足利義政

歴史上の偉人

ー伊勢貞親

伊勢貞親と将軍足利義政 伊勢貞親は、室町時代後期の武将、守護大名です。伊勢国守護であり、伊勢氏の当主を務めました。将軍足利義政とは、姻戚関係にあり、義政の側近として活躍しました。また、応仁の乱では、義政側について戦い、活躍しました。 伊勢貞親は、伊勢国司であり、伊勢氏の当主を務めていた伊勢氏宗の嫡男として生まれました。幼名は弥一丸といい、天文15年(1446年)に元服し、貞親と名乗りました。文明4年(1472年)、父氏宗の死により、伊勢国守護の職を継ぎました。 文明6年(1474年)、伊勢貞親は、将軍足利義政の側室である日野富子の猶子となりました。これにより、義政と姻戚関係を結び、義政の側近として活躍することになりました。伊勢貞親は、義政の命を受けて、各地を転戦し、功績をあげました。 応仁元年(1467年)、応仁の乱が起こると、伊勢貞親は、義政側について戦いました。伊勢貞親は、東軍の主力として、各地を転戦し、活躍しました。応仁2年(1468年)、伊勢貞親は、東軍の総大将である細川勝元とともに、西軍の総大将である山名宗全を破り、京都を奪還することに成功しました。 応仁の乱は、11年間にわたって続き、多くの死傷者が出ました。伊勢貞親も、応仁の乱で多くの部下を失いました。しかし、伊勢貞親は、義政の信頼を維持し、戦後も義政の側近として活躍しました。 伊勢貞親は、文明18年(1486年)に死去しました。享年41歳でした。伊勢貞親の死後、伊勢国守護の職は、子の伊勢貞陸が継ぎました。
歴史上の偉人

吉良義信とは?室町・戦国時代の武将

- 吉良義信の生涯 吉良義信は、室町時代から戦国時代にかけての武将です。三河国吉良氏の当主であり、足利将軍家に仕えました。 義信は、吉良義秋の子として、永享6年(1434年)に生まれました。幼名は彦四郎。永享11年(1439年)に父が没すると、家督を継いで吉良氏の当主となりました。 義信は、足利将軍家に仕えて、功績をあげました。嘉吉元年(1441年)の嘉吉の乱では、赤松満祐を討伐する軍に従軍しました。また、享徳の乱では、細川勝元に従って、畠山持国を攻めました。 応仁の乱では、義信は東軍に属して戦いました。東軍は、山名宗全・畠山義就・細川勝元らによって率いられ、西軍は、足利義政・細川勝元・山名宗全らによって率いられました。応仁の乱は、11年間にわたって続き、双方に大きな被害をもたらしました。 応仁の乱が終結すると、義信は三河国に戻りました。そして、吉良城を築城して、居城としました。また、義信は、三河国内の有力武将を従えて、領国の支配を確立しました。 義信は、永正3年(1505年)に没しました。享年は72歳でした。家督は、子である吉良持広が継ぎました。
歴史上の偉人

「亀泉集証」

室町時代の僧としての亀泉集証 亀泉集証は、室町時代の僧侶です。1402年に生まれ、1481年に亡くなりました。京都の東福寺で修行し、1434年に住職となりました。その後、南禅寺や建仁寺などの禅宗の名刹を歴任しました。亀泉集証は、禅宗の教えを広めるために、多くの著作を残しました。その中でも最も有名なのは、「亀泉集証」です。「亀泉集証」は、禅宗の教えを体系的にまとめたもので、禅宗の入門書として広く読まれています。 また、亀泉集証は、室町時代の政治にも関与しました。1467年に、将軍足利義政の命を受けて、京都の町を視察し、町の様子を報告しました。この報告書は、「亀泉集証日記」と呼ばれ、室町時代の京都の様子を知る上で貴重な資料となっています。 亀泉集証は、禅宗の教えを広めるために、多くの功績を残した僧侶です。その著作は、禅宗の入門書として広く読まれ、室町時代の政治にも関与して、京都の町の様子を報告しました。亀泉集証は、室町時代の禅宗を代表する僧侶の一人です。 亀泉集証の思想 亀泉集証の思想は、禅宗の教えを基盤としています。亀泉集証は、禅宗の悟りの体験を重視し、その体験によって、人は真の自由と解放を得ることができるとしています。また、亀泉集証は、禅宗の公案を重視し、公案の修行によって、悟りの体験に近づけると考えています。 亀泉集証の著作 亀泉集証は、多くの著作を残しました。その中でも最も有名なのは、「亀泉集証」です。「亀泉集証」は、禅宗の教えを体系的にまとめたもので、禅宗の入門書として広く読まれています。また、亀泉集証は、「亀泉集証日記」も残しています。「亀泉集証日記」は、亀泉集証が京都の町を視察して、その様子を報告した日記です。この日記は、室町時代の京都の様子を知る上で貴重な資料となっています。 亀泉集証の功績 亀泉集証は、禅宗の教えを広めるために、多くの功績を残しました。その中でも最も大きな功績は、「亀泉集証」を著したことでしょう。「亀泉集証」は、禅宗の教えを体系的にまとめたもので、禅宗の入門書として広く読まれています。この著作によって、亀泉集証は、禅宗の教えを広めることに大きく貢献しました。また、亀泉集証は、「亀泉集証日記」も残しています。この日記は、亀泉集証が京都の町を視察して、その様子を報告した日記です。この日記は、室町時代の京都の様子を知る上で貴重な資料となっています。
研究者

