表千家流6代千宗左にまなぶ

歴史上の人物

青木如水→ 千家流の茶人

- 生没年不詳の江戸時代中期の茶人 青木如水は、江戸時代中期の茶人である。生没年は不詳だが、寛政4年(1792年)に刊行された『茶道古今伝書』にその名が記されており、この頃にはすでに活躍していたと推測される。 青木如水は、千家流の茶人であり、茶祖・千利休の孫である千宗旦に師事した。千宗旦からは、茶道の奥義を授けられ、茶人としての高い評価を得た。 青木如水は、茶道に関する著書を多く残しており、その中には『青木如水茶書』や『茶道便蒙』などがある。これらの著書は、茶道の基本的な心得や作法について詳しく解説されており、現在でも多くの茶人から愛読されている。 青木如水は、茶人としてだけでなく、書家としても活躍した。その書風は、流麗で繊細であり、多くの書画を遺している。青木如水の書画は、現在でも茶人や書道家から高く評価されている。 青木如水は、茶道と書の両分野で活躍した、江戸時代中期の代表的な文化人である。その功績は大きく、現在でも多くの人々に影響を与えている。 青木如水の茶道の思想は、自然を尊び、茶の湯を通じて人と人とが心を通わせることを大切にするというものであった。また、青木如水は、茶道は単なる作法ではなく、人間性を磨くための修行であると説いた。 青木如水の茶道の思想は、千家流の茶道に大きな影響を与え、現在でも多くの茶人から受け継がれている。また、青木如水の著書は、茶道の基本的な心得や作法を学ぶための貴重な資料として、現在でも多くの人々に読まれている。