衆議院副議長

政治分野の人

川端達夫氏の生涯と政治家としての実績

-川端達夫氏の経歴と政治歴- 川端達夫氏は、1948年1月1日に東京都で生まれました。1970年に東京大学経済学部を卒業後、伊東忠商事に入社しました。同社では、石油・天然ガス部門の営業を担当し、1980年には取締役に就任しました。1983年に政界に転身し、衆議院議員選挙に自由民主党から立候補して初当選しました。1986年に環境政務次官、1987年に通商産業政務次官を歴任しました。1989年に衆議院議員を辞職し、東京都知事選挙に立候補しましたが、落選しました。1990年に衆議院議員に返り咲き、1995年には通商産業大臣に就任しました。1996年に衆議院議員を辞職し、参議院議員選挙に立候補して初当選しました。1998年には自民党政調会長に就任しました。2000年には参議院議員を辞職し、衆議院議員選挙に立候補して当選しました。2001年に内閣官房長官に就任しました。2002年に自由民主党総裁選挙に立候補しましたが、落選しました。2003年に総務大臣に就任し、2004年まではその職にありました。2005年に衆議院議員を辞職し、引退しました。 川端達夫氏の政治歴は、1983年の衆議院議員初当選から始まります。その後、環境政務次官、通商産業政務次官、通商産業大臣、内閣官房長官、総務大臣などを歴任しました。2002年には自由民主党総裁選挙に立候補しましたが、落選しました。2005年に衆議院議員を辞職し、引退しました。 川端達夫氏は、経済界出身の政治家で、自由民主党の有力な政治家として活躍しました。通商産業大臣や内閣官房長官などの重要ポストを歴任し、日本の経済政策や外交政策に大きな影響を与えました。
政治分野の人

高津正道(1893-1974):社会運動家および政治家

-高津正道の生涯と社会運動- 高津正道は、1893年(明治26年)7月15日、兵庫県多可郡天神村(現・多可町)に生まれました。幼い頃から貧困と差別を経験し、社会問題に関心を抱くようになりました。 1912年(明治45年)、神戸商業学校を卒業後、大阪にに出て、綿糸問屋に就職しました。しかし、貧困と差別を目の当たりにし、社会運動への参加を決意しました。 1914年(大正3年)、大阪で起こった大逆事件で、社会主義者たちが弾圧されるのを目の当たりにし、社会主義運動に参加することを決意しました。 1919年(大正8年)、大阪で起こった米騒動に参加し、逮捕されました。しかし、無罪となり釈放されました。 1920年(大正9年)、日本社会主義同盟の結成に参加し、中央委員に選出されました。 1922年(大正11年)、日本共産党の結成に参加し、中央委員に選出されました。 1923年(大正12年)、関東大震災が発生し、救援活動に参加しました。 1924年(大正13年)、治安維持法が制定され、高津正道は逮捕されました。しかし、無罪となり釈放されました。 1925年(大正14年)、普選運動に参加し、衆議院議員に当選しました。 1928年(昭和3年)、第1回普通選挙で衆議院議員に再選されました。 1931年(昭和6年)、満州事変が発生し、戦争に反対する運動に参加しました。 1932年(昭和7年)、治安維持法違反で逮捕され、懲役10年の判決を受けました。 1940年(昭和15年)、出所しました。しかし、すぐに再逮捕され、懲役15年の判決を受けました。 1945年(昭和20年)、終戦後、出所しました。 1946年(昭和21年)、日本社会党の結成に参加し、中央委員に選出されました。 1947年(昭和22年)、衆議院議員に当選し、社会党の国会議員団長になりました。 1948年(昭和23年)、サンフランシスコ講和条約に反対する運動に参加しました。 1949年(昭和24年)、衆議院議員に再選されました。 1950年(昭和25年)、朝鮮戦争が発生し、戦争に反対する運動に参加しました。 1951年(昭和26年)、衆議院議員に再選されました。 1952年(昭和27年)、社会党の分裂に参加し、社会党左派の結成に参加しました。 1953年(昭和28年)、衆議院議員に再選されました。 1954年(昭和29年)、社会党左派の書記長に就任しました。 1955年(昭和30年)、衆議院議員に再選されました。 1956年(昭和31年)、社会党左派の委員長に就任しました。 1958年(昭和33年)、衆議院議員に再選されました。 1959年(昭和34年)、社会党左派の書記長に再任されました。 1960年(昭和35年)、衆議院議員に再選されました。 1961年(昭和36年)、社会党左派の委員長に再任されました。 1962年(昭和37年)、衆議院議員に再選されました。 1963年(昭和38年)、社会党左派の書記長に再任されました。 1964年(昭和39年)、衆議院議員に再選されました。 1965年(昭和40年)、社会党左派の委員長に再任されました。 1966年(昭和41年)、衆議院議員に再選されました。 1967年(昭和42年)、社会党左派の書記長に再任されました。 1968年(昭和43年)、衆議院議員に再選されました。 1972年(昭和47年)、衆議院議員に再選されました。 1974年(昭和49年)4月21日、東京都文京区の病院で死去しました。
政治分野の人

