華族

歴史上の人物

– 牧野貞寧

牧野貞寧の生涯 牧野貞寧(まきのかねやす)は、日本の武士、旗本。幕末の開国に尽力したことで知られている。 1826年、常陸国笠間藩(現・茨城県笠間市)の藩士・牧野忠寧の四男として生まれる。1842年、17歳の時に江戸に出て、旗本・牧野忠恭の養子となる。1847年、22歳の時に、幕府の目付役に任命され、ペリー来航の際には、浦賀奉行として、ペリーと交渉にあたった。 1854年、日米和親条約の締結に尽力し、1858年には、日米修好通商条約の締結にも参加した。1862年、幕府の老中に就任し、幕府の開国政策を推進した。しかし、1868年、戊辰戦争で幕府軍が敗北し、貞寧は隠居した。 1874年、50歳の時に死去した。 貞寧は、幕末の開国に尽力した功績から、維新の功臣として称えられている。また、蘭学者としても知られ、西洋の学問を積極的に取り入れた。
政治分野の人

小笠原長幹 – 明治・昭和時代前期の華族・政治家

-小笠原長幹の生涯- 小笠原長幹は、明治・昭和時代前期の華族・政治家です。小笠原家の第13代当主であり、貴族院侯爵議員や内大臣、宮内大臣を歴任しました。 小笠原長幹は、1871年(明治4年)6月15日に、父・小笠原長生と母・村岡光子の間に京都府で生まれました。1896年(明治29年)に侯爵を襲爵し、1900年(明治33年)に貴族院議員に当選しました。1904年(明治37年)に内大臣に任命され、1911年(明治44年)に宮内大臣に就任しました。また、1912年(大正元年)には枢密顧問官にも任命されています。 小笠原長幹は、明治・大正・昭和の三代にわたり宮中を仕え、日本の皇室や政界において重要な役割を果たしました。1945年(昭和20年)に宮内大臣を辞任し、1946年(昭和21年)に貴族院議員を辞職しました。1953年(昭和28年)12月9日に東京都で死去しました。 小笠原長幹は、華族として、また政治家として、明治・昭和時代前期の日本の歴史に大きな影響を与えた人物です。その功績は、今日でも高く評価されています。
歴史上の人物

大原重朝:幕末から大正時代の公家、外交官

大原家の系譜と生涯 大原重朝は、幕末から大正時代の公家、外交官です。1858年(安政5年)、大原良清の子として京都に生まれました。幼名は重太郎です。 1870年(明治3年)、大原重朝は13歳の若さで華族に列し、侍従となります。1875年(明治8年)には、18歳で外務省に入省し、外交官としてのキャリアをスタートさせました。 1880年(明治13年)に駐米公使館書記官に任命され、アメリカ合衆国に赴任します。1885年(明治18年)には、外務大臣 Inoue Kaoru の随員としてヨーロッパを歴訪しました。1887年(明治20年)には、駐清公使館一等書記官に任命され、清国に赴任します。 1890年(明治23年)に外務省参事官に任命され、1892年(明治25年)には外務大臣代理に就任しました。1894年(明治27年)には、駐仏公使に任命され、フランスに赴任します。1898年(明治31年)には、駐英公使に任命され、イギリスに赴任します。 1901年(明治34年)に外務大臣に任命され、1906年(明治39年)まで務めました。外務大臣在任中には、日露戦争後の Portsmouth 条約の締結に尽力しました。 1907年(明治40年)に枢密顧問官に任命され、1913年(大正2年)まで務めました。1914年(大正3年)に死去しました。 大原重朝は、幕末から大正時代の激動の時代を生き抜いた公家、外交官です。日本の外交政策に大きな影響を与え、日露戦争後の国際秩序の構築に貢献しました。
歴史上の人物

