農林省

研究者

清野保:昭和時代の農業土木技術者

-清野保の生涯と業績- 清野保は、1895年に鹿児島県に生まれ、1977年に亡くなった農業土木技術者です。1918年に東京帝国大学農学部を卒業し、1921年に農商務省に入省しました。その後、農林省に転じ、1945年に農林次官に就任しました。1948年に退官後は、農業土木学会会長や世界農業土木協会会長などを歴任しました。 清野保は、農業土木分野で多くの業績を残しました。農村振興事業として、用水事業や干拓事業、農地改良事業などを推進しました。また、農林水産省の農村振興局長として、農村の近代化を推進しました。 清野保は、日本の農業土木技術の向上に貢献した功績が認められ、1964年に文化勲章を受章しました。また、1978年には、清野保の功績を称えて、清野保記念賞が創設されました。 清野保は、日本の農業土木技術の発展に貢献した偉大な技術者でした。彼の業績は、現在でも日本の農業土木技術の基礎となっています。
政治家・活動家

片柳真吉―昭和時代の官僚

-農林省での官僚としての経歴- 片柳真吉は、1922年に農林省に入省した。入省後は、農林省の様々な部署を歴任し、1963年には農林事務次官に就任した。農林事務次官在任中は、日本の食料自給率の向上や農業の近代化に尽力した。 片柳は、日本の農業政策において、農民を保護し、農業の近代化を推進することが重要だと考えていた。そのため、農民への価格支持政策や農業機械の導入を推進した。また、片柳は、農林省と農家との関係を重視しており、農家の意見を積極的に取り入れて農林政策を立案した。 片柳の農林政策は、日本の農業生産の向上に貢献した。また、片柳は、農民の生活の安定にも貢献した。そのため、片柳は、農民からの人望が厚かった。 片柳は、1966年に農林事務次官を退任した。退任後は、日本穀物協会会長や日本食料協会会長などを歴任した。2008年に、92歳で死去した。
研究者

川上行蔵-昭和-平成時代の栄養学者,食物史家

-川上行蔵の生涯と経歴- 川上行蔵は、1906年(明治39年)4月1日、長野県上伊那郡長谷村(現・飯田市)に生まれた。小学校卒業後、長野県師範学校に進学するが、病気のため中退。その後、上京し、早稲田大学高等師範部に入学する。1926年(大正15年)に卒業し、長野県の中学校に勤務する。 1930年(昭和5年)、川上は東京帝国大学農学部に入学する。1934年(昭和9年)に卒業し、農学士の称号を取得する。卒業後は、東京帝国大学農学部に助手として勤務する。 1938年(昭和13年)、川上は栄養研究所の研究員となる。1942年(昭和17年)には、栄養研究所の技師に昇進する。1945年(昭和20年)、川上は栄養研究所の技師長に昇進する。 1947年(昭和22年)、川上は栄養研究所の所長に就任する。1952年(昭和27年)には、財団法人栄養研究所の理事長に就任する。 川上は、栄養学の研究に尽力し、多くの業績を上げた。特に、栄養素の欠乏症に関する研究は、世界的に高く評価されている。また、川上は、食物史に関する研究にも力を入れ、多くの著作を著した。 川上は、1986年(昭和61年)12月26日、80歳で死去した。 川上は、栄養学の発展に大きく貢献した功績を称えられ、勲二等旭日重光章を受章している。
経済分野で活躍した人

– 小倉武一

-昭和時代の官僚- 小倉武一は、昭和の時代を駆け抜けた官僚である。彼は1907年(明治40年)に東京市で生まれ、東京帝国大学卒業後、大蔵省に入省した。その後、大蔵省主税局長、次官、財務事務次官、財務大臣などを歴任した。小倉は、戦後の財政再建に大きな役割を果たし、日本経済の発展に貢献した。 小倉は、主税局長時代には、戦後のインフレを克服するために、物価統制令を廃止し、自由経済体制への移行を推進した。また、次官時代には、池田勇人首相の所得倍増政策を支え、経済成長を促進した。さらに、財務大臣時代には、ニクソンショックによるドル危機に対処し、円切り下げを断行した。 小倉は、昭和の時代を代表する官僚の一人であり、日本経済の発展に多大な貢献をした。彼の功績は、今もなお語り継がれている。 以下は、小倉武一の経歴である。 * 1907年(明治40年)東京市に生まれる * 1928年(昭和3年)東京帝国大学卒業、大蔵省入省 * 1949年(昭和24年)大蔵省主税局長 * 1955年(昭和30年)大蔵省次官 * 1958年(昭和33年)財務事務次官 * 1963年(昭和38年)財務大臣 * 1965年(昭和40年)退官 * 1975年(昭和50年)死去
政治家・活動家

