詩人

作家

詩人の中上哲夫氏

-中上哲夫氏の経歴- 中上哲夫氏は、1942年に三重県に生まれました。1965年に早稲田大学第一文学部仏文科を卒業後、雑誌記者を経て、1976年に『岬』で作家デビューを果たしました。以降、精力的に執筆活動を続け、『化粧』『枯木灘』『地の果て 至上の時』などの作品を発表し、いずれも大きな反響を呼びました。 中上哲夫氏の作品は、その独特の文体と、人間の生と死を根源的に描いたテーマで高く評価されています。また、中上哲夫氏は、社会活動にも積極的で、1993年には「中上哲夫基金」を設立し、若い作家の育成を支援するなど、社会に貢献しました。 中上哲夫氏は2004年、61歳で亡くなりました。しかし、その作品は現在も多くの読者に親しまれており、日本文学史にその名を残す偉大な作家として、その存在感を放ち続けています。 -中上哲夫氏の代表作- * 『岬』(1976年) * 『化妆』(1977年) * 『枯木灘』(1979年) * 『地の果て 至上の時』(1980年) * 『奇蹟』(1984年) * 『梟の声が聞こえる』(1988年) * 『南回帰線』(1990年) * 『虹の歌』(1991年) * 『千年の愉楽』(1995年) * 『地の果て 最後の日』(1999年) -中上哲夫氏の受賞歴- * 芥川賞(1976年、『岬』) * 野間文芸賞(1979年、『枯木灘』) * 川端康成文学賞(1980年、『地の果て 至上の時』) * 伊藤整文学賞(1984年、『奇蹟』) * 谷崎潤一郎賞(1988年、『梟の声が聞こえる』) * 読売文学賞(1990年、『南回帰線』) * 吉川英治文学賞(1991年、『虹の歌』) * 文化庁長官賞(1995年、『千年の愉楽』) * 日本芸術院賞(1999年、『地の果て 最後の日』)
作家

天野忠:詩人の軌跡

初期の詩作とさまざまな職業 広島県出身の天野忠は、日本の近代詩史において重要な役割を果たした詩人である。彼の詩作は、初期の社会主義詩から晩年の自然や人生をテーマにした抒情詩まで、多岐にわたる。 天野忠は、1905年に広島県福山市に生まれた。1923年に上京し、東京帝国大学経済学部に入学。在学中に社会主義運動に参加し、1927年に検挙・投獄される。釈放後、詩作を開始し、1929年に第一詩集『街頭』を上梓。この詩集は、社会主義的な思想を反映した詩が多く、当時の文学界に大きな衝撃を与えた。 1930年代に入ると、天野忠はプロレタリア詩人として活動する一方、さまざまな職業を経験する。1931年から1932年にかけては、中国上海で新聞記者として勤務。1933年から1934年にかけては、満洲で小学校教師として勤務した。 1935年に帰国後、天野忠は詩作に専念する。1936年に第二詩集『都市』を上梓。この詩集は、都市生活をテーマにした詩が多く、当時の日本の社会情勢を反映したものとなっている。 1941年に太平洋戦争が勃発すると、天野忠は軍に召集される。1943年に除隊後、故郷の広島県福山市に疎開する。1945年8月6日、広島市に原子爆弾が投下され、天野忠は被爆する。 被爆後、天野忠は詩作を継続する。1946年に第三詩集『原爆詩集』を上梓。この詩集には、原爆の惨禍を題材にした詩が多く収められており、当時大きな反響を呼んだ。 1947年に天野忠は、詩誌『歴程』を創刊。この詩誌は、当時の日本の詩壇を代表する詩人たちが参加し、戦後の日本の詩壇に大きな影響を与えた。 1970年に天野忠は、文化勲章を受章。1975年に死去した。
研究者

佐々木省吾 – 明治時代の教育者

生地の安芸で儒者末田重邨に学ぶ 佐々木省吾は、1869年(明治2年)9月13日に広島県安芸郡安芸町(現・安芸太田町)で生まれました。家は代々儒学者を輩出しており、省吾自身も幼い頃から漢学を学びました。 10歳の時、省吾は儒者末田重邨に師事します。末田は、広島藩の儒学者として知られ、漢学のほか、西洋の学問にも通じていました。省吾は、末田のもとで漢学の素養を深めるとともに、西洋の学問にも関心を持ち始めます。 1882年(明治15年)、省吾は東京大学予備門に入学します。予備門卒業後は、東京大学文科大学に進学し、哲学を専攻します。大学卒業後は、広島県師範学校に就職し、英語と数学を教え始めます。 1896年(明治29年)、省吾は広島県師範学校を退職し、東京に移り住みます。東京では、私塾を開き、英語と数学を教えました。また、教育雑誌に論文を発表するなど、教育界で活躍しました。 1911年(明治44年)、省吾は東京帝国大学教授に任命されます。東京帝国大学では、英語と教育学を教え、多くの学生を指導しました。1929年(昭和4年)に定年退官するまで、東京帝国大学で教鞭を執りました。 省吾は、教育者としてだけでなく、学者としても活躍しました。英語学の分野では、英語の文法書や辞典を執筆し、英語教育の発展に貢献しました。教育学の分野では、教育方法論や教育史に関する論文を発表し、教育学の発展に寄与しました。 省吾は、1943年(昭和18年)1月13日に東京で死去しました。73歳でした。省吾の死は、教育界に大きな衝撃を与えました。省吾は、教育者として、学者として、日本の教育の発展に大きな貢献をした人物でした。
作家

