辞典

文学分野の人

広瀬十口(青木十口)について

-広瀬十口(青木十口)の生涯とは- 広瀬十口(青木十口)は、明治時代に活躍した日本の実業家である。 1840年に越後国古志郡上田庄村(現在の新潟県長岡市)に生まれた。貧しい農家の家に生まれたが、幼い頃から聡明で、学問を好んだ。16歳の時に、長岡藩の藩校である順道館に入学し、藩の奨学金を得て、江戸で蘭学や洋学を学んだ。1868年に戊辰戦争が勃発すると、長岡藩の軍に加わり、会津方面で戦った。 戊辰戦争後は、長岡藩が明治政府に降伏すると、十口は郷里に戻り、農業を営んだ。しかし、十口は農業には向いておらず、すぐに家業をたたみ、長岡で雑貨商を開業した。十口は、雑貨商を営みながら、長岡の発展に尽力し、1872年には長岡商工会議所の初代会頭となった。十口は、長岡商工会議所の初代会頭として、長岡の産業振興に尽力し、長岡を北越の経済の中心地に発展させた。 1874年に、十口は政府から東京府参事官に任命され、東京に移住した。十口は、東京府参事官として、東京の都市計画や公共事業に従事し、東京の発展に貢献した。十口は、東京府参事官を辞任した後も、実業家として活躍し、1882年に青木屋を創業し、青木屋の社長を務めた。青木屋は、日本の近代的な百貨店の先駆けとして知られており、十口は、日本の近代化に貢献した。 十口は、1904年に64歳で死去した。十口は、長岡の発展と日本の近代化に貢献した偉大な実業家であった。
学術分野の人

望月信亨

-望月信亨の生涯- 望月信亨は、天文8年(1539年)信濃国松本城(現・長野県松本市)に生まれました。父は上杉謙信の重臣、望月昌頼でした。信亨は幼少の頃から聡明で勇猛果敢であり、15歳の時には上杉謙信の御前試合で首尾よく太刀を振るい、その才能を高く評価されました。 信亨は、永禄4年(1561年)に上杉謙信の命により、越後国春日山城に詰めることになりました。そして、謙信の側近くで戦功を重ねていきます。特に、永禄7年(1564年)の川中島合戦では、武田信玄の軍勢を何度も撃退し、上杉軍の勝利に大きく貢献しました。 元亀元年(1570年)、謙信が急死すると、信亨は上杉景勝を擁立して家督を継がせ、景勝の補佐役として活躍しました。しかし、天正6年(1578年)、織田信長の軍勢が越後国に侵攻してくると、景勝は織田方に寝返ってしまいます。信亨は、景勝の寝返りに反対し、上杉家から離脱して武田氏に仕えました。 天正10年(1582年)、武田氏が滅亡すると、信亨は織田信長の家臣となり、信長の命により越後国に侵攻しました。しかし、景勝の軍勢に敗れてしまい、信亨は討死しました。享年44でした。 信亨は、上杉謙信の重臣として活躍し、川中島合戦では武田信玄の軍勢を何度も撃退するなど、戦功を重ねました。しかし、景勝の寝返りに反対して上杉家から離脱し、武田氏に仕えたことで、悲劇的な最期を遂げました。
歴史上の人物