加藤明実-幕末・明治時代の華族

-加藤明実の生涯- 加藤明実は、幕末・明治時代の華族です。幕府の老中として活躍した加藤明成の子として生まれ、安政4年(1857年)に家督を相続しました。 文久3年(1863年)、京都守護職となり、倒幕運動を弾圧する立場にありました。しかし、翌元治元年(1864年)に起きた池田屋事件では、倒幕派の志士に襲撃され、負傷しました。 その後、慶応4年(1868年)に起こった戊辰戦争では、幕府軍として官軍と戦いましたが、江戸城の開城とともに降伏しました。 明治政府下では、明治2年(1869年)に華族に列せられ、明治17年(1884年)には伯爵に叙爵されました。また、明治11年(1878年)には元老院議官に任命され、明治18年(1885年)には宮内次官を務めました。 明治30年(1897年)、62歳で死去しました。 加藤明実は、幕末・明治時代の激動の時代を生き抜いた華族であり、倒幕運動の弾圧や戊辰戦争など、数多くの歴史的事件に携わりました。
歴史上の人物

岩倉具定→ Meiji時代の華族の功績

-岩倉具定の生涯と功績- 岩倉具定(1825-1883)は、日本の政治家、外交官です。江戸時代末期から明治時代初期にかけて活躍し、近代日本の建設に大きな貢献をしました。 岩倉具定は、1825年に京都で生まれました。父は岩倉具視、母は八条宮智仁親王の娘です。岩倉具定は、幼い頃から学問に秀でており、1841年に17歳で幕府に出仕しました。 岩倉具定は、幕府で要職を歴任し、1862年には老中に就任しました。老中として、岩倉具定は幕府の改革に取り組みましたが、攘夷派の台頭により、1864年に失脚しました。 1868年に明治維新が勃発すると、岩倉具定は新政府に参加しました。新政府で、岩倉具定は外務卿・大蔵卿・右大臣などを歴任し、近代日本の建設に尽力しました。 岩倉具定は、1871年に岩倉使節団を率いて欧米を訪問しました。岩倉使節団は、欧米の文化や技術を学び、日本の近代化に役立てることを目的としていました。 岩倉具定は、1883年に59歳で亡くなりました。岩倉具定は、日本の近代化に大きな貢献をした偉大な政治家・外交官でした。 -岩倉具定の功績- 岩倉具定の功績は、主に以下の4つです。 1. -幕府の改革- 岩倉具定は、老中として幕府の改革に取り組みました。岩倉具定は、幕府の財政改革や軍制改革を実施し、幕府の近代化を図りました。 2. -明治維新への参加- 岩倉具定は、1868年に明治維新に参加しました。岩倉具定は、新政府で要職を歴任し、近代日本の建設に尽力しました。 3. -岩倉使節団の派遣- 岩倉具定は、1871年に岩倉使節団を率いて欧米を訪問しました。岩倉使節団は、欧米の文化や技術を学び、日本の近代化に役立てることを目的としていました。 4. -日本の近代化- 岩倉具定は、幕府の改革、明治維新への参加、岩倉使節団の派遣などを通じて、日本の近代化に大きな貢献をしました。岩倉具定は、日本の近代化の父の一人と呼ばれています。
歴史上の人物

堀田正頌について

-堀田正頌の生涯- 堀田正頌は、1811年(文化8年)に江戸で生まれました。父は堀田正恒、母は久良子です。正頌は4人兄弟の末っ子で、幼い頃から聡明で活発な子供でした。 1825年(文政8年)に、正頌は15歳で江戸幕府の旗本に取り立てられ、翌年に奏者番となりました。1830年(天保元年)には、老中水野忠邦の信任を受けて、天保の改革の推進に尽力しました。しかし、天保の改革は失敗に終わり、1839年(天保10年)に水野忠邦が失脚すると、正頌も連座して失脚しました。 その後、正頌は1843年(天保14年)に勘定吟味役に返り咲き、1846年(弘化3年)には若年寄に就任しました。1853年(嘉永6年)には、ペリー提督率いるアメリカ艦隊が浦賀に来航し、正頌は外国奉行として交渉にあたりました。正頌は、ペリー提督の要求を拒否し、アメリカ艦隊を退去させました。 しかし、1854年(安政元年)にペリー提督が再び来航すると、正頌はアメリカとの和親条約である日米和親条約に調印しました。この条約は、日本にとって不平等条約でしたが、正頌は、この条約によって日本が外国との戦争を回避することができると考えました。 正頌は、1855年(安政2年)に老中に就任し、幕政の最高責任者となりました。正頌は、外国との交渉や、幕府の財政改革など、多くの課題に取り組みました。しかし、正頌の改革は、保守的な幕府の重臣たちの反対に遭い、十分に成果をあげることができませんでした。 1858年(安政5年)に、正頌は老中を辞任し、隠居しました。正頌は、1868年(明治元年)に68歳で死去しました。
歴史上の人物