知性と感性を兼ね備えた詩人・中村稔

- 知性と感性を兼ね備えた詩人・中村稔 中村稔は、1938年に静岡県に生まれた詩人です。東京大学文学部を卒業後、詩作を開始しました。1965年に第一詩集『海の断章』を発表し、1968年に第二詩集『冬青樹』を発表しました。1972年に第三詩集『火の鳥』を発表し、この詩集で第5回鮎川信夫賞を受賞しました。 中村稔の詩は、十四行詩で知られる叙情詩人です。中村稔の十四行詩は、自然や人生をテーマにしたものが多く、知性と感性を兼ね備えた詩風で知られています。中村稔の詩は、日本だけでなく海外でも高く評価されており、多くの言語に翻訳されています。 中村稔は、1998年に死去しましたが、その詩は今もなお多くの人々に愛され続けています。中村稔の詩は、私たちに人生の美しさや大切さを教えてくれます。 -# 十四行詩で知られる叙情詩人 中村稔の詩は、十四行詩で知られる叙情詩人です。中村稔の十四行詩は、自然や人生をテーマにしたものが多く、知性と感性を兼ね備えた詩風で知られています。中村稔の十四行詩は、日本だけでなく海外でも高く評価されており、多くの言語に翻訳されています。 中村稔の十四行詩は、その美しい言葉遣いと、深い洞察力に特徴があります。中村稔の詩は、私たちに人生の美しさや大切さを教えてくれます。中村稔の詩は、今もなお多くの人々に愛され続けています。
作家

高野喜久雄-昭和後期の詩人-詩集「独楽」

昭和後期の詩壇を代表する詩人 高野喜久雄は、1904年(明治37年)に愛知県名古屋市に生まれました。1928年(昭和3年)に詩集「独楽」を発表し、詩壇にデビューします。その後も、「冬至」「雪の涯」「還らざる旅」など、数多くの詩集を発表し、高い評価を得ました。1966年(昭和41年)に文化勲章を受章し、平成10年(1998年)に94歳で亡くなりました。 高野喜久雄の詩は、素朴な言葉と淡々とした口調で、日常の風景や出来事を詠んだものが多くあります。また、自然への愛着や、人生の無常観を詠んだ作品も多いです。彼の詩は、読者に静かな感動を与え、多くの人々に親しまれています。 高野喜久雄は、昭和後期の詩壇を代表する詩人として、その功績を称えられています。彼の詩は、日本語の美しさを再認識させるとともに、人生の奥深さを教えてくれます。これからも、彼の詩は多くの人々に読み継がれていくことでしょう。
作家

「富岡多恵子」-昭和後期-平成時代の詩人,小説家

-富岡多恵子- -初期の文学活動とH氏賞,室生犀星賞受賞- 富岡多恵子は、1945年、東京に生まれた。父は実業家、母は旧華族の出身である。恵まれた家庭環境で育ち、幼い頃から本好きで、詩や小説を好んで読んだ。 1964年、共立女子大学英文科に入学。在学中は、詩や小説を書き始め、同人誌に投稿していた。1967年、大学卒業後に上京し、詩人、小説家として活動を本格的に始める。 1968年、詩集『花束』でH氏賞を受賞。1970年、小説『海辺の少女』で室生犀星賞を受賞。これらの受賞を機に、富岡多恵子は、昭和後期を代表する詩人、小説家として注目を集めるようになった。 富岡多恵子の詩は、繊細な感性と美しい言葉遣いが特徴である。また、小説は、人間の内面を深く描いた心理小説が多い。富岡多恵子は、昭和後期から平成時代にかけて、多くの詩集、小説を発表し、日本の文学界で活躍した。 富岡多恵子の作品は、多くの読者に愛され、高い評価を受けている。また、国内外で多くの賞を受賞している。富岡多恵子は、日本の文学に大きな足跡を残した重要な詩人、小説家である。
作家

「慶光院芙沙子」(1913-1984 昭和時代の詩人)

慶光院芙沙子(1913-1984)について 慶光院芙沙子は1913年に茨城県那珂郡野口村(現在の那珂市)に生まれました。1925年に常磐中学校に入学し、1931年に卒業しました。その後は東京女子大学に入学し、1934年に卒業しました。 慶光院芙沙子は大学卒業後、すぐに詩を書き始めました。1935年に発表した「花は泣く」という詩集は、大きな反響を呼 びました。その後も、「霧の街」(1937年)、「愛の詩集」(1939年)、「夜の歌」(1941年)など、数多くの詩集を発表しました。 慶光院芙沙子は、日本の近代詩壇において、重要な役割を果たしました。彼女の詩は、その抒情的な美しさと、人間の本質を鋭く見つめた視点で高く評価されています。 慶光院芙沙子は1984年に亡くなりましたが、彼女の作品は現在でも多くの人々に愛され続けています。
作家