木村万年のプロフィールと業績

-木村万年とは? 彼の生涯と業績- 木村万年(1856-1922)は、日本の工学博士、発明家、実業家である。山形県酒田生まれ。1876年(明治9年)東京大学理学部物理学科に入学するが、翌年に中退。1880年(明治13年)から1883年(明治16年)までアメリカ合衆国に留学し、マサチューセッツ工科大学で機械工学を学ぶ。帰国後は、東京帝国大学工学部教授、逓信省電信局長を歴任。1899年(明治32年)には、日本初の電気自動車である「木村号」を発明する。また、1900年(明治33年)には、日本初の電気鉄道である「東京馬車鉄道(後の東京市電)」の建設に貢献した。1911年(明治44年)には、日本初の国産飛行機である「飛行機A号」を製作した。 木村万年は、日本の産業発展に大きく貢献した人物であり、電気の発展に深く関わったことから「日本のエジソン」とも呼ばれている。彼の業績は、現在でも日本の技術力の基礎となっている。 木村万年の生涯と業績を以下にまとめる。 * 1856年(明治9年)山形県酒田に生まれる。 * 1876年(明治9年)東京大学理学部物理学科に入学。 * 1877年(明治10年)東京大学を中退。 * 1880年(明治13年)アメリカ合衆国に留学。 * 1883年(明治16年)日本に帰国。 * 1899年(明治32年)日本初の電気自動車である「木村号」を発明。 * 1900年(明治33年)日本初の電気鉄道である「東京馬車鉄道」の建設に貢献。 * 1911年(明治44年)日本初の国産飛行機である「飛行機A号」を製作。 * 1922年(大正11年)死去。
文学分野の人

通翁鏡円(つうおう-きょうえん)とは?-

通翁鏡円(つうおう-きょうえん)とは? 通翁鏡円(つうおう-きょうえん)とは、室町時代初期、南北朝時代に活躍した臨済宗の僧侶です。 通翁鏡円の生涯 通翁鏡円は、1344年(興国5年)に、美濃国(現在の岐阜県)で生まれました。幼名は源七郎。 1356年(正平11年)、13歳の時に、美濃国瑞雲寺(現在の岐阜県本巣市)に入門し、出家しました。 1364年(正平19年)、21歳の時に、京都に上り、建仁寺(現在の京都市東山区)で修行しました。 1368年(文中3年)、25歳の時に、建仁寺の住職となりました。 1370年(文中5年)、27歳の時に、京都の相国寺(現在の京都市上京区)で修行しました。 1372年(文中7年)、29歳の時に、相国寺の住職となりました。 1375年(天授元年)、32歳の時に、京都の妙心寺(現在の京都市右京区)で修行しました。 1377年(天授3年)、34歳の時に、妙心寺の住職となりました。 通翁鏡円は、妙心寺に住職在任中に、南禅寺(現在の京都市左京区)の開山である南禅寺開山無関普化(むかん-ふか)の影響を受けて、禅の修行法である「只管打坐(しかんたざ)」を重視しました。 また、通翁鏡円は、中国の元の僧侶である無学祖元(むがく-そげん)の影響を受けて、臨済宗の修行法である「公案(こうあん)」を重視しました。 通翁鏡円は、只管打坐と公案を重視した禅の修行法を広め、臨済宗の発展に大きく貢献しました。 1412年(応永19年)、69歳の時に、妙心寺で亡くなりました。
文学分野の人

