赤沢文治

歴史上の人物

金光大神(こんこう-だいじん) – 「赤沢文治」から読み解く

金光大神(こんこう-だいじん) - 飢饉(ききん)とそれに伴う伝染病が流行した天保3年(1832)3月18日、岡山県笠岡市の農家の長男として生まれました。幼名は「文治(ぶんじ)」でした。 金光大神(こんこう-だいじん) - 幼い頃から学問に優れ、正義感が強く、思いやりのある子供でしたが、13歳の時に両親を相次いで亡くしてしまいました。その後、家督を継いで、家業に励みながら独学で勉強を続けました。 金光大神(こんこう-だいじん) - 22歳の時、祈りの最中に神の声を聞きます。 金光大神(こんこう-だいじん) - 神の声を聞いた後、文治は、笠岡の隣町である新庄村に「金光教」を創設し、病気の治療や貧しい人々の救済を積極的に行いました。彼は、人々に神を信じ、徳を積むことの大切さを説き、人々の信仰を集めていきました。 金光大神(こんこう-だいじん) - 文治は金光教の教主として、多くの信者を集め、貧しい人々を救済しました。また、彼は、教育にも力を入れ、小学舎などを開設して、貧しい人々でも教育を受けられるようにしました。 金光大神(こんこう-だいじん) - 文治は明治25年(1892)に61歳で亡くなるまで、金光教の教主として、信者たちを導き、社会に貢献しました。この功績により、彼は、明治政府から「従四位」の位を授かりました。 金光大神(こんこう-だいじん) - 文治の教えは、現在でも金光教の信者たちに受け継がれています。金光教は、全国に約100万人の信者がいるとされています。