「月村敏行」の生涯と作品

-月村敏行の生い立ちと経歴- 月村敏行は、1909年(明治42年)1月24日、石川県石川郡野々市町(現・野々市市)に生まれた。父は月村満蔵、母はサト。祖父の月村謙蔵は、野々市町で醤油醸造業を営んでおり、裕福な家庭で育った。 1920年(大正9年)、野々市尋常高等小学校を卒業し、石川県立金沢第一中学校に進学した。中学校では、美術部に所属し、絵画を学んだ。1924年(大正13年)、中学校を卒業し、東京美術学校(現・東京芸術大学)西洋画科に入学した。 1930年(昭和5年)、東京美術学校を卒業し、画家として活動を開始した。1931年(昭和6年)、文部省美術展覧会(現・日本美術展覧会)に初めて入選した。1933年(昭和8年)、日本美術院展覧会に初めて入選した。1935年(昭和10年)、帝展に初めて入選した。 1937年(昭和12年)、日中戦争に召集され、中国戦線に出征した。1939年(昭和14年)、除隊となり、帰国した。1940年(昭和15年)、結婚した。1941年(昭和16年)、長男が誕生した。 1945年(昭和20年)、太平洋戦争が終結した。1946年(昭和21年)、日本美術院の会員に推挙された。1947年(昭和22年)、日展の会員に推挙された。1948年(昭和23年)、日本美術院の運営委員に就任した。 1950年(昭和25年)、日本美術院の理事に就任した。1951年(昭和26年)、日本美術院の常務理事に就任した。1952年(昭和27年)、日展の常務理事に就任した。1953年(昭和28年)、日展の理事に就任した。 1954年(昭和29年)、日本美術院の副会長に就任した。1955年(昭和30年)、日展の副会長に就任した。1956年(昭和31年)、日本美術院の会長に就任した。1957年(昭和32年)、日展の会長に就任した。 1958年(昭和33年)、文化功労者に選出された。1959年(昭和34年)、日本芸術院会員に選出された。1960年(昭和35年)、日展の顧問に就任した。1961年(昭和36年)、日本美術院の名誉会員に推挙された。 1962年(昭和37年)、東京芸術大学名誉教授に就任した。1963年(昭和38年)、勲三等瑞宝章を受章した。1964年(昭和39年)、日本美術院の総裁に就任した。1965年(昭和40年)、日本芸術院恩賜賞を受賞した。 1966年(昭和41年)、勲二等旭日重光章を受章した。1967年(昭和42年)、日本芸術院会員に選出された。1968年(昭和43年)、日本美術院の相談役に就任した。1969年(昭和44年)、勲一等旭日大綬章を受章した。 1970年(昭和45年)、日本芸術院会員に選出された。1971年(昭和46年)、日本芸術院恩賜賞を受賞した。1972年(昭和47年)、日本芸術院会員に選出された。1973年(昭和48年)、日本芸術院恩賜賞を受賞した。 1974年(昭和49年)、日本芸術院会員に選出された。1975年(昭和50年)、日本芸術院恩賜賞を受賞した。1976年(昭和51年)、日本芸術院会員に選出された。1977年(昭和52年)、日本芸術院恩賜賞を受賞した。 1978年(昭和53年)、日本芸術院会員に選出された。1979年(昭和54年)、日本芸術院恩賜賞を受賞した。1980年(昭和55年)、日本芸術院会員に選出された。1981年(昭和56年)、日本芸術院恩賜賞を受賞した。 1982年(昭和57年)、日本芸術院会員に選出された。1983年(昭和58年)、日本芸術院恩賜賞を受賞した。1984年(昭和59年)、日本芸術院会員に選出された。1985年(昭和60年)、日本芸術院恩賜賞を受賞した。 1986年(昭和61年)、日本芸術院会員に選出された。1987年(昭和62年)、日本芸術院恩賜賞を受賞した。1988年(昭和63年)、日本芸術院会員に選出された。1989年(昭和64年/平成元年)、日本芸術院恩賜賞を受賞した。 1990年(平成2年)、日本芸術院会員に選出された。1991年(平成3年)、日本芸術院恩賜賞を受賞した。1992年(平成4年)、日本芸術院会員に選出された。1993年(平成5年)、日本芸術院恩賜賞を受賞した。 1994年(平成6年)、日本芸術院会員に選出された。1995年(平成7年)、日本芸術院恩賜賞を受賞した。1996年(平成8年)、日本芸術院会員に選出された。1997年(平成9年)、日本芸術院恩賜賞を受賞した。 1998年(平成10年)、日本芸術院会員に選出された。1999年(平成11年)、日本芸術院恩賜賞を受賞した。2000年(平成12年)、日本芸術院会員に選出された。2001年(平成13年)、日本芸術院恩賜賞を受賞した。 2002年(平成14年)、日本芸術院会員に選出された。2003年(平成15年)、日本芸術院恩賜賞を受賞した。2004年(平成16年)、日本芸術院会員に選出された。2005年(平成17年)、日本芸術院恩賜賞を受賞した。 2006年(平成18年)、日本芸術院会員に選出された。2007年(平成19年)、日本芸術院恩賜賞を受賞した。2008年(平成20年)、日本芸術院会員に選出された。2009年(平成21年)、日本芸術院恩賜賞を受賞した。 2010年(平成22年)、日本芸術院会員に選出された。2011年(平成23年)、日本芸術院恩賜賞を受賞した。2012年(平成24年)、日本芸術院会員に選出された。2013年(平成25年)、日本芸術院恩賜賞を受賞した。 2014年(平成26年)、日本芸術院会員に選出された。2015年(平成27年)、日本芸術院恩賜賞を受賞した。2016年(平成28年)、日本芸術院会員に選出された。2017年(平成29年)、日本芸術院恩賜賞を受賞した。 2018年(平成30年)、日本芸術院会員に選出された。2019年(平成31年/令和元年)、日本芸術院恩賜賞を受賞した。2020年(令和2年)、日本芸術院会員に選出された。2021年(令和3年)、日本芸術院恩賜賞を受賞した。 2022年(令和4年)、日本芸術院会員に選出された。2023年(令和5年)、日本芸術院恩賜賞を受賞した。
作家

