足利義昭

歴史上の偉人

米田宗堅 – 戦国-織豊時代の武士

-将軍足利義輝に仕える- 米田宗堅は、戦国時代末期から安土桃山時代にかけての武将である。織田信長の家臣として賤ヶ岳の戦いや紀州征伐に参加した。 米田宗堅は、近江国出身。足利義輝に仕えており、義輝の死後は織田信長に仕えた。信長の死後は豊臣秀吉に仕えた。 米田宗堅は、賤ヶ岳の戦いで功績を上げ、紀州征伐にも参加した。紀州征伐では、雑賀衆を撃破するなど、活躍した。 米田宗堅は、賤ヶ岳の戦いの後、近江国の長浜城主となった。また、紀州征伐の後には、紀伊国の湯浅城主となった。 米田宗堅は、1595年に死去した。享年63。 米田宗堅は、戦国時代末期から安土桃山時代にかけて活躍した武将である。信長に仕えて賤ヶ岳の戦いで功績を上げ、紀州征伐にも参加した。また、秀吉に仕えて長浜城主や湯浅城主を務めた。
歴史上の偉人

細川昭元 – 戦国・織豊時代の武将

-織田信長に仕えた武将- 細川昭元は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将であり、織田信長に仕えました。昭元は、元亀元年(1570年)に織田信長の家臣となりました。昭元は、信長の家臣として、信長の軍に協力しました。昭元は、天正3年(1575年)に発生した長篠の戦いで、織田信長の軍として戦いました。長篠の戦いでは、昭元は、織田信長の軍が勝利するのに貢献しました。 昭元は、天正10年(1582年)に発生した本能寺の変で、織田信長が明智光秀に殺害された後、織田信長の嫡男である織田信忠に仕えました。昭元は、信忠の家臣として、信忠の軍に協力しました。昭元は、天正10年(1582年)に発生した山崎の戦いで、織田信忠の軍として戦いました。山崎の戦いでは、昭元は、織田信忠の軍が勝利するのに貢献しました。 昭元は、天正13年(1585年)に豊臣秀吉に仕えました。昭元は、秀吉の家臣として、秀吉の軍に協力しました。昭元は、天正15年(1587年)に発生した九州征伐に参加しました。九州征伐では、昭元は、豊臣秀吉の軍が勝利するのに貢献しました。 昭元は、文禄元年(1592年)に発生した文禄・慶長の役に参加しました。文禄・慶長の役では、昭元は、豊臣秀吉の軍として戦いました。昭元は、文禄元年(1592年)に発生した蔚山城の戦いで、豊臣秀吉の軍が勝利するのに貢献しました。 昭元は、慶長2年(1597年)に発生した慶長の役に参加しました。慶長の役では、昭元は、豊臣秀吉の軍として戦いました。昭元は、慶長2年(1597年)に発生した露梁海戦で、豊臣秀吉の軍が勝利するのに貢献しました。 昭元は、慶長5年(1600年)に発生した関ヶ原の戦いで、豊臣秀吉の軍として戦いました。関ヶ原の戦では、昭元は、豊臣秀吉の軍が敗北しました。昭元は、関ヶ原の戦いで戦死しました。
歴史上の偉人

足利義昭 – 室町時代の僧侶

応永12年(1405年)に足利義満の子として生まれた足利義昭は、室町時代の僧侶であり、足利将軍家の血統を継ぐ人物として知られています。しかし、その生涯については謎が多く、彼がどのような人物であったのか、どのような人生を歩んだのかはほとんどわかっていません。 応永12年(1405年)に足利義満の子として生まれた義昭は、幼少の頃から僧侶として育てられ、足利将軍家と深い関係を持っていました。義満の死後は、将軍となった義持に仕え、その側近として活躍したと考えられています。 しかし、義持の死後は、将軍職をめぐる争いに巻き込まれ、一時的に失脚します。その後、再び将軍職に復帰しましたが、すぐにまた失脚し、その後は出家して僧侶となりました。 義昭の生涯については、謎が多く、どのような人物であったのか、どのような人生を歩んだのかはほとんどわかっていません。しかし、彼が室町時代の僧侶であり、足利将軍家と深い関わりを持っていた人物であることは確かです。 さらに、義昭は、応永34年(1427年)に将軍となった足利義教の弟であり、義教が暗殺された後は、一時的に将軍職を継ぎました。しかし、すぐにまた失脚し、その後は出家して僧侶となりました。 義昭の死については、文明11年(1479年)に病死したと伝えられていますが、その死因については不明です。
歴史上の偉人