「宮川道達」について

宮川道達について 宮川道達(みやがわ どうたつ、1958年5月3日 - )は、日本の実業家。中京圏での家電販売大手である宮川電器の創業者。愛知県東郷町出身。愛知県立小牧高等学校、豊川工業高等専門学校卒業。 家電販売業界で初めて食品スーパーと業務提携し、家電販売店と食品スーパーの複合店舗の形態を確立。そこにスーパー銭湯などのサービスも加えて「複合メガストア」と称される新たなスタイルを築いた。また、各企業のプライベートブランド商品を扱うPB商品専門店を初めて展開するなど、業界の先駆者として話題を集めた。 2001年8月、宮川電器を株式会社名古屋電力に売却。株式会社名古屋電力取締役として経営に参画したが、2003年10月に辞任。その後は自らの経営哲学を伝える講演活動に専念している。 宮川道達について 宮川道達は、家電販売業界で初めて食品スーパーと業務提携し、家電販売店と食品スーパーの複合店舗の形態を確立した人物である。また、各企業のプライベートブランド商品を扱うPB商品専門店を初めて展開するなど、業界の先駆者として話題を集めた。 宮川道達は、1958年5月3日に愛知県東郷町に生まれた。愛知県県立小牧高等学校、豊川工業高等専門学校を卒業後、1980年に宮川電器を創業した。 宮川電器は、家電販売業界で初めて食品スーパーと業務提携し、家電販売店と食品スーパーの複合店舗の形態を確立した企業として知られている。また、各企業のプライベートブランド商品を扱うPB商品専門店を初めて展開するなど、業界の先駆者として話題を集めた。 宮川道達は、2001年8月に宮川電器を株式会社名古屋電力に売却し、株式会社名古屋電力取締役として経営に参画した。しかし、2003年10月に辞任し、現在は自らの経営哲学を伝える講演活動に専念している。 宮川道達は、家電販売業界に大きな影響を与えた経営者として知られている。その経営哲学は、「顧客満足度を高めること」「従業員を大切にすること」「地域社会に貢献すること」の3つを柱としている。 宮川道達は、顧客満足度を高めるために、家電販売店と食品スーパーの複合店舗の形態を確立した。これにより、消費者は家電製品と食品を同時に購入することができるようになり、利便性が向上した。また、各企業のプライベートブランド商品を扱うPB商品専門店を初めて展開したことで、消費者は低価格で質の高い商品を購入することができるようになった。 宮川道達は、従業員を大切にする経営者としても知られている。宮川道達は、従業員に高い給与を支払い、福利厚生も充実させている。また、従業員の能力開発にも力を入れており、研修制度を積極的に活用している。 宮川道達は、地域社会に貢献する経営者としても知られている。宮川道達は、地元の小学校や中学校に寄付を行ったり、地域のイベントに協賛したりしている。また、宮川道達は、環境保護にも力を入れており、店舗の省エネ化に取り組んでいる。 宮川道達は、家電販売業界に大きな影響を与えた経営者である。その経営哲学は、「顧客満足度を高めること」「従業員を大切にすること」「地域社会に貢献すること」の3つを柱としている。
学術分野の人

河原保寿(かわはら-ほうじゅ)

河原保寿の生涯 河原保寿は、1920年(大正9年)4月26日に岐阜県恵那郡付知町(現中津川市)に生まれた。 1942年(昭和17年)に京都帝国大学工学部に入学。工学部卒業後、新日鉄に入社した。 1954年(昭和29年)に新日鉄を退社し、日本鉄鋼連盟に入社。 1964年(昭和39年)に東京製鉄常務取締役に就任。 1966年(昭和41年)に副社長に就任。 1968年(昭和43年)に社長に就任。 1973年(昭和48年)に会長に就任。 1982年(昭和57年)に相談役に就任。 1992年(平成4年)に死去した。 河原保寿は、東京製鉄の社長として、1969年(昭和44年)に日本初の高炉連続鋳造設備の導入を決定し、1971年(昭和46年)に稼働を開始した。 また、1972年(昭和47年)には、日本初のLD転炉2基を増設し、製鉄所の生産能力を拡大した。 これらの功績により、1974年(昭和49年)に藍綬褒章を受章した。
学術分野の人

「レーマン」(1842-1914 ドイツの技術者,教師

-京都の欧学舎教師として来日- 1874年(明治7年)、レーマンはドイツから来日し、京都の欧学舎の教師として着任しました。欧学舎は、日本の近代化を推進するために設立された学校で、レーマンはそこで物理学、化学、数学などを教えました。 レーマンは、日本の近代化に貢献した功績が認められ、1887年(明治20年)には勲六等瑞宝章を授与されました。また、1890年(明治23年)には、東京帝国大学の教授に就任し、その後、同大学の学長も務めました。 レーマンは、1914年(大正3年)に東京で死去しました。享年72歳でした。レーマンは、日本の近代化に大きな貢献をした人物として、現在でもその功績が称えられています。 レーマンが来日した当時の日本は、欧米列強の圧力にさらされており、近代化を急いでいました。レーマンは、日本の近代化を支援するために来日し、欧学舎で物理学、化学、数学などを教えました。 レーマンは、日本の近代化に貢献しただけでなく、日本の文化にも強い関心を持ち、日本の芸術や伝統を愛しました。レーマンは、日本の文化を欧米に紹介する活動にも取り組み、日本の文化の普及に貢献しました。 レーマンは、日本の近代化に貢献した人物として、現在でもその功績が称えられています。レーマンが来日したことで、日本の近代化は大きく進展し、日本は欧米列強に伍する近代国家へと発展しました。
歴史上の人物

「足立左内」って誰?