赤松広隆 – 労働運動家から政界の重鎮へ

-多彩な経歴を持つ政治家- 赤松広隆は、1934年に京都府京都市に生まれ、京都大学法学部を卒業後、労働組合の活動家として活躍しました。その後、1974年に参議院議員選挙に立候補し、当選を果たしました。1980年には衆議院議員に転じ、1983年には労働大臣に就任しました。 赤松広隆は、労働大臣在任中に「労働者派遣法」の制定や「労働基準法」の改正に尽力 し、労働者の権利向上に貢献しました。また、厚生大臣や経済企画庁長官などの要職を歴任し、日本の政治経済に大きな影響を与えました。 赤松広隆は、2005年に政界を引退しましたが、その後も講演会や執筆活動などを通じて社会に貢献しています。2012年には、旭日大綬章を受章しました。 赤松広隆は、労働運動家として、政界の重鎮として、日本の社会に大きな貢献をした人物です。その多彩な経歴は、多くの人の尊敬を集めています。
政治分野の人

― 松浦五兵衛

-松浦五兵衛の生涯- 松浦五兵衛(1544-1607)は、戦国時代から江戸時代初期の武将であり、肥前国(現在の佐賀県)に君臨した大名である。彼は、その勇猛果敢さと知略で知られ、肥前を統一し、九州の有力大名として活躍した。 五兵衛は、肥前国松浦郡の豪族である松浦隆信の三男として生まれた。幼名は「太郎丸」といい、後に「五兵衛尉」と称した。五兵衛は、幼い頃から弓馬の術に優れ、武芸に秀でていたという。また、彼は聡明な頭脳の持ち主であり、優れた戦略家でもあった。 五兵衛は、15歳で父・隆信の死を受けて家督を相続した。彼は、すぐに肥前国内の統一に乗り出し、隣の小城郡を征服した。その後、彼は有馬氏や龍造寺氏などの隣国の大名と同盟を結んで、勢力を拡大していった。 五兵衛は、1584年に豊臣秀吉の九州征伐に参加し、功績を挙げた。秀吉から肥前一国に加え、壱岐島と対馬島を賜り、肥前・壱岐・対馬の三国の太守となった。 五兵衛は、秀吉の死後も豊臣家に忠誠を尽くし、関ヶ原の戦いでは西軍についた。しかし、西軍は敗北し、五兵衛は改易された。五兵衛は、その後徳川家康に仕え、1607年に死去した。 五兵衛は、勇猛果敢さと知略で知られ、肥前を統一し、九州の有力大名として活躍した。彼は、また、優れた戦略家であり、関ヶ原の戦いでは西軍についた。五兵衛は、徳川家康に仕え、1607年に死去した。しかし、彼の功績は今も肥前の人々に語り継がれている。
政治分野の人

杉山元治郎-農民運動のリーダー

牧師から政治家へ 杉山元治郎は、1871年に広島県の農家に生まれ、同志社大学神学部でキリスト教を学び、牧師となりました。彼は、農民の困窮を目の当たりにし、農民運動に参加するようになりました。 1925年、杉山は、農民組合の全国組織である日本農民組合の初代委員長に就任しました。彼は、農民組合を指導し、小作料の引き下げや自作農創設などを求める農民運動を展開しました。 1931年、杉山は、農民運動への弾圧を強める政府に抗議するため、日本共産党に入党しました。彼は、共産党の指導者として、農民運動や労働運動を指導し、政府と対決しました。 1933年、杉山は、治安維持法違反の容疑で逮捕され、獄中死しました。彼は、農民運動のリーダーとして、農民の解放のために生涯を捧げました。 杉山の農民運動は、日本の農村社会に大きな影響を与えました。彼の活動は、小作料の引き下げや自作農創設など、農民の生活を改善するための多くの改革を実現しました。また、彼の農民運動は、農民の政治参加を促し、日本の民主主義の発展に貢献しました。 杉山元治郎は、農民運動のリーダーとして、日本の農村社会に大きな影響を与えました。彼の活動は、農民の生活を改善し、日本の民主主義の発展に貢献しました。
政治分野の人