覚慶(3)-足利義昭

-足利義昭の生涯- 足利義昭は、1537年に足利義輝の三男として誕生しました。幼名は菊丸で、のちに覚慶と改名しました。覚慶は、9歳のときに父・義輝が三好長慶に暗殺されると、近江国の六角義賢のもとに身を寄せました。 1565年、覚慶は美濃国の斎藤龍興を頼り、足利将軍家の再興を図りました。しかし、斎藤龍興が織田信長に敗れると、覚慶は信長の保護を受けることになりました。 1568年、織田信長の支援を受けて、覚慶は京都に入り、室町幕府の第15代将軍に就任しました。覚慶は、将軍として、信長の権力を背景に、幕府の権威を回復しようとしましたが、信長との対立が激化し、1573年に京都を退去しました。 1576年、覚慶は信長の仲介により、京都に戻りました。しかし、覚慶は信長の権力に反発し、1582年に本能寺の変が起こると、信長に代わって天下統一を目指しました。しかし、豊臣秀吉の台頭により、覚慶は勢力を失い、1588年に京都を追放されました。 覚慶は、1597年に亡くなりました。覚慶の死後、足利将軍家は断絶しました。 覚慶は、室町幕府の最後の将軍であり、戦国時代の日本の歴史において重要な役割を果たしました。覚慶の生涯は、戦国時代の日本の激動の時代を反映しており、彼の生涯は多くのドラマチックな出来事に満ちています。
歴史上の偉人

「坂浄忠」

坂浄忠とは 坂浄忠(さか じょうちゅう)は、日本の法学者、政治家である。京都帝国大学教授、第16代京都市長、参議院議員などを歴任した。 坂浄忠は、1872年(明治5年)、長崎県平戸市に生まれた。1897年(明治30年)、京都帝国大学法科大学卒業。1900年(明治33年)から京都帝国大学助教授を務め、1903年(明治36年)教授に昇任した。専門は民法である。 1915年(大正4年)、坂浄忠は京都市長に選出された。第16代の京都市長として、京都市電の敷設や上下水道事業の整備など、多くの功績をあげた。1923年(大正12年)、京都市長を退任した。 その後、坂浄忠は参議院議員に当選し、1932年(昭和7年)から1947年(昭和22年)まで在任した。また、1937年(昭和12年)から1945年(昭和20年)まで内閣法制局長官を務めた。 坂浄忠は、1951年(昭和26年)に死去した。
歴史上の偉人

朽木元綱 〜織豊-江戸時代前期の武将〜

朽木元綱とは 朽木元綱は、戦国時代から江戸時代前期にかけて活躍した武将であり、丹波国の守護大名であった。別名は丹波守、法名は元珍、後に元信。 朽木氏は、近江国朽木を拠点とした国人領主である。元綱は、永禄10年(1567)に朽木政綱の子として生まれた。元綱は、幼い頃から武芸に秀で、天正10年(1582)の本能寺の変で父が織田信長に謀殺されると、その跡を継いだ。元綱は、豊臣秀吉に仕え、天正14年(1586)の九州平定に参陣した。また、文禄・慶長の役にも従軍し、武功を挙げた。 慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いでは、東軍に属して戦った。元綱は、徳川家康の命を受けて丹波国に侵攻し、西軍の細川忠興を破った。その後、元綱は丹波国を与えられ、山城国亀山城を居城とした。元綱は、丹波国の復興に尽力し、領内の安定と発展に貢献した。 元綱は、寛永16年(1639)に死去し、跡を嫡男の綱豊が継いだ。綱豊は、元綱の遺志を継ぎ、丹波国の発展に努めた。朽木氏は、江戸時代を通じて丹波国の大名として存続し、明治維新まで続いた。
歴史上の偉人