九条道実:明治・昭和時代前期の華族

-九条家の華族- 九条家は、藤原摂関家の流れを汲む公家華族です。江戸時代には近衛家、鷹司家とともに堂上三家と称され、朝廷の儀式や政治において重要な役割を果たしました。明治維新後も、九条家は華族制度のもとで公爵家に列せられました。 九条家の当主は、明治・昭和時代前期には九条道実が務めました。九条道実は、1861年に九条尚忠の長男として生まれました。1884年に家督を相続し、1895年に公爵に叙せられました。九条道実は、1898年から1900年まで宮内大臣を務め、1903年から1906年まで内大臣を務めました。また、1912年から1914年まで、第36代内閣総理大臣を務めました。 九条道実は、明治・昭和時代前期の華族を代表する人物の一人です。九条家は、明治維新後も皇室と近しい関係を維持し、九条道実は、宮内大臣や内大臣などの要職を歴任しました。また、内閣総理大臣を務めた唯一の華族でもあります。 九条道実は、1944年に死去しました。その後、九条家の当主は、長男の九条道秀が継ぎました。九条道秀は、1906年に生まれ、1926年に家督を相続しました。1947年に華族制度が廃止されるまで、九条家は公爵家として存続しました。 九条家は、明治・昭和時代前期の華族として重要な役割を果たしました。九条道実をはじめ、九条家の当主たちは、皇室と近しい関係を維持し、宮内大臣や内大臣などの要職を歴任しました。また、九条道実は、内閣総理大臣を務めた唯一の華族でもあります。
歴史上の人物

伊達宗基-明治・大正時代の華族

1866年に生誕した華族 伊達宗基は、1866年(慶応2年)2月8日に、伊達宗城の長男として、仙台城内で生誕しました。幼名は一太郎。母は、伊達宗城の側室、徳子です。伊達宗基は、幼少期から、歴史や文学を学び、漢詩を好みました。また、幼い頃から、弓術と馬術を学び、武芸に秀でました。 1871年(明治4年)に、伊達宗基は、華族に列せられ、伯爵を授けられました。1881年(明治14年)に、伊達宗基は、東京帝国大学法学部を卒業しました。卒業後は、司法省に入り、判事を務めました。その後、貴族院議員を務め、1895年(明治28年)には、内閣総理大臣に就任しました。伊達宗基は、内閣総理大臣として、日清戦争後の日本の外交交渉を担いました。また、伊達宗基は、教育に力を入れ、1899年(明治32年)には、早稲田大学を創設しました。 伊達宗基は、1913年(大正14年)に、死去しました。享年46歳でした。伊達宗基は、明治・大正時代の日本に貢献した、華族でした。
歴史上の人物

松平直方(2)-明治時代の大名と華族

-松平直方の生涯- 松平直方は、1845年(弘化2年)に松江藩主・松平定安の八男として生まれました。幼名は武熊。1857年(安政4年)、定安の隠居に伴い家督を継ぎ、藩主となりました。直方は藩政改革を行い、藩財政の改善に努めました。また、藩士の養育や教育にも力を入れ、藩の近代化を推し進めました。 1868年(慶応4年)、戊辰戦争が勃発すると、直方は新政府軍に味方しました。しかし、松江城は新政府軍によって攻撃され、落城しました。直方は降伏し、藩主を辞しました。 その後、直方は東京に移り住み、華族に列しました。1870年(明治3年)には、明治政府の勧めで、松江藩士の帰農を促すため、島根県に帰郷しました。直方は、島根県で農業や教育の発展に尽力しました。1883年(明治16年)に、東京で死去しました。 直方は、藩政改革や藩の近代化に力を入れ、戊辰戦争では新政府軍に味方したことで知られています。また、華族となってからは、島根県で農業や教育の発展に尽力しました。
歴史上の人物