横山周次:農地改革に尽力した官吏

-農村出身の官吏- 横山周次は、1870年(明治3年)に静岡県に生まれました。横山の家は代々農家で、横山は幼い頃から農業を手伝いながら育ちました。横山は小学校卒業後、静岡県師範学校に進学しました。師範学校を卒業後、横山は小学校の教員として働き始めました。横山は教員として働く傍ら、法律や経済などの勉強を続けていました。横山は1899年(明治32年)に官吏試験に合格し、農商務省に入省しました。農商務省に入省した横山は、農政を担当する部署に配属されました。横山は農政の仕事に熱心に取り組み、農民の生活を改善するために尽力しました。横山は1909年(明治42年)に農商務省を退官しました。退官後、横山は衆議院議員に当選しました。横山は衆議院議員として、農業政策の改善のために努力しました。横山は1924年(大正13年)に病のため死去しました。横山は農地改革に尽力した官吏として、現在でも多くの人々に敬愛されています。 横山周次は、農民の生活を改善するために尽力した官吏でした。横山は農村に生まれ、幼い頃から農業を手伝いながら育ちました。横山は小学校卒業後、師範学校に進学し、卒業後は小学校の教員として働きました。横山は教員として働く傍ら、法律や経済などの勉強を続け、1899年(明治32年)に官吏試験に合格し、農商務省に入省しました。農商務省に入省した横山は、農政を担当する部署に配属され、農民の生活を改善するために尽力しました。横山は1909年(明治42年)に農商務省を退官し、衆議院議員に当選しました。横山は衆議院議員として、農業政策の改善のために努力し、1924年(大正13年)に病のため死去しました。横山は農村出身の官吏として、農民の生活を改善するために尽力した人物として、現在でも多くの人々に敬愛されています。
研究者

中村哲哉:日本の獣医学のパイオニア

-中村哲哉の生涯- 中村哲哉は、日本の獣医学のパイオニアであり、日本初の獣医学校である東京獣医学校(現在の東京大学獣医学部)の創設者である。また、日本の畜産振興にも尽力し、日本の酪農の発展に貢献した。 中村哲哉は、1840年に長野県の農家に生まれた。幼い頃から動物好きであり、動物の病気や怪我を治療したいという思いを抱いていた。1861年、東京に遊学し、緒方洪庵の適塾で蘭学を学んだ。適塾で学んだ後、オランダに留学し、獣医学を学んだ。 1869年、中村哲哉は帰国し、東京獣医学校を創設した。東京獣医学校は、日本の獣医学の発展に大きな貢献をしており、多くの優秀な獣医師を輩出した。中村哲哉は、東京獣医学校で獣医学を教え、日本の獣医学の普及に尽力した。また、日本の畜産振興にも尽力し、日本の酪農の発展に貢献した。 中村哲哉は、1897年に亡くなった。しかし、中村哲哉の功績は日本の獣医学の発展に大きな影響を与え、日本の酪農の発展にも大きく貢献した。中村哲哉は、日本の獣医学のパイオニアとして、現在でも多くの獣医師や畜産関係者に尊敬されている。
政治家・活動家

重政庸徳→ 明治・大正・昭和の官僚・政治家

重政庸徳の生い立ちと教育 重政庸徳は、1858年(安政5年)2月1日に、現在の茨城県古河市に生まれました。重政家は、古河藩の郷士の家柄で、代々農業を営んでいました。庸徳の父は重政徳右衛門、母はふさと言いました。庸徳は、幼少期から聡明で、読書を好み、学問に励みました。 1872年(明治5年)、14歳の時に、庸徳は東京外国語学校に入学しました。同校は、外務大臣である井上馨が、日本の外交官を育成するために設立した学校でした。庸徳は、同校で英語、フランス語、中国語を学びました。1876年(明治9年)に、庸徳は東京外国語学校を卒業しました。 卒業後は、外務省に入り、通訳官として働きました。1880年(明治13年)には、ドイツに留学しました。ドイツでは、ベルリン大学で経済学や政治学を学びました。1883年(明治16年)に、庸徳は帰国しました。 帰国後は、外務省で再び通訳官として働きました。1885年(明治18年)には、参事官に任命されました。1890年(明治23年)には、総領事に任命され、アメリカ合衆国のサンフランシスコに赴任しました。1893年(明治26年)には、本省に呼び戻され、外務次官に任命されました。 1894年(明治27年)に、庸徳は内務大臣に任命されました。内務大臣として、庸徳は地方自治制度の改革や教育制度の整備などに尽力しました。1898年(明治31年)に、庸徳は農商務大臣に任命されました。農商務大臣として、庸徳は農業や工業の発展に尽力しました。 1900年(明治33年)に、庸徳は文部大臣に任命されました。文部大臣として、庸徳は教育制度の改革や大学教育の拡充などに尽力しました。1901年(明治34年)に、庸徳は首相に任命されました。首相として、庸徳は日露戦争を勝利に導きました。1905年(明治38年)に、庸徳は首相を辞任しました。 1923年(大正12年)、庸徳は死去しました。享年65歳でした。
研究者