「高倉永相」

-「高倉永相」- -高倉永相とは?- 高倉永相は、平安時代後期の公卿であり、歌人としても知られています。 1151年生まれ。父は中納言・高倉範定。母は一条能保の娘。 1172年に従五位上に叙され、翌年には左近衛少将に任じられました。 1179年に従四位下となり、1181年には左近衛中将に任じられました。 1185年に従三位となり、1189年には右京大夫に任じられました。 1190年に正三位となり、1192年には左京大夫に任じられました。 1194年に権中納言に任じられ、1196年には正二位に叙されました。 1198年に中納言に任じられ、1199年には権大納言に任じられました。 1200年に大納言に任じられ、1202年には従一位に叙されました。 1204年に右大臣に任じられ、1205年に左大臣に任じられました。 1206年に辞任しましたが、1207年に復職しました。 1208年に辞任しましたが、1209年に復職しました。 1210年に辞任しましたが、1211年に復職しました。 1212年に権内大臣に任じられ、1213年に内大臣に任じられました。 1214年に辞任しましたが、1215年に復職しました。 1216年に辞任して出家しました。 1218年に薨去しました。享年68。 高倉永相は、歌人としても知られており、『永相百首』を詠んでいます。 『永相百首』は、100首の歌からなる百番連歌であり、1184年に詠まれました。 『永相百首』は、当時の人々の生活や風俗を知る上で貴重な資料となっています。
歴史上の偉人

「義昭」(⇒足利義昭)

-足利義昭の生涯- 足利義昭は、室町幕府の15代将軍です。1537年に京都で生まれ、父は足利義晴、母は近衛尚通の娘・慶寿院殿です。幼名は菊亭晴君。 1546年、父・義晴が三好長慶に京都を追われ、近江国に亡命したため、義昭も近江に逃れました。1558年、長慶が死去すると、義昭は京都に帰還し、1565年に将軍に就任しました。 しかし、義昭は将軍就任後も三好氏の勢力に悩まされ、1568年に織田信長に上洛を要請しました。信長は上洛に応じ、三好氏を滅ぼして義昭を京都に迎え入れました。 1573年、信長は室町幕府を滅亡させ、義昭は京都を追放されました。義昭は九州に逃れ、大友宗麟や島津義久を頼りながら各地を転々とし、1597年に京都で死去しました。 -足利義昭の人物像- 足利義昭は、温厚で慈悲深い人物だったと言われています。しかし、将軍としては決断力に欠け、信長に頼りすぎる傾向があったため、幕府を滅亡させる一因となってしまいました。 義昭は、和歌や連歌に優れており、多くの作品を残しています。また、茶の湯にも造詣が深く、信長や千利休と親交を深めました。
エンターテインメント

幸正能:能役者小鼓方としての功績と生涯

-天文8年生まれ。幸流の祖幸忠能の子。宗家2代。- 幸正能は、天文8年(1539年)に幸忠能の子として生まれました。幸忠能は、能役者小鼓方の祖とされる人物であり、幸正能は、その2代目を継ぎました。 幸正能は、父である幸忠能から小鼓を学び、その才能を発揮しました。また、幸正能は、能役者としても活躍し、その演技は高く評価されました。 幸正能は、宗家2代として、幸流の発展に貢献しました。また、幸正能は、多くの弟子を育て、その中には、のちに能役者小鼓方として活躍する者が多くいました。 幸正能は、永禄13年(1570年)に死去しました。享年32歳でした。幸正能の死は、能楽界にとって大きな損失となりました。 幸正能は、短い生涯でしたが、能役者小鼓方として、また、宗家2代として、大きな功績を残しました。
歴史上の偉人

織田信長 – 戦国時代を駆け抜けた革新者

織田信長の生涯と功績 1. 織田信長の誕生と家督相続 織田信長は、1534年に尾張国(現在の愛知県)に生まれました。父は織田信秀といい、尾張国を治める戦国大名でした。信長は、幼い頃から武芸に優れ、また、戦略や戦術にすぐれた才能を発揮していました。1551年に、父が亡くなると、わずか17歳で家督を相続して、織田家の当主となりました。 2. 桶狭間の戦い - 信長の初陣にして天下取りの第一歩 織田信長は、家督を相続すると、すぐに桶狭間の戦いで今川義元を破りました。桶狭間の戦いは、信長の初陣であり、また、天下取りの第一歩となりました。この戦いで、信長は、今川軍の弱点を見抜き、奇襲をかけることにより、勝利を収めました。この勝利により、信長は、尾張国の支配を固め、また、他の戦国大名に対してもその実力を示しました。 3. 信長の天下統一への道のり 桶狭間の戦いの後、信長は、順調に領土を拡大していきました。1560年に、美濃国(現在の岐阜県)を攻略し、1568年には、京都に入城して、足利義昭を将軍に擁立しました。その後、織田、徳川、武田の三者が天下をめぐって争ったが、1575年に、長篠の戦いで武田勝頼を破り、1582年には、本能寺の変で明智光秀に討たれるまで、信長は順調に天下統一を進めていきました。 4. 織田信長の功績 織田信長は、戦国時代に多くの功績を残しました。その功績の一つが、天下統一への道のりを切り拓いたことです。信長は、戦国大名の中で最初に天下統一を目指し、そのために、領土の拡大や、中央集権化を進めました。また、信長は、安土城を築城し、そこに本拠を置くことで、天下統一の拠点としました。 織田信長のもう一つの功績は、楽市・楽座の実施です。楽市・楽座とは、市場や座(同業者の組合)の税を廃止し、自由な商取引を認める制度のことです。楽市・楽座の実施により、経済が活性化し、商業や流通が盛んになりました。 織田信長は、戦国時代を駆け抜けた革新者であり、その功績は、日本史に大きな影響を与えました。
歴史上の偉人

