藤原高子

歴史上の偉人

「春澄高子」とは?平安時代前期-中期の女官

-春澄高子と藤原高子との混同を避けるため、洽子に改名。- 春澄高子は、平安時代前期から中期の女官で、村上天皇の尚侍を務めた。彼女の生涯については、史料が少なく、謎の部分が多い。 寛平7年(895年)に藤原基経の娘として生まれた。父・基経は摂政・関白を歴任し、母・贈皇后宮も源融の娘であった。高子は、父と母が揃って名門の血を引く、恵まれた家庭で育った。 延長8年(930年)、高子は村上天皇の尚侍となった。尚侍は、天皇の側近に仕える女官で、天皇の秘書や身の回りの世話などを行った。高子は、村上天皇の寵愛を受け、多くの皇子を産んだ。 しかし、高子には、藤原高子というライバルがいた。藤原高子は、権臣・藤原道長の娘で、村上天皇の皇后になった。高子は、藤原高子に押されて、村上天皇の寵愛を失っていった。 天徳4年(960年)、高子は、尚侍を辞任した。そして、春澄高子から洽子に改名した。これは、藤原高子との混同を避けるためであった。 洽子は、その後、出家して尼となり、安和元年(968年)に亡くなった。
歴史上の偉人

敦子内親王-平安時代平穏の時代を過ごした皇女-

賀茂斎院として仕えた皇女 敦子内親王は、醍醐天皇の皇女であり、平安時代初期の皇族である。生母は藤原基経の娘・藤原穏子で、村上天皇や重明親王、兼明親王、成明親王などの兄弟姉妹がいる。 寛和2年(986年)、15歳の時に賀茂斎院に卜定され、翌寛和3年(987年)4月に賀茂斎院に就任した。賀茂斎院は、賀茂神社の祭祀を司る皇女であり、未婚の皇女の中から選ばれる。敦子内親王が賀茂斎院に就任した当時、平安時代は平穏な時代で、朝廷や貴族の間には歌会や蹴鞠などの優雅な遊びが流行していた。 敦子内親王は、賀茂斎院として賀茂神社の祭祀を司るだけでなく、歌会や蹴鞠などの宮廷文化にも参加していた。また、敦子内親王は書にも優れ、清少納言が編纂した『枕草子』には、敦子内親王の書が絶賛されている。 敦子内親王は、長保5年(1003年)まで賀茂斎院を務め、退下後は東三条院に住んで生涯を終えた。敦子内親王の死後、賀茂斎院は後一条天皇の皇女・寛子内親王が引き継いだ。
歴史上の偉人

二条后 – 知られざる皇妃の生涯

皇族と武家の血脈を受け継いだ才媛 二条后は、平安時代後期に活躍した皇妃です。彼女は、父が平安京の貴族である藤原師通、母が鎌倉幕府の初代将軍である源頼朝の娘である大姫でした。二条后は、1195年に後鳥羽天皇の妃となり、1197年に長男である邦良親王を出産しました。 二条后は、非常に教養があり、音楽や舞、和歌などに優れていました。また、彼女は政治にも関わり、後鳥羽天皇の信頼を得て、彼の側近として活躍しました。しかし、1221年に後鳥羽天皇が承久の乱で敗北した後は、二条后も失脚し、出家して尼となりました。彼女は、1256年に62歳で亡くなり、京都の泉涌寺に葬られました。 二条后は、皇族と武家の血脈を受け継いだ才媛として、後世にその名を残しています。彼女の生涯は、平安時代末期の動乱の時代を生き抜いた女性の姿を映し出しています。
歴史上の偉人

– 「中務典侍」(藤原高子)

-中務典侍とは何か- 中務典侍とは、平安時代の朝廷で中務省に属する女官の職名です。五位もしくは六位に叙せられていた女性が任命され、天皇や皇后の身の回りの世話や雑務などを担当していました。 中務典侍は、中務省に属する女官の最上位の官職であり、清華家や大臣家の娘など、身分の高い女性が任命されることが多かったようです。また、中務典侍は、天皇や皇后の信頼が厚く、政治や文化においても大きな影響力を持っていたとされています。 中務典侍の主な仕事は、天皇や皇后の身の回りの世話をすることでした。具体的には、天皇や皇后の衣服の管理や、食事の世話、入浴の世話などをしていました。また、中務典侍は、天皇や皇后の雑務も担当していました。具体的には、天皇や皇后の外出の際の行列を整えたり、天皇や皇后の御物の管理をしたり、天皇や皇后の贈り物の取り次ぎをしたりしていました。 中務典侍は、天皇や皇后の信頼が厚く、政治や文化においても大きな影響力を持っていたとされています。例えば、中務典侍は、天皇や皇后の側近として、政治の相談に乗ったり、天皇や皇后の政策を支えたりしていました。また、中務典侍は、文化のサロンを開いたり、和歌を詠んだり、書道をしたりして、文化の発展に貢献していました。 中務典侍は、平安時代の朝廷において、重要な役割を果たした女官の職名でした。中務典侍は、天皇や皇后の身の回りの世話や雑務を担当し、天皇や皇后の信頼が厚く、政治や文化においても大きな影響力を持っていたとされています。