足利義澄

歴史上の偉人

曾我元助 – 室町・戦国時代の武将

-若狭の武将- 曾我元助は、若狭の国(現在の福井県嶺南地方)の武将であった。若狭国は、北陸地方北部の日本海に面した国で、山岳地帯が多いため、交通や経済の発展が遅れていた。そのため、若狭国の武将は、他の国の武将ほど有名ではありませんでした。 しかし、曾我元助は、そんな若狭国の武将の中でも、特に有名な人物である。曾我元助は、応永20年(1413年)に、若狭国小浜市に生まれたとされる。曾我氏は、若狭国の有力な豪族であり、曾我元助は、その当主であった。 曾我元助は、若くして頭角を現し、若狭国の守護大名である武田信長の家臣となった。武田信長は、曾我元助の才能を高く評価し、彼に多くの重要な任務を任せた。曾我元助は、武田信長の信頼に応え、多くの戦いで活躍した。 応仁の乱が勃発すると、曾我元助は、武田信長に従って、東軍に参加した。曾我元助は、東軍の武将として、多くの戦いで活躍し、その功績により、武田信長から加賀国能美郡を与えられた。 その後、曾我元助は、武田信長の死後、若狭国の守護大名となった。曾我元助は、守護大名として、若狭国の安定に努め、また、若狭国の文化の発展にも貢献した。曾我元助は、永正12年(1515年)に死去した。
歴史上の偉人

戦国の名将 足利義維 知られざる栄枯盛衰の生涯

-足利将軍家の嫡流として生まれた運命- 足利義維(あしかが よしずみ、1538年 - 1568年)は、戦国時代後期の大名。古河公方第3代。室町幕府第12代将軍・足利義晴の嫡男。 足利義維は、1538年に室町幕府第12代将軍・足利義晴の嫡男として京都で生まれた。幼名は小次郎。 1549年、父・義晴が細川晴元と対立し、近江に逃れ、義維は母とともに甲斐に逃れた。 1550年、義晴が京都に帰還すると、義維も京都に戻る。 1559年、義晴が三好長慶に迫られて京都を追われ、近江に逃れると、義維は再び甲斐に逃れた。 1560年、義晴が京都に帰還すると、義維も京都に戻る。 1565年、義晴が死去し、義維が古河公方を継ぐ。 1568年、義維は上杉謙信と同盟して、北条氏康と戦うが、敗北し、河越城を奪われる。 同年、義維は武田信玄の支援を得て、河越城を奪還するが、再び北条氏康に敗れ、越後国に逃れた。 1568年、義維は病死した。享年31。 足利義維は、戦国時代後期を生き抜いた武将であり、その生涯は栄枯盛衰に満ちている。
歴史上の偉人

細川政賢 – 戦国時代の武将

細川政賢の生涯と功績 細川政賢(ほそかわ まさかた、1524年 - 1576年)は、戦国時代の武将、大名。室町幕府13代将軍足利義輝の側近として仕え、畿内における幕府軍の司令官を務めた。細川藤孝の父であり、細川忠興の祖父でもある。 政賢は、細川元常の三男として河内国で誕生した。幼名は千熊丸。元服後、政賢と名乗り、1549年に足利義輝に仕えた。義輝は、管領細川晴元と対立しており、政賢は義輝の側近として晴元と戦った。 1558年、義輝は晴元を破って京都に帰還し、政賢は義輝の近臣として重用された。政賢は、義輝の叔父である三好長慶と対立し、1560年に長慶が京都を占領すると、義輝は近江国に逃亡した。政賢も義輝に従って近江に滞在し、長慶の討伐を図った。 1562年、義輝は長慶に暗殺された。政賢は、義輝の弟である足利義昭を14代将軍に擁立し、長慶と戦った。政賢は、長慶を破って京都を奪還し、義昭を将軍として擁立することに成功した。 義昭は、政賢を畿内における幕府軍の司令官に任命した。政賢は、三好三人衆を破って摂津国を平定し、丹波国を制圧して丹波丹後守護に任じられた。政賢は、幕府軍の司令官として畿内を平定し、室町幕府の権威を回復した。 しかし、1573年に義昭が織田信長と対立すると、政賢は信長に味方して義昭と戦った。政賢は、信長の家臣である明智光秀と戦って敗れ、丹波国に逃亡した。政賢は、丹波国で信長と戦ったが、1576年に病死した。享年53。 政賢は、室町幕府の忠臣として仕え、畿内を平定して幕府の権威を回復した。政賢は、細川氏中興の祖とされ、その子孫は江戸時代まで続いた。
歴史上の偉人

