蘭学

歴史上の人物

山脇玄 – 明治・大正時代の法学者、司法官

山脇玄の生い立ちと経歴 山脇玄は、1850年(嘉永3年)1月24日、加賀国石川郡金沢城下(現在の石川県金沢市)に生まれた。父は加賀藩士の山脇信濃守、母は加賀藩士の娘である。幼少期から聡明で、12歳の時に加賀藩の藩校である明倫堂に入学し、漢学を学んだ。1871年(明治4年)に明倫堂を卒業した後、東京に出て、開成学校に入学した。開成学校では、法律学を学び、1873年(明治6年)に卒業した。 卒業後は、司法省に入り、判事として勤務した。1877年(明治10年)には、司法省法学校(現在の東京大学法学部)の教員となり、1881年(明治14年)には、同校の校長に就任した。1884年(明治17年)には、大審院の判事となり、1890年(明治23年)には、大審院の院長に就任した。 大審院院長在任中は、民法・刑法・商法などの制定に尽力し、日本の近代法制の確立に貢献した。また、1896年(明治29年)には、帝国学士院会員に選出された。1902年(明治35年)には、貴族院議員に勅選され、1907年(明治40年)には、枢密顧問官に任命された。1908年(明治41年)に77歳で死去した。 山脇玄は、日本の近代法制の確立に貢献した法学者・司法官である。
学術分野の人

萩原三圭→ 幕末-明治時代の医学者

萩原三圭の生い立ちと教育 萩原三圭は、1837年(天保8年)に、江戸の医師の家に生まれました。幼い頃から医学を学び、1854年(安政元年)には、蘭学の開祖である緒方洪庵の適塾に入門しました。適塾では、西洋医学を学び、また、オランダ語や英語にも堪能となりました。 1860年(万延元年)に適塾を卒業した後、萩原は、幕府の医学校である医学館に入学しました。医学館では、西洋医学の最先端の知識を学び、また、臨床経験を積みました。 1862年(文久2年)に、医学館を卒業した後、萩原は、幕府の軍医として、下関海峡の警備に当たりました。この時、萩原は、西洋の軍艦の威力に驚き、日本の医学を近代化の必要があることを痛感しました。 1863年(文久3年)に、萩原は、幕府の命で、フランスとイギリスに留学しました。萩原は、フランスとイギリスで、西洋医学の最先端の知識を学びました。また、フランスとイギリスの医学界と交流し、日本の医学の発展に貢献しました。 1868年(明治元年)に、萩原は、日本に帰国しました。帰国後は、慶應義塾大学医学部の教授を務め、また、東京医学校(現・東京大学医学部)の初代校長を務めました。萩原は、日本の医学の近代化に貢献し、日本の医学の発展に大きな足跡を残しました。
学術分野の人

鳥海松亭 – 江戸時代の儒者・蘭学者

鳥海松亭の生い立ちと経歴 鳥海松亭(とりうみ しょうてい)は、江戸時代の儒者・蘭学者である。名は時政、字は公輔、通称は潔、号は松亭。備後国世羅郡東村(現在の広島県世羅町)に生まれる。 幼少の頃から学問に秀で、15歳の頃には儒学を修めていた。その後、京都に出て伊藤仁斎に師事し、古文辞学を学ぶ。また、蘭学にも興味を持ち、オランダ商館に出入りしてオランダ語を学び、西洋の書物を研究した。 20歳の頃には江戸に出て、儒学と蘭学を教授する一方で、西洋の書物を翻訳し、日本の知識人の間で西洋文化を紹介する役割を果たした。また、幕府の天文方にも出仕し、暦の編纂などにも携わった。 晩年は、故郷の広島に戻り、私塾を開いて後進の指導にあたり、多くの門人を輩出した。寛政8年(1796年)、71歳で死去。 鳥海松亭は、儒学と蘭学を融合させた新しい学問を提唱し、日本の近代化に貢献した人物である。その業績は、後世の知識人たちに大きな影響を与えた。
学術分野の人

