落語家

エンターテインメント

4代目三遊亭円遊 – 江戸落語の名人

- 江戸落語の伝統を受け継いだ名匠 4代目三遊亭円遊は、江戸落語の伝統を受け継いだ名匠である。1933年に東京都台東区浅草で生まれ、1950年に5代目三遊亭圓生に入門した。1959年に真打昇進し、1983年に4代目三遊亭円遊を襲名した。 円遊は、師匠の圓生から受け継いだ江戸落語の古典を、独自の解釈で演じた。得意演目は、「鰍沢」「権助魚」「妾馬」「品川心中」など。 円遊は、落語の講談化を批判し、落語の本来の姿である「しゃべりの芸」を守ろうと努めた。また、落語の普及にも努め、各地で落語会を開催した。 円遊は、2009年に76歳で亡くなった。しかし、その芸は、弟子たちによって受け継がれている。 円遊は、江戸落語の伝統を後世に伝えた功績を称えられ、2010年に重要無形文化財保持者に認定された。
エンターテインメント

3代林屋正蔵 落語家として活躍した初代正蔵の娘婿

-3代林屋正蔵の生涯- 3代林屋正蔵は、1889年(明治22年)に東京で生まれました。本名は林屋政蔵でしたが、後に正蔵に改名しました。初代林屋正蔵の娘婿であり、落語家として活躍しました。 正蔵は、1910年(明治43年)に落語家としてデビューしました。初代正蔵の弟子となり、その芸風を受け継ぎました。正蔵は、滑稽でユーモアのある話芸で人気を集め、すぐに人気落語家となりました。 1923年(大正12年)に初代正蔵が亡くなり、正蔵が2代目を襲名しました。2代目正蔵は、初代正蔵の芸風を守りつつ、新しい要素を取り入れた落語を披露しました。正蔵は、ますます人気を集め、日本を代表する落語家の一人となりました。 1931年(昭和6年)に正蔵は3代目を襲名しました。3代目正蔵は、初代正蔵と2代目正蔵の芸風を継承し、さらに独自の芸風を確立しました。正蔵は、落語界の発展に貢献し、日本の文化を代表する落語家として活躍しました。 1964年(昭和39年)に正蔵は亡くなりました。享年75歳でした。正蔵は、日本の落語界に大きな足跡を残した偉大な落語家でした。 正蔵は、落語家としてだけでなく、映画俳優としても活躍しました。正蔵は、1925年(大正14年)に映画デビューし、その後多くの映画に出演しました。正蔵は、映画でもその滑稽な演技で人気を集めました。 正蔵は、落語家としても映画俳優としても、日本を代表する人物でした。正蔵の芸風は、現在も多くの落語家に受け継がれています。
エンターテインメント

「円朝」(⇒三遊亭円朝(さんゆうてい-えんちょう)(初代))について

-三遊亭円朝の生涯- 1839年、江戸の魚河岸に生まれる。本名は大川善次郎。 14歳の時、三遊亭圓喬に入門し、圓治を名乗る。その後、円朝に改名。 1863年、江戸の寄席で本格的に落語家としてデビュー。 1868年、明治維新で江戸が東京に改称されると、東京の寄席で活躍するようになる。 1877年、東京落語の草分け的存在の三遊亭圓遊が死去し、円朝が東京落語界のトップに立つ。 1881年、円朝が著した落語理論書『落語業余談』がベストセラーとなる。 1896年、円朝が死去。享年57。 円朝は、落語界に大きな功績を残した落語家の一人である。落語の台本を初めて書き残し、落語の理論化に努めた。また、円朝は、新作落語を多く残しており、その作風は、現在の落語にも大きな影響を与えている。
エンターテインメント

