財政学者

政治家・活動家

小川郷太郎 – 大正-昭和時代前期の財政学者,政治家

-# 生涯と経歴 小川郷太郎は、1892年(明治25年)7月1日に、愛知県名古屋市に生まれました。1913年(大正2年)に第二高等学校を卒業し、東京帝国大学経済学部に入学しました。1917年(大正6年)に東京帝国大学経済学部を卒業し、大蔵省に入省しました。 大蔵省では、主計局、税務局、理財局などの各局に勤務し、1924年(大正13年)には主計局主計官に就任しました。1926年(昭和元年)に大蔵省を退官し、東京帝国大学経済学部教授に就任しました。 東京帝国大学経済学部教授としては、財政学、金融論、経済政策などを講じました。また、1932年(昭和7年)から1934年(昭和9年)まで、大蔵省財政研究所長を務めました。 1936年(昭和11年)に、第19回衆議院議員総選挙で衆議院議員に当選しました。衆議院議員としては、大蔵委員会委員長、予算委員会委員長などを歴任しました。 1942年(昭和17年)に、第2次近衛内閣の商工大臣に就任しました。商工大臣としては、物資動員計画の策定や、戦時経済体制の整備などに努めました。 1945年(昭和20年)に、第2次近衛内閣が総辞職し、小川郷太郎も商工大臣を辞任しました。戦後は、公職追放となり、1951年(昭和26年)に公職追放が解除されるまで、民間で過ごしました。 1952年(昭和27年)に、第25回衆議院議員総選挙で衆議院議員に返り咲きました。衆議院議員としては、大蔵委員会委員長、予算委員会委員長などを歴任しました。 1957年(昭和32年)に、第1次岸内閣の経済企画庁長官に就任しました。経済企画庁長官としては、経済成長政策の策定や、国民生活の向上などに努めました。 1958年(昭和33年)に、第2次岸内閣の経済企画庁長官に留任しました。経済企画庁長官としては、引き続き、経済成長政策の策定や、国民生活の向上などに努めました。 1959年(昭和34年)に、第3次岸内閣の経済企画庁長官に留任しました。経済企画庁長官としては、引き続き、経済成長政策の策定や、国民生活の向上などに努めました。 1960年(昭和35年)に、第1次池田内閣の経済企画庁長官に留任しました。経済企画庁長官としては、引き続き、経済成長政策の策定や、国民生活の向上などに努めました。 1961年(昭和36年)に、第2次池田内閣の経済企画庁長官に留任しました。経済企画庁長官としては、引き続き、経済成長政策の策定や、国民生活の向上などに努めました。 1962年(昭和37年)に、第3次池田内閣の経済企画庁長官に留任しました。経済企画庁長官としては、引き続き、経済成長政策の策定や、国民生活の向上などに努めました。 1963年(昭和38年)に、第1次佐藤内閣の経済企画庁長官に留任しました。経済企画庁長官としては
政治家・活動家

田尻稲次郎 – 明治-大正時代の官僚・財政学者

-田尻稲次郎の生い立ちと初期の経歴- 田尻稲次郎は、1852年(嘉永5年)11月21日、日向国宮崎郡田野村(現在の宮崎県宮崎市田野町)に、父・田尻半左衛門、母・トミの長男として生まれた。 稲次郎は幼い頃から頭脳明晰で、神童とまで呼ばれた。13歳のときには、宮崎藩校の日向国学に学び、16歳のときには、藩の郡吏となり、藩の財政に携わった。その後、稲次郎は、藩の命を受けて上京し、慶應義塾で学んだ。 稲次郎は、慶應義塾で経済学と財政学を学び、優秀な成績を収めた。1873年(明治6年)に慶應義塾を卒業した後、稲次郎は、大蔵省に入省した。大蔵省では、田尻は主計局に配属され、予算編成と財政政策を担当した。稲次郎は、大蔵省で活躍し、1888年(明治21年)に、大蔵次官に昇進した。 稲次郎は、大蔵次官を退任した後、東京府知事、内務大臣、大蔵大臣などを歴任した。稲次郎は、これらの要職で、日本の財政基盤を確立し、近代国家の建設に貢献した。稲次郎は、1929年(昭和4年)に、77歳で亡くなった。
経済分野で活躍した人

経済学者・大川政三の人生と功績

大川政三の生い立ちと経歴 大川政三は、1864年(元治元年)12月24日、現在の長野県松本市で生まれました。父親は松本藩士の大川六蔵、母親はすえ。政三は、6人兄弟の三男でした。 政三は、幼い頃から聡明で、早くから漢学を学びました。1882年(明治15年)には、上京して東京大学の予備門に入学。1886年(明治19年)には、東京帝国大学法科大学に入学しました。 政三は、大学卒業後、大蔵省に入省。主税局に配属され、税制の研究に従事しました。1899年(明治32年)には、欧米に出張し、各国の税制を調査しました。 1903年(明治36年)に帰国した政三は、大蔵省主税局長に就任。1906年(明治39年)には、大蔵次官に昇進しました。しかし、1908年(明治41年)に、政三は政友会との癒着が疑われて、大蔵次官を辞任しました。 政三は、その後、日本興業銀行の初代頭取に就任。1915年(大正4年)には、貴族院議員に勅選されました。政三は、貴族院議員として、経済政策について積極的に発言しました。 1923年(大正12年)、政三は、東京市長に就任。東京に水道や下水道、道路などのインフラ整備を行い、東京の発展に貢献しました。 政三は、1929年(昭和4年)に、東京市長を辞任。その後は、貴族院議員として活動を続けました。1937年(昭和12年)、政三は、死去しました。
経済分野で活躍した人