箕作阮甫→ 日本における蘭学の普及に大きく貢献した人物

-箕作阮甫の生涯と功績- 箕作阮甫(1760年-1830年)は、江戸時代中期の蘭学者・医師である。名は定弼、諱は成章、字は子周、号は阮甫、通称は容斎、別名は存斎、随斎など。江戸(現在の東京都)の生まれ。 阮甫は、幼少期から学問に優れ、10代の頃には儒学や古典を習得した。18歳で蘭学を学び始め、平賀源内や杉田玄白らから医学や自然科学を学んだ。1784年には、日本初の蘭学塾である「玄文社」を設立し、蘭学の普及に努めた。 玄文社は、多くの蘭学者を輩出し、日本の蘭学の発展に大きな貢献をした。阮甫自身も、多くの蘭学書を著し、翻訳した。その中には、医学書「解体新書」や、天文学書「暦象新書」などがある。これらの著作は、日本の医学や科学の発展に大きな影響を与えた。 阮甫は、1804年に江戸幕府の奥医師に任命され、1822年には、幕府の天文台である「観象台」の教授を務めた。また、1829年には、日本初の西洋医学校である「種痘所」の設立に尽力した。 阮甫は、1830年に死去したが、その功績は今日でも高く評価されている。阮甫は、日本における蘭学の普及に大きく貢献し、日本の医学や科学の発展に大きな影響を与えた。 阮甫の主な著作としては、以下のものがある。 -蘭学階梯- 蘭学の入門書。 -解体新書- オランダの解剖書「タフェル・アナトミア」の翻訳書。 -暦象新書- オランダの天文学書「アストロノミア・オランダ」の翻訳書。 -重訂本草綱目- 中国の薬草書「本草綱目」の改訂版。 -華夷通商考- 日本と外国との貿易について論じた書。 -医学集成- 蘭学の医学書を集めた書。 これらの著作は、日本の医学や科学の発展に大きな影響を与えた。
学術分野の人

奥村喜三郎

-奥村喜三郎の生涯- -明治、大正、昭和の3時代にわたって活躍した奥村喜三郎は、日本の近代化に大きく貢献した実業家である。- 明治8年(1875年)、奥村は長野県に生まれる。20歳の時に上京して、小売店に丁稚奉公として就職する。その後、独立して呉服店を開業し、事業を拡大していった。 大正12年(1923年)、奥村は東京でデパート「白木屋」を創業する。白木屋は、当時としては画期的な商業施設であり、人々に大きな衝撃を与えた。 白木屋は、奥村の経営手腕によって急速に成長し、日本のデパート業界を牽引する存在となった。奥村は、白木屋の成功によって莫大な財産を築き、日本を代表する実業家となった。 昭和20年(1945年)、太平洋戦争が終結し、日本は連合国軍に占領された。奥村は、戦争協力の責任を問われて、財産の大半を没収された。 しかし、奥村は失意に陥ることなく、事業の再建に乗り出した。そして、昭和25年(1950年)に「そごう」を創業する。そごうは、白木屋と同じく人々に親しまれるデパートとなり、日本のデパート業界で大きな地位を占めるようになった。 奥村は、昭和39年(1964年)に死去するまで、そごうの経営に尽力した。奥村の功績は、日本人の生活を豊かにし、日本の近代化に貢献したことであった。 -奥村喜三郎の生涯は、日本の近代化の歴史そのものであった。-
学術分野の人

乙骨太郎乙 – 幕末から明治時代の英学者とその業績

- 乙骨太郎乙の生い立ちと教育 乙骨太郎乙(おつこたろうおつ、1826年11月13日 - 1909年3月16日)は、幕末から明治時代の英学者です。 東京都の浅草で、裕福な商人の家に生まれました。幼い頃から、漢学や儒学を学び、優れた才能を発揮しました。 18歳で江戸に出て、昌平坂学問所に入学しました。昌平坂学問所は、幕府が運営する最高の教育機関であり、乙骨太郎乙はそこで、多くの優れた教師から学びました。特に、洋学者の川本幸民に師事し、西洋の学問を学びました。 1854年、ペリーが浦賀に来航すると、幕府は外国語の通訳を養成するため、昌平坂学問所に英学塾を設立しました。乙骨太郎乙は、英学塾の第一期生として入学し、英語を学びました。 1856年、乙骨太郎乙は、幕府の遣米使節団の一員として、アメリカに渡りました。遣米使節団は、アメリカと通商条約を締結するために派遣されたもので、乙骨太郎乙は、通訳として活躍しました。 1859年、乙骨太郎乙は、幕府の遣欧使節団の一員として、ヨーロッパに渡りました。遣欧使節団は、ヨーロッパ諸国と通商条約を締結するために派遣されたもので、乙骨太郎乙は、通訳として活躍しました。 1862年、乙骨太郎乙は、幕府の命により、ロンドンに留学しました。ロンドンで、乙骨太郎乙は、英語や数学を学び、また、ヨーロッパの文化や社会制度を研究しました。 1868年、明治維新が起こり、幕府が倒れました。乙骨太郎乙は、新政府に出仕し、外務省で働きました。 1871年、乙骨太郎乙は、外務省を辞職し、慶應義塾大学で教鞭をとりました。慶應義塾大学で、乙骨太郎乙は、英語や数学を教え、また、ヨーロッパの文化や社会制度について講義しました。 1886年、乙骨太郎乙は、慶應義塾大学を辞職し、私塾を開きました。私塾で、乙骨太郎乙は、英語や数学を教え、また、ヨーロッパの文化や社会制度について講義しました。 1909年、乙骨太郎乙は、83歳で亡くなりました。
学術分野の人