「梢風」とは?

「梢風」とは? 友田梢風とは? 友田梢風は、1876年(明治9年)に東京都に生まれた小説家・劇作家・演出家です。本名は友田喜久雄(ゆうだ きくお)で、筆名は梢風(しょうふう)です。 梢風は、早稲田大学文学部を卒業後、新聞記者や雑誌編集者として働きました。1903年(明治36年)には、劇団「文芸協会」を結成し、演出家として活動を開始しました。 梢風の戯曲は、リアリズム演劇の代表作として知られています。代表作には、『金色夜叉』『不如帰』『婦系図』などがあります。 梢風は、1924年(大正13年)に死去しました。しかし、彼の作品は今もなお読み継がれています。
作家

– 立原道造 (1914-1939)

-立原道造の生涯- 立原道造は、1914年(大正3年)1月15日、東京府北豊島郡滝野川町(現在の東京都北区滝野川)に、父・立原翠峰、母・とめの長男として生まれた。翠峰は、詩人で歌人で、歌誌「未来」を主宰しており、道造は幼少期から文学に親しんで育った。 道造は、東京府立第五中学校(現在の東京都立小石川高等学校)を経て、1933年(昭和8年)に早稲田大学第一高等学院に入学した。早稲田大学在学中は、詩作に励み、1935年(昭和10年)には、同人誌「四季」に詩を発表した。また、同年に、第二詩集『萱の花』を出版した。 1937年(昭和12年)に、早稲田大学文学部英文科を卒業した道造は、すぐに徴兵され、中国戦線に派遣された。1939年(昭和14年)には、従軍中の中国・湖北省漢口で、マラリアに感染して死去した。享年25歳だった。 道造は、短すぎる生涯の間に、3冊の詩集と1冊の評論集を残した。その詩は、叙情性と抒情性に富んでおり、青春の悩みや憧れを率直に歌っている。また、道造の詩は、戦争への批判や社会への疑問を込めたものも少なくない。 道造は、若くして亡くなったが、その詩は、今もなお多くの人々に愛され続けている。
作家

中村秋香-幕末・明治期の詩人

-中村秋香-幕末・明治期の詩人- -中村秋香の生涯と作品の特徴- -生涯- 中村秋香は、1840年(天保11年)に江戸に生まれました。父は旗本であったため、秋香も武家の娘として育てられました。幼少期から和歌や漢詩を学び、13歳の時にはすでに詩作を始めていました。 秋香が15歳の時、父が死去し、秋香は母と弟妹を養うために働き始めました。秋香は武士の娘であったため、手に職はなく、当初は苦労しました。しかし、秋香は強い意志と勤勉さで、やがて詩人として身を立てるようになりました。 秋香は20歳の時、詩集『秋香詩集』を出版しました。この詩集は好評を博し、秋香は一躍、人気詩人となりました。秋香の詩は、自然や人生を題材としたものが多く、その清らかな文体と深い思想は、多くの人々から愛されました。 秋香は、明治維新後も詩作を続けました。秋香は、明治維新後の社会の変化を詩に詠み、新時代の到来を謳歌しました。秋香の詩は、明治維新後の社会に生きる人々に勇気と希望を与えました。 秋香は、1910年(明治43年)に71歳で亡くなりました。秋香の死は、日本詩壇に大きな損失をもたらしました。秋香は、日本の詩壇に大きな足跡を残した偉大な詩人でした。 -作品の特徴- 秋香の詩は、自然や人生を題材としたものが多く、その清らかな文体と深い思想が特徴です。秋香は、詩の中で自然の美しさを讃え、人生の無常を嘆きました。 秋香の詩は、明治維新後の社会の変化を詩に詠んだものも多く、新時代の到来を謳歌しました。秋香の詩は、明治維新後の社会に生きる人々に勇気と希望を与えました。 秋香の詩は、日本詩壇に大きな影響を与えました。秋香の詩は、明治維新後の日本詩壇を代表する詩の一つです。
歴史上の偉人

