足利義尚

歴史上の偉人

「朽木貞綱」

- 「朽木貞綱」 -# 朽木貞綱の生涯 朽木貞綱は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。朽木氏の家臣。朽木稙綱の次男。妻は小倉隆佐の娘。 1551年、兄・稙綱の死により家督を継ぐ。1560年、織田信長に降伏し、信長の配下となる。1570年、信長に従って越前国に侵攻し、朝倉義景を滅ぼす。1573年、信長に従って近江国に侵攻し、浅井長政を滅ぼす。 1576年、信長に従って丹波国に侵攻し、波多野秀治を滅ぼす。1582年、信長が本能寺の変で死去した後、豊臣秀吉に仕える。1584年、賤ヶ岳の戦いで秀吉の軍に属し、柴田勝家と戦う。 1590年、小田原征伐に従軍し、後北条氏を滅ぼす。1592年、文禄の役で朝鮮に渡り、蔚山城の戦いで加藤清正の軍に加わる。1598年、秀吉が死去した後、徳川家康に仕える。 1600年、関ヶ原の戦いでは、西軍に属し、石田三成の軍に加わる。しかし、戦いの途中で東軍に寝返り、家康の勝利に貢献する。 1610年、家康が死去した後、豊臣秀頼に仕える。1615年、大坂冬の陣で豊臣方に属し、真田信繁とともに徳川軍と戦う。しかし、豊臣方が敗北し、秀頼が自害すると、家康に降伏して赦免される。 1623年、死去。享年73。
歴史上の偉人

国宝から重要文化財まで!日本刀の魅力を徹底解説

- 備前長船派の巨匠勝光 備前長船派は、平安時代末期から鎌倉時代にかけて備前国長船(現在の岡山県瀬戸内市長船町)を中心に活躍した刀工の一派です。勝光は、その中でも特に著名な刀工であり、国宝に指定されている刀剣を数多く作刀しています。 勝光の刀は、切れ味と耐久性に優れた「備前長船派の伝統」を受け継ぎ、さらに独自の「勝光独自の美意識」が加わったものです。勝光の刀は、研ぎ澄まされた刃文と華やかな鎺(はばき)が特徴的で、「勝光様」と呼ばれる独自の様式を確立しています。 勝光の刀は、その美しさから、古くから武士や大名の間で珍重されており、現在でも多くの刀剣愛好家から愛されています。勝光の刀は、国宝や重要文化財に指定されているものも多く、日本の刀剣文化を代表する刀工の一人として知られています。 勝光の刀は、その切れ味と耐久性に優れた「備前長船派の伝統」を受け継ぎ、さらに独自の「勝光独自の美意識」が加わったものです。勝光の刀は、研ぎ澄まされた刃文と華やかな鎺(はばき)が特徴的で、「勝光様」と呼ばれる独自の様式を確立しています。 勝光の刀は、その美しさから、古くから武士や大名の間で珍重されており、現在でも多くの刀剣愛好家から愛されています。勝光の刀は、国宝や重要文化財に指定されているものも多く、日本の刀剣文化を代表する刀工の一人として知られています。
エンターテインメント

宝生養阿弥:室町-戦国時代の能役者シテ方

宝生養阿弥宝生流3代として活躍 宝生養阿弥(ほうしよう ようあみ)は、室町時代から戦国時代にかけて活躍した能役者、シテ方である。宝生流3代目を務めた。 1430年(永享2年)に誕生。宝生流2代目の宝生宗阿弥の長男として生まれる。父から能を学び、早くから頭角を現す。1443年(嘉吉3年)に14歳の若さで初舞台を踏み、その後は各地を巡業して名声を博した。 1468年(応仁元年)に父・宗阿弥が死去すると、宝生流3代目を継承して家元となった。宗阿弥の死後も引き続き各地を巡業して能を演じ、宝生流の普及に努めた。また、能の理論や技法をまとめた『風姿花伝』を著し、能の理論家としても知られている。 宝生養阿弥は、父・宗阿弥から受け継いだ宝生流の芸風をさらに発展させ、華麗で優美な能を演じた。特に、女物や神物を得意とし、その演技は人々を魅了した。 宝生養阿弥は、1489年(延徳元年)に59歳で死去した。宝生流4代目を継承した長男の宝生永阿弥に家督を譲った。 宝生養阿弥は、宝生流を大成した偉大な能役者であり、能の理論家としても大きな功績を残した。その芸風は現在でも宝生流の芸の基礎とされており、多くの人々に愛されている。
歴史上の偉人