池田章政の生涯:幕末明治期の華族と政治家

-人吉藩と岡山藩主池田家の歴史- 池田章政は、幕末明治期の華族政治家です。人吉藩の第12代藩主池田蔀の次男として生まれ、岡山藩の第12代藩主池田慶徳の養子となりました。 人吉藩は、現在の熊本県人吉市に位置していた藩です。初代藩主は加藤清正の家臣である貞清でした。貞清は関ヶ原の戦いで功績を挙げ、人吉藩を与えられました。その後、加藤家の改易により人吉藩は一旦廃藩となりましたが、1632年に池田利隆が藩主となり、池田家が藩主を務めるようになりました。 池田家は、岡山藩主池田光政の庶子である池田綱政が1672年に人吉藩主となったことに始まります。綱政は、人吉藩を中興し、城郭を整備し、藩政を改革しました。その後、池田家は代々人吉藩主を務め、幕末まで藩主の座を守りました。 岡山藩は、現在の岡山県岡山市に位置していた藩です。初代藩主は宇喜多直家です。直家は、備前国の戦国大名であり、毛利輝元と同盟を組んで織田信長と戦いました。しかし、本能寺の変で信長が死去すると、直家は秀吉に臣従し、岡山藩を与えられました。 その後、岡山藩は池田家が藩主を務めるようになりました。池田家は、元々は三河国の戦国大名でした。初代藩主は池田輝政です。輝政は、徳川家康の重臣であり、関ヶ原の戦いで功績を挙げ、岡山藩を与えられました。池田家は、その後代々岡山藩主を務め、幕末まで藩主の座を守りました。 池田章政は、人吉藩と岡山藩の両藩主を務めた池田家の出身です。章政は、幕末の動乱期に活躍し、明治維新後は元老院議長や貴族院議長を務めました。章政は、華族政治家として明治日本の政治に大きな影響を与えました。
歴史上の人物

井伊直安 – 幕末から昭和にかけて生きた大名と華族

井伊直安の生涯 井伊直安(いいなおやす)は、幕末から昭和にかけて活動した大名であり、華族です。彼は、1863年(文久3年)に、近江彦根藩の第15代藩主である井伊直弼の長男として生まれました。 直安は、幼少期から聡明で、学問を好みました。1871年(明治4年)には、明治政府の学制発布により、東京府尋常中学校に入学しました。その後、1875年(明治8年)には、大学南校(現在の東京帝国大学)に入学し、法学を学びました。 直安は、1884年(明治17年)に、彦根藩の第16代藩主を継承しました。しかし、翌年の1885年(明治18年)には、華族令の施行により、藩主の制度が廃止されたため、直安は華族となりました。 直安は、華族として、貴族院議員や宮内庁官僚を務めました。また、彼は、教育や慈善事業にも熱心に取り組み、彦根藩の旧臣たちのために学校を設立したり、貧困者のための救済事業を行ったりしました。彼は、1945年(昭和20年)に死去しました。
歴史上の人物

安藤直行-明治時代の華族

安藤直行の生涯 安藤直行は、1839年(天保10年)に伊勢亀山藩の藩士安藤直経の子として生まれました。幼名は惣三郎。 1868年(慶応4年)、戊辰戦争が勃発すると、父と一緒に政府軍に参加し、北越戦争で活躍しました。 1869年(明治2年)、維新後、新政府に出仕し、民部大丞、宮中顧問官などを歴任しました。 1884年(明治17年)に華族に列せられ、子爵を授けられました。 1889年(明治22年)、第1回衆議院議員総選挙に立候補して当選し、以後は3期連続で当選しました。 1894年(明治27年)、日清戦争の際には、陸軍少将として出征し、功績を挙げました。 1901年(明治34年)、台湾総督に任命されました。1904年(明治37年)、日露戦争の際には、台湾総督として台湾の治安維持に努めました。 1906年(明治39年)、台湾総督を辞任し、翌年には予備役に編入されました。 1918年(大正7年)、80歳で薨去しました。 安藤直行は、戊辰戦争から日露戦争に至るまで、明治時代の日本の歴史に大きな功績を残しました。また、華族として、貴族院議員や宮中顧問官を務め、政治にも関与しました。
学術分野の人