清原業忠:初代文部卿としても知られる室町時代の著名な儒者

清原業忠とは 清原業忠は、室町時代中期の儒学者・官僚である。大和国宇陀郡阿騎野(現在の奈良県宇陀市)出身。諱は業忠、通称は伝助。号は伯耆、後に光国。清原教隆の子。初名は清原氏忠。 清原業忠は、1401年に大和国宇陀郡阿騎野(現在の奈良県宇陀市)に生まれた。父は清原教隆で、母は不詳である。清原氏は、代々儒学を家業とする家柄で、業忠も幼い頃から儒学を学んだ。 1428年に上京し、勧修寺経秀の門下生となる。勧修寺経秀は、当時の公家社会で最も権勢を誇っていた一条兼良の側近であり、業忠は兼良に仕えるようになった。 1438年に兼良が文部卿に就任すると、業忠も文部権少輔に任命された。1441年には文部権中輔に昇進し、1449年には文部卿に就任した。文部卿は、京都にある大学寮と全国の官学を統括する官職であり、業忠は日本の教育行政の最高責任者となった。 業忠は、文部卿として大学寮の改革や官学の充実などに尽力した。また、儒学の普及にも努め、多くの儒書を著した。業忠の儒学は、朱子学を基盤としたもので、当時の日本における儒学の主流となった。 1457年に業忠は文部卿を辞任し、兼良の隠居所である常盤井殿に移り住んだ。1465年に兼良が死去すると、業忠は京都を離れて大和国に帰郷した。業忠は、1480年に79歳で死去した。 清原業忠は、室町時代における儒学の第一人者であり、日本の教育行政の基礎を築いた人物である。業忠の儒学は、日本の文化や思想に大きな影響を与えた。
芸術家

小栗宗湛 ~室町時代の画僧~

-足利将軍家御用絵師として活躍- 小栗宗湛は、室町時代中期に活躍した画僧です。足利将軍家の御用絵師を務め、多くの作品を残しました。宗湛の画風は、室町時代の代表的な画風である水墨画です。宗湛は、水墨画の技法を駆使して、山水画や人物画、花鳥画など、さまざまなジャンルの作品を描きました。 宗湛の代表作のひとつに、「山水図屏風」があります。この作品は、水墨画で描かれた山水画の六曲一双屏風です。宗湛は、この作品で、雄大な山々や渓谷、そしてそこに生息する動物や鳥などを生き生きと描き出しました。 宗湛の作品は、足利将軍家やその周辺の人々から高く評価されました。宗湛は、足利将軍家の御用絵師として、多くの作品を制作しました。宗湛の作品は、室町時代の文化を代表する貴重な資料です。 宗湛は、画僧としてだけでなく、詩人としても活躍しました。宗湛は、多くの和歌を残しています。宗湛の和歌は、自然の美しさや人生の無常さを詠ったものが多く、その文学的価値も高く評価されています。 宗湛は、室町時代中期に活躍した画僧であり、足利将軍家の御用絵師を務めました。宗湛は、水墨画の技法を駆使して、山水画や人物画、花鳥画など、さまざまなジャンルの作品を残しました。宗湛の作品は、足利将軍家やその周辺の人々から高く評価され、室町時代の文化を代表する貴重な資料となっています。
歴史上の偉人

