衆議院議員

政治分野の人

湯山勇:昭和時代の著名な教育者と政治家

湯山勇の生い立ちと教育歴 湯山勇は、1878年2月13日に岐阜県加茂郡富田村(現・加茂郡七宗町)に生まれました。父は山本勇、母は岩井のぶです。湯山は幼少期から学問に秀でており、1895年に岐阜県師範学校に入学しました。1898年に卒業後、小学校教諭として働きながら、1903年に東京高等師範学校に入学しました。1906年に卒業後、旧制岐阜中学校(現・岐阜県立岐阜高等学校)の教諭となりました。 湯山は岐阜中学校で国語と漢文を教えていました。湯山の授業は熱心で、生徒たちからの人望も厚かったといいます。1911年に湯山は岐阜県立女子師範学校の校長に任命されました。湯山は女子師範学校でも熱心な授業を行い、生徒たちから尊敬されていました。 1918年に湯山は岐阜県視学官に任命されました。湯山は視学官として、岐阜県の教育の向上に努めました。1922年に湯山は文部省の督学官に任命され、全国の教育の向上に努めました。
政治分野の人

庄野金十郎 – 明治-大正時代の政治家

-# 庄野金十郎の生い立ちと経歴 庄野金十郎は、1869年12月24日、丹後国竹野郡内海村(現在の京都府京丹後市)に庄野万左衛門の三男として生まれました。1896年に明治法律学校(現在の明治大学)を卒業後、弁護士を開業しました。1902年に第7回衆議院議員総選挙に当選して以来、衆議院議員を13期務めました。その間、立憲政友会の中心人物として活躍し、1918年に内務大臣、1922年に司法大臣を歴任しました。1924年に退任後も、政界や財界に大きな影響力を持ち続けました。1938年に死去。 庄野金十郎は、明治-大正時代の日本の政治家として、立憲政友会の中心人物として活躍し、内務大臣や司法大臣を歴任しました。また、政界や財界に大きな影響力を持ち続け、日本の近代化に貢献しました。
政治分野の人

– 鎌田三之助

- 鎌田三之助 鎌田三之助は、明治期から大正期にかけて活躍した公共事業家、政治家です。 -# 公共事業家・政治家としての経歴 鎌田三之助は、1848年に上野国勢多郡笠懸村(現在の群馬県前橋市)に生まれました。1871年に上京し、工部省に入省しました。その後、1876年に退官し、民間企業に就職しました。 1881年に、鎌田三之助は東京府会議員に当選しました。その後、1889年に衆議院議員に当選し、1890年に鉄道大臣に任命されました。鉄道大臣として、鎌田三之助は、日本の鉄道網の整備に尽力しました。 1892年に、鎌田三之助は内務大臣に任命されました。内務大臣として、鎌田三之助は、日本の地方自治制度の整備に尽力しました。1898年に、鎌田三之助は、東京市長に当選しました。東京市長として、鎌田三之助は、東京の近代化に尽力しました。 1903年に、鎌田三之助は、衆議院議員に再選されました。その後、1906年に文部大臣に任命されました。文部大臣として、鎌田三之助は、日本の教育制度の整備に尽力しました。1908年に、鎌田三之助は、東京市長に再選されました。東京市長として、鎌田三之助は、東京の都市計画の整備に尽力しました。 1911年に、鎌田三之助は、衆議院議員に三選されました。その後、1913年に農商務大臣に任命されました。農商務大臣として、鎌田三之助は、日本の農業政策の整備に尽力しました。1918年に、鎌田三之助は、貴族院議員に勅選されました。 1923年に、鎌田三之助は、東京市長に三選されました。東京市長として、鎌田三之助は、関東大震災からの復興事業に尽力しました。1927年に、鎌田三之助は、東京市長を退任しました。 1931年に、鎌田三之助は、貴族院議員を辞任しました。そして、1933年に死去しました。
政治分野の人

