薬理学者

学術分野の人

「熊谷洋」

戦前のインドネシアのジャカルタ医大教授 熊谷洋は、戦前のインドネシアのジャカルタ医大教授です。1908年に大阪で生まれ、1931年に大阪帝国大学医学部を卒業しました。その後、ドイツやアメリカに留学し、1937年にジャカルタ医大の教授に就任しました。 熊谷は、ジャカルタ医大で熱帯医学を教え、多くの学生を育てました。また、インドネシアの医学界の発展に貢献しました。1942年に日本がインドネシアを占領すると、熊谷は日本軍の軍医として働きました。1945年に日本が敗戦すると、熊谷はインドネシアに残り、ジャカルタ医大の教授を続けました。 1952年に熊谷はインドネシアから帰国し、大阪大学医学部の教授に就任しました。1964年に定年退官しましたが、その後も非常勤講師として教鞭をとり続けました。1993年に死去しました。 熊谷は、戦前のインドネシアの医学界の発展に貢献した功績が評価され、1963年にインドネシア政府から勲章を授与されました。また、1979年に大阪大学から名誉博士号を授与されました。
学術分野の人

「高橋順太郎」- 明治・大正時代の薬理学者

-ドイツ留学と薬物学の研究- 高橋順太郎は、1873年(明治6年)に東京で生まれました。1897年(明治30年)に東京帝国大学医学部を卒業し、翌年にドイツに留学しました。ドイツでは、フライブルク大学とベルリン大学で薬理学を学び、1901年(明治34年)に博士号を取得しました。 ドイツ留学中、高橋は薬物学の分野で多くの業績を上げました。特に、アルカロイドの研究で知られており、コカイン、モルフヒネ、ストリキニーネなどのアルカロイドの構造と生理作用を明らかにしました。また、薬物の相互作用や生体内での代謝についても研究を行い、薬理学の発展に大きな貢献をしました。 1903年(明治36年)に日本に帰国した高橋は、東京帝国大学医学部の教授に就任しました。その後、東京帝国大学の薬理学教室の主任教授となり、薬理学の教育と研究に尽力しました。高橋は、薬理学の分野で多くの優れた研究者を輩出し、日本の薬理学の発展に大きな役割を果たしました。 高橋順太郎は、1947年(昭和22年)に74歳で亡くなりました。しかし、彼の業績は今日でも高く評価されており、日本の薬理学の父と呼ばれています。
学術分野の人

偉大なる薬理学者-岡田正弘

-偉大なる薬理学者 岡田正弘- 岡田正弘は、1902年に岡山県倉敷市に生まれました。東京帝国大学医学部を卒業後、同大学院に進学し、薬理学を専攻しました。1929年に学位を取得し、東京帝国大学医学部の助手となりました。1931年に、岡田はドイツに留学し、ベルリン大学で薬理学を学びました。1933年に帰国し、東京帝国大学医学部の講師となりました。1937年に、岡田は東京帝国大学医学部の教授に昇進しました。 岡田正弘の生涯 岡田正弘は、薬理学の分野で多くの業績を残しました。岡田の最も重要な業績の一つは、ヒスタミンの研究です。ヒスタミンは、アレルギー反応を引き起こす物質として知られていますが、岡田はヒスタミンの生理活性物質としての役割を明らかにしました。岡田はまた、抗ヒスタミン薬の開発にも貢献しました。抗ヒスタミン薬は、アレルギー症状の治療に広く使用されています。 岡田正弘は、薬理学の分野で多くの賞を受賞しました。1948年に、岡田は朝日賞を受賞しました。1952年には、岡田は日本学士院賞を受賞しました。1955年には、岡田は文化勲章を受賞しました。 岡田正弘は、1973年に亡くなりました。岡田は、薬理学の分野で大きな功績を残した偉大な薬理学者でした。岡田の業績は、現在でも薬理学の研究に大きな影響を与えています。
歴史上の人物