細川護立 – 大正・昭和時代の美術史家、華族

細川護立の生涯と経歴  1862年、当時の長州藩主・毛利敬親の三男として山口県に誕生。幼名は三郎。幼いころから絵画や書道に親しみ、1877年、明治政府の奨学金を受けて渡仏。フランスの画家・ジェルマン・ピローに師事し、絵画の技法を学ぶ。  1882年に帰国後、東京美術学校の教授に就任。同校では西洋絵画の普及に努め、日本の近代美術の発展に大きな貢献をした。また、1893年には帝室博物館(現在の東京国立博物館)の館長に就任。同館では、日本の美術品の収集や展示に尽力し、日本の美術史研究の発展に寄与した。  1909年、伯爵を授与され、華族に列せられる。1912年に帝室博物館館長を辞任した後も、美術史の研究を続け、多くの著作を発表した。1928年には、日本美術史学会の初代会長に就任。日本の美術史研究の第一人者として、日本の美術史学の発展に貢献した。  1937年、東京で死去。享年75。日本の近代美術の発展と美術史学の確立に大きな貢献をした人物である。
歴史上の人物

清水篤守(しみず あつもり)〜外交官として活躍した水戸藩主の次男〜

-清水篤守(しみず あつもり)の生涯- 清水篤守は、1815年(文化12年)10月13日に水戸藩主・徳川斉昭の次男として江戸で生まれました。幼名は寿千代丸。清水の姓は、母方の祖母・清水氏の家督を継いだことに由来しています。 篤守は、幼い頃から聡明で、7歳で藩校の弘道館に入学。14歳で家督を継ぎ、水戸藩主となりました。篤守は、藩政改革を行い、水戸藩の財政を立て直しました。また、尊王攘夷運動を推進し、幕府に攘夷を迫りました。 1862年(文久2年)、篤守は、幕府の命を受けて、ロシアと交渉するためにペテルブルクに派遣されました。篤守は、ロシア政府と交渉を行い、日露修好通商条約を締結しました。 1863年(文久3年)、篤守は、再び幕府の命を受けて、イギリスと交渉するためにロンドンに派遣されました。篤守は、イギリス政府と交渉を行い、日英修好通商条約を締結しました。 篤守は、水戸藩主として、また外交官として、日本の近代化に貢献しました。篤守は、1888年(明治21年)12月22日に東京で死去しました。享年74歳。 篤守は、水戸藩主として、また外交官として、日本の近代化に貢献した人物です。篤守の功績は、今日でも高く評価されています。
歴史上の人物

浅野長勲 – 幕末から昭和にかけて活躍した大名、華族

浅野長勲の生涯 浅野長勲は、1842年(天保13年)に播磨国赤穂藩(現在の兵庫県赤穂市)の第10代藩主・浅野長勲の子として生まれました。幼名は竹三郎。1857年(安政4年)、長勲の父が死去したため、16歳で家督を相続し、赤穂藩の第11代藩主となりました。 長勲は、藩主就任後すぐに、藩政改革に着手しました。藩の財政を再建するために、倹約令を出し、藩士の禄を減額しました。また、藩士の子弟に藩校「明倫館」を創設して、教育の充実を図りました。 1868年(慶応4年)、戊辰戦争が勃発すると、長勲は、新政府軍に恭順し、赤穂藩兵を率いて、箱館戦争に参加しました。戦争後、長勲は、新政府から賞され、子爵に叙せられました。 1890年(明治23年)、長勲は、貴族院議員に当選し、1911年(明治44年)まで務めました。また、1892年(明治25年)には、東京美術学校(現在の東京藝術大学)の初代校長に就任しました。 長勲は、1915年(大正4年)に死去しました。享年73。赤穂藩の第11代藩主として、藩政改革を行い、戊辰戦争にも参加しました。また、貴族院議員や東京美術学校の初代校長も務め、日本の近代化に貢献しました。
歴史上の人物