「山口俊一(2)」

-山口俊一の経歴と政治活動- 山口俊一は、1957年11月2日、東京都に生まれた。都立日比谷高校を卒業後、東京大学法学部に入学。在学中は、学生運動に参加し、全共闘のリーダーとして活躍した。 大学卒業後は、弁護士となり、東京弁護士会に登録した。1989年、参議院議員選挙に日本社会党公認で出馬し、初当選。以来、参議院議員を5期務めた。 2012年、民主党代表に就任。2012年12月、第46回衆議院議員総選挙で民主党が大敗を喫し、代表を辞任。 2013年、日本維新の会に入党。2014年、衆議院議員選挙に日本維新の会公認で出馬し、当選。 2015年、大阪維新の会に入党。2016年、大阪維新の会代表に就任。2017年、大阪市長選挙に出馬し、当選。 2021年、大阪維新の会代表を辞任。 山口俊一氏は、弁護士として、企業や労働者の権利を守る活動に尽力した。また、参議院議員として、消費者保護法の制定や、児童虐待防止法の改正など、国民生活に直結する政策の実現に貢献した。 さらに、大阪市長として、大阪の経済活性化や、子育て支援策の充実など、市民のニーズに応える施策を展開した。 山口俊一氏は、国民の生活を守るために、精力的に活動している政治家である。
政治分野の人

斎藤安雄 – 明治から昭和初期の政治家と経営者

-経営者としての実績- 斎藤安雄は、松下幸之助とともに松下電器産業を創業し、経営者として大きな成功を収めた。同社は、電球の生産から始まり、やがて電気機器、家電製品の生産へと事業を拡大していった。斎藤は、松下幸之助とともに、松下電器産業を日本を代表する家電メーカーへと育て上げた。 斎藤は、経営者として、従業員を大切に考える経営方針をとっていた。従業員の福利厚生に力を入れており、社内には福利厚生施設を充実させていた。また、従業員に対しては、能力主義を徹底し、有能な人材を昇進させていった。この経営方針により、松下電器産業は、従業員の士気を高め、生産性を向上させることに成功した。 斎藤は、経営者として、新しい事業分野への開拓にも積極的であった。同社は、1930年代には、ラジオの生産を開始し、1940年代には、冷蔵庫の生産を開始した。また、1950年代には、テレビの生産を開始し、同社は、家電メーカーとしての地位を確立していった。 斎藤は、経営者として、海外進出にも積極的に取り組んだ。同社は、1960年代には、アメリカ合衆国に進出し、1970年代には、ヨーロッパに進出した。また、1980年代には、アジアに進出し、同社は、グローバル企業としての地位を確立していった。 斎藤は、経営者として、大きな成功を収めた。同社は、彼の経営の下で、日本を代表する家電メーカーへと成長し、グローバル企業としての地位を確立していった。
政治分野の人

輿石東 – 伸長し続ける偉大な政治家

生い立ちと教育 輿石東は、1942年に東京で生まれた。彼は政治家である父親と教師である母親の間に生まれ、政治と教育の両方への興味を早い段階から持っていた。輿石は早稲田大学で政治学を学び、その後アメリカのハーバード大学で公共政策の修士号を取得した。帰国後、彼は外務省に入省し、外交官として数カ国で勤務した。 1980年に輿石は外務省を退職し、政界入りした。彼は衆議院議員に選出され、その後内閣官房長官、外務大臣など数々の要職を歴任した。輿石は現在、自由民主党の党首であり、日本の首相である。 輿石は、世界情勢に精通した有能な政治家として知られている。彼はまた、日本の経済成長と外交政策における役割を強化してきた。輿石は日本における最も影響力のある政治家の1人であり、日本の未来を形作る役割を果たし続けている。
政治分野の人

谷河尚忠

-谷河尚忠の生涯- 谷河尚忠は、1889年に愛知県に生まれました。彼は、1865年にシーボルトの弟子として来日したドイツ人医師、ラインホルト・バルトの孫に当たります。 谷河尚忠は、子供の頃から理数系に強く、東京帝国大学理学部物理学科に入学しました。大学卒業後は、東京帝国大学理学部物理学科の助手として働き、その後、東京工業大学助教授に就任しました。 1921年、谷河尚忠は、大阪電気軌道株式会社(現在のOsaka Metro)の技師長に就任しました。そこで、彼は、大阪電気軌道株式会社の路線の電化工事を担当しました。 1925年、谷河尚忠は、東京帝国大学工学部電気工学科の教授に就任しました。彼は、東京帝国大学工学部電気工学科で、電気工学の研究と教育に尽力しました。 1945年、谷河尚忠は、東京帝国大学総長に就任しました。彼は、東京帝国大学総長として、東京帝国大学の復興に尽力しました。 1949年、谷河尚忠は、東京帝国大学総長を退任しました。その後、彼は、日本学士院院長に就任しました。 1960年、谷河尚忠は、91歳で亡くなりました。
政治分野の人