2代目金原亭馬生の軌跡

- 金原亭馬生(2代)の生涯 金原亭馬生(2代)は、1935年1月1日に東京で生まれた。本名は、吉川正志。 1948年に金原亭馬生(初代)に入門し、1951年に前座となり、1954年に二ツ目昇進。 1966年に真打昇進し、1975年に落語芸術協会の理事となった。 1981年に落語協会の会長に就任し、1986年に日本芸術院賞を受賞した。 1996年に落語協会の会長を退任し、2004年に人間国宝に認定された。 2011年5月10日に死去。享年76歳。 金原亭馬生(2代)は、落語界を代表する名人で、その芸は「当代随一」と称された。 人情噺を得意とし、その巧みな話術と豊かな表情で、聴衆を魅了した。 また、落語の普及にも尽力し、落語協会の会長として、落語のテレビ放送や落語会の開催などに力を注いだ。 金原亭馬生(2代)の死は、落語界に大きな衝撃を与えた。 しかし、その芸は多くの弟子やファンに受け継がれ、これからも長く語り継がれることだろう。
エンターテインメント

5代目桂文枝:上方落語界の四天王

-5代目桂文枝の芸風と魅力- 5代目桂文枝は、上方落語界の四天王の一人として知られる落語家で、その芸風と魅力は多くの人々を魅了しました。 文枝の芸風の特徴は、まず第一にその軽妙洒脱な語り口調です。文枝の落語は、小気味の良いテンポ感とリズム感に溢れており、その軽快な語り口調は、聴く人を飽きさせません。 また、文枝の落語の魅力は、その巧みな話術にあります。文枝は、登場人物の心情や情景を、細部まで丁寧に描写することができ、聴く人はまるでその場に居合わせるような感覚を味わうことができます。 さらに、文枝の落語には、人間に対する温かい眼差しが込められています。文枝は、落語の中で登場する人物たちを、決して嘲笑したり、軽蔑したりすることはありません。むしろ、その人物たちの生き方や考え方に対して、深い理解と共感を示しています。 こうした文枝の芸風と魅力は、多くの人々を魅了し、上方落語界で最も人気のある落語家として君臨しました。 文枝の代表的な演目には、「たぬき」「らくだ」「宿屋仇」「米揚げ笊下げ」「権助魚」などがあります。 文枝の落語は、その軽妙洒脱な語り口調、巧みな話術、人間に対する温かい眼差しで、多くの人々を魅了しました。上方落語界の四天王の一人として、文枝は落語界に大きな足跡を残しました。
エンターテインメント

橘家円喬(4代) – 明治時代の落語家

-明治時代に活躍した落語家- 橘家円喬(4代)は、明治時代に活躍した落語家である。本名は、片岡又吉。1849年(嘉永2年)に東京で生まれ、1868年(明治元年)に3代目橘家円喬に入門した。1874年(明治7年)に真打昇進。1895年(明治28年)に4代目橘家円喬を襲名した。 円喬は、落語家として非常に人気があり、明治時代を代表する落語家の一人であった。円喬は、滑稽な芸風で知られ、その人柄もまた愛されていた。円喬は、1906年(明治39年)に57歳で亡くなったが、その死は多くの落語家やファンに惜しまれた。 円喬は、落語家としてだけでなく、文筆家としても活躍した。円喬は、落語に関する著書を数多く残しており、その著書は落語研究の貴重な資料となっている。また、円喬は落語雑誌の編集長も務めており、落語の発展に貢献した。 円喬は、明治時代を代表する落語家の一人であり、その功績は今日でも高く評価されている。円喬の落語は、その滑稽な芸風と人柄で多くのファンに愛され、その著書は落語研究の貴重な資料となっている。円喬は、落語の発展に大きく貢献した偉大な落語家であった。
エンターテインメント