緒方富雄 – 昭和の血清学者と医史学者

-小見出し 緒方富雄の生涯と功績- 緒方富雄は、1900年(明治33年)に大分県で生まれた。1925年(大正14年)に東京帝国大学医学部を卒業し、その後、同大学伝染病研究所に勤務した。1935年(昭和10年)には、博士論文「赤痢菌の生物学的性質に関する研究」で学位を取得した。 緒方の研究は、血清学と医史学の両分野にわたった。血清学の分野では、赤痢菌やチフス菌などの細菌による感染症の診断法の開発に貢献した。また、医史学の分野では、日本の医学史に関する研究を行い、多くの業績を残した。 緒方の最も有名な業績の一つは、1933年(昭和8年)に発見した赤痢菌の新しい血清型である。この発見は、赤痢菌による感染症の診断と治療に大きな進歩をもたらした。また、1941年(昭和16年)には、日本医史学会を創設し、初代会長に就任した。日本医史学会は、日本の医学史に関する研究を推進する学術団体であり、緒方の功績を称えて、1958年(昭和33年)に緒方富雄記念賞を設立した。 緒方は、1966年(昭和41年)に死去した。彼の業績は、血清学と医史学の両分野の発展に大きく貢献し、今日でも高く評価されている。
歴史上の人物

竹内玄同 – 江戸時代後期の医師

将軍家の侍医となる 竹内玄同は、将軍家の侍医として仕えた医師です。玄同は、1783年に江戸で生まれました。父は医師の竹内玄寿、母は内藤氏です。玄同は、幼い頃から医学を学び、1804年に江戸幕府の侍医見習いとなりました。1808年に侍医に昇進し、将軍家の侍医を務めました。玄同は、将軍家の健康を管理し、将軍家の病気の治療にあたりました。玄同は、将軍家の信頼を得て、将軍家の侍医として長年仕えました。玄同は、1855年に江戸で亡くなりました。 玄同は、将軍家の侍医として仕えただけでなく、医学の研究にも熱心でした。玄同は、1820年に『医説集約』を出版しました。この本は、玄同が長年医学を研究して得た知識をまとめたものです。『医説集約』は、江戸時代の医学書として高く評価され、多くの医師に読まれました。玄同は、また、江戸幕府の医学館で医学を教えました。玄同は、医学の研究と教育に尽力し、江戸時代の医学の発展に貢献しました。
学術分野の人

「南部伯民」

-「南部伯民」- -南部伯民の生涯- 南部伯民(1853年12月14日 - 1907年10月4日)は、日本の政治家。参議院議員。 熊本県熊本市に生まれる。1873年(明治6年)に上京し、東京大学法学部に入学。1877年(明治10年)に卒業し、司法省に入省。1885年(明治18年)に退官し、代言人を開業。1890年(明治23年)に衆議院議員に当選。1894年(明治27年)に参議院議員に当選。1907年(明治40年)まで在任した。 参議院議員在任中は、法務大臣、司法大臣、内務大臣を歴任。1907年(明治40年)に脳溢血により死去。享年53。 南部伯民は、近代日本の法制整備に貢献した政治家である。法務大臣、司法大臣、内務大臣を歴任し、刑法、民法、商法などの制定に尽力した。また、地方自治制度の確立にも貢献し、市町村制、府県制などの制定に尽力した。 南部伯民は、近代日本の法制整備に貢献した政治家として、その功績が称えられている。
歴史上の人物