林譲治:政治家、俳人

-林譲治の生涯と政治活動- 林譲治は、1896年(明治29年)に岡山県に生まれました。東京帝国大学を卒業後、内務省に入省しました。1928年(昭和3年)に政界入りし、衆議院議員に当選しました。戦後、日本社会党に入党し、書記長や委員長を歴任しました。1960年(昭和35年)に第57代内閣総理大臣に就任しました。 林譲治の政治活動は、社会主義思想に基づいていました。彼は、国民の生活を向上させるために、社会保障制度の充実や経済政策を重視しました。また、彼は、日米安保条約を廃棄し、非武装中立を掲げていました。 林譲治は、1964年(昭和39年)に死去しました。彼は、社会主義運動に貢献した政治家として評価されています。 林譲治の生涯と政治活動を以下にまとめます。 * 1896年(明治29年)岡山県に生まれる。 * 1928年(昭和3年)政界入りし、衆議院議員に当選。 * 1945年(昭和20年)日本社会党に入党。 * 1960年(昭和35年)第57代内閣総理大臣に就任。 * 1964年(昭和39年)死去。
政治分野の人

長浜博行

# 長浜博行 - 生い立ちと学生時代 長浜博行は、1951年2月11日に愛知県で生まれた。4人兄弟の末っ子として育ち、幼い頃から本を読むことが大好きだった。小学校に入学すると、学級新聞の編集委員を務め、新聞作りに熱中した。 中学に進学すると、生徒会の書記に立候補し、当選した。書記としての仕事は大変だったが、有意義な経験となった。高校でも生徒会の書記を務め、文化祭の実行委員も経験した。 大学は、早稲田大学第一文学部に入学した。在学中は、演劇サークルに参加し、劇団の脚本・演出を務めた。また、アルバイトをしながら、小説を書き続けた。 大学を卒業後、出版社に就職したが、半年で退職した。その後、フリーライターとして働きながら、小説を書き続けた。1983年、長編小説『終りなき殺意』でデビューし、第35回江戸川乱歩賞を受賞した。 『終りなき殺意』の成功を機に、長浜博行は専業作家となった。1985年には、長編小説『新宿鮫』を発表し、第38回日本推理作家協会賞を受賞した。『新宿鮫』は、シリーズ化され、映画化もされた。 1995年には、長編小説『人間の証明』を発表し、第48回直木賞を受賞した。『人間の証明』は、ベストセラーとなり、映画化もされた。 長浜博行は、現在も精力的に執筆活動を行っており、数々の小説を発表している。その作品は、ハードボイルドな作風が特徴で、社会の闇や人間の弱さなどを鋭く描いている。
政治分野の人

自由民権運動家・小柳卯三郎とその功績

小柳卯三郎の生涯 小柳卯三郎は、1856年12月15日に愛知県碧海郡刈谷町(現・刈谷市)に生まれました。父は小柳啓三郎、母はみのです。卯三郎は、幼い頃から頭が良く、勉強好きでした。1873年に上京し、法律学校(現・中央大学)に入学しました。在学中に、自由民権運動に参加し、民権思想を学びました。 1877年に法律学校を卒業後、愛知県に戻り、弁護士を開業しました。また、民権運動にも積極的に参加し、演説会や集会を組織しました。1880年には、県会議員に当選しました。県会議員としては、地方自治の確立や民権の拡大に尽力しました。 1881年には、国会開設運動に参加し、全国各地を遊説しました。1886年には、第1回衆議院議員総選挙に立候補し、当選しました。衆議院議員としては、民権派のリーダーとして活躍しました。 1890年には、大日本自由党を結成し、党首に就任しました。自由党は、民権派の結集をめざす政党でした。しかし、自由党は1898年に分裂し、卯三郎は自由党を離党しました。 1900年に、立憲政友会を結成し、党首に就任しました。立憲政友会は、自由党と憲政党が合流してできた政党でした。立憲政友会は、民権派と政府派の妥協政党でした。 卯三郎は、1903年に第1次西園寺内閣の文部大臣に就任しました。文部大臣としては、義務教育制度の拡充や教育改革に尽力しました。 1905年に、立憲政友会を離党し、無所属となりました。その後は、主に教育活動に専念しました。1915年に、東京府立一中(現・日比谷高校)の校長に就任しました。校長としては、自由主義教育を推進しました。 1928年に、東京で死去しました。 卯三郎は、自由民権運動の指導者として、日本の民主主義の発展に貢献した人物です。
政治分野の人