足利義煕(あしかが-よしひろ)

-足利義煕とその時代- 足利義煕(1511-1550)は、室町幕府の第12代将軍です。在職期間は1521年から1546年まででした。義煕の時代は、幕府の権威が衰退し、戦国大名の台頭が目立つ時代でした。 義煕は、足利義晴の嫡男として生まれ、1521年に将軍を継ぎました。しかし、義煕は将軍としての実権を握ることができず、実権は管領の細川高国が握っていました。高国は、義煕の将軍としての権威を弱めるために、義煕の弟である足利義澄を擁立して将軍の座を争わせました。 義澄は、高国の支援を受けて、1522年に将軍を名乗りました。義煕は、高国と義澄の連合軍に敗れて、京都を追放されました。義煕は、近江国に逃れて、義澄の追討軍と戦いました。しかし、義煕は敗北し、1523年に降伏しました。 義煕は、降伏した後、京都に返還されました。しかし、義煕は将軍の権威を回復することができず、実権は引き続き高国が握っていました。義煕は、1546年に高国が死去するまで、将軍として在職しました。 義煕の時代は、幕府の権威が衰退し、戦国大名の台頭が目立つ時代でした。戦国大名は、幕府の支配から離れて、独自の領国を形成し、互いに争っていました。幕府は、戦国大名の争いを鎮圧することができず、実権を戦国大名に奪われることになりました。 義煕は、幕府の衰退を食い止めることができず、戦国大名の台頭を許してしまいました。義煕の将軍としての在職期間は、室町幕府の衰退を象徴する時代でした。
歴史上の偉人

室町幕府10代将軍足利義稙とその生涯

-室町幕府10代将軍足利義稙の生い立ちと将軍就任- 足利義稙は、室町幕府第10代将軍である。父は6代将軍足利義教、母は日野重光の娘である。1436年に誕生し、幼名を亀王丸と名付けられた。義稙は聡明で学問を好み、和歌や連歌にも優れた才能を発揮した。 1441年、義教が暗殺されると、義稙は11歳で将軍に就任した。しかし、将軍就任早々から幕府内で内紛が起こり、義稙は京都を追放されてしまう。その後、義稙は近江や播磨を転々とし、1449年にようやく京都に帰還することができた。 1450年、義稙は再び将軍に就任したが、今度は幕府管領の細川勝元と対立するようになる。勝元は義稙を廃位して、義政を将軍に擁立した。義稙は再び京都を追放され、1457年に隠棲を余儀なくされた。 1464年、義稙は畠山義就の支援を受けて京都に帰還し、3度目の将軍に就任した。しかし、今度は山名宗全と対立するようになり、1467年に再び京都を追放されてしまう。義稙はその後、近江や尾張を転々とし、1473年に死去した。 足利義稙の生涯は、波乱万丈なものであった。将軍に就任しては追放され、また将軍に就任しては追放されるという繰り返しであった。義稙は将軍としての実績はほとんど残していないが、その波乱に満ちた生涯は、室町時代の歴史を語る上で欠かせない存在である。
歴史上の偉人