鯨岡兵輔-昭和後期から平成時代に活躍した政治家

- 製袋会社社長から衆議院議員へ-鯨岡兵輔の経歴 - 鯨岡兵輔は、1927(昭和2)年1月1日、埼玉県秩父市に生まれた。父は製袋会社を経営しており、兵輔も家業を手伝いながら育った。 高校卒業後は、東京の専門学校に進学し、経営学を学んだ。卒業後、家業の製袋会社に戻り、社長に就任した。 1972(昭和47)年に、衆議院議員選挙に自由民主党公認で立候補し、当選を果たした。以来、5期連続当選を果たした。 議員在職中は、建設委員会、経済産業委員会、国家公安委員会などで委員長を務めた。また、自民党農林部会長、同商工部会長なども歴任した。 2000(平成12)年に、衆議院議員を引退した。引退後は、郷里の秩父市に戻り、講演活動や地域振興活動などを行っていた。 2015(平成27)年12月17日、老衰のため死去した。享年88歳だった。 鯨岡兵輔は、製袋会社社長から衆議院議員となり、5期連続当選を果たした政治家である。建設委員会、経済産業委員会、国家公安委員会などで委員長を務め、自民党農林部会長、同商工部会長なども歴任した。
政治分野の人

三宅正一 – 大正-昭和時代の農民運動家

明治33年(1900年)10月30日、岐阜県下石津町(現・関市)に生まれる。父は村会議員を務めた大地主であった。三宅は、幼い頃から農民運動に関心を持ち、大正10年(1921年)に早稲田大学に入学すると、農村問題研究会を結成して農民運動を組織した。 大正12年(1923年)に大学を卒業すると、故郷の岐阜県に戻り、農民組合の結成に奔走した。大正13年(1924年)には、全日本農民組合の結成に参加し、中央委員に選出された。三宅は、農民組合の指導者として、農民の土地所有権や小作料の引き下げなどを求め、地主や政府と対立した。 昭和5年(1930年)には、治安維持法違反の容疑で逮捕され、懲役5年の判決を受けた。三宅は、出所後も農民運動を続けましたが、昭和16年(1941年)に太平洋戦争が勃発すると、再び治安維持法違反の容疑で逮捕され、懲役15年の判決を受けた。三宅は、終戦後も農民運動を続け、昭和27年(1952年)に全日本農民組合の委員長に選出された。三宅は、農民組合の指導者として、農民の生活改善や農業政策の改善に尽力した。 昭和33年(1958年)12月18日、東京都で死去。享年58。三宅は、大正-昭和時代の農民運動を牽引したリーダーの一人であり、その功績は高く評価されている。
政治分野の人

横路孝弘について

-経歴と人物像- 横路孝弘は、1941年11月19日に兵庫県で生まれました。大阪大学法学部を卒業後、旧自治省に入省し、その後、大阪府庁に出向しました。大阪府庁では、知事室長、総務部長などを歴任した後、1995年に大阪府知事に就任しました。大阪府知事としては、関西国際空港の建設や大阪ドームの建設など、数々のプロジェクトを推進しました。また、阪神・淡路大震災の際には、迅速な対応で被災者を救済しました。 横路孝弘は、穏やかな性格で、常に冷静な判断を下す人物として知られています。また、大局観に富み、新しいことに挑戦することを恐れません。そのため、大阪府知事時代には、数々の改革を断行しました。例えば、大阪府庁の組織を大幅に見直し、職員の数を削減しました。また、大阪府の財政を健全化するため、歳出の削減や新規事業の凍結を行いました。 横路孝弘の改革は、当初、大阪府民から反発を受けました。しかし、横路孝弘は粘り強く改革を推進した結果、大阪府の財政は好転し、大阪府民の生活は改善されました。そのため、横路孝弘は、大阪府民から人気を集め、2000年に再選されました。 横路孝弘は、2008年に大阪府知事を退任した後も、政治の世界で活躍し続けました。2009年には、民主党の代表に就任し、2010年には、内閣総理大臣に就任しました。横路孝弘は、内閣総理大臣として、東日本大震災の復興や消費税の増税など、数々の難題に取り組みました。しかし、横路孝弘の政策は、国民から支持を得ることができず、2011年に内閣総理大臣を辞任しました。 横路孝弘は、現在も政治の世界で活躍しており、現在は、野党のリーダーとして政府を監視しています。横路孝弘は、日本の政界において、重要な役割を果たしている人物の一人です。
政治分野の人

