逓信省

歴史上の偉人

坂野鉄次郎 – 逓信省官僚、実業家

-逓信省への入省とキャリア- 坂野鉄次郎は、1882年(明治15年)に愛知県名古屋市に生まれ、東京帝国大学法科大学を卒業後、1906年(明治39年)に逓信省に入省しました。逓信省では、通信局長、逓信局長、郵務局長など、様々な要職を歴任しました。また、1918年(大正7年)には、国際電気通信会議の日本代表を務め、国際電気通信条約の締結に尽力しました。 坂野は、逓信省在職中に、郵便、電信、電話の近代化に努め、日本の通信インフラの整備に貢献しました。また、国際電気通信条約の締結により、日本と世界の通信網がつながり、日本の国際化に貢献しました。 1924年(大正13年)に逓信省を退官した後、坂野は、日本電気株式会社の社長に就任しました。日本電気株式会社は、坂野の経営の下で、日本の電気通信産業のリーディングカンパニーとなりました。また、坂野は、電気通信事業の発展に貢献したとして、1934年(昭和9年)に勲一等瑞宝章を受章しました。 坂野鉄次郎は、日本の通信インフラの整備と、電気通信産業の発展に貢献した偉大な実業家でした。
政治家・活動家

喜多孝治 – 官僚と政治家

- 逓信省からのスタートと海外留学 喜多孝治は、1867年に徳島県で生まれ、1889年に東京帝国大学法学部を卒業しました。卒業後は逓信省に入省し、逓信官僚としてのキャリアをスタートさせました。逓信省では、主に電信や電話に関する業務を担当し、早くから頭角を現しました。 1897年に、喜多孝治は逓信省の欧米視察団に加わり、欧米諸国の電信電話事情を視察しました。この視察旅行で、喜多孝治は最新の電信電話技術を学び、日本の通信事業の発展に大きな影響を受けました。 帰国後は、逓信省の電信局長に就任し、日本の電信事業の発展に尽力しました。また、1908年には、逓信省の次官に就任しました。次官在任中は、日本の通信事業の近代化を推進し、日本の通信事業の発展に大きな功績を残しました。 1911年には、喜多孝治は逓信大臣に就任しました。逓信大臣在任中は、日本の通信事業のさらなる発展に尽力し、日本の通信事業の発展に大きな貢献をしました。 1913年に、喜多孝治は逓信大臣を辞任し、政界に転身しました。政界では、立憲政友会に所属し、衆議院議員として活躍しました。衆議院議員在任中は、日本の通信事業の発展に尽力し、日本の通信事業の発展に大きな貢献をしました。 1924年に、喜多孝治は衆議院議員を辞任し、政界を引退しました。政界引退後は、実業界で活躍し、日本の通信事業の発展に尽力しました。日本の通信事業の発展に大きな貢献をした喜多孝治は、1938年に亡くなりました。
歴史上の偉人

山本直太郎とは – その官僚人生

-山本直太郎の生い立ちと学歴- 山本直太郎は、1847年10月27日、豊後国杵築藩(現在の大分県杵築市)に生まれた。幼名は吉之丞。父は、杵築藩士族山本勝之丞。母は、同藩士族松崎氏の娘である。 山本は、幼少期より聡明で、7歳で藩校に入り、漢籍を学んだ。15歳で江戸に出て、昌平坂学問所に入り、儒学を学んだ。18歳のときに、藩主の次男で、後の杵築藩主となる松平直亮の侍講となった。 1868年(慶応4年)、明治維新が起こると、山本は、新政府に出仕し、会計官吏となった。その後、大蔵省に入り、税関局長、主税局長、会計局長などを歴任した。1885年(明治18年)、大蔵次官に就任し、1891年(明治24年)には、大蔵大臣に就任した。 山本は大蔵大臣在任中、日清戦争の戦費調達や、貨幣制度の改革などを行い、日本の近代化に貢献した。1896年(明治29年)に、大蔵大臣を辞任し、貴族院議員に勅任された。1926年(大正15年)、山本は、80歳で死去した。
研究者