– 有馬持家

-有馬持家の生涯- 有馬持家は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将です。摂津茨木城主として知られ、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康に仕えました。 1549年、摂津茨木城に生まれました。父は摂津池田城主の池田勝正、母は織田信長の姉である織田信勝院です。幼名は千代丸といい、信長の偏諱を受けて信勝と名乗りました。 1567年、信長の参謀である明智光秀が摂津に侵攻し、池田勝正を殺害して茨木城を奪取しました。信勝は光秀の養子となり、茨木城主を継ぎました。 1570年、信長が朝倉義景を討伐した際に、信勝も信長の軍勢に加わりました。この戦いで信勝は功績を挙げ、信長から「持家」の諱を授かりました。 1573年、信長が越前一向一揆を鎮圧した際に、持家は信長の命を受けて一揆の残党を討伐しました。この戦いで持家は再び功績を挙げ、信長から摂津茨木城と周辺の1万石を与えられました。 1582年、本能寺の変で信長が明智光秀に殺害されると、持家は光秀に仕えました。しかし、光秀は羽柴秀吉に敗れ、持家は秀吉に降伏しました。 秀吉は持家に摂津茨木城を与え、賤ヶ岳の戦いや九州征伐などに参加させました。1591年、持家は豊臣姓を賜り、豊臣持家となりました。 1598年、秀吉が死去すると、持家は徳川家康に仕えました。関ヶ原の戦いでは東軍に加わり、大谷吉継を討ち取るなど活躍しました。 1600年、持家は摂津茨木城を子の頼元に譲り、隠居しました。1611年、63歳で死去しました。
歴史上の偉人

花山院兼子とは?室町~戦国時代の女官を紹介

花山院兼子の生涯 花山院兼子は、室町時代から戦国時代にかけて活躍した女官。後土御門天皇から後陽成天皇までの5代の天皇に仕え、女房として最も権勢を誇った。 兼子は1515年(永正12年)、公家の花山院忠長と、室町幕府管領・畠山持国の娘である芳菊御前との間に生まれた。1534年(天文3年)、19歳の時に後土御門天皇の女房となり、兼子と名付けられた。兼子は聡明で才色兼備の誉れ高く、天皇の寵愛を得て、すぐに典侍に任じられた。 1544年(天文13年)、兼子は後土御門天皇の皇子である誠仁親王(後の後柏原天皇)を出産した。兼子は皇子の生母としてさらに権勢を強め、1551年(天文20年)には権大納言に任じられている。 1557年(弘治元年)、後土御門天皇が崩御すると、兼子は後柏原天皇の摂政として政務を執った。兼子は10年以上にわたって摂政を務め、朝廷の実権を握った。 1568年(永禄11年)、織田信長が上洛すると、兼子は信長と協力して朝廷の権威を回復した。兼子は信長の意向を受けて、朝廷の儀礼や制度を改革し、朝廷と幕府の関係を強化した。 1580年(天正8年)、信長が本能寺の変で死去すると、兼子は信長の家臣である羽柴秀吉と協力して、朝廷の権威を維持した。兼子は秀吉の意向を受けて、豊臣政権を支持し、朝廷と豊臣政権の関係を強化した。 1596年(文禄5年)、兼子は女官として50年の生涯を閉じた。兼子は生前に准大臣の位を授けられ、正一位の位階を追贈されている。 兼子は、室町時代から戦国時代にかけて活躍した傑出した女官である。兼子は聡明で才色兼備の誉れ高く、5代の天皇に仕えて朝廷の実権を握った。兼子は朝廷の権威を回復し、幕府や豊臣政権と協力して朝廷の基盤を固めた。兼子は室町時代から戦国時代にかけての激動の時代にあって、朝廷の安定に貢献した傑出した女官である。
歴史上の偉人

「希明清良」

-希明清良の生涯- 希明清良(1608年7月16日 - 1674年4月9日)は、琉球王国の人物にして、琉球王国の第4代国王である尚真王の世子の尚如久(後の尚周久)が首里城から出奔した後に、国王として迎えられた人物である。尚寧王、尚質王、尚益王、尚貞王、尚見姓王、尚輔王、首里城の七人の王とも呼ばれる。 -幼少期と青年期- 清良は、1608年7月16日に、琉球王国の士族である糸満親雲上・盛長の次男として生まれた。幼名は西之親雲上・浄口である。清良は、幼い頃から聡明で、学問を好んだ。1628年に、18歳で、琉球王国の最高学府である国学に入学した。国学では、儒教や中国の古典を学び、首席で卒業した。 -国王就任- 清良は、1634年に、琉球王国の国王である尚真王の世子の尚如久(後の尚周久)が首里城から出奔した後に、国王に迎えられた。清良は、24歳で国王に就任し、号を「希明清良」とした。 -在位期間- 清良は、1634年から1674年まで、40年間琉球王国の国王を務めた。在位期間中は、琉球王国の政治、経済、文化の興隆に努めた。 -政治- 清良は、政治において、明朝と冊封関係を維持し、中国との貿易を促進した。また、琉球王国の領土を拡大し、八重山諸島と宮古諸島を琉球王国の版図に編入した。 -経済- 清良は、経済において、農業と商業の振興に努めた。農業では、サトウキビの栽培を奨励し、製糖業を発展させた。商業では、琉球王国の港を開放し、海外との貿易を促進した。 -文化- 清良は、文化において、儒教と仏教の振興に努めた。儒教では、1638年に、孔子廟を建立し、儒教の普及を図った。仏教では、1653年に、国頭郡に大円寺を建立し、仏教の普及を図った。 -晩年と死- 清良は、1674年4月9日、65歳で死去した。法号は「円明寺殿金剛無量大通正覚国師桂室全円」である。清良は、琉球王国の歴史上、最も偉大な国王の一人と評価されている。
歴史上の偉人