青木得三 – 大正-昭和時代の財政学者

はじめに - 青木得三とは 青木得三は、明治24年(1891年)12月10日に、日本の長野県に生まれました。彼は、日本の著名な財政学者であり、日本の財政学の発展に大きく貢献しました。 青木得三は、東京帝国大学を卒業後、大蔵省に入省しました。その後、アメリカ合衆国のコロンビア大学に留学し、財政学を学びました。帰国後は、東京帝国大学教授や大蔵省主計局長などの要職を歴任しました。 青木得三の財政学への貢献は、主に以下のような分野にあります。 * 公共財の理論青木得三は、公共財の供給と配分に関する理論を構築しました。この理論は、公共財の供給と配分の最適化に役立っています。 * 財政政策の理論青木得三は、財政政策の役割と効果に関する理論を構築しました。この理論は、財政政策の適切な実施に役立っています。 * 財政史の研究青木得三は、日本の財政史を研究し、日本の財政の発展過程を明らかにしました。この研究は、日本の財政制度の理解に役立っています。 青木得三は、日本の財政学の発展に大きな貢献をした財政学者です。彼の業績は、日本の財政制度の改善と日本の経済発展に役立っています。
研究者

藤田武夫-昭和時代の財政学者

藤田武夫の生い立ち 藤田武夫は、1916年(大正5年)2月18日、岡山県邑久郡(現・岡山市東区)に生まれた。父は藤田武四郎、母は藤田フサ。武四郎は農業を営むかたわら、村の助役を務めた。フサは武夫が10歳の時に亡くなった。武夫には姉が2人、弟が1人いた。 武夫は幼い頃から頭が良かった。小学校では首席で卒業し、岡山県立岡山中学校(現・岡山県立岡山朝日高校)に進学した。中学時代は柔道部に所属し、主将を務めた。また、弁論大会で優勝するなど、文武両道で活躍した。 1934年(昭和9年)、武夫は第一高等学校(現・東京大学教養学部)に進学した。一高時代は経済学を専攻し、社会科学研究会に所属した。また、学生運動にも参加し、1936年(昭和11年)には二・二六事件の際に戒厳令下で検挙された。 1937年(昭和12年)、武夫は東京帝国大学(現・東京大学)経済学部に進学した。大学時代は公共財政を専攻し、社会政策研究会に所属した。また、学生寮の自治会長を務めるなど、学生運動にも積極的に参加した。 1941年(昭和16年)、武夫は東京帝国大学を卒業し、大蔵省に入省した。大蔵省では、主計局や理財局で勤務した。1945年(昭和20年)、終戦に伴い大蔵省を退官した。 戦後、武夫は東京大学経済学部助手に就任し、公共財政学の研究を続けた。1950年(昭和25年)、武夫は東京大学経済学部教授に就任した。1960年(昭和35年)には、東京大学経済学部長に就任した。 武夫は、公共財政学の分野で多くの業績を残した。特に、地方財政論の研究で知られており、「地方財政学の泰斗」と呼ばれている。武夫は、1986年(昭和61年)に東京大学を定年退官した。その後、日本大学経済学部教授を務めた。 武夫は、2001年(平成13年)12月11日に死去した。享年85。
研究者

長谷田泰三(1894-1950)

-学者としての経歴- 長谷田泰三は、1919年に東京帝国大学工学部を卒業し、その後、同大学で助教授を務めました。1923年には、ヨーロッパに留学し、ゲッティンゲン大学でハイゼンベルクのもとで学びました。1926年に帰国後、東京帝国大学で教授となり、1933年には、日本における量子力学の研究の中心地である理化学研究所の所長に就任しました。 長谷田は、量子力学の研究に大きな貢献をしました。特に、場の量子論の研究においては、湯川秀樹と共に、場の量子論の基礎方程式である「湯川-長谷田方程式」を導出しました。また、長谷田は、素粒子の研究にも貢献し、素粒子の分類である「長谷田-湯川分類」を提唱しました。 長谷田は、1950年に56歳で亡くなりましたが、彼の業績は、量子力学の発展に大きな影響を与えました。 -主な業績- * 湯川-長谷田方程式の導出 * 長谷田-湯川分類の提唱 * 素粒子に関する研究
経済分野で活躍した人