– 中尾徹夫

-中尾徹夫の生い立ちと経歴- 中尾徹夫は、1959年12月25日に長崎県佐世保市で生まれた。 父親は教師、母親は看護士であった。 幼い頃は体が弱かったが、小学校に上がると野球やサッカーなどスポーツを始める。 中学校では陸上部に所属し、高校ではサッカー部に所属した。 高校卒業後は、東海大学工学部に進学。 大学時代は、アメリカンフットボール部に所属し、大学4年生の時には主将を務めた。 大学卒業後は、本田技研工業に入社。 研究開発部門に配属され、自動車のエンジン開発に携わる。 その後、技術力を買われて、本田技研工業のレース部門である「HRC」に異動。 「HRC」では、F1やMotoGPなどのレースマシンの開発に携わり、数々のレースで優勝を経験した。 2008年には、HRCの社長に就任。 「HRC」を世界有数のレーシングチームに育て上げた。 その後、2013年に本田技研工業の社長に就任し、2021年まで務めた。 中尾徹夫は、経営者としての手腕と、技術者としての卓越した能力で、本田技研工業の発展に大きく貢献した。 また、日本の自動車産業の発展にも貢献し、世界から高い評価を得た。
作家

ー富安風生(ふやすふうせい)

-富安風生(ふやすふうせい)- -生涯と功績- 富安風生(1745年12月26日 - 1792年2月21日)は、江戸時代中期の儒者、医師。名は一姓、通称は貞助。字は君疇。号は風生、菊園、無尽堂。別号は倭文通。 豊後国(現在の大分県)に生まれる。幼少より聡明で、12歳で大学に入ったという。17歳で江戸に出て、浅草の儒者、安積艮斎の門下に入る。その後、京都に出て儒学を学び、20歳で大阪で医業を開業する。 1772年、富安は江戸に戻り、芝の片町に儒医の診療所を開設する。また、浅草に私塾を開き、多くの門人を育成する。その門下からは、江戸時代の著名な儒学者や医師を輩出しており、佐藤一斎、亀井南冥、山脇東洋などがいる。 富安は、儒学と医術を融合させた独自の思想を展開したことで知られている。また、漢籍の研究にも精通しており、多くの著作を残している。その代表作には、『無尽堂集』、『菊園集』、『倭文通談』などがある。 富安の思想は、江戸時代の儒学と医学の発展に大きな影響を与えた。また、その著作は、明治維新後に多くの知識人に読まれ、日本の近代化に貢献した。 1792年、富安は47歳で江戸で死去した。死後、その功績を称えられて、神田の昌平黌に祀られた。
歴史上の偉人

佐藤秀顕

-佐藤秀顕(1840-1899)- 明治時代の官僚、政治家。 佐藤秀顕は、1840年(天保11年)に播磨国飾磨郡(現在の兵庫県姫路市)に生まれた。幼名は七郎。1861年(文久元年)に大坂に出て、大塩平八郎の門下生となる。1864年(元治元年)には、禁門の変に参加して活躍した。 明治維新後は、新政府に出仕して会計官や民部大輔を歴任。1871年(明治4年)には、岩倉使節団の一員として欧美を視察した。帰国後、大蔵大輔や内務卿を歴任し、1881年(明治14年)には初代の農商務大臣となった。1885年(明治18年)には、伊藤博文内閣で内務大臣に就任。1889年(明治22年)には、大日本帝国憲法の起草委員を務めた。 1890年(明治23年)には、第1次松方内閣で農商務大臣兼大蔵大臣に就任。1892年(明治25年)には、第2次伊藤内閣で内務大臣に就任。1894年(明治27年)には、日清戦争後に成立した第2次松方内閣で外務大臣に就任した。 1899年(明治32年)に死去。59歳没。死後、正二位勲一等を贈られた。 佐藤秀顕は、明治時代の官僚、政治家として活躍した。近代日本の経済、社会、政治の発展に貢献した人物である。
作家