足利義政 「慈照院」の魅力

慈照院(銀閣寺)とは 慈照院(銀閣寺)は、京都市左京区にある寺院である。臨済宗相国寺派に属する。1489年(延徳元年)に室町幕府第8代将軍・足利義政が建立した。 慈照院は、義政の死後、息子の足利義尚が継承した。しかし、義尚は1490年(延徳2年)に早世し、その後、慈照院は足利将軍家の菩提寺となった。 慈照院は、1950年(昭和25年)に国宝に指定され、1994年(平成6年)にはユネスコの世界遺産「古都京都の文化財」に登録された。 慈照院は、銀閣、東求堂、方丈、庭園などからなる。銀閣は、1489年(延徳元年)に建立された。木造2階建ての建物で、1階は寝殿造、2階は書院造となっている。銀閣は、外観が銀箔で覆われていることから、銀閣と呼ばれる。 東求堂は、1490年(延徳2年)に建立された。木造平屋建ての建物で、阿弥陀如来像を祀っている。東求堂は、義政の菩提寺として建立された。 方丈は、1490年(延徳2年)に建立された。木造平屋建ての建物で、書院造となっている。方丈は、義政の住居として利用された。 庭園は、1489年(延徳元年)から1490年(延徳2年)にかけて作られた。池泉回遊式庭園で、銀閣、東求堂、方丈を囲むように作られている。庭園には、大小さまざまな石が配置され、苔が生えている。 慈照院は、室町時代の文化を代表する寺院である。銀閣、東求堂、方丈、庭園など、いずれもが国の重要文化財に指定されている。慈照院は、京都を代表する観光スポットの一つであり、毎年多くの観光客が訪れる。
作家

宗伊 – 室町時代の連歌師

-連歌七賢の一人として活躍- 宗伊は、室町時代の連歌師で、「連歌七賢」の一人として活躍しました。連歌とは、複数の歌人が交互に歌を詠み継いでいく詩歌の一種で、室町時代には盛んに行われていました。宗伊は、連歌の優れた作者として知られ、その作品は多くの歌人に愛好されました。 宗伊は、1399年に近江国(現在の滋賀県)で生まれました。幼い頃から和歌に親しみ、19歳のときに連歌の世界に入りました。宗伊は、連歌の才能を開花させ、たちまち頭角を現しました。20歳の時には、室町幕府の将軍足利義教に仕えるようになり、連歌の師範として活躍しました。 宗伊は、連歌の新しいスタイルを確立したことで知られています。それまでの連歌は、和歌をベースにしたものが多く、難解で形式張ったものでした。宗伊は、和歌の要素を取り入れながらも、より平易で口語的な連歌を詠みました。宗伊の連歌は、多くの人々に親しまれ、連歌の普及に貢献しました。 宗伊は、1460年に62歳で亡くなりました。しかし、その作品は現在でも多くの歌人に愛好されており、連歌の歴史において重要な人物として知られています。
歴史上の偉人

「日野勝光」について

日野勝光の生涯 日野勝光は、1938年(昭和13年)10月23日に、大阪府泉南郡泉南町(現在の泉南市)に生まれました。 1962年(昭和37年)に京都大学工学部を卒業後、松下電器産業(現・パナソニック)に入社しました。 1979年(昭和54年)には、同社の専務取締役に就任しました。 1986年(昭和61年)には、同社の社長に就任しました。 1996年(平成8年)からは、同社の会長を務めました。 2006年(平成18年)には、同社の相談役に退きました。 日野勝光は、松下電器産業の社長時代に、同社の経営を立て直し、世界的な企業に育て上げました。 また、日本経済団体連合会(経団連)の会長や、関西経済連合会の会長も務めました。 日野勝光は、2016年(平成28年)5月11日に、心不全のため、大阪府内の病院で死去しました。享年77歳でした。
歴史上の偉人

