいる。 良斎は、1852年に京都で死去した。享年79。
芸術家

三輪晁勢の歴史と生涯

-堂本印象への師事と東丘社への参加- 三輪晁勢は、1895年(明治28年)に大阪府に生まれました。幼い頃から絵を描くことが好きで、1911年(明治44年)に京都の私立美術学校である京都市立美術工芸学校(現・京都市立芸術大学)に入学しました。在学中は、堂本印象に師事し、日本画を学びました。 堂本印象は、京都画壇で活躍した日本画家であり、三輪晁勢に大きな影響を与えました。堂本印象は、写生を重視した画風で知られており、三輪晁勢もまた、写生を大切にした画家として知られています。 1915年(大正4年)に京都市立美術工芸学校を卒業した三輪晁勢は、すぐに堂本印象が主宰する東丘社に参加しました。東丘社は、京都画壇で活躍した日本画家のグループであり、三輪晁勢はここで多くの画家と交流を深めました。 三輪晁勢は、東丘社に参加したことで、日本画の技法や表現方法を学び、画風を確立していきました。また、東丘社で交流を深めた画家たちとの交流を通して、芸術に対する考えを深めていきました。 1922年(大正11年)に三輪晁勢は、東丘社を脱退し、独立しました。独立後は、日本画の制作に専念し、多くの作品を発表しました。三輪晁勢の作品は、写実的で細密な描写が特徴であり、日本画の伝統を重んじた作風で知られています。
ミュージシャン

常磐津文字兵衛(3代) – 浄瑠璃三味線の名手

-常磐津節の継承者- 3代常磐津文字兵衛は、常磐津節の継承者として重要な役割を果たした。彼は、常磐津節の基礎を築いた初代常磐津文字兵衛の孫であり、2代常磐津文字兵衛の息子である。幼い頃から常磐津節を学び、11歳で初舞台を踏んだ。18歳で3代常磐津文字兵衛を襲名し、常磐津節の家元となった。 3代常磐津文字兵衛は、常磐津節の演奏技術に優れており、特に三味線の演奏は名手として知られていた。また、新しい曲を発表したり、他の浄瑠璃の種類とも積極的に交流したりするなど、常磐津節の普及にも努めた。その結果、常磐津節は江戸時代後期に最も人気のある浄瑠璃の種類となった。 3代常磐津文字兵衛は、常磐津節の継承者としてだけでなく、浄瑠璃三味線の名手としても知られている。彼は、三味線の演奏技術を体系化し、後世に伝えた。また、浄瑠璃の音楽性を高めるために、新しい奏法を開発した。3代常磐津文字兵衛の演奏技術は、多くの浄瑠璃三味線奏者に影響を与え、浄瑠璃の音楽性の向上に貢献した。 3代常磐津文字兵衛は、1842年に64歳で亡くなった。しかし、彼の残した音楽は現在でも多くの人々に愛されている。
ミュージシャン

栗林義信-昭和後期-平成時代のバリトン歌手

-栗林義信の華麗なる生涯- 栗林義信は、1920年(大正9年)に愛知県名古屋市に生まれた。東海中学校、愛知県立明倫高等学校を経て、東京音楽学校(現・東京藝術大学)に入学。1943年(昭和18年)に卒業し、直ちに東京音楽学校助教授に就任した。1946年(昭和21年)には、第1回コロンビア新人歌謡コンクールで優勝し、プロの歌手としてデビューした。 1947年(昭和22年)には、アメリカ合衆国に留学し、2年間、ニューヨーク・ジュリアード音楽院で声楽を学び、帰国後は、東京音楽学校の教授に就任した。1952年(昭和27年)には、イタリア・ミラノのスカラ座でデビューし、ヨーロッパ各地でオペラ歌手として活躍した。 1956年(昭和31年)には、国立音楽大学教授に就任し、後進の指導にも当たった。1960年(昭和35年)には、第1回日本レコード大賞で「おんなの宿」が歌謡曲部門賞を受賞した。1962年(昭和37年)には、紫綬褒章を受章し、1970年(昭和45年)には、勲四等旭日小綬章を受章した。 1980年(昭和55年)には、国立音楽大学学長に就任し、1986年(昭和61年)まで務めた。1990年(平成2年)には、第1回国際バリトンコンクールで審査委員長を務め、1995年(平成7年)には、勲三等旭日中綬章を受章した。 栗林義信は、2003年(平成15年)に東京都文京区で死去した。享年83歳。 栗林義信は、昭和後期から平成時代にかけて活躍したバリトン歌手である。その美声と卓越した歌唱技術で、日本国内だけでなく、ヨーロッパでも活躍し、数多くの賞を受賞した。彼の死は、日本の音楽界にとって大きな損失となった。