秋田大助 – 昭和時代の政治家

-秋田大助の生い立ちと経歴- 秋田大助は、1900年(明治33年)1月1日に、秋田県秋田市に生まれた。父・秋田太郎は、秋田県議会議員であり、母・秋田はな子は、地元の名家の娘であった。秋田大助は、幼い頃から聡明で、秋田県立秋田高等学校を首席で卒業後、東京帝国大学法学部に進学した。大学卒業後は、司法試験に合格し、判事として働き始めた。 1932年(昭和7年)、秋田大助は、郷里の秋田県から衆議院議員に当選した。以後、衆議院議員を連続10期務め、内閣総理大臣を2度務めた。秋田大助は、第二次世界大戦中、東条英機内閣の文部大臣を務め、戦後は、吉田茂内閣の副総理大臣を務めた。1952年(昭和27年)、秋田大助は、日本国憲法の改正を目指して、自由民主党を結成した。 秋田大助は、1953年(昭和28年)10月、第55代内閣総理大臣に就任した。秋田大助内閣は、サンフランシスコ講和条約の締結や、日米安全保障条約の締結など、日本の戦後復興に尽力した。しかし、1954年(昭和29年)12月、秋田大助は、衆議院解散に失敗し、内閣総理大臣を辞任した。 秋田大助は、1957年(昭和32年)2月、再び内閣総理大臣に就任した。秋田大助内閣は、経済成長政策を推進し、日本の高度経済成長の礎を築いた。しかし、1960年(昭和35年)7月、秋田大助は、安保闘争の激化に伴い、内閣総理大臣を辞任した。 秋田大助は、1967年(昭和42年)10月、老衰のため東京都千代田区の病院で死去した。享年67歳であった。秋田大助は、日本の戦後復興に尽力した政治家で、昭和の宰相として知られている。
政治分野の人

– 岩本信行

- 岩本信行 -# 神奈川県出身の政治家 神奈川県出身の政治家、岩本信行は、1953年に神奈川県横浜市に生まれました。神奈川県立横浜緑ヶ丘高等学校、中央大学法学部を卒業後、県議会議員、衆議院議員、国土交通副大臣、外務副大臣などを歴任しました。現在は、自由民主党政務調査会長を務めています。 岩本氏は、神奈川県政界において若手議員として活躍し、県議会議員時代には、県政改革や行財政改革に尽力しました。また、衆議院議員としては、外務委員会や国土交通委員会の委員長を務め、外交・安全保障、交通・インフラ整備などの分野で政策立案や法案審議に携わりました。 国土交通副大臣、外務副大臣を歴任した際には、東日本大震災復興や環太平洋経済連携協定(TPP)交渉、日米同盟強化などに尽力しました。また、政務調査会長としては、自由民主党の政策立案や党運営に携わっています。 岩本氏は、神奈川県政界を代表する政治家であり、県民の生活向上や地域経済の発展に貢献しています。今後も、国会議員として、神奈川県や日本の発展のために尽力していくものと思われます。
政治分野の人

田中万逸

-田中万逸の生涯- 田中万逸は、1879年(明治12年)10月13日に長野県上伊那郡長谷村(現・飯田市)に生まれました。父親は田中登、母親は田中ウメです。幼少期は、田園風景が広がる山里で育ち、自然をこよなく愛しました。 6歳の時に、高等小学校に通い始め、12歳の時に上京し、京師英語学校(現・東京外国語大学)に入学しました。在学中は、英語を学び、文学への興味を深めました。 1900年(明治33年)に、京師英語学校を卒業後に渡英し、ケンブリッジ大学とオックスフォード大学で学びました。留学中は、ヨーロッパの文化や思想に触れ、大きな影響を受けました。 1905年(明治38年)に帰国すると、東京帝国大学(現・東京大学)の講師となり、英語を教えました。1908年(明治41年)に、早稲田大学に移り、教授を務めました。 1911年(明治44年)に、雑誌「文章世界」に短編小説「路傍の石」を発表しました。この小説は、貧しい少年が、人生の苦難を乗り越えて成長していく姿を描いたもので、瞬く間にベストセラーとなりました。 1912年(大正元年)に、長編小説「煤煙」を発表しました。この小説は、明治時代の東京を舞台に、社会の底辺で生きる人々の姿をリアルに描いたもので、高い評価を受けました。 1913年(大正2年)に、長編小説「敵兵」を発表しました。この小説は、日露戦争を背景に、敵対する兵士たちの交流を描き、戦争の悲惨さを訴えました。 1914年(大正3年)に、長編小説「女人哀詞」を発表しました。この小説は、明治時代の女性たちの生きざまを描き、女性の解放を訴えました。 1915年(大正4年)に、長編小説「中央公論」を発表しました。この小説は、明治時代のジャーナリズム界を舞台に、新聞記者の苦闘を描いたもので、大きな反響を呼びました。 1916年(大正5年)に、田中万逸は37歳で早世しました。死後、その作品は高く評価され、日本を代表する作家の一人とされています。
政治分野の人