「田中祐四郎」

生い立ちと経歴 田中祐四郎は、1990年10月15日に千葉県千葉市で生まれた。父親は元プロ野球選手の田中幸雄、母親は元ソフトボール選手の田中由美子である。祐四郎は幼少期から野球を始め、小学4年生の時に千葉ロッテマリーンズのジュニアチームに入団した。 2009年、祐四郎は市立船橋高等学校に進学した。市立船橋は全国屈指の強豪校であり、祐四郎は1年生からベンチ入りを果たした。2年生の時にエースとなり、2010年の全国高等学校野球選手権大会に出場した。市立船橋はベスト8に進出し、祐四郎は大会屈指の好投手として注目された。 2011年、祐四郎は早稲田大学に進学した。早稲田大学では1年生から登板機会を得て、2年生の時にエースとなった。2013年の全日本大学野球選手権大会で優勝し、祐四郎は大会最優秀選手に選ばれた。 2014年、祐四郎はドラフト1位で北海道日本ハムファイターズに入団した。1年目は16勝を挙げて新人王を獲得し、2年目も二桁勝利を挙げた。しかし、3年目以降は怪我に悩まされ、登板機会が減少した。 2018年、祐四郎は自由契約となり、東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍した。楽天では先発ローテーションに定着し、2019年には10勝を挙げた。 2020年、祐四郎は東京ヤクルトスワローズに移籍した。ヤクルトではリリーフとして起用され、2021年にはリーグ優勝と日本シリーズ優勝に貢献した。 祐四郎は、右投げ右打ちの投手。最速153km/hの直球と、スライダー、チェンジアップ、フォークボールを武器としている。コントロールも良く、奪三振率が高い。
政治分野の人

「尾崎行雄(1)」

-# 尾崎行雄の人物像 尾崎行雄は、明治から昭和初期にかけて活躍した政治家で、立憲民政党の党首を務めた。自由主義と民主主義の理念を掲げ、日本の民主化に尽力した人物として知られている。 尾崎は、1858年に熊本県に生まれた。幼くして両親を亡くし、貧しい生活を送ったが、秀才として知られ、1887年には東京帝国大学法科大学を卒業。卒業後は、法律事務所を開業し、弁護士として活動した。 1890年に第1回衆議院議員総選挙に当選し、政界入りを果たした。尾崎は、立憲政友会の創設メンバーとなり、1912年には党首に就任した。しかし、政友会は、その後分裂し、尾崎は1918年に立憲民政党を結成した。 民政党は、政友会と並ぶ二大政党の一つとなり、尾崎は党首として政界の中枢で活躍した。尾崎は、普選の実施や、労働者の権利の保護など、民主主義の理念に基づく政治を推進した。 尾崎は、1929年に民政党総裁に就任し、1931年には内閣総理大臣に就任した。しかし、尾崎は、わずか半年で総理大臣を辞任した。これは、軍部の台頭や、政党政治の行き詰まりなど、当時の日本の政治情勢が大きく影響していた。 尾崎は、その後も政界で活躍し、1940年に貴族院議員に勅任された。しかし、1945年に戦後に公職追放となり、政界から引退した。尾崎は、1954年に死去した。 尾崎は、自由主義と民主主義の理念を掲げ、日本の民主化に尽力した人物として評価されている。尾崎の功績は、現在の日本の民主主義の礎となっている。
政治分野の人