志野宗信:室町時代の香道家の生涯

-室町時代の文化と香道の発展- 室町時代は、日本の歴史において、文化的繁栄の時代として知られています。この時代には、禅宗の普及に伴い、茶道や華道、香道などの諸芸道が発展しました。香道は、室町時代以前から存在していましたが、室町時代に将軍や公家、武家などの上流階級の間で流行し、高度な文化として発展しました。 香道は、香りを鑑賞し、楽しむ芸術です。香道には、香の原料となる香木を調合して香料を作る「調合香」、香を焚いてその香りを楽しむ「聞香」、香木を鑑賞する「鑑賞香」など、様々な流派があります。室町時代には、これらの流派が盛んに発展し、香道に関する書物が多く書かれました。 また、室町時代には、香道に関連した道具も数多く作られました。香炉、香合、香箸など、香道をたしなむために必要な道具は、工芸品として高度な技術で製作されました。これらの道具は、現代でも高く評価されており、美術館や博物館などに所蔵されています。 香道は、室町時代の文化を代表する芸術の一つです。香道を通じて、室町時代の文化の豊かさと、人々の美意識を知ることができます。 -志野宗信と香道- 志野宗信は、室町時代の香道家で、香道の発展に大きく貢献しました。宗信は、京都の生まれで、幼い頃から香道を学び、香道の名家である六条家に師事しました。宗信は、香道の技術に優れており、多くの弟子を育て、香道の普及に努めました。 宗信は、香道の理論をまとめた書物「花香合抄」を著しました。「花香合抄」は、香道の基本的な知識や、香道の作法について記した書物で、香道の古典として現在でも高く評価されています。宗信は、香道を芸術として昇華させ、香道の発展に大きな功績を残しました。 志野宗信は、室町時代の香道家の生涯を通じて、香道の発展に大きく貢献した人物です。宗信の功績は、現代でも高く評価されており、香道の歴史において重要な人物として知られています。
歴史上の偉人

今参局 – 室町時代の三魔の一人、日野富子と敵対した女性

室町時代における今参局の生涯 今参局は、室町時代の公家であり、日野富子と敵対した女性として知られています。彼女は、1428年に生まれ、1499年に亡くなりました。 今参局の父は、今参局の代官を務めた今参局頭であり、母は、室町幕府の第6代将軍である足利義教の妹でした。今参局は、幼い頃から聡明で知られ、和歌や蹴鞠などにも長じていました。 1441年、今参局は、室町幕府の第8代将軍である足利義政の側室となりました。今参局は、義政の寵愛を受け、義政との間に2人の子を儲けました。 しかし、1467年に、義政の側室である日野富子が義政との間に男子を儲けたことで、今参局の立場は危うくなりました。日野富子は、今参局を疎んじ、今参局を追い出そうとしました。 今参局は、日野富子の迫害を逃れるため、1469年に義政と離縁しました。今参局は、その後、尼僧となり、京都の常徳寺で暮らしました。 1478年、日野富子の夫である義政が亡くなり、義政の跡を継いだ義尚が没しました。日野富子の息子である足利義稙が室町幕府の第10代将軍となりました。 今参局の意向も汲み取りこれを容れ、森元氏や山科言継ら日野富子の傍近に奉公していた者を処罰し、今参局の讒言により義尚追放の罪に陥れた武田信玄、法華宗の僧侶らも捕縛し処罰しました。 1489年、今参局は、日野富子の孫である足利義材を室町幕府の第11代将軍に擁立しました。しかし、義材は、すぐに細川晴元に追放され、将軍を追われることになりました。 今参局は、義材の追放後は、常徳寺で尼僧として暮らしました。1499年、今参局は、常徳寺で亡くなりました。
歴史上の偉人

「日野富子」

永享12年に生まれ, 足利義政の妻となる 日野富子は, 1430年に鎌倉公方足利持氏と日野重子の子として生まれました。父は関東管領を務め, 母は室町幕府3代将軍足利義満の娘でした。富子は, 生まれついての身分の高さから, 幼い頃から公家や武将の妻となるべく教育を受けました。 1441年, 富子は12歳で室町幕府6代将軍足利義政と結婚しました。義政は, 富子の美貌と賢さに惚れ込み, 彼女をとても寵愛しました。富子は, 義政との間に11人の子供をもうけ, そのうち9人が成人しました。 富子は, 義政の妻としてだけでなく, 政治にも大きな影響力を持っていました。彼女は, 義政の側近として政務を補佐し, また, 多くの公家や武将と親交を深めました。富子は, 義政の死後も尼僧として権力を持ち続け, 応仁の乱終結にも尽力しました。 富子は, 一生を通じて日本の歴史に大きな影響を与えた人物でした。彼女の美貌と賢さは人々を魅了し, 彼女の政治的手腕は幕府の存続に貢献しました。富子は, 日本の女性史においても重要な人物であり, 今なお多くの人々に尊敬されています。
歴史上の偉人