アメリカ財政学者シャウプについて

-シャウプの生い立ちと経歴- アメリカ財政学者、カール・シャウプは、1889年7月27日、アイオワ州デモインで生まれた。父は医者であり、母は熱心な読書家であった。 シャウプは、アイオワ大学に進学し、経済学を専攻した。彼は、大学在学中に経済学者フランク・ナイと出会い、彼の影響を受けた。 1913年にアイオワ大学を卒業した後、シャウプはニューヨーク大学で修士号を取得した。その後、彼はコーネル大学で博士号を取得した。 1919年に、シャウプはコロンビア大学の助教授に就任した。彼は、1924年に准教授に、1927年に教授に昇進した。 1931年に、シャウプは全米経済研究所の所長に就任した。彼は、1943年までこの職を務めた。 1943年に、シャウプはカーネギー研究所の所長に就任した。彼は、1954年までこの職を務めた。 シャウプは、1954年にコロンビア大学に戻り、経済学部長に就任した。彼は、1960年までこの職を務めた。 シャウプは、1960年に引退したが、その後も研究を続けた。彼は、1976年8月27日にニューヨークで死去した。 シャウプは、財政学の第一人者として知られている。彼は、数多くの著書や論文を残しており、その業績は高く評価されている。
研究者

「加藤芳太郎」

-昭和後期-平成時代の財政学者- 加藤芳太郎は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した日本の財政学者である。専門は地方財政論であり、地方財政制度の改革や地方財政のあり方について多くの研究を行った。 加藤芳太郎は、1926年(大正15年)に愛知県に生まれる。1950年(昭和25年)に東京大学経済学部を卒業し、1953年(昭和28年)に東京大学大学院経済学研究科を修了した。 大学院修了後は、東京大学経済学部助手、東京大学経済学部助教授を経て、1967年(昭和42年)に東京大学経済学部教授となった。1991年(平成3年)に東京大学を定年退官し、関西大学経済学部教授に就任した。1997年(平成9年)に関西大学を定年退職した。 加藤芳太郎は、1983年(昭和58年)から1987年(昭和62年)まで地方財政審議会委員を務めた。1987年(昭和62年)から1991年(平成3年)まで地方財政制度調査会会長を務めた。1991年(平成3年)から1995年(平成7年)まで財政制度審議会委員を務めた。 加藤芳太郎は、1997年(平成9年)に勲二等旭日重光章を受章した。2006年(平成18年)に逝去した。享年80歳。 加藤芳太郎は、地方財政制度の改革や地方財政のあり方について多くの研究を行い、日本の地方財政の発展に大きく貢献した。
研究者

神戸正雄 – 明治・昭和時代の財政学者

# 神戸正雄の人生と経歴 神戸正雄は、1884年(明治17年)に東京に生まれました。東京帝国大学経済学科を卒業後、大蔵省に入省しました。大蔵省では、主計局や理財局に勤務し、財政政策の立案や実施に携わりました。 1923年(大正12年)には、関東大震災が発生し、神戸正雄は復興財政の担当官として活躍しました。1931年(昭和6年)には、大蔵省を退官し、東京帝国大学経済学部教授に就任しました。 東京帝国大学では、財政学を講義し、多くの学生を指導しました。また、日本財政学会の会長なども務めました。1951年(昭和26年)には、日本学士院会員に選出されました。 神戸正雄は、1957年(昭和32年)に73歳で亡くなりました。 神戸正雄は、日本の財政学の確立に大きく貢献した人物です。また、財政政策の立案や実施にも携わり、日本の経済発展に貢献しました。
経済分野で活躍した人

遠藤湘吉:日本の大蔵大臣として活躍した財政学者

-遠藤湘吉の生い立ちと経歴- 遠藤湘吉は、1877年(明治10年)8月16日に現在の栃木県宇都宮市で生まれました。父親は遠藤周蔵で農業を営んでおり、母親は遠藤シヅでした。遠藤湘吉は、5人兄弟の末っ子として育ちました。 遠藤湘吉は幼い頃から成績優秀で、小学校を卒業後、東京府立第一中学校(現在の東京都立日比谷高等学校)に進学しました。第一中学校を卒業後は、東京帝国大学(現在の東京大学)法科大学に入学し、経済学を専攻しました。 東京帝国大学を卒業後、遠藤湘吉は農商務省に入省しました。農商務省在職中は、横浜税関の調査員や大阪税関の監視官などを歴任しました。その後、大蔵省に転出し、主計局長や財務局長などを歴任しました。 1931年(昭和6年)に、遠藤湘吉は第56代大蔵大臣に就任しました。遠藤湘吉は、大蔵大臣在任中に、金解禁政策を実施し、日本の経済復興に貢献しました。しかし、金解禁政策は失敗し、日本の経済は混乱に陥りました。 やがて1932年(昭和7年)に、遠藤湘吉は蔵相を辞任し、政界を引退しました。政界引退後は、東京帝国大学で経済学の教授を務め、後進の育成に尽力しました。 遠藤湘吉は、1953年(昭和28年)8月25日に東京都内で死去しました。享年76歳でした。