伊勢貞宗 – 室町・戦国時代の武将と有職家

伊勢貞宗の生涯 伊勢貞宗は、室町時代から戦国時代にかけて活躍した武将であり、有職家でもありました。1435年、伊勢国で生まれ、幼名は長松丸と言いました。貞宗の父は伊勢国司守護代である北畠教具であり、母は細川満元の娘である日野重子でした。貞宗は幼い頃から聡明で、有職故実を学びました。 1452年、貞宗は父教具の死を受けて伊勢国司に就任しました。貞宗は、伊勢国を治めながら、有職故実の研究にも励みました。1467年、応仁の乱が勃発すると、貞宗は東軍に参加しました。貞宗は、東軍の総帥である細川勝元の下で戦功を上げました。 1473年、応仁の乱が終結すると、貞宗は伊勢国司を辞任しました。貞宗は、京都に戻り、有職故実の研究に専念しました。貞宗は、有職故実の大家として知られ、多くの弟子を育てました。 1502年、貞宗は68歳で亡くなりました。貞宗は、室町・戦国時代の有職家の代表的な人物であり、日本の文化に大きな影響を与えました。 貞宗は、有職故実の研究だけでなく、和歌や連歌にも優れていました。貞宗は、多くの和歌や連歌を残しており、その作品は高く評価されています。貞宗は、室町・戦国時代の文化を代表する人物であり、その功績は今もなお語り継がれています。
歴史上の偉人

名将たちの肖像「一色義春」

一色義春の生涯 一色義春(いっしき よしはる、永亨8年(1436年) - 明応5年12月29日(1497年2月8日))は、室町時代の尾張国的衆。 室町幕府奉公衆を務め、足利将軍家からの信頼厚い国衆として知られた。  通称は治部大輔、官位は修理大夫、美濃守、式部大輔。  室町幕府奉公衆として政務に参与、尾張国内では熱田神宮の遷宮を数度実施。  文明5年(1473年)、尾張守護斯波義廉が義春に敗れ自害すると尾張国内の政権を掌握。  文明12年(1480年)、尾張下四郡の支配を確実なものとするために織田敏定らと清洲城の築城を開始した。   義春は、応仁の乱の勃発から2年後の文明3年(1471年)に尾張国へ入部、名古屋城の前身である古渡城の構築を開始。  文明10年(1478年)に居城を古渡城から清洲城に移す。  応仁の乱が終結すると、義春は尾張国内の統治に専念し、国内の経済開発や文化振興に努めた。  義春は、尾張国の国衆として、足利将軍家から厚い信頼を受け、幕政にも参与した。   義春は、文亀2年(1502年)に死去し、清洲城に葬られた。  義春の長男である義直が家督を継ぎ、尾張国を治めた。 一色義春は、室町時代の尾張国の国衆として、尾張国内の統治に努め、足利将軍家から厚い信頼を受けた名将であった。
歴史上の偉人

祥雲院 室町時代、足利義尚の妻。日野勝光の娘。

祥雲院の生涯 祥雲院は、室町時代後期の将軍足利義尚の妻として権力を握った女性です。父は日野勝光、母は日野政子。姉に日野富子、弟に日野晴資と日野重政がいます。 祥雲院は、1443年に将軍足利義政の邸で誕生しました。幼名は鶴千代と名付けられ、1454年に義政の嫡男である義尚と結婚しました。1464年に義尚が将軍になると、祥雲院は室町幕府の事実上のトップとして権力を掌握しました。 祥雲院は、非常に聡明で、政治的にも優れた手腕を持ち、幕政を巧みに操りました。また、学問や芸術にも通じており、歌や連歌が得意でした。1473年に義尚が亡くなると、祥雲院はその後見人として実権を握りました。 しかし、1479年に義尚の弟である足利義視が将軍となり、祥雲院の権力が衰退しました。1483年に義視が暗殺されると、祥雲院は再び将軍後見人として権力を回復しましたが、1488年に足利義材が将軍になると、またも権力を失いました。 祥雲院は、1504年に61歳で亡くなりました。祥雲院の死後、室町幕府は衰退の一途をたどり、1573年に滅亡しました。 祥雲院は、室町時代後期の政局を左右した有力な女性でした。その生涯は、波乱万丈なものでしたが、彼女が幕政に与えた影響力は計り知れません。
歴史上の偉人