伊藤憲一→ 大正から昭和時代の労働運動家・政治家

激動の時代を駆け抜けた労働運動家 伊藤憲一は、1891年(明治24年)に岩手県で生まれ、早稲田大学を卒業後、労働運動に参加した。1922年(大正11年)には、日本労働総同盟(略称、総同盟)の結成にかかわり、初代の書記長に就任した。総同盟は、日本の労働者運動をリードする役割を果たしたが、1937年(昭和12年)に解散を余儀なくされた。 伊藤は、総同盟の解散後も、労働運動を続け、1945年(昭和20年)に日本労働組合総評議会(総評)を結成した。総評は、日本最大の労働組合組織となり、日本社会に大きな影響力を持った。伊藤は、総評の初代の委員長に就任し、日本の労働者の権利を守るために尽力した。 伊藤は、1965年(昭和40年)に総評の委員長を退任し、1986年(昭和61年)に亡くなった。伊藤は、激動の時代を駆け抜けた労働運動家であり、日本の労働者の権利を守るために一生を捧げた人物である。 伊藤憲一の功績 伊藤憲一は、日本の労働者運動に大きな功績を残した。その功績は以下の通りである。 ・日本労働総同盟の結成にかかわり、初代の書記長に就任した。 ・日本労働組合総評議会(総評)を結成し、初代の委員長に就任した。 ・日本の労働者の権利を守るために尽力した。 ・日本の労働運動の発展に貢献した。 伊藤憲一は、日本の労働者運動に欠かせない人物であり、その功績は今もなお語り継がれている。
政治分野の人

田健治郎 – 明治-昭和時代前期の官僚,政治家

神奈川・埼玉警察部長から逓信次官へ 田健治郎は、1883年(明治16年)から1885年(明治18年)まで神奈川県警察部長、1885年(明治18年)から1888年(明治21年)まで埼玉県警察部長を歴任しました。警察部長として、治安維持と犯罪捜査にあたりました。 1888年(明治21年)、田健治郎は逓信次官に任命されました。逓信次官として、逓信省の事務を総括し、郵便、電信、電話などの事業の発展に努めました。また、1890年(明治23年)には、日本初の電話交換局を開設しました。 田健治郎は、1892年(明治25年)に逓信次官を辞任し、政界に転身しました。衆議院議員に当選し、逓信大臣や内務大臣を歴任しました。また、1906年(明治39年)には、東京市長に就任しました。 田健治郎は、明治-昭和時代前期の日本の政治家として、大きな役割を果たしました。
政治分野の人

「武富済」

- 明治から昭和時代前期の司法官・政治家 武富済(1855年8月16日 - 1921年1月11日)は、明治から昭和時代前期の司法官、政治家。貴族院議員、司法大臣、内務大臣、文部大臣、大審院長を歴任した。 -# 経歴 愛媛県宇和島藩士・武富善九郎の三男として生まれる。旧制第一高等学校を経て、1881年(明治14年)に東京大学法学部卒業。司法省に入省し、判事として東京、名古屋、大阪などの裁判所に勤務した。1890年(明治23年)に大審院判事に任命され、1898年(明治31年)には司法省参事官に昇進した。1901年(明治34年)には貴族院議員に勅選され、以降2期務めた。 1906年(明治39年)に司法大臣に任命され、1908年(明治41年)まで務めた。司法大臣在任中は、裁判所構成法の改正や裁判官の待遇改善など、司法制度の改革に取り組んだ。1911年(明治44年)には内務大臣に任命され、1912年(大正元年)まで務めた。内務大臣在任中は、警察制度の改革や地方自治制度の整備など、内政の改革に取り組んだ。 1913年(大正2年)に文部大臣に任命され、1914年(大正3年)まで務めた。文部大臣在任中は、学校教育の改革や教育制度の整備など、教育の改革に取り組んだ。1914年(大正3年)には大審院長に任命され、1918年(大正7年)まで務めた。大審院長在任中は、司法制度の改革や裁判官の待遇改善など、司法制度の改革に取り組んだ。 1921年(大正10年)に死去。享年65。
政治分野の人

金子満広:日本の政治家

-レッドパージで解雇されるまでの経歴- 金子満広は、1903年10月10日に東京で生まれました。1928年に東京帝国大学を卒業後、内務省に入省しました。内務省では、地方行政、社会政策などの分野で活躍し、1940年には茨城県知事に就任しました。 茨城県知事として、金子は、戦時体制下の県政を推進し、軍需産業の振興や食糧増産などに尽力しました。また、県内各地を巡回して国民の士気を高める活動も行いました。 終戦後の1945年10月、金子は茨城県知事を辞任し、政界に転身しました。1946年の第22回衆議院議員総選挙に日本自由党から立候補し、当選を果たしました。 国会議員となった金子は、文部大臣や日本社会党書記長などの要職を歴任しました。また、1948年には日本社会党の委員長に就任しました。 しかし、1950年、金子はレッドパージによって国会議員を解職されました。レッドパージとは、戦後、共産主義者や社会主義者を公職から追放する政策のことです。金子は、日本社会党の委員長という立場から、共産主義者や社会主義者と関係があるとみなされ、レッドパージの対象となったのです。 レッドパージによって公職を追われた金子は、政界を引退し、郷里の茨城県に戻りました。そして、農業を営みながら、余生を過ごしました。金子は、1981年12月12日に78歳で亡くなりました。
政治分野の人

