衆徒

歴史上の偉人

佐々木定重とは?その生涯と人物像

-佐々木定重の生涯- 佐々木定重(ささき さだしげ)は、室町時代後期から戦国時代初期の武将であり、近江国守護代である佐々木氏の一族です。1507年、佐々木定綱の子として誕生します。 1523年、定重は父・定綱の跡を継いで佐々木氏当主となり、近江国守護代に就任します。しかし、当時の近江国は、六角氏、京極氏、浅井氏などの有力な国人が割拠しており、定重は彼らの勢力と対峙しながら、近江国を支配しなければなりませんでした。 1527年、定重は六角定頼と戦いを起こし、六角氏の家臣である平井定武を討ち取るなど、戦功を挙げました。しかし、その後六角氏と和睦し、1532年には六角定頼の娘を妻として迎えます。 1535年、京極氏と浅井氏が連合して定重に対して挙兵します。定重はこれを迎え撃ちましたが、敗北し、近江国守護代を辞任させられてしまいます。 1536年、定重は六角定頼と再度戦いを起こし、六角軍を破って近江国守護代に復帰します。しかし、1540年に六角軍に敗北し、近江国守護代を再び辞任させられてしまいます。 その後、定重は六角氏と和睦し、六角定頼の娘を妻として迎えます。1543年に六角定頼が亡くなると、定重は六角氏の家督を継いで六角定頼となりました。 1552年、定重は浅井長政と戦いを起こし、浅井軍を破って近江国守護代に復帰します。しかし、1558年に浅井長政軍に敗北し、近江国守護代を辞任させられてしまいます。 1560年、定重は六角義賢と戦いを起こし、六角軍を破って近江国守護代に復帰します。しかし、1561年に六角義賢軍に敗北し、近江国守護代を再び辞任させられてしまいます。 1562年、定重は六角義賢と再度戦いを起こし、六角軍を破って近江国守護代に復帰します。しかし、1563年に六角義賢軍に敗北し、近江国守護代を再び辞任させられてしまいます。 1564年、定重は六角義賢と和睦し、六角義賢の娘を妻として迎えます。1567年に六角義賢が亡くなると、定重は六角氏の家督を継いで六角義定となりました。 1570年、定重は織田信長と戦いを起こし、織田軍に敗北して近江国守護代を辞任させられてしまいます。その後、定重は六角氏の家督を六角義治に譲り、隠居しました。 1573年、定重は79歳で亡くなりました。
歴史上の偉人

孝信の生涯と業績

孝信の生い立ちと家系 孝信は、建久2年(1191年)、武蔵国荏原郡品川宿(現在の東京都品川区)に、荏原平氏の一族である荏原氏当主・荏原義清の嫡男として誕生しました。幼名は亀王丸。 荏原氏とは、清和源氏の流れを汲む源融の子孫である、源経基を祖とする関東の名族で、武蔵国荏原郡を本拠としていました。孝信の父である義清は、源頼朝挙兵の際に御家人として参陣し、源平合戦では平氏討伐に功績を挙げました。 孝信は幼い頃から武芸に秀で、13歳の時に源頼朝の御家人となり、18歳の時には侍所別当に任じられました。頼朝死後も、その子である源頼家、源実朝の二代にわたって仕え、承久の乱や元寇など、数々の合戦で活躍しました。 孝信は、武勇に優れただけでなく、政治的手腕にも長けていました。承久の乱で朝廷軍を破った後、政治の実権を握っていた北条義時を打倒し、鎌倉幕府の政権を掌握しました。その後、5代執権として幕政を主導し、承久の乱で焼け落ちた首都・京都の復興や、新田開発や農村救済政策など、さまざまな改革を断行しました。 孝信は、建長5年(1253年)、63歳の生涯を閉じました。死後、正一位太政大臣の官位が追贈され、荏原に葬られました。孝信の墓所は、現在も東京都品川区にある荏原神社に祀られています。
歴史上の偉人