「平木白星」

-小見出し 平木白星とは?- 平木白星とは、平木信二郎によって考案された、日本の将棋の戦法である。平木九段は、1960年代から1970年代にかけて活躍した棋士で、平木白星は彼の代名詞とも言える戦法である。 平木白星は、振り飛車戦法の一つであり、角道を止めて飛車を振るという特徴がある。通常の振り飛車戦法では、飛車を振った後に角道を止めることが多いが、平木白星ではその逆である。 この戦法の特徴は、飛車を振ることで角道を止めることで、相手の角打ちを封じつつ、飛車を活用して攻めることができる点である。飛車は、敵陣に侵入して相手の玉を攻めることができるため、非常に強力な駒である。 また、平木白星は桂馬を採用しないという特徴もある。桂馬は、敵陣に侵入して相手の駒を攻めることができる駒であるが、平木白星では、その代わりに銀桂を採用している。銀桂は、桂馬よりも動きが遅いが、守備力が強く、敵陣に侵入して相手の駒を攻めることもできる。 平木白星は、攻守のバランスが取れた戦法であり、どんな相手にも対応することができる。そのため、平木信二郎は、平木白星を駆使して数々のタイトルを獲得した。 平木白星は、現在はあまり指されることがない戦法であるが、その独創性と攻撃力は、今でも将棋ファンを魅了している。
歴史上の偉人

「ストーン」

-「ストーン」- -イギリスの電信技術者ストーンの紹介- イギリスの電信技術者ストーンは、1850年に電信機を発明しました。この電信機は、電流を流すことで遠隔地の受信用機に信号を送るもので、当時は画期的な技術でした。ストーンの電信機は、イギリスで初めて商用利用された電信機であり、イギリスの電信網の建設に大きな役割を果たしました。 ストーンは、1816年にイギリスのハンティンドンシャーに生まれました。父親は地元の農家であり、ストーンは幼い頃から農作業を手伝っていました。しかし、ストーンは農作業よりも機械いじりが好きであり、独学で機械の修理を学びました。 1837年にストーンは、ロンドンに引っ越し、電信会社に就職しました。電信会社でストーンは、電信機の開発に取り組みました。1850年にストーンは、電信機を発明し、イギリスで初めて商用利用された電信機となりました。 ストーンの電信機は、イギリスの電信網の建設に大きな役割を果たしました。1851年にイギリスで初めてロンドンとリバプール間に電信線が敷設され、1852年にはイギリスとフランス間に海底電信線が敷設されました。ストーンの電信機の発明は、イギリスが世界に先駆けて電信網を整備するのに貢献しました。 ストーンは、1891年にロンドンで亡くなりました。ストーンの電信機の発明は、イギリスの電信網の建設に大きな役割を果たし、イギリスが世界に先駆けて電信網を整備するのに貢献しました。ストーンは、イギリスの電信技術の発展に大きく寄与した人物です。
芸術家

松原竹秋 – 幕末・明治時代の書家

昌平黌で学ぶ 松原竹秋は、1839年(天保10年)に常陸国行方郡(現在の茨城県行方市)に生まれた。幼名は常太郎。家は代々行方郡の郷士であり、父は松原宗一、母は武州(現在の埼玉県)熊谷市の出身であった。竹秋は幼い頃から書を好み、1851年(嘉永4年)に13歳の時に江戸に出て、昌平黌に入学した。昌平黌は、江戸幕府が運営する官立の学校であり、儒学や漢文学を学ぶ学生が集まっていた。竹秋は昌平黌で、儒学や漢文学を学び、書道の才能を発揮した。昌平黌には、竹秋以外にも多くの書道の才能を持った学生が在籍しており、竹秋は彼らと共に切磋琢磨し、書道の腕を上げていった。昌平黌で学んだ後、竹秋は書家として活躍し、多くの作品を残した。竹秋の作品は、その優れた筆致と洗練された書風で高く評価され、多くの書家から尊敬された。竹秋は、明治時代に活躍した書家であり、その作品は現在も多くの美術館や博物館で所蔵されている。
歴史上の偉人