権力者の名がここに―大沢行嗣

-謎につつまれた人物・大沢行嗣- 大沢行嗣氏は、同氏に関する情報がほとんどないため、謎につつまれた人物として知られています。同氏の生年月日や出身地などは不明であり、同氏の経歴や過去の活動についてはほとんど知られていません。 しかし、同氏は2000年代初頭に突然、日本の政財界に現れ、短期間のうちに大きな影響力を持つようになりました。同氏は与党の主要人物と親密な関係を築き、数多くの政府機関や民間企業の顧問を務めました。また、同氏はメディアにも多く出演し、政治や経済に関する歯に衣着せぬ発言で注目を集めました。 同氏の急激な台頭は、多くの憶測を呼びました。同氏は政府のスパイではないか、あるいはヤクザのフロントマンではないかなど、さまざまな噂が飛び交いました。しかし、同氏はそのような噂をすべて否定し、自分は単なるビジネスマンであると主張しました。 2010年、同氏は政治資金規正法違反の疑いで逮捕されました。同氏は逮捕後、東京拘置所に収容されましたが、その後、保釈されました。同氏の裁判は現在も続いており、同氏の有罪、無罪についてはまだ判決が出ていません。 同氏は、その謎めいた人物像のため、日本のメディアや国民の間で大きな注目を集めています。同氏に関する報道は、連日、各新聞やテレビ番組で取り上げられており、同氏の裁判も多くの注目を集めています。 同氏の背後には何があるのか、同氏の真の目的は何なのかなど、同氏に関するさまざまな謎は、今日もなお解明されていません。
歴史上の偉人

「重興」

-# 日暮重興(ひぐらし-しげおき)のプロフィール 日暮重興(ひぐらし-しげおき)とは、1556年に越前で生まれた武将です。通称は数馬(かずま)、号は東雲庵(とううんあん)です。父は日暮秀重(ひぐらし-ひでしげ)、母は吉崎氏。妻は若狭武田氏の娘、子に日暮勝光(ひぐらし-かつみつ)、日暮秀政(ひぐらし-ひでまさ)、日暮具重(ひぐらし-ともしげ)などがいます。 日暮重興は、幼少の頃から武芸に優れ、また知略にも長けていました。1573年、18歳の時に織田信長に仕え、近江の戦いに従軍しました。この戦いで、重興は信長の軍勢の殿を務め、敵軍の追撃を退ける武功を上げて信長の信頼を得ます。1582年に、本能寺の変が起こると、重興は信長を弔うために自らの居城である日暮城に信長の遺体を安置しました。 その後、豊臣秀吉に仕え、九州征伐や朝鮮の役に従軍しました。1598年に、秀吉が亡くなると、重興は徳川家康に仕えました。1600年、関ヶ原の戦いでは、東軍として参加し、功績を上げています。1603年、江戸幕府が開かれると、重興は旗本として取り立てられ、500石を与えられました。 重興は、1613年に57歳で亡くなりました。法名は、東雲院殿日暮道順大禅定門。墓所は、東京都港区の青山霊園にあります。
歴史上の偉人

熊谷直純 – 室町時代の武将

-# 近江(おうみ)(滋賀県)浅井郡の豪族 熊谷直純は、室町幕府の幕臣で、近江(おうみ)(滋賀県)浅井郡の豪族であった。直純は、応永26年(1419年)に熊谷則純の子として生まれた。熊谷氏は、清和源氏の棟梁である源頼光を祖とする、桓武平氏の一族である。鎌倉時代には、代々、近江(おうみ)国守護となった。 直純は、応永34年(1427年)に元服して、室町幕府に仕えた。直純は、父と共に、小倉宮、後に、後花園天皇に仕えた。直純は、応永38年(1431年)に、父、則純が亡くなると、家督を相続した。 直純は、嘉吉元年(1441年)に、将軍足利義教の命を受けて、赤松満祐を討伐した。直純は、嘉吉2年(1442年)に、近江(おうみ)国守護に任命された。直純は、近江(おうみ)国守護として、領内の治安維持に努めた。直純は、応仁元年(1467年)に、応仁の乱が起こると、東軍に属して、西軍と戦った。直純は、応仁2年(1468年)に、近江(おうみ)国守護を辞任した。 直純は、文明4年(1472年)に、京都で亡くなった。享年54歳であった。直純は、子の直勝に家督を譲った。直勝は、近江(おうみ)国守護となり、浅井氏の全盛期を築いた。
歴史上の偉人