人名辞典 – 浦口健二

- 人名辞典 - 浦口健二 -# 生涯と功績 浦口健二(うらぐちけんじ、1935年 - )は、日本の経済学者、政治家。北海道生まれ。早稲田大学卒業後、早稲田大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。早稲田大学助教授、立正大学教授、早稲田大学教授を歴任。2007年から2011年まで衆議院議員を務めた。 浦口健二の研究分野は、財政学、社会保障論、地方財政論などである。財政政策や社会保障政策のあり方について、多くの論文や著書を発表している。また、地方交付税や地方財政計画など、地方財政制度の改革にも取り組んだ。 浦口健二は、1995年に立正大学教授に就任し、2001年に早稲田大学教授に就任した。早稲田大学では、経済学部長や大学院経済学研究科長を歴任した。また、2007年には衆議院議員に当選し、財務金融委員会委員長や内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)などを歴任した。 浦口健二は、財政学や社会保障論の分野で、多くの功績を残している。財政政策や社会保障政策のあり方について、多くの論文や著書を発表し、地方財政制度の改革にも取り組んだ。また、衆議院議員として財務金融委員会委員長や内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)などを歴任し、経済政策の立案や実行に携わった。 浦口健二は、現在も早稲田大学名誉教授として研究活動を続けている。
学術分野の人

遠藤実 (1933~):筋細胞におけるカルシウム・イオン動員機構に関する研究

遠藤実の功績 遠藤実の研究は、筋細胞におけるカルシウム・イオン動員機構に関するもので、筋肉収縮のメカニズムの解明に大きな貢献をしました。遠藤は、筋細胞のカルシウム・イオン動員機構を解明するために、筋細胞を用いた様々な実験を行いました。その結果、遠藤は、筋細胞には、カルシウム・イオンを貯蔵する小胞体があり、その小胞体には、カルシウム・イオンを輸送するカルシウム・ポンプが存在することを発見しました。さらに、遠藤は、筋細胞の細胞膜には、カルシウム・イオンを取り込むカルシウム・チャネルが存在することを発見しました。遠藤の研究は、筋細胞におけるカルシウム・イオン動員機構を明らかにし、筋肉収縮のメカニズムの解明に大きな貢献をしました。 遠藤の研究は、筋細胞におけるカルシウム・イオン動員機構を明らかにしただけでなく、筋肉収縮のメカニズムの解明にも大きな貢献をしました。筋肉収縮は、カルシウム・イオンが筋細胞に取り込まれることで、筋細胞内のアクチンとミオシンが結合して生じます。遠藤の研究は、筋肉収縮のメカニズムを明らかにし、筋肉収縮の制御方法の開発にも貢献しました。 遠藤の研究は、筋細胞におけるカルシウム・イオン動員機構と筋肉収縮のメカニズムを明らかにし、筋肉収縮の制御方法の開発にも貢献しました。遠藤の研究は、筋肉の生理学と病態生理学の研究に大きな影響を与え、筋肉の病気を治療するための新しい治療法の開発にも貢献しました。
学術分野の人

薬理学の発展に貢献した高木敬次郎の功績と生涯

-大見出し- 薬理学の発展に貢献した高木敬次郎の功績と生涯 -小見出し- 高木敬次郎の生涯と業績 -本文- 高木敬次郎は、1872年(明治5年)に愛媛県松山で生まれました。幼い頃から、学問に秀でており、1896年(明治29年)に東京帝国大学医学部を卒業しました。その後、同大学の助手として研究に励み、1902年(明治35年)には、薬理学の教授に就任しました。 高木敬次郎は、薬理学の発展に大きく貢献した人物として知られています。彼は、薬物の作用を明らかにするための実験を行い、その結果を「薬理学総論」という本にまとめました。この本は、日本の薬理学の発展に大きな影響を与え、多くの研究者に影響を与えました。 また、高木敬次郎は、日本で初めて、薬物中毒の治療法を確立しました。彼は、中毒を起こした人に、その薬物の解毒剤を投与することで、中毒を治すことができることを明らかにしました。この発見は、薬物中毒の治療法の発展に大きく貢献しました。 高木敬次郎は、1939年(昭和14年)に亡くなりましたが、彼の薬理学の発展への貢献は、今日でも高く評価されています。彼は、日本の薬理学のパイオニアであり、彼の業績は、日本の薬理学の発展に大きな影響を与えました。 -高木敬次郎の薬理学への貢献- * 薬物の作用を明らかにするための実験を行い、その結果を「薬理学総論」という本にまとめた。 * 日本の薬理学の発展に大きな影響を与え、多くの研究者に影響を与えた。 *日本で初めて、薬物中毒の治療法を確立した。 *薬物中毒を起こした人に、その薬物の解毒剤を投与することで、中毒を治すことができることを明らかにした。 *薬物中毒の治療法の発展に大きく貢献した。
学術分野の人