浦田周次郎(1870-1919)→ 明治-大正時代の電気技術者

-浦田周次郎の生涯と功績- 浦田周次郎は、1870年に徳島県に生まれ、1919年に亡くなった明治-大正時代の電気技術者です。彼は、日本の電気技術の発展に貢献し、特に交流送電方式の採用と普及に大きな役割を果たしました。 浦田は、1893年に東京帝国大学工学部電気工学科を卒業後、逓信省電気試験所に勤務しました。電気試験所では、交流送電方式の研究に従事し、1895年に交流送電の基礎となる「交流理論」を発表しました。この理論は、交流送電の電圧や電流の分布を解析するもので、交流送電方式の設計に大きく貢献しました。 1896年、浦田は、東京電灯会社に移籍し、同社の技術部長に就任しました。東京電灯会社では、交流送電方式による電力の供給を推進し、1897年に日本初の交流送電線である「東京-横浜間送電線」の建設を成功させました。この送電線は、交流送電方式の実用性を証明し、日本の電力供給システムの発展に大きな影響を与えました。 浦田は、その後も交流送電方式の普及に尽力し、1906年には「電気事業法」の制定に貢献しました。電気事業法は、日本の電力事業の運営を規制する法律で、交流送電方式の採用を義務付けました。この法律の制定により、交流送電方式は日本の電力供給システムの標準となりました。 浦田は、1919年に亡くなりましたが、彼の功績は日本の電気技術の発展に大きな影響を与えました。交流送電方式の採用と普及は、日本の電力供給システムの近代化に貢献し、日本の産業発展に大きく寄与しました。
その他のカテゴリー

伊地知壮熊とは?「鉄道業界の草分け」と称された明治-昭和前期の官吏・実業家

-官吏・実業家として活躍した伊地知壮熊の生涯- 伊地知壮熊は、1852年(嘉永5年)12月1日に鹿児島県鹿児島市に生まれました。幕末に薩摩藩の役人となり、明治維新後は新政府の官吏となりました。1872年(明治5年)には、鉄道建設のため渡米し、アメリカとヨーロッパの鉄道事情を視察しました。帰国後、鉄道建設に着手し、1881年(明治14年)には、日本初の官設鉄道である新橋-横浜間の鉄道が開業しました。 伊地知は、鉄道建設だけでなく、鉄道運営にも携わり、1889年(明治22年)には、鉄道局長官に就任しました。また、実業家としても活躍し、1892年(明治25年)には、日本初の私鉄である日本鉄道株式会社を設立しました。1896年(明治29年)には、鉄道院総裁に就任し、日本の鉄道網の整備に尽力しました。 1907年(明治40年)に鉄道院総裁を辞任した後も、伊地知は実業家として活躍し、1912年(明治45年)には、九州鉄道株式会社を設立しました。1922年(大正11年)に死去するまで、日本の鉄道の発展に貢献しました。 伊地知壮熊は、日本の鉄道業界の草分け的存在として知られており、その功績は高く評価されています。
研究者

マイエット

-マイエットについて- マイエットとは、仏領ポリネシアの島である。タヒチの南東約1,000kmに位置する。面積は約1,346平方キロメートルで、人口は約16,000人である。 マイエットは、1777年にイギリスの探検家ジェームズ・クックにより発見された。1842年にフランス領となり、1957年にはフランス領ポリネシアの一部となった。 マイエットは、熱帯雨林に覆われた島で、最高峰のモン・フエファは標高2,237メートルである。島の周囲には美しい珊瑚礁が広がっており、スキューバダイビングやシュノーケリングなどのマリンスポーツが盛んである。 マイエットの主要産業は観光業で、年間約30万人の観光客が訪れる。島には、国際空港があり、タヒチや他の島々とのアクセスも良好である。 マイエットは、手つかずの自然が残る美しい島で、多くの観光客を魅了している。島には、古代ポリネシア人の遺跡が残っており、歴史に興味のある人にも人気がある。 マイエットは、多様な文化を持つ島でもある。島の住民は、ポリネシア人、ヨーロッパ人、中国人をはじめ、様々な民族で構成されている。マイエットには、ポリネシア文化とヨーロッパ文化が融合した独特の文化があり、それが島の魅力の一つとなっている。 マイエットは、美しい自然と多様な文化を持つ魅力的な島である。島の住民は、観光客を温かく迎え入れており、島を訪れる人は皆、マイエットの美しさに魅了されることだろう。
政治家・活動家