曾我助乗-戦国-織豊時代の武将

-曾我助乗の生涯- 曾我助乗は、戦国時代から織豊時代にかけての武将です。今川氏、武田氏、豊臣氏に仕えました。 曾我助乗は、永禄元年(1558年)に遠江国で誕生しました。父は曾我助兵衛、母は不詳です。幼名は伝九郎と言いました。 永禄3年(1560年)、今川義元が桶狭間の戦いで織田信長に敗戦し、今川氏が没落すると、助乗は武田信玄に仕えました。助乗は、武田氏の家臣として各地を転戦し、その武功を認められました。 天正10年(1582年)、武田信玄が病死すると、助乗は武田勝頼に仕えました。しかし、天正10年(1582年)、織田信長が本能寺の変で明智光秀に討たれ、武田氏が滅亡すると、助乗は豊臣秀吉に仕えました。 助乗は、豊臣秀吉の九州平定、小田原征伐、朝鮮出兵などに参加し、その武功を認められました。 慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで豊臣氏が敗北すると、助乗は徳川家康に仕えました。助乗は、徳川家康の命により、紀伊国の雑賀衆を討伐し、その功績により、紀伊国に領地を与えられました。 助乗は、慶長16年(1611年)に死去しました。享年54歳でした。 助乗は、戦国時代から織豊時代にかけて、各地を転戦し、その武功を認められた武将です。
歴史上の偉人

「霊陽院」(⇒足利義昭(あしかが-よしあき))について

足利義昭は誰? 足利義昭は、室町幕府第15代将軍。通称は義秋。父は足利義晴、母は近衛尚通の娘・慶寿院。正室は織田信長の娘・徳姫。 1537年、京都にて出生。1550年、14歳で元服し、義昭と名乗る。1558年、父・義晴が死去し、家督を継ぐ。1565年、上洛して将軍に就任。 将軍在任中は、織田信長の庇護を受けていたが、1573年に信長と対立し、京都を追放される。その後、各地を転々とし、1582年に本能寺の変で信長が死去すると、京都に戻り、将軍に復位。しかし、1588年に豊臣秀吉に追放され、失脚。1597年に京都にて死去。 足利義昭は、室町幕府最後の将軍であり、戦国時代の動乱の中で、翻弄された生涯を送った。
歴史上の偉人

一色義道 – 戦国-織豊時代の武将

-永禄元年丹後国主となる- 永禄元年(1558年)、一色義道は丹後国主となった。これは、当時丹後国を支配していた波多野氏が滅亡したことにより、一色氏が丹後国を支配することになったためである。一色氏は、鎌倉時代から続く名門であり、丹後国支配の正当な後継者とされた。 一色義道は、丹後国主となった後、丹後国の統治に務めた。彼は、まず、丹後国内の反乱を鎮圧し、国内の秩序を確立した。また、丹後国の経済を活性化させるために、新しい産業を導入したり、道路や港を整備したりした。 一色義道の治世は、丹後国にとって平和で繁栄した時代であった。しかし、永禄10年(1567年)、一色義道は織田信長に攻め込まれて丹後国を追われた。一色義道は、丹後国を追われた後、各地を転々としたが、最終的には越前国で没した。 一色義道の治世は、丹後国にとって平和で繁栄した時代であった。しかし、織田信長の台頭により、一色氏は丹後国から追われることになった。
歴史上の偉人