清瀬一郎 – 戦後日本の目撃者

-清瀬一郎 - 戦後日本の目撃者- -清瀬一郎の生涯と功績- 清瀬一郎は、1921年(大正10年)に東京都に生まれた。1943年(昭和18年)に東京帝国大学法学部を卒業し、すぐに海軍に志願した。彼は、海軍少尉として太平洋戦争に参加し、沖縄戦で負傷した。戦後は、公務員として働きながら、執筆活動を行った。 1956年(昭和31年)、清瀬一郎は、初の著書となる『戦後日本の証言』を出版した。この本は、戦後の日本の政治、経済、社会について、清瀬一郎の目線で語ったもので、大きな反響を呼んだ。清瀬一郎は、この本で、戦後の日本の復興を支えた人々の功績を称賛するとともに、日本の民主主義がまだ十分に確立されていないことを指摘した。 清瀬一郎は、その後も、多くの著書を発表した。その主な著書には、『現代日本の政治と経済』『日本の外交と安全保障』『日本の社会と文化』などがある。清瀬一郎の著書は、戦後日本の歴史を理解する上で貴重な資料となっている。 清瀬一郎は、2001年(平成13年)に80歳で亡くなった。しかし、彼の著書は、今もなお多くの人々に読み継がれている。清瀬一郎は、戦後日本の目撃者として、日本の民主主義の確立に貢献した偉大な人物である。
政治分野の人

衛藤征士郎 – 昭和後期から平成時代の政治家

-経歴- 衛藤征士郎は、1933年(昭和8年)4月29日に静岡県榛原郡吉田町(現在の榛原町)で生まれた。父親は衆議院議員を務めた衛藤正氏郎。 1956年(昭和31年)に早稲田大学第一政治経済学部を卒業後、三菱商事に就職。1960年(昭和35年)に退職し、1963年(昭和38年)の第30回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で静岡県第3区から出馬し、初当選。以降、1990年(平成2年)まで連続15回当選を果たした。 1972年(昭和47年)に田中角栄内閣で内閣官房長官に任命され、1974年(昭和49年)には三木武夫内閣で防衛庁長官に就任。1976年(昭和51年)に福田赳夫内閣で経済企画庁長官に就任した。 1982年(昭和57年)に鈴木善幸内閣で建設大臣に就任。1984年(昭和59年)に中曽根康弘内閣で環境庁長官に就任した。 1989年(平成元年)に宇野宗佑内閣で経済企画庁長官に再任。1990年(平成2年)に海部俊樹内閣で文部大臣に就任した。 1993年(平成5年)に細川護熙内閣で総務庁長官に就任。1994年(平成6年)に羽田孜内閣で法務大臣に就任した。 1996年(平成8年)に橋本龍太郎内閣で経済企画庁長官に再任。1997年(平成9年)に小渕恵三内閣で環境庁長官に再任した。 1999年(平成11年)に小渕恵三内閣で内閣官房長官に再任。2000年(平成12年)に森喜朗内閣で国土交通大臣に就任した。 2001年(平成13年)に小泉純一郎内閣で農林水産大臣に就任。2003年(平成15年)に衆議院副議長に選出され、2004年(平成16年)に農林水産大臣に再任した。 2005年(平成17年)に小泉純一郎内閣で経済財政政策担当大臣に任命され、2006年(平成18年)には安倍晋三内閣で内閣府特命担当大臣(経済財政政策)に任命された。 2007年(平成19年)に福田康夫内閣で国土交通大臣に再任。2008年(平成20年)に麻生太郎内閣で内閣府特命担当大臣(経済財政政策)に再任された。 2009年(平成21年)に民主党が政権を奪取した後は、野党に転じた。2012年(平成24年)に衆議院議員を引退した。 衛藤征士郎は、2022年(令和4年)11月1日に心不全のため死去した。享年89。
政治分野の人

安井吉典 – 政治家として歩んだ時代

北海道東神楽村長から国政へ 安井吉典氏の政治家としてのキャリアは、北海道東神楽村長として始まりました。1985年に村長に就任し、2014年まで務めました。村長時代には、東神楽村を農業と観光の拠点として発展させ、村の財政を改善しました。また、全国町村会長や北海道町村会長も歴任し、地方自治体の発展に尽力しました。 2014年、安井氏は第47回衆議院議員総選挙に北海道7区から立候補し、当選しました。衆議院議員として、農林水産委員会や地方創生委員会で委員を務め、農業、地域活性化、少子高齢化対策などに取り組みました。また、自由民主党農林部会長や道北振興開発推進議員連盟会長としても活動し、北海道の振興に尽力しました。 2017年に実施された第48回衆議院議員総選挙では、北海道7区で落選しましたが、2021年に実施された第49回衆議院議員総選挙で再び当選しました。現在、衆議院議員として農林水産委員会の理事や地方創生委員会の委員を務めており、農業、地域活性化、少子高齢化対策などに取り組んでいます。 安井氏は、農業や地域活性化に精通した政治家であり、北海道の振興に尽力してきました。今後も、政治家として活躍し、北海道の発展に貢献していくことが期待されています。
政治分野の人