室町-戦国時代の武将、大館尚氏

-足利義尚に仕えた申次- 室町時代の武将、大館尚氏は、足利義尚に仕えて申次を務めた。申次とは、将軍と諸将との間の連絡役のことである。大館尚氏は、その職務を忠実に果たし、足利義尚の信頼を得た。 大館尚氏は、室町時代中期に尾張国で生まれた。幼い頃から武芸に優れ、足利義尚の目に留まった。足利義尚は、大館尚氏を申次に任命し、側近として重用した。 大館尚氏は、足利義尚の命を受けて、諸将との交渉にあたった。大館尚氏は、弁舌に優れ、交渉術に長けていた。そのため、諸将との交渉において、常に有利な条件を引き出すことができた。 大館尚氏は、足利義尚の信頼を背景に、室町幕府内で力を強めていった。やがて、大館尚氏は管領に任命され、室町幕府の最高権力者となった。 大館尚氏は、管領として、室町幕府の安定に努めた。大館尚氏は、諸将の争いを調停し、幕府の権威を高めた。また、大館尚氏は、経済政策にも力を入れ、室町幕府の財政を立て直した。 大館尚氏は、1496年に亡くなった。享年52。大館尚氏の死は、室町幕府に大きな打撃を与えた。大館尚氏の死後、室町幕府は衰退の一途をたどり、やがて滅亡した。 大館尚氏は、足利義尚に仕えて申次を務めた。大館尚氏は、その職務を忠実に果たし、足利義尚の信頼を得た。大館尚氏は、申次として、諸将との交渉にあたった。大館尚氏は、弁舌に優れ、交渉術に長けていた。そのため、諸将との交渉において、常に有利な条件を引き出すことができた。
歴史上の偉人

足利義尚→ 室町幕府9代将軍

-足利義尚の生涯- -将軍就任と応仁の乱- 足利義尚は、永享13年(1441年)に室町幕府8代将軍・足利義政の長男として京都で生まれた。幼名は亀寿丸。幼少期より聡明で武芸にも秀でており、14歳で元服し、義尚と名乗った。 1464年(寛正5年)、父・義政が将軍を辞職したため、24歳で9代将軍に就任した。しかし、将軍就任直後から、細川勝元と山名宗全の対立が激化し、応仁の乱が勃発した。義尚は、勝元派に味方して、宗全派と戦った。応仁の乱は、11年間にも及ぶ長期戦となり、京都は戦火に包まれた。 -応仁の乱の終結と幕政改革- 1477年(文明9年)、応仁の乱は、宗全派の没落により終結した。義尚は、戦乱で疲弊した幕府の再建に取り組んだ。幕政改革を行い、幕府の財政を立て直し、司法制度を整備した。また、京都の復興にも尽力した。 -花の日将軍と文化的支援- 義尚は、文化を保護し、奨励した。自ら和歌や連歌を嗜み、花を愛したことから、「花の日将軍」と呼ばれた。また、禅宗や浄土真宗を保護し、寺院の建立や修理を行った。 -義尚の死と幕府の衰退- 1490年(延徳2年)、義尚は、49歳で病死した。義尚には、男子がいなかったため、弟の足利義澄が10代将軍に就任した。義尚の死後、室町幕府は、衰退の一途をたどり、1573年(天正元年)に滅亡した。 -義尚の功績- 足利義尚は、応仁の乱の終結と幕府の再建に尽力した将軍である。また、文化を保護し、奨励し、日本の文化の発展に貢献した。義尚の死後、室町幕府は衰退したが、義尚の功績は、歴史に名を残している。
歴史上の偉人

武田信親とは?