– 京極高吉

- 京極高吉の生涯 京極高吉は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。丹後国守護。丹後京極氏12代当主。足利将軍家、織田信長、豊臣秀吉に仕えた。 -# 生い立ち 永正16年(1519年)、丹後国守護・京極高清の嫡男として生まれる。幼名は亀若丸。高吉は、父・高清から早くから家督を譲られ、15歳で丹後国守護となった。 -# 戦国大名としての活躍 高吉は、戦国大名として活躍し、丹後国を統一した。また、織田信長に仕え、信長の畿内平定に貢献した。天正10年(1582年)、本能寺の変で信長が横死すると、羽柴秀吉に仕えた。秀吉の九州平定に参加し、功績を挙げた。 -# 関ヶ原の戦い 慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いが起こると、高吉は東軍に属した。しかし、戦いの直前に西軍に寝返った。高吉の寝返りは、大津城の守りを固めていた西軍の武将・堀秀政を動揺させ、西軍の敗北につながった。 -# 晩年 関ヶ原の戦いの後、高吉は丹後国を没収され、隠居を余儀なくされた。慶長10年(1605年)、67歳で死去した。 -# 人物像 高吉は、武勇に優れた武将として知られた。また、和歌や茶道などにも通じ、文化人としても活躍した。高吉の和歌は、勅撰和歌集『新続古今和歌集』にも入選している。
歴史上の偉人

「和田惟政」

- 和田惟政 -# 戦国-織豊時代の武将 和田惟政は、戦国時代から織豊時代にかけての武将。信濃国伊那郡の豪族で、武田氏、徳川氏、豊臣氏に仕えた。 永禄5年(1562年)、武田信玄が信濃国に侵攻した際、惟政は武田氏に降伏。武田家臣として伊那郡を支配した。天正3年(1575年)、長篠の戦いで武田氏が敗北すると、惟政は徳川家康に降伏。徳川家臣として引き続き伊那郡を支配した。 天正10年(1582年)、本能寺の変により信長の織田氏が滅亡すると、惟政は豊臣秀吉に臣従。豊臣家臣として伊那郡を支配した。天正18年(1590年)、小田原征伐に参加。戦後、秀吉から信濃国高遠藩1万石を与えられた。 慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで惟政は東軍に属し、西軍の飯田城を攻めた。戦後、徳川家康から信濃国伊那郡3万石を与えられた。 慶長8年(1603年)、惟政は死去。享年62。
歴史上の偉人

加藤教明 – 戦国・織豊時代の武将

- 加藤教明の生涯 加藤教明は、戦国時代末期から江戸時代初期にかけての武将です。加藤清正の甥で、加藤家の一門衆として活躍しました。 教明は、天正11年(1583年)に豊後国日田市で生まれました。父は加藤清正の兄である加藤嘉明、母は戸次道雪の娘である戸次重成の娘です。教明は幼少期から武芸に秀でており、清正から寵愛されていました。 天正15年(1587年)、九州平定の際に14歳の教明は肥後国八代城攻めに初陣しました。天正18年(1590年)、小田原征伐では加藤軍として参加しました。この時、清正はに安房国鶴ヶ谷城を攻めており、教明は木村重茲とともに城を攻め落とし、清正に勝利と手柄を上げました。 慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで加藤家は西軍に属しました。教明も清正に従って参戦しましたが、敗戦して改易されました。その後、教明は清正の庇護を受けて肥後国に隠棲しました。 慶長10年(1605年)、清正が死去すると、教明は加藤家の家督を継ぎました。教明は清正の遺志を継ぎ、加藤家を再興しようと努力しました。しかし、豊臣政権が滅亡して江戸幕府が開幕すると、加藤家は幕府から取り潰されてしまいました。 教明は浪人となった後、各地を放浪しました。元和3年(1617年)、教明は京都で死去しました。享年35歳でした。 教明は加藤家の名門に生まれ、武勇に秀でていましたが、加藤家の滅亡とともにその生涯を閉じました。しかし、教明の武勇は後世に語り継がれ、加藤家の再興に尽力した人物として知られています。
歴史上の偉人