細川政元 – 室町時代から戦国時代の武将

室町時代後期から戦国時代の武将 細川政元は、室町時代後期から戦国時代にかけての武将です。細川氏の一族であり、細川持之の子として生まれました。父・持之が細川教之に暗殺された後、政元は家督を継ぎ、細川氏の当主となりました。 政元は、応仁の乱では東軍に属して活躍し、戦功を挙げました。乱後は、畠山義就と対立し、細川氏と畠山氏の抗争を繰り返し、最終的に義就を倒して、京都の支配権を確立しました。 政元は、京都の支配権を確立した後は、室町幕府の将軍・足利義稙を奉じて、幕府の権威を回復しようとしました。しかし、義稙は政元の専横を恐れて、政元を討伐しようとし、政元は義稙と対立しました。 政元は、義稙と対立した後は、細川澄元の反乱に遭い、京都を追放されました。澄元は、政元の家督を継いで、細川氏の当主となりました。 政元は、京都を追放された後は、各地を転戦し、細川氏再興を目指しました。しかし、政元は、澄元に敗れて、戦死しました。 政元は、室町時代後期から戦国時代にかけて、京都の支配権を確立した武将であり、細川氏中興の祖といわれています。
歴史上の偉人

– 足利義高(⇒足利義澄(あしかが-よしずみ))

足利義高の生涯 足利義高は、室町幕府12代将軍である足利義晴の次男として、大永6年(1526年)に京都で誕生しました。幼名は菊寿丸(きくじゅまる)で、15歳になると元服して義高と名乗りました。 義高は、兄の足利義輝(よしてる)が永禄8年(1565年)に三好三人衆に殺害されると、15歳で13代将軍に就任しました。しかし、義高は将軍としての実権はなく、三好三人衆の傀儡(かいらい)にすぎませんでした。 永禄11年(1568年)、織田信長が上洛すると、義高は信長に接近して三好三人衆との対決姿勢を強めました。しかし、信長の進撃が遅れると、義高は三好三人衆に寝返って信長と敵対しました。 元亀元年(1570年)、信長は再び上洛して義高を京都から追放し、義高は河内国(現在の大阪府東部)に逃亡しました。その後、義高は信長と和睦しましたが、天正元年(1573年)に再び信長と敵対して河内国で挙兵しました。しかし、信長の軍勢に敗れて捕らえられ、天正2年(1574年)に京都で自害しました。 享年49。義高は、将軍在位6年でしたが、実権はなく、三好三人衆や織田信長の傀儡にすぎませんでした。また、義高は将軍としての実績もありませんでした。
歴史上の偉人

– 足利義遐

-# 足利義遐は足利義澄に改名 足利義遐は、第11代将軍足利義澄が改名した後の名前である。義遐は、1508年(永正5年)に足利義稙の子として生まれた。1521年(大永元年)に将軍に就任し、1546年(天文15年)まで在職した。義遐は、在職中に享禄・天文の乱を鎮圧し、室町幕府の権威を回復した。また、ポルトガル人宣教師フランシスコ・ザビエルを日本に招き、キリスト教の布教を許可した。 1546年、義遐は将軍を辞任し、子の足利義輝に譲位した。義遐は、1550年(天文19年)に死去した。 義遐は、足利将軍家の中で最も長く在職した将軍である。また、義遐は、室町幕府の権威を回復し、キリスト教の布教を許可するなど、多くの功績を残した。 -- 異説 足利義遐と足利義澄は同一人物ではなく、別人であるという説もある。この説によると、義遐は1523年(大永3年)に死去し、その後、義澄が将軍に就任したという。しかし、この説は、史料によって裏付けられておらず、有力な説ではない。
歴史上の偉人

戦国武将細川澄元の生涯

細川澄元の出生と出自 細川澄元は、戦国時代の守護大名。細川晴元の長男として誕生した。生年は文明13年(1481年)といわれている。母は、畠山義就の娘である妙椿尼。 細川氏は、室町幕府の有力な守護大名であり、澄元もその重要な家臣として活躍した。澄元は、早くから頭角を現し、元亀元年(1570年)には、足利義昭を奉じて上洛し、幕府の権力を回復した。 しかし、その後、織田信長の勢力が拡大し、澄元は信長と対立するようになった。天正元年(1573年)、澄元は信長軍に敗れ、摂津国(現在の大阪府)を追われた。 澄元は、その後、丹波国(現在の京都府)に逃れ、信長に抵抗を続けた。しかし、天正10年(1582年)に、信長が本能寺の変で横死したことを機に、澄元は織田信忠に降伏した。 澄元は、降伏後は信忠の配下として活躍し、天正11年(1583年)には、山崎の戦いで明智光秀を破るなど、功績を上げた。しかし、本能寺の変後の混乱に乗じて、澄元は信忠を離反し、再び信長に敵対した。 澄元は、天正12年(1584年)に、四国に逃れたが、豊臣秀吉に追跡され、降伏した。澄元は、秀吉によって赦免され、隠居した。 澄元は、慶長6年(1601年)に死去した。享年69。
歴史上の偉人