「露の五郎兵衛(初代)」について

露の五郎兵衛の生涯 露の五郎兵衛は、江戸時代中期に活躍した落語家です。本名は鈴木五郎兵衛。落語の始祖と言われ、その軽妙な語り口とユーモアあふれる演目で江戸の町民に親しまれました。 五郎兵衛は、1661年に江戸の日本橋に生まれました。幼い頃から芸事に興味を持ち、16歳の時に落語家としてデビューしました。その後、すぐに頭角を現し、江戸を代表する落語家の一人になりました。 五郎兵衛の落語は、主に庶民の生活や社会風刺を題材にしたもので、その軽妙な語り口とユーモアあふれる演目で江戸の町民に親しまれました。また、五郎兵衛は、落語を演じるだけでなく、落語の台本も執筆しました。五郎兵衛の台本は、その後の落語家に大きな影響を与え、落語の発展に貢献しました。 五郎兵衛は、1729年に68歳で亡くなりました。しかし、その死後も五郎兵衛の落語は人々に語り継がれ、現在でも多くの人に愛されています。 五郎兵衛の生涯は、落語の発展に大きく貢献した生涯でした。五郎兵衛の落語は、庶民の生活や社会風刺を題材にしたもので、その軽妙な語り口とユーモアあふれる演目で江戸の町民に親しまれました。また、五郎兵衛は、落語を演じるだけでなく、落語の台本も執筆しました。五郎兵衛の台本は、その後の落語家に大きな影響を与え、落語の発展に貢献しました。 五郎兵衛は、1729年に68歳で亡くなりました。しかし、その死後も五郎兵衛の落語は人々に語り継がれ、現在でも多くの人に愛されています。五郎兵衛の生涯は、落語の発展に大きく貢献した生涯でした。
エンターテインメント

3代目古今亭志ん生-明治・大正時代の落語家

-# 3代目古今亭志ん生の生涯 3代目古今亭志ん生は、落語の历史上屈指の人気を誇った落語家である。明治15年1月10日、東京市日本橋区に生まれる。本名は、石井 末吉(いしい すえきち)。 志ん生は、幼少期から落語を聴いて育ち、10歳の時に2代目古今亭志ん生に入門して、前座名「志ん吉(しんきち)」を名乗る。1904年、二つ目昇進後には「笑生(わらいしょう)」と改名し、1908年には真打昇進を果たす。 志ん生は、その卓越した話芸でたちまち人気者となり、やがて「落語界の御大」と呼ばれるようになる。1921年には、国立演芸場の開場に際して、初代桂文治、3代目柳家小さんらとともに、「落語五人男」の1人に選ばれる。また、映画やラジオにも出演し、その人気は全国区となった。 志ん生は、1944年に軍に召集されて満州に渡るが、翌1945年に終戦を迎えて帰国する。戦後は、落語界の復興に尽力し、1956年には国立演芸場の館長に就任する。1962年には紫綬褒章を受章し、1967年には日本芸術院会員に推挙される。 志ん生は、1973年3月11日に77歳で死去する。その死は、落語界に大きな衝撃を与え、多くのファンがその死を悼んだ。 志ん生は、戦前から戦後にかけて日本の落語界を牽引した偉大な落語家であった。その話芸は、今もなお多くの落語ファンに愛され続けている。
エンターテインメント

「笑福亭松之助」

-笑福亭松之助の生涯- 笑福亭松之助は、1910年(明治43年)10月13日、大阪府大阪市に生まれた。本名は大森秀雄。 1926年(大正15年)、16歳の時に初代笑福亭松之助に入門し、笑福亭松之輔の名で初舞台を踏む。1929年(昭和4年)に二ツ目昇進、1933年(昭和8年)には真打昇進を果たした。 1940年(昭和15年)、松之助は第二次世界大戦に出兵。終戦後の1946年(昭和21年)に復員し、芸能活動を再開した。 1951年(昭和26年)、松之助は上方落語協会の会長に就任。1962年(昭和37年)には上方落語大賞を受賞した。 1971年(昭和46年)、松之助は紫綬褒章を受章。1977年(昭和52年)には勲四等旭日小綬章を受章した。 1981年(昭和56年)、松之助は脳梗塞で倒れ、長期療養を余儀なくされた。1991年(平成3年)に芸能活動を再開したが、1995年(平成7年)11月15日に死去した。享年85。 松之助は、戦前・戦後を通して活躍した上方落語界の大御所。その巧みな話芸と人柄で、多くの人々に愛された。
エンターテインメント