岡田春夫 – 昭和時代後期の政治家

-岡田春夫の生涯- 岡田春夫は、1896年(明治29年)5月27日、愛知県名古屋市に生まれた。名古屋市立第一商業学校(現・名古屋市立名古屋商業高等学校)を卒業後、三菱商事に入社した。その後、1924年(大正13年)に政界入りし、衆議院議員に当選。以後、農林政務次官、文部政務次官、商工政務次官を歴任した。 1940年(昭和15年)、岡田は第2次近衛内閣の文部大臣に就任した。文部大臣在任中は、国民学校令を公布し、小学校を国民学校と改称。また、学校教育の充実を図るため、教育勅語の改訂や教科書の検定制度の導入などを行った。 1941年(昭和16年)、岡田は第3次近衛内閣の商工大臣に就任した。商工大臣在任中は、戦時経済体制の整備や物資の統制などを行った。 1942年(昭和17年)、岡田は第4次近衛内閣の文部大臣に再任した。文部大臣再任中は、国民学校令を改正し、国民学校を初等科と高等科の2部制とした。また、学校教育の充実を図るため、教育課程の改訂や教科書の検定制度の強化などを行った。 1944年(昭和19年)、岡田は第1次小磯内閣の商工大臣に再任した。商工大臣再任中は、戦時経済体制の強化や物資の統制などを行った。 1945年(昭和20年)、岡田は第2次小磯内閣の文部大臣に再任した。文部大臣再任中は、国民学校令を改正し、国民学校を初等科、中等科、高等科の3部制とした。また、学校教育の充実を図るため、教育課程の改訂や教科書の検定制度の強化などを行った。 1946年(昭和21年)、岡田は公職追放となり、政界から引退した。1976年(昭和51年)12月29日、東京都港区の自宅で死去した。享年80。
政治分野の人

「勝田永吉」

-勝田永吉の生涯- 勝田永吉は1947年、鹿児島県に生まれました。4人兄弟の3番目として育ち、幼い頃から負けず嫌いで、活発な性格でした。 小学校時代は、スポーツ万能で、特にサッカーが得意でした。中学時代は、生徒会の役員に立候補し、学級委員長を務めました。高校時代は、野球部に所属し、キャプテンとしてチームを甲子園大会に導きました。 大学卒業後は、大手企業に就職しましたが、すぐに退職して、起業しました。小さな会社から始めましたが、徐々に事業を拡大し、やがて業界トップクラスの企業に成長させました。 しかし、成功を収めたのもつかの間、経営不振に陥り、莫大な借金を背負ってしまいました。借金を返すために、家や車を売却し、家族にも苦労をかけました。 どん底の状態に陥った勝田永吉でしたが、決してあきらめませんでした。借金を返済するために、アルバイトを掛け持ちし、朝から晩まで働き続けました。 そして、ついに借金を完済し、会社も再建することができました。その後は、起業家として再び成功を収め、大富豪となりました。 勝田永吉は、波瀾万丈の人生を歩んできましたが、決してあきらめない強い信念と粘り強さで、困難を乗り越えてきました。彼は、日本を代表する成功者として、多くの人々に勇気と希望を与えています。
政治分野の人

松田源治の人生と功績

-# 松田源治の政治家としての歩み 松田源治は、1875年(明治8年)10月2日、東京都北区に生まれました。1900年(明治33年)に東京帝国大学法科大学を卒業後、内務省に入省しました。1907年(明治40年)には、東京府知事となり、1912年(大正元年)には、内務大臣に就任しました。 松田源治は、内務大臣在任中に、地方自治制度の改革や社会政策の推進に取り組みました。1918年(大正7年)には、市制・町村制を改正し、市町村の自治権を強化しました。また、1919年(大正8年)には、健康保険法を制定し、労働者の医療保障制度を確立しました。 松田源治は、1922年(大正11年)に内務大臣を辞任しましたが、その後も政界で活躍し続けました。1924年(大正13年)には、立憲政友会総裁に就任し、1927年(昭和2年)には、首相に就任しました。松田源治は、首相在任中に、昭和金融恐慌に対処するため、金融政策の改革や公共事業の拡大に取り組みました。 松田源治は、1929年(昭和4年)に首相を辞任しましたが、その後も政界で活躍し続けました。1932年(昭和7年)には、立憲政友会総裁に再任し、1934年(昭和9年)には、内務大臣に再任しました。松田源治は、内務大臣在任中に、地方自治制度の改革や社会政策の推進に取り組みました。 松田源治は、1936年(昭和11年)10月26日に死去しました。
政治分野の人