「戸塚九一郎」

-「戸塚九一郎」- -官僚としての日々- 戸塚九一郎は、1866年に岡山県に生まれ、東京帝国大学を卒業後、1891年に文官高等試験に合格して、内務省に入省しました。内務省では、地方局長や会計局長などの要職を歴任し、1916年には、内務次官に就任しました。内務次官として、戸塚は、地方自治の拡充や社会政策の推進などに尽力しました。 1918年、戸塚は、原敬内閣の鉄道大臣に任命されました。鉄道大臣として、戸塚は、鉄道の整備や国有化を進め、日本の近代化に貢献しました。1920年、戸塚は、原敬首相の暗殺後に、内務大臣に就任しました。内務大臣として、戸塚は、治安維持法の制定や普選の実施など、日本の政治に大きな影響を与えました。 1922年、戸塚は、内務大臣を辞任し、貴族院議員に勅選されました。貴族院議員として、戸塚は、地方自治や社会政策の拡充に尽力し、1945年に、80歳で死去しました。 戸塚九一郎は、日本の近代化に貢献した官僚であり、政治家でした。内務大臣や鉄道大臣を歴任し、治安維持法の制定や普選の実施など、日本の政治に大きな影響を与えました。
政治分野の人

天野久-政治家の人生と功績

天野久の生涯 天野久は、1895年(明治28年)3月15日、広島県広島市に生まれた。1917年(大正6年)に広島高等師範学校を卒業し、教員として働きながら、政治学を学んだ。1925年(大正14年)、東大法学部政治学科に入学し、1927年(昭和2年)に卒業して大蔵省に入省した。 大蔵省では、主税局調査課で税制改正などに携わり、1937年(昭和12年)には、大蔵次官に就任した。1941年(昭和16年)には、第3次近衛内閣の蔵相に就任し、戦時下の金融政策を担った。 1945年(昭和20年)、終戦後、日本社会党に入党し、第2次吉田内閣の蔵相に就任した。1948年(昭和23年)には、第3次吉田内閣の経済安定本部総裁に就任し、戦後の経済復興政策を主導した。 1949年(昭和24年)、日本社会党書記長に就任し、1951年(昭和26年)には、第3次吉田内閣の副総理に就任した。1954年(昭和29年)には、第4次吉田内閣の総理大臣に就任し、戦後初の社会党政権を実現した。 天野久は、総理大臣在任中に、日ソ共同宣言を締結し、ソ連との国交を回復した。また、経済成長政策を推進し、日本の経済復興に貢献した。1956年(昭和31年)、総理大臣を辞任し、1962年(昭和37年)には、日本社会党委員長に就任した。 天野久は、1963年(昭和38年)11月17日、東京で死去した。享年68歳であった。
政治分野の人

安井吉典 – 政治家として歩んだ時代

北海道東神楽村長から国政へ 安井吉典氏の政治家としてのキャリアは、北海道東神楽村長として始まりました。1985年に村長に就任し、2014年まで務めました。村長時代には、東神楽村を農業と観光の拠点として発展させ、村の財政を改善しました。また、全国町村会長や北海道町村会長も歴任し、地方自治体の発展に尽力しました。 2014年、安井氏は第47回衆議院議員総選挙に北海道7区から立候補し、当選しました。衆議院議員として、農林水産委員会や地方創生委員会で委員を務め、農業、地域活性化、少子高齢化対策などに取り組みました。また、自由民主党農林部会長や道北振興開発推進議員連盟会長としても活動し、北海道の振興に尽力しました。 2017年に実施された第48回衆議院議員総選挙では、北海道7区で落選しましたが、2021年に実施された第49回衆議院議員総選挙で再び当選しました。現在、衆議院議員として農林水産委員会の理事や地方創生委員会の委員を務めており、農業、地域活性化、少子高齢化対策などに取り組んでいます。 安井氏は、農業や地域活性化に精通した政治家であり、北海道の振興に尽力してきました。今後も、政治家として活躍し、北海道の発展に貢献していくことが期待されています。
政治分野の人