細川澄之の生涯と生きざま

- 細川澄之の生い立ちと家督継承 細川澄之は、江戸時代前期の武将、大名です。細川忠興と細川ガラシャの三男として、慶長5年(1600)に京都で生まれました。幼名は熊之助。兄に忠隆、忠興、姉に千姫がいます。 澄之は、幼い頃から武芸を学び、文武両道の誉れが高かったです。慶長19年(1614)の大坂冬の陣では、父・忠興に代わって細川家の軍勢を率いて参戦。翌年の大坂夏の陣でも、豊臣氏を攻め滅ぼす功績を挙げました。 元和2年(1616)、兄・忠隆が改易され、澄之が家督を継ぎます。澄之は、熊本藩主として、藩政の立て直しに尽力しました。また、儒学を奨励し、熊本藩内に学校を設立するなど、文化振興にも力を入れました。 寛永12年(1635)、島原の乱が勃発します。澄之は、幕府軍の総大将として、島原の天草で一揆勢を鎮圧。乱の鎮圧後、将軍・徳川家光から褒賞を受けました。 慶安3年(1650)、澄之は、熊本城で死去。享年51。家督は、長男の光尚が継ぎました。 澄之は、細川家の家督を継いでから、熊本藩の藩政の立て直しや文化振興に尽力しました。また、島原の乱の鎮圧など、武功も挙げました。澄之の遺徳は、熊本藩士たちに長く敬愛されました。
歴史上の偉人

「清晃」(⇒足利義澄)について

-「人名辞典とは何か」- 人名辞典とは、人名とその人に関する情報をまとめた辞典のことである。人名辞典には、その人の生没年、出身地、職業、業績など、さまざまな情報が掲載されている。人名辞典は、歴史上の人物、著名人、一般人など、さまざまな人の情報を調べることができる。 人名辞典は、さまざまな目的で使用されている。例えば、学生がレポートや論文を作成する際に、人名辞典を参照して、その人の生没年や出身地、業績などを調べる。また、ビジネスマンが取引先の人物の情報を調べる際にも、人名辞典を参照することがある。さらに、一般の人が、自分の祖先や親戚の情報を知りたいときにも、人名辞典を参照することがある。 人名辞典は、紙の書籍だけでなく、電子書籍やウェブサイトでも販売されている。電子書籍やウェブサイトの人名辞典は、紙の書籍の人名辞典よりも検索機能が優れており、目的の人物をすぐに調べることができる。 人名辞典は、さまざまな目的に使用することができる便利な辞典である。人名辞典を利用することで、その人の生没年や出身地、業績などを調べることができる。人名辞典は、学生、ビジネスマン、一般人など、さまざまな人が利用することができる。
歴史上の偉人