多賀谷真稔-生涯と功績

-波乱の時代を生き抜いた政界の重鎮- 多賀谷真稔は、戦前から戦後にかけて活躍した日本の政治家、実業家。衆議院議員を6期務め、運輸大臣、国土庁長官、科学技術庁長官などを歴任した。 多賀谷は1889年、新潟県中蒲原郡新津町に生まれた。早稲田大学政治経済学部を卒業後、神戸新聞記者として活躍。その後、政界入りし、1932年に第18回衆議院議員総選挙で当選を果たした。 多賀谷は、政界においては、国土開発や交通政策に尽力。運輸大臣時代には、全国新幹線鉄道網の整備に乗り出し、国土庁長官時代には、全国総合開発計画の策定に携わった。また、科学技術庁長官時代には、宇宙開発事業の推進に努めた。 多賀谷は、波乱の時代を生き抜いた政界の重鎮として、日本の政治、経済の発展に大きく貢献した。1983年に亡くなったが、その功績は今もなお語り継がれている。 -多賀谷真稔の功績- * 国土開発や交通政策に尽力。 * 全国新幹線鉄道網の整備に乗り出し、全国総合開発計画の策定に携わった。 * 宇宙開発事業の推進に努めた。 * 日本の政治、経済の発展に大きく貢献した。
政治分野の人

肥塚竜

肥塚竜は、明治・大正時代に活躍した政治家です。肥塚竜(ひづかりょう)は、明治8年(1875年)8月3日、愛知県東加茂郡小原村(現豊田市)に、父・肥塚政治、母・みよの長男として生まれました。愛知県師範学校を経て1900年明治法律学校(現中央大学)を卒業し、弁護士となりました。1902年第7回衆議院議員総選挙に愛知県第5区から出馬し、当選。以後、21回の当選を果たしました。立憲政友会の幹部として活躍し、1920年第1次原内閣で文部大臣を務めました。1921年には政友会の総裁に就任し、その後も党の最高幹部として活躍しました。政界引退後は、日本赤十字社社長、名古屋タイムズ社長などを歴任しました。1940年(昭和15年)11月17日に政界引退以降、故郷の愛知県西加茂郡足助町(現豊田市)で隠居生活し、1947年(昭和22年)4月10日に死去しました。
政治分野の人

田中伊三次 – 政治家の軌跡をたどる

-大見出し 田中伊三次 - 政治家の軌跡をたどる- -小見出し 若き日の田中伊三次 - 京都府会議員から衆議院議員へ- 田中伊三次氏は、1864年、京都府に生まれました。父親は著名な商人で、彼は幼い頃から政治に興味を持っていました。田中氏は、京都府立第一中学校を卒業した後、東京専門学校(現在の早稲田大学)に進学しました。在学中に自由民権運動に参加し、卒業後は京都府会議員に当選しました。 田中氏は、1890年に第1回衆議院議員選挙に出馬し、当選しました。彼は、立憲政友会に所属し、政界での地位を固めていきました。1898年には、第1次大隈内閣で農商務大臣に就任しました。その後も、幾度となく閣僚を歴任し、政界の第一線で活躍しました。 田中氏は、1929年に政界を引退しました。しかし、その後も、政界に影響力を持ち続けました。1940年には、第2次近衛内閣で内務大臣に就任し、戦時下の政治を担いました。田中氏は、戦後も政界に復帰し、1946年に第2次吉田内閣で副総理兼外務大臣に就任しました。 田中氏は、1948年に死去しました。彼は、日本の政界に大きな足跡を残した政治家でした。 -田中伊三次氏の功績- 田中伊三次氏は、日本の政界に大きな功績を残しました。その主な功績を以下に紹介します。 * 1890年に第1回衆議院議員選挙に出馬し、当選した。 * 1898年に、第1次大隈内閣で農商務大臣に就任した。 * 1929年に政界を引退したが、その後も政界に影響力を持ち続けた。 * 1940年に、第2次近衛内閣で内務大臣に就任し、戦時下の政治を担った。 * 1946年に、第2次吉田内閣で副総理兼外務大臣に就任した。 田中伊三次氏は、日本の政界に大きな足跡を残した政治家でした。
政治分野の人

勝間田清一 – 革新官僚として活躍した政治家

- 官僚としての活躍 勝間田清一は、1928年(昭和3年)に東京府東京市(現在の東京都千代田区)で生まれた。東京大学法学部を卒業後、1952年(昭和27年)に大蔵省(現在の財務省)に入省した。 大蔵省では、主計局や主税局などを経て、1976年(昭和51年)に主計局長に就任した。主計局長としては、財政再建のため、歳出削減や増税などの厳しい予算編成を実施した。 また、1977年(昭和52年)には、大蔵次官に就任した。大蔵次官としては、財政再建策の推進や、金融制度の改革などに尽力した。 1981年(昭和56年)には、大蔵大臣に就任した。大蔵大臣としては、歳出削減や増税などの財政再建策を推し進めた。また、金融制度の改革や、税制の改正にも取り組んだ。 勝間田清一は、大蔵官僚として、財政再建や金融制度の改革など、日本の経済政策の形成に大きな役割を果たした。
政治分野の人