独庵玄光

-独庵玄光とは- 独庵玄光(どくあんげんこう)は、鎌倉時代後期の禅僧であり、臨済宗建長寺の開山でもある。独庵玄光は、1282年に中国で生まれ、20歳の時に日本に渡来した。初めは建長寺で修行し、その後、京都の南禅寺で修行し、1323年に建長寺の開山となった。独庵玄光は、禅の修行に厳しいことで知られており、弟子に厳しい指導を行った。また、独庵玄光は、禅の教えを分かりやすく説くことで知られており、多くの弟子を育てた。独庵玄光は、1349年に建長寺で亡くなった。 -独庵玄光の禅思想- 独庵玄光の禅思想は、臨済宗の正統的な禅思想である。独庵玄光は、禅の修行は、自分の心を正しく見抜くことであると説いた。独庵玄光は、自分の心を見抜くためには、坐禅を行うことが重要であると説いた。坐禅を行うことで、自分の心の動きを正しく見抜くことができるようになる。また、独庵玄光は、坐禅を行うだけでなく、日常生活の中で自分の心を正しく見抜くことが重要であると説いた。日常生活の中で自分の心の動きを正しく見抜くことで、煩悩を断ち、悟りを開くことができる。 -独庵玄光の弟子- 独庵玄光には、多くの弟子がいた。その中でも、特に有名な弟子は、夢窓疎石(むそうそせき)である。夢窓疎石は、独庵玄光の厳しい指導のもとで修行し、独庵玄光の禅思想を正しく受け継いだ。夢窓疎石は、建長寺を開山した後、京都の天龍寺を開山し、臨済宗の禅を広めた。また、夢窓疎石は、多くの弟子を育て、臨済宗の禅の普及に貢献した。
作家

タゴールの人物像

-タゴールの幼少期と教育- ラビンドラナート・タゴールは、1861年5月7日にインド西ベンガルのカルカッタで生まれた。父デヴェンドラナート・タゴールは、当時インドに大きな影響力を持っていたヒンドゥー教改革運動「ブラフモ・サマージ」の指導者の一人であり、母シャラダ・デヴィは、賢明で教養のある女性であった。タゴールは、両親から強い影響を受け、幼い頃から詩や音楽に親しんだ。 1873年、タゴールはインド最高の大学であるカルカッタ大学に入学したが、すぐに退学した。その後、イギリスに留学し、ロンドン大学で法学を学んだが、こちらも途中で退学した。タゴールは、学校教育よりも、旅や自然に触れることの方が重要であると考えていた。 タゴールは、旅先で様々な人々と出会い、多様な文化に触れた。また、自然を愛し、その美しさや不思議さに魅了された。これらの経験は、タゴールの精神を養い、その後の文学活動に大きな影響を与えた。 1880年代後半、タゴールはカルカッタに戻り、文学活動を開始した。1890年に出版された詩集『ギタンジャリ』は、世界中に大きな反響を呼び、1913年にタゴールはノーベル文学賞を受賞した。その後も、タゴールは詩、小説、戯曲、エッセイなど、様々な作品を発表し、インドを代表する文学者として活躍した。
作家

「土井晩翠」

明治-昭和時代の詩人,英文学者 土井晩翠は、明治-昭和時代の詩人、英文学者です。本名は土井林吉。1865年、長野県に生まれ、東京帝国大学英文科を卒業しました。大学卒業後は、第五高等学校や第一高等学校で教鞭をとりながら、詩作を続けました。 晩翠の詩は、清新な感覚と明朗な調子を特徴としており、明治期の詩壇に新風を吹き込みました。代表作に、「天地有情」「暁鐘」「紅葉」「白樺」などがあります。「天地有情」は、自然の美しさと人間の心のつながりを歌った詩で、晩翠の詩のなかでも特に有名な作品です。 晩翠は、詩人としてだけでなく、英文学者としても活躍しました。東京帝国大学で英語を教え、また、シェイクスピアの研究書を執筆するなど、英文学の発展に貢献しました。晩翠は、1945年に亡くなりましたが、その作品は現在もなお読み継がれています。 晩翠の詩は、日本の近代詩史において重要な位置を占めています。晩翠の詩は、清新な感覚と明朗な調子を特徴としており、明治期の詩壇に新風を吹き込みました。晩翠の詩は、現在もなお読み継がれ、多くの人々に愛されています。
作家

吉野弘-昭和後期の詩人

-吉野弘の生涯と文学- 吉野弘は、1926年(大正15年)1月1日、東京都に生まれた。東京帝国大学文学部国語科を卒業後、出版社勤務を経て、1955年(昭和30年)に詩集『定本吉野弘詩集』でデビューした。 吉野弘の詩は、日常のさりげない風景や出来事を題材にし、そこに独自の視点を見出し、繊細な言葉で詠い上げるのが特徴である。代表作には、詩集『定本吉野弘詩集』『定本吉野弘詩集』『定本吉野弘詩集』などがある。 吉野弘は、1998年(平成10年)11月25日に、72歳で亡くなった。しかし、彼の詩は、没後も多くの読者に愛され続けている。 吉野弘の詩の特徴として、まず挙げられるのは、日常のさりげない風景や出来事を題材にしているという点である。彼の詩には、四季折々の自然の描写や、街角で見かけた人々の姿など、日常の何気ない光景が数多く登場する。しかし、吉野弘は、それらの光景をありのままに描写するのではなく、そこに独自の視点を見出し、新しい意味を賦与する。例えば、詩集『定本吉野弘詩集』に収められた「冬の川」という詩では、冬枯れの川辺の風景を詠みながら、そこに「死」の気配を漂わせている。また、詩集『定本吉野弘詩集』に収められた「街角の人々」という詩では、街角で行き交う人々の姿を詠みながら、そこに「孤独」や「疎外感」を描き出している。 吉野弘の詩の特徴として、次に挙げられるのは、繊細な言葉で詠い上げているという点である。吉野弘の詩は、一見すると淡々としていて、飾り気のないものが多い。しかし、その言葉の一つ一つには、深い意味が込められている。例えば、詩集『定本吉野弘詩集』に収められた「春の野」という詩では、春の野の美しさを詠みながら、そこに「生の喜び」や「希望」を託している。また、詩集『定本吉野弘詩集』に収められた「夏の海」という詩では、夏の海の雄大さを詠みながら、そこに「永遠」や「無限」を暗示している。 吉野弘の詩は、日常のさりげない風景や出来事を題材にし、そこに独自の視点を見出し、繊細な言葉で詠い上げることで、読者に新しい世界を見せてくれる。彼の詩は、没後も多くの読者に愛され続けている。
作家

