農村復興

歴史上の偉人

岸本武太夫-江戸時代中期-後期の武士

- 岸本武太夫の生涯 -# 生誕と幼少期 岸本武太夫は、1737年(元文2年)に、備前国邑久郡長船村(現在の岡山県瀬戸内市長船町)で生まれた。幼名は長五郎。 -# 武士としての修行 武太夫は、幼い頃から武術を学び、15歳の時に江戸に出て、小野派一刀流の免許皆伝を受けた。その後、各地を巡りながら武芸を磨き、23歳の時に、将軍徳川家治に御目見し、小姓組番士に任じられた。 -# 武功と昇進 武太夫は、1767年(明和4年)に、大坂城代となった松平定信の配下として、大坂に赴任した。 -# 隠居と晩年 武太夫は、1793年(寛政5年)に、64歳で隠居した。隠居後は、郷里の長船村に戻り、1810年(文化7年)に73歳で亡くなった。 -# 武太夫の人物像 武太夫は、文武両道の人物として知られていた。武術に優れていただけでなく、和歌や書画にも通じていた。また、人柄も温厚で、多くの人々に慕われていたという。
その他のカテゴリー

高見敏弘の生涯と功績

-牧師としての人生- 高見敏弘は、1937年に東京で生まれました。14歳の時にキリスト教に入信し、その後、神学を学びました。1964年に日本基督教団の牧師になり、東京都内の教会で牧会を始めました。 牧師として、高見は平和と社会正義のために積極的に活動しました。ベトナム戦争に反対し、核兵器廃絶を訴え、被差別部落の解放運動にも参加しました。また、瀬戸内寂聴や江藤淳など、さまざまな文化人と親交を結び、キリスト教と文化の対話を深めました。 1972年、高見は、東京都中野区に「中野福音教会」を設立しました。中野福音教会は、高見の牧師就任以来、社会的弱者への支援や平和運動に積極的に取り組んできました。 1984年、高見は、日本基督教団の総会議長に選出されました。総会議長として、高見は、日本のキリスト教界の統一と発展に尽力しました。また、当時のローマ教皇であるヨハネ・パウロ2世と会見し、キリスト教の平和運動について意見を交換しました。 1994年、高見は、牧師を引退しました。しかし、引退後も、講演や執筆活動を通じて、キリスト教の平和と社会正義のメッセージを伝え続けました。 高見敏弘は、2018年に81歳で亡くなりました。しかし、高見の平和と社会正義のための活動は、今も多くの人々に受け継がれています。
歴史上の偉人

「寺西封元」 ~公金貸付で農村を再興した武士~

-寺西封元の生涯と功績- 寺西封元(てらにしほうげん)は、1634年、現在の大阪府南河内郡河南町に生まれました。父は寺西伯耆守正豊(ほうきのかみまさとよ)、母は津田氏です。封元は幼い頃から学問の才に優れ、16歳で藩校の林家の塾に入門しました。また、剣術や弓術、馬術など武芸にも秀でていました。 1654年、封元は父の後を継いで寺西家を継ぎました。当時は、江戸幕府が全国に大名や旗本の領地を与えて支配していましたが、寺西家は摂津国河内郡を領する旗本でした。封元は、領地の経営にあたり、農民を大切にして、農業の振興に努めました。 1683年、封元は、大坂の町年寄(まちどしより)に任命されました。町年寄は、大坂の町政を司る役職で、町民の生活や治安を守る責任がありました。封元は、町年寄として、大坂の町を整備し、町民の生活を改善するために尽力しました。 1691年、封元は、公金貸付制度を導入しました。公金貸付制度とは、寺社や富裕層から集めたお金を、農民に融資する制度です。封元は、この制度を導入することで、農民が資金を確保しやすくし、農業の振興を図りました。 1694年、封元は、河内郡の用水路の整備に着手しました。用水路の整備によって、農民は安定して農業を行うことができるようになりました。また、封元は、河内郡の農民たちに、新しい農業技術を教え、農業生産力の向上を図りました。 封元の尽力により、河内郡は農業が盛んな地域となり、農民の生活も安定しました。封元は、1702年に死去しましたが、その功績は今もなお語り継がれています。
歴史上の偉人

「石川総貨」

-江戸時代後期の常陸(茨城県)下館(しもだて)藩主- 下館藩は、江戸時代中期から1868年まで、常陸国(現在の茨城県)下妻市周辺に存在した藩である。藩主は、松平氏(大給松平家)が務めた。 大給松平家は、徳川家康の五男・松平忠吉の六男・松平長勝を祖とする家である。長勝は、1602年に下館藩を立藩し、その後、松平忠真、松平忠喬、松平忠直、松平忠恒と続いた。 18世紀初頭、松平忠恒が下館藩主になると、藩政改革を行った。忠恒は、藩の財政を改善するために、年貢の増徴や新田開発を行った。また、藩士の教育にも力を入れ、藩校「弘道館」を設立した。 忠恒の死後、下館藩主は、松平忠祇、松平忠董、松平忠厚、松平忠恕と続いた。1868年、下館藩は廃藩置県によって廃止され、下館県となった。 下館藩は、江戸時代の中期から後期にかけて、常陸国で重要な役割を果たした藩である。藩主の大給松平家は、藩政改革を行い、藩の財政を改善し、藩士の教育にも力を入れた。また、下館藩は、幕末には、佐幕派として活躍した。
歴史上の偉人

上杉鷹山→ 江戸時代中期の大名

-上杉鷹山の生涯- 上杉鷹山は、江戸時代中期の大名です。米沢藩の第9代藩主を務め、藩政改革を行って藩を中興しました。 鷹山は、1751年に米沢藩の第8代藩主・上杉重定の長男として生まれました。幼名は定勝丸、のちに治広と改名しました。1767年に重定が死去すると、17歳の若さで藩主の座を継ぎました。 鷹山は、藩主になるとすぐに藩政改革に着手しました。藩の財政を立て直すため、倹約令を発布したり、産業を振興したりしました。また、教育にも力を入れ、藩校の興譲館を創設しました。 鷹山の改革は、藩の財政を好転させ、藩の基礎を固めることに成功しました。また、興譲館からは多くの優秀な人材が輩出し、藩の発展に貢献しました。 鷹山は、1797年に隠居して家督を養子の治広に譲りました。その後は、隠居先の鷹山御殿で余生を過ごしました。1822年に72歳で死去しました。 鷹山は、藩政改革で藩を中興した名君として知られています。また、教育にも力を入れ、藩の発展に貢献しました。