【】寺島宗則~外務大臣として活躍した薩摩藩出身の武士~

-寺島宗則の生涯と功績- 寺島宗則(てらしまむねのり)は、幕末から明治時代にかけて活躍した薩摩藩出身の武士、政治家、外交官です。外務卿(外務大臣)を務め、日本の近代化に貢献しました。 1832年、鹿児島県(薩摩藩)に生まれました。幼少期から藩校である造士館で学び、頭角を現しました。1853年、ペリー来航により幕府が鎖国を解いたことを機に、寺島は江戸に遊学して洋学を学びました。 1860年、薩摩藩に戻り、藩の外交を担当するようになりました。1862年、イギリス公使ラザフォード・オールコックと交渉して、薩摩藩とイギリスの間で通商条約を締結しました。これは、日本と外国の間で結ばれた最初の通商条約でした。 1868年、明治維新が起こり、薩摩藩は新政府に参加しました。寺島は新政府の外交を担当し、1871年には外務卿に任命されました。外務卿として、寺島は外国との条約交渉や日本人の海外渡航を推進しました。また、日本の近代化に貢献するため、欧米諸国から技術や知識を導入する政策を推進しました。 しかし、寺島の政策は一部の攘夷派から反発を受けました。1873年、寺島は外務卿を辞任しました。その後、寺島は明治政府の顧問として活動しました。1885年に死去しました。 寺島宗則は、日本の近代化に貢献した功績が認められ、1890年に正三位の位階を授与されました。また、鹿児島県には寺島の功績を称える「寺島宗則記念館」が建てられています。
学術分野の人

「宗田一」

-「宗田一」江戸時代の漢方と蘭学の交渉史の研究- Edo-jidai no Kanpō to Rangaku no Kōshōshi no Kenkyū -はじめに- 漢方と蘭学は、江戸時代に日本に伝来した二つの医学体系である。漢方は中国から伝来し、蘭学はオランダから伝来した。漢方は主に薬物療法を、蘭学は主に外科療法を重視した。江戸時代には、漢方と蘭学は互いに影響を与え合いながら発展していった。 -漢方と蘭学の交渉- 漢方と蘭学の交渉は、江戸時代初期に始まった。当時の日本は、ポルトガルやスペインなどの南蛮貿易によって、西洋の医学書や薬物がもたらされていた。これらの医学書や薬物を研究した日本の医師たちは、漢方と蘭学を融合した新しい医学体系を確立しようとした。 江戸時代中期になると、オランダとの貿易が盛んになり、蘭学が本格的に日本に伝来した。蘭学を学んだ日本の医師たちは、西洋の医学書を翻訳したり、西洋の医学器具を製造したりするなど、蘭学の普及に努めた。 江戸時代後期になると、蘭学は漢方を凌駕するほどの人気となった。蘭学を学んだ日本の医師たちは、西洋の医学を日本に導入し、日本の医学の発展に貢献した。 -漢方と蘭学の影響- 漢方と蘭学は、江戸時代の日本の医学に大きな影響を与えた。漢方は、日本の伝統的な医学として現在でも多くの人々に親しまれている。蘭学は、西洋の医学を日本に導入し、日本の医学の発展に貢献した。 漢方と蘭学の交渉は、日本の医学の発展に大きな役割を果たした。漢方と蘭学は、互いに影響を与え合いながら発展していき、日本の医学をより豊かなものにした。 -終わりに- 漢方と蘭学は、江戸時代の日本の医学に大きな影響を与えた二つの医学体系である。漢方は、日本の伝統的な医学として現在でも多くの人々に親しまれている。蘭学は、西洋の医学を日本に導入し、日本の医学の発展に貢献した。 漢方と蘭学の交渉は、日本の医学の発展に大きな役割を果たした。漢方と蘭学は、互いに影響を与え合いながら発展していき、日本の医学をより豊かなものにした。
歴史上の人物

薩摩藩8代藩主・島津重豪の生涯と業績

蘭学と本草学への関心 島津重豪は、蘭学と本草学に深い関心を抱いていた。蘭学とは、オランダから伝来した西洋の学問のことである。重豪は、オランダ商館長のツュンベリーが薩摩を訪れた際に、彼から蘭学の書物や器具を手に入れた。また、重豪は、蘭学者である平賀源内を召し抱え、彼から蘭学を学んだ。 重豪は、本草学にも関心を抱いていた。本草学とは、植物や動物の薬効を研究する学問である。重豪は、本草学の書物である『本草綱目』を収集し、また、本草園である尚古集成館を設立した。 重豪の蘭学と本草学への関心は、薩摩藩の発展に大きな影響を与えた。重豪は、蘭学を導入することで、薩摩藩の軍事力や産業力を強化した。また、重豪は、本草学を導入することで、薩摩藩の医療を向上させた。 重豪の蘭学と本草学への関心は、薩摩藩を近代化へと導いた。薩摩藩は、重豪の治世の下で、日本有数の強藩となった。
学術分野の人