手島栄 – 大正-昭和時代の官僚・政治家

手島栄 - 大正-昭和時代の官僚・政治家 逓信省航空局長官から郵政大臣まで上り詰めた手島栄 手島栄(てしま さかえ、1881年(明治14年)3月2日 - 1936年(昭和11年)6月13日)は大正-昭和時代の官僚・政治家。郵政大臣や運輸大臣を歴任した。 手島栄は、1881年(明治14年)3月2日、新潟県北蒲原郡谷浜村(現新発田市)に生まれた。1905年(明治38年)に東京帝国大学法科大学を卒業し、逓信省に入省した。1912年(明治45年)に航空局が設置されると、初代航空局長官に任命された。1920年(大正9年)に郵政次官となり、1924年(大正13年)に郵政大臣に就任した。 手島栄は、郵政大臣として、郵便貯金の制度を拡充し、郵便為替の取扱時間を延長するなど、郵便サービスの改善に努めた。また、電信電話の料金を値下げし、電話機の普及を促進した。1926年(大正15年)には、日本初の民間航空会社である日本航空運送株式会社(現日本航空)を設立した。 1927年(昭和2年)、手島栄は運輸大臣に就任した。運輸大臣として、鉄道の電化や道路の整備を進め、交通インフラの整備に尽力した。1931年(昭和6年)に政友会を離党し、立憲政友会会派を結成した。1936年(昭和11年)6月13日、脳出血のため死去した。 手島栄は、逓信省航空局長官から郵政大臣まで上り詰めた官僚・政治家であった。郵便サービスの改善や交通インフラの整備に尽力し、日本の近代化に貢献した。
歴史上の偉人

岡本利吉 – 大正・昭和時代の社会運動家

-逓信省と三菱倉庫での経歴- 岡本利吉は、1878年(明治11年)に滋賀県に生まれました。1901年(明治34年)に逓信省に入省し、大阪電信局に配属されました。その後、東京中央電信局、横浜電信局、神戸電信局などで勤務し、1918年(大正7年)に逓信次官に就任しました。逓信次官在任中には、電話や電信の普及に尽力し、日本の通信事業の発展に貢献しました。 1923年(大正12年)に逓信省を退官した後、三菱倉庫に入社しました。三菱倉庫では、取締役、常務取締役、副社長を歴任し、1939年(昭和14年)に社長に就任しました。社長在任中には、三菱倉庫の経営を立て直し、日本の物流業界の発展に貢献しました。 岡本利吉は、社会運動家としても活躍しました。1921年(大正10年)に、財団法人社会事業協会を設立し、社会事業の振興に尽力しました。また、1928年(昭和3年)には、財団法人日本住宅協会を設立し、住宅問題の解決に努めました。 岡本利吉は、1946年(昭和21年)に死去しました。享年68歳でした。
歴史上の偉人

関宗喜の生涯と功績

関宗喜の生い立ちと家族 関宗喜の生い立ちは謎に包まれており、いつどこで生まれたのかは分かっていません。しかし、彼の家族についてはいくつかのことが知られています。 宗喜の父親は、関宗徳という武士でした。宗徳は、徳川家康に仕えており、江戸城の警備を担当していました。 母親については、名前は分かっていませんが、彼女もまた武士の娘でした。 宗喜には、兄と妹がいました。兄は、関宗成という名前で、宗喜よりも先に生まれていました。妹は、関宗恵という名前で、宗喜よりも後に生まれていました。 宗喜は、幼い頃から武芸を学び、弓馬の達人となりました。また、彼は学問にも秀でており、漢学や儒学を学びました。 宗喜は、16歳の時に徳川家康に仕官しました。家康は、宗喜の武勇と学問を高く評価し、彼を重用しました。 宗喜は、家康の死後も、徳川家の家臣として仕え続けました。彼は、徳川秀忠、徳川家光、徳川家綱の三代に仕え、数々の武功を上げました。 宗喜は、1660年に82歳で亡くなりました。彼の死は、徳川家にとって大きな損失となりました。
政治家・活動家

内田嘉吉 – 明治・大正期の官僚

-逓信省管船局長から台湾総督へ- 内田嘉吉は、明治・大正期の官僚。逓信省管船局長、台湾総督を務めた。 内田は、1857年(安政4年)に薩摩藩(現在の鹿児島県)に生まれた。明治維新後、工部省に入省し、鉄道局や航路局で勤務した。1889年(明治22年)には逓信省に移り、管船局長に就任した。 管船局長として、内田は日本の商船隊の発展に尽力した。また、1901年(明治34年)には、日本郵船株式会社の創立に参画した。 1906年(明治39年)、内田は台湾総督に就任した。台湾総督として、内田は台湾の産業振興や教育の普及に努めた。また、台湾原住民の保護にも尽力した。 内田の台湾統治は、台湾の発展に大きな貢献をしたと評価されている。内田は、1918年(大正7年)に台湾総督を退任し、翌年、62歳で亡くなった。 内田は、日本の商船隊の発展や台湾の発展に貢献した有能な官僚であった。
政治家・活動家