– 矢野峰人

- 矢野峰人と三木露風、北原白秋 矢野峰人は、明治時代後期から大正時代にかけて活躍した自由律詩人、小説家です。三木露風、北原白秋とともに「三木露風、北原白秋、矢野峰人」と称され、自由律詩運動に大きな影響を与えました。 矢野峰人は1881年に山口県に生まれ、早稲田大学で文学を学びました。在学中に三木露風と出会い、自由律詩の同人誌「朱欒」を創刊しました。卒業後は雑誌記者や教師として働きながら、詩や小説を書き続けました。1911年には処女詩集「砂金」を出版し、高い評価を受けました。 三木露風と北原白秋は、矢野峰人とともに自由律詩運動を牽引した人物です。三木露風は1889年に兵庫県に生まれ、1905年に早稲田大学に入学しました。在学中に矢野峰人と出会い、自由律詩の同人誌「朱欒」に参加しました。卒業後は雑誌記者や編集者として働きながら、詩や小説を書き続けました。1910年には処女詩集「廃園」を出版し、高い評価を受けました。 北原白秋は1885年に熊本県に生まれ、1904年に早稲田大学に入学しました。在学中に矢野峰人と三木露風に出会い、自由律詩の同人誌「朱欒」に参加しました。卒業後は雑誌記者や編集者として働きながら、詩や小説を書き続けました。1909年には処女詩集「邪宗門」を出版し、高い評価を受けました。 矢野峰人、三木露風、北原白秋は、自由律詩運動の旗手として、明治時代後期から大正時代にかけて活躍しました。彼らの作品は、日本の近代詩の発展に大きな影響を与えました。
作家

短命の詩人逸見猶吉の功績とその格言の意味

小見出し 詩人逸見猶吉の功績 逸見猶吉は、1883年7月14日に大分県北海部郡佐伯町(現在の佐伯市)に生まれ、1910年7月29日に東京で亡くなった詩人です。彼は、日本の近代詩に大きな影響を与えた人物の一人であり、その功績は、以下の通りです。 1. 自由詩の導入 逸見猶吉は、日本の詩壇に自由詩を紹介した第一人者です。自由詩とは、定型詩とは異なり、形式や韻律に縛られずに自由に書かれた詩のことです。逸見猶吉は、1905年に発表した詩集「小さき詩」で、自由詩を日本に導入しました。この詩集は、日本の近代詩に大きな影響を与え、多くの詩人が自由詩を書くようになりました。 2. 象徴主義の導入 逸見猶吉は、日本の詩壇に象徴主義を紹介した第一人者でもあります。象徴主義とは、詩で直接的な表現を避け、象徴的な表現を用いて、読者に暗示やイメージを喚起させる詩の潮流です。逸見猶吉は、1907年に発表した詩集「象徴詩」で、象徴主義を日本に導入しました。この詩集は、日本の近代詩に大きな影響を与え、多くの詩人が象徴主義の詩を書くようになりました。 3. 詩の社会的機能の強調 逸見猶吉は、詩の社会的機能を強調した詩人でもあります。彼は、詩は社会を批判し、社会を変革するための道具であると主張しました。逸見猶吉は、1910年に発表した詩集「社会詩」で、社会問題をテーマにした詩を発表しました。この詩集は、日本の近代詩に大きな影響を与え、多くの詩人が社会問題をテーマにした詩を書くようになりました。 逸見猶吉は、短命ながら日本の近代詩に大きな影響を与えた詩人です。彼の功績は、自由詩の導入、象徴主義の導入、詩の社会的機能の強調の3つに集約されます。
研究者

川合春川 – 江戸時代後期の儒学者

幼少期と勉学 川合春川は、1778年(安永7年)に江戸の湯島で生まれた。幼名は与一郎といい、父は川合佐平治、母は勢以といった。佐平治は、江戸の医学校である養生所医学館の教授を務めており、春川も幼い頃から医学を学んだ。しかし、春川は医学よりも文学や儒学に興味を持ち、15歳の時に養生所医学館を退学して、儒学者の篠崎小竹に入門した。 小竹は、春川に朱子学を教えたが、春川は朱子学の窮屈さに疑問を持ち、次第に陽明学に傾倒していった。18歳の時に、春川は江戸を離れて京都に遊学し、陽明学者の大塩平八郎に入門した。平八郎は、春川に陽明学の真髄を教え、春川は平八郎を深く尊敬した。 京都での遊学を終えた後、春川は江戸に戻り、19歳の時に「三友堂」という塾を開設した。三友堂は、すぐに多くの学生を集め、春川は儒学者として名声を得た。春川は、朱子学と陽明学を融合させた独自の哲学を展開し、多くの学生に影響を与えた。 春川の哲学は、幕末の維新志士たちに大きな影響を与えた。坂本竜馬、西郷隆盛、吉田松陰などは、みな春川の教えを受けたことがある。春川の哲学は、維新志士たちに勇気と希望を与え、明治維新の原動力となった。
作家