江戸家猫八(初代)の生涯と功績

-江戸家猫八(初代)の生い立ちと入門- 江戸家猫八(初代)は、1865年(慶応元年)に東京に生まれた。本名は、鈴木政吉。幼い頃から落語が好きで、よく寄席に通っていたという。1881年(明治14年)、16歳のときに、落語家の初代三遊亭圓窓に弟子入りし、三遊亭圓若を名乗った。 圓若は、天賦の才を発揮し、すぐに寄席で頭角を現した。特に、得意としていたのが、人情噺や滑稽噺だった。圓若の噺は、丁寧な語り口と巧みな身振り手振りで、聴衆を魅了したという。 1896年(明治29年)、圓若は、師匠の三遊亭圓窓から「猫八」を襲名した。猫八は、真打昇進後も、寄席や劇場で活躍を続け、人気を博した。1903年(明治36年)には、初の海外公演を行い、好評を博した。 猫八は、1934年(昭和9年)に亡くなった。享年69。猫八は、落語界に多くの功績を残した。特に、人情噺や滑稽噺の分野において、その功績は大きい。また、猫八は、海外公演を行い、落語を世界に広めることに貢献した。
エンターテインメント

「古今亭今輔(2代)」

-古今亭今輔(2代)の生涯- 古今亭今輔(2代)は、1905年(明治38年)1月21日に東京市本所区(現在の東京都墨田区)に生まれた。本名は鈴木芳蔵。 1925年(大正14年)に古今亭今輔(初代)に入門し、翌1926年(昭和元年)に前座となり、前座名は今輔。1928年(昭和3年)に二ツ目昇進し、今輔の名を襲名。1935年(昭和10年)に真打昇進。 真打昇進後は、寄席や落語会などで活躍。1951年(昭和26年)には、NHKのテレビ番組「落語名人会」に出演し、人気を博した。 また、1959年(昭和34年)には、落語協会の会長に就任。1965年(昭和40年)まで会長を務めた。 1975年(昭和50年)には、紫綬褒章を受章。1980年(昭和55年)には、勲四等旭日小綬章を受章。 1984年(昭和59年)1月14日に、東京都豊島区の自宅で死去。享年78。 古今亭今輔(2代)は、落語の古典を大切にし、丁寧でわかりやすい口調で落語を語った。また、人柄も温厚で、落語界の重鎮として慕われた。
エンターテインメント

初代橘家円太郎-明治・昭和期に活躍した落語家

-初代橘家円太郎の生涯- 初代橘家円太郎は、1863年(文久3年)11月23日に東京に生まれました。本名は杉山藤吉です。幼少の頃から落語に興味を持ち、1883年(明治16年)に初代橘家小圓太に入門し、橘家小圓蔵を名乗りました。 1888年(明治21年)に二ツ目に昇進し、1896年(明治29年)に真打に昇進しました。1909年(明治42年)に初代橘家円太郎を襲名しました。 円太郎は、明治・昭和期に活躍した落語家で、その芸風は洒脱で飄逸なものでした。また、新作落語も得意であり、多くの作品を残しています。 円太郎は、1936年(昭和11年)に脳溢血で倒れ、1940年(昭和15年)に76歳で亡くなりました。 円太郎の芸は、現在でも多くの落語家に受け継がれており、その功績は大きく評価されています。 -円太郎の落語の特徴- 円太郎の落語は、洒脱で飄逸なものでした。また、新作落語も得意であり、多くの作品を残しています。 円太郎の落語の特徴は、以下の通りです。 * 洒脱で飄逸な芸風 * 新作落語を得意とした * 多くの弟子を育てた 円太郎は、落語界に大きな功績を残した偉大な落語家でした。
エンターテインメント

– 桂文治(10代)

-桂文治(10代)の芸歴- 桂文治(10代)は、1966年11月26日生まれ、兵庫県尼崎市出身の落語家です。桂文珍を師匠に持ち、1987年3月に桂文治を襲名しました。 -入門まで- 桂文治(10代)は、高校卒業後、大阪の電気工事会社に就職しました。しかし、落語家になる夢を諦めきれず、1984年に桂文珍に入門しました。 -修行時代- 入門後は、桂文三(9代)に弟子入りして修行を始めました。1985年に初舞台を踏み、1987年に桂文治を襲名しました。 -活躍時代- 桂文治(10代)は、襲名後は関西を中心に活躍しました。1998年に上方落語協会の理事となり、2006年には副会長に就任しました。2012年には会長に就任し、2016年まで務めました。 -現在- 桂文治(10代)は、現在も関西を中心に落語を続けています。また、テレビやラジオにも出演しており、幅広く活躍しています。 -芸風- 桂文治(10代)の芸風は、古典落語を主体とした正統派の落語です。しかし、現代的な要素を取り入れた落語も披露します。また、三味線や太鼓などの楽器を演奏しながら落語を披露することもあります。 -受賞歴- 桂文治(10代)は、2001年に上方落語大賞を受賞しました。また、2012年には文化庁芸術祭大賞を受賞しました。 -主な出演番組- * 桂文珍の落語研究会(MBSラジオ) * オールザッツ漫才(毎日放送) * 笑点(日本テレビ) -代表的な演目- * 寿限無 * 芝浜 * 三枚起請 * 唐茄子屋政談 * 愛宕山 桂文治(10代)は、上方落語界を代表する落語家です。正統派の落語から現代的な落語まで、幅広い芸風で聴衆を魅了しています。
エンターテインメント