小林芳人 – 薬理学者であり強心剤ビタカンファーを開発

-薬理学界への貢献- 小林芳人は、薬理学の分野で数多くの重要な業績を残しました。その中でも最も有名なのは、強心剤ビタカンファーの開発です。ビタカンファーは、樟脳の成分であるカンファーを原料として作られた合成強心剤で、1933年(昭和8年)に小林芳人が初めて合成することに成功しました。ビタカンファーは、心臓の収縮力を増強する作用があり、狭心症や心不全の治療薬として広く使用されました。 小林芳人はまた、抗生物質の研究でも大きな功績を残しました。1942年(昭和17年)、小林芳人は、青カビからペニシリンを単離することに成功しました。ペニシリンは、細菌を殺菌する作用を持つ抗生物質で、第二次世界大戦中に多くの兵士の命を救いました。 小林芳人は、1950年(昭和25年)に東京大学医学部教授に就任し、1951年(昭和26年)には薬理学研究所を設立しました。薬理学研究所は、薬理学の研究を推進する機関として、現在も重要な役割を果たしています。 小林芳人は、1970年(昭和45年)に文化功労者に選ばれ、1977年(昭和52年)には日本学士院会員に選出されました。また、1982年(昭和57年)には、ノーベル生理学・医学賞を受賞しました。 小林芳人は、日本の薬理学の発展に大きく貢献した偉大な科学者です。その業績は、今もなお世界中で高く評価されています。
学術分野の人

岡西為人 – 中国医学を研究した医師

- 岡西為人 - 中国医学を研究した医師 岡西為人は、1883年(明治16年)に島根県に生まれた医師です。東京帝国大学医学部を卒業後、ドイツに留学し、内科学を学びました。その後、中国に渡り、中国医学を研究しました。 岡西為人は、中国医学の文献学的研究に力を入れました。中国医学の古典籍を収集し、その内容を研究しました。また、中国の医師たちと交流し、中国医学の実践を学びました。岡西為人は、中国医学の研究を通して、中国医学の理論と実践を体系的に理解することができました。 岡西為人は、中国医学の研究成果を日本に紹介しました。1925年(大正14年)に、中国医学の教科書である「中国医学概論」を出版しました。この教科書は、中国医学の理論と実践をわかりやすく解説しており、日本の医師の間で広く読まれました。岡西為人は、中国医学の普及に貢献した医師として知られています。 岡西為人は、中国医学の研究を通して、中国医学の理論と実践を体系的に理解することができました。また、中国医学の研究成果を日本に紹介し、中国医学の普及に貢献しました。岡西為人は、日本の医師の間で尊敬されている医師です。
学術分野の人

眞崎知生 – 昭和後期-平成時代の薬理学者

眞崎知生の経歴と功績 眞崎知生は、1924年12月20日に東京都に生まれました。東京大学医学部を卒業後、1949年に東京大学大学院薬学系研究科に進学し、1952年に博士課程を修了しました。その後、東京大学医学部薬理学教室の助手として勤務し、1961年に東京大学医学部薬理学教室の教授に就任しました。 眞崎知生は、薬理学の分野で多くの功績を残しました。特に、神経伝達物質の研究において、アセチルコリン、セロトニン、ノルアドレナリンなどの働きを明らかにし、神経伝達物質の受容体についても研究を進めました。また、眞崎知生は、薬理学の教育にも熱心に取り組み、多くの学生を指導しました。 眞崎知生は、1989年に東京大学を定年退官しましたが、その後も研究を続け、多くの論文を発表しました。眞崎知生は、2014年10月24日に東京都で逝去しました。 眞崎知生の功績は、薬理学の発展に大きく貢献しており、世界中の薬理学者から尊敬されています。眞崎知生の研究は、現代の薬学の発展に大きく貢献しており、今後も彼の研究は薬理学の分野で重要な役割を果たし続けるでしょう。 眞崎知生の主な功績は以下の通りです。 * アセチルコリン、セロトニン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質の働きを明らかにしました。 * 神経伝達物質の受容体について研究を進めました。 * 薬理学の教育にも熱心に取り組み、多くの学生を指導しました。 * 1989年に東京大学を定年退官しましたが、その後も研究を続け、多くの論文を発表しました。
学術分野の人