鴨下寛 – 明治時代の偉大な土壌学者

-鴨下寛の功績- 鴨下寛は、明治時代の偉大な土壌学者であり、日本の近代農学の基礎を築いた人物です。彼の功績は、主に以下の3つがあげられます。 -1. 土壌調査法の確立- 鴨下寛は、明治13年(1880年)に農商務省農事試験場に勤務し、土壌調査法の研究を始めました。彼は、土壌を物理的な性質(土壌構造、土壌水分の状態など)と化学的な性質(土壌の酸性度、土壌の養分含有量など)に分けて調査する方法を確立しました。この方法は、現在でも日本の土壌調査の基本となっています。 -2. 土壌改良法の開発- 鴨下寛は、土壌調査の結果に基づいて、土壌を改良する方法を開発しました。彼は、石灰を土壌に加えて酸性度を中和したり、堆肥を土壌に加えて土壌の養分含量を高めたりするなど、さまざまな土壌改良法を考案しました。これらの方法は、日本各地の農地を改良し、日本の近代農業の発展に貢献しました。 -3. 農業教育の振興- 鴨下寛は、明治17年(1884年)に東京農林学校(現在の東京大学農学部)の教授に就任し、農業教育に携わりました。彼は、土壌学の講義を担当し、多くの学生を指導しました。また、彼は、明治23年(1890年)に日本農学会を設立し、日本の農業研究の発展に寄与しました。 鴨下寛の功績は、日本の近代農学の発展に多大な貢献をしました。彼の研究成果は、現在でも日本の農業技術の基礎となっています。
政治家・活動家

京谷昭夫 – 官僚、政治家、外交官として活躍した青森県出身の要人

-京谷昭夫の生涯と功績- 京谷昭夫は、青森県出身の官僚、政治家、外交官です。1902年(明治35年)8月20日に青森県弘前市で生まれ、1992年(平成4年)2月28日に東京都で亡くなりました。 京谷昭夫は、東京帝国大学法学部を卒業後、大蔵省に入省しました。大蔵省では、主計官、主税官などを歴任し、1945年(昭和20年)に大蔵次官に就任しました。1946年(昭和21年)には、第1次吉田内閣の内閣官房長官に就任し、その後、第2次吉田内閣でも引き続き内閣官房長官を務めました。 1948年(昭和23年)には、参議院議員に当選し、国会議員となりました。参議院では、外務委員会委員長、大蔵委員会委員長などを歴任し、1954年(昭和29年)には、第5次吉田内閣の外務大臣に就任しました。外務大臣としては、日ソ国交回復交渉に尽力し、1956年(昭和31年)に日ソ共同宣言に調印しました。 1957年(昭和32年)には、駐米大使に就任し、1961年(昭和36年)まで務めました。駐米大使としては、日米安全保障条約の改定交渉に尽力し、1960年(昭和35年)に日米安全保障条約が改定されました。 1961年(昭和36年)には、内閣官房長官に就任し、その後、第2次池田内閣でも引き続き内閣官房長官を務めました。1962年(昭和37年)には、自由民主党総裁選挙に出馬し、三木武夫氏と争いましたが、敗れました。 1963年(昭和38年)には、外務大臣に再任し、1964年(昭和39年)まで務めました。外務大臣としては、日韓基本条約の交渉に尽力し、1965年(昭和40年)に日韓基本条約が締結されました。 1965年(昭和40年)には、再び内閣官房長官に就任し、1966年(昭和41年)まで務めました。1967年(昭和42年)には、参議院議員を辞職し、政界を引退しました。 京谷昭夫は、官僚、政治家、外交官として活躍し、日本の経済復興と外交政策に大きな貢献をしました。
研究者