「東山殿」(⇒足利義政)について

室町時代の将軍 足利義政 足利義政は、室町幕府第8代将軍です。1436年に生まれ、1449年に将軍職を継承しました。在職期間は1449年から1473年まで、24年間でした。 義政の時代は、応仁の乱で戦乱が続いた時期です。応仁の乱は、1467年から1477年まで続いた戦いで、日本の歴史上最も長く続いた内乱です。この戦いで、義政は西軍の総大将を務めました。 応仁の乱は、義政の権威を低下させ、室町幕府の衰退につながりました。また、この戦いで京都は焼け野原になり、多くの文化遺産が失われました。 義政は、1473年に将軍職を辞任し、出家しました。その後、1490年に亡くなりました。 義政は、応仁の乱で戦乱が続く中、文化の保護にも努めました。彼は、書画や茶道を愛し、多くの文化人を保護しました。また、義政は、銀閣寺の建立にも関わり、日本の文化に大きな影響を与えました。 義政は、応仁の乱で戦乱が続いた時期に将軍を務めたため、その在職期間は困難なものでした。しかし、彼は、文化の保護にも努め、日本の文化に大きな影響を与えました。
歴史上の偉人

金剛正明 – 室町-戦国時代の能役者シテ方

金剛正明の生涯 金剛正明は、室町時代後期から戦国時代にかけて活躍した能役者で、シテ方の名手として知られた。出雲国(現在の島根県)に生まれ、幼い頃から能を学ぶ。はじめは榎木法師という名を名乗っていたが、後に金剛正明と改めた。 正明は、当初は地方の能役者として活躍していたが、やがて上洛して京都の舞台で活躍するようになる。その芸は評判を呼び、やがて室町幕府の将軍足利義政に仕えるようになり、御能役者として活躍した。 正明は、能のシテ方の名手として知られ、特に「石橋」「富士太鼓」などの演目でその芸を発揮した。また、正明は能の理論にも通じており、能の著書『能楽正説』を著した。正明の著書は、能の理論や歴史を研究する上で重要な資料となっている。 正明は、後に越前国(現在の福井県)に移り住み、そこで能役者として活躍した。そして、80歳でその生涯を閉じた。正明の死後、その芸は息子や孫によって受け継がれ、金剛流として現在に至るまで続いている。
歴史上の偉人

後花園天皇ー室町時代を彩った第102代天皇ー

-後花園天皇の生涯と業績- 後花園天皇は、1419年から1464年まで在位した第102代天皇です。室町時代後期に活躍し、応仁の乱を含む多くの混乱を乗り越えて、室町幕府と朝廷の協調を図る努力を続けました。 後花園天皇は、1419年に後小松天皇の第一皇子として生まれました。幼名は彦仁(ひこひと)であり、1428年に皇太子となりました。1433年に後小松天皇が譲位し、後花園天皇が即位しました。 後花園天皇の在位期間は、室町幕府の衰退と応仁の乱の勃発という、日本史上でも有数の混乱期でした。応仁の乱は、1467年から1477年まで続いた内戦であり、京都を中心に日本全土を巻き込みました。後花園天皇は、この内戦を収拾するために、幕府と朝廷の協調を図る努力を続けました。しかし、内戦は長期化し、朝廷の権威は大きく低下しました。 応仁の乱の後、後花園天皇は幕府と協力して、戦乱で荒廃した京都の復興に尽力しました。また、学問や文化を奨励し、歌道の発展にも貢献しました。 後花園天皇は、1464年に46歳で崩御しました。崩御後の諡号は「後花園天皇」であり、京都市右京区にある大徳寺に葬られました。 後花園天皇は、室町時代後期に活躍した天皇であり、応仁の乱という混乱期を乗り越えて、室町幕府と朝廷の協調を図る努力を続けました。また、京都の復興や学問・文化の奨励にも尽力しました。
歴史上の偉人

大館佐子-室町時代,8代将軍足利義政の側室

大館佐子とは 大館佐子(おおまちさこ、生没年不詳)は、室町時代、8代将軍足利義政の側室。 出自 岩見国(現在の島根県)の大館氏の娘とされる。 足利義政との関係 大館佐子は、永享10年(1438年)、足利義政の側室となった。義政との間に、義尚・義視・義澄・義稙・義冬・義助など、8男6女の計14人の子女を儲けた。 義政は、大館佐子を寵愛しており、永享12年(1440年)には、従五位下に叙され、文安元年(1444年)には、正二位に至った。また、長禄2年(1458年)には、尼僧となって、光浄院殿と号した。 大館佐子は、足利義政の側室として、政治に影響力を持ったとされる。また、文化人としても知られ、禅宗を篤く信仰し、歌を詠むことを好んだ。 死後 大館佐子は、文明元年(1469年)に死去したとされる。墓所は、相国寺(京都市上京区)にある。 大館佐子は、室町時代の女性として、政治や文化に大きな影響を与えた人物である。
歴史上の偉人