-足立左内の業績と功績- 足立左内は、安政の大獄で処刑された幕末の志士です。 足立左内は、1829年(文政12年)に、播磨国姫路藩(現在の兵庫県姫路市)で生まれました。父は、姫路藩の儒者である足立良男でした。左内は、幼い頃から学問に優れ、14歳のときに藩校である好古堂に入学しました。そこで、儒学や兵学を学び、18歳のときに藩主酒井忠学の侍講役となりました。 1853年(嘉永6年)、ペリーが浦賀に来航すると、左内は藩主の命を受けて江戸に赴き、外国情勢を調査しました。そこで、左内は西洋の軍事力や文化に驚愕し、日本の近代化の必要性を痛感しました。 1858年(安政5年)、左内は、藩の許可を得て長崎に遊学しました。そこで、左内は、西洋の科学技術や政治思想を学び、さらに日本の近代化への思いを強めました。 1859年(安政6年)、左内は、藩に戻って藩政改革を建議しました。しかし、藩主酒井忠学は左内の建議を聞き入れず、左内は失脚してしまいました。 1862年(文久2年)、左内は、藩の許可を得て江戸に遊学しました。そこで、左内は、水戸藩士の武田耕雲斎や長州藩士の吉田松陰らと交流し、尊王攘夷運動に身を投じました。 しかし、1863年(文久3年)、左内は、安政の大獄で捕らえられました。そして、1864年(元治元年)、左内は、江戸伝馬町の牢屋敷で刑死しました。享年36歳でした。 -左内の業績と功績- 足立左内は、日本の近代化に尽力した志士でした。左内は、西洋の軍事力や文化に驚き、日本の近代化の必要性を痛感しました。そして、藩政改革や尊王攘夷運動に身を投じ、日本の近代化のために尽力しました。 左内の業績と功績は、後世の人々から高く評価されています。左内は、日本の近代化に先駆けて活躍した志士であり、その功績は、日本の歴史に大きな足跡を残しています。
学術分野の人

大塚高信

大塚高信の生涯 大塚高信は、1884年に東京で生まれました。父は薩摩藩士で、母は徳川家の家臣の娘でした。高信は、幼い頃から剣道を習い、14歳の時には免許皆伝を受けました。その後、早稲田大学に進学し、1905年に卒業しました。 大学卒業後、高信は陸軍に入隊し、日露戦争に従軍しました。戦争では、功績を上げて勲章を授与されました。その後、高信は陸軍大学校に進学し、1910年に卒業しました。 卒業後は、陸軍省に勤務し、1919年に陸軍中将に昇進しました。1923年に発生した関東大震災では、戒厳司令官として治安維持に尽力しました。1927年に陸軍大将に昇進し、1930年に陸軍大臣に就任しました。 陸軍大臣在任中は、満州事変勃発後の1932年に、犬養毅首相を暗殺した五・一五事件の責任を問われ、辞任しました。その後、予備役編入となり、1945年に死去しました。
歴史上の人物

藤堂高敦(高嶷) – 名字の変遷から知る、波乱万丈の人生

藤堂高敦とは 藤堂高敦(高嶷)は、江戸時代前期の大名で、伊予松山藩の初代藩主を務めました。父は藤堂高虎、母は高虎の正室・智瑶院です。幼名は藤堂鋭之助です。 高敦は1629年に生まれ、1645年に父・高虎が亡くなると、その跡を継いで伊予松山藩を襲封しました。しかし、高敦は藩政を上手く運営することができず、1658年に改易されてしまいます。改易後は、京で生活を送りました。 1665年に高敦は許され、再び大名に復帰しました。1666年に播磨国三木藩主となり、1679年には播磨国明石藩主となりました。1688年に明石で亡くなり、法名は常高院です。 高敦は、名字を藤堂から高と改め、後に高敦と名乗りました。また、その子孫も名字を高と称しました。 高敦は、波乱万丈の人生を送りました。伊予松山藩を改易された後は、京で浪人生活を送っています。しかし、許されて大名に復帰すると、播磨国三木藩主や明石藩主を務めました。
歴史上の人物

