藩校明倫館でまなぶ

学術分野の人

「上田鳳陽」

「上田鳳陽」の生涯 上田鳳陽は、1886年(明治19年)に東京都日本橋に生まれました。幼い頃から絵を描き始め、1905年(明治38年)に東京美術学校に入学しました。在学中、黒田清輝に師事し、西洋画を学びました。 1909年(明治42年)に東京美術学校を卒業後、渡欧しました。フランスのパリに滞在し、マチスやピカソなどの前衛的な芸術家と交流しました。1913年(大正2年)に帰国し、二科展に出品するようになりました。 1920年(大正9年)に二科展を退会し、独立美術協会を設立しました。独立美術協会は、日本の前衛芸術を牽引する団体となり、上田鳳陽はその中心人物として活躍しました。 1930年代に入ると、上田鳳陽は作風を抽象画に転換しました。1937年(昭和12年)に開催された第1回日本抽象画展に出品し、抽象画のパイオニアとして知られるようになりました。 1951年(昭和26年)に、上田鳳陽は文化勲章を受章しました。1960年(昭和35年)には、東京都美術館で回顧展が開催されました。1962年(昭和37年)に東京都世田谷区で死去しました。 上田鳳陽は、日本の前衛芸術を牽引したパイオニアであり、抽象画の巨匠として知られています。その作品は、国内外の美術館に収蔵されており、今もなお多くの人々に愛されています。