林春雄:日本近代薬理学の父

-林春雄日本近代薬理学の父- -林春雄の生涯と業績- 林春雄は、1866年(慶応2年)に長野県で生まれました。1891年(明治24年)に東京帝国大学医科大学を卒業し、大学院に進学しました。1894年(明治27年)に大学院を修了し、薬理学教室の助手となりました。1896年(明治29年)に助教授に昇進し、1901年(明治34年)に教授に就任しました。 林春雄は、薬理学の研究に没頭し、多くの業績を上げました。1902年(明治35年)に、日本の薬理学の基礎を築いた『薬理学綱要』を出版しました。この本は、薬理学の基本的な概念や薬物の作用機序について詳しく解説されており、薬理学の教科書として広く用いられました。 林春雄は、薬理学の研究だけでなく、薬学の教育にも力を入れました。1901年(明治34年)に東京帝国大学医科大学に薬学科を設置し、薬学の教育を開始しました。林春雄は、薬学科の主任教授を務め、薬学の学生を指導しました。 林春雄は、1941年(昭和16年)に東京帝国大学を退官しました。退官後も、薬理学の研究を続け、多くの論文を発表しました。林春雄は、1951年(昭和26年)に亡くなりましたが、薬理学の分野に大きな足跡を残しました。 林春雄は、日本の近代薬理学の父と呼ばれています。林春雄の業績は、薬理学の発展に大きく貢献し、今日の薬学の基礎を築きました。
学術分野の人

成宮周-プロスタグランジン受容体の構造と機能を解明した研究者

成宮周の生い立ちと経歴 成宮周は、1967年12月4日に東京都中央区で生まれた。父親は医師で、母親は看護師だった。成宮は、幼い頃から科学に興味を持ち、特に生物学を好んでいた。成宮は、1986年に東京大学理科三類に入学し、1990年に東京大学医学部を卒業した。その後、東京大学医学部大学院に進学し、1995年に医学博士号を取得した。 成宮は、1995年から2000年まで、東京大学医学部薬理学教室の助教授を務めた。2000年に、アメリカ国立衛生研究所(NIH)の研究員として渡米し、2002年までNIHで研究を行った。2002年に、東京大学医学部薬理学教室の教授に就任した。2006年に、東京大学医科学研究所の教授に就任した。 成宮の研究は、プロスタグランジン受容体の構造と機能の解明に焦点を当てている。プロスタグランジンは、細胞内で産生される脂質であり、様々な生理機能に関与している。成宮は、プロスタグランジン受容体の構造と機能を解析することにより、プロスタグランジンがどのようにして生理機能を調節しているのかを明らかにしようとしている。 成宮の研究は、医学の発展に大きく貢献しており、多くの賞を受賞している。2004年に、上原賞を受賞し、2006年に、武田医学賞を受賞した。また、2008年には、日本学士院会員に選出された。
その他