宗覚 – 即庵宗覚について

-宗覚とは何者か- 宗覚(そうかく、生没年不詳)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての臨済宗の僧。京都五山の一つ、建仁寺の第49世住持を務めた。 宗覚は、加賀国(現在の石川県)に生まれる。12歳で出家し、建仁寺に住する。建仁寺では、第47世住持の無学祖元について禅を学ぶ。無学祖元の死後、建仁寺の第48世住持に就任する。 宗覚は、建仁寺の住持として、禅の修行に励むとともに、寺勢の拡大にも努めた。建仁寺には、宗覚の時代に、山門、仏殿、法堂などの主要な建物が建立された。また、宗覚は、建仁寺の僧侶を各地に派遣して、禅を広めた。 宗覚は、正平23年(1368年)に建仁寺の住持を辞任する。その後、京都の西郊にある嵯峨に退居して、余生を送る。宗覚は、延文5年(1360年)に「宗覚禅師語録」を著している。この語録には、宗覚の禅の修行や思想が記されている。 宗覚は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけて活躍した臨済宗の僧である。建仁寺の住持として、禅の修行に励むとともに、寺勢の拡大にも努めた。また、宗覚は、禅の修行や思想を記した「宗覚禅師語録」を著している。
歴史上の人物

大武和三郎について

-外交官としての生涯- 大武和三郎は、1842年に薩摩藩の藩士の子として生まれました。1860年に江戸に出て、蕃書調所に入学し、オランダ語を学びました。1866年に、薩摩藩の使いとして渡米し、サンフランシスコでアメリカ人女性と結婚しました。1868年に日本に帰国し、明治政府に出仕しました。 1871年に、大武は外務省に採用され、外交官としてのキャリアをスタートさせました。1873年に、アメリカ合衆国に派遣され、公使館付書記官を務めました。1875年に帰国し、外務省翻訳局長に任命されました。1878年に、再びアメリカ合衆国に派遣され、公使館参事官を務めました。1883年に帰国し、外務省条約局長に任命されました。 1885年に、大武は外務次官に昇進し、1887年に外務大臣に就任しました。外務大臣在任中は、日清戦争の外交交渉を担当し、1895年に下関条約を締結しました。1896年に外務大臣を辞任し、1897年に死去しました。 大武は、明治政府の外交政策を担った外交官として、日本の近代化に貢献しました。また、日本の国際社会への参入にも尽力し、日本の国際的地位を高めることに貢献しました。
文学分野の人

– 「周及(周及・愚中周及)」

「周及」とは? 「周及」とは、本来は「全体に及ぶ」という意味の言葉です。しかし、一般的には「特定の範囲内にとどまらずに、周囲や全体に広がること」を意味します。 例えば、「この事件の影響は、日本国内にとどまらず、世界中に周及している」と言うと、「この事件の影響は、日本国内だけでなく、世界中に広がっている」という意味になります。 また、「彼の行動は、家族や友人だけでなく、社会全体に周及している」と言うと、「彼の行動は、家族や友人だけでなく、社会全体に影響を与えている」という意味になります。 「周及」は、様々な場面で使われる言葉ですが、特に「影響が及ぶ」という意味で使われることが多いです。 「周及」の反対語は、「限定」です。「限定」とは、「特定の範囲内に収めること」を意味します。 例えば、「この法律は、特定の地域に限定して適用される」と言うと、「この法律は、特定の地域だけに適用される」という意味になります。 また、「彼の行動は、家族や友人だけに限定されている」と言うと、「彼の行動は、家族や友人だけに影響を与えている」という意味になります。
音楽分野の人