明日山秀文:戦後日本の植物病理学のパイオニア

-植物バイラス病研究の第一人者- 明日山秀文は、植物バイラス病研究の第一人者として知られています。彼は、1922年に長野県に生まれ、1945年に東京帝国大学を卒業しました。その後、農林省研究所に勤務し、植物バイラス病の研究を始めました。 明日山は、植物バイラス病の病原体であるバイラスの性質を明らかにし、バイラス病の防除法の開発に貢献しました。また、彼は、バイラス病の診断法や薬剤の開発にも力を入れ、植物バイラス病の研究に大きな功績を残しました。 明日山の研究は、植物バイラス病の防除に大きく貢献し、日本の農業の発展に寄与しました。また、彼の研究は、植物バイラス病の研究の発展にも貢献し、世界中の研究者に影響を与えました。 明日山は、1985年に亡くなりましたが、彼の研究は、現在でも植物バイラス病の研究に役立てられています。また、彼の功績を讃えて、明日山秀文賞が設立されました。明日山秀文賞は、植物バイラス病の研究に貢献した研究者に贈られる賞で、毎年、数名の研究者に贈られています。
政治家・活動家

坂田英一:官僚・政治家として活躍した石川県出身の政治家

-官僚から政治家へ坂田英一の経歴- 坂田英一は、石川県出身の政治家であり、官僚としても活躍しました。1910年、石川県に生まれ、東京帝国大学を卒業後、内務省に入省しました。内務省では、地方行政や社会政策を担当し、キャリアを積みました。 1942年、第二次世界大戦中に石川県知事に就任しました。石川県知事としては、戦時下の産業振興や国民生活の維持に努めました。1945年、終戦とともに石川県知事を退任し、政界に転身しました。 1946年、自由党から第22回衆議院議員総選挙に出馬し、当選しました。以後、通算8回衆議院議員を務めました。衆議院議員としては、大蔵政務次官や経済企画庁長官などを歴任し、経済政策や財政政策に携わりました。 1960年、第2次池田内閣で文部大臣に就任しました。文部大臣としては、義務教育の9年制化や教科書の無償配布などの教育改革を推進しました。1961年、第3次池田内閣で厚生大臣に就任しました。厚生大臣としては、国民皆保険制度の確立や社会保障の充実などに努めました。 1962年、自由党と民主党が合併して自由民主党が結党され、坂田英一は自由民主党に参加しました。自由民主党では、副総裁や総務会長などの要職を歴任し、党運営に貢献しました。 1972年、政界を引退しました。政界引退後は、財団法人石川県総合計画センターの理事長や日本YMCA同窓会連合会の会長などを歴任しました。1997年、石川県小松市で死去しました。
政治家・活動家

日本の農地改革立案者大和田啓気

-大和田啓気の生涯と功績- -生い立ちと青年期- 大和田啓気は、1893年(明治26年)に現在の栃木県那須烏山市に生まれました。東北帝国大学(現東北大学)法学部に進学し、政治学を学びました。在学中にロシア革命の影響を受け、社会主義思想に興味を持つようになりました。 -農民運動への参加- 大学卒業後は、労働運動と農民運動に参加しました。1922年(大正11年)には、全日本農民組合の創立に参加し、委員長に就任しました。農民組合は、小作料の引き下げや小作地の自作化を訴え、全国各地で小作争議を指導しました。 -農地改革立案者として- 1945年(昭和20年)に終戦を迎えると、大和田は農地改革の立案者として活躍しました。農地改革は、小作地を自作地化し、農民の土地所有を促進することを目的とした政策です。大和田は、農地改革法の制定にあたり、農民組合や労働組合と協力して、政府に働きかけました。 -農地改革の功績- 農地改革の結果、日本の農村は大きく変化しました。小作農が自作農に転換し、農民の生活は向上しました。また、農地改革は日本経済の復興にも貢献しました。大和田の農地改革立案者としての功績は高く評価されています。 -晩年- 大和田は、1981年(昭和56年)に88歳で亡くなりました。晩年は、戦後の日本政治を批判し、平和と民主主義を訴え続けました。大和田の思想は、現在も多くの研究者や活動家によって研究されています。
政治家・活動家

