苅幡戸辺

歴史上の人物

「五十日足彦命」

-「五十日足彦命」- -説明- 五十日足彦命は、日本神話に登場する神様です。別称を「建御名方神(たけみなかたのかみ)」ともいます。 五十日足彦命は、大国主神の息子として生まれました。兄に事代主神がおり、弟に八十神(やそがみ)がいます。 五十日足彦命は、大変な大力士で、一日で五十日の間の土を踏むように歩いたところから、その名が付けられました。 五十日足彦命は、信濃国(現在の長野県)を治めていました。しかし、建御雷之男神が大国主神に国譲りを迫ってきた時、五十日足彦命は諏訪国(現在の長野県諏訪地方)に逃れ、諏訪大社を建てて祀られました。 五十日足彦命は、武勇の神として知られ、また、諏訪大社の祭神として祀られると共に、信濃国一帯の信仰を集めています。 五十日足彦命は、以下の神社で祀られています。 * 諏訪大社(長野県諏訪市) * 甲斐御厨神社(山梨県甲府市) * 武田神社(山梨県甲府市) * 穂積神社(千葉県成田市) * 高倉神社(福島県郡山市) 五十日足彦命は、日本の神話に登場する重要な神様です。武勇の神として知られ、また、諏訪大社の祭神として祀られると共に、信濃国一帯の信仰を集めています。
歴史上の人物

胆武別命 – 古事記と日本書紀に登場する皇子

胆武別命の生涯 胆武別命は古事記と日本書紀に登場する皇子です。第10代崇神天皇の第一皇子で、第11代垂仁天皇の父です。胆武別命の生涯については、主に古事記と日本書紀に記述されています。 胆武別命の誕生と幼少期 古事記によると、胆武別命は崇神天皇の第一皇子として生まれ、幼名は彦五十狭茅葺之命(ひこいさせまのすさのおのみこと)と名付けられました。胆武別命は聡明で勇猛な皇子として知られており、崇神天皇に可愛がられて育てられました。 胆武別命の功績 胆武別命は、崇神天皇の命により、東国の平定に向かいました。胆武別命は、東国の豪族たちを次々と服属させ、東国を平定することに成功しました。また、胆武別命は、伊勢神宮を創建したとも伝えられています。 胆武別命の死と後継者問題 胆武別命は、崇神天皇の崩御後、垂仁天皇として即位しましたが、すぐに崩御してしまいました。胆武別命には子がなく、皇位は弟の景行天皇が継承しました。 胆武別命の伝説 胆武別命には、多くの伝説が伝えられています。その中でも有名なのが、東国平定の際に、胆武別命が白鹿に乗って現れたという伝説です。また、胆武別命は、伊勢神宮の創建の際に、天照大神の御神託を受けて、神宮の場所を定めたとも伝えられています。 胆武別命の功績と伝説は、古事記と日本書紀に詳しく記されており、胆武別命は古事記と日本書紀に登場する最も重要な皇子の一人です。