蝶花楼馬楽(2代) – 明治時代の落語家

-蝶花楼馬楽の生涯- 蝶花楼馬楽は明治時代に活躍した落語家で、本名は石井増蔵といいます。1849年に江戸の神田で生まれ、1863年に4代目橘家圓喬に入門して橘家小円喬を名乗りました。 1870年に真打に昇進し、その後、三遊亭小円朝や三遊亭円楽などの人気落語家と掛け合いを演じ、人気を博しました。 1883年に蝶花楼馬楽を襲名し、翌年には東京浅草で寄席「馬楽亭」を開業しました。馬楽亭は落語の人気とともに大いに繁盛し、馬楽は落語界の重鎮として活躍しました。 馬楽は落語の演目が豊富で、講談や歌舞伎の要素を取り入れた新しい落語を次々と創作しました。また、馬楽は落語の演目を書き残すことに熱心で、その数は1000以上といわれています。 馬楽は落語界の発展に大きな貢献をした人物であり、現在でも馬楽の落語は多くの落語家によって演じられています。 1902年、馬楽は53歳で亡くなりました。馬楽の死は落語界に大きな衝撃を与え、多くの落語家が馬楽を偲んで追悼の会を開きました。 馬楽は落語界に大きな足跡を残した偉大な落語家であり、その功績は今もなお語り継がれています。
エンターテインメント

桂文治(4代)(1)とは?落語家としての軌跡をたどる

-桂文治(4代)(1)の生い立ちと入門- 桂文治(4代)(1)は、1865年1月26日に東京府日本橋区坂本町(現在の東京都中央区日本橋人形町)に生まれました。本名は斎藤豊治。父は斎藤豊吉、母はたかは。豊治は、幼い頃から落語に興味を持ち、落語家になることを夢見ていました。 1881年、豊治は16歳の時に桂文信に入門し、桂文治(4代)(1)と名乗りました。文信は、落語界の大御所であり、豊治は文信から多くのことを学びました。 1884年、文治(4代)(1)は真打に昇進しました。真打は、落語家の最高位であり、文治(4代)(1)は、落語家として成功を収めました。 文治(4代)(1)は、1901年に文治(5代)に襲名しました。文治(5代)は、落語界の重鎮として活躍し、多くの落語家を育てました。 1926年、文治(5代)は死去しました。享年61歳。文治(5代)の死は、落語界に大きな衝撃を与えました。 文治(4代)(1)は、落語界に多大な貢献をした偉大な落語家でした。文治(4代)(1)の落語は、人々を笑わせ、感動させました。文治(4代)(1)は、落語界の宝であり、これからも多くの人に愛され続けるでしょう。
エンターテインメント