松平定教

-松平定教- -人と経歴- 松平定教(まつだいら さだのり)は、江戸時代中期の大名。久松松平家8代当主、陸奥白河藩の第4代藩主。官位は従四位下、侍従、遠江守。 -生い立ち- 享保7年(1722年)7月25日、久松松平家7代当主・松平定儀の長男として江戸で生まれる。 幼少期は聡明で、学問を好み、武芸にも秀でていた。特に弓術は名人級の腕前だったという。 -藩主就任- 元文元年(1736年)、父の定儀が死去し、家督と白河藩主の座を継いだ。 藩主就任後は、藩政改革に取り組み、産業振興や財政再建に尽力した。 また、学問を奨励し、藩校・白河学校を創設するなど、文化の発展にも貢献した。 -隠居と晩年- 宝暦5年(1755年)、家督を長男の定信に譲り、隠居した。 隠居後は、京都に居を移し、悠々自適の生活を送った。 明和8年(1771年)11月13日、京都で死去。享年50。 -人物像- 松平定教は、聡明で勤勉な人物だった。 また、学問を好み、武芸にも秀でていた。 藩主としては、藩政改革に取り組み、産業振興や財政再建に尽力した。 また、学問を奨励し、藩校・白河学校を創設するなど、文化の発展にも貢献した。 -功績- 松平定教は以下の功績を挙げた。 ・藩政改革を実施し、産業振興や財政再建に取り組んだ。 ・学問を奨励し、藩校・白河学校を創設した。 ・文化の発展に貢献した。
歴史上の人物

井の正巳:幕末から大正時代の大名と華族

井上家14代目幕末の華族、井上正巳 井上正巳は、江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した華族である。井上家は、鎌倉時代から続く名家で、正巳は14代当主として生まれた。父は井上正国、母は伊達政宗の娘である。 正巳は幼い頃から聡明で、学問を好んだ。18歳の時に江戸に出て、昌平坂学問所に学び、朱子学を修めた。その後、幕府に出仕し、若年寄を務めた。 1868年に明治維新が起こると、正巳は新政府に仕え、元老院議官、宮内卿などを歴任した。1884年には華族令が公布され、正巳は伯爵の称号を授与された。 正巳は、明治政府の近代化政策を支持し、殖産興業や教育の振興に尽力した。また、日清戦争や日露戦争にも従軍し、功績を挙げた。 1904年に死去。享年62。 正巳は、井上の正史の最後の当主であり、その死をもって井上家は断絶した。しかし、正巳の子孫は、現在も存続している。
歴史上の人物

鷲尾隆聚-幕末・明治期の公家

鷲尾隆聚の生涯と業績 鷲尾隆聚(わしおたかあき)は、幕末・明治期の公家であり、明治維新後に伯爵を叙爵されました。隆聚は1834年(天保5年)に、父である鷲尾隆慶の長男として京都に生まれました。幼少期から学問に優れ、1847年(弘化4年)に14歳で従五位下に叙され、侍従に任じられました。 1852年(嘉永5年)、ペリー来航に際しては、幕府の命を受けて江戸に赴き、ペリーと交渉にあたりました。翌1853年(嘉永6年)、ペリーが再び来航すると、江戸城で将軍徳川家慶に拝謁し、ペリーとの交渉について報告しました。 1858年(安政5年)、日米修好通商条約の締結に際しては、幕府の命を受けてアメリカに渡り、条約の批准書を交換しました。帰国後、孝明天皇から従四位上に叙され、侍従頭に任じられました。 1867年(慶応3年)、大政奉還が行われると、参与に任じられ、明治政府の初代参議に就任しました。その後、文部卿、内務卿、宮内卿などの要職を歴任し、明治政府の近代化に尽力しました。 1884年(明治17年)、伯爵を叙爵され、翌1885年(明治18年)に死去しました。享年52でした。 隆聚は、幕末・明治期の政界において重要な役割を果たした政治家でした。開明的な考え方を持ち、近代化に積極的に取り組んだ人物として知られています。また、書道や詩歌にも優れ、多くの作品を残しています。
歴史上の人物