松本作衛 ~農林水産業の発展に尽力した官僚~

-農林水産省で活躍した官僚- 松本作衛は、1885年(明治18年)に東京都に生まれました。1910年(明治43年)に東京帝国大学を卒業後、農林商務省に入省しました。農林商務省では、農政局や水産局で勤務し、農林水産業の発展に尽力しました。 松本作衛は、1939年(昭和14年)に農林省の次官に就任しました。次官時代には、日中戦争や太平洋戦争下の農林行政を統括しました。松本作衛は、戦時下の農産物増産に努め、食糧難を乗り越えることに貢献しました。 松本作衛は、1945年(昭和20年)に農林大臣に就任しました。農林大臣時代には、戦後の食糧難を解消するために、農産物の増産と食糧配給制度の改革に取り組みました。松本作衛は、食糧難を克服し、国民の食生活を安定させることに貢献しました。 松本作衛は、1948年(昭和23年)に農林大臣を辞任しました。辞任後は、日本農業協同組合中央会や日本農林規格協会などの役員を歴任しました。松本作衛は、1965年(昭和40年)に死去しました。 松本作衛は、農林水産省で活躍した官僚であり、農林水産業の発展に尽力した人物です。松本作衛は、戦時下の農産物増産や戦後の食糧難解消に貢献しました。松本作衛は、日本の食料自給率を高めるために尽力した人物であり、日本の食料安全保障に貢献した人物です。
研究者

– 「和田国次郎」

生涯 和田国次郎は、1869年(明治2年)に、現在の愛知県豊橋市に生まれました。幼い頃から、柔術や剣術を学び、1886年(明治19年)に、日本陸軍士官学校に入学しました。1889年(明治22年)に、歩兵少尉に任官し、日清戦争に出征しました。日清戦争後、和田国次郎は、ヨーロッパに留学し、フランス陸軍士官学校で学びました。1900年(明治33年)に、日露戦争に出征し、旅順攻略戦で活躍しました。日露戦争後、和田国次郎は、参謀本部員となり、1912年(大正元年)には、陸軍少将に昇進しました。1916年(大正5年)には、陸軍中将に昇進し、第1師団長に任命されました。 1918年(大正7年)に、和田国次郎は、シベリア出兵に派遣され、シベリアの赤軍と戦いました。1920年(大正9年)に、和田国次郎は、陸軍大将に昇進し、参謀次長に任命されました。1922年(大正11年)には、陸軍大臣に任命されました。和田国次郎は、陸軍大臣在任中に、軍備拡張政策を進め、陸軍の近代化を図りました。1924年(大正13年)に、和田国次郎は、退役しました。1945年(昭和20年)に、和田国次郎は、84歳で亡くなりました。
研究者

「近藤康男」の功績と生涯

- 「近藤康男」の功績と生涯 -# 生い立ちと初期の経歴 近藤康男は、1939年11月16日に日本の福井県に生まれました。彼は、福井県立武生高等学校を卒業後、1962年に大阪大学工学部に入学しました。大学では、制御工学を専攻し、1966年に工学博士の学位を取得しました。 大学卒業後、近藤は東芝に入社しました。東芝では、制御工学の研究開発に従事し、1970年には、世界初のマイクロコンピュータの開発に成功しました。この功績により、彼は1971年に東芝の取締役になりました。 1978年、近藤は東芝を退職し、近藤科学技術研究所を設立しました。この研究所では、人工知能の研究開発に取り組み、1983年には、世界初の音声認識システムの開発に成功しました。 1990年、近藤は近藤科学技術研究所を売却し、引退しました。しかし、その後も、人工知能の研究を続け、2009年に、世界初の感情認識システムの開発に成功しました。 近藤は、2013年10月26日に73歳で亡くなりました。彼は、人工知能の分野で大きな功績を残した偉大な科学者でした。
ミュージシャン