「富春叟」(⇒田中桐江(たなか-とうこう))について

「富春叟」とは? 田中桐江が1915年から1954年まで発行していた自筆月刊誌のことである。桐江が中国の画論などを研究し訳した記事や小説の連載などを掲載した。雑誌名は中国の宋代の画家・黄公望が描いた「富春山居図」に由来している。 「富春山居図」は元々は黄公望が若い頃に描いた「富春山居図」と、老年になって改作した「無用師巻」の2つの作品だったが、後者は本来は冒頭部分を含む6巻だったが、桐江が「富春叟」に掲載した「富春山居図」は同作品の4巻部のものであった。 「富春叟」はまず「富春山居図研究」として1915年に桐江の自費出版で発刊され、その後1920年から「富春叟」と改題され、1954年まで発行された。「富春叟」は桐江の芸術論や中国芸術に関する論文などが掲載され、多くの芸術家や文化人に影響を与えた。 また、「富春叟」には桐江が中国から日本に持ち帰った「富春山居図」の4巻部も掲載され、これが「富春山居図」の全貌を日本に初めて紹介したものとして知られている。 「富春叟」は桐江の死後、その弟子たちが引き継いで発行を続けたが、1965年に廃刊となった。しかし、桐江の芸術論や中国芸術に関する論文などは現在でも高く評価されており、「富春叟」は日本の近代美術史において重要な役割を果たした雑誌として知られている。
エンターテインメント

桂文治(6代)

6代目桂文治の生涯 6代目桂文治は、1879年(明治12年)4月15日、東京市浅草区(現在の東京都台東区)に生まれました。本名は、小林 勇治郎(こばやし ゆうじろう)です。 1897年(明治30年)に5代目桂文治に入門し、1900年(明治33年)に前座となり、桂文治郎を名乗りました。1903年(明治36年)に二ツ目となり、桂文治を襲名しました。 1911年(明治44年)に真打となり、落語協会の創立に参加しました。1925年(大正14年)に落語協会の会長に就任し、1931年(昭和6年)まで務めました。 1936年(昭和11年)に文化勲章を受章しました。1945年(昭和20年)に東京大空襲で自宅を焼失し、疎開先の長野県で生活しました。 1956年(昭和31年)に落語協会の会長に再任し、1959年(昭和34年)まで務めました。1966年(昭和41年)に脳卒中で倒れ、療養生活を送りました。 1976年(昭和51年)に8月17日に死去しました。享年97歳でした。 6代目桂文治は、落語界の大御所として活躍し、多くの弟子を育てました。その代表的な弟子には、5代目桂文楽、3代目桂春団治、6代目三遊亭圓生などがいます。
エンターテインメント

初代柳家小さんの足跡をたどる

初代柳家小さんの生涯 初代柳家小さんは、1876年1月1日、東京府東京市浅草区(現・東京都台東区浅草)に生まれました。本名は、柳田亀太郎。父は、柳家小三治、母は、小三治の妻である、おしづ。小さんは、4人兄弟の末っ子でした。 小さんは、1890年、14歳の時に、父・小三治に入門し、柳家小きんを名乗りました。その後、1895年に真打昇進し、初代柳家小さん襲名を許されました。 小さんは、名人芸と謳われた、初代三遊亭圓遊や初代春風亭柳枝に師事し、落語の腕を磨きました。また、小さんは、寄席だけでなく、レビューや映画にも出演するなど、活躍の幅を広げました。 小さんは、1959年12月21日、東京都台東区上野の自宅で、脳出血のため死去しました。享年83歳。小さんは、その生涯を通じて、落語界に多大な貢献をし、多くの弟子を育てました。 小さんの芸風は、滑稽味のある人情噺が得意で、特に「芝浜」や「幇間腹」は、小さんの十八番として知られています。また、小さんは、口演中に時事ネタを交えるなど、常に時代の流れを意識した落語を演じていました。 小さんは、落語界の巨匠として、多くの落語家から尊敬を集めていました。また、小さんは、落語の普及に努め、落語の伝統を後世に伝えることに尽力しました。
エンターテインメント

桂歌丸→ 落語界のレジェンドの足跡

桂歌丸の芸歴と師匠たち 桂歌丸は、1936年1月1日に東京都千代田区で生まれました。本名は椎名巌(しいな いわお)です。1951年、15歳の時に五代目桂文楽に入門し、前座名「桂歌丸」を名乗りました。1955年に二ツ目昇進、1965年に真打昇進を果たしました。 桂歌丸の芸風は、落語の伝統を守りながらも、現代的な感覚を取り入れたものでした。また、漫談やコントなども得意としており、幅広い層から人気を集めました。 桂歌丸は、1980年代から1990年代にかけて、落語界を代表する人気者として活躍しました。特に、1985年から1992年にかけて放送された『笑点』(日本テレビ)への出演で、全国的な知名度を獲得しました。 桂歌丸は、落語界の後輩たちからも尊敬を集めていました。特に、六代目三遊亭円楽は桂歌丸を師匠として仰ぎ、その芸を継承しています。 桂歌丸は、2018年7月2日に死去しました。享年82歳でした。桂歌丸の死は、落語界に大きな衝撃を与え、多くのファンが悲しみにくれました。 桂歌丸は、日本の落語界を代表するレジェンドでした。その芸は、多くの人々に愛され、今もなお語り継がれています。
エンターテインメント

