若狭藩

歴史上の偉人

京極高次 – 織豊・江戸時代前期の大名

京極高次の生涯 京極高次は、1560年に近江国小谷城城主・京極高吉の嫡男として生まれた。幼名は丸。1573年に父が織田信長に攻められ、自害したため家督を継いだ。 高次は、信長の家臣として各地を転戦し、功績を挙げた。1582年の本能寺の変の後、羽柴秀吉に仕えた。秀吉の小田原征伐に従軍し、戦功を立てた。 1585年、秀吉から丹後国田辺城を与えられ、12万石の大名となった。1590年の小田原征伐では、秀吉の軍勢の総大将を務めた。 1598年に秀吉が死去すると、五大老の一人として豊臣政権の中枢を担った。しかし、1600年の関ヶ原の戦いで徳川家康に敗れ、改易された。 関ヶ原の戦いの後、高次は浪人となり、京都や江戸で生活した。1614年に赦免され、1万石を与えられて出羽国山形城に封じられた。 1615年の大坂夏の陣では、徳川家康の軍勢に加わり、豊臣氏を滅亡させた。 1617年に死去した。享年58。 京極高次は、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した武将である。織田信長、羽柴秀吉、徳川家康という三英傑に仕え、各地を転戦し、功績を挙げた。
歴史上の偉人

浅利又七郎 – 江戸時代後期の剣術家

-浅利又七郎の生涯- 浅利又七郎は、江戸時代後期の剣術家である。名は重信、通称は又七郎。号は見竜斎。 1758年(宝暦8年)、常陸国新治郡下野谷村(現在の茨城県笠間市下野谷)に生まれる。幼少より武芸を好み、14歳の時に江戸に出て、神道夢想流杖術の開祖・岡田柳斎に師事した。 岡田柳斎の死後、浅利又七郎は諸国を巡り、各地の剣術家と試合をして腕を磨いた。1807年(文化4年)、江戸麻布永坂に道場を開き、神道夢相流を教授した。浅利又七郎の門下からは、多くの優れた剣術家が輩出した。 1833年(天保4年)、浅利又七郎は76歳で死去した。浅利又七郎の墓は、東京都港区白金台の龍源寺にある。 浅利又七郎は、神道夢相流の第一人者として知られる剣術家である。浅利又七郎の剣術は、実戦を重視したもので、小太刀や杖術にも優れていた。浅利又七郎は、剣術の奥義を弟子たちに伝え、神道夢相流の発展に貢献した。