桑田衡平

-桑田衡平の生涯と功績- -桑田衡平の生涯- 桑田衡平は、1857年12月4日、現在の三重県津市に生まれた。 幼い頃から学問を好み、1871年、14歳の時に、当時の最高の教育機関であった東京大学予備門に入学した。 予備門を卒業後、東京大学法学部に進学し、1879年に卒業した。 卒業後は、大蔵省に入省し、主に税務畑を歩んだ。 1895年、大蔵省主計局長に就任し、日清戦争の軍費調達に尽力した。 1897年、大蔵次官に就任し、財政改革に取り組んだ。 1900年、井上馨蔵相のもとで、金本位制の導入に尽力した。 1901年、大蔵大臣に就任し、財政改革をさらに推し進めた。 1902年、退任し、貴族院議員に勅選された。 1915年、死去。享年58。 -桑田衡平の功績- 桑田衡平は、日本の財政の近代化に大きな功績を残した。 金本位制の導入、財政改革、税制改革など、多くの施策を実施し、日本の財政を健全化し、経済の発展に貢献した。 また、桑田衡平は、大蔵省の官僚としてだけでなく、政治家としても活躍した。 1901年には、大蔵大臣に就任し、井上馨蔵相のもとで、金本位制の導入に尽力した。 1902年には、退任し、貴族院議員に勅選された。 1915年には、死去したが、日本の財政の近代化に大きな功績を残した財政家として、その名は歴史に刻まれている。
学術分野の人

中村奇輔 – 幕末の技術者

-蘭学の修業と佐賀藩での活躍- 中村奇輔は、1831年に肥前国佐賀藩の武家に生まれました。幼い頃から学問を好み、藩校である弘道館で儒学や兵学を学びました。しかし、次第に西洋の学問である蘭学に興味を持つようになり、藩主である鍋島直正の許可を得て、大阪の適塾で蘭学を学び始めます。 適塾は、蘭学者である緒方洪庵が開いた私塾で、当時、日本有数の蘭学の教育機関でした。中村奇輔は適塾で、蘭学の基礎を学び、また、西洋の医学や物理学、化学などの知識を身につけました。 1854年、ペリーが浦賀に来航し、日本は開国を迫られました。この時、中村奇輔は佐賀藩の命を受け、長崎に派遣され、ペリー艦隊の情報を収集しました。そして、ペリー艦隊が日本に持ち込んだ蒸気船や大砲などの西洋の技術に感銘を受け、西洋の技術を日本に導入することを決意します。 1856年、中村奇輔は佐賀藩に戻り、藩主である鍋島直正に西洋の技術を導入することを進言しました。鍋島直正はこの進言を受け入れ、中村奇輔に西洋の技術の導入を命じました。 中村奇輔は、藩の命を受け、長崎に造船所を開設し、蒸気船の建造を開始しました。また、西洋の技術を学ぶために、藩士を海外に派遣しました。そして、1858年には、日本初の蒸気船である「万延丸」を建造することに成功しました。 「万延丸」は、1860年に咸臨丸と共にアメリカに向けて太平洋横断航海を行いました。この航海は、日本の近代化に大きな影響を与え、中村奇輔は日本の近代化に貢献した技術者として知られるようになりました。 中村奇輔は、その後も西洋の技術の導入に尽力し、1868年には佐賀藩の海軍総裁に任命されました。しかし、1870年に佐賀藩が政府軍に敗れ、中村奇輔は失職しました。その後、中村奇輔は、東京に移り住み、1875年に亡くなりました。 中村奇輔は、日本の近代化に貢献した技術者として知られており、その功績は今日でも高く評価されています。
歴史上の人物

奥平昌高 – 江戸時代中期から後期の薩摩鹿児島藩主

奥平昌高の生涯 奥平昌高は、江戸時代中期から後期の薩摩鹿児島藩主です。享保7年(1722年)に、奥平昌敦の息子として生まれました。幼名は源之丞、のちに玄長と改名し、さらに昌高と改名しました。 元文5年(1740年)に家督を相続し、薩摩藩主となりました。藩政においては、財政改革を行い、藩の財政を立て直しました。また、学問と武芸を奨励し、藩士の教育に力を入れました。 宝暦9年(1759年)には、大隅国・薩摩国・日向国の3国を治める薩摩藩の総領となりました。藩領を拡大し、藩の勢力を強めました。 明和4年(1767年)に、徳川家康の曾孫である松平忠直の娘である豊姫と結婚しました。夫妻の間には、長男の斉彬、二男の茂美、三男の賢雄が生まれました。 安永7年(1778年)に、67歳で死去しました。家督は、長男の斉彬が相続しました。 奥平昌高は、薩摩藩を繁栄に導いた名君として知られています。藩政改革を行い、藩の財政を立て直しました。また、学問と武芸を奨励し、藩士の教育に力を入れました。藩領を拡大し、藩の勢力を強めました。奥平昌高の死後、薩摩藩は、斉彬の指導のもと、幕末の維新運動で重要な役割を果たしました。
歴史上の人物