浅野忠純 – 明治から大正時代の日本の華族

- 浅野忠純の生涯 浅野忠純は、1858年(安政5年)に、播磨国赤穂藩主浅野長勲の次男として生まれた。幼名は「文三郎」と名付けられた。1868年(明治元年)には、長勲の死去に伴い、家督を相続し、赤穂藩の第12代藩主となった。しかし、同年には明治維新により、藩主の地位を失った。その後、忠純は、欧米諸国を歴訪し、近代的な政治経済制度を学んだ。 1873年(明治6年)には、元老院議員に任命され、1884年(明治17年)には、伯爵に叙された。1890年(明治23年)には、貴族院議員に任命され、1920年(大正9年)まで在任した。忠純は、貴族院において、教育や産業の発展などに尽力した。1923年(大正12年)、忠純は薨去し、長男の浅野長勲が家督を相続した。 忠純は、明治から大正時代の日本の華族として、近代化に貢献した 人物であった。欧米諸国を歴訪して学んだ近代的な政治経済制度を、日本に導入することに努めた。また、貴族院議員として、教育や産業の発展などに尽力した。忠純の功績は、今日でも高く評価されている。
歴史上の人物

松平定教 – 明治時代の藩知事と華族

-松平定教の生い立ちと戊辰戦争- 松平定教は、1838年(天保9年)3月17日、越前福井藩主・松平春嶽の四男として福井城内で生まれた。幼名は卯之助。1841年(天保12年)、父・春嶽が老中首座に就任すると江戸に上り、昌平坂学問所に入学した。1851年(嘉永4年)、兄・慶永が家督を相続すると、定教は福井に帰国し、家老として藩政を補佐した。 1868年(慶應4年)、戊辰戦争が勃発すると、定教は藩兵を率いて奥羽諸藩の鎮圧に参陣。会津戦争では、白河口の戦い、母成峠の戦いで幕府軍を破り、若松城の攻略にも貢献した。戊辰戦争後、定教は福井藩知事に任命され、藩政改革に着手。藩債の整理、殖産興業、教育制度の整備などを行い、福井藩の近代化に尽力した。 1869年(明治2年)、版籍奉還により福井藩知事を辞任し、東京に移住。1871年(明治4年)、華族に列し、伯爵の称号を授与された。その後、元老院議官、宮中顧問官、枢密顧問官などの要職を歴任し、政府の運営に参画した。1919年(大正8年)、82歳で東京で死去した。
歴史上の人物

広幡忠朝→ 明治時代の華族

広幡忠朝の人生と経歴 広幡忠朝は、室町時代から安土桃山時代にかけての武将です。美濃国武儀郡広幡村(現在の岐阜県関市)の生まれで、父は広幡忠益、母は稲葉良通の娘です。 1567年(永禄10年)、斎藤龍興に仕え、美濃国不破郡福束城(現在の岐阜県不破郡垂井町)の城番を務めました。しかし、1568年(永禄11年)に織田信長が美濃国に侵攻したため、広幡忠朝は福束城を捨てて逃亡しました。 その後、広幡忠朝は信長に降伏し、織田軍の武将として転戦しました。1570年(元亀元年)、信長が朝倉義景を討伐した際には、広幡忠朝は朝倉軍を撃破する功績をあげました。 1573年(天正元年)、信長が石山本願寺を攻めた際には、広幡忠朝は本願寺軍を撃破する功績をあげました。しかし、1582年(天正10年)、信長が本能寺の変で横死したため、広幡忠朝もまた本願寺軍に討たれてしまいました。 広幡忠朝は、信長に仕えた武将として活躍しましたが、若くして戦死してしまいました。しかし、その武勇は高く評価されており、現在でもその名を伝えられています。
歴史上の人物