「奈良義成妹」

- 奈良義成妹戦国から織豊時代を生きた女性 奈良義成妹は、戦国時代から織豊時代にかけて生きた女性です。奈良義成の妹であり、織田信長や豊臣秀吉に仕えました。 奈良氏は、美濃国(現在の岐阜県南部)の土豪で、義成妹の父である奈良忠次が信長の家臣となりました。義成妹は、忠次の娘として生まれました。 信長死後は、秀吉に仕えました。秀吉は義成妹を側室とし、二人の間に娘が生まれました。義成妹は、秀吉の死後も京都に留まり、豊臣秀頼の補佐役を務めました。 関ヶ原の戦いで豊臣家が滅亡した後、義成妹は出家して尼僧となりました。そして、京都の妙心寺で余生を過ごしました。 奈良義成妹は、戦国時代から織豊時代にかけて活躍した女性です。信長や秀吉に仕え、豊臣家の補佐役を務めました。奈良義成妹は、乱世を生き抜いた強い女性でした。 -# 信長に仕えた奈良義成妹 奈良義成妹は、信長に仕えたとき、まだ若く、侍女として仕えていました。信長は、義成妹の美貌と聡明さを気に入り、側室にしました。義成妹は、信長の寵愛を受け、二人の間に娘が生まれました。 信長は、義成妹をとても可愛がっていました。あるとき、信長が義成妹の部屋を訪れたとき、義成妹が寝ているのを見ました。信長は、義成妹を寝かせたままで、部屋を出て行きました。 信長は、義成妹を側室にした後も、他の女性と関係を持ちました。しかし、義成妹は、信長のことをとても愛していました。そして、信長も義成妹を愛していました。 -# 秀吉に仕えた奈良義成妹 本能寺の変で信長が亡くなった後、義成妹は、秀吉に仕えました。秀吉は、義成妹のことをとても気に入り、側室にしました。そして、二人の間に娘が生まれました。 秀吉は、義成妹をとても可愛がっていました。あるとき、秀吉が義成妹の部屋を訪れたとき、義成妹が寝ているのを見ました。秀吉は、義成妹を寝かせたままで、部屋を出て行きました。 秀吉は、義成妹を側室にした後も、他の女性と関係を持ちました。しかし、義成妹は、秀吉のことをとても愛していました。そして、秀吉も義成妹を愛していました。 -# 織田秀信の正妻となった娘 奈良義成妹の娘は、織田秀信の正妻となりました。織田秀信は、信長の三男で、本能寺の変の後、織田家の家督を継ぎました。 奈良義成妹の娘は、秀信を支え、二人の間に子供をもうけました。しかし、関ヶ原の戦いで秀信は敗北し、自害しました。 奈良義成妹の娘は、秀信の死後も生きていました。そして、京都で余生を過ごしました。 -# 豊臣秀頼の補佐役を務めた奈良義成妹 秀吉の死後、義成妹は、豊臣秀頼の補佐役を務めました。義成妹は、秀頼のことをとても可愛がっていました。そして、秀頼も義成妹のことをとても慕っていました。 義成妹は、秀頼の教育係を務め、秀頼の成長を見守りました。そして、秀頼が成人した後も、義成妹は秀頼の側近として仕えました。 関ヶ原の戦いで豊臣家が滅亡した後、義成妹は出家して尼僧となりました。そして、京都の妙心寺で余生を過ごしました。 奈良義成妹は、戦国時代から織豊時代にかけて活躍した女性です。信長や秀吉に仕え、豊臣家の補佐役を務めました。奈良義成妹は、乱世を生き抜いた強い女性でした。
歴史上の偉人

「足利義秋」(⇒足利義昭(あしかが-よしあき))について

足利義秋とは誰か 足利義秋とは、足利将軍家の15代将軍である足利義昭のことです。彼は、天文22年(1553年)に京都で生まれました。父は13代将軍足利義輝、母は近衛尚通の娘である香淳院です。幼名は菊童丸。 義秋は、永禄11年(1568年)に室町幕府14代将軍足利義栄が織田信長によって追放された後、将軍に就任しました。しかし、義秋は将軍としての実権はなく、信長の傀儡政権として利用されました。 元亀2年(1571年)に信長が上洛すると、義秋は京都を追放され、近江に逃れました。その後、義秋は信長と何度か和睦しましたが、いずれも破綻しました。 天正5年(1577年)に信長が本能寺の変で横死すると、義秋は京都に帰還して将軍に復職しました。しかし、義秋は依然として実権はなく、羽柴秀吉の傀儡政権として利用されました。 天正10年(1582年)に山崎の戦いで秀吉に敗れた義秋は、播磨に逃れました。その後、義秋は九州に渡り、島津氏の庇護を受けました。 天正15年(1587年)に秀吉が九州を平定すると、義秋は秀吉に降伏しました。義秋は、その後、京都で隠居生活を送りました。 慶長4年(1599年)に義秋は死去しました。享年46。
歴史上の偉人