「平信範」

- 平信範の生涯 平信範は、平安時代初期の貴族、歌人、文筆家です。桓武天皇の孫であり、嵯峨天皇の異母兄にあたります。幼少期から聡明で、学問に優れ、早くから朝廷に出仕しました。嵯峨天皇の信任も厚く、参議、右兵衛督、大宰帥などの要職を歴任しました。 また、信範は和歌にも秀で、勅撰和歌集である『古今和歌集』に10首の歌が採録されています。彼の歌は、優美で清らかな作風で知られ、後世の歌人に多大な影響を与えました。 840年に55歳で亡くなりました。信範の死は、朝廷に大きな衝撃を与え、多くの人々が彼の死を悼みました。信範の墓は、京都市北区にある平野神社境内にあります。 - 信範の功績 信範は、平安時代初期の文化に大きな貢献をした人物です。彼の歌は、後世の歌人に多大な影響を与え、彼の文筆活動も、平安時代の文学の発展に貢献しました。また、信範は、参議、右兵衛督、大宰帥などの要職を歴任し、朝廷の政治にも大きな影響を与えました。 信範の功績は、平安時代初期の文化の発展に大きく貢献したと言えるでしょう。 - 信範の逸話 信範は、聡明で、学問に優れていたと伝えられています。また、彼は和歌にも秀でており、勅撰和歌集である『古今和歌集』に10首の歌が採録されています。 信範は、嵯峨天皇の信任も厚く、参議、右兵衛督、大宰帥などの要職を歴任しました。また、信範は、遣唐使として中国にも派遣されました。 遣唐使として中国に渡った際に、信範は唐の皇帝である文宗に謁見しました。文宗は、信範の聡明さと学識を高く評価し、彼に中国の書物を贈りました。 信範は、中国から帰国した後、これらの書物を嵯峨天皇に献上しました。嵯峨天皇は、信範の功績を賞し、彼に大宰帥の官職を与えました。 信範は、大宰帥として九州を治めました。彼は、九州の民衆に敬愛され、九州の文化の発展にも貢献しました。 840年に55歳で亡くなりました。信範の死は、朝廷に大きな衝撃を与え、多くの人々が彼の死を悼みました。信範の墓は、京都市北区にある平野神社境内にあります。
歴史上の偉人

僧 願知の生涯と功績

室町-戦国時代の僧, 願知 願知は、室町時代後期から戦国時代にかけて存在した天台宗の僧侶です。長禄2年(1458年)、近江国蒲生郡(現・滋賀県東近江市)に生まれ、幼少期に比叡山に登って出家しました。当初は園城寺に属し、天台宗の学問と修行に励みました。 文明13年(1481年)、願知は比叡山延暦寺の衆徒の代表である「衆徒三長」に選出され、寺務の運営に携わるようになりました。明応4年(1495年)、延暦寺の座主である覚恕が入寂すると、願知は座主の候補として有力視されましたが、最終的には後花園天皇の皇子である覚胤が座主に就任しました。 願知は、覚胤の座主就任後も比叡山の衆徒を率いて寺務の運営に当たりました。しかし、明応8年(1499年)、比叡山で「大乗院騒動」が発生し、願知は騒動に巻き込まれて延暦寺から追放されてしまいました。 願知は、延暦寺を追放された後も天台宗の僧侶として活動し、各地を巡回して法華経の説法を行いました。また、比叡山に代わる新たな拠点として、近江国蒲生郡に願知寺を建立しました。願知寺は、後に天台宗の学問と修行の拠点として発展し、多くの僧侶が学んでいました。 願知は、天文19年(1550年)、93歳の生涯を閉じました。願知の死後、願知寺は願知の弟子である了覚が継ぎ、天台宗の学問と修行の拠点として引き続き発展しました。 願知は、室町時代後期から戦国時代にかけて、天台宗の僧侶として活躍し、比叡山延暦寺の衆徒の代表を務めたほか、各地を巡回して法華経の説法を行いました。また、比叡山に代わる新たな拠点として、願知寺を建立し、天台宗の学問と修行の拠点として発展させました。
歴史上の偉人

豊田頼英 – 室町時代初期の武将

菊池氏と大友氏の争いに加わり、後の立花氏隆起のきっかけを作った豊田頼英 豊田頼英(とよた よりひで、生年不詳 - 応永17年(1410年)9月15日)は、室町時代初期の武将。筑後国三池郡豊田城主。豊田頼澄の子。 越智氏に参加して成身院光宣と抗争 頼英は、九州における菊池氏と大友氏の争いには、大友氏に属して菊池氏と戦ったため、同族の大友親世、豊後国守護大友氏泰らと共に反大友方の越智氏、成身院光宣らと戦っている。 年代は不明だが、頼英は越智氏に入る。応永12年(1405年)、大友親世は、成身院光宣の弟で越智氏の支持を受ける光蔵を大友氏本拠の府内城に迎え入れ、一緒に飫肥荘へ赴き、成身院光宣勢に圧力を掛けた。 応永17年(1410年)、成身院光宣は、大友氏との戦を開始。同時期に豊田頼英は、頼澄、頼安と共に光宣に従っている。同年9月15日、頼英は豊田で光宣の弟覚慶に攻められ、頼英は戦死した。