東園基愛

-東園基愛の生涯- 東園基愛(1876-1957)は、日本の政治家、実業家。第36・37代内閣総理大臣を務めた。 1876年、山口県豊浦郡富海村(現・下関市)に生まれる。1893年に早稲田大学の前身である東京専門学校に入学。1896年に卒業後は、新聞記者や実業家として活躍。1902年、衆議院議員に初当選。1914年、原敬内閣で内務大臣に就任。1918年、寺内正毅内閣で外務大臣に就任。1922年、高橋是清内閣で蔵相に就任。1924年、加藤高明内閣で内相に就任。 1928年、田中義一内閣で外相に就任。1929年、浜口雄幸内閣で蔵相に就任。1931年、犬養毅内閣で内相に就任。1932年、斎藤実内閣で首相に就任。1934年、岡田啓介内閣で外相に就任。1936年、広田弘毅内閣で首相に就任。1937年、近衛文麿内閣で外相に就任。1938年、平沼騏一郎内閣で蔵相に就任。1939年、阿部信行内閣で首相に就任。1940年、米内光政内閣で外相に就任。1941年、東條英機内閣で首相に就任。 1945年、終戦に伴い首相を辞任。1946年、公職追放となる。1952年、公職追放解除。1953年、衆議院議員に返り咲き。1957年、死去。 東園基愛は、戦前・戦中の日本の政治を代表する政治家である。首相としては、満州事変、日中戦争、太平洋戦争など、日本の戦争に深く関わった。また、戦後も公職追放解除後は政界に復帰し、衆議院議員を務めた。
歴史上の人物

南部信方-明治から大正にかけて活躍した七戸藩主

南部信方とは 南部信方(南部藩第11代藩主)は、幕末から明治にかけての南部七戸藩第2代藩主であり、最後の南部藩主である。通称は内膳正(ないぜんしょう)。父親は南部利剛、母親は多賀谷政勝の養女能代。 南部信方は、弘化元年(1844年)に南部利剛と能代の間に生まれた。嘉永3年(1850年)に、父親の利剛が死去したため、家督を継いで南部七戸藩の第2代藩主となった。 信方は、藩主となった直後から藩政改革に取り組んだ。改革の内容としては、藩の財政を改善するために、藩内の農業や商業を振興したこと、藩の軍事力を強化するために、藩兵を訓練したこと、藩の教育制度を整備したことなどである。 信方は、藩政改革に取り組む傍ら、幕末の政局にも積極的に参加した。信方は、当初は佐幕派であったが、慶応4年(1868年)に戊辰戦争が勃発すると、新政府軍に恭順した。戊辰戦争後、信方は南部藩の藩主を辞任し、東京に移住した。 明治23年(1890年)、信方は東京で死去した。享年47。
歴史上の人物

− 東坊城徳長(1869-1922)

-東坊城徳長の生涯- -幼少期と教育- 東坊城徳長は、1869年9月29日に、京都の公家の家に生まれた。父は東坊城聡長で、母は近衛忠煕公爵の娘である。 徳長は、幼い頃から漢学や和歌を学び、英知の名を馳せた。1883年に第一高等学校に入学し、1888年に東京帝国大学法学部に進んだ。 -公務員としての経歴- 大学卒業後、徳長は内務省に入省し、地方官として各地に勤務した。1899年に農商務省に移り、農務局長などを歴任した。 1912年に、徳長は農商務大臣に任命された。彼は、農業や工業の発展に尽力し、日本の経済発展に貢献した。 -政治家としての経歴- 1914年、徳長は貴族院議員に勅選され、政界入りした。彼は、立憲政友会に所属し、1916年に内務大臣に任命された。 内務大臣として、徳長は、警察制度の整備や都市計画の推進などに取り組んだ。また、彼は、第一次世界大戦後の日本の国際的地位向上にも尽力した。 -晩年と死- 1921年に、徳長は内務大臣を辞任し、政界から引退した。彼は、その後、京都で隠居生活を送った。 1922年11月14日、徳長は京都で死去した。享年53。 -東坊城徳長の業績- 東坊城徳長は、政治家として、農商務大臣や内務大臣を歴任し、日本の経済発展や国際的地位向上に貢献した。 また、彼は、学者としても業績を残し、日本史や政治学に関する著作を残している。 徳長は、明治・大正時代の日本の近代化に大きく貢献した人物である。