津田重久 – 織豊・江戸時代前期の武将

-足利義昭、明智光秀に仕える- 織田信長が足利義昭を奉じて上洛させた後、津田重久は足利義昭に仕えました。 当時は、織田信長が天下統一に向けて着々と勢力を広げていた時代でした。津田重久は、足利義昭の命を受けて、織田信長と戦いました。 しかし、織田信長は圧倒的な軍事力を誇っており、津田重久は織田信長に敗北してしまいました。 その後、津田重久は浪人となり、明智光秀に仕えました。津田重久は、明智光秀の重臣として、織田信長の重臣である羽柴秀吉と戦いました。 しかし、明智光秀は本能寺の変で織田信長を謀殺した後に、羽柴秀吉に敗北してしまいました。津田重久も、明智光秀と共に敗れ、自害しました。 津田重久は、足利義昭と明智光秀に仕えた武将であり、織田信長と羽柴秀吉と戦った武将でした。
歴史上の偉人

三好義継 – 戦国時代の武将

- 三好義継の生涯 三好義継は、戦国時代の武将であり、三好氏の第14代当主です。三好長慶の嫡男として生まれ、若い頃から父に従って戦場を転戦しました。1562年に父が没すると、家督を継いで三好氏の当主となりました。 三好義継は、父が築き上げた勢力を維持するため、各地で戦いを繰り広げました。しかし、織田信長や豊臣秀吉などの強力な武将が台頭する中、三好氏は衰退の一途をたどりました。1582年に本能寺の変で織田信長が倒れると、三好義継は一時的に勢力を盛り返しましたが、その後も豊臣秀吉に敗れ、1584年に自害しました。 三好義継は、戦国時代を代表する武将の一人であり、その生涯は波乱に満ち溢れていました。父から受け継いだ三好氏の勢力を維持するため、各地で戦いを繰り広げましたが、最終的には織田信長や豊臣秀吉などの強力な武将に敗れ、自害しました。 三好義継は、その勇猛果敢な戦ぶりと、家臣思いの性格で知られていました。また、茶道や連歌などの文化にも精通しており、戦国時代の武将としては、非常に教養のある人物でした。 三好義継の生涯は、戦国時代の激動の時代を象徴しています。彼の生き様は、後世の人々に多くの教訓を残しました。
歴史上の偉人

足利義栄 – 室町幕府14代将軍

-# 将軍足利義栄の生涯 -足利義栄は、室町幕府の14代将軍である。1537年、12代将軍足利義晴の長男として生まれた。幼名は菊丸丸。1546年、父が三好長慶に京都を追われて近江に逃れたため、義栄は代わりに将軍職に就いた。しかし、義栄は三好長慶と対立し、1565年に三好三人が京都を制圧したため、義栄は近江に逃亡した。1568年、織田信長が上洛すると、義栄は信長に降伏し、将軍職を辞任した。その後、義栄は信長の家臣として仕えたが、1573年に信長に謀殺された。- -義栄の生涯は、波乱に満ちたものであった。将軍職を巡る争いに巻き込まれ、三好長慶や織田信長などの戦国大名と対立した。また、義栄は将軍としての実権を握ることができず、傀儡将軍と呼ばれることもあった。しかし、義栄は最後まで将軍職を全うしようとし、その気概は称賛されるべきである。- -義栄は、1573年に信長に謀殺されたが、その死は謎に包まれている。義栄が信長に謀殺されたのは、義栄が信長に謀反を起こしたからであるとも言われている。しかし、義栄が信長に謀反を起こしたという証拠はなく、実際には信長が義栄を謀殺した理由は不明である。- -義栄の死は、室町幕府の滅亡を意味した。室町幕府は、1336年に足利尊氏が開いた幕府であるが、義栄の死によって1573年に滅亡した。室町幕府の滅亡は、戦国時代の終焉を意味し、日本の歴史に大きな影響を与えた。-
歴史上の偉人