有田喜一 – 昭和の官僚、政治家の生涯

-有田喜一の生い立ちと経歴- 有田喜一は、1875年(明治8年)3月22日に、福岡県京都郡(現・福岡県京都郡苅田町)に生まれた。旧姓は、築地。父は築地辰蔵、母は澄子。 5人兄弟の長男として生まれ、幼少期より聡明さを見せていた。10歳の時に、父が病死したため、一家は困窮した。有田は、12歳の時に、小学校を卒業して、地元の呉服店に奉公に出た。 15歳の時に、呉服店を辞めて、上京した。東京では、早稲田大学に入学して、経済学を専攻した。早稲田大学卒業後は、外務省に入省した。 1907年(明治40年)に、外務書記官として、中国に派遣された。その後、欧米各国を歴訪して、国際情勢を調査した。1912年(大正元年)に、外務次官に任命された。 1914年(大正3年)に、第一次世界大戦が勃発すると、有田は、日本政府の代表として、パリ講和会議に出席した。パリ講和会議では、日本は、ドイツ領南洋諸島と山東半島の権益を獲得した。 1923年(大正12年)に、有田は、外務大臣に任命された。外務大臣在任中は、日米関係の改善に努めた。1924年(大正13年)に、日米通商条約を締結して、日米関係の正常化を図った。 1927年(昭和2年)に、有田は、内閣総理大臣に任命された。内閣総理大臣在任中は、金解禁政策を実施して、経済の安定を図った。しかし、世界恐慌の影響を受けて、経済は混乱した。1929年(昭和4年)に、有田は、内閣総理大臣を辞任した。 1930年(昭和5年)に、有田は、国際連盟の事務総長に選出された。国際連盟の事務総長在任中は、満州事変や日中戦争などの国際紛争の解決に努めた。1936年(昭和11年)に、有田は、国際連盟の事務総長を辞任した。 1938年(昭和13年)に、有田は、貴族院議員に勅選された。貴族院議員在任中は、戦争に反対する立場を貫いた。1945年(昭和20年)に、有田は、貴族院議員を辞任した。 1946年(昭和21年)に、有田は、A級戦犯として逮捕された。しかし、1948年(昭和23年)に、不起訴処分となって、釈放された。 1962年(昭和37年)に、有田は、87歳で死去した。
経済分野で活躍した人

梶井剛 – 大正から昭和時代の日本の経営者

-梶井剛の生涯と業績- 梶井剛は、1870年(明治3年)に京都で生まれました。1892年(明治25年)に東京帝国大学工学部を卒業し、鉄道省に入省しました。鉄道省では、鉄道技術の向上に尽力し、1908年(明治41年)には鉄道局次長に就任しました。 1911年(明治44年)に、梶井剛は鉄道省を退官し、東京電灯株式会社の社長に就任しました。東京電灯は、日本の最初の電気会社であり、梶井剛は、東京電灯の経営に手腕を発揮して、会社の業績を向上させました。 1918年(大正7年)、梶井剛は、東京電灯を傘下に収めた東京電力株式会社の社長に就任しました。東京電力は、日本の最大の電力会社であり、梶井剛は、東京電力の経営に手腕を発揮して、会社の業績を向上させ、日本の電力産業の発展に貢献しました。 1937年(昭和12年)、梶井剛は、東京電力の社長を退任し、枢密顧問官に就任しました。1940年(昭和15年)、梶井剛は、貴族院議員に勅選されました。 梶井剛は、1941年(昭和16年)に死去しました。
政治家・活動家

