藤原明衡

歴史上の偉人

藤原敦光→ 平安時代後期の官吏兼漢詩人

藤原敦光の生涯と功績 藤原敦光は、平安時代後期に活躍した官吏兼漢詩人です。敦光は、藤原北家摂関家の嫡流である藤原頼通の長男として生まれ、幼少期から英才教育を受けました。14歳のときには、文章得業生(文章博士の助手)に補され、20歳の時には、左近衛権少尉に任じられました。 敦光は、官吏として順調に昇進し、最終的には、参議まで上り詰めました。また、漢詩人としても活躍し、多くの漢詩を残しています。敦光の漢詩は、風雅な作風で知られ、当時の貴族階級の間で高く評価されていました。 敦光は、1107年に50歳で亡くなりました。敦光の死は、当時の貴族階級に大きな衝撃を与え、多くの漢詩人が敦光の死を悼む詩を詠みました。 敦光は、官吏として、また、漢詩人として、平安時代後期に大きな功績を残しました。敦光の漢詩は、当時の貴族階級の文化を反映した貴重な資料であり、現在でも多くの研究者に研究されています。 敦光の主要な漢詩集には、次のものがあります。 * 『敦光卿集』 * 『敦光宿藻』 * 『敦光遺文』 これらの漢詩集には、敦光の風雅な作風の漢詩が収められています。敦光の漢詩は、当時の貴族階級の文化を反映した貴重な資料であり、現在でも多くの研究者に研究されています。
歴史上の偉人

田中豊益

- 田中豊益 田中豊益は、江戸時代初期の猿楽師で、宗家である観世流より分かれて、独自の流派である豊益流を創始しました。 -# 新猿楽記に登場する田中豊益 田中豊益は、野村家による芸能史書である『新猿楽記』に多く登場しています。 『新猿楽記』は、野村家が代々受け継いできた芸能に関する記録を集めたもので、 田中豊益の芸の噂を聞いた徳川家康が、彼を招いて歌舞伎を披露させたという逸話や、 豊益流の芸の特色などが記されています。 『新猿楽記』によると、田中豊益は、1588年に堺で生まれ、子供の頃から猿楽を学びました。 父親が豊臣秀吉に仕えていたことから、豊益も豊臣家に仕えることになりました。 豊臣家に仕えていた時代、豊益は、歌舞伎の演技や舞を披露して、豊臣秀吉や、豊臣秀頼らから愛されました。 しかし、関ヶ原の戦いで豊臣家が滅亡すると、豊益は主君を失い、流浪の身となりました。 その後、豊益は、京都や奈良で猿楽を披露しながら生活しました。 そして、1629年に、徳川家康の命によって江戸城に招かれて、歌舞伎を披露しました。 徳川家康は、豊益の芸を気に入り、彼に江戸に留まることを許しました。 豊益は、江戸で豊益流を創始し、多くの弟子を育てました。 田中豊益は、1654年に亡くなりました。 彼の死後、豊益流は、さらに発展し、江戸歌舞伎を代表する流派となりました。
歴史上の偉人

藤原敦信

-藤原敦信の生涯- 藤原敦信は、平安時代前期の公卿。藤原北家、太政大臣・藤原頼道の八男。母は従三位・広田子。官位は正三位・権中納言。 * -幼少期と青年期- 敦信は、弘仁3年(812年)に生まれる。父・頼道は、42歳の老齢で敦信をもうけたという。敦信は、幼少期から聡明で、学問を好んだ。 承和9年(842年)、敦信は21歳のときに従五位上に叙せられ、左近衛将監に任じられた。その後、右近衛将監、左兵衛権佐、左近衛権佐を歴任した。 * -官僚として- 嘉祥3年(850年)、敦信は39歳のときに参議に任じられた。参議は、太政官の三公(太政大臣、左大臣、右大臣)に次ぐ官職であり、敦信は、このとき、中央政界の有力者となった。 仁寿3年(853年)、敦信は、42歳のときに権中納言に任じられた。権中納言は、中納言の次官であり、敦信は、このとき、政府の最高幹部となった。敦信は権中納言として、多くの政策立案に携わった。 * -晩年- 元慶8年(884年)、敦信は73歳のときに薨去した。晩年は、病気などで苦しんだ。敦信の死後、彼の功績を称えて、正三位を追贈された。 * -評価- 敦信は、平安時代前期の優秀な官僚であった。彼は、学問を好み、優れた政治手腕を持っていた。敦信は、政府の最高幹部として、多くの政策立案に携わり、平安時代の政治に大きな影響を与えた。
歴史上の偉人

藤原敦基 – 平安時代後期の官吏・漢詩人

藤原敦基の生い立ちと家族 藤原敦基は、平安時代後期の官吏・漢詩人です。1139年(保延5年)に、権中納言・藤原隆頼の子として誕生しました。母は、播磨守・大江公通の娘です。敦基は、幼い頃から学問に励み、14歳で侍従に任じられました。その後、左兵衛権佐、右衛門権佐、左衛門佐、右衛門尉、右兵衛尉、左兵衛尉、右衛門督などを歴任しました。1179年(治承3年)には、従五位下に叙せられ、1180年(治承4年)には、従五位上に昇進しました。敦基は、官吏として活躍する一方、漢詩にも優れた才能を発揮しました。1185年(文治元年)に、後白河法皇の命によって、藤原俊成、藤原有家、藤原基俊らとともに『千載和歌集』の撰集に参加しました。また、敦基は、漢詩集『藤原敦基集』を著しており、その中には、中国の詩人・杜甫を模倣した作品が多く見られます。敦基は、1191年(建久2年)に、53歳で亡くなりました。
歴史上の偉人

中世日本の明暹

-康平2年生まれ- 明暹は、康平2年(1075年)に生まれたとされます。ただし、明暹に関する資料は少なく、生年については諸説あります。一説には、康平5年(1078年)生まれとする説もあります。 明暹の父は、平清盛の叔父にあたる平家貞盛でした。平家貞盛は、源頼朝を倒したことで知られる平清盛の父、平忠盛の弟でした。明暹の母は、源頼朝の母、由良御前の妹であったとされます。 明暹は、幼い頃から仏教に親しみ、15歳の時に出家しました。比叡山で天台宗を学び、やがて高僧として名を馳せました。承安4年(1174年)には、朝廷から法印の称号を授与されました。 明暹は、仏教の教えを広く民衆に広めるために、各地を巡って説法を行いました。また、多くの弟子を育て、天台宗の発展に貢献しました。建久6年(1195年)には、朝廷から大僧正の称号を授与され、天台宗の最高位に就きました。 明暹は、建久9年(1198年)に亡くなりました。享年81歳でした。明暹の死後、天台宗は衰退しましたが、その教えは弟子たちによって受け継がれ、現代まで伝えられています。