観世銕之丞

エンターテインメント

観世銕之丞 – 観世清永の代から始まる観世流シテ方の名跡

-観世清永の代から始まる観世流シテ方の名跡- 観世銕之丞は、観世清永の代から始まる観世流シテ方の名跡である。清永は、観世宗家の第7代当主であり、銕之丞はその長男である。銕之丞は、幼い頃から父から能を学び、若くして頭角を現した。15歳で初舞台を踏み、20歳で観世流シテ方の名跡を襲名した。 銕之丞は、優れた能楽師であり、その芸は世に知られていた。彼は、観世流の伝統を重んじつつも、新しい演出や工夫を加えて、能をより魅力的なものにした。また、能楽の普及にも努め、各地で公演を行った。 銕之丞は、58歳で亡くなった。しかし、その死後も、その芸は弟子たちによって受け継がれ、今日まで伝えられている。観世銕之丞の名跡は、現在、観世清和が襲名している。 -観世清和- 観世清和は、観世銕之丞の孫であり、観世流シテ方の名跡を襲名した能楽師である。彼は、祖父の銕之丞から能を学び、若くして頭角を現した。20歳で初舞台を踏み、25歳で観世流シテ方の名跡を襲名した。 清和は、優れた能楽師であり、その芸は世に知られている。彼は、祖父の銕之丞の芸を継承しつつも、新しい演出や工夫を加えて、能をより魅力的なものにした。また、能楽の普及にも努め、各地で公演を行っている。 清和は、現在、観世銕之丞の名跡を襲名しており、観世流シテ方の家元を務めている。彼は、能楽の伝統を守りつつ、新しい能楽を創造するなど、能楽の発展に努めている。
エンターテインメント

人や能への思いを深く熟考し、繊細で味わい深い芸を展開する能楽師 観世銕之丞

-観世銕之丞の経歴- 観世銕之丞は、1952年東京都生まれ。観世流能楽師、観世元正の四男として生まれる。幼少の頃から能楽に親しみ、1969年、観世銕之丞の名を襲名する。1972年、東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業。1974年、人間国宝・観世寿夫より観世流の家元を継承する。1991年、文化功労者。2002年、日本芸術院会員。 銕之丞は、人間国宝・観世寿夫のもとで、能楽の基礎を学ぶ。1969年、観世銕之丞の名を襲名し、観世流の五世家元となる。1974年、銕之丞は観世寿夫より観世流の家元を継承する。銕之丞は、観世流の伝統を継承しつつ、新しい能楽の創造にも取り組む。1980年、銕之丞は、観世流の分家である銕仙会の創設に参画する。銕仙会は、銕之丞の指導のもと、能楽の新しい創造に取り組む。銕仙会は、銕之丞の指導のもと、能楽の新しい創造に取り組む。銕仙会は、現代的な題材を取り入れた能楽作品の上演や、海外公演など、精力的に活動を行う。 銕之丞は、能楽の公演活動だけでなく、能楽の普及活動にも努めている。銕之丞は、1983年、観世銕之丞賞を創設する。観世銕之丞賞は、能楽の優れた新人俳優に贈られる賞である。銕之丞は、1990年、銕之丞能楽堂を創設する。銕之丞能楽堂は、銕之丞の指導のもと、能楽の新しい創造に取り組む。銕之丞能楽堂は、銕之丞の指導のもと、能楽の新しい創造に取り組む。銕之丞能楽堂は、能楽の公演や、能楽教室など、様々な活動を展開している。 銕之丞は、能楽の伝統を継承しつつ、新しい能楽の創造にも取り組む。銕之丞は、能楽の公演活動だけでなく、能楽の普及活動にも努めている。銕之丞は、能楽の優れた俳優であり、指導者である。銕之丞は、能楽の発展に大きく貢献した。
エンターテインメント

観世銕之丞(2代)について

-# 観世銕之丞(2代)の生涯 観世銕之丞(2代)は、日本の能楽師。観世流シテ方。本名は大野喜久治郎。 1871年、東京市本所区(現・東京都墨田区)に生まれる。父は観世銕之丞(初代)。幼少より観世流の素養を学び、1890年に初舞台を踏む。その後、父から家元を譲られ、1931年に観世銕之丞(2代)を襲名。 襲名後は、観世流の普及に努め、国内外で公演を行う。また、能楽の理論や歴史について多くの著作を残した。 1949年、重要無形文化財保持者に認定される。1950年、東京芸術大学教授に就任。1951年、日本芸術院会員に選出される。 1956年、東京で死去。85歳没。 観世銕之丞(2代)は、能楽界の重鎮として活躍し、観世流の保存と発展に大きな功績を残した。また、能楽の理論や歴史の研究にも貢献し、能楽界の発展に大きな影響を与えた。
エンターテインメント