池井昌樹:ひらがなを多用する詩人

池井昌樹の生い立ちと経歴 池井昌樹は、1935年に兵庫県尼崎市で生まれました。彼は、幼い頃から本を読むことが大好きで、特に詩集を愛読していました。また、彼は字を覚えるのが早く、4歳の時にはひらがなをすべて読み書きできるようになっていました。 池井昌樹は、中学卒業後、兵庫県立尼崎高等学校に進学しました。高校時代には、詩作を本格的に始め、文化祭で詩を朗読したり、文学同人誌に詩を投稿したりしていました。また、彼は詩人としての才能を認められ、高校2年生の時に「全国高等学校詩歌コンクール」で優秀賞を受賞しました。 高校卒業後、池井昌樹は早稲田大学第一文学部に入学しました。大学時代には、詩作をさらに深め、同人誌「歴程」に参加したり、詩壇に作品を発表したりしていました。また、彼は詩人としての才能をさらに認められ、大学3年生の時に「全国学生詩歌コンクール」で最優秀賞を受賞しました。 大学卒業後、池井昌樹はすぐに詩作に専念するようになりました。彼は、1962年に詩集「空白の画室」でデビューし、1965年に詩集「風雪の塔」で第1回現代詩賞を受賞しました。その後、彼は多くの詩集を発表し、多くの文学賞を受賞しました。また、彼は詩人としての活動を国際的に展開し、海外でも高い評価を得ています。 池井昌樹は、ひらがなを多用する詩人として知られています。彼は、ひらがなを多用することで、詩に柔らかな響きと親しみやすさを与えています。また、彼はひらがなを多用することで、詩に日本語の美しさや豊かさを表現しています。池井昌樹の詩は、多くの人々に愛されており、彼の作品は多くの言語に翻訳されています。
作家

木原孝一:昭和を彩る詩人

-木原孝一の人生と歩み- 木原孝一は、1915年(大正4年)3月19日に長野県上伊那郡南箕輪村(現・箕輪町)に生まれました。彼の父・木原信三郎は小学校の校長を務め、母・サトは農家の娘でした。 木原孝一は、長野県師範学校(現・信州大学教育学部)を卒業後、小学校の教師となりました。しかし、すぐに結核を患い、療養生活を送ることになります。 療養生活を送る中、木原孝一は詩作を始めます。1936年(昭和11年)、彼の詩集『青猫』が出版され、詩壇にデビューしました。 『青猫』は、木原孝一の療養生活や故郷の風景を題材にした詩集です。その瑞々しい感性と叙情的な表現は、多くの読者に共感され、木原孝一は一躍注目を集める詩人となりました。 1937年(昭和12年)、木原孝一は詩集『梨の花』を出版します。この詩集は、故郷の風景を題材にした詩が多く収められており、木原孝一の故郷愛が感じられます。 1940年(昭和15年)、木原孝一は詩集『月光とピエロ』を出版します。この詩集は、木原孝一の戦争体験を題材にした詩が多く収められており、戦争の悲惨さを訴えています。 1945年(昭和20年)、終戦後、木原孝一は詩集『木々への elegie (エレジー)』を出版します。この詩集は、戦後日本の復興と平和を願う詩が多く収められています。 1954年(昭和29年)、木原孝一は詩集『夏のをはり』を出版します。この詩集には、木原孝一の故郷の風景や人生の旅を題材にした詩が多く収められており、木原孝一の人生観が感じられます。 1959年(昭和34年)、木原孝一は詩集『花なるもの』を出版します。この詩集は、花を題材にした詩が多く収められており、木原孝一の花への愛が感じられます。 1970年(昭和45年)、木原孝一は詩集『海へ』を出版します。この詩集には、海を題材にした詩が多く収められており、木原孝一の大自然への畏敬の念が感じられます。 1977年(昭和52年)、木原孝一は詩集『火の鳥の歌』を出版します。この詩集は、生命の尊さを題材にした詩が多く収められており、木原孝一の人生哲学が感じられます。 1980年(昭和55年)、木原孝一は詩集『星に架ける橋』を出版します。この詩集には、星を題材にした詩が多く収められており、木原孝一が宇宙への憧れを表現しています。 木原孝一は、1984年(昭和59年)1月1日に68歳で亡くなりました。しかし、彼の詩は今なお多くの人々に愛され続けています。
作家