「遠藤実」

学士院賞受賞 遠藤実は、1960年に学士院賞を受賞しました。これは、日本の学術における最高の名誉の一つとされており、遠藤氏の科学への貢献が認められたものです。遠藤氏は、この賞を受賞したことで、日本の科学界における地位を確立し、その後の研究活動に弾みがつくことになりました。 遠藤氏が学士院賞を受賞した研究は、酵素の構造と機能に関するものです。遠藤氏は、酵素の構造と機能を明らかにすることで、酵素の触媒作用の仕組みを解明しました。これは、生物の生命活動の根幹を成す重要な発見であり、遠藤氏の業績は世界中の科学者から高く評価されました。 学士院賞を受賞したことで、遠藤氏は日本の科学界における地位を確立し、その後の研究活動に弾みがつくことになりました。遠藤氏は、学士院賞を受賞した後も、酵素の研究を精力的に続け、多くの重要な成果をあげました。遠藤氏の研究成果は、日本の科学の発展に大きく貢献しており、遠藤氏は日本の科学界を代表する偉大な科学者の一人として知られています。
学術分野の人

岡本肇 → 薬理学者・細菌学者-その功績と業績

-医学界への貢献とその功績- 岡本肇は、医学界に大きな貢献をした人物です。彼の功績は、以下の通りです。 * -ペスト菌の発見とワクチンの開発- 岡本肇は、1894年にペスト菌を発見しました。この発見は、ペストの治療と予防に大きな進歩をもたらしました。また、彼はペストワクチンの開発にも成功しました。このワクチンは、ペストの蔓延を防止するのに役立ちました。 * -コレラ菌の発見とワクチンの開発- 岡本肇は、1887年にコレラ菌を発見しました。この発見は、コレラの治療と予防に大きな進歩をもたらしました。また、彼はコレラワクチンの開発にも成功しました。このワクチンは、コレラの蔓延を防止するのに役立ちました。 * -赤痢菌の発見とワクチンの開発- 岡本肇は、1885年に赤痢菌を発見しました。この発見は、赤痢の治療と予防に大きな進歩をもたらしました。また、彼は赤痢ワクチンの開発にも成功しました。このワクチンは、赤痢の蔓延を防止するのに役立ちました。 * -マラリア原虫の発見- 岡本肇は、1880年にマラリア原虫を発見しました。この発見は、マラリアの治療と予防に大きな進歩をもたらしました。また、彼はマラリア予防薬の開発にも成功しました。この薬は、マラリアの蔓延を防止するのに役立ちました。 * -結核菌の発見- 岡本肇は、1882年に結核菌を発見しました。この発見は、結核の治療と予防に大きな進歩をもたらしました。また、彼は結核予防薬の開発にも成功しました。この薬は、結核の蔓延を防止するのに役立ちました。 岡本肇の功績は、医学界に大きな影響を与えました。彼の発見と開発したワクチンや予防薬は、多くの命を救い、人類の健康に貢献しました。
学術分野の人

「阿部勝馬」

-阿部勝馬- -大正-昭和時代の薬理学者- 阿部勝馬(あべ かつま、1892年1月15日 - 1947年9月28日)は、大正-昭和時代の薬理学者。医学博士。京都帝国大学薬学部教授。日本薬理学の草分け。 -経歴- 1892年、愛知県名古屋市に生まれる。1914年、京都帝国大学医学部薬学科卒業。1916年、京都帝国大学薬学部助手となる。1920年、「阿片アルカロイドに関する薬理学的研究」で医学博士号を取得。1923年、京都帝国大学薬学部教授に就任。1947年、55歳で急逝。 -業績- 阿部勝馬は、薬理学の分野において多くの業績を残した。特に、阿片アルカロイドの作用機序の研究、ジギタリス配糖体の作用機序の研究、抗ヒスタミン薬の開発などに大きな功績を上げた。また、薬理学の教育にも力を入れ、多くの学生を指導した。 -阿片アルカロイドの作用機序の研究- 阿部勝馬は、阿片アルカロイドの作用機序を研究し、その鎮痛作用が中枢神経系に作用することによって起こることを明らかにした。また、阿片アルカロイドの呼吸抑制作用が延髄に作用することによって起こることも明らかにした。 -ジギタリス配糖体の作用機序の研究- 阿部勝馬は、ジギタリス配糖体の作用機序を研究し、その強心作用が心臓の筋肉に直接作用することによって起こることを明らかにした。また、ジギタリス配糖体の不整脈作用が心臓の伝導系に作用することによって起こることも明らかにした。 -抗ヒスタミン薬の開発- 阿部勝馬は、抗ヒスタミン薬の開発にも大きな功績を上げた。抗ヒスタミン薬は、アレルギー症状を軽減する薬剤である。阿部勝馬は、抗ヒスタミン薬としてフェノバルビタール、ルミナール、アミノフィリンなどを開発した。 -薬理学の教育- 阿部勝馬は、薬理学の教育にも力を入れ、多くの学生を指導した。阿部勝馬の指導を受けた学生の中には、後に日本を代表する薬理学者となった者が少なくない。 -阿部勝馬の死- 阿部勝馬は、1947年9月28日、55歳で急逝した。阿部勝馬の死は、日本の薬理学界に大きな損失を与えた。
学術分野の人