三遊亭円楽(5代) – 昭和後期から平成時代の落語家

師匠である6代三遊亭円生との関係 三遊亭円楽(5代)は、昭和後期から平成時代の落語家で、三遊亭円楽一門の重鎮として活躍しました。円楽は、1934年に東京都で生まれ、1951年に6代三遊亭円生に入門しました。 円生は、円楽にとって師匠であるだけでなく、父親のような存在でもありました。円楽は、円生から落語の技術だけでなく、人生の生き方についても多くのことを学びました。円生は、円楽に「落語は、人を喜ばせるものだ。人を喜ばせるためには、自分が楽しむことが大切だ」とよく言っていました。円楽はこの言葉を胸に、常に落語を楽しみながら演じました。 円楽は、円生のことを「偉大な師匠」と尊敬していました。円楽は、円生の落語を聴いて、落語の素晴らしさを知ったと言っています。また、円楽は円生の生き方にも感銘を受けました。円生は、どんなときでも明るく前向きで、誰に対しても親切でした。円楽は、円生の生き方を手本にして、自分も明るく前向きに生きるように努めました。 円楽と円生は、親子のような関係でした。円生は、円楽を自分の子供のようにかわいがっていました。また、円楽は、円生を父親のように慕っていました。円楽は、円生との思い出をいつも大切にしていました。 円生は、1999年に亡くなりました。円楽は、円生の死をとても悲しみ、円生の遺影の前で号泣しました。円楽は、円生への恩を忘れることなく、円生の落語を後世に伝えようと努力しました。円楽は、2009年に亡くなりましたが、円楽の落語は今も多くの人々に愛されています。
エンターテインメント

三笑亭可楽(8代) – 大正・昭和の落語家

-初代三遊亭円右に入門- 三笑亭可楽(8代)は、本名・井上富三郎、1897年(明治30年)1月28日生まれ、東京府東京市浅草区御籾町(現在の東京都台東区浅草)出身の落語家である。 可楽は、小学校卒業後、漆工の見習いとして働きながら、寄席に通い落語を聴く。1912年(明治45年)に初代三遊亭円右に入門し、前座名「華柳」を名乗る。 円右は、もとは三遊亭圓朝門下の初代三遊亭圓楽である。円楽は、1889年(明治22年)に師匠の四代目圓朝が死去すると、その名を継がず、初代三遊亭円右と改名した。 円右は、落語界の重鎮として活躍し、可楽は円右のもとで落語の基礎を学んだ。可楽は、1916年(大正5年)に二ツ目昇進し、1922年(大正11年)に真打昇進。真打昇進後は、三笑亭可楽(8代)を襲名した。 可楽は、寄席やホールを中心に活躍し、1930年代には浅草公園六区にあった寄席「常磐亭」の看板噺家として人気を博した。可楽は、1945年(昭和20年)の東京大空襲で自宅を焼失し、終戦後は横浜市に疎開した。 終戦後、可楽は東京に戻り、寄席やホールで落語を続けた。可楽は、1964年(昭和39年)に落語協会を脱退し、落語芸術協会を結成。落語芸術協会の会長として、落語界の発展に尽力した。 可楽は、1978年(昭和53年)1月20日に死去した。享年80。
エンターテインメント