- 武田信親の生涯 武田信親は、甲斐国守護・武田信昌の嫡男として誕生しました。信昌は甲斐国の国人衆をまとめ上げ、甲斐国を統一した名将として知られています。信親は、そんな信昌のもとで育ち、早くから武芸に秀で、甲斐国の若きリーダーとして期待されていました。 信親が20歳になったとき、信昌が死去しました。信親は、まだ若かったにもかかわらず、甲斐国の守護に就任し、父の後を継いで甲斐国を統治することになりました。信親は、まだ若かったにもかかわらず、甲斐国の守護として立派に務め上げ、甲斐国を平和と繁栄に導きました。 信親は、甲斐国を統治している間、隣国の駿河国や信濃国と友好関係を築き、甲斐国の勢力を拡大しました。また、信親は、甲斐国の国人衆をまとめ上げ、甲斐国の統一を強化しました。信親は、甲斐国の名将として甲斐国を統治し、甲斐国に平和と繁栄をもたらしました。 信親は、50歳になったとき、病気で亡くなりました。信親の死後、甲斐国は信親の嫡男・武田信虎が継ぎました。信虎は、信親と同じく甲斐国の名将として知られており、甲斐国の勢力をさらに拡大しました。信親は、甲斐国を統治し、甲斐国に平和と繁栄をもたらした名将として、現在でも甲斐国の人々に敬愛されています。
歴史上の偉人

– 伊勢貞藤

伊勢貞藤の歴史的背景と足利将軍家との関わり 伊勢貞藤は、南北朝時代後期から室町時代初期にかけての武将です。伊勢国司北畠家の家臣として活躍し、足利将軍家とも親密な関係を築きました。 伊勢貞藤は、伊勢国司北畠顕家の三男として生まれました。北畠家は、南北朝時代に南朝を支持し、足利将軍家と戦いました。伊勢貞藤も、父顕家とともに南朝のために戦いました。 しかし、南朝は次第に勢力を弱め、北朝が優勢になっていきました。伊勢貞藤は、南朝が滅亡する直前の頃、足利将軍家に降伏しました。伊勢貞藤が足利将軍家に降伏した理由は、北畠家が南朝を支持して滅亡したため、伊勢貞藤は足利将軍家に仕えて北畠家の再興を図ろうと考えたからです。 伊勢貞藤は、足利将軍家に降伏した後、足利義満に仕えました。伊勢貞藤は、足利義満の側近として活躍し、足利将軍家の政務を助けました。伊勢貞藤は、足利義満の信頼を厚くし、足利将軍家の重臣として活躍しました。 伊勢貞藤は、足利義満の死後、足利義持に仕えました。伊勢貞藤は、足利義持の側近として活躍し、足利将軍家の政務を助けました。伊勢貞藤は、足利義持の信頼を厚くし、足利将軍家の重臣として活躍しました。 伊勢貞藤は、永享の乱の際に、足利義持とともに戦いました。伊勢貞藤は、永享の乱で功績を挙げ、足利義持から所領を賜りました。伊勢貞藤は、その後も足利将軍家に仕え、文明7年(1475年)に死去しました。 伊勢貞藤は、伊勢国司北畠家の家臣として活躍し、足利将軍家とも親密な関係を築きました。伊勢貞藤は、足利義満の側近として活躍し、足利将軍家の政務を助けました。伊勢貞藤は、足利義持の側近として活躍し、足利将軍家の政務を助けました。伊勢貞藤は、永享の乱の際に、足利義持とともに戦いました。伊勢貞藤は、永享の乱で功績を挙げ、足利義持から所領を賜りました。伊勢貞藤は、その後も足利将軍家に仕え、文明7年(1475年)に死去しました。
歴史上の偉人

戦国時代の歌人・岩山道堅とは?