湯河元臣について

湯河元臣の生い立ち 湯河元臣は、1985年7月18日に大阪府大阪市で生まれた。父親は会社員、母親は専業主婦であり、一人っ子である。幼少期は活発で、外で遊ぶことを好んだ。特に、サッカーや野球が得意で、地元の少年野球チームに所属していた。また、勉強も得意で、成績は常に上位であった。 中学進学後は、サッカー部に入部し、レギュラーとして活躍した。また、学業成績も優秀で、学年トップの成績を収めた。高校進学後は、進学校に進学し、サッカー部と勉強を両立させた。 大学進学後は、東京の大学に進学し、経済学部で経済学を専攻した。大学在学中は、サッカー部に所属し、レギュラーとして活躍した。また、学業成績も優秀で、卒業時には首席で卒業した。 大学卒業後は、大手銀行に就職し、営業職として働いた。営業職として働いている間は、数々の成績を上げ、昇進を重ねた。また、営業職として働く傍ら、経済学の勉強を続け、博士号を取得した。 博士号を取得後は、大学に就職し、経済学部の教授として経済学を教えている。また、経済学の研究も続けており、数多くの論文を発表している。
政治家・活動家

奥田千春:北海道の街づくりに尽力した政治家

-奥田千春の生い立ちと経歴- 奥田千春は、1941年、北海道旭川市に生まれました。地元の高校を卒業後、北海道大学経済学部に進学し、1966年に卒業しました。卒業後は、北海道庁に入庁し、農林部や商工部などで勤務しました。1975年、北海道議会議員選挙に立候補し、初当選を果たしました。以後、北海道議会議員を5期務めました。 1987年、北海道知事選挙に立候補し、現職の横路孝弘氏を破って初当選を果たしました。北海道知事を2期務めた後、1999年に参議院議員選挙に立候補し、当選しました。参議院議員を3期務めた後、2013年に引退しました。 奥田千春は、北海道の街づくりに尽力した政治家として知られています。北海道知事時代には、道央自動車道の建設や新千歳空港の開港など、北海道の交通インフラの整備に力を入れました。また、北海道の経済振興策として、北海道新産業創造機構を設立し、北海道の企業の支援を行いました。 奥田千春は、2021年、80歳で亡くなりました。奥田千春の功績は、北海道の発展に大きく貢献したとして、高く評価されています。
政治家・活動家

若宮貞夫:逓信省で活躍し、政界でも活躍した官僚・政治家

- 若宮貞夫の生涯 若宮貞夫は、1881年(明治14年)に三重県に生まれました。1905年(明治38年)に東京帝国大学法学部を卒業し、逓信省に入省しました。 逓信省では、郵政局長、逓信大臣秘書官などを歴任し、1924年(大正13年)には逓信大臣に就任しました。逓信大臣としては、電話の普及や郵便料金の引き下げなどを行い、国民生活の向上に貢献しました。 1927年(昭和2年)には、政界に転身し、衆議院議員に当選しました。1931年(昭和6年)には、田中内閣の文部大臣に就任しました。文部大臣としては、学校教育の改革や社会教育の充実などを行い、教育の振興に努めました。 1937年(昭和12年)には、近衛内閣の逓信大臣に就任しました。逓信大臣としては、通信網の整備やラジオ放送の普及などを行い、国民生活の向上に貢献しました。 1941年(昭和16年)には、東條内閣の運輸通信大臣に就任しました。運輸通信大臣としては、戦時体制下の交通・通信の統制を行い、戦争遂行に貢献しました。 第二次世界大戦後は、公職追放となり、政界を引退しました。1953年(昭和28年)に公職追放が解除され、政界に復帰しました。1955年(昭和30年)には、衆議院議員に当選し、1957年(昭和32年)には、岸内閣の逓信大臣に就任しました。逓信大臣としては、電話の普及や郵便料金の引き下げなどを行い、国民生活の向上に貢献しました。 1960年(昭和35年)に、引退し、政界を引退しました。1962年(昭和37年)に死去しました。
政治家・活動家