植原悦二郎と彼の生涯

-学問から政治へ- 植原悦二郎は、明治維新後の日本では稀有な、民間人で内閣総理大臣を2回務めた人物である。 彼は、学者としてスタートし、政治家として成功した。 植原悦二郎は、1837年(天保8年)に、越後国高田藩(現・新潟県上越市)に生まれた。 1861年(文久元年)、江戸に出て、昌平黌(しょうへいこう)で漢学を学んだ。 1863年(文久3年)、慶應義塾に入塾し、福沢諭吉に師事した。 慶應義塾卒業後は、明治政府に出仕し、文部省で働いた。 1873年(明治6年)、文部大輔に就任し、学制の制定に尽力した。 1874年(明治7年)、東京帝国大学が開設されると、初代総長に就任した。 植原悦二郎は、東京帝国大学の総長を辞任した後、政界に転じた。 1885年(明治18年)、第1次伊藤内閣の文部大臣に就任した。 1890年(明治23年)、第2次山縣内閣の内務大臣に就任した。 1896年(明治29年)、第2次松方内閣の総理大臣に就任した。 1898年(明治31年)、第3次伊藤内閣の総理大臣に就任した。 植原悦二郎は、総理大臣として、日清戦争の講和条約である下関条約の締結や、金本位制の採用など、日本の近代化に貢献した。 1921年(大正10年)、植原悦二郎は85歳で亡くなった。
政治分野の人

「内ケ崎作三郎」の足跡をたどる。教育者・政治家として活躍した明治から昭和の偉人。

-明治から昭和の激動の時代を駆け抜けた内ケ崎作三郎。- 内ケ崎作三郎は、1863年(文久3年)12月14日、和歌山県和歌山市で生まれました。父は和歌山藩士の内ケ崎治平、母はツネです。作三郎は、幼少の頃から聡明で、和歌山県立第二中学校(現・和歌山県立桐蔭高等学校)を卒業後、東京専門学校(現・早稲田大学)に進学しました。東京専門学校では、政治経済を学び、卒業後は東京で新聞記者として働きました。 1890年(明治23年)、作三郎は和歌山県議会議員に当選し、政界入りを果たしました。その後、衆議院議員に当選し、1908年(明治41年)には文部大臣に任命されました。文部大臣在任中は、小学校の義務教育年限を6年に延長し、中等教育の拡充を推進しました。 1912年(明治45年)、作三郎は和歌山県知事に就任しました。和歌山県知事在任中は、和歌山県の産業振興に力を入れ、県の財政を健全化しました。1918年(大正7年)、作三郎は衆議院議長に就任し、1923年(大正12年)には内閣総理大臣に就任しました。内閣総理大臣在任中は、第一次世界大戦後の日本の復興に尽力し、普通選挙法の制定を実現しました。 1925年(大正14年)、作三郎は内閣総理大臣を辞任し、政界を引退しました。その後、作三郎は、和歌山県に戻り、和歌山県教育会会長を務めるなど、教育界の発展に尽力しました。1945年(昭和20年)8月14日、作三郎は和歌山市で死去しました。享年81。 作三郎は、明治から昭和の激動の時代を駆け抜けた政治家であり、教育者です。作三郎の功績は、現在でも和歌山県民に語り継がれています。
政治分野の人

関直彦 – 明治・昭和時代前期の政治家

-関直彦の生涯- 関直彦は、1870年(明治3年)に越後国新潟(現在の新潟県新潟市)に生まれた。父は新潟県会議長を務めた関直躬、母は関とよである。 関直彦は、東京専門学校(現在の早稲田大学)を卒業後、1892年(明治25年)に衆議院議員に当選した。その後、大蔵政務次官、農商務次官、内閣書記官長などの要職を歴任した。 1918年(大正7年)、寺内正毅内閣の文部大臣に就任した。関直彦は、文部大臣在職中に、学校制度の改革、教育費の増額、国民の教育水準の向上などに努めた。また、東京帝国大学に新設された社会学科の初代学科長に就任し、社会科学の発展に貢献した。 1924年(大正13年)、清浦奎吾内閣の司法大臣に就任した。関直彦は、司法大臣在職中に、司法制度の改革、裁判所の整備、法曹界の浄化などに努めた。 1927年(昭和2年)、田中義一内閣の内務大臣に就任した。関直彦は、内務大臣在職中に、地方自治制度の改革、警察制度の整備、社会福祉政策の充実などに努めた。 1931年(昭和6年)、犬養毅内閣の文部大臣に再任した。関直彦は、文部大臣再任中、教育勅語の改訂、教科書の検定制度の強化、言論統制の強化などに努めた。 1932年(昭和7年)、五・一五事件が発生した。関直彦は、五・一五事件の責任を問われて、文部大臣を辞任した。 1945年(昭和20年)、関直彦は、戦犯容疑で逮捕された。しかし、不起訴処分となり、釈放された。 1946年(昭和21年)、関直彦は、公職追放の対象となった。公職追放が解除された後、関直彦は、政界に復帰したが、1951年(昭和26年)に死去した。