辞典編集者

研究者

「斎藤精輔」

-# 「明治-大正時代の辞典編集者」 斎藤精輔は、明治-大正時代の辞典編集者です。1856年(安政3年)に東京に生まれ、1926年(大正15年)に亡くなりました。 斎藤精輔は、1877年(明治10年)に東京帝国大学を卒業後、文部省に入省しました。文部省では、編纂局に勤務し、辞典の編集に従事しました。1889年(明治22年)には、『辞林』の編纂主任となり、1896年(明治29年)には、『大言海』の編纂主任となりました。 斎藤精輔は、『辞林』と『大言海』の編纂において、多くの功績を残しました。『辞林』は、日本の最初の近代的な辞典であり、『大言海』は、日本の最初の百科事典です。これらの辞典は、日本の近代化に大きな貢献をしました。 斎藤精輔は、1926年(大正15年)に亡くなりましたが、その功績は今もなお高く評価されています。2006年(平成18年)には、日本辞書協会によって「日本辞書協会賞」が贈られました。 -# 斎藤精輔の功績 斎藤精輔は、日本の近代化に大きな貢献をした人物です。その功績は以下の通りです。 * 日本の最初の近代的な辞典である『辞林』の編纂主任を務めた。 * 日本の最初の百科事典である『大言海』の編纂主任を務めた。 * 日本辞書協会賞を受賞した。 斎藤精輔の功績は、日本の近代化に大きな貢献をしたとして、今もなお高く評価されています。