西尾忠善 – 江戸時代後期の先進的な大名

-笠間藩主牧野貞長の4男として生まれる- 西尾忠善は、1779年(安永8年)に笠間藩主牧野貞長の4男として江戸に生まれた。幼名は利十郎。のちに忠善と改名する。 西尾家は、清和源氏の流れを汲む名門であり、笠間藩は、江戸時代初期に徳川家康の命により牧野氏が藩主となった。牧野貞長は第9代藩主であり、忠善は彼の次男であった。 忠善は、幼い頃より聡明で、学問を好んだ。特に、蘭学を学び、西洋の科学技術に強い関心を寄せていた。また、武芸にも秀でており、槍術や馬術を得意とした。 1799年(寛政11年)、西尾忠善は、21歳の若さで笠間藩主を継いだ。彼は、藩政改革に熱心に取り組み、藩財政の立て直しや、殖産興業を推進した。また、西洋の科学技術を積極的に取り入れ、藩内に蘭学塾や洋式軍備工場などを創設した。 西尾忠善は、先進的な大名として知られ、その功績は、後世にまで称えられるようになった。
歴史上の人物

朽木昌綱 – 学問を愛した大名

朽木昌綱の生涯 朽木昌綱は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名です。近江朽木氏の当主であり、豊臣秀吉の側近として活躍しました。学問を愛し、多くの文人を保護したことで知られています。 昌綱は、永禄8年(1565年)に朽木元綱の子として生まれました。幼名は亀王丸。元綱が織田信長に攻め滅ぼされた後、昌綱は信長の家臣となった後、豊臣秀吉に仕えました。秀吉の九州平定や小田原征伐に従軍し、功績を上げました。 天正15年(1587年)、秀吉から近江朽木氏を与えられ、大名となりました。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは西軍に属しましたが、戦後に許され所領を安堵されました。 慶長13年(1608年)、昌綱は亡くなりました。享年44。嫡子の朽木稙綱が家督を継ぎました。 昌綱は、学問を愛し、多くの文人を保護しました。特に昌綱と親交の深かった文人として、曲直瀬玄朔、松永貞徳、柳原惟政らが挙げられます。昌綱は、これらの文人らと交流を深め、自らの学問を深めていきました。 また、昌綱は、儒教を重んじ、領内の教育制度の整備にも力を入れました。昌綱の治世下では、多くの学校が建立され、庶民も教育を受けることができるようになりました。 昌綱は、学問を愛し、多くの文人を保護した名君として知られています。その功績は、今日でも朽木氏ゆかりの地で語り継がれています。
歴史上の人物

高畠五郎-幕末・明治期の武士,官吏

-学問と兵学を修めた高畠五郎- 高畠五郎は、幕末・明治期の武士、官吏です。 文久2年(1862年)に越後国高畠藩(現在の新潟県高畠町)に生まれました。 幼少の頃から学問と兵学を修め、特に兵学では長けていました。 安政6年(1859年)に18歳で江戸に出て、北辰一刀流の千葉定吉に入門して剣術を学びました。 また、砲術や馬術も学び、文久3年(1863年)には長州藩の奇兵隊に入隊しました。 慶応4年(1868年)に戊辰戦争が勃発すると、高畠五郎は奥羽越列藩同盟に参加して官軍と戦いました。 しかし、同年9月に降伏し、明治政府に出仕しました。 明治政府に出仕後は、陸軍省や内務省などで官吏として勤務しました。 また、明治15年(1882年)には、初代の台湾総督として赴任しました。 台湾では、土地調査や租税制度の改革、教育制度の整備などを行い、台湾の発展に貢献しました。 明治20年(1887年)に台湾総督を辞任し、帰国しました。 その後は、貴族院議員や枢密顧問官を務め、明治38年(1905年)に63歳で亡くなりました。 高畠五郎は、学問と兵学を修めた武士であり、明治政府に出仕して官吏として活躍しました。 また、初代の台湾総督として赴任し、台湾の発展に貢献しました。
歴史上の人物

