貞観12年

歴史上の人物

忠範王 – 平安時代前期の皇族

忠範王の生涯 忠範王(ただのりおう)は、平安時代前期の皇族であり、仁明天皇の第三皇子である。母は源清子。 仁明天皇は忠範王を皇太子とし、忠範王が即位すれば、その父である仁明天皇は天皇として退位することが決まっていた。しかし、忠範王の母である源清子は皇族ではなく、このことが忠範王の即位への障害となった。 858年、忠範王の異母兄である文徳天皇が崩御し、仁明天皇の第四皇子である清和天皇が即位した。忠範王は皇太子として清和天皇を補佐したが、876年に失脚し、左大臣に左遷された。 881年、忠範王は清和天皇から皇太子に復位したが、884年に死去した。享年40歳。 忠範王は、皇族でありながら、左大臣に左遷されたり、皇太子に復位したりと、波瀾万丈な人生を送った。
歴史上の人物

卜部乙屎麻呂 – 平安時代前期の対馬の猟師

- 平安時代前期の対馬の猟師 卜部乙屎麻呂は、平安時代前期の対馬の猟師であった。 乙屎麻呂は肥前国松浦郡(現在の長崎県松浦市)に生まれ、対馬に渡って猟師となった。対馬の豊かな自然の中で、乙屎麻呂は熊や鹿を狩り、生活していたという。 乙屎麻呂は、狩猟技術の高さから、対馬の猟師の長として慕われていた。また、乙屎麻呂は、対馬の地理に詳しく、対馬の猟師たちを狩猟場所に案内することもあったという。 乙屎麻呂は、平安時代前期の対馬で、猟師として活躍した人物であった。乙屎麻呂は、対馬の豊かな自然の中で、熊や鹿を狩り、生活していた。また、乙屎麻呂は、狩猟技術の高さから、対馬の猟師の長として慕われていた。さらに、乙屎麻呂は、対馬の地理に詳しく、対馬の猟師たちを狩猟場所に案内することもあったという。 乙屎麻呂は、平安時代前期の対馬で、猟師として活躍した人物であった。乙屎麻呂は、対馬の豊かな自然の中で、熊や鹿を狩り、生活していた。また、乙屎麻呂は、狩猟技術の高さから、対馬の猟師の長として慕われていた。さらに、乙屎麻呂は、対馬の地理に詳しく、対馬の猟師たちを狩猟場所に案内することもあったという。 乙屎麻呂は、平安時代前期の対馬で、猟師として活躍した人物であった。乙屎麻呂は、対馬の豊かな自然の中で、熊や鹿を狩り、生活していた。また、乙屎麻呂は、狩猟技術の高さから、対馬の猟師の長として慕われていた。さらに、乙屎麻呂は、対馬の地理に詳しく、対馬の猟師たちを狩猟場所に案内することもあったという。 乙屎麻呂は、平安時代前期の対馬で、猟師として活躍した人物であった。乙屎麻呂は、対馬の豊かな自然の中で、熊や鹿を狩り、生活していた。また、乙屎麻呂は、狩猟技術の高さから、対馬の猟師の長として慕われていた。さらに、乙屎麻呂は、対馬の地理に詳しく、対馬の猟師たちを狩猟場所に案内することもあったという。
歴史上の人物

滋水清実~平安時代前期の皇子~

-滋水清実とは?- 滋水清実(しげみず きよざね 生没年不詳)は、平安時代前期の皇族。村上天皇の第六皇子。母は中宮藤原安子。皇太子候補にもなったが、皇位を継承することはできなかった。 清実の生年は不詳であるが、兄の具平親王(後の冷泉天皇)が936年3月に誕生していることから、それより後であると考えられる。清実の母である藤原安子は、醍醐天皇と藤原穏子(のちの藤原高子)の娘であり、村上天皇の皇后として中宮に立てられていた。清実は安子の第一皇子であり、冷泉天皇の異母弟にあたる。 清実が皇太子候補に名が上がったのは、951年(天暦5年)のことである。この年、清実の兄である冷泉天皇が病にかかり、回復の見込みがないとされた。そこで、村上天皇と公卿たちは、清実を皇太子に立てることを決定した。しかし、冷泉天皇は間もなく病から快復したため、清実が皇太子となることはなかった。 967年(康保4年)、村上天皇が崩御。清実の兄である冷泉天皇が即位した。冷泉天皇は父帝の崩御後、清実を春宮権大夫に任命した。しかし、清実は内裏に出仕することがなく、宮中での存在感は薄かった。 清実がどのような生涯を送ったかは、ほとんど伝わっていない。兄の冷泉天皇が崩御した後の986年(寛和元年)に、清実は朱雀門で火災に遭い、焼け死したとされる。清実の死により、村上天皇の皇統は断絶した。
歴史上の人物

源兼善 – 平安時代前期の皇族

源兼善の人物像 源兼善は、平安時代前期の皇族であり、仁明天皇の第一皇子でした。母は藤原緒嗣の娘である藤原順子で、兄に光孝天皇、弟に時康親王、貞保親王、在原行平、在原業平がいます。 兼善は、幼い頃から聡明で、学問を好み、和歌にも秀でていました。また、音楽や舞にも通じており、文武両道の教養人として知られていたようです。 しかし、一方で兼善は、性格が激しく、感情を露わにしやすいところがあったと言われています。また、権力欲が強く、出世欲が旺盛であったため、他の皇子や公卿との間で確執が生じることもあったようです。 兼善は、承和10年(843年)、兄の仁明天皇の譲位を受けて即位し、文徳天皇となりました。在位中は、藤原良房や藤原良相ら藤原北家と協力して政治を行い、承和の変で失脚した伴氏を復活させるなど、中央政界に大きな影響力を及ぼしました。 しかし、文徳天皇は、在位わずか6年で崩御し、その死後、皇位は弟の清和天皇が継承しました。兼善の死後、その子孫は源氏として繁栄し、室町時代には足利将軍家として日本の実権を握るまでになりました。 兼善は、平安時代前期の皇族として、文武両道の教養人として、また、政治家として活躍した人物でした。その性格の激しさと権力欲の強さは、彼の生涯に大きな影響を与えましたが、その一方で、彼の才能は時代を動かす大きな力ともなりました。