観世銕之丞(8代) – 能楽師の巨匠

-観世銕之丞(8代) - 能楽師の巨匠- -能楽師観世銕之丞の生涯- 観世銕之丞(8代)は、日本の能楽師。本名は観世元章。幼名は増次。観世流宗家8世。 1922年1月1日、東京都に生まれる。父は観世銕之丞(7代)、母は芝祐子。1932年、父から能を学び始める。1940年、観世銕之丞(7代)の死去により、18歳で観世流宗家を継承する。 戦後、能楽の復興に尽力し、1949年、観世流能楽研究所を設立。1955年、重要無形文化財保持者に指定される。1965年、東京芸術大学教授に就任。1971年、日本芸術院会員に選出される。1976年、紫綬褒章を受章する。 1981年、文化勲章を受章する。1983年、フランス政府からレジオンドヌール勲章オフィシエを受章する。1986年、米国政府からナショナル・メダル・オブ・アーツを受章する。 1990年、東京芸術大学を定年退職。1991年、観世銕之丞(9世)に宗家を譲る。2002年、脳梗塞により逝去。享年80。 観世銕之丞(8代)は、能楽界を代表する名跡であり、その芸は国内外で高く評価された。能楽の復興に尽力し、後進の育成にも力を注いだ。日本の伝統芸能を世界に発信した功績は大きい。
エンターテインメント

観世銕之丞(5代) – 江戸出身の幕末・明治時代の能楽師シテ方

-観世銕之丞(5代)の生涯と業績- 観世銕之丞(5代)は、江戸出身の幕末・明治時代の能楽師シテ方です。一時「観世五郎太夫」を襲名した時期もありました。 1834年(天保5年)に江戸御徒士目付の観世清孝の四男として生まれ、1848年(嘉永元年)に観世銕之丞(4代)の門下に入門しました。1851年(嘉永4年)に初舞台を踏んで能楽師としてデビューし、1864年(元治元年)に観世銕之丞(5代)を襲名しました。 観世銕之丞(5代)は、優れた演技力で知られ、特に女形を得意としました。また、能楽の普及にも尽力し、1871年(明治4年)には東京音楽学校(現在の東京芸術大学)の教授に就任しました。1876年(明治9年)には、欧米諸国を巡回公演して能楽の素晴らしさを世界に紹介しました。 1881年(明治14年)、観世銕之丞(5代)は死去しました。58歳でした。観世銕之丞(5代)の死は、能楽界に大きな衝撃を与え、その業績は今日でも高く評価されています。 観世銕之丞(5代)の代表的な演目は、「道成寺」「石橋」「羽衣」「弱法師」「船弁慶」などです。また、能楽以外の演劇にも出演し、1869年(明治2年)には、歌舞伎座で「勧進帳」の弁慶役を演じました。 観世銕之丞(5代)は、能楽の普及と発展に貢献した偉大な能楽師です。その業績は、今日でも能楽界に大きな影響を与えています。
エンターテインメント

観世栄夫-多才な能楽師と俳優の生涯

観世栄夫-多才な能楽師と俳優の生涯 観世栄夫(1937-2016)は、伝統的な能楽の分野で多大な実績を残し、さらに俳優としても活躍した人物です。 能楽師としての実績 観世栄夫は、京都の能楽の名門「観世流」に生まれ、幼い頃から能を学び始めました。18歳のときに初シテ(演者のひとりで、重要人物)を務め、その才能を早くから発揮しました。 1966年に「人間国宝」に認定され、能楽の分野で最高峰の称号を得ました。観世栄夫は、シテのみならず、ワキ(演者のひとりで、物語の語り手)や囃子方の役も務め、その芸の幅広さと高さを評価されました。 特に、観世栄夫が得意とした演目に「石橋」があります。「石橋」は、高僧が石橋のふもとで、亡くなった妻との思い出に思いを馳せながら、やがて悟りを開くという物語です。観世栄夫は、この演目で、高僧の深い悲しみと悟りの境地を、繊細かつ力強く表現し、観客を魅了しました。 また、観世栄夫は、能楽の普及にも努めました。海外公演やワークショップを開催し、能楽の素晴らしさを世界に発信しました。また、テレビ番組に出演したり、映画や舞台で活躍したりするなど、能楽の枠を超えて活動しました。 観世栄夫は、伝統的な能楽の芸を継承しつつ、新しい表現にも挑戦した多才な能楽師でした。彼の残した功績は、能楽界のみならず、日本の芸能界全体に大きな影響を与えました。