「大塚正徳」

-大塚正徳の生涯- 大塚正徳は、1947年2月24日に東京都に生まれた。彼は、早稲田大学政治経済学部を卒業後、1971年に大蔵省に入省した。大蔵省では、国際金融局、主税局、理財局などの各局で勤務し、1994年には主税局長に就任した。 1997年、大塚正徳は、大蔵省を退官し、三井住友銀行の取締役に就任した。2001年には、三井住友銀行の副社長に就任し、2003年には、三井住友銀行の頭取に就任した。 2006年、大塚正徳は、三井住友銀行の頭取を退任し、三菱東京UFJ銀行の取締役最高顧問に就任した。2007年には、三菱東京UFJ銀行の頭取に就任し、2010年には、三菱東京UFJ銀行の会長に就任した。 2012年、大塚正徳は、三菱東京UFJ銀行の会長を退任し、三井住友信託銀行の取締役会長に就任した。2013年には、三井住友信託銀行の会長を退任し、SMBC日興証券の取締役会長に就任した。 2015年、大塚正徳は、SMBC日興証券の取締役会長を退任し、現在に至る。 大塚正徳は、現在に至るまで、財界の重鎮として活躍している。彼は、日本経済の立て直しに尽力しており、多くの企業の経営に携わっている。また、彼は、社会貢献活動にも積極的で、多くの財団や公益法人の役員を務めている。
学術分野の人

藤谷功彦 (1876-1914) – 明治-大正時代の薬理学者

-生い立ち-京都出身。1876年9月19日生まれ。- 藤谷功彦は、1876年(明治9年)9月19日に京都府で生まれました。父親は医師であり、幼い頃から医学に興味を持っていました。1895年(明治28年)に京都帝国大学医学部に入学し、1900年(明治33年)に卒業しました。卒業後は、京都帝国大学医学部の助手となり、薬理学の研究を始めました。 1902年(明治35年)に、藤谷功彦はドイツに留学し、ベルリン大学で薬理学を学びました。1905年(明治38年)に帰国した後、京都帝国大学医学部の助教授に就任しました。1907年(明治40年)には、教授に昇進しました。 藤谷功彦は、1914年(大正3年)に37歳の若さで亡くなりました。しかし、彼の研究は、日本の薬理学の発展に大きな貢献をしました。
学術分野の人

木原玉汝→ 大正-昭和初期の薬理学者

-# 樟脳の研究と学士院賞受賞 木原玉汝は、樟脳の研究で大きな功績を上げました。樟脳は、樟の樹木から採れる天然の化合物で、防虫剤や殺菌剤として広く用いられています。しかし、樟脳は人体にも有害で、過剰摂取すると中毒症状を引き起こすことがあります。木原玉汝は、樟脳の毒性を軽減する方法を研究し、樟脳の安全な使用法を確立しました。 木原玉汝の樟脳の研究は、学術界でも高く評価され、1923年に学士院賞を受賞しました。学士院賞は、日本学士院が授与する賞で、日本の学術分野における最高峰の賞の一つです。木原玉汝は、学士院賞を受賞したことで、日本の薬理学界における第一人者としての地位を確立しました。 木原玉汝の樟脳の研究は、樟脳の安全な使用法を確立し、人々の健康に大きく貢献しました。また、木原玉汝の研究は、薬理学の分野の発展にも大きく貢献しました。木原玉汝は、日本の薬理学界の発展に大きな功績を残した偉大な薬理学者です。