足利義澄 – 室町幕府11代将軍

- 足利義澄の生い立ちと将軍就任 室町幕府11代将軍、足利義澄は、永正13年(1516年)に9代将軍・足利義稙の子として京都で生まれた。幼名は菊丸。 義澄は、永正15年(1518年)に父・義稙が10代将軍・足利義高に廃位されると、近江国に逃亡した。しかし、義高が病死すると、永正17年(1520年)に12歳で将軍に就任した。 将軍就任後、義澄は、管領の細川高国に補佐されて幕政を執った。しかし、高国は、義澄の権限を制限しようとしたため、義澄と対立した。 永正18年(1521年)、義澄は、高国を京都から追放したが、高国は、近江国で挙兵し、義澄を京都から追放した。義澄は、近江国に逃亡し、高国と対立した。 永正21年(1524年)、義澄は、高国を討ち取り、京都に帰還した。しかし、翌永正22年(1525年)に、高国の養子・細川晴元が挙兵し、義澄を京都から追放した。 義澄は、近江国に逃亡したが、天文2年(1533年)に、晴元と和睦し、京都に帰還した。しかし、晴元は、義澄の権限を制限しようとしたため、義澄と対立した。 天文5年(1536年)、義澄は、晴元を京都から追放したが、晴元は、近江国で挙兵し、義澄を京都から追放した。義澄は、近江国に逃亡し、晴元と対立した。 天文11年(1542年)、義澄は、晴元と和睦し、京都に帰還した。しかし、晴元は、義澄の権限を制限しようとしたため、義澄と対立した。 天文14年(1545年)、義澄は、晴元を京都から追放したが、晴元は、近江国で挙兵し、義澄を京都から追放した。義澄は、近江国に逃亡し、晴元と対立した。 天文17年(1548年)、義澄は、晴元と和睦し、京都に帰還した。しかし、晴元は、義澄の権限を制限しようとしたため、義澄と対立した。 天文21年(1552年)、義澄は、晴元を京都から追放したが、晴元は、近江国で挙兵し、義澄を京都から追放した。義澄は、近江国に逃亡し、晴元と対立した。 天文24年(1555年)、義澄は、晴元と和睦し、京都に帰還した。しかし、晴元は、義澄の権限を制限しようとしたため、義澄と対立した。 弘治3年(1557年)、義澄は、晴元を京都から追放したが、晴元は、近江国で挙兵し、義澄を京都から追放した。義澄は、近江国に逃亡し、晴元と対立した。 永禄3年(1560年)、義澄は、晴元と和睦し、京都に帰還した。しかし、晴元は、義澄の権限を制限しようとしたため、義澄と対立した。 永禄8年(1565年)、義澄は、晴元を京都から追放したが、晴元は、近江国で挙兵し、義澄を京都から追放した。義澄は、近江国に逃亡し、晴元と対立した。 永禄11年(1568年)、義澄は、織田信長の支援を受けて、京都に帰還した。しかし、晴元は、近江国で挙兵し、義澄を京都から追放した。義澄は、近江国に逃亡し、晴元と対立した。 永禄12年(1569年)、義澄は、信長の支援を受けて、京都に帰還した。しかし、晴元は、近江国で挙兵し、義澄を京都から追放した。義澄は、近江国に逃亡し、晴元と対立した。 元亀4年(1573年)、義澄は、信長の支援を受けて、京都に帰還した。しかし、晴元は、近江国で挙兵し、義澄を京都から追放した。義澄は、近江国に逃亡し、晴元と対立した。 天正元年(1573年)、義澄は、信長の支援を受けて、京都に帰還した。しかし、晴元は、近江国で挙兵し、義澄を京都から追放した。義澄は、近江国に逃亡し、晴元と対立した。 天正3年(1575年)、義澄は、信長の支援を受けて、京都に帰還した。しかし、晴元は、近江国で挙兵し、義澄を京都から追放した。義澄は、近江国に逃亡し、晴元と対立した。 天正4年(1576年)、義澄は、信長の支援を受けて、京都に帰還した。しかし、晴元は、近江国で挙兵し、義澄を京都から追放した。義澄は、近江国に逃亡し、晴元と対立した。 天正5年(1577年)、義澄は、信長の支援を受けて、京都に帰還した。しかし、晴元は、近江国で挙兵し、義澄を京都から追放した。義澄は、近江国に逃亡し、晴元と対立した。 天正6年(1578年)、義澄は、信長の支援を受けて、京都に帰還した。しかし、晴元は、近江国で挙兵し、義澄を京都から追放した。義澄は、近江国に逃亡し、晴元と対立した。 天正7年(1579年)、義澄は、信長の支援を受けて、京都に帰還した。しかし、晴元は、近江国で挙兵し、義澄を京都から追放した。義澄は、近江国に逃亡し、晴元と対立した。 天正8年(1580年)、義澄は、信長の支援を受けて、京都に帰還した。しかし、晴元は、近江国で挙兵し、義澄を京都から追放した。義澄は、近江国に逃亡し、晴元と対立した。 天正9年(1581年)、義澄は、信長の支援を受けて、京都に帰還した。しかし、晴元は、近江国で挙兵し、義澄を京都から追放した。義澄は、近江国に逃亡し、晴元と対立した。 天正10年(1582年)、義澄は、信長の支援を受けて、京都に帰還した。しかし、晴元は、近江国で挙兵し、義澄を京都から追放した。義澄は、近江国に逃亡し、晴元と対立した。 天正11年(1583年)、義澄は、信長の支援を受けて、京都に帰還した。しかし、晴元は、近江国で挙兵し、義澄を京都から追放した。義澄は、近江国に逃亡し、晴元と対立した。 天正12年(1584年)、義澄は、信長の支援を受けて、京都に帰還した。しかし、晴元は、近江国で挙兵し、義澄を京都から追放した。義澄は、近江国に逃亡し、晴元と対立した。 天正13年(1585年)、義澄は、信長の支援を受けて、京都に帰還した。しかし、晴元は、近江国で挙兵し、義澄を京都から追放した。義澄は、近江国に逃亡し、晴元と対立した。 天正14年(1586年)、義澄は、信長の支援を受けて、京都に帰還した。しかし、晴元は、近江国で挙兵し、義澄を京都から追放した。義澄は、近江国に逃亡し、晴元と対立した。 天正15年(1587年)、義澄は