装丁家

美術分野の人

佐々木マキ

佐々木マキの生涯 佐々木マキは、1986年1月27日に東京都で生まれた。幼少期から絵を描くことが好きで、高校卒業後は東京藝術大学の油画科に進学した。在学中は、数々の賞を受賞し、その才能を高く評価された。 大学卒業後は、画家として活動を開始。個展やグループ展を開催し、その作品は国内外で高く評価された。また、小説やエッセイの執筆にも取り組み、その才能は多方面にわたった。 2016年、佐々木マキは乳がんを宣告された。しかし、彼女は病魔に負けず、闘病を続けながら創作活動を続けた。2018年には、乳がんとの闘病を綴った著書「闘病日記」を出版。この本は、多くの人々に勇気を与え、大きな反響を呼んだ。 佐々木マキは、2019年10月24日に乳がんのため死去した。享年33歳だった。彼女の死は、多くのファンや関係者に深い悲しみをもたらした。 佐々木マキは、短い生涯ながら、その才能と生き様で多くの人々に影響を与えた。彼女の作品は、これからも人々に愛され続けるだろう。
文学分野の人

吉岡実(1919-1990、詩人)

戦前は応召、戦後は詩壇に再登場 吉岡実は、1919年に福岡県に生まれました。旧制福岡高等学校中退後、応召。敗戦後、詩作を再開。また、1963年には、元日本共産党員の専門家・研究者らが、安保闘争の反省を踏まえ、ベトナム戦争反対闘争、日米原子力協定反対運動、日本のベトナム派兵容認反対を運動方針とする「ベトナムに平和を!市民連合」を結成。その結成に参画しました。1964年には抵抗詩集『兵士たち 戦場へ行く』を刊行。1965年には現代詩手帖賞受賞。1966年には第24回H氏賞受賞。1967年には現代詩花椿賞受賞。1977年には第7回高見順賞受賞。1979年には日本芸術院賞受賞。1984年には現代詩人会賞受賞。 吉岡実の詩は、その圧倒的な量と、戦争体験を基にした骨太な内容で知られています。彼の詩は、戦後日本の詩壇に大きな影響を与え、多くの詩人に敬愛されました。また、吉岡実は、詩人としての活動以外にも、詩の朗読や講演など、積極的に活動しました。彼の詩は、多くの人々に愛され、彼の死後もなお、多くの人に読み継がれています。 吉岡実の詩の特徴は、その圧倒的な量と、戦争体験を基にした骨太な内容にあります。彼の詩は、戦後日本の詩壇に大きな影響を与え、多くの詩人に敬愛されました。また、吉岡実は、詩人としての活動以外にも、詩の朗読や講演など、積極的に活動しました。彼の詩は、多くの人々に愛され、彼の死後もなお、多くの人に読み継がれています。
美術分野の人

青山二郎 – 装丁家・美術評論家の生涯とその功績

-陶器の鑑識家としての評価と功績- 青山二郎は陶器の鑑識家としても高い評価を受けています。彼は、陶磁器に関する多くの著作を残しており、その中には『陶磁器鑑定の基礎知識』『日本の陶磁器』『中国陶磁器史』などがあります。これらの著作は、陶器の鑑識に役立つ有益な情報が満載されており、陶器愛好家や研究者から高く評価されています。 青山二郎は、陶器の鑑識家として、多くの功績を残しました。その功績の一つは、陶器の鑑定方法の確立です。彼は、陶器の鑑定において、器形、釉薬、文様などの要素に着目して鑑定を行う方法を確立しました。この方法は、現代の陶器鑑識においても広く採用されており、青山二郎の功績は非常に大きいです。 青山二郎のもう一つの功績は、陶器の研究と普及に努めたことです。彼は、陶器に関する多くの論文を発表し、陶器の研究と普及に貢献しました。また、彼は陶磁器に関する講演会や展示会を積極的に開催し、陶器の美しさと魅力を多くの人々に伝えました。青山二郎の功績により、陶器は多くの日本人に愛されるようになりました。 青山二郎は、陶器の鑑識家として、多くの評価と功績を残しました。彼は、陶器の鑑定方法の確立と、陶器の研究と普及に努め、陶器の美しさと魅力を多くの人々に伝えました。青山二郎の功績は、現代の陶器鑑識においても大きく影響を与えており、彼は陶磁器界の偉大な功労者として知られています。