-岩山道堅の生涯- 岩山道堅は、戦国時代末期から江戸時代初期の歌人です。本名は、岩山重光。号は、月舟。近江国(現在の滋賀県)生まれ。生年は不詳ですが、1551年(天文20年)頃と推定されています。 道堅の父は、岩山重治で、近江国長浜城主を務めました。道堅は、幼少の頃から和歌を学び、10代の頃にはすでに歌人として名を馳せていました。1571年(元亀2年)には、織田信長の家臣となり、信長の側近として活躍しました。 1582年(天正10年)本能寺の変で、信長が亡くなると、道堅は信長の家臣である豊臣秀吉に仕えました。秀吉は、道堅の歌才を高く評価し、1595年(文禄4年)に京都の新福寺で催された歌会に道堅を招きました。この歌会で、道堅は秀吉から「和歌の道」を極めるように命じられ、和歌に専念するようになりました。 1598年(慶長3年)秀吉が亡くなると、道堅は秀吉の遺児である豊臣秀頼に仕えました。秀頼は、道堅を和歌の師範として重用し、道堅は秀頼に和歌を指導しました。 1600年(慶長5年)関ヶ原の戦いで、豊臣家は滅亡しました。道堅は、戦後、京都に隠棲し、和歌の創作に励みました。1619年(元和5年)に京都で死去。享年70歳でした。 道堅の歌は、優美で繊細な表現が特徴です。また、道堅は、和歌の理論にも詳しく、和歌の研究書も著しています。道堅は、戦国時代末期から江戸時代初期の和歌の発展に大きな貢献をした歌人として知られています。
歴史上の偉人

常徳院 – 足利義尚 (あしかが-よしひさ)

常徳院の歴史と概要 常徳院は、岐阜県加茂郡八百津町にある臨済宗妙心寺派の寺院です。山号は龍護山。本尊は釈迦牟尼仏。開山は龍穏梵仙。 常徳院は、1397年(応永4年)に足利義満の命により建立されました。足利義満は、臨済宗妙心寺派の開祖である愚堂智愚に帰依しており、常徳院は愚堂智愚の弟子である龍穏梵仙を開山として創建しました。 その後、常徳院は足利将軍家の祈願寺として栄えました。1467年(応仁元年)には、応仁の乱で焼失しましたが、1473年(文明5年)に足利義尚によって再建されました。 1584年(天正12年)に織田信長によって焼失しましたが、1599年(慶長4年)に徳川家康によって再建されました。 常徳院は、江戸時代には加茂郡の曹洞宗寺院を統括する本寺として栄えました。また、常徳院は、加茂郡の文化の中心地として、多くの文人が訪れました。 1891年(明治24年)に火災で焼失しましたが、1892年(明治25年)に再建されました。 常徳院は、現在でも臨済宗妙心寺派の寺院として、多くの参拝者を集めています。常徳院の境内には、本堂、庫裏、山門、鐘楼、開山堂などがあります。 本堂は、1892年(明治25年)に再建されたもので、入母屋造り、茅葺き屋根の建物です。本堂には、本尊の釈迦牟尼仏が祀られています。 庫裏は、本堂の北側にある建物で、1892年(明治25年)に再建されたものです。庫裏には、客殿、書院、方丈などがあります。 山門は、常徳院の入口にある門で、1892年(明治25年)に再建されたものです。山門は、切妻造り、茅葺き屋根の建物です。 鐘楼は、常徳院の境内にある鐘楼で、1892年(明治25年)に再建されたものです。鐘楼には、梵鐘が吊るされています。 開山堂は、常徳院の境内にある開山堂で、1892年(明治25年)に再建されたものです。開山堂には、開山の龍穏梵仙の位牌が祀られています。 常徳院は、歴史ある臨済宗妙心寺派の寺院で、多くの参拝者を集めています。常徳院の境内には、本堂、庫裏、山門、鐘楼、開山堂などがあります。