平工喜一 – 大正-昭和時代の農民運動家

平工喜一の生い立ちと経歴 平工喜一は、1889年(明治22年)9月17日に、愛知県海部郡六名村(現在の愛知県海部郡弥富市)で、平工喜一郎の長男として生まれた。平工家の先祖は、平安時代末期に尾張国に渡来した武士であったという。喜一の父親は、自作農を営み、村会議員や村長を務めた人物であった。 喜一は、尋常小学校卒業後、農業を営むかたわら、村の青年団活動に参加した。1919年(大正8年)には、村の青年団の代表として、全国青年団大会に出席した。全国青年団大会では、各地の農民運動家の演説を聞き、農民運動に関心を抱くようになった。 1920年(大正9年)、喜一は、村の農民組合の結成に参加し、組合の委員長に選出された。農民組合の委員長として、小作料の引き下げや小作地の自作化を要求する運動を展開した。1922年(大正11年)には、農民運動の強化を目的として、全国農民組合の結成に参加した。全国農民組合の委員長には、賀川豊彦が就任した。 1925年(大正14年)に起こった普通選挙法の改正運動では、喜一は、普通選挙法の改正を要求する運動を展開した。普通選挙法の改正運動は成功し、1928年(昭和3年)に、普通選挙法が改正され、男子25歳以上の男子に選挙権が与えられるようになった。 1931年(昭和6年)に、喜一は、衆議院議員選挙に立候補し、当選した。喜一は、衆議院議員として、小作農保護法の制定や農業基本法の制定に尽力した。1942年(昭和17年)には、翼賛議員同盟の結成に参加し、翼賛議員同盟の事務局長に就任した。 1945年(昭和20年)に、太平洋戦争が終結すると、喜一は、翼賛議員同盟の事務局長を辞任した。1946年(昭和21年)に、日本社会党の結成に参加し、日本社会党の書記長に就任した。1947年(昭和22年)には、衆議院議員選挙に立候補し、当選した。 1950年(昭和25年)に、喜一は、日本社会党を離党し、無所属議員となった。1952年(昭和27年)には、衆議院議員選挙に立候補し、落選した。1955年(昭和30年)に、喜一は、再び衆議院議員選挙に立候補し、当選した。 1960年(昭和35年)に、喜一は、衆議院議員選挙に立候補し、落選した。1963年(昭和38年)に、喜一は、死去した。
政治分野の人

米倉竜也:日本の農業協同組合運動のパイオニア

-米倉竜也日本の農業協同組合運動のパイオニア- -米倉竜也の生い立ちと農業協同組合運動への関与- 米倉竜也は、1874年、新潟県に生まれました。農家の家に生まれ、幼い頃から農業を手伝っていました。20歳の時、農業学校を卒業し、帰郷して農家の経営を始めました。しかし、当時、農家の生活は貧しく、米倉竜也もまた、借金に苦しんでいました。 そんなある日、米倉竜也は、農業協同組合というものを知りました。農業協同組合とは、農家が共同で出資して作った組織で、農家の生活を改善するために様々な事業を行っています。米倉竜也は、農業協同組合に入れば、借金を返すことができるかもしれないと思い、農業協同組合に入会しました。 農業協同組合に入会した米倉竜也は、組合の活動に熱心に取り組みました。組合の役員を務め、農協の事業を拡大するため奔走しました。米倉竜也の努力もあり、農協は順調に発展し、農家の生活も改善されました。 米倉竜也は、農業協同組合運動のパイオニアとして、日本の農業協同組合の発展に貢献しました。米倉竜也の功績は、現在も高く評価されています。
政治分野の人