林子平:江戸時代中期の経世家

-# 林子平の生涯 林子平は、江戸時代中期に活躍した経世家です。1738年、甲斐国巨摩郡石和町(現在の山梨県笛吹市)に生まれました。父は医師、母は医師の娘で、子平は7人兄弟の末っ子でした。幼い頃から聡明で、10歳の頃には四書五経を暗唱できるほどでした。17歳の時に江戸に出て、医学を学びましたが、やがて蘭学や西洋の兵学に興味を持ち、これらの学問を独学で学び始めました。 20歳の頃、子平は蘭学者である前野良沢の門下生となり、オランダ語を学びました。また、この頃には、日本が外国からの侵略を受ける可能性があることを予見し、国防の強化を訴えるようになりました。1764年、子平はオランダ人医師であるヨハン・スネリーから西洋の兵学を学び、西洋の軍事技術を日本に導入することを計画しました。しかし、この計画は幕府に阻止され、子平は江戸を追放されました。 江戸追放後、子平は全国各地を遊歴し、国防の強化を訴えました。また、この時期には、多くの著作を執筆し、その中で西洋の学問や技術を紹介しました。1787年、子平は江戸に戻り、幕府に国防の強化を訴えました。しかし、幕府は子平の訴えを退け、子平は再び江戸を追放されました。 1793年、子平は江戸に戻り、幕府に国防の強化を訴えました。この頃、ロシアが北方から日本に接近しており、子平はロシアの侵略に備えるために国防の強化が必要であると主張しました。幕府はようやく子平の訴えを認め、1794年に子平は幕府の軍制改革を主導しました。子平は、西洋の軍事技術を導入し、日本の軍隊を近代化しました。 1800年、子平は病のため江戸で死去しました。享年62歳でした。子平は、西洋の学問や技術を日本に紹介し、日本の国防に貢献した偉大な経世家です。
歴史上の人物

本野盛亨 – 明治の新聞界を支えた官吏

-肥前佐賀藩の藩士出身- 本野盛亨は、1847年(弘化4年)に肥前国佐賀藩(現・佐賀県)の藩士の家に生まれた。幼名は徳太郎。1862年(文久2年)に佐賀藩の藩校である弘道館に入学し、洋学を学んだ。1868年(慶応4年)に戊辰戦争が勃発すると、佐賀藩の藩兵として参戦。鳥羽・伏見の戦い、会津戦争などに従軍した。 戊辰戦争後、本野は佐賀藩の官吏として仕えた。1870年(明治3年)に東京に留学し、慶應義塾に入学。福澤諭吉の薫陶を受け、自由民権思想に共鳴した。1873年(明治6年)に佐賀藩が廃藩置県になると、本野は帰郷して佐賀県の官吏となった。 1875年(明治8年)に、本野は佐賀新聞の記者となった。佐賀新聞は、自由民権運動を支持する新聞であり、本野は積極的に社説を執筆して自由民権思想を広めた。1877年(明治10年)に西南戦争が勃発すると、本野は佐賀新聞の特派員として従軍。戦況を報道した。 西南戦争後、本野は佐賀新聞の主筆となった。自由民権運動の旗手として、政府を批判する社説を執筆し続けた。1881年(明治14年)に、本野は新聞紙条例違反の罪で逮捕され、禁固1年の刑を宣告された。服役後は、佐賀新聞の発行を停止された。 本野は、1884年(明治17年)に佐賀新聞の発行を再開した。しかし、政府の弾圧は厳しく、1887年(明治20年)に再び新聞紙条例違反の罪で逮捕され、禁固1年の刑を宣告された。服役後は、完全に新聞界から身を引いた。 本野は、明治の新聞界を支えた官吏であり、自由民権運動の旗手として政府を批判し続けた。その功績は、今日でも高く評価されている。
学術分野の人

秋山佐蔵 – 幕末から明治時代にかけて活躍した医師

-秋山佐蔵の生涯と業績- 秋山佐蔵は、幕末から明治時代にかけて活躍した医師である。 嘉永3年(1850年)、肥後国八代郡佐敷西村(現在の熊本県八代市佐敷町西)に、父・秋山正壽、母・ツルの長男として生まれる。 幼少期から神童と称され、15歳で熊本藩の医学校に入学。 18歳で藩医となり、20歳で江戸の医学校に留学。 25歳で帰郷し、八代郡荒尾村(現在の熊本県荒尾市)に医院を開業した。 佐蔵は、西洋医学を積極的に取り入れ、近代的な医療を実践した。 また、西洋医学の普及にも努め、明治10年(1877年)には、八代郡に私立医学校を設立した。 この医学校は、後に熊本県立八代高等学校の前身となった。 佐蔵は、明治18年(1885年)に東京に移住し、東京医学校(現在の東京大学医学部)の教授に就任した。 その後、明治23年(1890年)には、帝国大学医科大学の初代教授に就任した。 佐蔵は、帝国大学医科大学の教授として、近代医学の教育と研究に尽力した。 また、日本医学会の創立にも参画し、初代会長に就任した。 佐蔵は、明治37年(1904年)に東京で死去した。享年54歳。 佐蔵は、近代医学の普及と発展に貢献した功績を称えられ、明治40年(1907年)に正三位が贈られた。
歴史上の人物

