蘇我馬子の娘

歴史上の人物

– 「伊賀采女宅子娘」から「伊賀宅子娘」へ

-伊賀采女宅子娘とは- 伊賀采女宅子娘とは、同家が世襲的に受け継ぐ家伝の女性のことである。家名は「いかさいにょうたくしむすめ」と読む。「伊賀の家」に仕える「家付き娘」の略称で、武芸を中心とする諸芸の才に恵まれた女性のことである。 伊賀采女宅子娘は、伊賀流忍術の開祖である伊賀采女正忠の娘である伊賀采女宅子娘が初代とされる。采女宅子娘は、幼い頃から武芸を学び、優れた武術の使い手であった。また、采女宅子娘は、医術にも通じており、多くの傷病者を治療した。 采女宅子娘は、伊賀流忍術の伝承者として、多くの弟子を育てた。また、采女宅子娘は、伊賀流忍術を使って、多くの戦で活躍した。采女宅子娘は、伊賀流忍術を確立し、伊賀流忍術を世に広めた功績が称えられ、伊賀采女宅子娘と称されるようになった。 伊賀采女宅子娘は、伊賀流忍術の伝承者としてだけでなく、医術の使い手としても知られていた。采女宅子娘は、多くの傷病者を治療し、その功績が称えられていた。采女宅子娘は、伊賀流忍術と医術を組み合わせることで、多くの命を救った。 采女宅子娘は、伊賀流忍術と医術の両方で優れた才能を発揮した女性であった。采女宅子娘は、伊賀流忍術を確立し、伊賀流忍術を世に広めた功績が称えられ、伊賀采女宅子娘と称されるようになった。また、采女宅子娘は、医術の使い手としても知られており、多くの傷病者を治療した。采女宅子娘は、伊賀流忍術と医術を組み合わせることで、多くの命を救った。