「潭北」の意味

-「潭北」の意味- 「潭北」とは、川の北側のこと。川の上流に位置する側の岸。 -常盤潭北(ときわ-たんぽく)とは- 常盤潭北とは、石川県金沢市の地名。金沢市中心部から南西に位置する。東は五十間川、南は浅野川に接する。北は兼六園に隣接する。 常盤潭北は、兼六園の南側、金沢市中心部から南西に位置する地区である。江戸時代には加賀藩の御茶屋があり、明治時代には常盤公園として整備された。現在は、石川県立美術館や金沢市役所本庁舎、石川県立音楽堂など、文化施設や行政機関が集中する地区となっている。 常盤潭北は、兼六園に隣接する地区であるため、兼六園の景観を望むことができる。また、兼六園と金沢城を結ぶ兼六園通りが通っているため、観光客や市民の往来が多い。 常盤潭北は、文化施設や行政機関が集中する地区であるため、ビジネスや文化活動が盛んな地区となっている。また、兼六園に隣接する地区であるため、観光客や市民の憩いの場としても親しまれている。
歴史上の人物

– 「一円」 → 無住道暁

一円とは? 一円とは、日本円における最小額の通貨単位です。100円が1円に相当し、1000円が10円に相当します。一円硬貨は、銅とニッケルでできており、直径20mm、重量2gです。一円硬貨は、1870年(明治3年)に初めて発行され、以来、日本の通貨として使用されています。 一円硬貨は、主に公共交通機関の運賃や自動販売機の商品代金、切手代金など、小額の支払いに使用されます。また、募金や寄付金など、少額の金額を支払う際にも使用されます。 一円硬貨は、現在ではあまり使用されず、廃棄されることが多いです。しかし、一円硬貨には、歴史的価値や収集価値がある場合もあります。例えば、明治3年に発行された一円硬貨は、日本の通貨史上、最も古い硬貨のひとつです。また、昭和20年に発行された一円硬貨は、第二次世界大戦後の混乱期に発行されたため、希少価値が高いとされています。 一円硬貨は、日本の通貨制度において、最も小さい単位の通貨です。しかし、その小ささゆえに、しばしば見過ごされがちです。しかし、一円硬貨にも、歴史的価値や収集価値がある場合もあります。また、公共交通機関の運賃や自動販売機の商品代金など、小額の支払いに使用されるなど、私たちの生活の中で重要な役割を果たしています。
学術分野の人

竹中治郎→ 昭和時代の英語学者

竹中治郎の生い立ちและการศึกษา 竹中治郎は、1901年11月10日に東京都に生まれた。父親は竹中清司、母親は竹中良子。治郎には、兄と姉がいた。治郎は、幼い頃から英語に興味を持ち、小学校時代には、英語の勉強を始めた。治郎は、1917年に東京府立第一中学校を卒業し、1921年に東京高等師範学校英語科を卒業した。治郎は、1923年に東京帝国大学文学部英文科に入学し、1928年に卒業した。治郎は、大学卒業後は、東京高等師範学校英語科の助教授となり、1934年に教授に昇任した。治郎は、1939年に東京帝国大学文学部英文科の教授に就任し、1962年に定年退官するまで、同大学で教鞭をとった。 治郎は、英語学の分野で、多くの業績を残した。治郎は、1942年に「英語学研究」を創刊し、1951年には「英語学辞典」を出版した。治郎は、1953年には「英語学概説」を出版し、1958年には「英語史」を出版した。治郎は、1962年には「英語学原論」を出版し、1968年には「英語学史」を出版した。治郎は、1971年には「英語学の課題」を出版し、1975年には「英語学の展望」を出版した。 治郎は、英語学の分野で、多くの賞を受賞した。治郎は、1951年に日本学士院賞を受賞し、1953年には文化功労者に選ばれた。治郎は、1958年には国際語学会会長に就任し、1962年には日本英語学会会長に就任した。治郎は、1968年には国際英語学会会長に就任し、1971年には日本英文学会会長に就任した。 治郎は、1979年1月22日に死去した。治郎は、英語学の分野で、多くの業績を残した偉大な学者である。