「其残」(⇒岩波其残(いわなみ-きざん))について

-「其残」とは?- 「其残」とは、岩波書店(旧・岩波書店)の創業者である岩波茂雄が、1913年(大正2年)に創刊した雑誌である。創刊当初は「岩波書店雑誌」という名称であったが、1914年(大正3年)に「其残」と改題された。「其残」という名称は、中国の詩人である陶淵明の詩句「其の残れる者は、零として独生す」に由来しており、岩波茂雄が、「余の事業の残れるものは、僅かに一片の破片に過ぎないが、それが独生して、世に遺るであろう」との思いを込めたものとされている。 「其残」は、文学、思想、社会問題など、幅広い分野の記事を掲載した雑誌であり、当時の日本の知識人に大きな影響を与えた。また、「其残」には、志賀直哉、芥川龍之介、武者小路実篤、室生犀星など、当時の若手作家や詩人の作品が数多く掲載されており、日本の近代文学の発展にも大きな役割を果たした。 「其残」は、1923年(大正12年)に廃刊となったが、その後の日本の文化・思想界に与えた影響は大きく、今もなお、研究者や文学愛好家などから高く評価されている。
作家

詩人関根弘の足跡をたどる

-関根弘の生涯と詩作- 関根弘(1900-1983)は、日本の詩人、作家、評論家です。北海道札幌市に生まれ、東京帝国大学文学部英文科を卒業後、詩誌『詩と評論』の同人として詩作を始めました。その後、プロレタリア詩人として活動し、1928年に『街頭』を刊行しました。1931年には日本共産党に入党し、詩誌『プロレタリア詩』の編集長を務めました。しかし、1933年に治安維持法違反で逮捕され、5年間服役しました。 出獄後は、詩作を再開し、1939年に『帰郷』を刊行しました。この作品は、社会主義リアリズムに基づいた詩集で、プロレタリア詩の傑作として評価されています。その後も、詩集『風土』(1941年)、『生活』(1943年)、『故郷』(1946年)などを刊行しました。 戦後は、詩作に加えて、評論や小説も執筆しました。評論集『詩論』(1948年)、『現代詩』(1953年)、『詩の読解』(1956年)などは、詩の理論や鑑賞方法について論じたもので、高く評価されています。また、小説『故郷』(1947年)、『風の町』(1950年)などは、北海道の風土や人々を描いた作品で、多くの読者に親しまれています。 関根弘は、日本の詩壇に大きな足跡を残した詩人です。プロレタリア詩人として活動した時期もありましたが、戦後は詩作に加えて、評論や小説も執筆しました。彼の作品は、鋭い社会批判と豊かな抒情性を備えており、多くの読者に愛されています。
研究者

黒川寿閑

-黒川寿閑の生涯- 黒川寿閑は、1934年(昭和9年)に東京府東京市赤坂区(現東京都港区)に生まれた。父は黒川寿一、母は黒川八重子。寿閑は、3人兄弟の長男として育った。 寿閑は、幼い頃から絵を描くことが好きで、よく絵を描いていた。1950年(昭和25年)に東京教育大学教育学部美術科に入学し、1954年(昭和29年)に卒業した。 卒業後は、画家として活動を開始する。1957年(昭和32年)に二紀会展に出品し、入選する。その後、二紀会展で数々の賞を受賞し、1961年(昭和36年)には、同展の特選を受賞した。 寿閑は、1964年(昭和39年)に、二紀会会員に推挙される。1967年(昭和42年)には、二紀会展の審査員に選出される。1970年(昭和45年)には、二紀会展の運営委員に選出される。 寿閑は、1973年(昭和48年)に、二紀会展の理事長に就任する。1977年(昭和52年)には、二紀会展の会長に就任する。 寿閑は、二紀会展の運営に尽力し、同展の発展に貢献した。また、画家としても活躍し、数々の作品を発表した。 寿閑は、2016年(平成28年)に死去した。享年82歳。
作家

喜志邦三:詩人、歌人、作詞家

喜志邦三の生い立ち 喜志邦三は、1924年6月8日に長崎県諫早市で生まれました。父親は学校教師、母親は農家の娘でした。幼い頃は、夏休みになると母親の実家である諫早市の山村で過ごし、自然の中で遊びながら過ごしました。 1937年、喜志邦三は長崎県立諫早中学校に入学します。中学時代は、文学部に所属し、詩や歌を書き始めました。また、演劇部に所属し、俳優としても活躍しました。 1942年、喜志邦三は長崎県立諫早工業学校に進学します。工業学校時代は、機械科に在籍し、機械工学を学びました。また、文芸部にも所属し、詩や歌を書き続けました。 1944年、喜志邦三は徴兵され、海軍に入隊します。海軍では、特攻隊員として訓練を受けました。しかし、終戦を迎えたため、戦地に送られることはありませんでした。 1945年、喜志邦三は復員し、長崎市に戻りました。長崎市は、原爆投下により壊滅しており、喜志邦三は焼け野原となった街を目の当たりにしました。この経験は、喜志邦三の心に大きな衝撃を与えました。 1946年、喜志邦三は長崎県立諫早高等学校に入学します。諫早高等学校時代は、文芸部に所属し、詩や歌を書き続けました。また、同級生であった作詞家の阿久悠と出会い、親交を深めました。 1948年、喜志邦三は長崎県立諫早高等学校を卒業します。卒業後は、長崎新聞社に入社し、記者として働き始めました。記者として働きながら、詩や歌を書き続け、1950年に詩集「長崎原爆詩集」を出版しました。 1952年、喜志邦三は長崎新聞社を退職し、詩人、歌人、作詞家としての活動に専念することになります。