– 小松謙次郎

-政治家としての活躍- 小松謙次郎は、1868年(明治元年)に長野県下伊那郡喬木村に生まれ、1952年(昭和27年)に亡くなりました。彼は、日本の政治家で、衆議院議員、逓信大臣、鉄道大臣、文部大臣などを歴任しました。 小松謙次郎は、1890年(明治23年)に東京専門学校(現・早稲田大学)を卒業し、その後、ジャーナリストとして活動しました。1894年(明治27年)に衆議院議員に当選し、政界入りしました。1901年(明治34年)には、第1次伊藤博文内閣で逓信大臣に就任しました。1906年(明治39年)には、第1次桂太郎内閣で鉄道大臣に就任しました。1914年(大正3年)には、第2次大隈重信内閣で文部大臣に就任しました。 小松謙次郎は、政治家として活躍する一方で、社会活動にも熱心に取り組みました。1911年(明治44年)には、日本赤十字社の社長に就任しました。1919年(大正8年)には、東京帝国大学の総長に就任しました。1922年(大正11年)には、貴族院議員に勅選されました。 小松謙次郎は、1952年(昭和27年)に亡くなりましたが、彼の功績は現在でも高く評価されています。長野県喬木村には、小松謙次郎の生誕地を記念した「小松謙次郎記念館」が建設されています。
政治家・活動家

官界の重鎮 – 二上兵治の人生と功績

-逓信省から枢密院へ - 二上兵治の官僚人生- 二上兵治は、明治4年(1871年)に鹿児島県で誕生しました。幼少期から聡明で、明治16年(1883年)に東京帝国大学法学部を卒業。翌年、逓信省に入省し、官僚としてのキャリアをスタートさせました。 逓信省では、郵便事業や電気通信事業の発展に尽力しました。特に、郵便制度の近代化に力を入れ、全国に郵便網を広げ、郵便料金の値下げを実現しました。また、電気通信事業の発展にも貢献し、電話や電報の普及に努めました。 明治36年(1903年)、二上は逓信省事務次官に就任しました。そして、明治40年(1907年)には、枢密院議長に任命されました。枢密院は、天皇の諮問機関であり、二上は日本の政治の中枢で重要な役割を果たしました。 二上は、枢密院議長として、数々の重要な決定に関与しました。特に、大正デモクラシーの推進に尽力し、普通選挙の実現や政党内閣の成立に貢献しました。また、第一次世界大戦後の国際連盟への加盟やワシントン海軍軍縮条約の締結にも大きな役割を果たしました。 二上は、昭和8年(1933年)に枢密院議長を退任し、政界を引退しました。そして、昭和17年(1942年)に東京で亡くなりました。享年71歳でした。 二上兵治は、日本の近代化に貢献した官界の重鎮でした。逓信省や枢密院で要職を歴任し、郵便事業や電気通信事業の発展、普通選挙の実現や政党内閣の成立、国際連盟への加盟やワシントン海軍軍縮条約の締結など、数々の重要な決定に関与しました。二上の功績は、今もなお、日本の政治や社会に大きな影響を与えています。
研究者

稲田三之助-明治-昭和時代の電気通信工学のパイオニア

-逓信省での業績- 稲田三之助は、逓信省に入省後、電気通信工学の分野で数々の功績を上げました。特に、電話交換機の開発と国産化に尽力し、日本の電気通信の発展に大きく貢献しました。 稲田が逓信省に入省したのは、1893年(明治26年)のことです。当時は、電話交換機がまだ輸入に頼っており、国産化が待たれていました。稲田は、この国産化プロジェクトに携わり、1897年(明治30年)に日本初の電話交換機を開発することに成功しました。この交換機は、手動式で、100回線の容量を持っていました。 稲田は、その後も電話交換機の研究開発を続け、1905年(明治38年)には、自動式電話交換機を開発しました。この交換機は、当時は画期的なもので、日本の電気通信の発展に大きく貢献しました。 また、稲田は、逓信省在職中に、無線電信の研究開発にも携わりました。1903年(明治36年)には、日本初の無線電信局を東京に開設し、1907年(明治40年)には、日本初の無線電信機を開発しました。 稲田は、1911年(明治44年)に逓信省を退官しましたが、その後も電気通信工学の分野で活躍を続けました。1918年(大正7年)には、日本電気株式会社を設立し、日本の電気通信産業の発展に貢献しました。 稲田の功績は、日本の電気通信の発展に大きく貢献したとして、高く評価されています。1928年(昭和3年)には、勲一等瑞宝章を受章しました。また、1943年(昭和18年)には、文化功労者に選出されました。稲田は、1951年(昭和26年)に亡くなりましたが、その功績は今もなお語り継がれています。