荳角皇女

歴史上の偉人

麻績娘子 (?-? 6世紀)とは?

麻績娘子 (?-? 6世紀)とは?
歴史上の偉人

荳角皇女-継体天皇の皇女について

荳角皇女の生涯 荳角皇女(まめかかのひめみこ)は、継体天皇の皇女です。生年は不詳ですが、継体天皇の在位期間(507年~531年)中に生まれたと推定されています。母は尾張連草香(おわりむらじくさか)で、荳角皇女は継体天皇の第3皇女でした。 荳角皇女の生涯については、詳しいことはわかっていません。しかし、いくつかの史料から、彼女の人物像を推測することができます。 荳角皇女は、継体天皇の寵愛を受けた皇女だったようです。継体天皇は、荳角皇女のために特別に「荳角寺」を建立したと伝えられています。また、荳角皇女は、継体天皇の崩御後も、宮中で重要な地位にあったとみられています。 荳角皇女は、570年に亡くなりました。享年は不明ですが、60歳前後だったと推定されます。彼女の死後、荳角寺は廃寺となり、彼女の墓も所在不明となっています。 荳角皇女は、継体天皇の皇女として、宮廷で重要な地位にあった人物でした。しかし、彼女の生涯については、詳しいことはわかっていません。彼女の生涯を解明することは、継体天皇の治世や古代の宮廷を知る上で重要な課題となっています。