福井三郎(1857~1935):甲府日日新聞記者から政界へ

明治期のジャーナリストとして 福井三郎は、明治初期に甲府日日新聞の記者として活躍した。同紙は、1874年(明治7年)に創刊された甲府初の新聞で、福井は創刊からまもなく記者として入社した。 福井は、甲府日日新聞記者として、県内のニュースや世論を積極的に報道した。また、同紙に掲載された記事の中には、福井の独創的な視点や鋭い分析が光るものも少なくなかった。 福井のジャーナリストとしての活躍は、甲府日日新聞の発行部数を伸ばし、同紙を県内有数の新聞へと成長させることに貢献した。また、福井の記事は、県民の意識啓発や社会改革への機運醸成にも大きな役割を果たした。 福井は、ジャーナリストとしての実績が認められて、1884年(明治17年)に甲府市議会議員に当選した。その後、1889年(明治22年)には山梨県議会議員に当選し、県政にも参画した。 福井は、政界に進出後も、ジャーナリストとしての活動を続けた。同氏は、1897年(明治30年)に山梨日日新聞を創刊し、同紙の主筆として論陣を張った。 福井三郎は、明治期の山梨県を代表するジャーナリストであり、政治家であった。同氏は、県内のニュースや世論を積極的に報道し、県民の意識啓発や社会改革への機運醸成に大きな役割を果たした。また、同氏は、甲府市議会議員や山梨県議会議員として、県政にも参画し、県民の生活向上に貢献した。
政治分野の人

児玉右二 – 明治-昭和時代前期の新聞経営者,政治家

児玉右二の新聞経営者としての功績 ・早稲田大学創設に協力 児玉右二は、1878年(明治11年)に早稲田大学の前身である「東京専門学校」の創設に協力しました。彼は、学校設立のための資金調達を手伝ったり、講師陣の確保に尽力したりしました。早稲田大学は、その後、日本の私立大学を代表する大学の一つに成長しました。 ・読売新聞社の買収と経営再建 児玉右二は、1891年(明治24年)に読売新聞社を買収しました。当時、読売新聞社は経営難に陥っており、廃刊寸前の状態でした。児玉右二は、新聞社の経営を再建し、読売新聞を日本を代表する新聞の一つに育て上げました。 ・読売新聞の発行回数の増加 児玉右二は、読売新聞の発行回数を増やすことに努めました。1893年(明治26年)には、日刊新聞化を実現しました。1895年(明治28年)には、朝刊と夕刊の発行を開始し、読売新聞を日本で初めて朝夕刊を発行する新聞にしました。 ・全国紙への成長 児玉右二は、読売新聞を全国紙に育て上げました。1898年(明治31年)には、大阪支局を設置し、西日本での発行を開始しました。1906年(明治39年)には、九州支局を設置し、九州での発行を開始しました。これにより、読売新聞は全国紙としての地位を確立しました。 ・新聞経営の近代化 児玉右二は、新聞経営の近代化にも努めました。1911年(明治44年)には、読売新聞社に輪転機を導入しました。輪転機は、新聞の印刷速度を大幅に向上させたため、読売新聞の発行部数を増やすのに貢献しました。また、児玉右二は、読売新聞社の経営陣に専門家を登用し、新聞経営の効率化を図りました。 児玉右二は、日本の新聞界に大きな功績を残した新聞経営者です。彼が読売新聞を経営再建し、全国紙に育て上げたことは、日本の新聞界の発展に大きく貢献しました。
政治分野の人

→ 古荘嘉門(1840-1915)

明治時代の官僚、政治家としての経歴 古荘嘉門は、1840年に薩摩藩(現在の鹿児島県)に生まれました。1869年に明治政府に出仕し、大蔵省や内務省で勤務しました。1881年に元老院議官に任命され、1885年には農商務大臣に就任しました。1888年には内務大臣に就任し、1891年には大隈重信内閣の文部大臣に就任しました。1892年には伊藤博文内閣の農商務大臣に就任し、1894年には松方正義内閣の内務大臣に就任しました。1898年には隈板内閣の内務大臣に就任し、1900年には伊藤博文内閣の文部大臣に就任しました。1901年には桂太郎内閣の内務大臣に就任し、1903年には松方正義内閣の内務大臣に就任しました。1905年には桂太郎内閣の文部大臣に就任し、1906年には西園寺公望内閣の文部大臣に就任しました。1908年には桂太郎内閣の内務大臣に就任し、1911年には西園寺公望内閣の内務大臣に就任しました。1912年には大隈重信内閣の内務大臣に就任し、1913年には山本権兵衛内閣の内務大臣に就任しました。1914年には大隈重信内閣の内務大臣に就任し、1915年に死去しました。 古荘嘉門は、明治時代の日本において、内務大臣、農商務大臣、文部大臣を歴任した政治家です。内務大臣としては、地方自治制度の整備や警察制度の確立に貢献しました。農商務大臣としては、農業や工業の発展に貢献しました。文部大臣としては、教育制度の整備や学校教育の充実を図りました。