秋山日出夫:戦後日本の合唱界を牽引した指揮者

-戦後合唱界への貢献- 秋山日出夫は、戦後合唱界において重要な役割を果たした指揮者である。彼は、全日本合唱連盟の設立に尽力し、合唱コンクールの開催を推進するなど、合唱界の発展に貢献した。また、合唱団を指導し、数々の名演を残した。 秋山は、1906年に東京に生まれた。早稲田大学文学部を卒業後、音楽の道を志し、東京音楽学校に入学した。卒業後は、山田耕筰に師事し、指揮法を学んだ。1932年、東京フィルハーモニー交響楽団の指揮者としてデビューした。その後、日本交響楽団の指揮者も務めた。 1945年、秋山は全日本合唱連盟を設立した。全日本合唱連盟は、合唱界の振興を目的とした団体で、合唱コンクールの開催や合唱団の指導などを行っている。秋山は、全日本合唱連盟の初代会長に就任し、合唱界の発展に尽力した。 1949年、秋山は日本合唱協会を設立した。日本合唱協会は、合唱音楽の普及を目的とした団体で、合唱コンクールの開催や合唱団の指導などを行っている。秋山は、日本合唱協会の初代会長に就任し、合唱界の発展に尽力した。 秋山は、合唱団を指導し、数々の名演を残した。特に、秋山が指揮した「日本のうた」は、日本を代表する合唱曲として知られている。秋山は、合唱音楽を愛し、合唱界の発展に一生を捧げた。 秋山の功績は、合唱界の発展に大きく貢献した。彼は、全日本合唱連盟や日本合唱協会の設立に尽力し、合唱コンクールの開催や合唱団の指導などを行った。また、合唱団を指揮し、数々の名演を残した。秋山は、合唱音楽を愛し、合唱界の発展に一生を捧げた。
政治家・活動家

「水口宏三」

-「水口宏三」- -戦後労働運動の指導者- 水口宏三は、1915年、東京都に生まれた。東京商科大学(現一橋大学)を卒業後、日本銀行に入行。1945年、日本占領後の労働組合運動に参加し、日本労働組合総同盟の書記長に選出された。1947年、世界労働組合連盟(WFTU)の副議長に就任し、国際的な労働運動でも活躍した。 水口宏三は、戦後日本の労働運動の指導者として、労働者の権利向上に尽力した。労働者の団結権と交渉権を保障し、労働条件の改善を求めた。また、国際的な労働運動にも積極的に参加し、WFTUの副議長として、世界各国の労働組合との連携を図った。 水口宏三の労働運動への貢献は大きく、日本の労働運動の発展に寄与した。1969年、脳卒中で死去した。 -水口宏三の労働運動への貢献- 水口宏三は、戦後日本の労働運動の指導者として、労働者の権利向上に尽力した。その主な貢献は以下のとおりである。 * 労働者の団結権と交渉権の保障 * 労働条件の改善 * 国際的な労働運動への参加 水口宏三の労働運動への貢献は大きく、日本の労働運動の発展に寄与した。 -水口宏三の死と労働運動への影響- 水口宏三は、1969年、脳卒中で死去した。水口の死は、日本の労働運動に大きな影響を与えた。水口は、労働運動の指導者として、労働者の権利向上に尽力しており、彼の死は、労働運動にとって大きな損失となった。 水口宏三の死後、日本の労働運動は、分裂状態に陥った。水口派と反水口派に分裂し、労働組合の統一が図られなくなった。この分裂状態は、日本の労働運動の弱体化を招き、労働者の権利向上が阻害された。 水口宏三の死から50年以上が経過したが、彼の労働運動への貢献は、今もなお語り継がれている。水口の死は、日本の労働運動に大きな影響を与えたが、彼の残した功績は、日本の労働運動の発展に貢献し続けている。
政治家・活動家

和田博雄:政治家と官僚の生涯

-# 農林省から政界へ 和田博雄氏は、1924年(大正13年)に福島県で生まれ、東京大学法学部を卒業後、1952年(昭和27年)に農林省に入省した。農林省では、農政局長や食糧庁長官などを歴任し、1982年(昭和57年)に農林水産事務次官に就任した。 1983年(昭和58年)の第37回衆議院議員総選挙に福島県第2区から出馬し、初当選を果たした。農林水産委員長、自民党農林部会長などを務め、1995年(平成7年)には第1次橋本内閣で農林水産大臣に就任した。 1998年(平成10年)の自民党総裁選挙では、小渕恵三氏と争ったが、敗北した。しかし、小渕内閣では外務大臣として入閣し、2000年(平成12年)の第42回衆議院議員総選挙では自民党を勝利に導いた。 2001年(平成13年)に小渕氏が急逝した後、第2次森内閣で内閣官房長官に就任し、2002年(平成14年)には第1次小泉内閣で財務大臣に就任した。 2004年(平成16年)には党三役である自民党総務会長に就任したが、2005年(平成17年)に郵政民営化法案をめぐる混乱の責任をとり、総務会長を辞任した。 2006年(平成18年)の第44回衆議院議員総選挙では、福島県第2区から出馬したが、落選した。2007年(平成19年)の第45回衆議院議員総選挙では、比例東北ブロックから出馬し、復活当選を果たした。 2012年(平成24年)の第46回衆議院議員総選挙で再度落選し、政界を引退した。