「桂文治(9代)」

9代桂文治の概要 9代桂文治は、本名を木村 正和といい、1942年に大阪市に生まれました。1962年に5代桂文枝に入門し、1967年に2代目桂ざこばとして初舞台を踏みました。1970年に関西演芸協会新人賞、1972年に上方お笑い大賞銀賞を受賞するなど、早々に実力を発揮しました。 1998年に3代目桂文我を襲名し、2002年に文枝が10代目を襲名したことに伴い、9代桂文治を襲名しました。文治襲名後は、ますます活躍の場を広げ、テレビやラジオ、舞台などで活躍しました。また、2007年には上方演芸の殿堂である国立文楽劇場で独演会を行い、大成功を収めました。 9代桂文治は、人情噺を中心に、幅広い演目をこなす噺家として知られていました。その芸は、淡々と語る語り口調から、感情を込めた熱演まで、バラエティに富んでおり、多くのファンを魅了しました。また、後進の育成にも熱心に取り組み、多くの弟子を育て上げました。 9代桂文治は、2016年に74歳で亡くなりました。その死は、演芸界に大きな衝撃を与え、多くのファンが悲しみにくれました。しかし、9代桂文治が残した功績は、これからも語り継がれていくでしょう。
エンターテインメント

都又平-江戸時代前期-中期の落語家

-都又平の生涯- 都又平(みやこまたぺい)は、江戸時代前期から中期にかけて活躍した落語家です。初代桂文枝(桂米澤)の弟子であり、桂米朝、桂米団治、桂枝雀など、数多くの著名な落語家を輩出した都一門の始祖として知られています。 享保元年(1716年)、山城国京都(現在の京都府京都市)に生誕。本名については諸説ありますが、森田吉左衛門七兵衛尉正高、森田又兵衛尉正照、森田又右衛門尉正照などが有力とされています。幼い頃から落語に興味を持ち、18歳で初代桂文枝に入門。桂米澤を名乗って修行を積みました。 延享元年(1744年)、師匠の初代桂文枝が亡くなると、2代目桂文枝を襲名。以降、江戸と京都を拠点に活躍し、各地で人気を博しました。特に、滑稽な語り口と巧みな演出で知られ、「金明竹(かなめだけ)」や「味噌蔵(みそくら)」などの新作落語を数多く創作。また、落語の演目を集めた「都初笑(みやこはつえみ)」を出版し、落語の普及に努めました。 寛政6年(1794年)、79歳で亡くなるまで、落語家として第一線で活躍し続けました。その功績は大きく、現在も落語界の重鎮として敬愛されています。
エンターテインメント

笑福亭鶴瓶 – 落語家とタレントの華やかな人生

軽妙な話術と回転の速さ、飄々とした人柄で人気を得る 笑福亭鶴瓶は、その軽妙な話術と回転の速いトークで、多くの人を魅了する落語家兼タレントである。鶴瓶は、1951年に大阪で生まれ、1972年に笑福亭松鶴に入門して笑福亭鶴瓶を名乗る。その後、1975年に上方漫才大賞新人賞を受賞して注目を集め、1981年には「鶴瓶新野のぬかるみの世界」で漫才ブームの火付け役となる。 鶴瓶は、1980年代にタレントとしても活躍し始め、1985年に放送された「鶴瓶の家族に乾杯」が人気を博した。鶴瓶は、この番組で日本全国のさまざまな家庭を訪れて人々と交流し、その飾らないキャラクターで人気を得る。 鶴瓶は、その後も「笑福亭鶴瓶の家族に乾杯」や「鶴瓶のテレフォン人生相談」などの人気番組に出演し、幅広い層から支持されている。鶴瓶は、落語家とタレントの二足のわらじを履きながら、飄々とした人柄で人々を魅了し続けている。 2020年には、紫綬褒章を受章。2023年には文化庁長官表彰を受賞している。 鶴瓶の人気の秘密は、その軽妙な話術と回転の速いトークにある。鶴瓶は、落語家として培った話術を駆使して、人々を笑わせたり、感動させたりすることができる。また、鶴瓶はどんな話題でもすぐに反応してトークを展開することができるため、視聴者は飽きることがない。 鶴瓶の飄々とした人柄も、人気の一因となっている。鶴瓶は、飾らない性格で、誰に対しても分け隔てなく接することができる。そのため、鶴瓶は視聴者から親しみを持たれ、多くの人から支持されている。 鶴瓶は、落語家とタレントの二足のわらじを履きながら、飄々とした人柄で人々を魅了し続けている。鶴瓶は、今後も多くの人々に笑いと感動を与え続けてくれるだろう。