藤原豊成

歴史上の偉人

藤原豊成 – 奈良時代の公卿と橘奈良麻呂の変

-藤原豊成の生涯- 藤原豊成は、奈良時代の公卿であり、橘奈良麻呂の変において重要な役割を果たしました。 豊成は、藤原家の嫡流である藤原仲麻呂の弟として、天平10年(738年)に生まれました。天平17年(745年)に官僚となり、次々と昇進を重ねます。天平勝宝2年(750年)には、参議に任命され、天平宝字3年(759年)には、権中納言に任命されました。 天平勝宝9年(757年)、恵美押勝の乱(藤原仲麻呂の乱)が起こります。この乱は、藤原仲麻呂と橘奈良麻呂の権力争いが発端となっており、豊成は藤原仲麻呂に味方しました。乱は、藤原仲麻呂の勝利に終わり、豊成は、功績を認められて、権大納言に任命されました。 しかし、天平宝字8年(764年)、橘奈良麻呂の変が起こります。橘奈良麻呂は、藤原仲麻呂の専横を倒すために、クーデターを計画しましたが、失敗して処刑されました。豊成はこの事件に連座して、大宰権帥に左遷されました。 天平神護2年(766年)、豊成は、大納言に復帰しました。しかし、天平神護3年(767年)に、再び左遷され、近江守に任命されました。豊成は、その後、赦されて中央に復帰しましたが、延暦2年(783年)に死去しました。 藤原豊成は、橘奈良麻呂の変で重要な役割を果たし、その後も左遷されるなど、波乱に満ちた人生を送りました。しかし、藤原家の一族として、政治の中枢で活躍しており、その功績は大きなものがあります。
歴史上の偉人

藤原縄麻呂-奈良時代の公卿

-藤原縄麻呂とは- 藤原縄麻呂は、奈良時代の公卿です。藤原不比等の五男として生まれ、藤原四兄弟の一人です。藤原四兄弟は、藤原武智麻呂、藤原房前、藤原宇合、藤原麻呂とともに、奈良時代の政権を担った有力な貴族でした。 藤原縄麻呂は、和銅7年(714年)に生まれました。父・藤原不比等は、藤原氏の嫡流である中臣鎌足の子であり、天武天皇の時代に活躍した有力な公卿でした。母は、中臣鎌足の娘である中臣氏でした。藤原縄麻呂は、藤原四兄弟の末っ子であり、藤原武智麻呂、藤原房前、藤原宇合、藤原麻呂の弟でした。 藤原縄麻呂は、藤原四兄弟の中で最も早く官位を昇進させました。和銅7年(714年)に生まれ、わずか16歳で従五位下に叙せられました。その後、天平2年(730年)に正五位下、天平5年(733年)に正五位上と、順調に昇進を重ねました。天平9年(737年)には、参議に任命され、公卿の仲間入りを果たしました。 藤原縄麻呂は、参議として、藤原四兄弟とともに奈良時代の政権を担いました。藤原四兄弟は、藤原不比等の子であり、藤原氏の嫡流であることから、大きな権力を握っていました。藤原縄麻呂は、藤原四兄弟の中で最も若く、藤原武智麻呂、藤原房前、藤原宇合、藤原麻呂の弟でしたが、参議として他の藤原四兄弟と同様に大きな権力を握っていました。 藤原縄麻呂は、天平15年(743年)に亡くなりました。享年30歳でした。藤原縄麻呂の死は、藤原四兄弟の権力の衰退を招きました。藤原四兄弟の中で最も早く亡くなった藤原縄麻呂の死は、藤原四兄弟の勢力に大きな影響を与えたのです。
歴史上の偉人

阿古耶とは?

- 阿古耶伝説の起源 阿古耶伝説は、長い歴史を持つ伝承であり、その起源は定かではありません。しかし、いくつかの説があります。 1. アイヌ民族の伝承説 阿古耶伝説は、アイヌ民族の伝承が元になっているという説があります。アイヌ民族は、北海道に先住する民族であり、古くから独自の文化と信仰を持っています。アイヌ民族の伝承には、多くの神や精霊が登場しますが、阿古耶はその一つと考えられています。 2. 中国大陸からの伝来説 阿古耶伝説は、中国大陸から日本に伝来したという説があります。中国大陸には、古くから人魚伝説があります。人魚は、魚の胴体と人間の頭を持つ生き物であり、阿古耶と似ています。阿古耶伝説は、中国大陸の人魚伝説が日本に伝わり、変化したものと考えられています。 3. 西洋からの伝来説 阿古耶伝説は、西洋から日本に伝来したという説もあります。西洋には、古くからマーメイド伝説があります。マーメイドは、魚の胴体と人間の頭を持つ生き物であり、阿古耶と似ています。阿古耶伝説は、西洋のマーメイド伝説が日本に伝わり、変化したものと考えられています。 以上の説以外にも、阿古耶伝説の起源についてはさまざまな説があります。阿古耶伝説は、長い歴史を持つ伝承であり、その起源は定かではありませんが、多くの説が唱えられています。
歴史上の偉人

藤原乙縄 – 奈良時代の公卿

- 藤原乙縄 - 奈良時代の公卿 -# 橘奈良麻呂の変で日向国に左遷 藤原乙縄は、奈良時代の公卿です。藤原不比等の孫で、藤原仲麻呂の弟にあたります。天平13年(741年)に参議に任命され、天平21年(749年)に大納言に昇進しました。しかし、天平勝宝元年(749年)に起きた橘奈良麻呂の変に連座して日向国に左遷されました。 橘奈良麻呂の変は、天平勝宝元年(749年)に橘奈良麻呂が藤原仲麻呂を暗殺しようとして失敗した事件です。奈良麻呂は、仲麻呂が権力をほしいままにしていたことに不満を抱いており、仲麻呂を排除して政権を奪還することを計画していました。しかし、この計画は仲麻呂に露見し、奈良麻呂は捕らえられて処刑されました。 乙縄は、奈良麻呂の変に連座して日向国に左遷されました。日向国は、九州地方の南東部に位置する国で、当時は辺鄙な地とされていました。乙縄は、日向国で10年近くを過ごしました。 天平宝字8年(764年)に、藤原仲麻呂が反乱を起こした際に、乙縄は仲麻呂に協力しました。しかし、仲麻呂の反乱は失敗し、乙縄は再び日向国に左遷されました。 乙縄は、延暦4年(785年)に日向国で亡くなりました。享年71歳でした。乙縄は、奈良時代の最も著名な公卿の一人であり、橘奈良麻呂の変に連座して日向国に左遷されたことは、彼の生涯の大きな転機となりました。