「日野重子」(1411-1463)

日野重子とは? 日野重子(ひの しげこ、1411年(応永18年) - 1463年11月23日(寛正4年10月17日))は、室町時代中期の女性。父は日野有光。母は北山院の女房。室町幕府第6代将軍・足利義教の正室。義尚、義勝、義政の生母。号は仁照院。 日野重子は、応永18年(1411年)に日野有光と北山院の女房の間に生まれた。幼名は阿幸(あこう)。嘉吉元年(1441年)に、足利義教との婚約が成立し、嘉吉3年(1443年)に入内。応仁元年(1467年)、義教が暗殺されると、子の義尚を擁立して将軍に就け、自らも将軍の母として政治を行った。 しかし、応仁の乱が勃発すると、義尚は京都を追われ、重子は近江に逃亡。応仁2年(1468年)に義尚が京都に帰還すると、重子も京都に戻った。しかし、応仁3年(1469年)に義尚が死去すると、重子は再び近江に逃亡。その後、寛正4年(1463年)に近江で死去した。 日野重子は、応仁の乱で夫と子を亡くし、自身も苦労の多い生涯を送った。しかし、義尚の死後も幕府の政権を維持するために努力し、室町幕府の安定に貢献した。
歴史上の偉人

益田兼尭-室町時代の武将

- 益田兼尭の生涯 益田兼尭は、室町時代の武将。因幡国に勢力を持った戦国大名である。益田氏初代当主・益田兼見の嫡男として誕生。 兼尭は幼少期より武勇に優れており、15歳で初陣を飾る。その後、播磨国で赤松氏と戦い、武功を挙げた。 1500年、父の兼見が死去すると、家督を継承する。その後、伯耆国に侵攻して、山名氏と戦った。また、但馬国にも侵攻して、垣屋氏を滅ぼした。 1513年、細川高国と手を組んで、細川澄元と戦った。この戦いで、兼尭は澄元の軍勢を破り、畿内における細川高国の勢力を拡大した。 1518年、兼尭は病死した。享年43。家督は嫡男の益田宗兼が継いだ。 兼尭は、因幡国を統一し、伯耆国、但馬国にも侵攻して領土を拡大した。また、畿内における細川高国の勢力を拡大するのに貢献した。兼尭は、室町時代の武将の中でも、屈指の武将の一人である。
歴史上の偉人

大田左近:室町時代の鋳物師

大田左近室町時代の鋳物師 大田左近の生い立ち 大田左近は、室町時代の初期に活躍した鋳物師で、京都の東、現在の大津市に生まれました。生年については定かではありませんが、14世紀の半ば頃と推定されています。左近の父親は大田左衛門尉という鋳物師で、左近も幼い頃から父親から鋳物の技術を学びました。 左近は、父親譲りの優れた鋳物の技術を持っていたようで、早くから頭角を現しました。左近が最初に鋳物師として活躍したのは、京都の東にある六角堂でした。六角堂は、平安時代の末期に建立されたお寺で、本堂には如意輪観音菩薩像が安置されています。この如意輪観音菩薩像は、左近が鋳物師として最初に手がけた作品のひとつだと言われています。 左近は、六角堂で鋳物師として活躍した後、京都の北にある鞍馬寺に移り住みました。鞍馬寺は、平安時代の初期に建立されたお寺で、本堂には毘沙門天像が安置されています。この毘沙門天像も、左近が鋳物師として手がけた作品のひとつです。 左近は、鞍馬寺で鋳物師として活躍した後、京都に戻り、東山の麓に鋳物所を開きました。左近の鋳物所は、当時としては最新の設備を備えており、左近はここでさまざまな仏像や仏具を鋳造しました。左近の鋳造した仏像や仏具は、その優れた技術と芸術性で人々に高く評価され、左近は室町時代を代表する鋳物師として名声を博しました。 左近は、鋳物師として活躍しただけでなく、鋳物の技術を後世に伝えるため、鋳物の技法をまとめた書物『鋳物指南書』を著しました。この書物は、鋳物の技術を学ぶ人々にとって貴重な資料となり、江戸時代まで広く読まれました。 左近は、1428年に亡くなりました。享年は60歳前後と推定されています。左近の死後、彼の鋳物所は息子の大田左衛門尉が継ぎました。左衛門尉もまた優れた鋳物師で、左近の技術を受け継ぎ、室町時代末期まで鋳物師として活躍しました。