上野景範:外務卿井上馨のもとで条約改正に従事した外交官

# 外交官としての経歴長崎で蘭学と英学を学ぶ 上野景範は、日本の外交官であり、外務卿井上馨のもとで条約改正に従事した人物である。 1838年に長崎に生まれ、オランダ商館の通詞であった雨森芳洲に蘭学を、アメリカ宣教師であるチャニング・ウィリアムズに英学を学んだ。 1862年に幕府の遣欧使節団の一員として欧州に渡り、フランス、イギリス、ドイツ、ロシアなどの国々を歴訪した。 翌年に帰国した後、外交事務局に勤務し、1869年に外務省に転任した。 1871年に井上馨が外務卿に就任すると、上野は井上のもとで条約改正交渉に従事した。 井上は、欧米列強に不平等な条約を改正することを目指しており、上野は井上の側近として活躍した。 上野は、1872年にアメリカと条約改正交渉を行い、1874年にはイギリスとの条約改正交渉を行った。 上野の努力により、日本の不平等な条約は改正され、日本の地位は国際社会で向上した。 1878年に上野は外務省を退官し、実業家として活躍した。 1896年に死去した。
歴史上の人物

山本覚馬 – 幕末から明治時代を駆け抜けた武士と政治家

陸奥会津藩士としての活躍 山本覚馬は、1828年に陸奥会津藩の藩士・山本元左衛門の子として生まれました。幼いころから聡明で、藩校・日新館で儒学や兵法を学びました。1853年にペリーが浦賀に来航すると、覚馬は藩主・松平容保に、欧米列強の脅威に備えるために、藩の軍備を強化するよう進言しました。容保は覚馬の意見を容れ、覚馬は藩の軍備改革に携わりました。 1862年に会津藩が京都守護職に任じられると、覚馬は容保に従って上洛しました。京都では、覚馬は尊皇攘夷運動に参加し、倒幕派の中心的人物として活躍しました。1864年に禁門の変が起こると、覚馬は長州藩と戦い、これを撃退しました。しかし、1868年に戊辰戦争が勃発すると、会津藩は新政府軍に敗れ、覚馬は会津から脱出しました。 覚馬は会津脱出後、各地を転々とし、1871年に東京に来ました。東京では、覚馬は自由民権運動に参加し、1874年に自由民権政社を結成しました。自由民権政社は、板垣退助を総理として、自由民権運動の中心的組織となりました。覚馬は自由民権政社の幹部として、民権の拡大と立憲政体の確立を目指して活動しました。 1882年に自由民権政社が解党されると、覚馬は政界を引退しました。引退後は、郷里の会津に戻り、1892年に死去しました。覚馬は、幕末から明治時代にかけて、武士として、政治家として、日本の近代化に大きな貢献をした人物です。
歴史上の人物

杉浦道輔 – 幕末の本草家

杉浦道輔とは 杉浦道輔とは、幕末の本草家である。本名は道太郎。号は春水。安永2年(1773年)、江戸の牛込に生まれる。父は杉浦延寿、号は存真。本草家として知られる。道輔は幼少の頃より父の薫陶を受け、本草学を学ぶ。また、江戸幕府の御典医、多紀元簡の弟子となり、医学も学ぶ。 文化9年(1812年)、道輔は父の後を継いで本草家となる。そして、本草学の研究に没頭する。道輔は、本草学の研究に際して、自ら各地を巡って植物や動物を採集した。また、中国や朝鮮、琉球などの海外からも標本を取り寄せた。そして、これらの標本を基に、本草書を著した。 道輔の代表的な著書には、以下のものがある。 * 『本草綱目啓蒙』 * 『本草図譜』 * 『本草便覧』 これらの著書は、本草学の研究に大きな影響を与えた。道輔は、本草学の研究において、正確な観察と分類を重視した。そして、本草書の記述には、和名、漢名、学名、産地、形態、効能などを詳しく記載した。 道輔は、本草学の研究を通じて、多くの新種植物を発見した。また、本草書の記述に誤りがあることを指摘し、その訂正を行った。道輔の業績は、本草学の発展に大きく貢献した。 道輔は、嘉永6年(1853年)、81歳で死去した。