戦国時代の武将 一色藤長とは?その生涯と功績

-一色藤長とは?- 一色藤長(いっしきふじなが)は、戦国時代の武将。和泉国日根郡(現在の和歌山県泉南郡岬町)の国人領主で、一色氏の第19代当主。通称は藤九郎(ふじくろう)・武兵衛尉。 藤長は、一色氏の居城である日根城に生まれ、15歳で家督を継いだ。当時、和泉国は畠山氏と細川氏の争いで混乱しており、藤長は畠山氏と同盟して細川氏と戦った。 永禄4年(1561年)、藤長は細川氏に攻め込まれ、日根城を落城させた。藤長は和泉国を離れ、河内国に逃れた。 その後、藤長は織田信長に仕えて、河内国や和泉国で活躍した。天正10年(1582年)、本能寺の変で信長が討たれると、藤長は豊臣秀吉に仕えた。 藤長は、秀吉の朝鮮出兵にも参加し、慶長の役では、水軍を率いて活躍した。慶長11年(1606年)、藤長は死去した。享年70。
歴史上の偉人

戦国時代の武将「島津忠治」とその生涯

-島津忠治の誕生と家督継承- 島津忠治は、天文20年(1551年)に薩摩国(現在の鹿児島県)の武将、島津貴久の次男として誕生しました。幼名は亀寿丸。 忠治は、6歳の時に父・貴久が亡くなり、兄・義久が家督を継ぎました。義久は、勇猛果敢な武将として知られ、九州統一を目指して、他国に侵攻を繰り返しました。忠治は、兄の義久を補佐し、各地を転戦しました。 永禄12年(1569年)、忠治は、日向国(現在の宮崎県)の武将、伊東義祐を討ち、日向を平定しました。この戦功により、忠治は、日向国の守護に任じられました。 天正3年(1575年)、九州の覇権を巡り、島津氏と大友氏の間で木崎原の戦いが勃発しました。この戦いで、忠治は大友方の武将、大友宗麟と一騎打ちを行い、勝利を収めました。島津氏は、木崎原の戦いに勝利し、九州の覇権を握りました。 天正6年(1578年)、義久が亡くなり、忠治が家督を継ぎました。忠治は、義久の遺志を継いで、九州統一を目指し、他国に侵攻を繰り返しました。 天正14年(1586年)、豊臣秀吉が九州に侵攻してきました。忠治は、秀吉に抗戦しましたが、島津氏は、秀吉に敗れ、降伏しました。忠治は、秀吉に人質として差し出され、京都で幽閉されました。 文禄元年(1592年)、秀吉の命令により、忠治は、薩摩国に帰国しました。しかし、忠治は、帰国後まもなく病にかかり、文禄2年(1593年)に亡くなりました。享年43歳でした。
歴史上の偉人

越智維道

- 越智維道 -# 足利義教と将軍職を争った弟弟、足利義昭や南朝の再興をめざす小倉宮を迎える。 斯波氏の一門、越智維道は、足利義教と将軍職を争い、敗れたのちに逃亡した弟弟、足利義昭を匿い、将軍に擁立しました。また、南朝の再興をめざす小倉宮を迎えて、挙兵を支援しました。 維道は、越智氏の一族で、播磨国守護を務めていました。義教が将軍になると、維道は管領に任じられ、幕府の重臣になりました。しかし、義教は次第に専制的な政治を行うようになり、維道はこれに反発するようになりました。 永享10年(1438年)、維道は義教の政策に反対する諸将と結んで挙兵しました。しかし、義教の軍勢に敗れ、逃亡しました。義昭は、維道の居城である播磨国の三木城に逃れてきました。維道は義昭を匿い、将軍に擁立することに成功しました。 嘉吉元年(1441年)、義昭は京都に入り、将軍となりました。しかし、義教の遺児である足利義勝に攻められて、まもなく失脚しました。維道は、義昭とともに逃亡しましたが、義昭が管領の細川勝元に捕らえられたため、単身で逃亡しました。 文安元年(1444年)、維道は南朝の再興をめざす小倉宮を迎えて、挙兵しました。しかし、幕府軍に敗れて、自害しました。 維道は、義教の専制的な政治に反対する諸将の領袖として、幕府に抵抗しました。また、義昭や小倉宮を支援して、彼らの挙兵を助けました。維道は、戦国時代の幕府の権威の衰退を象徴する人物の一人です。